ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筋肉」に関する情報が集まったページです。

「本当に産後ですか」 榮倉奈々、鍛え上げられたボディーにファンから驚きの声
いい体。(2018/5/25)

de:code 2018:
義足で世界記録は“ずるい”のか? 「テクノロジーで身体拡張」 為末大さんらが議論
義足の選手が世界記録を更新するのはずるいのか? 「技術による身体の拡張」をテーマに為末大さんと東大の稲見教授が議論した。(2018/5/24)

【マンガ】一度岩に貼りついたら一生動けない「あの生物」の不思議
だからぷっくりしているんですね。(2018/5/23)

思っていることをそのまま言う「正直すぎる奴」、異性に対しても正直すぎて惚れそう
正直男子とジャージ女子のキュンキュン会話劇。(2018/5/22)

「素晴らしいスタイル」「ヘラクレスか!」 秋元才加の肉体がさらに進化、キレッキレの肉体美に注目集まる
秋元「体脂肪率も16%以上ちゃんとある」。(2018/5/19)

「体が変わりすぎてびっくり」 ダレノガレ明美、“ライザップ女子”と化し体脂肪率15.7%の美背中披露
どんどんきれいになる。(2018/5/18)

品川祐の“イキり写真”に美女の脚? 衝撃のオチに「ちょっと待って」「知らない方が良かった」
嫌われ芸人の頂上決戦。(2018/5/17)

iPSで心不全治療、厚労省が臨床研究を了承 大阪大が世界初、今年度中にも心筋移植
iPS細胞から作ったシート状の心筋を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画の実施を了承した。今年度中にも移植手術を行う。(2018/5/17)

帰ってきた「キーボードクラッシャー」 12年の沈黙を経て過去の自分を見る動画や日本人に向けたメッセージ投稿
2メートル超えのイケメンになりました。(2018/5/16)

全てが懐かしい! 青山テルマ、パラパラを20時間踊ったギャルスタイルが超イケイケ
めちゃくちゃ溶け込んでる。(2018/5/16)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
バカボンのパパは41歳、波平さんは54歳!――未来の身体作りのために知っておくべきポイント
確実にやってくる人生100年時代を、イキイキと生きられる身体作りにいかに取り組むか……。(2018/5/16)

「優の脚が奇跡説」 山田優、西山茉希や加藤綾子ら“美女ショット”でヘルシーすぎる脚に注目集まる
同じ人類なのか疑いそう。(2018/5/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
あの大企業も大炎上 「しかるべき手続き」の落とし穴
キリンビバレッジがTwitterで発信し、炎上した「午後ティー女子」。社内で「しかるべき手続き」が行われたはずなのに、なぜ間違ってしまったのか。(2018/5/11)

筑波大発ロボットスーツ、記者が装着し25キロの箱を持ち上げてみると……
腰の動きをサポートするロボットスーツ「HAL腰タイプ」。全国の建設現場や介護施設などで活用され、従業員らから好評を博している。使用感を、産経記者が体験した。(2018/5/9)

医療技術ニュース:
筋肉の再生促進に必要な、新しいタンパク質を発見
九州大学は、マウスの骨格筋の再生促進に必要となる新しいタンパク質「H3mm7」を発見した。筋再生などの機能破綻によって引き起こされる疾患の発見や治療法の開発、再生医療への応用が期待される。(2018/5/7)

ディズニーがVRジャケットを開発 エアバッグの圧力でパンチの衝撃やヘビがまとわりつく感触まで再現
インナーに配したエアバッグを収縮させることで触感を再現。(2018/5/4)

「まんまアベンジャーズに入れそう」 秋元才加、バッキバキに割れた腹筋でファンを圧倒してしまう
ついに、ここまで割れてしまったか。(2018/4/27)

ヒーローチックなバイオニックアームがイギリスで販売開始 3Dプリンターの使用でコストダウンに成功
海外では約5000ポンド(約76万円)との報道が。(2018/4/27)

コナンくんの腕時計型麻酔銃、現実世界にあったら毛利小五郎の身体はどうなる?
あかん。(2018/4/27)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
背骨、肩甲骨、股関節の調整で良い声を――超体育会系発声法「声トレ塾」
「ボイストレーニング」は、歌手や俳優がするもので、ビジネスパーソンには関係ないと思っていないだろうか。ビジネスパーソンがボイストレーニングをすることで、相手の心をつかみ、コミュニケーション能力を向上させることができる。(2018/4/25)

同じズボンなの? GENKING、短期間で6キロ減したビフォーアフターに「お腹が別人」の声
1カ月もたたずに6キロ減。(2018/4/21)

「脚の雰囲気がそのまんま!」 才木玲佳、筋肉まで再現した春麗コスが他をK.Oする完成度
これは本物だ。(2018/4/21)

exiii|開発者インタビュー:
VR体験の物足りなさを解消する、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」が目指す世界
製造業の現場でもデザインレビューやトレーニングなどの領域において、VR(仮想現実)の活用が進みつつある。3Dデータをバーチャル空間上に表示することで、実物が目の前にあるかのような体験が得られるVRだが、視聴覚による情報だけでは物足りなさを感じるケースもある。このギャップを埋めるべく、exiiiが開発したのがVR向け触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」だ。(2018/4/20)

2カ月でこんなに変わるのか! エハラマサヒロ、ぽっちゃり体形から筋肉現る逆三角形のマッチョに仕上がる
なんということでしょう。(2018/4/17)

