ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロングテール」最新記事一覧

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「スマホの巨人」から脱却したいQualcommの思惑
スマホ向けSoCで大きな存在感を持つQualcommだが、ここ最近では「脱スマホ」の動きを強めている。組み込みの話題を中心に、Qualcommの脱スマホ戦略を浮き彫りにしてみたい。(2017/11/13)

著者も担当編集者も“想定外”:
レシピ本「歴メシ!」を重版に導いたのは「FGO」だった
世界の歴史料理を再現するレシピ本「歴メシ!」が、著者も担当編集者も予想をしていなかった売れ方をしている。「想定外の重版の大きな原因になったのは、スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』のユーザーでした」――そう語る担当編集者に話を聞いた。(2017/8/10)

IHSアナリスト「未来展望」(4):
5G、IoTで変わる半導体・デバイス
IoT(モノのインターネット)社会の本格拡大に不可欠な第5世代移動通信(5G)技術。現在、規格策定が進められている状況だが、5Gとは一体どのようなものなのか、そして5Gの登場は半導体やデバイスにどういった影響を与えるのだろうか。(2017/7/31)

「働き方改革」には矛盾がある:
GoogleはG Suiteへの機械学習の適用で、どう働き方を変えようとしているのか、総責任者に聞いた
GoogleはG Suiteについて、従来から「人々の働き方を変えるもの」だとしてきた。だが、この製品群自体が今、機械学習の適用によって大きく変わろうとしている。Google Cloud G Suite部門バイスプレジデントのプラバッカー・ラガバン氏に、ユーザーは今後、G Suiteにどんなメリットを期待できるのかを聞いた。(2017/7/26)

サーバ、ストレージ向けに「根強い購入意欲」
東芝が考えるHDDとSSDの“住みわけ”、新型高性能HDDの狙いとは
テープはまだ役割を終えていない。1万5000rpmのエンタープライズ向けHDDも同様だ。少なくとも、今のところは。(2017/7/18)

TU-Automotive Detroit 2017レポート:
コネクテッドカーがもたらす自動車データ流通の衝撃
コネクテッドカーによって自動車データが流通する未来に向けて、転換期を迎える自動車業界。米国ミシガン州で開催された「TU-Automotive Detroit 2017」のレポートを通してその激動をお伝えする。次代のアマゾン、ウーバーといわれる、自動車データ流通で注目を集めるベンチャー・Otonomo CEOのベン・ボルコフ氏へのインタビューも行った。(2017/6/22)

Over the AI ―― AIの向こう側に(11):
おうちにやってくる人工知能 〜 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
今回のテーマは「おうちでAI」です。といっても、これは「AIを自宅に実装すること」ではなく、「週末自宅データ分析およびシミュレーション」に特化したお話になります。さらに、そうなると避けては通れない「ビッグデータ」についても考えてみたいと思います。そして、本文をお読みいただく前に皆さんにも少し考えていただきたいのです。「ビッグデータって、いったいどこにあるのだと思いますか?」(2017/5/31)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(4):
CasperJSと類似画像分類で見えてきた、Android野良アプリの具体的な危険性
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は、「使うのは危険だ」とよくいわれるAndroid野良アプリの具体的な危険性について調査してみました。(2017/4/19)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(3):
657万1727件のツイートをセキュリティ視点で分析してみて分かったこと
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は657万1727件のツイートを分析してみました。(2017/3/6)

太陽誘電 社長 登坂正一氏インタビュー:
売上高3000億円超の世界へ「野武士を組織化する」
太陽誘電は、主力のコンデンサー、インダクター、通信用フィルターを中心にスマートフォン向けが好調で、2016年3月期に過去最高となる売上高2403億円を達成した。今後も中期的には売上高3000億円の大台突破を狙う方針。事業規模拡大に向けた経営戦略を同社社長の登坂正一氏に聞いた。(2017/1/16)

Computer Weekly製品ガイド
広がる3Dプリンティングの可能性
3Dプリンティングが企業や技術の在り方を変革する中で、CIOはビジネスを実現する存在としての新たな役割を担い得る。(2016/11/25)

