ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カーネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カーネル」に関する情報が集まったページです。

DEF CON 2018で発表:
macOSに未解決の脆弱性、クリック操作偽造の恐れ
クリック操作を合成してさまざまなセキュリティの仕組みをかわし、サードパーティーのカーネル拡張機能をロードするなどの操作ができてしまう脆弱性が発見された。(2018/8/14)

OSS脆弱性ウォッチ(8):
2018年上半期に話題になったSpectreとその変異、Linuxカーネルでの対応まとめ
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。2018年の上半期は、「Meltdown」「Spectre」とその変異(Variant)の脆弱性に悩まされた。今回はいつもとは異なり、上半期のまとめも兼ねて、Meltdown/Spectreの各変異をバージョンを追いかけながら整理する。(2018/8/14)

Siriの通知読み上げ問題にも対処:
Apple、「iOS 11.4」のセキュリティ情報を公開 計35件の脆弱性
iOS 11.4では計35件の脆弱性に対処した。WebKitやフォント解析、カーネルなどに関係する脆弱性は、watchOSやtvOSおよびmacOSにも共通している。(2018/6/5)

山市良のうぃんどうず日記(125):
ITプロ(非開発者)向けWindowsカーネルデバッグ事始め
「Debugging Tools for Windows」(WinDbg、kdなど)といえば、アプリケーションやドライバ開発者が自分で書いたプログラムをデバッグするための、Windows向け開発者専用ツールというイメージがあります。しかし、開発者ではないITプロにとっても、Windowsの動作や仕様の理解、あるいはトラブル解決に役立つことがあります。(2018/4/27)

Microsoft、LinuxベースのセキュアなIoTイニシアチブ「Azure Sphere」
Microsoftが、セキュアなIoTのためのソリューショ「Azure Sphere」を発表した。MCU、IoTのためのOS、クラウドセキュリティサービスで構成され、OSはLinuxカーネルベースだ。(2018/4/17)

「QRコード問題」は解消されず?:
「iOS 11.3」のセキュリティ情報公開、カーネルやWebKitの深刻な脆弱性に対処
Appleのセキュリティ情報によると、iOS 11.3では計43件の脆弱性を修正した。(2018/3/30)

CW:ライブパッチがないとどうなる?
実用レベルに達したSUSEのライブパッチ機能、あるとないでは大違いの理由
リブートすることなくLinuxカーネルにパッチを適用するライブパッチ機能が実用レベルに達したようだ。この機能は仮想化時代になり、ますます重要度が増している。(2018/3/27)

ライセンス不足やデータ変換の煩わしさに悩んでいたら:
PR:「CATIA」と同じカーネルを搭載した国産3D CADが設計現場の課題を解消する
「『CATIA』のライセンスを設計者全員分用意したいが今すぐは難しい」「3D CADデータのやりとりが発生し、使い勝手の良い3D CADを探している」――。こうした現場の声に応える3D CADソフトウェアがある。それは国産CADの老舗メーカーであるフォトロンが新規開発した「図脳CAD3D」だ。本稿では、CATIAのネイティブデータのダイレクト編集が行え、日本の製造業にフィットした設計環境を低価格で提供する、図脳CAD3Dの魅力に迫る。(2018/1/29)

Amazon FreeRTOS:
アマゾンがマイコン向け組み込みOSを無償提供、FreeRTOSにライブラリをバンドル
Amazon Web Services(AWS)は、マイコンなどを搭載するIoTエッジデバイス向けの組み込みOS「Amazon FreeRTOS」を発表した「FreeRTOS」をカーネルに採用し、クラウドとの接続、セキュリティの確保、メンテナンス簡略化などの機能をライブラリで提供する。(2017/12/11)

組み込み開発ニュース:
「H-IIA」採用のRTOSに後継版、時間パーティショニング機能など機能安全に対応
TOPPERSプロジェクトは、時間パーティショニング機能など、機能安全からの要求に対応できる機能を備えたリアルタイムOSとして「TOPPERS/HRP3カーネル」を2018年1月をめどに一般公開する。(2017/12/4)

