ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エンタープライズ市場」最新記事一覧

車載半導体:
車載イーサネットで自動運転からミラーレス車まで貢献、マーベルの事業方針
Marvell Semiconductorはエンタープライズ向けなどで培ってきたイーサネットの実績を生かし、車載向けでも存在感を高めようとしている。ドイツに車載イーサネットの開発拠点を設けた他、日系自動車メーカーに向けても積極的に働きかけていく。(2016/6/23)

「技術が好き」だけでいいの?仕事に誇りと責任感を持ててる?:
PR:ITアーキテクトの第一人者に聞くエンタープライズITエンジニアの「本当の価値」とは
グロースエクスパートナーズ 執行役員 アーキテクチャ事業本部長 兼 ビジネスソリューション事業副本部長を努め、日本Javaユーザーグループ会長、日本Springユーザーグループ幹事などのコミュニティ活動でも知られる鈴木雄介氏にインタビュー。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な視点やスキルを聞いた。(2016/5/12)

Dell、EMC買収完了後の社名は「Dell Technologies」に
ラスベガスで開催の「EMC World 2016」の基調講演に登壇したDellのマイケル・デル会長兼CEOは、EMC買収完了後の計画について語り、新しい社名を「Dell Technologies」とすると発表した。エンタープライズ向けサービスは「Dell EMC」ブランドで提供する。(2016/5/3)

速すぎる成長スピードの弊害か
ユーザーもパートナーも心配するDockerの「俺様」っぷり
IT関係者の多くが、Dockerの“度を越した”躍進が、やがて同社の信用損失につながるのではないかと危惧している。その理由は、彼らが中核事業を超えたエンタープライズ市場への進出しようとしているからだ。(2016/5/2)

Martin Casado氏が、今だから話せること(2):
「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔
Martin Casado(マーティン・カサド)氏の、OpenFlowからNicira、ヴイエムウェアに至る、SDNをめぐる旅を振り返る2回連載。今回は、VMware NSXの成功の要因と今後、これからのエンタープライズIT市場とオープンソース、これまでにおける最高の判断と後悔、テクノロジストが起業するということについて聞いた部分をお届けする。(2016/4/26)

BYOD、IoT対応も考慮:
Wi-Fi環境の監視を効率化。米アルバが管理ツール群を発表
米アルバがエンタープライズ向け無線ネットワーク管理ツールの新製品群を発表した。Wi-Fi環境の運用管理を効率化する機能が盛り込まれている。(2016/3/15)

東芝、HDD事業でもリストラ モバイル向け縮小、150人早期退職・再配置
東芝が赤字のHDD事業で構造改革。エンタープライズ向けに集中するとともに、国内人員を削減。(2016/2/4)

フラッシュの波に乗り遅れるな
勝てる企業はココが違う! オールフラッシュを採用している理由とは?
仮想化やクラウド、基幹系システムなどエンタープライズ環境でオールフラッシュストレージが活躍の場を広げている。実際に導入して著しい効果を挙げている事例を紹介しながら、その理由を探る。(2016/1/29)

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2015年版
2015年もあと2日で終わり。Windows 10登場、マルウェア感染アプリ、マイナンバ−制度など、今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありましたが、ITmedia エンタープライズで最も反響があったのはどの記事だったのでしょうか。(2015/12/30)

HGST、ヘリウム充填/垂直磁気記録方式で10Tバイトを実現したエンタープライズ向けHDD
HGSTとWestern Digitalは、ヘリウム充填HDD“HelioSeal”の3世代目モデルとなる「Ultrastar He10」を発表。垂直磁気記録方式で世界初となる容量10Tバイトを実現したモデルだ。(2015/12/3)

800ノード超のSparkクラスターを運用するユーザーも:
Sparkのエンタープライズ対応が「成熟」――Clouderaが宣言
HadoopディストリビューターもあらためてSparkへの注力をアピール。既に800ノード超のSparkクラスターを運用するユーザーも存在するという。(2015/12/2)

