ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oculus Rift」最新記事一覧

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(5):
Google Apps Scriptで配列と繰り返し処理を使い、データの加工を自動化する
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。今回は、配列と繰り返し処理(for文)をGoogle Apps Scriptで、どのように使っていけばいいかを、サンプルを交えながら解説する。(2017/3/23)

産業用VRカレイドスコープ(1):
ゲーム少年の熱意で生まれたHMDと、Holographicのインパクト
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、これまでの産業VRの歴史と、今後予想される動きについて説明します。(2017/3/3)

異色のPlayStation VR向けゲーム「ヘディング工場」ができるまで
PlayStaiton VR向けに「ヘディング工場」をリリースしたゲーム制作会社・ジェムドロップに新作の見どころやコンテンツ開発の苦労、開発環境を聞いた。(2017/3/6)

Unityで始めるVR/AR開発入門(終):
Vuforia Developer Portalで公開されているUnity用ARサンプルを使うには
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回は、「Vuforia Developer Portal」で公開されているUnity用のサンプルを紹介しよう。手軽にGear VRからマーカーに3Dオブジェクトを表示できるものなので、いろいろと試してARコンテンツ作成のヒントにしてほしい。(2017/3/2)

NVIDIA Pro VR Day 2017基調講演レポート:
PR:VR空間でクルマをデザイン!? プロフェッショナルVRがもたらす新世界とは
VRは既に現実のものとなっている。しかし、産業用途の“プロフェッショナルVR”では、エンターテインメント以上の精度や性能が要求される。現在、VRはどこまで進化しており、これから私たちはどのような体験をすることになるのだろうか。VR活用の将来像や先進事例について、NVIDIAのバイスプレジデントであるボブ・ベティー氏が語った。(2017/2/27)

VRお絵かきソフト「Tilt Brush」がOculus Riftに対応 仮想空間が立体的なキャンバスに
昨年、GoogleがHTC Vive向けにリリースしたもの。(2017/2/23)

Oculus Riftはじめました:
Tilt BrushをOculus Touchで使ってみた たのしー! すごーい!
いやーこれははまります。ただただ楽しい。(2017/2/22)

VRニュース:
SFみたいな身体の入れ替わりが実現? VRが技術伝承や遠隔作業に貢献する可能性
VRの用途は、ゲームなどエンターテインメントに限らない。製造業では設計開発向けが有望視されている。「身体の入れ替わり」「瞬間移動」といったSFのようなことが実現すれば、さらに製造業の可能性を広げそうだ。(2017/2/21)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)

デジタルならではの自由な世界 バーチャルリアリティでプラモデルを作るVRアプリが少年の夢だった
黙々と静かな世界で組み立てたい人に。(2017/2/11)

Facebook傘下のOculusに5億ドルの賠償支払い命令 著作権侵害で
創業者パルマー・ラッキー氏にも賠償命令。(2017/2/2)

Facebook決算、過去最高を更新 MAUは18億6000万人に
Facebookの2016年10〜12月期決算は、モバイル広告が好調で予測を大幅に上回る増収増益。売上高は約89億ドル、純利益は約36億ドルで過去最高を更新した。月間アクティブユーザー数は17%増の18億6000万人だった。(2017/2/2)

製造業VR:
9兆円市場に成長するVR、「本命」用途へ足りない要素
ゲームやエンタテイメント分野で存在感を発揮し始めているVRだが、本命は製造や建築など産業用だとの見方がある。しかし、「その本命」で普及するには欠けている要素があるように思える。(2017/2/2)

プロフェッショナルVRソリューション:
PR:デザインレビュー新時代、VR空間で行うコラボレーションとは
デザインレビューに新時代が到来。2D、3D、そしてVR(仮想現実)へと進化してきたレビュー環境は、遠隔地に離れた複数人が同時にVR空間を共有してコラボレーションできるところまで進化している。(2017/2/1)

ITはみ出しコラム:
GoogleからXiaomiを経て、FacebookのVR責任者になったヒューゴ・バーラ氏とは?
かつてはAndroidやNexusの顔として知られていました。(2017/1/29)

増える利用シーン
「Apple Watch」だけではない 企業が注目すべきウェアラブル活用とは
企業におけるウェアラブルテクノロジーは大きな可能性を秘めている。健康状況を正確に追跡することが可能で、3Dグラフィックスも普及が進んでいる。ウェアラブルテクノロジーは企業を支配することになるのだろうか。(2017/1/29)

Google→Xiaomiのヒューゴ・バーラ氏、次はFacebookのVR/AR責任者に
GoogleのAndroid担当から中国Xiaomiのグローバル担当に転職し、先ごろ退任してシリコンバレーに戻るとしていたヒューゴ・バーラ氏が次はFacebookでOculus CRを含むVR/AR担当責任者に就任する。(2017/1/26)

