ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Leap Motion」最新記事一覧

これが次世代のアダルトコンテンツだ! 大反響の「アダルトVRフェスタ01」にVRの可能性を見た
大反響により一般入場が急きょ中止になるなどの騒動も。(2016/6/16)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(終):
「リレーションシップ」機能を使いこなして挑む、“即戦力”になるピボットテーブルの作り方
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。最終回は、「リレーションシップ」機能を駆使して、実務への応用を想定した高度なピボットテーブルを作成する方法を実践する。(2016/4/26)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(8):
ピボットテーブルの「スライサー」「タイムライン」を理解し、使いこなす
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルのデータを素早くフィルタリングし、抽出する「スライサー」「タイムライン」の基礎と使い方を解説する。(2016/4/19)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(7):
集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルの集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の基礎と応用を解説する。(2016/4/12)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(6):
ピボットテーブルの「デザインを工夫」して視認性と説得力を高める
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルの効果をより高める「デザイン」を工夫するテクニックを解説する。(2016/4/5)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(5):
慣れてくると効く「数秒でピボットテーブルを作る」方法
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルで実現する多様な視点で分析する方法を「実際の業務で普通に使えるようになる」までのテクニックを解説する。(2016/3/29)

“ザ・ビギニング”アルファテスト体験リポート:
2016年、IBMの「コグニティブ・コンピューティング」が実現するVRMMO「ソードアート・オンライン」の世界
突如発表された日本IBMとのコラボレーション「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」。SAOの世界観を体験できる日本IBMの先進技術とは? “アルファテスト”と称したイベントの中身とは?――ちゃんとログアウトできたので、こうしてレポート記事を書けている。(2016/3/18)

どこでもおっぱいー! 好きなだけDカップをもめる夢の箱が開発される
風をつかみ、おっぱいをもむのだ。(2016/3/2)

マイクラで始めるプログラミング入門(2):
コードを書かずにプログラミングができる、ScratchとScratch2MCPIの基礎知識、インストール方法と簡単な使い方
本連載では、子どもたちに大人気のゲーム「Minecraft」を題材にYouTube実況動画付きで「プログラミング」を学んでいく。今回は、ScratchとScratch2MCPIの概要を紹介し、インストール方法と簡単な使い方をYouTube実況動画で解説する。(2016/2/3)

ラズパイか、こちらか、どっち?:
約8000円からのフルWindows 10マシン「LattePanda」、Kickstarterに登場
Cherry Trail世代のAtomとWindows 10 Homeを搭載する“開発者向け”超小型コンピュータ「ラテパンダ」がクラウドファンディングに登場。価格は約8000円台から。(2015/12/15)

第1回 先端コンテンツ技術展:
“Oculus+α”で時速400キロの超高速バイク走行を体感――これが先端VRコンテンツだ
東京ビッグサイトで開催中の「第1回 先端コンテンツ技術展」では、VRヘッドセットを用いた展示が数多く見られる。没入感のある映像だけでなく、実際に手を動かして操作したり、バイク型の筐体にまたがることで、より臨場感ある体験を提供しているのが特徴だ。(2015/7/2)

Google、小型レーダーチップ採用のジェスチャーコントロール「Project Soli」のAPIを年内提供開始
GoogleのATAPチームが、レーダーで検知する空中での指先ジェスチャーで端末を操作するシステム「Project Soli」のボードとAPIを年内に開発者に提供開始すると発表した。(2015/6/1)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(1):
無料になったUE4の基礎知識&インストールのチュートリアル
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。初回は、Unreal Engineの概要と開発環境の構築法について。(2015/5/28)

視覚的VR技術から動作を行うVR技術へ:
PR:進化するVirtual Realityの世界と入力装置としての「Leap Motion」
Oculus Riftから再び火がついたVirtual Realityの世界。さまざまなVRデバイスの登場により、視覚的VRから動作を行うVRへ新たな進化を見せています。(2015/5/25)

IT用語解説系マンガ:食べ超(70):
モノのインターネットが守り伝える、伝統のIoTしぐさ
全てのモノがインターネット化する時代においては、お互いのIPアドレスを傾けてすれ違うといった気遣いとマナーが求められます。(2015/5/13)

