ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「気象庁」最新記事一覧

大手百貨店やスーパーで中元商戦スタート 今夏トレンドは「こだわり」など
大手百貨店や総合スーパーなどの中元商戦が始まった。スマートフォンの普及によってインターネット経由での購入者が増えたり、自分用や親しい人にこだわりの品物を贈る傾向が強まっており、各社は高級感のある独自商品で顧客の取り込みを図っている。(2016/5/18)

関東地方で地震 最大で震度5弱
津波の心配はないとのこと。(2016/5/16)

熊本地震で被災も早期復旧へ:
ルネサス、5年前の教訓生かした震災対策「成果出た」
ルネサス エレクトロニクス社長兼CEOを務める鶴丸哲哉氏は2016年5月11日、熊本地震で被災した熊本地区製造拠点の復旧作業状況について説明を行った。(2016/5/13)

ゴールを決めたら桜島が噴火しちゃったよ! 鹿児島ユナイテッドFCの試合で衝撃的な祝砲が上がる
クラブのエンブレムデザインには桜島が採り入れられています。(2016/5/2)

気象庁研究官が解説する「艦これ気象学」がネットで話題に 「艦これと一緒に、雲や空も愛でてほしい」
ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」に登場するキャラクターの由来となった気象現象を、気象庁の荒木健太郎研究官が解説するツイート「艦これ気象学」が話題に。(2016/5/2)

大分県で地震 最大で震度5強
津波の心配はなし。(2016/4/29)

週末アップルPickUp!:
震災対策に知っておくと役立つiPhoneとiOSの機能
熊本地震から1週間が経ちましたが、気象庁は引き続き強い余震が起きる恐れがあるとして警戒を呼びかけています。避難所で役立つiPhoneとiOSの機能を改めて紹介します。(2016/4/22)

エネルギー管理:
太陽光発電の出力制御量を最小に抑える、東北電力が予測システムの運用開始
東北電力は管内の太陽光発電による総出力を30分ごとに更新できるシステムを開発した。5キロメートル四方の単位で日射量を予測して出力を計算する。電力の需要が小さい日には送配電網に接続している発電設備の出力を制御する必要性が生じるが、予測精度を高めて制御量を少なく抑える。(2016/4/21)

16日の地震、益城町で震度7を観測していたと気象庁が発表
熊本地震の本震とみられる地震は震度6強とされていた。(2016/4/20)

スピードテストは控えて:
格安SIMユーザーは災害時にどうすべき?――IIJが案内
MVNOサービスのユーザーは、災害が起きたときにどんなサービスを利用すればよいのか。緊急通報や緊急地震速報は利用できる? 注意すべきことは? IIJの案内を元にまとめた。(2016/4/19)

熊本地震による各PCメーカーの特別修理サービスまとめ
4月14日に発生した熊本地震に伴い、各PCメーカーは被災者に対して特別な修理サービスを開始しています。(2016/4/18)

強風でビルの足場が崩落 衝撃の瞬間、Twitterに 聖蹟桜ヶ丘
すごい強風でした……。(2016/4/17)

週末アップルPickUp!:
iPhoneでできる地震対策と情報収集
App Storeで防災関連アプリケーションをチェック。(2016/4/17)

被災・応援・行動――熊本地震に関連した芸能人のSNS投稿相次ぐ
きょうの じしんで ひがいを うけた かたがたへ、 わたしの あいと いのりが とどきますように(アリアナ・グランデ)(2016/4/16)

阿蘇大橋崩落、阿蘇神社の櫓も倒壊 未明の地震による被害状況が少しずつ明らかに
阪神淡路大震災と同規模の地震で大きな被害が出ている。(2016/4/16)

深夜に熊本で震度6強 一連の地震の「本震」ではと気象庁
阪神淡路大震災と同規模の「マグニチュード7.3」を観測。(2016/4/16)

16日1時25分の「本震」で被害拡大・広範囲化 阿蘇、大分震源も
14日の震度7の地震は「前震」、阪神大震災と同強度の16日発生地震を「本震」と位置づけた。(2016/4/16)

震度5強以上の余震、3日間で確率40% 熊本地震
気象庁は、15日午後4時からの3日間で震度5以上の余震が発生する可能性は40%だと発表した。(2016/4/15)

熊本地震、今後の注意点 続く余震、17日は大雨の恐れも
14日午後9時26分頃に発生したM6.5の「平成28年熊本地震」。現在の状況と、天気、交通などに関する今後の注意点をまとめました。(2016/4/15)

熊本、最高震度7の地震 気象庁が「平成28年熊本地震」と命名
地震への命名は、2011年に発生した「東北地方太平洋沖地震」以来。(2016/4/15)

熊本県で余震続く 朝になり被害状況が徐々に明らかに
熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震で。(2016/4/15)

熊本県で最大震度7の地震──災害情報まとめ(順次更新)
政府は非常災害対策本部を設置。Twitterなどで情報を提供している。(2016/4/15)

九州地方で地震 熊本県で震度7観測
津波の心配はありません。(2016/4/14)

12日朝は霜が降りる寒さに 東京は5度台
明日の朝、北海道や本州は冷え込み、関東以西の市街地でも霜が降りるほどの寒さに。(2016/4/11)

