ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KT」最新記事一覧

Korea Telecom

2017年末に策定完了予定:
5Gの出発点、知っておきたい「フェーズ1」の基本
5G(第5世代移動通信)は実用化のスケジュールが非常にタイトなため、規格策定の計画が段階的に組まれている。まずは2017年12月に、フェーズ1の策定が完了する予定だ。これを機に、フェーズ1で取り扱われる「5G NSA(Non Stand Alone)」やミリ波について、知っておきたい基本事項を整理してみよう。(2017/10/20)

分野を超えたプラットフォーム化:
5Gでは垂直統合が進む? “陣取り”が激化
市場調査会社のIHS マークイットは2017年7月10日、5G(第5世代移動通信)の最新動向を解説する記者説明会を開催した。5Gのバリューチェーンでは今後ますますプラットフォーム化が進み、力のある企業が“総取り”するリスクがあるという。【訂正】(2017/7/28)

高周波帯域の開放が後押し:
PR:“ミリ波”で5Gの突破口を開く、商用化を加速するソフトウェア無線
「5G」に欠かせない要素技術の1つが、超広帯域通信を実現できるミリ波帯の活用である。だが、これまでミリ波帯は、モバイルネットワークには不向きだと考えられてきたため、電波の挙動のデータが少ないのが実情だ。5Gの商用化が迫り、ミリ波通信のテスト環境をどれだけ短期間で構築できるかが課題になる中、ソフトウェア無線がその解となりそうだ。(2017/7/4)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(3):
加速する5G開発、実用化に向け実証進む米国
第3回となる今回は、米国に焦点を当てる。日本、韓国と並んで5G(第5世代移動通信)開発に積極的なのが米国だ。その米国で、2016年はどのような取り組みが進んだのか。(2016/12/8)

10代目はVoLTE対応:
ユーザーの声に応えて進化――京セラ「かんたんケータイ」の11年の歩み
7月30日、約4年ぶりに京セラの「かんたんケータイ(簡単ケータイ)」の新機種が発売された。より使いやすくなった新機種は、ターゲット層やユーザーからの声に耳を傾けて生まれたものだ。(2016/8/10)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(1):
世界初の試験運用を目指す韓国、冬季五輪が勝機に
研究開発が加速し、さまざまな実証実験が進む5G(第5世代移動通信)。目標とされる一部商用化の開始は、2020年――。あと5年もないのである。標準化はようやく開始されたが、それ以外では実際のところ、どこまで進んでいるのだろうか。本連載では、5G開発に取り組むノキアが、韓国、中国、欧州、米国、日本の各エリアにおける“5G開発の最前線”を探っていく。(2016/5/12)

ドコモのiPhone、海外でVoLTEが利用可能に
ドコモのiPhone 6以降の機種で、海外(韓国)でもVoLTEによる高音質通話が可能になる。(2016/3/23)

課題は技術よりもビジネスモデルの構築か:
「MWC 2016」の焦点は5Gの実用化
「Mobile World Congress(MWC) 2016」(2月22〜25日、スペイン バルセロナ)が、もう間もなく開催される。MWC 2015では第5世代移動通信(5G)の標準規格に関して議論されたが、MWC 2016では実用化に向けてさらに踏み込んだ議論が交わされる見通しだ。(2016/2/22)

ドコモがVoLTEの海外対応を開始――まずは韓国、2015-2016冬春モデル9機種から
NTTドコモは、国内の通信事業者として初となるVoLTEの海外対応を開始。まずは2015-2016冬春モデルのスマートフォン9機種、日本と韓国間&韓国国内が対象となる。(2015/9/30)

低遅延化や超多数の端末の同時接続を実現へ:
NEC、韓国通信事業者KTと5G実現に向けて協業
NECは2015年8月、韓国の大手通信事業者であるKTと5G(第5世代移動通信)ネットワーク領域で協業に合意したと発表した。5Gサービスの実現に向けて、技術やサービスの研究や開発を実施し、5Gネットワークの標準化の策定に向けて連携していくという。(2015/8/6)

China MobileとKTのユーザーが対象:
ドコモ、中韓からの訪日旅行者にラオックス全店で使える優待情報を配信
ドコモとラオックスは10月から、中韓からの訪日旅行者(インバウンド)向けにラオックス全店で使える特別優待情報を配信すると発表した。国内でのローミング利用を促進し、マーケティング活動も進める。(2015/7/14)

