ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マグネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マグネット」に関する情報が集まったページです。

マグネット吸着するiPhone XS/XS Max/XR向けガラスケース ミスターカードから
ミスターカードは、10月19日にiPhone XS/XS Max/XR対応ガラス製スクエアケース「MAGNETS PRO CASE」を発売する。本体に強力なマグネットを内蔵し、ワンタッチで簡単に着脱が可能。つなぎ目が目立ちにくく、落下の衝撃から保護する金属製フレームを採用している。(2018/10/18)

サンワ、スチールデスクなどに貼り付けられるマグネット付き4ポートUSBハブ
サンワサプライは、固定用マグネットを内蔵した4ポートUSBハブ「USB-3H417BK」「USB-3H418BK」を発売した。(2018/9/21)

エレコム、Surface Pro・Go用のマグネット着脱対応のぞき見防止フィルター
エレコムは、マグネット式装着に対応したSurface Pro用、Surface Go用のぞき見防止フィルターを発売する。(2018/9/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
これなら移動も車載もお手の物? 「Amazon Echo Dot」のマグネット式ホルダーを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はマグネットで壁面に取り付けられるKIWI Designの「Dotケーススタンド」を試してみた。(2018/8/30)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

スチール面に固定できるマグネット付き4ポートUSB充電器 サンワサプライから
サンワサプライは、7月11日に強力なネオジウムマグネットでスチール面に固定できる4ポートUSB充電器を発売した。電源コードは壁面に沿わせることができる設計で、すっきりとした配線が可能。4ポートの合計出力は最大4.8Aに対応し、同時充電も行える。(2018/7/11)

「スペースインベーダー」がマグネットに 集めてゲーム画面を再現したい
ドット絵がかわいい。(2018/5/28)

たまらん! 大量の小さな磁石が大きな磁石に吸い寄せられるスロー動画が謎の気持ちよさ
ずっと見ていたい。(2018/5/20)

“牛が飲み込む用の磁石”が販売されている理由
栄養にはならなそうだけど……?(2018/5/17)

発熱を抑えて充電時間を短縮 車載用ワイヤレス充電器「XVIDA POWER 2」
XVIDA JAPANは、4月25日にマグネット式の車載用ワイヤレス充電器「XVIDA POWER 2」を発売。最新のAirFlow(空冷換気)システム実装により発熱を抑えて充電時間を短縮し、バッテリー劣化を抑制する。(2018/4/27)

マグネットボールの誤飲で幼児の内臓に穴があく事故 国民生活センターが販売者や行政に管理と指導を呼びかけ
磁力が強力なため、複数を誤飲した場合は体内で引き合って内臓を貫通するケースが。(2018/4/20)

Global Sources Consumer Electronics 2018:
香港の展示会で見つけた、一味違うガジェットたち
磁石でLightning、microUSBを付け替えできるケーブル、車輪付きでコロコロ転がすスマートフォンマウンター。香港のトレードショウを見てきた。(2018/4/17)

黒板などに貼り付けて使えるマグネット式のプロジェクター用ホワイトスクリーン
サンワサプライは、スチール面や黒板にマグネットで取り付けられるプロジェクター用スクリーン「PRS-WBC72HD」を発売する。(2018/3/30)

小鳥飼料に金属片混入? SNSで拡散、メーカーが見解発表 正体は「畑の土に含まれる天然鉱物」
磁石にくっつく欠片が入っているとSNSを中心に不安の声が拡散していました。(2018/3/26)

メガネにもサングラスにもなるアイウェア「JINS Switch」 ラインアップ拡大、通年販売に
プレートはマグネット式で、簡単に着脱可能。(2018/3/23)

Spigen、厚さ3mmの落下防止スマホリング「スタイルリング POP」発売
Spigenは、落下防止スマホリングの新モデル「スタイルリング POP」を発売。折り畳み時は厚さ3mmとコンパクトなサイズで、スタンドとしても利用できる。プレート部分が金属製のためマグネット式の車載ホルダーへも取り付け可能だ。(2018/3/13)

トヨタ、レアアース使用量を大幅に削減できる「省ネオジム耐熱磁石」開発、EVやロボットに
トヨタがレアアース(希土類元素)であるネオジムの使用量を大幅に削減した「省ネオジム耐熱磁石」を開発。EV(電気自動車)やロボットなどモーターの需要が増す中、レアアース資源の需給バランスを保つことが期待される。(2018/2/21)