「東海地震注意情報発表中」道路情報板で一時誤表示 Twitterでは「地震来るの?」と混乱も
約12分間にわたり表示されていたとのことです。(2016/3/29)

高層ビルの“知られざる地震”? 気象庁「長周期地震動」解説ビデオを公開
巨大地震が起きた時、ビルの高層階で被害が予想される「長周期地震動」を解説したビデオを気象庁が公開した。(2016/3/16)

気象庁、高層ビルを揺らす「長周期地震動」の説明ビデオを公開 活弁と精巧なCGで分かりやすく解説
活弁は山崎バニラさんが担当。(2016/3/16)

明日も底冷え、真冬の寒さ ひな祭りから春本番
3月に入っても寒さが続いています。春の暖かさは3日頃からになりそうです。(2016/3/1)

鹿児島の桜島が130日ぶりに噴火 気象庁が噴火警戒レベルを3に引き上げ
爆発的噴火で、火口付近では大きな噴石や火砕流に注意が必要です。(2016/2/5)

浅倉大介、「お湯が出ない界の神」となる 実家ゆずりの凍結対処法に救済され崇める人も
「ダイスケ的にもオールオッケー!」。(2016/1/25)

九州で積雪(一部のぞく) 交通機関など生活に影響するも、せっかくなのでと楽しむ姿がネットにあふれる
チャンスなので雪景色撮影しておきますね(一部のぞく)。(2016/1/24)

1月後半は平年を下回る寒さに 冬本来の冷え込みと大雪に警戒
気象庁が1カ月予報を発表。関東から西は平年よりも低い厳しい寒さ、日本海側は大雪が見込まれています。(2016/1/15)

青森・北海道で震度5弱 マグニチュードは6.7
津波による被害の心配はないそうです。(2016/1/14)

新春は「春」の気温? 暖かなお正月
まさに新春。(2015/12/28)

水曜夜から寒気 九州では初雪? 関東は週末に冷え込み
あすの夜から寒気が入り、九州では雪が降る可能性が。関東も週末は冷え込みそうです。(2015/12/15)

2050年には紅葉の見頃がクリスマスに……温暖化は年々深刻化 スカスカなミカン、着色不良のリンゴも
地球温暖化に対する危機感が世界で高まる中、日本でも大雨や猛暑日が増えるなど異変が生じている。専門家は「2050年には、京都の紅葉の見頃がクリスマスの時期になる」と予測する。(2015/12/10)

気象庁サイト、天気図をカラーで公開
気象庁は、サイト上で公開している天気図の一部を、カラー版で提供開始した。(2015/12/9)

太平洋側はスッキリしない天気に 気象庁が1カ月予報
気象庁によると、この先1カ月、太平洋側では曇りや雨の天気が多くなる見込みに。(2015/11/26)

桜島の噴火警戒レベル、3(入山規制)から2(火口周辺規制)へ引き下げ
ちょっと落ち着いた?(2015/11/25)

ぼくのかんがえた週刊「◯◯」が面白そう! デアゴスティーニがアイデア募集結果発表
おれ、週刊「一流のキャッチャーになろう」読んで世界一のキャッチャーになるんだ……。(2015/11/20)

箱根山、火口周辺警報を解除 警戒レベルは1(平常)に
半年ぶり。(2015/11/20)

スマホのトラブルを予報する「ニッポンのスマホ災難予報」、KDDIが期間限定で公開
KDDIは、紛失・破損・水没といった「スマホ災難」に遭う可能性の指数を割り出し、注意喚起を行う「ニッポンのスマホ災難予報」を期間限定で配信する。(2015/11/19)

太陽光:
衛星画像から太陽光発電量を予測できる新技術、3分刻みで最大3時間半後まで
関西電力は衛星画像を利用して雲の動きから日射量を推測し、太陽光発電設備の発電量を予測できる新システム「アポロン」を開発した。従来の日射計のデータを活用する場合と比較して、より高精度に発電量を予測できるという。(2015/11/18)

携帯各社、エリアメール&緊急速報メールで「特別警報」を配信開始
ドコモの「エリアメール」、KDDI・沖縄セルラー電話・ソフトバンクモバイルの「緊急速報メール」で気象庁が発表する「特別警報」を11月19日から配信開始する。(2015/11/17)

気象庁「特別警報」、緊急速報メールで配信へ
数十年に一度レベルの災害や火山の噴火が予想される際の「特別警報」が携帯電話向け配信に対応する。(2015/11/16)

auスマートパスの「地震情報・気象警報」通知機能がiPhoneに対応
KDDIは、iPhone版「auスマートパス」でも「地震情報・気象警報」通知機能を提供開始した。(2015/11/16)

携帯各社、「エリアメール」および「緊急速報メール」で「特別警報」の配信を11月19日から開始
NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、およびソフトバンクが対応する。(2015/11/16)

「auスマートパス」に「地震情報・気象警報」の通知機能が追加
auスマートフォン向けサービス「auスマートパス」に、震度4以上の地震観測もしくは気象警報の発令で、関連情報を待受画面にプッシュ通知する「地震情報・気象警報」機能が追加された。(2015/10/28)

東京地方で木枯らし1号が吹きました
昨年(10月27日)より3日早い観測です。(2015/10/25)

台風23号 「大型」ゆえの注意点
今後、日本列島の広い範囲で風が強まるおそれがあります。(2015/10/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。