ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「低コスト」最新記事一覧

自然エネルギー:
太陽光発電で2万世帯分の電力、再生可能エネルギー100%を目指す南相馬市に
福島県の南相馬市で大規模なメガソーラーの建設プロジェクトが動き出した。住友商事が220億円を投入して2018年3月に運転を開始する計画だ。発電能力は県内で最大の60MWになり、年間に2万世帯分の電力を供給できる。発電設備の基礎に「簡易斜杭法」を採用して短工期・低コストを目指す。(2016/5/24)

3Dプリンタニュース:
10倍速い――米HPが新しい業務用3Dプリンティングシステムを発表
米HPは独自のサーマル・インクジェット式造形技術「HP Multi Jet Fusion」を採用した3Dプリンティングシステムを発表。高品質なモデルが高速かつ低コストで造形できるという。オープンプラットフォームの採用により、多様な素材やソフトウェアを提供する。(2016/5/20)

評価と量産のテストを同じ計測システムで:
RF ICのコスト削減を実現するのはテスト工程だ
半導体ICは、高機能化に反比例するように価格の低下が進んでいる。スマートフォンなどに搭載されるRF ICでも顕著な傾向であり、RF ICサプライヤーは、いかに低コスト化を図るかについて試行錯誤している。低コスト化を実現する方法の1つが、テストにかかるコストを抑えることだ。(2016/5/20)

米HP、オープンプラットフォームを採用した設計/試作向き業務用3Dプリンタを発表
米HPは、高品位パーツの低コスト製作を可能とした業務用3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の発表を行った。(2016/5/19)

HP Jet Fusion 3D Printing Solution:
米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表
米HPは、3Dプリンタソリューション「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」を発表。長年培ってきたインクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する業務用3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D 3200/4200 Printer」を発売する。(2016/5/18)

次世代の火力発電ロードマップ(3):
2020年代に導入できる火力発電技術、タービン1基で高効率に
次世代の火力発電は第1〜第3世代まで進化が続いていく。第1世代の技術は実証フェーズがまもなく終わり、2020年代に商用機の導入が活発に進む。石炭火力とLNG火力ともにタービン1基のシンプルな構成で、第2世代の複合発電方式に近い50%前後の発電効率を低コストで実現できる。(2016/5/16)

IoT/M2M展:
低コスト、高信頼のIoTゲートウェイ装置も提供
PALTEKは、「第5回IoT/M2M展 春」で、各種センサー製品からゲートウェイ装置、クラウドシステムまでIoT(モノのインターネット)に関連するソリューションのデモ展示を行った。(2016/5/13)

蓄電・発電機器:
焼酎の絞りカスで充電池を開発、廃棄物の活用で低コストに
福岡工業大学は焼酎の製造時発生する焼酎粕を活用した充電池の開発に成功したと発表した。焼酎粕を炭化して充電池の電極として利用する。(2016/5/12)

太陽光:
屋根置き住宅用太陽光発電システムに参入、低コストでHEMSもセット
Looopは、従来取り組んできた産業用再生可能エネルギー事業や電力小売事業に加え、住宅用太陽光発電システム事業に参入する。産業向けでのノウハウを生かし、新たに住宅向けブランド「Looop Home」の展開を進めていく。(2016/5/10)

ロボット義手「フィンチ」は10万円:
進化する介護ロボットは、高齢化社会を支える切り札になるのか
ロボット技術を使ったリハビリ・支援機器の研究開発が活発化している。今春も続々とニューモデルが登場。介護する側、される側、障害者など誰でも低コストで利用できる社会への動きは着実に進んでいる。(2016/4/25)

Mobile Weekly Top10:
家族との面白LINE連載が浮上/通話ナシで格安SIMをさらに低コストに【4/11〜4/17の人気記事】
前回2位の「母親の反応が斜め上すぎた」というLINE連載がトップに。注目度も上向きとなったようです。(2016/4/18)

蓄電・発電機器:
水中翼が往復運動、落差なしで発電できる小水力発電機
福岡工業大学 工学部 知能機械工学科 教授の阿比留久徳教授氏が「フラッター水力発電装置」を開発し、一部の技術について特許権を取得した。まだ試作段階の発電機だが、落差がない流れの緩やかな水路に低コストで設置できるのが大きな特徴だ。(2016/4/13)

実は、必要なのは“多機能”ではない
もっとずっと低コストで簡単操作のテレビ会議システムはないのだろうか?
テレビ会議システムを利用する企業は増えているが、拠点間を拡張する度に高額な投資が必要になるのがIT担当者の悩み。本当に必要なシステムとはどのようなものか、今あらためて考えてみる。(2016/4/11)