実用化事例が続々登場
「Pokemon GO」は序章にすぎなかった、AR市場の急拡大に開発者はどう対応する?
「Pokemon GO」よりも大きな規模の話だ。拡張現実(AR)は、仮想現実(VR)が作り出す架空の世界を現実世界に融合し、便利でインタラクティブな体験をもたらす。開発者はすぐにも作業に取り掛かるといい。(2017/1/19)

オバマ大統領夫妻、ホワイトハウス(官邸)の360度動画をFacebookで公開
1月20日の退任を前に、バラク・オバマ米大統領夫妻がナレーションするホワイトハウス(官邸)の360度動画が米大統領政府の公式Facebookページで公開された。(2017/1/17)

MONOist 2017年展望:
3D CADで作った3Dデータを生かし切るVRとARの進化
AI(人工知能)と同じく2016年にブームを迎えたVR(仮想現実)。2017年以降、このVRが、製造業や建設業の設計開発プロセスに大きな変化を与えそうだ。AR(拡張現実)についても、「デジタルツイン」をキーワードに3D CADで作成した3Dデータの活用が進む可能性が高い。(2017/1/13)

IDC 世界AR/VRヘッドセット市場規模:
「ゲンバ」がAR普及を加速させる、2018年から急加速
VRとならぶ次世代の成長ドライバーと目されるAR(Augmented Reality)。GoogleやMicrosoftなどが取り組みを進める中、ARの活用を促進するユースケースとして有望視されているのが「ゲンバ」だ。(2017/1/11)

Kaby Lake世代の爆速ゲーミングノート「GT62VR 7RE Dominator Pro」実力検証
ここ数世代でグッとパフォーマンスを向上させてきたゲーミングノートPC。MSIの「GT62VR 7RE Dominator Pro」は、そうしたカテゴリの中でも性能だけでなく、ゲームを楽しむための周辺スペックにもフォーカスした製品だ。(2017/1/6)

ケーブルに縛られないVRが実現へ VR HMDを無線化するアダプターを仏企業が開発中
Oculus RiftとHTC Viveに完全対応。(2017/1/5)

CES 2017:
Intel、「Project Alloy」のスタンドアロンMR HMDは第4四半期に出荷と発表
IntelがCES 2017で、RealSenseカメラ搭載でセンサーもコントローラーも不要な“Merged Reality”ヘッドセット「Project Alloy」のデモを披露した。第4四半期にOEMから出荷される見込みだ。(2017/1/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
話題に事欠かなかったMicrosoftとWindowsの2016年
世間を騒がせたWindows 10アップグレード誘導策、新たな可能性を示した「Surface Studio」や「Windows Holographic」など、話題が多かった2016年のMicrosoftを振り返る。(2016/12/31)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

2016年のアキバを振り返る(前編):
GeForce GTX 1080/1070の大ヒットが証明――まさしくVR元年だった2016年
2016年のアキバまとめ。前編では、堂々たる「VR元年」の動き、それと強く関係しあう「GeForce GTX 1080/1070」の大ヒット、ほか「Radeon RX 480」や「光モノブーム」を振り返る。(2016/12/30)

写真でふりかえる2016年:
「2次元の女の子と恋がしたい」をかなえる(かもしれない)2016年の話題まとめ
PS VR向け「サマーレッスン」、“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」など、2016年は「2次元のキャラと“現実世界”で会える」と感じさせる話題が相次いだ。注目を集めたニュースを、たくさんの写真でふりかえろう。(2016/12/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
米Microsoft直営店でiPhoneやAndroidが目立っている理由
日本にはない米Microsoft直営店をクリスマスシーズンに訪ねてみた。(2016/12/28)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

VRニュース:
VRヘッドセットは2020年に6000万台市場へ、それでも「ARの方が重要性増す」
IDCジャパンは、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)ヘッドセットの市場予測を発表。世界全体の市場規模(出荷台数)は、2016年がVRヘッドセットを中心に急伸し年間1000万台に達する勢い。2020年にはARヘッドセットの成長も始まり、合計で年間7500万台を超えるとしている。(2016/12/22)

ビームで日本を「なぎ払え」!? 真面目な地図ツールが開発中のお遊びで「日本列島焼き尽くすVR」に
あくまでも開発中の脱線で、本当にこの形でリリースされるわけではありません。(2016/12/21)

Oculus、VR空間で友達と遊べる「Oculus Rooms」をまずは「Gear VR」向けに公開
「Oculus Rooms」は、友達(のアバター)と一緒に動画を鑑賞したりゲームで遊べるプライベートな仮想空間だ。まずはSamsung Electonicsの「Gear VR」アプリとして公開された。Oculus Rift版も2017年に公開の予定。(2016/12/19)

