ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「成人向け」最新記事一覧

東京ゲームショウ2017:
「ナマコ」のむにむにざらざらを再現した触覚VR アダルト参入も「慎重に検討」
東京ゲームショウ2017では、ナマコに触ることができる。バーチャル空間の中で。(2017/9/21)

アニメ「活撃 刀剣乱舞」に性的な演出とスタッフがTwitterで発言 制作会社が謝罪
「ヤラシい程えげつない」効果音をつけてもらったなどTwitterに投稿していました。(2017/8/21)

職場でも使いやすそうな「貼るTENGA」誕生 スタイリッシュなデザインのふせんで業務連絡してみたい
ステッカーも、アダルトグッズがモチーフとは思えないかっこよさ。(2017/8/14)

「VRポルノ専用ヘッドセット」はなぜ生まれた? 開発チームにインタビュー
「安価な機能特化型HMD」の可能性。(2017/7/27)

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が怒りの提訴 「異性介護」の顛末
「口に口が入ってきた!」――大阪府内の病院で、入院中の90代女性が男性職員にわいせつな行為をされたとし、病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こした。(2017/7/27)

大阪大学、性的指向・性自認の多様性に関する基本方針 「ALL GENDER」のトイレサイン作成
(2017/7/24)

アダルトゲームも充実 DMM.comが定額制のPCゲーム遊び放題サービスを開始
全年齢ソフトだけじゃないのです。(2017/7/4)

「放射能検査」偽り女児の身体触る 妻子ある男が……漫画模倣? 警察の対応めぐり“場外戦”も
放射能の検査を装って女子小学生の家に侵入し、体を触るなどの犯行を繰り返していた男が、成人向け漫画同人誌を読み模倣したと供述していたことから、埼玉県警が漫画の作者に配慮を求め、波紋を呼んでいる。(2017/6/29)

「警察が同人漫画家に配慮求めた」報道を「憂慮」 同人誌即売会連絡会がコメント
成人向け同人漫画の作者に対して警察が配慮を求めたとする報道について、全国同人誌即売会連絡会が「事態を憂慮している」とコメントを発表した。(2017/6/22)

成人漫画まねたわいせつ事件発生 警察が作者に「配慮」求める? 報道に作者がコメント
強制わいせつ事件の容疑者が、「成人向け漫画を模倣した」と供述したため、県警が漫画の作者に対して配慮を求めた――との報道に漫画家本人がコメント。「『表現の自由が脅かされた』とか『警察の圧力に屈した』という類の話だとは思ってほしくない」としている。(2017/6/16)

はじめてのAI:
アダルト画像が含まれているか判定できるAPIを使って、家族の入浴写真を分析してみた
画像から年齢や性別を認識する「Face API」と感情を認識する「Emotion API」を使えるようになった筆者。今回は、これまでで1番多くの情報を得ることができる「Computer Vision API」を学びます。(2017/6/13)

Facebookで差別発言 ハーバード大が10人の入学取り消し
ハーバード大学に入学予定の学生が集まるFacebookグループで、差別発言や性的な画像のやりとりがあったとして、同大が該当学生の入学許可を取り消した。(2017/6/7)

「Xvideos」猪瀬直樹氏のTwitterに登場 トレンドに
猪瀬直樹氏がTwitterに投稿したWebブラウザの画像に、大手アダルト動画サイト「Xvideos」のブックマークが含まれていたことが話題だ。(2017/5/29)

「胸やパンストに顔を近づけて嗅ぐ」アダルトVR、開発者の“野望” 「VRでエロをしないといけない」
VR空間で、女の子の胸やパンストの匂いを嗅げるデモンストレーションが「Unite 2017 Tokyo」に登場。開発元の2社に狙いを聞いた。(2017/5/8)

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──訪問看護師、対策急務
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

なぜベストを尽くした…… VRアダルトゲーム「VRカノジョ」が“パンストの匂い”を嗅げる体験をイベントで出展
においフェチ「うおおおおおお!」(2017/4/22)

「女の子の匂い、嗅ぎたくない?」――VRアダルトゲーム「VRカノジョ」と嗅覚デバイスが合体
VR映像と連動して、パンストや女の子の香りを体験できるデモンストレーションが、「Unity」の開発者向けイベント「Unite 2017 Tokyo」に出展される。(2017/4/21)