Mobile World Congress 2015:
下り最大600MbpsのLTE通信や、5GHz帯をLTE化する「LTE-U」を紹介――Qualcommブース
Mobile World Congress 2015のQualcommブースでは、Snapdragon 810に搭載される新機能「Zeroth」や、理論値が下り最大600MbpsとなるLTE-Advanced Cat.11のデモ、無線免許が不要な5GHz帯をLTE化する「LTE-U」などを紹介していた。(2015/3/5)

ドコモ、「5G」開発推進で中China Mobile・韓KTと連携
ドコモは、「5G」の技術開発と標準化活動の推進を目的に、中China Mobile、韓KTと連携することを発表した。(2015/3/2)

海を越えても高音質:
ドコモ、VoLTEの国際ローミングを年内開始 米韓との接続実験に成功
ドコモはこのほど、国際ローミング下でVoLTE接続を行う実証実験に国内キャリアで初めて成功した。日米韓のVoLTE端末同士で、高音質な通話とビデオコールの発着信に成功したという。(2015/2/27)

ドコモ、VoLTEの国際ローミング実証実験に成功 国内事業者初、年内に提供へ
ドコモが国内の通信事業者として初めて日韓、日米間でVoLTEによる国際ローミングの実証実験に成功。年内にサービス提供を目指す。(2015/2/26)

セキュアで便利
モバイルワークが変わる! 次世代ホットスポット「NGH」徹底解説
現在の公衆無線LAN(ホットスポット)は、接続が面倒なだけでなくセキュリティ面でも不安がある。この問題を解決するのが、次世代ホットスポットであるNGHだ。(2014/3/4)

Computer Weekly:
モバイルワークが変わる! 次世代ホットスポット「NGH」徹底解説
現在の公衆無線LAN(ホットスポット)は、接続が面倒なだけでなくセキュリティ面でも不安がある。この問題を解決するのが、次世代ホットスポットであるNGHだ。(2014/2/19)

ドコモ、米AT&Tユーザー向けにLTEローミングを提供
NTTドコモが、AT&Tユーザー向けのLTEローミングを、2月4日から提供する。(2014/2/3)

ドコモ、「Tizen」搭載スマホの発表を延期
ドコモは、2013年度後半に発表するとしていた「Tizen OS」搭載スマートフォンの提供を当面見送ると発表した。(2014/1/16)

ドコモ、China MobileとKTの3社事業協力契約を3年間延長
NTTドコモは、中国のChina Mobile、および韓国のKTと、2011年1月に締結した3社間の事業協力契約を2017年1月まで3年間延長することに合意した。(2013/12/5)

ドコモ、LTE国際ローミングを年度内に提供――韓KT向けのローミングインは12月開始
ドコモは、LTE国際ローミングを2013年度中に提供すると表明した。また12月からは、韓KTのLTEスマホユーザーが来日した際にXiの高速通信が利用できるLTEローミングインも開始する。(2013/11/29)

新製品の開発背景などをCEOに聞いた:
XenDesktop 7は“Windowsアプリのモバイル化”の第一歩〜シトリックスCEO
米シトリックスは5月22日(現地時間)、ロサンジェルス郊外のアナハイムでプライベートイベント「Citrix Synergy 2013」を開幕した。同イベントでCEOのマーク・テンプルトン(Mark Templeton)氏など、同社の複数幹部にインタビューする機会を得たので紹介したい。(2013/5/24)

次世代の無線LANはどう進化する?:
近未来の無線LAN、802.11ad+acを含むトライバンド対応へ──11acクライアントは2013年夏〜末には拡充
Wi-Fi Allianceが“ギガビットクラス”に達したWi-Fi技術に関する現状を説明。普及が期待される高速な新世代無線LAN規格のロードマップや現状を示した。802.11acは6月に認定プログラムを開始、2014年予定「11ad」対応機器は60GHz+5GHz+2.4GHz帯のトライバンド対応となるようだ。(2013/4/15)

IFS以外のERP環境でも利用可能:
フィールドサービス要員管理最適化ツール「IFS 360 Scheduling」
(2013/3/1)