WindowsユーザーのUnity開発をサポート:
PR:Unityの開発をさらに効率化! 「Visual Studio Tools for Unity」を利用する
Unityを編集する際には、規定では付属のMono Developを使います。しかしWindowsアプリケーションの開発者であればVisual Studioを使いたいところ。今回はそれをかなえる無償ツール「Visual Studio Tools for Unity」を紹介します。(2015/4/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(8):
初めてUnityを触る人が無料で使い方を学べる日本語チュートリアルを全317ページ、59のサンプル動画で電子書籍本としてまとめました
人気過去連載を一冊に再編集して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。Vol.8は、『ゲーム開発初心者のためのUnity入門』だ。(2015/4/22)

Open Hack Day Japan 3リポート:
「アイデアの交差点」24時間ハッカソン開催
2015年3月7、8日にヤフー主催の24時間の開発イベントが開催された。素材は提供されるが、何を作るかは自由。スマホアプリやIoTなど多彩な作品が出そろった。本稿ではイベントで作られた作品、面白ネタ、今回のハッカソンが生まれた背景などを紹介する。(2015/4/17)

Open Hack Day Japan 3リポート:
ロボットOS「V-Sido」はハックできたか? こだわりのスイカ割りに栄冠
ヤフー主催の大型ハッカソンイベント「Open Hack Day Japan 3」では、アスラテックが提供するロボット制御マイコン基板「V-Sido CONNECT」を使った開発が可能だった。24時間でどのようにV-Sidoをハックしたのか。5つのチームの開発成果をリポートしよう。(2015/3/13)

2つのデバイスで新しい世界を体感:
PR:「Leap Motion」が「Oculus Rift」の“目”になる! 新体験を生み出すVRアプリケーション開発
「Oculus Rift」をかぶると、目の前に仮想空間が広がり、よりコンテンツに入り込んだ体験ができます。これに入力装置としての「Leap Motion」を組み合わせることで、リアリティある仮想空間を作ることが可能です。(2015/3/2)

「おばかIoTシンポジウム」リポート:
IoT時代はイグノーベル賞デバイス、弁当箱、妖怪、ナデラブル、食べラブルがネットとつながる
おばかアプリとIoTが出会った夢のシンポジウムの模様をリポート。IoTの先駆者たちが3Dプリンター、Raspberry Pi、Arduino、LeapMotion、Bluetooth Low Energy、クラウド、機械学習やさまざまなセンサーなど最高の技術を無駄使いし、おばかな用法を語り合った。(2015/2/20)

雰囲気をプログラミングなしに体験:
PR:プログラムを書かずに試せる! 「Leap Motion」+「Unity」のアプリケーション開発
「Leap Motion」でアプリケーションを開発するには、いくつかの方法があります。ここではその中から「Unity」というゲームエンジンを使ってアプリケーションを開発する方法について紹介します。(2015/2/9)

GGJ2015 ZENRIN ODAIBA会場&30時間生放送まとめ:
ハッカソン、デバイス、海外展開、人材育成――ゲーム開発で私たちは今何をすべきか
2015年1月23〜25日、世界中で同時に行われた48時間にわたるゲーム開発ハッカソンの模様と、ゲーム開発がテーマのトークセッションをいくつかダイジェストでお届けする。(2015/2/5)

VRコンテンツをLeap Motion×Oculus Rift×Unityで始めよう!:
PR:進化した「Leap Motion」と「Oculus Rift」で広がるVR(Virtual Reality)の活用シーン
Leap Motionは米Leap Motionが開発・販売している、手や指の検出に特化したセンサーです。日本ではBBソフトサービスが提供をしています。2012年の発売以降、モーションセンサー市場の広がりに伴い、商業利用も増えてきました。(2015/1/26)

Razer、新たなVRヘッドセットを6月に発売! 業界大手とオープンソースのプラットフォーム「OSVR」を開発
盛り上がってまいりました。(2015/1/7)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

