ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筋肉」に関する情報が集まったページです。

PR:コスプレって実は簡単!? 初心者が100円ショップで買えるものだけで精いっぱい竜騎士になってみた
安い、早い、質はそこそこ。(2018/8/10)

医療機器ニュース:
タニタが靴を履いたまま測れる体組成計を発売、計測時間も半減
タニタが施設向け体組成計の新製品である「DC-13C」を発表。手で握った電極から電流を流して計測する方式を採用しており、靴や靴下などを脱ぐことなく体組成を計測できる。このため、計測の準備から終了までの「トータル計測時間」が、従来の約1分30秒に対して半分以下の40秒に短縮できるという。(2018/8/8)

タニタ、靴を脱がなくても測れる体組成計発売 トータル計測時間を大幅短縮
公共施設やイベントで使える?(2018/8/7)

「靴を脱がない文化」の海外展開も:
タニタ、「靴を履いたまま測れる体組成計」発売 面倒くささを解消
タニタが、靴を履いたまま体重など12項目を計測できる体組成計を発売。グリップを握って計測する方式を採用した。「靴を脱ぐのが面倒」との不満を解消できるため、海外展開も行うという。(2018/8/7)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アテンザの課題と進化
マツダはアテンザを大幅改良して発売した。現モデルがデビューした2012年以来最大の商品改良であるとマツダは力説する。ところで、なぜマツダは今、大幅改良を行うのだろうか?(2018/7/30)

あのCM制作を自ら指揮:
ハズキルーペの全てを明かします Hazuki Company・松村会長
「小さすぎて見えなあい!!」。世界のケン・ワタナベが怒鳴るCMとともに存在感が大きくなっているのが、メガネ型拡大鏡の「ハズキルーペ」だ。製品の企画・開発からCM制作まで陣頭指揮を執る経営者は、積極的なM&A(企業の合併・買収)で株式市場を騒がせたことでも知られる。(2018/7/27)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)

「熱中症で死亡するのは脳のタンパク質が変質するから」ツイート拡散 本当か医師に聞いた
熱中症予防策についても聞きました。(2018/7/26)

医療機器ニュース:
心臓の鼓動を正確に再現する人工筋肉、手術訓練シミュレーターに
豊田合成とイービーエムは、電気で機能する人工筋肉「e-Rubber」を用いて、心臓の鼓動を正確に再現できる手術訓練シミュレーター「SupeR BEAT」のプロトタイプを共同開発した。2019年秋に販売開始を目指す。(2018/7/19)

金融・流通は約30%がデジタル革新の成果を創出、成功要因は6要素――富士通のグローバル調査
富士通の調査によると、デジタル革新は具体的なビジネス成果を生み出すフェーズに移行しており、金融・流通は約30%が既にデジタル革新の成果を創出していた。デジタル革新の成功要因は「リーダーシップ、人材、エコシステム」など、6つの要素があることが判明した。(2018/7/17)

キングオブ深夜バス「はかた号」に乗ってきた! 所要14時間、日本一長い距離を走る高速バスは「何がいい」のか
所要14時間、走行距離1097キロの高速バスに乗車。運転手さんの車内アナウンスに心響いちゃった。(2018/7/16)

ストイックにも程がある! 藤田ニコル、肉体美を保つトレーニングがアスリートの域
やっぱプロだわ。(2018/7/14)

サービスロボット:
人の苦しみを肩代わりするサービスロボット、原発を廃炉に導き起立障害を解決へ
世界最大級の技術専門家の組織IEEEは2018年6月20日、都内で「サービスロボット技術の現状と未来」と題したプレスセミナーを開催した。(2018/7/13)

日本は「褒め赤字」:
「部下を褒めると育たない」という思い込みは捨てよう
「褒めると育たない」と考える人も多いかもしれないが、本当にそうだろうか。コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんは「日本企業は“褒め赤字”」と指摘する。時代が変わった今、若い人をうまく動かすためにはどんな考え方が必要なのか。(2018/7/9)