電気自動車:
重希土類フリーでネオジム使用量半減の車載モーター用磁石、トヨタが開発
トヨタ自動車はレアアースであるネオジムの使用量を最大で半減する車載モーター用磁石を新開発した。重希土類を不使用とした上でネオジムの使用量を大幅に減らし、高温下でも使用可能な性能を実現した。(2018/2/21)

3〜6台のスマホやタブレットをすっきり収納 レザー調の充電ステーション
サンワサプライは、スマートフォンやタブレットを3〜6台設置できるレザー調の充電ステーションを発売。スタンド下部にはAC充電器やケーブルを収納できる空間を設け、マグネットで簡単に取り外しできる。手前にはペンなどの小物置として使えるスライド式の棚板を備え、ディスプレイが触れる接地面はクッション素材で機器を保護する。(2018/2/14)

マグネットでスマホを簡単に充電できるスタンド サンコーから
サンコーは、1月26日にマグネット式スマホ充電スタンド「ピタッとチャージャー」を発売。近づけるだけで端末側に取りつけたコネクタとスタンド側のコネクタが磁力で吸着し、片手で簡単に充電することができる。(2018/1/29)

「MR流体」使用:
自動運転に向けた“未来のブレーキ”は「流体×磁力」
東京モーターショー2017に、曙ブレーキ工業が「MR流体ブレーキ」を出展。磁気に反応して液体から半個体に変化する「MR流体」を取り入れた点が特徴。(2017/10/27)

MJSOFT、米moshiブランドのiPhone X用ケース5アイテムを発売
MJSOFT、米moshiブランドのiPhone X用ケース5アイテムを発売。メタリックフレームやスリムタイプ、全面を保護するマグネット式カバーなどをラインアップしている。(2017/10/20)

マグネットで着脱できる車載用スマホホルダー
ミスターカードは、ダッシュボードにジェル吸盤式で吸着する車載用ホルダー「C09」発売。スマートフォンの背面、またはケースに金属プレートを貼り付け、強力なマグネットで簡単に脱着できる。iPhone 7 Plusなど幅5〜8.5cmまでの大型サイズに対応。(2017/9/28)

VC版「ポケモン金・銀」に当時パッケージを再現した特別版登場 カートリッジ風マグネットやポスター付き
金・銀を知らない世代にも。(2017/8/19)

マグネットで手軽に設置できる超ミニサイズの防犯カメラ
ドスパラは、フルHD録画に対応した超小型設計の防犯カメラ「DN-915085」の取り扱いを開始した。(2017/8/18)

冷蔵庫にもくっつけられる4Wayタブレットホルダー
ドスパラは、マグネット設置など計4タイプの設置方式に対応したタブレット端末用ホルダー「DN-914676」の取り扱いを開始した。(2017/7/3)

マウス、マグネット着脱キーボードも付属した10.1型タブレットPC「MT-WN1003」
マウスコンピューターは、Windows 10搭載10.1型タブレットPC「MT-WN1003」の販売を開始した。(2017/6/28)

蠢(うごめ)け! 俺の「フォースフルーイド」!! 磁力で自在に操れる液体が“能力者”ごっこに使えそう
界面活性剤球にカプセル化された鉄ナノ粒子からなる液体を強力な磁場で変幻自在に操れる――相手は死なない。(2017/5/14)

磁石で不思議な模様を描く磁力サイエンスガジェット「Force Fluid」
DISCOVERは、磁石に反応する強磁性流体を封入したサイエンスガジェット「Force Fluid」の取り扱いを開始した。(2017/5/12)

SIIセミコン S-5718シリーズ:
3種の検知極切り替えが可能なホールスイッチIC
エスアイアイ・セミコンダクタは、1つのICで、両極検知、S極検知、N極検知の3つの動作が行えるホールスイッチIC「S-5718」シリーズを発表した。マイコンと組み合わせれば、接近した磁石の極性の判別が可能になる。(2017/5/2)

車両の低騒音化と低消費電力化:
東芝、東武新型特急500系に新駆動システムを納入
東芝は、全閉式永久磁石同期電動機(全閉PMSM)とVVVFインバーター装置を組み合わせた駆動システムを東武鉄道に納入した。この駆動システムは、東武鉄道が26年ぶりに導入する新型特急車両500系「Revaty」(リバティ)に採用される。(2017/4/21)

テクノフロンティア 2017 開催直前情報:
車載向けワイヤレス給電や磁石不要の位置センサーを展示 IDT
IDTは「TECHNO-FRONTIER 2017」(テクノフロンティア、会期:2017年4月19〜21日)で、「ワイヤレス給電ソリューション」「センサーソリューション」「タイミングソリューション」の3つのテーマを設け、関連する最新技術や製品を展示する。米国で開催された「CES 2017」でイノベーション賞を受賞したガスセンサーも展示する予定だ。(2017/4/17)