ドMなガチムチ男のケツを叩きまくれる謎ゲーム爆誕 なにこのバーチャルリアリティの無駄遣い
なんだこれは……たまげたなあ。(2014/12/5)

オンラインで見積書がすぐ取れる!:
PR:「モバイルファースト」を実現したい全ての方へ――開発者向けプロショップ“Developer Tools Store”が目指したこと
ソフトウェア開発の主流はPCからスマートデバイスへ――「モバイルファースト」時代のニーズに応える開発者向けプロショップ「Developer Tools Store powered by LICENSE ONLINE」がオープンした。これまでのオンラインストアと何が違うのだろうか?(2014/11/10)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(1):
ゲーム開発者以外も最低限知っておきたいUnityの基礎知識&無料版Unityのインストールチュートリアルと画面構成
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。初回はUnityの特徴を紹介し、開発環境の構築手順や画面の見方を一から解説する【Windows 10、Unity 5.4に対応】。(2016/9/29)

Oculus Riftの映像に自分の手の動きを重ねられるシステムをLeap Motionが発売
ジェスチャー入力ガジェットを手掛けるLeap Motionが、Oclus RiftのHMDに装着することで専用グローブなしにリアルタイムの手の動きを表示できるシステムを発表した。(2014/8/29)

モーションセンサーデバイス:
指の種類や関節まで検出可能に――「Leap Motion V2 β」を開発者向けに公開
米Leap Motionは、3Dモーションセンサーデバイス「Leap Motion Controller」の新しいトラッキングソフトウェアのパブリックβ版「Leap Motion version 2.0 Beta(Skeletal Tracking Beta)」を開発者向けに公開した。(2014/5/29)

最新PC速攻レビュー:
「dynabook Satellite T954/98L」――世界初“4K”ノートPCの実力は?(ベンチマークテスト編)
他社に先駆けて“4K”ディスプレイ搭載ノートPCが東芝から登場。今回はさまざまなテストを行い、ハイパフォーマンスPCとしての実力を明らかにする。(2014/5/28)

ASUS、空中で手を動かして操作できる「LEAP MOTION」を付属したハイエンドゲーミングノート「G750JZ」など5モデル
ASUSTeKは、手指の空中ジェスチャーでPC操作を行なえる「LEAP MOTION」を搭載する17.3型液晶搭載ゲーミングノートPC「G750JZ」などノートPC計5製品を発表した。(2014/5/14)

3次元CADニュース:
3次元モデルが目の前にあるみたい! スタイラスで突いて、回して、裏返して――zSpace
3次元データを立体視可能なVRシステム「zSpace」の製品説明会が開催された。同製品は、自分の目の前にあるかのような3次元モデルをスタイラスで突いて、自由に回して眺めることが可能だ。(2014/4/18)

手を空中で動かして作曲できる「Muse」、LEAP Motionから10ドルで発売
ジェスチャー入力装置のLeap Motionが、空中で手を動かして画面上のセルを動かすことで環境音楽を創作できるアプリをリリースした。(2014/4/4)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(5):
Windows Embedded OSでモーションセンサーデバイスを活用する
NUI(Natural User Interface)やモーションセンサーデバイスの基礎、組み込み分野での活用事例などを解説してきた本連載もいよいよ最終回。今回は、組み込み機器でモーションセンサーデバイスを活用する際の最適なプラットフォームの1つとして、Windows Embedded OSを紹介する。(2014/4/2)

連載:業開中心会議議事録:
どうなる、SIと業務系アプリ? 最新&未来テクノロジーからの考察 ―第5回 業開中心会議
これまでの業開中心会議では「いわゆる」業務アプリの開発に関わるさまざまな技術をテーマとしてきた。果たして、それだけが業務アプリなのだろうか? 今回の会議では業務アプリの未来とチャレンジをテーマに議論が行われた。(2014/3/26)

最新PC速攻レビュー:
「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」――情熱の赤が所有欲を刺激する!!
日本HPの「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」は、鮮烈なデザインが印象的なBeats Audioスペシャルエディションモデルだ。(2014/3/25)