SIM通:
モバイルプリンスがオススメするSIMフリースマホ4選(2016年秋冬編)
SIMフリースマホに新モデルが続々。今年に入ってスマホメーカーが単独で自社製品を発表し、SIMフリースマホとして発売される、ということも増えてきました。そんなSIMフリースマホの中でも、特にオススメの4台を選んでみました。(2016/11/1)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(1):
DNSバナーから見るサーバ管理者の生態系
さまざまな統計データを基に、ニュースなどでは語られないサイバーセキュリティの世界を探求していく新連載。第1回ではDNSサーバのバナー情報を基に、管理者たちの実態に迫ります。(2016/10/28)

Over the AI ――AIの向こう側に(2):
我々が求めるAIとは、碁を打ち、猫の写真を探すものではない
ちまたには「人工知能」という言葉が氾濫しています。ですが、明言しましょう。「人工知能」という技術は存在しません。そして、私たちがイメージする通りの「人工知能」の実現も、恐らくはまだまだ先になるでしょう。(2016/8/29)

【連載】キーワードで読む「IoT時代のエクスペリエンス・デザイン」 第1回:
エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で長くつながって行く。全ての産業がサービス業化する時代のマーケティングとはどうあるべきなのか。(2016/6/26)

鈴村道場(2):
マスコミが言う「トヨタ生産方式は重大災害に弱い」は本当なのか
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回は、重大災害による工場停止をテーマに、製造業が重大災害に対してどう取り組むべきかについて解説する。(2016/5/31)

出荷台数は減少傾向にあるが
SSDで再ブレイク、ファイバーチャネルがいまだ健在である理由
ファイバーチャネル(FC)ストレージの時代はまだ終わっていない。さまざまな業界アナリストによる市場調査の結果を見ると、FCストレージはまだ広く使用されており、ゆっくりと減少しているようだ。(2016/1/21)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
毎年叫ばれる「動画広告元年」は本当に来ているのか?
マイクロアド執行役員で動画広告事業の責任者でもある西山明紀氏が、動画広告市場における現状の課題と2016年の課題展望について解説します。(2016/1/6)

「2016年アプリトレンド予測」を発表:
米App Annieが発表、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドとは?
米App Annieは2015年12月9日、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドを分析したリポートを発表した。(2015/12/11)

ディープリンクにも対応:
ユーザーローカルが無料のアプリ解析ツールを提供
ユーザーローカルは、2015年10月16日、無料スマートフォンアプリ解析ツール「UserLocalアプリ解析ツール」を発表した。(2015/10/19)

PR:新作も見放題も楽しめる動画配信サービス「ビデオパス」の魅力とは?――5つのポイントから迫る
新しい動画配信サービスが次々登場して注目を集めているが、auユーザーが利用できる動画配信サービスに「ビデオパス」がある。ビデオパスはほかの動画サービスと比べ、どんな魅力があるのだろうか。5つの特徴から迫った。(2015/9/24)

【連載】BtoB企業のためのコンテンツマーケティング入門 第5回:
【保存版】コンテンツマーケティングを成功に導くための正しい理解と心構え
最終回となる今回は、これまでの記事を振り返りつつ、日頃よくいただく質問とその回答をまとめた。コンテンツマーケティングの正しい理解と心構えのために紹介したい。(2015/9/2)

マクラーレン 675LT 開発責任者 インタビュー:
世界500台限定販売のスーパーカー「675LT」、その開発は「海を行く船」
McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ)は、全世界で500台限定生産のスーパーカー「McLaren 675LT(以下、675LT)」を日本初公開した。会見の内容と、675LTの開発責任者を務めたマーク・ゲイトン氏へのインタビューをお送りする。(2015/5/28)

【連載】BtoB企業のためのコンテンツマーケティング入門 第4回:
「地道にコツコツ」こそ王道――良い商談につながる「効果測定」と「改善」のプロセス
BtoBマーケティング担当者が目指すべきゴールは見込み客を獲得して営業へつなぐこと。そのために欠かせない効果測定と改善のサイクルについて解説する。(2015/5/13)

JEPAセミナーリポート:
いよいよサービスイン、日本電子図書館サービスのビジネスモデルが示される
2013年の「東京国際ブックフェア」でKADOKAWAの角川歴彦氏が講談社、紀伊國屋書店と共同でその構想を明かした図書館向けの電子書籍貸し出しサービスが、この4月からサービス提供を開始する。そのビジネスモデルなどが紹介された。(2015/3/24)