調査リポート:
国内のフラッシュストレージ市場が急成長――その要因は?
IDCジャパンは、国内のエンタープライズ向けストレージシステムの市場実績と2019年までの予測を発表した。フラッシュメモリを利用したストレージの2014年の売上高は対前年比58.1%増の137億8000万円で、2015年は同42.5%増の196億3600万円を見込む。2014〜2019年の年間平均成長率は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測する。(2015/11/25)

Microsoft Office利用可能でキーボード、スタイラスも
「iPad Pro」と「Surface Pro 4」をあえて比較、仕事で映えるのはどちら?
「Office」を搭載し、オプションでキーボードが提供される米Microsoftの「Surface」はエンタープライズ向けタブレットだ。その最新モデルとなる「Surface Pro 4」に今、米Appleの「iPad Pro」が対抗している。(2015/11/24)

「Future-Ready Enterprise」への本気度:
PR:デルはエンタープライズITをどう変えていくのか? 
エンタープライズITへのアプローチを明確化しつつあるデル。直近に開催されたイベントでもそのメッセージは極めて明確だ。本稿では、ITインフラのクラウド化がもたらす変革に対してデルの技術的なアプローチがどのようなものであるかを、イベントレポートを通じて紹介する。(2015/11/9)

フラッシュストレージの価格破壊に挑戦!:
サンディスクが単価1ドル/GB以下の「InfiniFlash」
サンディスク(SanDisk)は、エンタープライズ向けオールフラッシュストレージプラットフォーム「InfiniFlash」について、日本市場でも2015年11月中旬より供給を始める。3Uサイズの筐体で最大容量512TB(テラバイト)を可能にするとともに、ギガバイト単価を1米ドル以下にするなど低コストを実現した。(2015/10/27)

@IT 15周年企画「編集長対談」:
インターネット黎明期からエンタープライズITの主導権争いに至るまで、そしてIT活用の今後は――
2000年5月22日にサイトオープンした@IT。15周年の記念企画として、これまでのITの変遷を振り返り、今後のIT活用を占う。(2015/10/26)

新たなiOSマルウェア出現、非脱獄版にも感染
「YiSpecter」はiOS向けのプライベートAPIを悪用して不正な機能を実装。エンタープライズ向けの証明書を使って、脱獄させていないiOSデバイスにも感染する。(2015/10/6)

「リサーチャー」という仕事:
企業にいるからこそ、世界を変える研究ができる――安部麻里さん
日進月歩で技術革新が続くエンタープライズITの世界。その裏にリサーチャーと呼ばれる“研究者”の活躍があるのはご存じだろうか。企業に籍を置きながら、研究を続ける彼らはどのようなことを考えて働いているのか。知られざる仕事内容とこだわりに迫った。(2015/9/30)

サーバー管理者のためのChef超入門(終):
WordPress環境構築におけるMySQLの設定とChef上達のポイント
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、WordPress環境構築レシピの最後の仕上げとして、SQL文をTemplateとして作成して、MySQLを設定する方式のCookbookを作成し、実行してみます。(2015/9/10)

R言語の強化で生産性向上を支援:
日本IBM、エンタープライズ向けHadoop製品の最新版を発表
日本IBMは7月8日、エンタープライズ向けHadoop製品の最新版「IBM BigInsights for Apache Hadoop V4.1」を発表した。データサイエンティストなど専門家向けの機能が強化された。(2015/7/9)

業界動向 タブレット端末:
2015年1Qのタブレット市場は減速傾向、前期比35%減に
タブレット端末市場が縮小傾向にある。主な要因は市場の飽和だ。ただし、エンタープライズ向けでは、成長の余地が残されているという。さらに、Appleの次世代OS「iOS 9」でタブレット市場が再び活気づく可能性もある。(2015/7/8)

サーバー管理者のためのChef超入門(5):
WordPressのダウンロード/配置とバーチャルホスト設定で見るChefの変数とAttributeの書き方の基本&Template活用
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、WordPressのダウンロードや解凍、バーチャルホスト設定を例にChefの変数とAttributeの基本的な書き方を解説します。(2015/6/29)

Synology、ビジネス向け2ベイNAS「DS215+」など4製品を発表
Synologyは、ビジネス向け2ベイNAS「DS215+」「DS715」の2製品を発表。またエンタープライズ向けモデル2製品も合わせて用意された。(2015/6/12)

