ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

国際ローミング に関する記事 国際ローミング に関する質問

「国際ローミング」最新記事一覧

日米定額も提供:
圧倒的な“実効速度”と“基地局数”、他社対抗は「徹底的に」――ソフトバンクがiPhone 6の販売戦略を説明
ソフトバンクがiPhone 6/6 Plusの販売戦略を説明。どこよりもお得とするMNPと機種変施策や、圧倒的という4Gネットワーク、そして「アメリカ放題」などグループシナジーをアピールした。(2014/9/17)

「ドコモに徹底的に対抗」 ソフトバンクのiPhone 6販売戦略 「アメリカ放題」で差別化
「NTTドコモの攻勢には、徹底的に対抗する」とソフトバンクの宮内謙副社長。米国内で通話/ネットし放題になる新プラン「アメリカ放題」を武器に、iPhone 6/6 Plus販売合戦で一歩抜け出したい考えだ。(2014/9/17)

米Sprintとのシナジー第2弾:
ソフトバンク、渡米時の通話・ネットが定額の「アメリカ放題」発表 「iPhone 6/6 Plus」向けに提供
ソフトバンクは、米国本土やハワイへ渡航した際の通話やネット利用を定額で提供する「アメリカ放題」を発表した。「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」向けに9月19日から開始する。(2014/9/17)

KDDIが中国40都市のほかイタリアなどでLTE国際ローミングを開始
KDDIは、国際ローミングサービス「グローバルパスポート」のLTE高速データ通信エリアを拡大。新たに中国、イタリア、バチカン、ニュージーランドでも利用可能となる。(2014/9/12)

ソフトバンク、ニュージーランドでLTE国際ローミングを開始
ソフトバンクモバイルがニュージーランドでLTE国際ローミングサービスを開始した。パケット定額サービス「海外パケットし放題」も利用できる。(2014/9/9)

NTTドコモ、9月5日からミャンマーで国際データローミングサービスを開始
NTTドコモが、ミャンマー連邦共和国に渡航するユーザーを対象とした国際データローミングサービスを開始。(2014/9/4)

アプリ操作で針が動く:
カシオ、iPhoneとつながる“メタル×アナログ”のスマートウオッチ「EDIFICE EQB-500」
メタルケース×アナログ針仕様のBluetooth搭載ウオッチ「EDIFICE EQB-500」が登場。スマホと連携できる機能を搭載する。超省電力仕様の新開発LSIで、長時間動作も実現した。【動画を追加】(2014/9/3)

ドコモ、「海外1dayパケ」を値下げ 米国本土やハワイでは1日980円に
ドコモは、海外でのパケット通信が1日単位で定額利用できる「海外1dayパケ」の値下げを発表した。9月10日から、米国やプエルトリコ、フィリピンでは1日980円で利用できる。(2014/9/3)

KDDI、オランダ/タイ/クウェートでLTE国際ローミングを開始
KDDIは、オランダ/タイ/クウェートの3カ国でLTE国際ローミングを開始した。クウェートでのLTEローミング提供は国内で初。(2014/9/3)

エレコムがMVNO事業に参入 月額780円で300kbps無制限、格安スマホのセット販売も
スマートフォンやPCの周辺機器を手がけるエレコムが、MVNO事業をスタートする。サービス名は「SkyLinkMobile」で、月額780円で300kbpsの通信サービスが使い放題になる。ドコモのLTEをフルスピードで利用できるコースや、IP電話サービスも用意する。(2014/9/1)

「スマホを変えるスマホ」は、仕事で使えるか――フリービット「PandA」の実力は?
大画面スマホと格安SIMのセットで“買ってすぐ”利用でき、音声通話に対応。3Gのみの対応ながら通信容量の制限がなく、テザリングやいざというときの高速化も可能。加えてサポートも充実している――そんな“スマホを変えるスマホ”は、はたして仕事用スマホとして使えるのだろうか。(2014/9/1)

ソフトバンクモバイル、オランダでLTE国際ローミングを開始
ソフトバンクモバイルがオランダでLTEの国際ローミングサービスを開始する。パケット定額サービス「海外パケットし放題」も利用できる。(2014/8/27)

総務省、「技適」緩和へ 訪日外国人、手持ちスマホを利用可能に
総務省は2015年にも、訪日外国人を対象に、日本の技術認証を受けていない携帯端末を国内で使えるよう規制緩和する。(2014/8/21)

KDDI、イギリス/オーストリア/フィリピンでLTE国際ローミングを開始
KDDIと沖縄セルラーは、新たにイギリス/オーストリア/フィリピンで国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始した。(2014/8/15)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルーター事情」:
WiMAX 2+対応ルーター「HWD15」は買い?/モバイルWi-Fiルーターのアップデート悲喜こもごも
WiMAXハイパワーに対応したWiMAX 2+対応ルーター「HWD15」や、テレビチューナー搭載のモバイルWi-Fiルーターが新発売。ソフトウェア更新によって、ドコモのモバイルWi-Fiルーター2機種が、海外のSIMカードでLTE接続可能になった。(2014/8/14)