偽ジャスティン・ビーバー42歳、ファンから性的画像収集
FacebookとSkypeを駆使していた。(2017/4/17)

「性行為をのぞき見られる」 カメラ付き女性用アダルト玩具に脆弱性 英セキュリティ企業が注意喚起
カメラを搭載した女性向けバイブレーション「Siime Eye」(米SVAKOM製)に脆弱性が判明したと、英サイバーセキュリティ企業のPen Test Partnersが報告。(2017/4/4)

ポルノ動画をファイル共有サイトにアップロード、DLしたユーザーを脅す――弁護士が詐欺で有罪認める
自分が権利を持っている動画をダウンロードさせて脅すという手口。(2017/3/7)

「EVE」「DESIRE」で知られたアダルトゲームメーカー、姫屋ソフトが倒産 セガサターンなどに移植され一時代を築く
長らく休眠状態が続いていました。(2017/2/20)

“Kindle読み放題”で950万円稼いだ同人サークル、読み放題から撤退 作品いきなり削除に「不安」
「Kindle Unlimited」でアダルト漫画を販売してきた同人サークルが、同サービスから撤退すると発表した。突然、一部の作品が削除され、問い合わせても納得のいく説明がないことなどに不信感を募らせたという。(2017/2/14)

武田玲奈、「週刊プレイボーイ」で清楚なアオザイ姿 ベトナムの撮影では人だかりも
袋とじには園子温監督の映画「アンチポルノ」主演女優の冨手麻妙さんがフルヌードで登場。(2017/1/30)

女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
※これはマッサージです。(2016/12/9)

VRアダルトゲーム「VRカノジョ」のスマホ向け無料デモコンテンツ「ARカノジョ」登場
VR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」の無料デモコンテンツとして、スマートフォンのカメラで撮影した映像にキャラクターを重ねて遊べる「ARカノジョ」が登場。(2016/11/30)

非公認となった伊勢の海女萌えキャラ、アニメPV制作の支援募る
2015年に「性的すぎる」「侮辱している」として批判の声が寄せられ公認撤回を申し入れる事態になりました。(2016/11/22)

この中に1つ、アダルトグッズがあります TENGAの女性ブランド「iroha」から“口紅そっくり”な新作登場
擬態かな。(2016/11/18)

DMM、VR動画の有料配信サービス開始 アダルト版も
VR動画の有料配信サービスをDMMがスタート。通常版とアダルト版をラインアップした。(2016/11/11)

「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの
「童貞は障がい者」と報じるまとめサイトも。(2016/10/22)

成人向けゲームのキャラ紹介に見える? バス会社の公式みこイラストについて作者とバス会社に話を聞いた
落ち着いた色調にしたら偶然の一致。(2016/10/17)

VR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」来年1月発売 「Oculus Rift」「HTC Vive」対応
近所に住む女の子「夕陽さくら」と3D空間で触れ合える――そんなVR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」を、イリュージョンが2017年1月下旬に発売する。(2016/10/13)

フード・ポルノだと? 食材を焼くだけの飯テロ番組がニコ生で深夜に放送 セクシー女優が裏返して食す仕様に
生の「オ○カナ」や「オ○ク」を焼いて食べるようです。(2016/10/5)

志布志市、“うなぎ擬人化”PR動画を配信停止 「性的差別」など批判受け
ふるさと納税の返礼品のうなぎを、水着姿の女性に擬人化――そんなPR動画を志布志市が公開したが、「性的差別だ」などの批判を受け、配信を取り止めた。(2016/9/26)

“Amazon読み放題”で個人作家はこれだけ稼いだ 1カ月の収益、鈴木みそさんが公開
月141万円稼いだ――漫画家の鈴木みそさんがブログで「Kindle Unlimited」の収益を公開した。あるアダルト同人漫画サークルは「282万円稼いだ」と報告している。(2016/9/20)

「リアルなんてもういらない」 アダルトVRエキスポ2016 イベントレポート
1500名の希望者があったという話題のアダルトVRエキスポ2016。様々な企業・団体が出展していました。(2016/9/2)

再開催の「アダルトVRエキスポ2016」 地域住民の要望により会場変更に
会場周辺の混乱を避けるため、新たな会場は非公開。(2016/8/26)