ビジネスニュース 企業動向:
じわじわと能力アップを図る「Watson」、次は強力な画像分析力を獲得
IBMが、機械学習によるデータ分析に強みを持つAlchemyAPIを買収したと発表した。これにより、IBMの人工知能(AI)「Watson」には、強力な画像分析の能力が加わるという。Watson関連の事業は、2018年には500億米ドル規模に成長する見込みだという。(2015/3/9)

ものになるモノ、ならないモノ(60):
「ゲームギフト」とリワード広告アプリの違いは?
スマホゲームのエコシステムをご存じだろうか。リワード広告アプリのようなギリギリの仕組みとはちょっと異なる、「三方一両得」を実現しているメディアを取材してみた。(2015/1/29)

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(2):
PR:Pepperはみんなを喜ばせるロボット――コミュニケーションで人の生活を豊かにする
今Pepperは、ソフトバンクのショップで、ソフトバンク社員の家で、また先行販売されたデベロッパーやクリエイターのもとで、2015年2月の一般発売に向けて経験を積んでいる最中。Pepperのいる生活とはどのようなものなのか、何を助けてくれるのか。Pepperを通じて、ロボットの可能性を考える。(2015/1/19)

“わがまま(快適)な買い方“を実現したその裏側:
老舗メガネチェーンが挑んだ、「先攻型オムニチャネル」の考え方
オムニチャネル化のためのIT投資に、企業は何を考えるべきか。「メガネスーパー」が率先して実践したオムニチャネル戦略の好例を、オムニチャネル/デジタルマーケティングの開拓者 グランドデザインの小川和也氏に解説してもらった。今後のIT投資の考えるうえでの参考にしてほしい。(2015/1/14)

【連載】BtoB企業のためのコンテンツマーケティング入門 第1回:
コンテンツマーケティングがBtoB企業のWeb担当者を救う
多くのBtoB企業のマーケティング担当者やWeb担当者と接してきたが、ほとんどの方が自社のWebサイトに対して停滞感や行き詰まりを感じている。事態を改善するには、これまでとやり方を変え、次の手を打たなくてはならない。そのために有効な手段である「コンテンツマーケティング」について、初めての方にもできる限りわかりやすくご紹介していきたいと思う。(2015/1/13)

ナレッジワーキング!!:
効率的なインターネットは人間らしさを喪失させていくのか?
タイの田舎リゾートで休暇を過ごした筆者。のどかに思えるリゾートにもネットとモバイルの波は押し寄せていました。この先、どんどん効率化が進んだらどうなってしまうのでしょうか?(2015/1/16)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)「送客という言葉自体がプロダクトアウトである」――トイザらスの顧客主義の真髄
前編で紹介したトイザらスの「シームレスリテイリング戦略」は、専門店にしかできないホスピタリティを徹底的に追求した結果、生まれたものだった。では、「シームレスリテイリング」は現場でどのように機能しているのだろうか? 日本トイザらス 執行役員 eコマース本部長 飯田健作氏に聞いた。(2014/11/4)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
キャリアショップ最大手が展開 スマホアクセ専門店「Smart Labo」とは?
全国で2300店以上の携帯電話ショップを運営している代理店最大手のティーガイア。そのティーガイアが新たに展開するのが、スマホアクセの専門店「Smart Labo」だ(2014/10/28)

どっちがどっち?:
名前を間違われやすい2大“主婦”出版社、楽天Koboでコラボ企画を開催
多くの人から社名を間違われてきた主婦と生活社、主婦の友社がコラボ企画を開始。楽天Koboイーブックストアで書評バトルや、社名を間違われたエピソードのほか、配信中の電子書籍900点以上の50%オフフェアも実施中。(2014/9/22)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

あの書店のスタッフに直撃:
電子書店の中の人 14回目――eBookJapanの中の人
いつもお世話になっている電子書店。電子書籍を購入しているこの端末の向こうにだってスタッフがいる。「電子書店の中の人」にインタビューする本連載、今回はeBookJapanの中の人、戸田暁弓子さん。(2014/4/18)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第6回 (前編)全然売れなかった……から始まった大逆転劇
2004年、生活総合ブランドA社が「家」の販売を開始した。その立ち上げの責任者として入社した土谷貞雄氏。しかし、なかなか軌道に乗らない事業。その打開策として考えたのが、くらし全般をテーマとするユーザー参加型のWebサイトを開設すること、そして、幅広いテーマに渡って消費者と対話を重ねることだ。このコミュニティサイトは今では300万人近い会員を持つ。それらのコミュニティを舞台に、これまでの土谷貞雄氏の行なった活動と現在に至るまでの話、さらにこれからの考えを伺った。(2014/3/20)