組み込み開発ニュース:
アマゾンがマイコン向け組み込みOSを無償提供、FreeRTOSにライブラリをバンドル
Amazon Web Services(AWS)は、マイコンなどを搭載するIoTエッジデバイス向けの組み込みOS「Amazon FreeRTOS」を発表した。組み込みシステム向けのオープンソースのリアルタイムOS「FreeRTOS」をカーネルに採用し、クラウドとの接続、セキュリティの確保、メンテナンス簡略化などの機能をライブラリで提供するものだ。(2017/12/1)

組み込み開発ニュース:
組み込み用Linux開発基盤が長期サポートを実現するCIPカーネルに対応
ルネサス エレクトロニクスは、「RZ/G Linux プラットフォーム」をバージョンアップし、産業グレードのオープンソースソフトウェア基盤を提供するCivil Infrastructure PlatformプロジェクトのCIP SLTS Linuxカーネルに新たに対応した。(2017/11/7)

過去12年の個人開発パッチ数第3位はTakashi Iwai氏の5089個:
2017年版Linuxカーネル開発レポート公開――支援している企業トップ10とは?
The Linux Foundationは2017年版Linuxカーネル開発レポートを公開した。Linuxカーネル4.8から4.13までの開発に焦点を当て、カーネル開発に携わった開発者や変更数などについて言及した。(2017/10/30)

RZ/G Linux CIP SLTS:
RZ/G LinuxがCIP SLTSカーネル対応、10年超えるサポート実現で産業機器にも
ルネサスのRZ/G向けLinuxがCIP SLTSカーネル対応のバージョンアップ。10年超えるサポートを実現し、産業機器にも利用しやすくなった。(2017/10/25)

カーネル・サンダース、WWEのプロレスゲームに参戦 強靭な肉体とキレのある技で相手レスラーをボッコボコに
イッツトゥルー、イッツダムントゥルー!(2017/10/13)

FPGA経験の浅い開発者でもAWSで専用カーネルを構築できる:
Xilinx、Amazon EC2 F1インスタンス向けにソフトウェア定義開発環境SDAccelの提供を開始
Xilinxは、Amazon EC2 F1インスタンス向けに、ソフトウェア定義開発環境「SDAccel」を提供開始した。ハードウェア記述言語による開発に加え、専用のFPGAカーネルも構築できる。(2017/9/20)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(8):
シンプルな分散メモリプーリングをRDMAで実現する技術が面白い
ミシガン大学の研究者チームが、Linuxカーネルに常駐するオープンソースプログラム「Infiniswap」を生み出した。Infiniswapの目標はノードが相互のメモリをスワップファイルとして使用し、各ノードで動作するアプリケーションで使用可能な実行メモリ容量を増やし、クラスタ全体でメモリリソースを効率的に利用することだ。(2017/8/29)

WindowsのPatchGuardを迂回する新手法「GhostHook」、セキュリティ企業が報告
「GhostHook」の攻撃手法を使えば、攻撃に気付かれないままシステムに潜伏し、64ビットシステムをカーネルレベルで完全に制御することも可能だとCyberArkは解説している。(2017/6/23)

どういうことなの……? 米KFCが「カーネルおじさん」のラブロマンス小説をKindleで無料配信中
フライドチキンを持った女性がヒロイン?(2017/5/6)

main()関数の前には何があるのか(終):
プログラムの実行はどのようにして行われるのか、Linuxカーネルのコードから探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。最終回は、Linuxカーネルの中では、プログラムの起動時にはどのような処理が行われているのかを探る。(2017/7/20)

main()関数の前には何があるのか(7):
Linuxカーネルに見る、システムコール番号と引数、システムコール・ラッパーとは
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回から、printf()内のwrite()やint $0x80の呼び出しについてLinuxカーネルのソースコード側から探ってきた。今回は、さらにシステムコールについて学ぶ。(2017/6/29)

main()関数の前には何があるのか(6):
Linuxカーネルのソースコードを読んで、システムコールを探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をさまざまな方法で探り、write()やint $0x80の呼び出しまでたどり着いた。今回は、さらにその先にあるLinuxカーネル側のシステムコールを見ていく。(2017/6/22)