リアルな戦艦大和が目の前に 原寸大の大和を体感できる「VR戦艦大和」が2年の歳月をかけついに配信開始!
ついにVR大和が竣工……!(2016/12/19)

リモコンは素晴らしいが……
徹底レビュー:GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」を使って分かった“可能性と疑問点”
GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」は大きな可能性を秘めている。特に同梱のリモコンは優秀だ。だが構造的な問題がVR体験を損ねている。光漏れと、視野角の狭さだ。(2016/12/18)

「Xbox Oneストリーミングアプリ」、Oculus Storeに登場
Microsoftが、「Oculus Rift」のバーチャルな大画面で「Xbox One」のゲームをプレイできるアプリ「Xbox Oneストリーミングアプリ」を無料で公開した。(2016/12/13)

Unityで始めるVR/AR開発入門(1):
Gear VRとは――UnityでAndroidアプリを開発するための環境構築
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。初回は、Unityや、Androidアプリを開発するのに必要なAndroid Studioをインストールして、Gear VRコンテンツの開発環境を構築する。(2016/12/12)

VR空間でのお絵かきがヤバイ……! 最新「VRペイントツール」で描いたCG作品が“世界の中の世界”で果てしないアートに
VRはアートの可能性も無限だった!?(2016/12/11)

女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
※これはマッサージです。(2016/12/9)

VR空間で手が使える!「Oculus Touch」を体験してきた
「Oculus Touch」を店頭で試せる体験コーナーがマウスコンピューター5店舗に登場。早速試してきた。(2016/12/6)

事例で見るVRの訴求効果 後編:
VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イベント連動アトラクション型」「エンタメ訴求型」について紹介する。(2016/12/5)

事例で見るVRの訴求効果 前編:
「360度コンテンツ」「VR体験」を広告コミュニケーションにどう活用するか
「VR元年」といわれた2016年。広告コミュニケーションの領域にVRを活用しようという機運が高まっている。その具体的な方法を事例とともに紹介する。(2016/12/2)

パチンコ業界でVR?:
「GANTZ:O」のVRコンテンツを産んだ京楽に聞く、映像表現のこれから
2016年はさまざまなコンテンツプロバイダーがVRに参入し始めている。「GANTZ:O_VR」を手がけた岩野氏に話を聞いた。(2016/12/16)

先着20台の格安限定モデル:
驚異の10万円切り! 「VRおじさん」オススメ限定モデルを作ってもらったよ
PCでVRを楽しむためには、実は高性能な機種を用意する必要がある。だが、普通にVR向けPCを用意するとなると15万円前後というのが当たり前。日本にVRを広めるため、「VRおじさん」がツクモに直談判してきたぞ。(2016/12/9)

【対談】Fusion 360エバンジェリスト×AR/VRプログラマー:
PR:3D CADとAR/VRの融合で加速するモノ作り
AR/VRのトレンドは、ゲームや映像コンテンツのみならず、モノ作りにも大きな影響を与えつつある。この対談ではオートデスクFusion 360エバンジェリストの藤村祐爾氏、AR/VRの最新動向に詳しいプログラマーである中村薫氏が、3D CADとAR/VRの連携により製造業がどのように変わっていこうとしているのかを語る。(2016/11/29)

ほぼ万能プレーヤー「VLC」、360度動画をサポート、2017年にはVR HMD対応へ
マルチフォーマット対応の無料動画プレーヤーアプリ「VLC」が360度動画をサポートする。デスクトップ向けテクニカルプレビューが公開されており、近くモバイル版が、2017年には「HTC Vive」などのVRヘッドセット版が公開される見込みだ。(2016/11/28)

仮想世界でモモに会える「PostPetVR」出資者募集 「スマホ版ポストペット」への布石
「PostPet」のキャラクターたちとVR空間で交流できるゲームのクラウドファンディングがスタート。本当の狙いは「スマホ版PostPet」のニーズ調査だ。(2016/11/24)

マウス、直営5店舗にOculus Rift用コントローラ「Oculus Touch」体験コーナーを常設
マウスコンピューターは、ハンドジェスチャー操作などが可能になるOculus Rift向けコントローラ「Oculus Touch」の体験コーナー設置を発表した。(2016/11/24)

Oculus RiftでXbox Oneのゲームプレイが可能に 12月12日から
Microsoftは、昨年6月に予告していたOculus RiftでXbox Oneのゲームをプレイするための無料アプリ「Xbox One Streaming」を12月12日に公開すると発表した。Oculus Rift内の仮想大画面で人気ゲームをプレイできる。(2016/11/23)

MSI、背中に背負えるVRゲーミングPC「VR One」の法人向け販売を開始
エムエスアイコンピュータージャパンは、VR向けのバックパック型ゲーミングPC「VR One」の法人向け販売を発表した。(2016/11/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。