「アダルトVR」イベント、「地域住民の要望」で急きょ会場変更 開催直前にドタバタ
27日に開かれる「アダルトVRエキスポ2016」は、「地域住民の要望を受け」たとし、当初予定していた会場を急きょ変更。入場時間も1人当たり1時間半に限定した。(2016/8/25)

俳優・高畑裕太、女性に性的暴行の疑いで逮捕の報道に波紋広がる
母親の高畑敦子さんを心配する声も。(2016/8/23)

来場者殺到で中止の「アダルトVR」イベント再び 会場を2倍超に拡大
「アダルトVRエキスポ」が27日に都内で開催へ。6月に開いた「アダルトVRフェスタ」は来場者が殺到し、中止に追い込まれたが、今回は会場を2倍以上に拡大する。(2016/8/2)

今度こそ体験してみたい! 来場者が殺到し中止になったアダルト向けVR展示イベント、再開催が決定
開場前から長蛇の列ができてしまい、中止になっていました。(2016/8/2)

「はてなブログ」のはてな、同性や事実婚パートナーも社内規定で「配偶者」に 福利厚生の適用範囲広がる
就業規則でも「性自認・性的指向に関わる差別」の禁止を明文化。(2016/8/1)

「ぼくのかわいいコンピュータと結婚したい」米男性、訴訟を起こす
機械に性的魅力を感じるmachinistに、結婚というゴールはあり得るのだろうか。(2016/7/21)

娘の口に母がキス、あり? ヴィクトリア・ベッカムの投稿した画像が「性的虐待」と批判され論争に
一方そのころ夫は……。(2016/7/14)

アダルトVRでアダルトCD-ROMの仇は討てるのか
VRという新しいテクノロジーが切り開こうとしている「アダルト」は、20年以上前に「マルチメディア、CD-ROM」が通った道。この分野を最もよく知るジャーナリスト、納富廉邦氏がアダルトVRの問題点と可能性を探る。(2016/7/2)

医療技術ニュース:
線虫を用いて、動物の行動が性的成熟期に変化する仕組みを解明
九州大学は、線虫を用いて、動物の行動が性的成熟期に変化する仕組みを明らかにした。生殖細胞が増殖し大人の線虫になると、嗅覚の神経回路の反応が調節され、子どもの時とは匂いの好みが変化すると考えられる。(2016/6/24)

よっ、待ってました!  好きなゲーム、映像をこっそり楽しめるアダルトコンテンツ向けVRヘッドセット
長時間でも疲れにくい安心設計。(2016/6/23)

PC USER 週間ベスト10:
“安かろう良かろう”のドライブレコーダーに注目!(2016年6月13日〜6月19日)
今回のアクセスランキングは、上海問屋が発売したドライブレコーダーの製品レビューが首位を獲得。8999円と安価ながら、目を見張る高い画質に注目が集まりました。VR普及で無視することはできないアダルトコンテンツの話題や、米AppleのWWDC現地レポートも要チェックです。(2016/6/20)

多くの人が殺到! 中止に追い込まれた「アダルトVRフェスタ」の“誤算”
6月12日に開催された「アダルトVRフェスタ」。予想を上回る来場者で大混雑になり、指導が入って中止となった。イベントはどのような体制で行われたのか、主催の日本アダルトVR推進機構の吉田健人さんに聞いた。(2016/6/17)

これが次世代のアダルトコンテンツだ! 大反響の「アダルトVRフェスタ01」にVRの可能性を見た
大反響により一般入場が急きょ中止になるなどの騒動も。(2016/6/16)

技術の進歩には、いつも人間の欲求があった:
“ヴァーチャル・セックス”は、何を産み出す? 「アダルトVRフェスタ」で最前線にいるクリエイターに聞く
「歴史上、ポルノが繁栄しないメディアなど存在しない」――VRブームを迎えた今、水面下で盛り上がりを見せるのがアダルトコンテンツだ。VRは“大人の快楽”にどんなブレイクスルーをもたらすか。国内初となるイベント「アダルトVRフェスタ01」で、アダルトVRの最前線にいるクリエイターたちに話を聞いた。1ページ目はVRの現状、2ページ目以降はアダルトVRに関する話題を取り扱う。(2016/6/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。