ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」最新記事一覧

関連キーワード

あなたも危ない「スマホ巻き肩」って? “新症例”相次ぐ
スマホの操作、閲覧により、背中を丸めた姿勢を長時間とることで起きる酸欠状態や「巻き肩」の症例が、専門のクリニックに相次いで寄せられている。(2016/9/26)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
日常生活にも応用できる! スポーツ選手のメンタルトレーニングとは
リオオリンピック、そしてパラリンピックが閉幕しました。今年もいろいろな選手が活躍しましたね。さて、スポーツの世界でも最近はメンタルの部分が注目されるようになっています。スポーツ選手が行っているメンタルトレーニングとはどんなものなのでしょうか。(2016/9/24)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
会社が社員の体重管理、1フロアにゴミ箱1つ……タニタオフィスに潜入!
今回は、健康総合企業のタニタを訪問。しかし、驚いたというかさすがというか……訪問するや否やいきなり受付で“体重測定”されてしまった内山くん。芸能界屈指のデブタレント内山信二の健康状態やいかに? (2016/9/24)

「ねんれいがあがった! ちからが1さがった!」 ハッシュタグ「中年ドラクエ」が哀愁たっぷりすぎてつらい
ただの現実だこれ。(2016/9/21)

ただの健康食ではない!? アスリートの納豆への情熱がすごい
納豆は一般的に、健康食として愛されていますが、アスリートたちには、強い体づくりの食品としても活用されています。そんな納豆を特にこよなく愛するアスリートを3人取り上げます。(2016/9/21)

頭皮をほぐすと脳にも影響が!? 頭皮マッサージの効果
頭皮をもみほぐすと心地いいですよね。頭皮マッサージは、頭皮への健康効果と同時に、脳への良い効果も得られるといわれています。どのような良い影響が得られるのでしょうか。(2016/9/20)

パタリロ殿下(加藤諒)、謁見の儀で舞台「パタリロ!」への熱いお気持ちを述べられる
美しさは罪……とは言わない心優しい加藤諒さんでした。(2016/9/13)

鈴木亮平、「変態仮面」撮影時のムキムキボディーを披露 ファン「ガチっと飛びつきたいです!」
いい筋肉。(2016/9/12)

水曜日のカンパネラでキレッキレダンスを披露するインコに胸きゅん
南米の血が騒いだのかな?(2016/9/9)

化学で論理回路を実現:
「タコ」なのか、柔らかロボを作り出す
米Harvard Universityの研究チームは、2016年8月24日、硬い部分を持たないタコ型のロボット「octobot」を試作したと発表。内部の化学反応によってエネルギーを得て自律的に動き、この化学反応が制御装置を兼ねていることが特徴だ。エンベデッド3Dプリント技術を応用して作り上げた。(2016/9/8)

CYBERDYNE HAL医療用下肢タイプ:
医療用ロボットスーツのレンタル販売を開始
CYBERDYNE(サイバーダイン)は、世界初をうたうロボット治療機器「HAL医療用下肢タイプ」(HAL医療用)のレンタル販売を、2016年8月下旬から開始すると発表した。(2016/9/8)

「大きいほうではないけど柔らかさはあるかも」 マギー、雑誌「anan」で“ふんわり美乳”を披露
「美乳特集」という素晴らしき四字熟語。(2016/9/7)

秋には基礎代謝が上がるのに、なぜ太るのか
秋は気候として、本来痩せやすい時期ですが、なぜか太りやすいと感じる人は多いのではないでしょうか。なぜそうなるのか、その理由に迫ります。(2016/9/7)

これは魅惑のマーメイド! 西山茉希、年に数回しか見せない生足姿に「2児の母とは思えない」
どこがコンプレックスなんだ……?(2016/9/6)