IoTセンサーへの応用期待:
指で曲げるだけで電流が2倍になる有機半導体
東京大学は2016年4月、指の力を加えるだけで、電気伝導率が約2倍になる低コスト、高感度の応力センシング材料を開発した。(2016/4/12)

発電コスト、14円/kWhに向けて前進:
高品質の単結晶Siを低コストで、新製造法を開発
東北大学金属材料研究所の教授を務める藤原航三氏らによる研究チームは、高品質の単結晶シリコン(Si)を低コストで製造できる技術「LCZ法」を開発した。2020年の発電コスト目標として掲げられている14円/kWhを実現する技術の1つになるとみられている。(2016/3/29)

10Gbpsと全く同じアーキテクチャで実現可能:
25Gbps時代の幕開け告げるトランシーバーIC登場
Maxim Integrated Productsは2016年3月、今後、普及が見込まれるSFP28光モジュールを低コストで実現できるドライバ内蔵型トランシーバーICの量産を開始した。(2016/3/28)

「事業継続対策」に絞り込んだクラウドサービス
構築から運用まで安心してお任せ、中堅・中小企業向けのバックアップのススメ
事業継続対策にバックアップは必須だ。クラウドサービスなら、低コストで確実に、復旧も迅速なバックアップを実現する。中堅・中小企業向けの簡便なパッケージサービスはないだろうか?(2016/3/25)

ミズクラゲのコラーゲンで皮膚を再生 感染症リスクなし、低コスト化へ
東海大学が、ミズクラゲのコラーゲンが皮膚の再生を促すことを発見。従来品と比べて、再生が速い上、感染症のリスクもなく、低コスト化も可能だという。(2016/3/15)

自然エネルギー:
省エネに効く地中熱、課題のコストを2018年度までに20%削減
都市部でも郊外でも地域を選ばず利用できる「地中熱」は、うまく活用すれば空調エネルギーなどを大幅に削減できる。その一方で普及に向けた障壁となっているのが、利用するためのシステムの導入コストが高いことだ。NEDOでは都市部における地中熱の利用システム普及に向け、システムの低コスト化と普及促進を後押しする6つの研究開発テーマに着手する。(2016/3/10)

ベンチャーニュース:
すり傷が消える「自己修復塗装」低コスト量産技術を確立
すり傷が付いても短時間で修復される「自己修復塗装」の大幅コストダウン&量産技術をワイティーエルが確立した。(2016/2/26)

ホワイトペーパー:
クラウド型認証が解決する「5つのセキュリティ課題」とは
新しい技術やワークスタイルの登場は新たなセキュリティリスクを招く。ユーザーIDとパスワードに代わるより堅牢な認証方法として二要素認証が注目を集めているが、低コストでの導入は難しい。「クラウド型認証」が解決する5つのセキュリティ課題を解説する。(2016/2/22)

SANの寿命と性能の向上にも威力を発揮
SSD、オールフラッシュは超高速なのに低コスト HDDを置き換えて“新定番”に
最近のIT部門の導入成功事例の中で、オールフラッシュアレイは急速に存在感を増している。コストへの影響を最小限に抑えながら、SANの寿命と性能を向上させることができるからだ。(2016/2/19)

データを味方にビジネスを勝ち抜く、分析基盤の作り方
2カ月でグローバル規模の分析基盤を整えた、ヤンマーグループの事例に学ぶ
ビジネスで生み出されるデータを集計・分析し、さまざまな場面に生かす取り組みが関心を集めている。2カ月という短期間かつ低コストで、グローバルの分析基盤構築に成功した、ヤンマーグループの事例を紹介する。(2016/2/19)

NECプラットフォームズ コルソス CSDJ:
遠隔監視システムに必要な構成要素をワンパッケージに
NECプラットフォームズは、遠隔監視に必要とされるCPU、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアをワンパッケージ化し、小規模施設でも簡単かつ低コストで導入できる「コルソス」シリーズの新モデルを発売した。(2016/2/17)

Design Ideas アナログ機能回路:
1個のICでデバウンス対応のスイッチを構成
今回は、低コストのプッシュボタン回路を紹介する。プッシュボタンスイッチを押すとワンショット回路が起動し、その出力によりトグルフリップフロップ(TFF)が起動してその出力レベルが反転する。これにより、デバウンスに対応済みのスイッチとして機能する仕組みだ。(2016/2/9)