高級キーボードの「使えば分かる良さ」って一体、何なんです? 「REALFORCE」の東プレに聞いてみた
高級キーボード未経験の筆者が、教えてもらってきました。(2018/5/4)

「妹は俺の娘」は法律上可能である。○か×か?
嫁は無理でも。(2018/4/16)

35歳からの体作り! 新山千春、“年齢の現実”と闘う美ボディーが圧巻の仕上がり
努力の結晶だ。(2018/4/9)

チキンラーメンのひよこちゃん、グレてアクマに変身 新CMで「クエエエエエエェ!!!」っと絶叫し地球を破壊
ひよこちゃんんんんっ!(2018/4/6)

大豆ミート 「謎肉」効果!? “畑のお肉”が表舞台に
菜食主義者など一部でしか認識されてこなかった「大豆ミート」が、日の目を見る時代がやってきた。カップ麺の「謎肉」公表を契機に「実は身近でうまかった」と一気にメジャー化。見た目や食感も本物に近づいている。(2018/4/6)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
日産が採用したVR向け触覚デバイスは「深部感覚も再現する」
製造業におけるVR活用が進む中で、視覚だけでなく“触覚”も求められるようになっている。VRの3D空間で触覚を再現するウェアラブルデバイスとして注目を集めているexiiiの「EXOS」は、既に日産やNEC、デンソーウェーブなどに採用されている。(2018/4/5)

「完璧なスタイル」「将来は宝塚」 棚橋弘至、バレエ美女の娘が“親バカ”も納得の逸材!
親子間のギャップがスゴい。(2018/4/3)

「腹筋だいぶ割れた」 釈由美子、舞台出演へ向け鍛え上げられた肉体を披露する
脱いだらすごかった。(2018/4/3)

試乗インプレ:
気持ち高ぶる専用設計 MTならではの一体感 スズキ・スイフトスポーツ(後編)
スイフトスポーツ(スイスポ)の試乗インプレ後編は内外装や使い勝手を見ていく。(2018/3/29)

ブラックホールはどうなる? ホーキング博士、革新的理論で常識に挑んだ宇宙論の巨人
「車いすの天才科学者」と呼ばれ、76歳で死去した英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士。難病と闘いながら革新的な理論で謎に挑み続け、宇宙論の発展に偉大な足跡を残す一方、社会にも広く影響を与えた。(2018/3/28)

「ゴキブリの初速は自然界最強」ってマジ……ッッッ!?
速さ=恐怖(2018/3/23)

「腹筋きつい、やめよ」→「体が勝手に…やめろぉ!」 筋トレを諦めないため「何かに乗っ取られる」手法が斬新
「今日中に3セットやるのだ…!」「やめろぉー!」(2018/3/21)

中学時代「僕は頭がおかしい」と考えたことある人手ぇあげて 桜井のりお新作『僕の心のヤバイやつ』
陰キャ男子は陽キャ女子に勝てない。(2018/3/18)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「スキー場」の取材をレポートする
感想「たのしい! たのしい!」(2018/3/16)

「車いすの物理学者」ホーキング博士死去
「車いすの物理学者」として知られる英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が76歳で亡くなったと、英BBCなどが3月14日に報じた。(2018/3/14)

正反対な夫婦の仲良しの秘訣は……? エッセイ漫画「私のおっとり旦那」に「ウルっとした」「私もこんな夫婦になりたい」の声
ネガティブな奥さんとおっとりした旦那の生活。(2018/3/14)

卵をつかみ、片手で2キロのボトルを持ち上げるロボット「MELTANT-α」発表
メルティンMMIは、パワフルで細かな動きができる「手」が特徴のロボット「MELTANT-α」を発表した。(2018/3/12)

iPhoneで筋トレ イヤフォンジャックに接続できるEMSパッド
サンコーは、iPhoneのイヤフォンジャックへ接続するコンパクトなEMSパッド「引き締めパッド for iPhone」を発売。アプリと連動し、希望のコースや強弱を選択して効果的に筋肉を刺激することができる。(2018/3/9)

女性、お年寄りにも人気:
意外にもハードな乗馬、癒やし効果も
優雅で高級志向のイメージが強い乗馬。実は馬を操縦するには相当な体力が必要で、テニスよりもハードというデータもあるという。(2018/3/8)

「道のりは長いけど地道にね」 ともさかりえ、ドS先生にシゴかれしなやかマッチョボディーに進化中
この背中がほしい……。(2018/3/6)

赤ちゃんだけのものではない 大人の「粉ミルク」って何だ!?
大人向けの「粉ミルク」が注目されている。赤ちゃんが飲むものと認識されてきた粉ミルクだが、各社が成人、とくにシニア向けに商品開発している。(2018/3/2)

「俺はもう死んでいる」 山田孝之、『北斗の拳』ケンシロウになりきってアタタタタタタッー!
ホァタァ!(2018/3/1)

イモト、鳥取県民のソウル牛乳こと「白バラ牛乳」Tシャツ着用 ピチピチ&ムキムキな姿が話題に
ムキムキじゃないですか!(2018/2/24)

赤ちゃんの“謎の夜泣き”の原因は……? 育児マンガで描かれた対処方法が話題に
※お医者さんにも取材しました。(2018/2/15)

錯覚を起こす人間の脳は「バカじゃない」 “意地悪な立体”を作り続ける錯視研究者・杉原教授が語る「目に見える物の不確かさ」
「ロボットの目」から始まった、「人間の目」の不思議。(2018/2/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。