1日980円から:
ドコモ、グアムとタイでLTE国際ローミングを開始
ドコモは、8月7日からグアムでLTEの国際ローミングを開始する。また8月22日にはタイでも開始する。(2014/8/7)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「安かろう悪かろう」ではダメ――“日本品質”に徹底してこだわった「freetel」の秘密
ここ最近、日本でも数多くのSIMロックフリースマートフォンが発売されている。中でも新興メーカーとして注目したいのが、「freetel」ブランドで端末事業を展開しているプラスワン・マーケティングだ。同社が端末事業に参入した狙いと勝算を聞いた。(2014/8/5)

プリペイドSIMが意外とお高い:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ブルネイ2014年」編
東洋一のお金持ち国家であるブルネイ。裕福な国だけに通信費も安いと思いきや、プリペイドSIMの価格はアジアでも抜きん出て高かった。なかなか訪問する機会のないブルネイの首都、バンダルスリブワガンで2社のプリペイドSIMを買って使い比べてみた。(2014/7/30)

「遅い使えない」は過去のこと:
LTEモバイルルータ「AtermMR03LN」Bluetoothテザリングの効果を試す
NECプラットフォームズの多機能LTEモバイルルータは、薄型軽量なのにバッテリー駆動時間も長い。それを実現するBluetoothテザリングの“有効度”を検証した。(2014/7/28)

MVNOに聞く:
イオンのスマホ、音声プラン、SIMロック解除――福田氏が語る 日本通信の戦略とMVNOの課題
MVNOの老舗ともいえる日本通信は、これまでにさまざまな通信サービスを提供してきた。現在は多数のMVNOが参入し、総務省がSIMロック解除の方針を打ち出すなど、日本通信の参入当初から状況が大きく変わってきている。日本通信は現在のMVNO市場をどうみているのだろうか。(2014/7/25)

石川温のスマホ業界新聞:
ワイモバイルが月額2980円の新料金プランを発表――寺尾洋幸COO「インターネットの楽しさを届けたい」
3大キャリアより低価格な新料金プランで差別化を図るワイモバイル。第4のキャリアとしてスタートを切るにあたり、どのような戦略で市場を勝ち抜こうとしているのだろうか。(2014/7/25)

ドコモ、通話やカメラ機能を充実させた「らくらくホン8 F-08F」を9月中旬に発売
ドコモが、使いやすさに配慮したらくらくホンの8世代目となるケータイ「らくらくホン8 F-08F」を9月上旬に発売する。(2014/7/23)

データ通信は1Gバイトから、月額1000円で通話定額――ワイモバイルが新料金プランを発表
ワイモバイルが、Y!mobileスマートフォン向けの新料金プランを発表。データ定額は月1Gバイト、3Gバイト、7Gバイトまで使えるプランを用意し、月額1000円で通話が完全定額となる「スーパーだれとでも定額」も提供する。(2014/7/17)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
“義務化”で盛り上がる「SIMロック解除」 そのメリットとデメリット
総務省が進める「SIMロック解除」の義務化。そもそもSIMロックとは何のために行われているのか、また解除すれば本当にスマホの料金は安くなるのだろうか?(2014/7/14)

KDDI、LTE国際ローミングサービスの提供エリアに台湾とベルギーを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たに台湾とベルギーでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を始めた。(2014/7/10)

ソフトバンク、LTE国際ローミングの対象エリアに台湾/イタリア/バチカンを追加
ソフトバンクモバイルは、FDD-LTEネットワークによる国際ローミングの対象エリアとして台湾/イタリア/バチカンを追加した。(2014/7/9)

MVNO徹底比較:
月額料金で見る“格安SIM”丸分かり一覧表――音声通話編
“格安SIM”の中でも090/080番号で音声通話ができるサービスはまだ限られている。料金を抑えつつ通話もしたいという人向けに、音声通話に対応するサービスをまとめた。(2014/7/9)

仕事耕具:
音声+3Gまでの高速データ通信で月額1980円――U-NEXT、音声対応の格安SIMを発売
高速データ通信を使えるU-NEXTの格安SIMが090/080/070番号の音声通話に対応。音声+3Gまでの高速データ通信を月額1980円で利用できる。端末とのセット販売も開始する。(2014/7/1)

ソフトバンク、ベルギーとマレーシアでLTE国際ローミングを開始
ソフトバンクは、6月27日からベルギーとマレーシアでLTE(FDD方式)国際ローミングを開始する。(2014/6/26)

NTTドコモのLTE国際ローミング対象に韓国ほか4地域が追加――計13国・地域へ
NTTドコモのLTE国際ローミングの対象国・地域に韓国・スイス・イタリア・バチカンが加わった。(2014/6/25)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第11回:
海外プリペイドSIMを使うメリットと注意点
SIMロックフリースマホを持っていると、海外で入手したプリペイドSIMを挿して通信ができる。プリペイドSIMのメリットは、何と言っても料金が安いこと。今回は、海外でSIMカードを入手する方法を解説する。(2014/6/13)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS8が国際ローミング料金不要の「Wi-Fi Calling」に対応へ――またもアップルがキャリアの収益モデルを壊すのか
AppleがWWDCで発表したiOS 8は、Wi-Fi環境があれば電話番号を使って音声発信やSMSの送受信ができる「Wi-Fi Calling」に対応する。海外出張の多いユーザーにはニーズがありそうだ。(2014/6/13)