10年以上前から脆弱性が存在:
Linuxカーネルに脆弱性、主要ディストリビューションが更新版で対処
LinuxカーネルのDCCPプロトコルにダブルフリーの脆弱性があり、非特権プロセスからのカーネルコード実行に悪用される恐れがあることが分かった。(2017/2/24)

シーメンスPLMソフトウェア Parasolid v29.0:
B-repとファセットモデリングを強化した、幾何形状モデリングカーネルの最新版
シーメンスPLMソフトウェアは、幾何形状モデリングのコンポーネントソフトウェア「Parasolid」の最新バージョン「Parasolid v29.0」を発表した。(2016/12/27)

Linux基本コマンドTips(74):
【 dmesg 】コマンド――カーネルが出力したメッセージを表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「dmesg」コマンドです。(2016/12/20)

2200万行以上のコードで構成、ARM対応も進む:
Linux 4.9が登場、史上最大規模のリリース
Linuxカーネルの最新版「Linux 4.9」が公開された。セキュリティ機能やファイルシステムが改良され、ARM対応も進んでいる。(2016/12/16)

組み込み開発ニュース:
ヘテロジニアスシステム向けのOS間通信を実現する通信機構
TOPPERSプロジェクトは、ヘテロジニアスシステム向けのOS間通信を実現する通信機構「MDCOM」を2016年12月をめどに一般公開する。64ビットARMアーキテクチャに「TOPPERS/FMPカーネル」が対応する。(2016/12/8)

Linuxカーネルの脆弱性「Dirty COW」を修正するパッチ、Android向けにも配信
10月に発覚した「Dirty COW」と呼ばれるLinuxカーネルの脆弱性を修正するパッチが、Android端末メーカーなどのパートナーや、Googleの端末向けに配信された。(2016/12/7)

Google、Androidの月例セキュリティパッチを公開 多数の深刻な脆弱性に対処
カーネルやドライバなどに存在する極めて深刻な脆弱性を修正している。(2016/12/6)

Google、Androidの月例パッチを公開 「Dirty COW」の脆弱性にも対処
Mediaserverなどに存在する極めて深刻な脆弱性を修正したほか、10月に発覚した「Dirty COW」と呼ばれるLinuxカーネルの脆弱性にも対処した。(2016/11/8)

Linuxカーネルに脆弱性「Dirty COW」発覚、管理者権限を取得される恐れ
悪用は比較的容易とされ、この問題を悪用した攻撃が既に出回っているという。しかし攻撃を受けたとしてもログに痕跡が残らないことから検出は難しい。(2016/10/24)

Linux関連サイトのハッキングでプログラマー逮捕、FBIが5年がかりで捜査
2011年にLinuxカーネルのソースコード管理サイト「kernel.org」などが不正アクセスされた事件で、プログラマーの男が米フロリダ州で逮捕された。(2016/9/6)

Apple、iOS 9の更新版を公開 脱獄に利用の脆弱性を修正か
脆弱性を悪用された場合、アプリケーションがカーネル特権で任意のコードを実行できてしまう可能性がある。(2016/8/5)

パケット処理機能を高速化、SDNとNFVに対応:
SUSE、Linuxカーネル4.4ベースの「SUSE Linux Enterprise 12 SP2」β版の提供を開始
SUSEは、「SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack2」のパブリックベータ版の提供を開始すると発表した。ソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)に対応した他、以前のサービスパックからSP2へ直接移行できる「スキップサービスパック」機能を備える。(2016/7/7)

ケンタッキーフライドチキンに夏のカーネルおじさん登場 日焼けしたワイルドなイケメンに
その名も「エクストラクリスピーカーネル」。「エクストラクリスピーチキン」の広告に登場します。(2016/6/24)

