ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「気象庁」最新記事一覧

噴火で目撃された自然の驚異と美しさ 霧島連山「新燃岳」の恐ろしくも鮮やかな光景に「奇麗」「美しい」の声
その迫力と非日常な光景に圧倒されます。(2018/3/20)

高層ビル襲う長周期地震動 AI、スパコン活用……震災教訓に対策強化
東日本大震災で都心などの高層ビルに大きな揺れをもたらした「長周期地震動」。対策が強化されており、人工知能などを使って揺れを減らす新たな研究も始まった。(2018/3/12)

気象庁、鳥海山の「噴火警戒レベル」運用へ
気象庁は鳥海山の噴火警戒レベルの運用を開始する。(2018/3/9)

大雨で日産スタジアムや新横浜公園が浸水、Twitterに写真続々と 実は洪水を防ぐための“裏の顔”
鶴見川から水があふれ出て、日産スタジアムの柱がつかっているけど、大丈夫なの?(2018/3/9)

省エネ機器:
気象警報で自動閉鎖、HEMSと連携する窓シャッター
三和シヤッター工業は、HEMSと連携する同社製窓シャッターについて、気象警報と連動してシャッターを自動閉鎖する機能を2018年3月21日より追加する。(2018/3/9)

緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」、音声での案内が可能に
アールシーソリューションは、緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」のプレミアムプランへ音声案内機能を搭載したバージョンをリリース。地震が発生した際に音声で案内が流れ、英語にも対応する。(2018/3/9)

MVNOの深イイ話:
SIMフリースマホは「緊急速報」を受信できない? その原因と対策
TCA(一般社団法人電気通信事業会)や消防庁から「今後はSIMロックフリースマートフォンでも緊急速報が利用できる」という説明がありました。格安スマホ(MVNO)の課題の1つが解決に向かう良い話ですが、具体的にどのような変化があったのでしょうか。(2018/3/7)

この冬が低温と大雪になったワケ
寒さと大雪に悩まされたこの冬……なぜこんなに寒く?(2018/3/6)

沖縄県で震度5弱の地震
(2018/3/1)

凍死の熱帯魚が大量漂着、サンゴは白化……あまりの寒さが引き起こす海の異変
日本列島を襲った寒波で、和歌山県沿岸の海に異変が起きている。海水温が著しく低下。熱帯魚が凍死し、海岸に大量に漂着する事態が相次ぐとともに、サンゴの白化も引き起こしている。(2018/2/28)

「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」 別府温泉サイトにライバル支援する広告 掲載の意図は?
ネットでは別府温泉の姿勢に賛同する声が。(2018/2/23)

日本海側で大雪に注意 国交省が緊急発表 「外出控えて」
1月23〜27日にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪の恐れ。国交省は、不要不急の外出は控え、運転時にはタイヤチェーンを装着するよう促している。(2018/1/24)

草津白根山「想定外」の噴火 困難な予測 少ない研究者と予算
「想定外」の古い火口が噴火した草津白根山。研究者は全国にわずか30人しかおらず、予算も少ない中、予測の難しさが改めて浮き彫りになった。(2018/1/24)

大雪:
首都高トンネルで立ち往生、駅に長蛇の列 交通機関の脆弱さ露呈
大雪に見舞われた首都圏。雪が降るたびに大混乱する交通網の脆弱さが改めて浮き彫りになった。(2018/1/24)

頂上に残された80人は救助:
草津白根山の噴火の瞬間、Webカメラがとらえる 噴石・降灰に注意
群馬県の草津白根山で噴火が発生。気象庁は午前11時50分に噴火警戒レベルを「3(入山規制)」とし、注意を呼びかけている。雪崩の影響で死者も発生したという。(2018/1/23)

気象庁、草津「本白根山」噴火で警戒レベル3と発表 付近では雪崩の被害も
(追記)引き続き警戒が必要です。(2018/1/23)

老舗「新宿バッティングセンター」が大雪で倒壊との誤解広まる 店「積雪に備え天井ネットを引き下げただけ」
新宿の老舗バッティングセンターが雪の重みで倒壊したとのうわさが広まっていますが、実際は安全対策で天井ネットを地面に引き下げていただけでした。(2018/1/22)

東京に大雪警報 JR東「遅れや運休が発生する可能性」
交通の混乱が予想されます。(2018/1/22)

関東地方で雪 Twitter「#関東雪結晶」に写真集まる
東京23区など関東地方の平野部でも雪。関東地方の雪の結晶の写真を募るTwitterのハッシュタグ「#関東雪結晶」には、雪の結晶写真が続々と投稿されている。(2018/1/22)

「不要不急の外出は控えるよう」 国土交通省が大雪の警戒呼びかける
都心でも10センチの積雪が予想されている。(2018/1/21)

【マンガ】「和風」「洋風」「中華風」 気象用語として使えるのはどれ?
全部おいしいけど、風の強さを表すのは……。(2018/1/17)

緊急地震速報で保育士の責任感が垣間見えた 入園を控えて職場復帰が前向きになった漫画
子どもと離れている間に災害が起こったらどうするかをあらためて考えるきっかけに。(2018/1/6)

茨城の地震で緊急地震速報発表、原因はほぼ同時に起きた富山の地震 気象庁発表
「震度を過大に予測したのは、同じ時間に富山県西部を震源とする地震が発生しており、2 つの地震を同一の地震として処理したため」【更新】(2018/1/5)

緊急速報メール、Android 8.1向けに仕様策定 SIMフリー端末でも受信可能に
TCAが、災害時に送信される緊急速報メール(エリアメール)の共通仕様を策定。ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社と策定した。Android 8.1搭載したスマートフォンが対象。(2017/12/27)