PC販売ランキング(2014年3月3日〜3月9日):
ノート・デスクトップともに売れ筋はNEC いずれも2機種が順位を上げる(2014年3月第1週版)
今回は3月第1週の集計。ノートPCは新モデルが続々とランクインし、NEC製品は2機種が順位を上げた。(2014/3/24)

林信行氏オススメの展示イベント:
最先端のテクノロジーが作り出す風景
プロジェクションマッピングからデジタルアート、医療の歴史、新版画まで、春休みに必ず見ておきたい注目展示を林信行氏が一挙紹介。(2014/3/18)

PC販売ランキング(2014年2月24日〜2月30日):
ノートPCの売れ筋は富士通製 新モデル「FMV LIFEBOOK AH42/M」は5位に浮上(2014年2月第4週版)
今回は2月第4週の集計。ノートPCは富士通製品が売れ筋で、3機種が順位を上げた。(2014/3/17)

PC販売ランキング(2014年2月17日〜2月23日):
ノートPCの売れ筋は富士通「FMV LIFEBOOK」 首位は15.6型モデル(2014年2月第3週版)
今回は2月第3週の集計。ノートPCは富士通製品が売れ筋で、15.6型A4ノート「FMV LIFEBOOK AH53/M」が首位を維持した。(2014/3/10)

業務アプリInsider×未来テクノロジ:
業務アプリはもうこれ以上、進化できないのか? ―― スマートアグリカルチャーに学ぼう
業務アプリ内の技術を最新に置き換えるだけの作業に疲れた? これから業務アプリはどう進化させればよいのか? そんな考えに基づき、農業IT化の手法を聞いてみた。「“攻め”の業務アプリ開発」を始めるための参考にしてみよう。(2014/3/7)

PC販売ランキング(2014年2月10日〜2月16日):
デスクトップPC、21.5型クラスの液晶一体型が人気──首位はNECの2014年春モデル(2014年2月第2週版)
今回は2月第2週の集計。デスクトップPCはNEC製品が売れ筋で、21.5型モデルが首位となった。(2014/3/3)

いまさら聞けないUSB 3.0の話:
PR:今すぐ使えるUSB 3.0 SuperSpeed開発環境
いよいよ普及期を迎える「USB 3.0 SS」。そこにはどんな市場が広がっているのだろうか。期待が高まる新規格だが、今すぐに使用可能なUSB 3.0 SS開発ツールは、思ったほど多くはない。ハード/ソフトウェア両面でユーザビリティに優れ、ストレスなくUSB 3.0 SSデバイスを開発できる環境とは?(2014/2/28)

週末アップルPickUp!:
iPad用の指輪型アクセサリ?
未来のユーザーインタフェースはどんな姿になるんだろう。(2014/2/25)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(4):
「どのデバイスが最適か?」――モーションセンサー3機種を徹底比較!!
数あるモーションセンサーデバイスの中から「Kinect for Windows」「Creative Senz3D/Intel Perceptual Computing」「LEAP Motion」の3つを取り上げ、各デバイスの機能や特徴を、ハードウェア/ソフトウェアの両面から比較する。また、開発者向けに提供が開始された「Kinect for Windows V2」についても紹介する。(2014/2/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
バラつく売れ方、でも順調! 「GeForce GTX 750 Ti&750」の評判
NVIDIAの新ミドルGPU「GeForce GTX 750 Ti/750」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に登場し、新ハイエンド「GTX TITAN BLACK」も店頭に並んだ。さて、アキバでの評判は?(2014/2/24)

PC販売ランキング(2014年2月3日〜2月9日):
第4世代Core採用MacBook Pro、MacBook Airがランクイン(2014年2月第1週版)
今回は2月第1週の集計。ノートPCは、Apple製品2モデルがランクインしていることに注目だ。(2014/2/24)

「〜ソン」もここまで来た:
元ガンズのギタリスト、スラッシュ氏が「Slashathon」を開催
米大物ギタリストのスラッシュ氏が、テキサス州オースティンで2014年3月に開かれるアートイベント「SXSW 2014」において、アプリケーション開発の腕を競うハッカソンならぬ「Slashathon」(スラッシャソン)を開催すると発表した。(2014/2/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。