Mobile World Congress 2013:
国をまたぎ、キャリアを超えて使えるように――FeliCaとNFC、相互運用の現状
対応、非対応の端末が混在し、国をまたいだサービスの利用ができないなど課題も多いNFC/FeliCa関連サービス。こうした課題の解消に向けたソリューションが登場し始めている。(2013/2/27)

Mobile World Congress 2013:
新事業領域への取り組みを世界にアピールするドコモ
MWC2013のドコモブースでは、NFCローミングやM2Mのリモート書き換えなど、海外オペレーターと取り組んでいる国際サービスを紹介。またキャリアとして新しい事業にチャレンジする意気込みが見られた。(2013/2/27)

China Mobile、KTと共同で:
ドコモら、日中韓NFCサービスのローミング仕様を策定 Wi-Fiローミングも推進
ドコモ、China Mobile、KTが、日中韓でNFCサービスのローミングを実現するための共通仕様を策定。Wi-Fiサービスの3社間ローミングを2013年度第1四半期に展開予定であることも発表された。(2013/2/25)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

PR:世界中のネットワーク基盤が強み M2Mビジネスに注力する英ボーダフォン
ネットワークにつながるマシンは全世界で90億台、これが2020年には240億台に達するといわれる。このような急成長を遂げるM2M市場において、高い品質管理や強固なインフラ基盤などを武器にビジネス拡大を押し進めているのがボーダフォンだ。(2012/11/14)

CEATEC JAPAN 2012:
スマートフォ……ん? MHL 2.0の思わぬ使い方
Androidスマートフォンを中心に採用が進む「MHL」だが、ここへきてプロモーターも想像していなかった応用機器がいくつも登場しているらしい。(2012/10/9)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第10回】
NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体
NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。(2012/6/28)

Mobile Asia Expo 2012:
2012年冬モデルではFeliCa/NFC対応スマホが登場――海外との連携も展開するドコモ
Mobile Asia Expoのドコモブースでは、海外ユーザーとも関連の深いNFCや通訳電話、また環境センサーネットワークを使った技術などを紹介していた。(2012/6/22)

ビジネスニュース:
LTE対応スマホの販売に弊害? 原因はベースバンドチップの供給不足
LTEに対応したスマートフォンとタブレット端末の需要は、予想以上に高いという。しかし、LTEベースバンドチップの供給不足により、こうした高い需要に応えられなくなる可能性がある。(2012/6/1)

一番知りたい情報を特別公開!:
テレコムスクエアの海外レンタル、キャリアとデータ転送速度の国別一覧
へぇー、海外旅行に行くんだ。モバイルルーターをレンタルするから旅先の写真を投稿するねって、その国で使えるキャリアとデータ通信速度は分かっているの?(2012/4/23)

Mobile IT Asia:
“EI=M2C”が方程式――韓国KTが考える、スマホ時代のマシン間通信
近年注目を集める、携帯電話のネットワークを利用した機械間通信(M2M)。日本でも自動販売機やデジタルサイネージなど、さまざまな場面で普及が進んでいる。韓国の通信大手KTのハン・ウォンシック氏はMobile IT Asiaで、スマートフォン時代におけるM2Mへの取り組み事例を紹介した。(2012/3/26)

Mobile IT Asia:
スマートフォンの本格普及 デバイスの進化や関連ビジネスに与える影響は?
さまざまな分野で影響を与えているスマートデバイスの普及。ユーザーのライフスタイルはもちろん、コンテンツなど関連ビジネスのあり方にも影響を与えている。さらには、デバイスを新たな領域へ進化させる可能性も出てきた。(2012/3/16)

Mobile IT Asia:
ドコモが“導線”を作る――スマホの利用シーンを広げる「NFCタグ」
NTTドコモがMobile IT Asiaで展示している「NFCタグ」を用いたサービスは、Webサービス、アプリ、機能をより便利に使える可能性を秘めている。専用アプリを使えばFeliCa端末でも利用可能だ。提供中、構想中のサービスを見てきた。(2012/3/15)

Mobile IT Asia:
NTTドコモが目指す“NFCの未来”とは
NTTドコモは、3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催されるビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」で、「スマートフォンとNFCの今後」をテーマに展示を行う。日本市場、そして世界でのNFC普及への道のりが垣間見られる。(2012/3/7)