医療機器ニュース:
ロボット治療機器の国内レンタル開始
CYBERDYNEは、世界初のロボット治療機器「HAL医療用下肢タイプ」のレンタル販売を開始すると発表した。緩徐進行性の神経・筋疾患の進行を抑制し、歩行改善効果を示す治療ロボットで、一般の公的医療保険が適用できる。(2016/9/6)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
電車の中でのストレスを減らすためにできること
電車の中にいるときも、ストレスを感じることが多いと思いませんか。特に満員電車は実際の戦場以上にストレスフルな場所という研究もあるほどです。こういった環境では、気力も体力も消耗します。今回はそんな電車の中でできるメンタルヘルスケアを紹介します。(2016/9/4)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「筋肉兄貴 対 ゾンビ」
【ぴっぴの筋肉シリーズ】そろそろネタ切れなんじゃないの? と思ったそこのアナタ……。マッチョフリークの私を甘く見てはいけません。まだまだストックご用意してございます。今回はマッチョさんを操作してゾンビと戦うゲームです。(2016/9/2)

疲れにくいスマホの操作方法
目の疲れ、ストレートネックなどをできるだけ回避する、スマホの疲れにくい操作方法をご紹介します。(2016/9/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
読書で「寿命が伸びる」のは本当か
文化庁の調査によると、日本人の半数近くは「1カ月に1冊も本を読まない」という。読まない理由を聞くと、「忙しいし、時間がない」という声が聞こえてきそうだが、そうした人たちにとってちょっと気になる研究結果が出ている。それは……。(2016/9/1)

スマホ、PCで酷使した目の疲れをとる栄養
スマホやPCで起きる眼精疲労。食事から回復するための方法をご紹介します。(2016/8/31)

うつになる前に飲みたいコーヒー
コーヒーを飲む人は、うつ病リスクが低いことが分かっています。コーヒーによって気分をリフレッシュし、気分の落ち込みを避けることができるようです。(2016/8/28)

桐谷美玲、Instagramで「股関節エリート」の脚を披露 これもう細ももだろ!
男子顔負けの食べっぷりの良さなのにこの脚。(2016/8/25)

間違ってない? 体重計・体組成計の正しい測り方
毎日、体重計や体組成計に乗っていますか? 目的を再度確認して正しい計測をしましょう。(2016/8/24)

消し去りたい黒歴史をマッチョが物理的にぶっ壊してくれるイベント「ブレイキング・マッチョ」開催
マッチョ、黒歴史こわすってよ。(2016/8/22)

インナーマッスルの鍛え方だから(震え声) 叶姉妹直伝のエクササイズがどうしても“そこ”に目が行ってしまう
爆れつハンターのショコラ・ミスかな?(2016/8/19)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「ゴムモン」
ご存じですか? 「ゴムモン」というキャラクター。ゴムゴムモンスター 略してゴムモン! LINEスタンプの週間ランキングにランクインし、Twitterなどでも話題になっているようです。(2016/8/19)

これならケンシロウに勝ちそう 「北斗の拳」ジャギ様のフィギュアが予約開始、バイクに跨がり強敵感モリモリ
俺の名を言ってみろぉ!!(2016/8/17)

IoTデバイスの開発秘話(1):
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
2016年1月に起こった軽井沢のスキーツアーバス転落事故以降、長距離高速バスや貨物自動車の安全対策が問題視されている。ドライバーの居眠り対策もその1つだ。そうした中で富士通は、居眠り検知のウェアラブルセンサーとして「FEELythm(フィーリズム)」の展開を始めた。FEELythmが面白いのは、腕でもなくメガネとしてでもなく、“耳たぶ”に装着することだ。なぜ、耳たぶを選択することになったのだろうか。FEELythmの販売推進に携わっている楠山倫生氏に話を聞いた。(2016/8/16)

強い飛び出し感が眼に効く! 3DSで眼のストレッチ&トレーニングができるアプリが発売
スポーツ視覚学の第一人者、石垣 尚男教授が監修しています。(2016/8/10)

あなたの元へ筋肉をデリバリー! 「マッチョ29」がマッチョの無料貸し出しを実施
マッチョは世界を救う、本気で考えてしまいそうです。(2016/8/10)

鳥は飛びながら眠れる グンカンドリの研究で明らかに
グンカンドリの脳の活動を調べたところ、飛行中に眠っていることが判明しました。(2016/8/10)

ビキニ姿の女性警察官がスリの男を華麗に取り押さえる画像が世界中で拡散 犯人にちょっと同情するほど強そう
これは見事な筋肉。(2016/8/8)

輝く肉体美 リオ五輪開会式、トンガの旗手に注目集まる
ちょっとトンガ行ってくる。(2016/8/6)