「わたしは体重は気にしない」 ローラが体重公表、“見た目重視”の考え方が共感を呼ぶ
筋肉大事。(2018/7/7)

「嘘でしょ!?」「イメージと違った」 キンタロー。筋肉バキバキなビキニ姿にファン驚き
キレキレの動きも納得。(2018/7/6)

「もはや芸人じゃない」「理想の体形です」 平野ノラ、“30代ラストビキニ”がファンの度肝を抜くゲロマブスタイル!
体重もおっぴろげに公表。(2018/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本が歩んだ「鉄道復権の30年」 次なる変革の“武器”とは?
「鉄道の再生・復権は達成した」と宣言したJR東日本。次のビジョンとして、生活サービス事業に注力する「変革2027」を発表した。鉄道需要の縮小を背景に、Suicaを核とした多角的なビジネスを展開していく。(2018/7/6)

女性誌サイトの「卵巣血行促進エクササイズ」記事に根拠を疑問視する声 → 記事非公開に
「生理不順の原因は、骨盤の後傾。後傾すると股関節が卵巣から遠くなるため、周辺の筋肉が動かず卵巣が血行不良に」「血流を促せば、卵巣機能が向上する」などと記載されていた。(2018/7/5)

なぜ今、PBを始めるのか:
新生ZOZOビジョンと新ロゴに込めた前澤友作社長の思いとは?
2018年10月に「ZOZO」に社名変更が予定されるスタートトゥデイ。これに先駆けて同名のプライベートブランド(PB)を提供する理由を前澤友作社長が記者発表会で語った。(2018/7/5)

マッチョを育成するだけのゲーム「マッチョGoGoGo」が狂気の沙汰 際限なく筋肉が肥大、鍛えすぎると“筋肉らしき何か”に
「『奇面組』の筋肉大移動」とか「『花の慶次』の岩兵衛」とか目じゃない偏り具合。(2018/7/3)

「不意にハート奪われた」「天使かよ」 “10頭身モデル”アンジェラ芽衣、KUNOICHI出演で世間が魅力に気付いてしまう
これでアニメや漫画も大好きとか完璧超人すぎる。(2018/7/3)

“夕食抜き”発言の榮倉奈々、誤読の可能性に神配慮 「そこだけ真似する人がいたらとても危険」
「オヤツを軽食と言うのなら、食事は一日4回してます」と榮倉さん。(2018/7/3)

竹内涼真の引き締まった肉体にファン興奮 「抱きつきたい」「脱いでもイケメン」
「陸王」のころとは違った魅力。(2018/7/3)

横並びで歩き道をふさぐ一団にイラッ→漫画で描かれた対策が不可能だけどスカッとする
本当にこんなことができたら……と妄想させられる。(2018/6/29)

テクノロジーは人間の能力をどこまで「拡張」できるか――超人スポーツ稲見氏と元アスリート為末氏が語る
AIやロボティクス技術の進化は、人間の能力を補うだけではなく、人間が本来持つ能力を超える力を引き出すだけの可能性を秘めている。技術革新とスポーツの関係性、そして技術が人間の能力を拡張する意義について、東京大学の稲見氏と元アスリートの為末氏が語る。(2018/6/28)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
人間とハイテク、スカウト上手はどちら? HR Techとスゴ腕面接官が対決
面接での戦略を立案するHRアナリストというサービスの実力を試した。プロの面接官に戦略案があるなしで2回記者を面接、ある場合は特に「転職したいかも」と思えた。(2018/6/26)

「推しアクセ」教えてください!:
日本語モチーフのピアスがかわいい! 「あ」「東京」「うそ、ほんと」女子シンガー追っかけ女子・赤穂あすなさんの推しアクセ
多種多様な仕事をこなしつつ、女子シンガーの追っかけに全力を尽くす赤穂あすなさんの「推しアクセ」は?(2018/6/25)

「野球も出来て、カツドンマンも書けるパパ!」 息子のおねだりに剛腕奮ってお絵かきする田中将大画伯にファンほっこり
こんなお父さんがほしい。(2018/6/23)