製造ITニュース:
産業機械の稼働データから故障要因などを分析するIoTソリューション
TISは、産業機械の稼働データを分析し、故障要因の特定や歩留率の改善を可能にするIoTソリューション「メンテりてぃくす」の提供を開始した。低コストで短期間に生産性を向上できるという。(2016/2/8)

電力供給サービス:
顧客管理に料金計算、電力小売事業に必須のシステムを低コスト一括導入
富士通は2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、顧客管理や料金管理などの小売事業に必要なシステムをパッケージ化した新製品「FUJITSU Intelligent Society Solution E3CIS」を開発した。同年2月上旬から販売する。(2016/1/26)

有機半導体でコスト1/10以下に:
印刷によるセンサー付き電子タグ 商用化へ前進
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年1月25日、商用ICカード規格のスピードで動作する有機半導体を用いた温度センシング回路を開発したと発表した。印刷/塗布だけで製造できる回路であり、温度管理が必要な食品などに用いる温度センサー付き電子タグを低コストで製造できる。(2016/1/26)

中小企業のマイナンバー制度対応:最新事例集
マイナンバー、中小企業が1週間でできた対策とは?
中小企業が短期間、低コストにマイナンバー対応を行うにはどうすればいいのか? わずか1週間程度で効率的にマイナンバー対応を行った中小企業の事例を紹介しよう。(2016/1/14)

テープによる新アーカイビングサービスも提供
「まだあったの?」は間違い、進化するテープがデータ爆発時代にマッチする理由
多くの企業が膨大なデータを長期的に保存することへの重要性を認識しつつある。より大容量、高信頼、かつ低コストなストレージシステムとして、テープストレージが再び注目を集めている。その技術動向を紹介する。(2016/1/22)

製造マネジメントニュース:
モノづくりを変革する“軽くて強い”炭素繊維、課題の生産性を10倍に
NEDOは東京大学、産業技術総合研究所、東レ、帝人(東邦テナックス)、三菱レイヨンとともに、従来の製造プロセスに比べて、製造エネルギーとCO2排出量を半減し、生産性を10倍に向上できる新たな炭素繊維製造プロセスの基盤技術を確立したと発表した。炭素繊維の大量生産や低コスト化を実現するという。(2016/1/15)

エプソン、「インク2年分」同梱のプリンタ発売 大容量タンクモデルを国内投入
エプソンは大容量インクタンクを搭載するインクジェットプリンタ3機種を発売する。「2年分」のインクを同梱し、低コストなプリントコストをアピールする。(2016/1/12)

「インクが高い」はもう古い:
2年間インクの購入が不要! 大容量インクタンク搭載プリンタがエプソンから
大容量インクタンクを採用した新システムで、インク交換の手間を省き、低コストを実現した「エコタンク」搭載A4対応複合機など3モデル登場した。(2016/1/12)

FAニュース:
溶融はんだインジェクション法を300mmウエハー向けに開発
JSRは、日本IBM、千住金属工業と共同で溶融はんだインジェクション法を300mmウエハー向けに開発したと発表した。微細なはんだバンプを、低コストかつ信頼性の高いプロセスで形成し、より幅広い接合ニーズに対応できる新技術だという。(2015/12/25)

蓄電・発電機器:
薄膜の太陽電池で新記録、22.3%のCIS
シリコンを使わない太陽電池に勢いがある。銅とインジウム、セレンを用いた化合物半導体「CIS」を薄膜に加工した、低コストで生産性の高い太陽電池だ。ソーラーフロンティアは、2015年12月、CIS薄膜太陽電池の変換効率が22.3%に達し、世界記録を更新したと発表した。製品に直結する技術だという。(2015/12/10)

太陽光:
パネル掃除や断線検査をロボットで、太陽光設備の運用保守を低コストに
太陽光発電設備のメンテナンス手法の1つとして、ロボットの活用に注目が集まっている。人手によるメンテナンスコストを削減できるなどのメリットがあるからだ。先日開催された「2015 国際ロボット展」では、複数の太陽光パネルのメンテナンスロボットが披露された。(2015/12/8)

太陽光:
低コストに太陽光設備を“見える化”、センサー不要のクラウドサービス
設置数が増えた太陽光発電設備の運用保守関連サービスが続々と登場している。GMOクラウドは出力50キロワット未満の低圧設備向けに、シンプルで低価格なSaaS型の発電設備の“見える化”サービス「エナジーモニター エア」の提供を開始した。(2015/12/8)

蓄電・発電機器:
水素ステーションの低コスト化を実現、新型蓄圧容器を2018年に実用化
燃料電池車の普及に欠かせない水素ステーション。さらなる普及には専用部品の低コスト化も求められる。JFEスチールとJFEコンテイナーは、容器の製造コスト低減と長寿命化を実現する水素ステーション用畜圧器を2018年中に商品化する。(2015/12/7)