サーバー管理者のためのChef超入門(4):
Apache、PHP、MySQLパッケージのインストールで見るChefのRecipeの基本的な書き方
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、外部Cookbookを利用したリポジトリ設定や、yumによってApache、PHP、MySQLパッケージをインストールするRecipeの書き方と実行の仕方などについて解説します。(2015/5/18)

サンディスク、エンタープライズ向けのPCIeフラッシュストレージ「Fusion ioMemory SX350」
サンディスクは、PCI Express接続対応の高速フラッシュストレージ「Fusion ioMemory SX350」を発表した。(2015/5/11)

サーバー管理者のためのChef超入門(3):
WordPress構築で学ぶ、サーバー構築作業をChefのCookbookとして記述するためのポイント
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、WordPressを手動でインストール手順や、Cookbookとは何か、Recipeとは何か、WordPressサーバー構築を例としたCookbook作成の進め方などについて解説します。(2015/4/20)

NEWS
「kintone」と「Dropbox」、案件情報とデータをひも付ける連係プラグインを今秋提供
サイボウズが、オンラインストレージサービスを提供しているDropbox Japanとエンタープライズ分野において業務提携を発表した。(2015/4/9)

企業向けモバイル市場で提携戦略
Apple―IBM連合に対抗、Samsungと手を組んだ意外なパートナーの名前
韓国Samsung Electronicsはエンタープライズ市場で米Appleに対抗すべく、多数の企業と提携した。これらの提携は企業ユーザーにどう影響するのだろうか。(2015/3/27)

サーバー管理者のためのChef超入門(2):
Knife-ZeroでCookbookの作成/実行/削除&git cloneコマンドでCookbookの取得
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回はKnife-ZeroでCookbookを操作する方法やgit cloneコマンドでCookbookを取得する方法、Gitを使う利点などについて解説します。(2015/3/24)

デュアルカーブだけじゃない:
デザイン刷新+性能アップの「Galaxy S6/S6 edge」――決済サービスなどエンタープライズ対応も強化
Samsungは3月1日、MWC 2015開幕前日に新製品「Galaxy S6/S6 edge」を発表した。“ゼロから作り上げた”という2機種の特徴は、デザイン/性能/エンタープライズ対応の3つにまとめられる。(2015/3/2)

ホワイトペーパー:
従業員のモバイル対応を実現する5つのステップ
市場調査会社の米Altimeter Groupは、最高情報責任者(CIO)の94%が、エンタープライズモビリティがエンタープライズIT戦略の重要な要素だと考えていると指摘する。(2015/2/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

アスク、エンプラ向けのOCZ製2.5インチSSD「Saber 1000」の受注を開始
アスクは、OCZ Storage Solutions製となるエンタープライズ向け2.5インチSSD「Saber 1000」の受注開始を発表した。(2015/2/19)

サーバー管理者のためのChef超入門(1):
エンタープライズでもInfrastructure as Code――Chef 12/Chef-Zero/Knife-Zeroの基礎知識とインストール
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。初回は、Chef 12、Chef Solo、Chef Server、Chef-Zero、Knife-Solo、Knife-Zeroの概要と、Chef-ZeroをKnife-Zero経由で利用するCookbook開発環境の構築について解説します。(2015/2/10)

エンタープライズ導入を意識:
S3互換のプライベートクラウド向けオブジェクトストレージに新ラインアップ
クラウディアンのオブジェクトストレージ製品がエンタープライズ向けにアプライアンスやパッケージでの展開を強化。パートナー各社による販売も進める。(2015/2/3)

iOSアプリ10種類をリリース
米Appleと米IBMの「iOS提携」第1弾、業界特化アプリができることとは?
米Appleと米IBMの協業の成果として、10種類の「IBM MobileFirst for iOS」アプリケーションがリリースされた。エンタープライズ市場への進出を狙うAppleにとって、これは非常に重要な1歩だ。(2014/12/18)