Symantec、ウイルス対策製品の深刻な脆弱性を修正
メールの受信やWebサイトの閲覧などを通じて不正なPEファイルを受け取れば、攻撃者にroot権限でカーネルレベルのコードを実行される恐れがある。(2016/5/18)

Androidのroot化アプリがGoogle Playに、Googleは脆弱性に対処
Androidカーネルの脆弱性を突いて、Google Playで禁止されているroot化アプリが出回っていたことが分かった。(2016/3/23)

週末チャレンジ:
ブラウザで動く「Windows 1.01」と「Windows 98」で遊んでみた
ブラウザで試せる「昔のOS」が懐かしいと話題になっています。Windows 1.01、Windows 98、Linux カーネル2.6……その他にもいろいろあるようです。(2016/3/4)

マルウェア対策に有効な一手か?
「Windows 10」の“なぜか注目されない”新セキュリティ機能「分離ユーザーモード」とは?
「Windows 10」には新しいセキュリティ技術「Isolated User Mode」(分離ユーザーモード)がある。仮想化ベースの技術で、セキュアなカーネルとアプリケーションを実現している。(2016/3/4)

おわーーっ! カーネルおじさんとキン肉マンが並び立つとどっちも強そう
カーネルおじさんといい勝負しそう。(2016/2/19)

慎重にパッチ適用の検討を
Android端末の66%に影響? Linuxカーネルの脆弱性で割れる意見
Linuxカーネルのキーリング機構に関する脆弱(ぜいじゃく)性が新たに見つかり話題になっている。しかし、Linuxエコシステムにとっての危険性について専門家の意見は割れている。(2016/2/4)

Linuxカーネルに脆弱性 PCやサーバ、Androidの大多数に影響
Linuxカーネルに2012年から存在していた脆弱性をセキュリティ企業が発見。Linux搭載のPCやサーバ数千万台と、Androidデバイスの66%が影響を受けるという。(2016/1/20)

「ターミネーター」カーネル、襲来
「シュワちゃんのターミネーター」ことアンドロイドT-800のOSは、Linuxカーネル4.1.15。そしてLinuxカーネル最新版のバージョンは――。(2016/1/2)

Windows「Nano Server」とはここが違う
未来のOSは超軽量でさくさく、注目集める「ユニカーネル」を使うには?
「ユニカーネル」では、OSをコンパクトにして無駄を省くことで、アプリケーションのパフォーマンスとセキュリティが向上することを目的としている。だが、この新技術が全てのアプリケーションに適しているわけではない。(2015/12/17)

アメコミヒーローになったカーネルおじさん、悪を裁く!
なじみすぎだろ!(2015/10/6)

ケンタッキーの「ハロウィンバーレル」 10月22日より期間限定で販売!
ハロウィンバーレルのフタには隠れカーネルが!(2015/9/14)

お前らとチキンの45分真剣勝負だ! ケンタッキーが1日限定食べ放題
カーネルおじさんの誕生日に合わせた特別企画です。(2015/8/31)

DRBDの仕組みを学ぶ(1):
DRBD(Distributed Replicated Block Device)とは何か
障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。Linuxカーネルに統合されている機能ですが、上手に使いこなしているでしょうか? 本連載では、DRBDの動作や使いどころを順を追って紹介していきます。(2015/9/4)

“Linuxの父”トーバルズ氏、Gmailのスパムフィルター新機能に怒る 「3分の1以上は必要なメールだった」
Linuxカーネルの開発者として知られるリーナス・トーバルズ氏が、Gmailのスパムフィルター機能のアップデートに苦言を呈しているようだ。(2015/7/22)

FlashやWindowsに未解決の脆弱性、Hacking Teamの情報流出で発覚
市民監視ツールを手掛けるHacking Teamの製品にAdobe Flash PlayerやWindowsカーネルの未解決の脆弱性を突くコードが含まれていたことが分かった。(2015/7/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。