サービス化が進む企業ITのインフラ運用:
他社システムもハイブリッドクラウドも対象、運用管理を「一括定額サービス」で提供
日本IBMが2015年末から企業IT全体の運用管理と監視業務を一括で代行するサービスを開始する。自動化や運用プロセス整備と併せ、一括運用することで低コストを実現したという。(2015/11/25)

Ciscoフィジカル セキュリティ ソリューション:
ネットワンパートナーズ、「IPネットワークカメラの利点」を引き出し、低コストで物理セキュリティを向上
(2015/11/20)

太陽光:
低コスト・高効率な次世代太陽電池、1000時間の光連続照射試験をクリア
物質・材料研究機構は、低コスト・高効率な次世代太陽電池として注目されているペロブスカイト太陽電池において、セル面積1平方センチメートルで変換効率16%という高効率を実現したことを発表した。また、1000時間連続照射の信頼性テストもクリアし、実用化に前進した。(2015/11/9)

フラッシュストレージの価格破壊に挑戦!:
サンディスクが単価1ドル/GB以下の「InfiniFlash」
サンディスク(SanDisk)は、エンタープライズ向けオールフラッシュストレージプラットフォーム「InfiniFlash」について、日本市場でも2015年11月中旬より供給を始める。3Uサイズの筐体で最大容量512TB(テラバイト)を可能にするとともに、ギガバイト単価を1米ドル以下にするなど低コストを実現した。(2015/10/27)

製造ITニュース:
低コスト・短期間でシステム導入可能なIoTプラットフォームを提供開始
NTTデータは、IoTプラットフォーム「ANYSENSE(エニセンス)」の提供を開始した。主に上下水道、自治体向け河川・道路・防災、民間分野向けのサービスで、開発費用を約3分の1に削減し、短期間でのシステム導入が可能になる。(2015/10/23)

電子ブックレット/電力供給サービス:
世界が選んだ再生エネ、見通しの暗い日本
IEA(国際エネルギー機関)などが、発電関連の調査結果を2つ発表した。1つ目は再生可能エネルギーが世界規模で第2の電力源に成長したこと。先進国、発展途上国に共通した流れだ。2つ目は2020年に運転を開始する発電所の発電コスト予測。原子力が最も有利であり、再生可能エネルギーは急速に追い付いているとした。日本でも原子力が低コストだが、他の先進国と比較では割高であり、化石燃料や再生可能エネルギーでも同様だという。(2015/10/14)

CEATEC 2015:
京セラが車載ステレオカメラを開発、独自アルゴリズムで低コスト化
京セラは、「CEATEC JAPAN 2015」において、開発中の先進運転支援システム(ADAS)向けのステレオカメラを披露した。軽量な独自アルゴリズムと経年劣化を補正する自動校正機能が特徴。(2015/10/8)

電力供給サービス:
最悪の発電コスト、日本に未来はあるのか
IEA(国際エネルギー機関)とNEA(原子力機関)は、各種の技術を利用した発電所の建設コストや発電コストを試算、報告書の販売を開始した。調査対象となった22カ国全てで、原子力が最も低コストになった。それでも太陽光を中心とした再生可能エネルギーは5年前と比較して、火力発電を追い越すところまで低コスト化している。ただし、日本はこの恩恵をあまり受けていないようだ。(2015/9/30)

太陽光:
「太陽電池リサイクル」の採算性、低コスト化するプロジェクトが始動
NEDOは、太陽光発電の大量導入社会を実現するために、太陽電池のリサイクルや発電コスト低減を目指すプロジェクトを新たに開始する。(2015/9/18)

今年こそ来た、「PKI元年」到来に現実味
メールの信頼性をビジネスで安心して使える基準にする秘訣とは
ビジネスに欠かせないメールはなりすましが容易なことから、標的型攻撃やフィッシング詐欺で悪用されやすい。そこで低コストでなりすましを防ぎ、メールのみで安心して取引を完結できる方法を紹介する。(2015/9/11)

高価なICを使用せずに実現:
低コストの79GHz帯ドップラーモジュール
ヨコオは、移動体の速度や物体有無検知用レーダー/センサー用にディスクリートデバイスのみで構成した低コストの79GHz帯ドップラーモジュールを開発したと発表した。(2015/9/14)

格安SIM Q&A:
SMSが使えて一番安いデータ通信SIMは?
とにかく低コストでLINE専用スマホを運用したい。というケースです。(2015/9/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。