君は”ヒプマイ”を知っているか!? 女子歓喜の声優ラップバトル「ヒプノシスマイク」の魅力を徹底解説
ヒプマイとは一体なんなのか?――“ヒプマイの沼”の住人に聞きました。(2018/6/23)

筋肉にしか目がいかねえ! 棚橋弘至、「ミケランジェロと理想の身体」展の告知をするも肉体美に注目が集まってしまう
天然の肉体美を手に入れた男。(2018/6/18)

わずか1グラムで100万人以上の命を奪う 自然界最強の毒素を持つ“ソーセージ菌”とは
生物兵器にも利用されたことがある、身近な菌。(2018/6/15)

「凄い!! 本物!!」 才木玲佳&レディビアード、筋肉ムキムキ“W春麗”コスが全キャラをK.O.しそうな最強ぶり
勝てる気がしない。(2018/6/9)

レオタードはもともと、“フランスのマッチョなヒゲダンディー”が着るものだった
ナイスバディー(筋肉)(2018/6/5)

人の腕のように動く筋肉ロボット 東大が開発、生体と融合する義手目指す
東京大生産技術研究所は、ラットの細胞を培養して作った筋肉を使い、人間の腕と似た仕組みで動くロボットを開発した。筋肉のメカニズムや老化の研究、生体と融合可能な義手・義足の開発につながることが期待される。(2018/6/1)

週末エンプラこぼれ話:
IoTを駆使した近未来型ジム「SIXPAD STATION」で地獄のトレーニングを体験してきた
30歳になり、最近おなか周りが気になってきた記者。「最新ITを駆使したトレーニングジムがある」と聞き、“仕事”と称して体験してきた。運動不足のたるんだ体は、地獄の15分トレーニングに耐えられるのか?(2018/6/1)

子猫時代と比較した成長写真にビックリ! とっても立派に育った猫ちゃんに驚きと魅了される声集まる
メインクーンさんってここまで立派に成長するのね……!(2018/6/1)

「どこにお肉があるんですかぁーー!」 梨花、年齢が出やすい後ろ姿で“40代の星”な美ボディーを見せつける
どこにもない。(2018/5/29)

「本当に産後ですか」 榮倉奈々、鍛え上げられたボディーにファンから驚きの声
いい体。(2018/5/25)

de:code 2018:
義足で世界記録は“ずるい”のか? 「テクノロジーで身体拡張」 為末大さんらが議論
義足の選手が世界記録を更新するのはずるいのか? 「技術による身体の拡張」をテーマに為末大さんと東大の稲見教授が議論した。(2018/5/24)

【マンガ】一度岩に貼りついたら一生動けない「あの生物」の不思議
だからぷっくりしているんですね。(2018/5/23)

思っていることをそのまま言う「正直すぎる奴」、異性に対しても正直すぎて惚れそう
正直男子とジャージ女子のキュンキュン会話劇。(2018/5/22)

「素晴らしいスタイル」「ヘラクレスか!」 秋元才加の肉体がさらに進化、キレッキレの肉体美に注目集まる
秋元「体脂肪率も16%以上ちゃんとある」。(2018/5/19)

「体が変わりすぎてびっくり」 ダレノガレ明美、“ライザップ女子”と化し体脂肪率15.7%の美背中披露
どんどんきれいになる。(2018/5/18)

品川祐の“イキり写真”に美女の脚? 衝撃のオチに「ちょっと待って」「知らない方が良かった」
嫌われ芸人の頂上決戦。(2018/5/17)

iPSで心不全治療、厚労省が臨床研究を了承 大阪大が世界初、今年度中にも心筋移植
iPS細胞から作ったシート状の心筋を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画の実施を了承した。今年度中にも移植手術を行う。(2018/5/17)

帰ってきた「キーボードクラッシャー」 12年の沈黙を経て過去の自分を見る動画や日本人に向けたメッセージ投稿
2メートル超えのイケメンになりました。(2018/5/16)

全てが懐かしい! 青山テルマ、パラパラを20時間踊ったギャルスタイルが超イケイケ
めちゃくちゃ溶け込んでる。(2018/5/16)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。