「チバニアン」、有人月探査、ヒアリ……2017科学ニュースを振り返る
日本初の地質年代名の誕生や有人月探査への動きなど、新時代の到来を告げる出来事が目立った2017年の科学分野を重大ニュースで振り返った。(2017/12/26)

新潟県って何地方? 県・市・NHK・市民に見解を聞いてみた
東北、関東、甲信越、関東甲信越、北陸、北信越、中部、信越、上信越など、さまざまな地域に分類されている。(2018/1/2)

南極オゾンホール、29年間で最小 上空の気温高く
2017年の南極のオゾンホールが1988年以来の小さな面積であったことを、気象庁が報告した。(2017/12/5)

【考察】「T.M.Revolutionごっこ」ができるギリギリの風速は?
一度でいいからストームパフォーマンスで酔いしれたい。(2017/12/3)

自然エネルギー:
海の酸性化は予想より早く進行、気象庁が情報提供へ
気象庁は、地球全体の海洋酸性化情報を毎年定期的に提供すると発表した。また、海洋酸性化が地球全体で、従来予想よりも早く進行していることを確認した。(2017/12/1)

TechFactory通信 編集後記:
スマートスピーカーが示す「モノのサービス化」事例
各社の「スマートスピーカー」は、2017年末のヒット商品、話題商品ランキングに取り上げられるでしょう。ただ、モノとしてのランキング化はさほど意味がないように思えます。(2017/11/4)

Pythonで始める機械学習入門(5):
Pythonの画像描画ライブラリ「Matplotlib」の、機械学習で使われる典型的なグラフ機能
最近流行の機械学習/Deep Learningを試してみたいという人のために、Pythonを使った機械学習について主要なライブラリ/ツールの使い方を中心に解説する連載。今回は、画像描画のためのライブラリであるMatplotlibについて。機械学習で使われる典型的な機能のみをピックアップして解説します。(2017/11/2)

新幹線の緊急停止、より早く 海底地震計のデータ活用
JR東日本、JR西日本、JR東海が、海底地震計のデータを活用。地震発生をより早く検知し、新幹線などの緊急停止にかかる時間を短縮する。(2017/10/31)

Computer Weekly製品導入ガイド
英国気象庁はどうやって膨大なデータを処理しているのか
前例のない量のデータに対応している英天気予報サービス機関は、「怠慢な」オープンソースツールに支えられている。(2017/10/31)

台風22号の影響で「横浜マラソン」中止 「調布市花火」などイベント中止相次ぐ
先日の台風21号も影響。(2017/10/28)

IIJmio meeting 17:
格安SIMと「Jアラート」&セルラー版「Apple Watch」の関係/DSDSの仕組み
インターネットイニシアティブが、10月14日に都内で「IIJmio meeting 17」を開催。「Jアラート」が格安スマホに届かない問題や、セルラー版「Apple Watch」がMVNOでは契約できない件について解説。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の仕組みにも触れた。(2017/10/25)

大和川の氾濫、多摩川での救助 Twitterに台風21号の被害写真あふれる トレンド全てが関連語に
朝の登校や出勤にも影響があったところも。(2017/10/23)

ねっと部:
台風21号、その名も「LAN」 「無線LANケーブル」が話題の日本に接近中
「無線LANケーブル」というワードが話題の日本に、台風「LAN」が接近している。(2017/10/18)

気象庁、緊急地震速報の全国的な訓練を11月1日に実施
もしもの時に身を守るために。(2017/10/3)

Dev Basics/Keyword:
Bing News Search API
News Search APIを使用すると、Bingを利用したニュース記事の検索をとても簡単に行える。ニュース検索機能を提供したい場合には便利に使える。(2017/9/19)

飲料・アイスなどへの支出ダウン:
17年夏、東京の日照不足で家計支出が減少→全国にも影響
2017年夏、東京都は記録的な日照不足となった。企業にはどのような影響があったのだろうか――帝国データバンク調べ。(2017/9/12)

NTTドコモ、北海道一部でのエリアメール未達を謝罪 原因は無線設備ソフトウェアの不具合
Jアラートにも関連する重要なシステム。9月13日早朝に不具合の修正を行うとのこと。(2017/9/12)

ドコモ端末の一部に「Jアラート」届かず 無線設備の不具合で
ドコモは、一部地域で「エリアメール」が届かない不具合が起きていたと発表。8月29日に政府が発信した「Jアラート」が届かなかったユーザーがいた。【更新】(2017/9/12)

「Jアラート」が受信できず ドコモの無線設備不具合で
ドコモのエリアメールが一部地域で受信できていないことが判明。北海道をはじめとする12都道府県でJアラートを受信できなかった。ドコモの無線設備の不具合が原因。(2017/9/12)

太陽フレア現象、再び確認 コロナガスが12日に地球に到達の可能性
通信衛星などに影響する可能性も。(2017/9/11)

太陽フレア現象、「社会に大きな影響与える状況でない」が「引き続き注意が必要」 NICT発表
地磁気の乱れが観測されました。(2017/9/9)

秋田県内陸で強い地震 大仙市神宮寺で震度5強
津波の心配はないとのこと。(2017/9/8)

急な大雨「ゲリラ豪雨」の予測はできる? 災害や事故に遭わないために知っておきたいこと
専門家の方に聞いてみました。(2017/8/7)

豪雨の命名は2年ぶり 北九州の豪雨、気象庁が「平成29年7月九州北部豪雨」に決定
死者は34人となっています。(2017/7/19)

20分先の雷がわかるように 気象庁、ひまわり8号使った落雷予測システムを改善
夏期日中に発達する積乱雲を早期に検出する技術により、通知がより早く。(2017/7/19)

関東甲信、東海、近畿、中国 梅雨明け
7月19日、気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国地方の梅雨明けを発表しました。いよいよ夏本番です。(2017/7/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。