筋肉にも猫ちゃんにも目が行っちゃう イケメンモデルの猫エクササイズ
マッチョなイケメンモデルさんは猫大好き。(2016/8/6)

「ポケモンGO」ブームが過熱し続けた未来を妄想してみた
ポケモン人気が収まらなかったときの未来を妄想しました。(2016/8/5)

山歩きの健康効果が意外とすごかった!
今シニア世代の間でブームになっている山歩き。実は、ウォーキングやジョギングよりも優れた運動でもあったのです。(2016/8/2)

「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」 Twitterの人気コンテンツ“月曜日のたわわ”はどうやって生まれたか、漫画家・比村奇石さんに話を聞いた
「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」でおなじみの“月曜日のたわわ”、作者である漫画家・比村奇石さんに取材しました。(2016/8/1)

「ゾンビ体操」で痩せる?
テレビや書籍で話題になっている脱力系の「ゾンビ体操」。誰でもできる簡単な体操で、生活習慣病が予防できるほか、ダイエットにもいいとといわれています。(2016/7/29)

賛否両論あった「アイスバケツチャレンジ」のその後が明らかに 寄付120億円、遺伝子についての発見など大きな成果
難病ALSの周知・治療という本来の目的にもつながったようです。(2016/7/28)

ファンタジー小説のドラゴンにちなんで命名 背中にトゲある新種のアリが小さいのにむっちゃ強そう
トゲの中には筋肉がみっちり。(2016/7/28)

筋肉フェチの波動に目覚めそう! “神スイング”稲村亜美の筋肉美動画が驚きのたくましさ
汗だく粉まみれになりながら強烈に存在感を主張してくる筋肉。(2016/7/28)

世界最高峰のマッスル! ロナウドとマクレガー、野獣のような筋肉美が出会ってしまう
2人の筋肉……すごく……アニマルです……。(2016/7/27)

まるでルーク・スカイウォーカーのよう:
筋肉の神経信号で動く義手、米メーカーが開発
米国のメーカーが、筋肉の神経信号で動く義手「LUKE arm」を間もなく発売するという。“LUKE”という名は、「スター・ウォーズ」の主人公ルーク・スカイウォーカーが基になっているそうだ。(2016/7/26)

知っておきたい医療のこと:
血管病の治療と予防のポイント
定期的な検査を行い、生活習慣病を予防するような心がけをしていたとしても、それだけで克服できるとは限らない。もし、「急変」に至った場合には、どうしたらよいのか。(2016/7/22)

わずかな湿度の揺らぎで:
理研、半永久的に駆動するアクチュエータ―を開発
理化学研究所は、環境に存在する湿度の揺らぎをエネルギー源として半永久的に駆動する薄膜アクチュエーターを開発したと発表した。身の回りに存在する非常に小さな湿度の揺らぎから、運動エネルギーを取り出せることを意味する。人工筋肉などの分野に応用できる可能性があるという。(2016/7/22)

蓄電・発電機器:
“湿度の揺らぎ”を動力源とする環境発電技術、半永久駆動が可能に
理化学研究所などによる研究グループは、通常の環境に存在する湿度の揺らぎをエネルギー源として半永久的に駆動する薄膜アクチュエーターを開発した。(2016/7/21)

首こりは首の筋肉を鍛えて解消しよう
首こりは、何気なく起きるものではあるものの、慢性化するとつらいものです。首こりを解消する方法をご紹介します。(2016/7/20)

早稲田大学、メタボリックシンドローム調査アプリ「メタボウォッチ」を開発
早稲田大学が、Appleのオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を活用して、メタボリックシンドロームの大規模調査を行うためのアプリ「メタボウォッチ」を公開しました。(2016/7/19)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「海の上の筋肉」
マッチョフリークの皆さん、お待たせ致しました!【ぴっぴの筋肉シリーズ】です。驚きました、もう5回目です。筋肉大好きな読者様のおかげですね。今回は、これからの暑〜い季節にピッタリ!な、こちらの筋肉……いえ、アプリを紹介します。(2016/7/19)

痛っ! 寝違えた! その原因と対処法
「寝違え」が起きるのは何が原因で、どのような対処法と予防法があるのでしょうか。(2016/7/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。