IDT ZMID520x:
磁石不要のインダクティブ式ポジションセンサー
IDTは、インダクティブ方式ポジションセンサー「ZMID520x」ファミリーを発表した。アナログ出力の「ZMID5201」、パルス幅変調方式(PWM)出力の「ZMID5202」、SENTプロトコルで出力する「ZMID5203」の3種をそろえた。(2017/4/14)

ステッカー貼って切るだけ! 邪魔なマグネット型広告がオシャレなマグネットに早変わり 
今すぐやってみたいナイスアイデア。(2017/4/4)

上海問屋、アウトドア作業などに向く伸縮機構付きのLEDライト
ドスパラは、先端部にマグネットを備えた伸縮式LEDライト「DN-914161」の販売を開始した。(2017/4/3)

テクノフロンティア 2017 開催直前情報:
車載モーター向けマグネットや産機向けEMCを展示 TDK
TDKは「TECHNO-FRONTIER 2017」(テクノフロンティア/会期:2017年4月19〜21日)で、自動車分野向けのEMC製品や、車載用モーター向けのマグネット、センサーなどを展示する。(2017/4/3)

浮いて走る「リニアモーターカー」自作キット、エレキットから
イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、電気と磁石の力で“浮いて”走る「リニアモーターエクスプレス」を発売する。(2017/2/18)

磁石で浮き上がる玩具「リニアモーターエクスプレス」発売
電気と磁石の力で浮き上がる鉄道玩具「リニアモーターエクスプレス」が発売。(2017/2/17)

nano tech 2017:
ナノ酸化鉄、100GHz以上のミリ波も吸収
東京大学、DOWAエレクトロニクス及び岩谷産業は、「nano tech 2017」で、高性能ハードフェライト磁石「イプシロン型ナノ酸化鉄」を参考展示した。(2017/2/17)

価格は6500円:
電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス」発売
電子工作キットを製造するイーケイジャパンは、電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス」を発売する。(2017/2/17)

片手逆立ちポーズもしっかりキープ! 磁石仕込みのデッサン人形「Styckybones」が絵描きクラスタ必見の安定感
特殊なボールジョイントと手足の磁石で、ダイナミックなポーズを保持。(2017/2/14)

これが自撮りの新形態? 足を使って自撮りする「SelfieFeet」が資金調達中
付属のマグネットを使えば、自撮り以外でも大活躍しそうです。(2017/2/6)

Li電池の充放電特性を利用:
東北大、イオン制御型電磁石の開発に成功
東北大学の谷口耕治准教授らは、リチウムイオン電池の充放電特性を利用したイオン制御型電磁石の開発に成功した。イオンの出入りを制御することで磁性状態を切り替えることが可能となる。(2017/1/17)

Hamee、カーエアコンに挿して使えるマグネット式スマートフォンホルダーを発売
Hameeは、12月26日にスマートフォンホルダー「iFace CAR MOUNT マグネット カーマウント」を発売。車のエアコンに挿し込み、付属のメタルプレートを取り付けるだけで簡単に利用できる。(2016/12/26)

脳の利点を備えたAIの実現へ:
スピントロニクス素子を用いたAI動作実証に成功
東北大学の研究グループは2016年12月19日、磁石材料から構成されるミクロなスピントロニクス素子を用いた人工知能(AI)の基本動作実証に「世界で初めて」(同グループ)成功したと発表した。(2016/12/20)

漬物マグネットがカプセルトイで登場 「たくあん」のシナっとした断面まで完全再現
縄文時代から伝わる日本人のソウルフードが待望のカプセルトイ化。(2016/11/18)

Surface Studioの謎「Dialはどうやって吸着してるのか」に公式回答
磁石でディスプレイにくっついているという報道もされているが、担当者によればそうではないようだ。(2016/11/6)

アイデア最高かよ……! ひょっこり顔を出すようなハムスターのマグネットブローチが2度見するかわいさ
バッグからこっそりこんにちは!(かわいい)(2016/10/29)

上海問屋、マグネット装着式のスマホ用VRゴーグル
ドスパラは、5.5型までのスマートフォンに対応したVRゴーグル「DN-914112」の取り扱いを開始した。(2016/9/8)

司書メイドの同人誌レビューノート:
黒電話っぽいけどダイヤルがない……? レトロかわいい「磁石式電話機」にファンタジー脳が刺激される
こんな面白い電話機があったとは。(2016/9/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。