ASUSTOR、エンタープライズ向けNAS「AS7」シリーズに4ベイモデルを追加
ユニスターは、ASUSTOR製となるエンタープライズ向け4ベイNAS「AS7004T」の取り扱いを開始する。(2014/11/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「攻め」に転じたMicrosoftは何を目指すのか?――無料Officeアプリ強化、容量無制限OneDrive、Dropbox連携
Office 365ユーザーを対象にしたOneDriveの容量無制限化、Dropboxとの連携、.NETオープンソース化、そしてエンタープライズ市場でのさまざまな戦略的提携など、新CEOのもと派手な動きが目立ってきたMicrosoftの動向を追う。(2014/11/18)

Facebook、ビジネス向けFacebookをテスト中──Financial Times報道
Facebookが企業向けソーシャルネットワークサービス「Facebook at Work」でエンタープライズ市場に参入するとFinancial Timesが報じた。(2014/11/17)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタは、企業向けが「幻滅期」、一般向けが「“過度の期待”のピーク期」
調査会社のガートナージャパンは、先進技術が普及段階のどこにあるかを示す「ハイプサイクル」の2014年日本版を発表した。その中で、エンタープライズ向け3Dプリンティングは「幻滅期」に、コンシューマ向け3Dプリンティングは「過度な期待のピーク期」にあると指摘した。(2014/10/29)

ASUSTOR、エンタープライズ向けの高性能NAS「AS7」シリーズ
ユニスターは、ASUSTOR製となるエンタープライズ向けNAS「AS7」シリーズの取り扱いを発表した。(2014/10/8)

メモリ/ストレージ技術 市場動向:
DDR4の本格普及は始まったのか?
Intelのカンファレンス「IDF 2014」ではDDR4 DRAMに注目が集まっているようだ。DDR4の量産が本格的に始動し、まずはエンタープライズ分野から普及が進む見通しだという。(2014/9/11)

新たにクラウド専属営業も 日本マイクロソフトの法人向け事業戦略
日本マイクロソフトの法人ビジネス領域であるエンタープライズビジネス、ゼネラルビジネス、パブリックセクターの3部門の統括責任者が2015年度の戦略などを説明した。(2014/9/11)

オラクルの「SQL on Hadoop」:
日本オラクル、Big Data SQLを9月中に出荷
オラクルのSQL on Hadoopが、SmartScanなどを盛り込んだ「Oracle Big Data Appliance」のオプションとして登場する。エンタープライズ向けDBアプライアンスの延長として運用・管理できる点が強みになるようだ。(2014/9/1)

Weekly Memo:
NECが語るSDN市場のポテンシャル
NECが先週、エンタープライズ市場向けのSDN事業を強化すると発表した。その会見で同社が示したSDN市場のポテンシャルに注目したい。(2014/9/1)

リード最大2700Mバイト/秒、ライト最大1400Mバイト/秒:
HGST、価格性能比を高めたエンタープライズ向けのPCIe接続対応SSD「FlashMAX III」
HGSTは、エンタープライズ向けとなるPCI Express接続対応SSD「FlashMAX III」シリーズを発表した。(2014/8/5)

ホワイトペーパー:
99.999%の可用性を維持する「MySQL Cluster 7.3」新機能解説
リアルタイムのパフォーマンスが求められるネットワークアプリケーション向け組み込みデータベースとして設計された「MySQL Cluster」は、エンタープライズアプリケーションにも対応するために大幅な進化を遂げている。その最新機能を解説する。(2014/8/1)

HGST、耐久性も重視した最大1.6Tバイトのエンタープライズ向けSAS SSD
HGSTは、エンタープライズ向けモデルとなる12Gbps接続対応のSAS SSD「Ultrastar SSD1600MR」など計3シリーズを発表した。(2014/7/29)

HPがHortonworksと戦略提携、データプラットフォーム強化へ
HPがHortonworksとの提携を発表した。自社のデータプラットフォームとの連携を強化。エンタープライズアプリケーションを意識した環境整備が進んでいるようだ。(2014/7/28)

アスク、OCZ製エンタープライズ向けSSDを特価販売するキャンペーンを実施――9月30日まで
アスクは、OCZ Storage Solutions製のエンタープライズ向けSSD「Intrepid 3600」「Z-Drive 4500」シリーズなどを特別価格で提供する期間限定キャンペーンを開始した。(2014/7/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。