文字入力だけではありません:
使うほどに便利さを実感できるスマホ――「ARROWS NX F-05F」ファーストインプレッション
NTTドコモの2014年夏モデルとして登場する富士通のAndroidスマートフォン「ARROWS NX F-05F」。文字入力の快適さが一番のセールスポイントだが、魅力はそれだけではない。ひと足先に、その実力に迫る。(2014/5/30)

KDDI、ブラジルでLTEの国際ローミング開始 ただし対応機種は「iPad」のみ
KDDIは、新たにブラジルでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始する。(2014/5/29)

半径300メートルのIT:
格安通話時代にできるだけ「海外通話」も安くする方法
海外旅行中に、日本から電話がかかってきたらどうしますか? 国際ローミングでは受話側にも着信料が発生します。筆者の答えは?(2014/5/26)

auのAndroid端末、米国でLTE国際ローミングが利用可能に
5月15日から、auのAndroid搭載スマートフォンとタブレットで、米国でのLTE国際ローミングを利用できるようになる。(2014/5/13)

写真で解説する「URBANO L03」
「URBANO L03」は、前モデルよりスペックを大幅に向上しつつ、ケータイからの乗り換えユーザーも意識したスマホ初心者向け端末。新素材の強化ガラスを採用するなど、独特の存在感を放つ。(2014/5/9)

時間帯やアプリの利用を制限できるソフィア総研の「通信制限付エスモビSIMカード」
ソフィア総合研究所は、利用アプリや時間を制限できる「通信制限付エスモビSIMカード」を発売した。(2014/5/2)

KDDI、LTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供エリアにカナダとスペインを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たにカナダとスペインでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始した。(2014/4/25)

アクセリア、3G/LTE対応&IP電話機能付きのSIMカード「pointy」提供開始――パッケージは福原香織
アクセリアは、IP電話機能を備えたSIMカード「pointy」を発売。おトクなポイント制度や人気声優・福原香織によるアニメ調応答も用意している。(2014/4/18)

「hi-ho LTE typeDシリーズ」、緊急通話もできる「音声通話対応SIMカード」提供開始
高速モバイル通信サービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」で「音声通話対応SIMカード」の提供がスタート。国内外への通話に加え、緊急電話なども利用できるという。(2014/4/14)

ドコモのカケホーダイ、「定額」にならないのはどんな場合?
国内初の完全定額をうたうドコモの「カケホーダイ」。時間帯や通話時間にかかわらず、定額料金内で利用できる画期的なプランだ。ただし、海外通話など従量課金になる例外もある。(2014/4/11)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第6回:
格安SIMを使えるドコモ端末の買い方と注意事項
格安SIMカードを販売しているMVNOは、ドコモから回線を借りていることが多く、SIMロックフリーでなくても、ドコモの多くのスマートフォンでSIMを使える。今回はそんなドコモ端末の買い方を紹介する。(2014/4/4)

到着した空港で使いたいあなたに勧めていいものかどうか:
GIG SkyのSIMを欧州で使ってきた
すぐ使える安心、微妙なフリー容量、もどかしい料金設定。(2014/4/2)

ドコモ、GALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ
ドコモがGALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ。LTE国際ローミングが利用できるようになる。(2014/4/1)

NTTドコモ、3月31日からLTE国際ローミング開始
当初の予定通り、2013年度に間に合った。使えるのは、米国に香港、そして、フランスなど。(2014/3/26)

イー・アクセス、LTE国際ローミングを香港で開始
イー・アクセスは、3月26日から香港でLTEの国際ローミングを開始する。なお、対応するのはUSBデータ通信端末の2機種のみ。(2014/3/24)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第5回:
Nexus 5、iPhone 5sから1万円台の格安モデルまで――日本で購入できるSIMフリースマホ
格安SIMを使うには、当然ながら対応するスマートフォンが必要になる。日本ではどんなSIMフリースマホを購入できるのだろうか。主なモデルをまとめてみた。(2014/3/20)

石野純也のMobile Eye(3月3日〜14日):
音声通話SIMを提供するIIJの狙い/「MVNO2.0フォーラム」で見えたMVNOの現状と課題
3月7日はIIJが音声通話対応のSIMカードを発表したほか、6日には総務省とテレコムサービス協会MVNO委員会が「MVNO2.0フォーラム」を開催した。今回は、これらMVNOが提供するSIMサービスの現状と課題をまとめた。(2014/3/16)

「通話の需要は依然強い」:
IIJ、音声通話に対応したIIJmio「みおふぉん」発表
IIJは、データ通信専用で展開してきた個人向けSIMに音声通話対応のラインアップを追加した。最少価格プランでは月額2000円を切る(ただし通話料別)。(2014/3/7)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。