Mobile World Congress 2012:
NFC/FeliCaの世界標準化を推進、LTEスマホの消費電力を下げるチップも――ドコモ
MWCのドコモブースでは、3G+LTEの新型チップ、NFCへの取り組み、車と自転車向けナビゲーション、3月1日から提供する音声エージェントなどを主に紹介している。(2012/3/1)

ドコモマーケットで韓国KT社のAndroid向けコンテンツを提供
NTTドコモは、韓国KT社とAndroid端末向けコンテンツの相互提供に合意。ドコモマーケットでKT社のコンテンツの提供を開始した。(2011/8/31)

未来のために働くIT部門となれ:
【第2回】クラウドサービスの潮流を事業化する韓国通信企業
前回は、M&Aを梃子に未来志向を取り戻したウォルマートを取り上げたが、未来のために働く環境を作る方法はM&Aに限られるわけではない。財閥を中心として産業界が構成され、基本的に自力による成長(オーガニック・グロース)を志向する点で日本と似ている韓国でも、新しいテクノロジーによってビジネスを革新する動きが盛んである。今回は、クラウドコンピューティングを活用した新ビジネスを推進する韓国通信企業に着目し、未来を切り開くヒントを追求する。(2011/8/24)

ふぉーんなハナシ:
海外で「ドコモ海外利用」アプリを使ってみた
各社のスマートフォンで海外ローミング時のパケット定額利用が可能になった。それに合わせて、より簡単に海外定額の設定を行うアプリも提供されている。取材で訪れた韓国で、ドコモの「海外利用」アプリを使ってみた。(2011/8/2)

3000ウォン/日:
WiMAXの韓国利用サービス、7月以降も特別料金を継続
UQコミュニケーションズは、WiMAX韓国利用サービスの特別料金を2011年7月以降も継続すると告知。WiMAX内蔵PCで利用する国内WiMAXユーザーが1日3000ウォンで利用できる。(2011/6/27)

孫社長も登場 ソフトバンクテレコムと韓国KT Corporationがセミナー
ソフトバンクテレコムと、同社と事業提携する韓国の通信事業者・KT Corporationが共同でセミナーを開催。ソフトバンクの孫正義社長と、KT Corporationのイ・ソクチェCEOが提携の意義や今後の方向性を語る。配信は5月30日14時30分〜。(2011/5/27)

「地下鉄でもOK」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「韓国」編
韓国で「快適・高速」なデータ通信環境を整えるにはどうすればいいか。今回は韓国版WiMAX「WiBro」端末のレンタルと、UQ WiMAXのローミングサービスで環境を整える方法を解説する。ちなみに「15Mbps」もの、うほほっな速度が出る。(2011/5/24)

Mobile World Congress 2011:
MWCにみるモバイル業界NFC最前線――世界サービス共通化は近いか?
モバイル決済サービスなどへの活用が期待される、非接触ICカード通信の国際規格として、NFCの注目度が高まっている。世界的にどのような取り組みが始まり、またFeliCaが普及している日本でどうなるのか――MWC会場でその動きを追った。(2011/3/8)

Mobile World Congress 2011:
先行する巨大アプリマーケットに勝てるか――WACの副社長に聞く、戦略とロードマップ
Web標準の技術で開発でき、作ったアプリは海外通信キャリアのアプリマーケットを通じて広く提供できる――。こんなコンテンツ流通を実現するのがWACのサービスだ。先行するアプリマーケットに対する優位性や、今後の戦略について、副社長のクルーン氏に聞いた。(2011/2/24)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第7回 海外利用サービスで広がる「いつでも・どこでもブロードバンド」のさらなる可能性(前編)
WiMAXはいつでも、どこでも高速・低価格で使えるのが特徴だが、さらに「そのまま海外」でも快適に使えてしまう。今回は海外利用サービス「WORLD WiMAX」が米国・ラスベガスでどう使えたか、そしてその可能性を解説する。(2011/2/4)

NTTドコモ、China Mobile、KTが事業協力契約を締結
NTTドコモとChina Mobile、KTの3社が事業協力を行うことを明らかにした。(2011/1/19)

UQの「WORLD WiMAX」が韓国で利用可能に
UQコミュニケーションズの海外WiMAX事業者との相互WiMAX利用サービス「WORLD WiMAX」が、韓国の25都市で1月14日から始まる。6月末までは1日約210円で利用可能だ。(2011/1/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。