満員電車にサヨナラする方法:
クラウドがもたらす“働く”という労働市場の革命
かつてeBayやYahoo!オークションが、一部のプロだけに参加が許された閉ざされた市場に不特定多数の人たちが参加できる新潮流を起こしました。クラウドソーシングも同じように、働くという労働文化に大きな変革をもたらす可能性があります。(2014/2/25)

目標の日本語コンテンツ20万冊は達成 Kobo、1万円台のAndroidタブレット「Kobo Arc 7」発売
目標に掲げていた日本語コンテンツ20万冊を超えたKoboが、1万4800円の7インチAndroidタブレット「Kobo Arc 7」を発表した。(2014/2/12)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 馬渡修氏:
PR:“ICサプライヤの枠を超える”システム提案をエコシステムで提供する
アナログ・デバイセズは2014年、パートナーなどと構成するエコシステムを活用したシステム提案と、顧客との接点強化をさらに進める。日本法人社長の馬渡修氏は、「2014年は当然、2013年を上回る業績を残し、少しでもプラス幅を広げていく。そのためにも、2014年は、顧客との接点をより強めて行きたい」と抱負を語る。(2014/1/14)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

ホワイトペーパー:
ERPか手組みか? 多様化する顧客やグローバル化へ対応するIT基盤の最適解
事業の海外展開やマルチチャネル対応、市場のロングテール化など事業成長に対して最適な基幹システムはERPでよいのか?事業拡大のために味の素やベストバイが選択した基幹システムのポイントと導入効果を紹介する(2014/1/6)

小学館の電子雑誌戦略――Adobe DPS採用のワケ
『CanCam』『AneCan』など小学館発行の女性ファッション誌9誌が9月から電子雑誌でも配信開始となった。これから進むとみられる雑誌の電子化、小学館はどういった戦略の下、パートナーとしてAdobeを選んだのか。Adobe DPS採用の理由と合わせて聞いた。(2013/11/28)

「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
高額な受験予備校に疑問を持ち、完全無料の受験動画サイトを作った東大生がいる。利用者は月5万人。運営費用はほとんど自腹。「教育の地域格差、経済格差を解消したい」という。(2013/11/22)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
パッケージメディアの逆襲(前編)
音楽や映画のネット配信もすっかり定着したが、一方でCDやBDといった既存パッケージメディアにも高音質化や高画質化といった新しい動きが出てきている。AV評論家・麻倉怜士氏に、注目のトピックを紹介してもらおう。(2013/8/23)

【連載】営業を強くする名刺管理:
第6回 名刺管理のもう1つの潮流、ビジネスネットワーキング
連載の最後となる今回は、個人向けの名刺管理アプリがビジネスネットワーキングツールとして機能すること、同ツール群が営業の強化につながることを解説したいと思います。(2013/7/22)

「“メイカー”ブームはまるでネット黎明期」 ハード開発の素人が“ストリートビュー自転車”で起業した理由
ハード開発素人ながら、“ストリートビューの中を走れる自転車”を開発・起業した伊藤将雄さんは、「今のメイカームーブメントはネット黎明期に似ている」と分析。だからこそ面白いと語る。(2013/7/1)

265万人の顧客分析:
セレクトショップ「BEAMS」、リゾームの顧客分析システムを採用
流通業向けソフトウェア・パッケージの企画/開発/販売業を展開するリゾームは6月25日、セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスが顧客分析/商品別売り上げ分析システムとして、同社の「戦略会議シリーズ 顧客分析システム」を導入したと発表した。(2013/6/26)

【連載】営業を強くする名刺管理:
第5回 ロングテール化するBtoBのマーケティングプロセス
BtoCだけではなく、BtoBのマーケティングにおいても“個”の視点に立つことで、効率的に“個客”を開拓していく取り組みが求められます。そんなロングテール化の時代に最適なアプローチとは?(2013/6/20)

超ミニ製造業者の新「三種の神器」とは何か?
生産点数がけた違いに小さいため、大手メーカーが無視するような「ロングテール製品」にフォーカスする超ミニメーカーに勃興の兆しがある。彼らの武器となる新「三種の神器」とは?(2013/5/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。