ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」最新記事一覧

筋肉まで再現! 叶恭子の “ワンダーウーマン”コスが本物以上の何かを感じさせる
恭子さんは人間を超越している。(2017/11/19)

モンベル製巫女衣装も 企業向け制服にスポーツ・アウトドア大手続々参入
街中で見慣れている宅配便のドライバーのユニホーム、コンビニ配達員の制服などが、実は大手スポーツ・アウトドア用品メーカーの製品という事例が増えている。(2017/11/17)

CAE事例:
快適さをシミュレーションする、東洋紡の着衣解析の取り組み
東洋紡の快適性工学センターでは、衣服の快適性について科学的な側面から取り組んでいる。今回、有限要素法により人体モデルに服を着せて動かした状態の衣服圧をシミュレーションし、導電性材料を利用した心電図を測定できるスマートウェアの開発に成功した。(2017/11/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「大階段」でビジネスパーソンを演じる――元タカラジェンヌに学ぶ仕事に役立つ表現方法
舞台や映画を見て感動するのは、役者の表現方法が素晴らしいからだ。この表現方法を身に付けることで、ビジネスにおいても相手を感動させることができる。人々を感動させる表現方法を学ぶ。(2017/11/13)

3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見
一見すると何の変哲もないような古い石が実は……。(2017/11/12)

座った人の動作に合わせて自在にグラグラ 「座りっぱなし」の弊害を防止するコクヨのイスが腰に良さそう
座りながらも動き続けているのと同じ状態を作ることで、身体と脳を活性化させるとしています。(2017/11/7)

日本人は“座り過ぎ”:
コクヨ、360度揺れる椅子「ing」発売 その仕組みは
コクヨが座面が360度揺れるオフィスチェア「ing」を発売。「座り過ぎ」の日本のビジネスパーソンの働き方を変える。(2017/11/7)

「日本人の座りすぎ問題」解決へ コクヨ、“揺れる”椅子発表
4時間座ると、おにぎり半分ほどのカロリー(約85キロカロリー)が消費できるという。(2017/11/6)

iPhone X独占の「アニ文字」、本当はiPhone 8でも動く?
深度センサーは必要なかったのか。(2017/11/6)

パトカー吹き飛ばしそう!  “筋肉アイドル”才木玲佳、アラレちゃんコスがある意味原作並みのパワー感
肩回りの筋肉スゴい。(2017/11/5)

これまでで最大級の変化:
iPhone Xはどこが次世代なのか?
林信行がiPhone Xを手にしてから22時間の試用に基づいたファーストインプレッションを書く。(2017/11/1)

赤字から躍進へ:
ツインバード工業社長、V字回復までの“苦悩”を語る
ヒット商品を多数生み出し、業績を伸ばしているツインバード工業。しかし、2000年代初期には5期連続赤字の苦境に陥り、会社は倒産寸前だったという。その時、リーダーはどう振る舞ったのか。同社の野水重明社長に聞いた。(2017/11/1)

東北大、哺乳類の「硫黄呼吸」発見 酸素の代わりに硫黄でエネルギー確保
東北大学の研究グループが、酸素を使わずにエネルギーを生み出す「硫黄呼吸」を発見。心臓疾患やがんの治療に役立つ可能性があるという。(2017/10/31)

女性客限定プロレス興行「BOYZ」がアツい! イケメンレスラーがダンス・コスプレ・生写真など常識を覆したパフォーマンスで“プ女子”が熱視線
ビアちゃんも参戦するDDTがすんごいことをやっていた。(2017/10/28)

超速解説:
単なる“ロボット用OS”ではない「ROS(Robot Operating System)」の概要と新世代の「ROS 2.0」
PCやスマホ以外に目を向けると、OS(Operating System)の豊富さに驚かされる。ROS(Robot Operating System)もそうしたOSの1つだ。新世代の「ROS 2.0」も登場したROSについて、その概要を解説する。(2017/10/27)

東京モーターショー2017:
時速200キロ! バイク操縦するロボット「MOTOBOT」が超進化 「胃が痛かった」ヤマハが挑戦した3年間
二輪車を操縦するヤマハ発動機の人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」が、時速約200キロでサーキット走行に成功。「胃が痛かった」――約3年間にわたる開発の舞台裏を聞いた。(2017/10/25)

CEATEC 2017:
医師が解説する「運転中のヒューマンエラー」、脳では何が起きている?
「CEATEC JAPAN 2017」で行われた自動運転技術に関するカンファレンスに、滋賀医科大学 精神医学講座 講師の松尾雅博氏が登壇。「生理機能障害としてのヒューマンエラー:睡眠障害・認知症との関連から」というテーマで講演し、医学的な立場から睡眠や疲労、認知症が自動車事故に及ぼす影響などを紹介した。(2017/10/25)

セキュリティ・アディッショナルタイム(19):
転んだ経験が、いつかセキュリティを進める力に
複数のサーバ群からなるサービスサイトをサイバー攻撃からリアルタイムに防ぐ演習「Hardening Project」。高いセキュリティ技術だけでは勝ち残れず、サービス本体の売り上げを高める目的がある。サービスを守る技術を競う同様の取り組みを併せて4つ紹介する。(2017/10/25)

Adobe MAX 2017:
アドビ、AIを使った「11の新技術」を発表 未来のAdobe製品に搭載される可能性も
11の新技術を、デモ動画を交えてレポートする。(2017/10/24)

寄り道テック:
筋肉を模倣した電動アシスト付き義足「SuKnee」
「BionicM」が開発した「SuKnee」は、ロボット技術を応用した電動アシスト付きの義足だ。膝の筋肉を模したアクチュエーターと歩行に合わせた制御により、安全かつ効率的な動きを実現する。(2017/10/21)

社長の強気戦略の成否は?:
「いきなり!ステーキ」来年、いきなり店舗倍増計画 
ペッパーフードサービスが展開するステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」の勢いが止まらない。(2017/10/20)

“日本が知らない”海外のIT:
障害者に優しいWebサイトとは? 海外のバリアフリー事情
障害を抱える人たちは、どうやってWebサイトを利用するのか。海外の「ITとバリアフリー」事情を紹介したい。(2017/10/20)

成功するか? 「いきなり!ステーキ」いきなり店舗倍増計画
「いきなり!ステーキ」の勢いが止まらない。店舗は9月に150店に達したが、創業者の一瀬社長は「2018年は200店増やす」と自信たっぷりに宣言する。強気の拡大戦略の成否は?(2017/10/19)

「高速腕立て伏せによる上昇気流で台風発生」ってどういうことだよ! 日清食品、バカ過ぎる推理漫画「名探偵 呂布」公開
推理要素はほぼゼロ。(2017/10/16)

カーネル・サンダース、WWEのプロレスゲームに参戦 強靭な肉体とキレのある技で相手レスラーをボッコボコに
イッツトゥルー、イッツダムントゥルー!(2017/10/13)

医療機器ニュース:
肩・肘のリハビリを支援する上肢リハビリ装置を発売
安川電機は、上肢運動機能障害がある人を対象にした上肢リハビリ装置「CoCoroe AR2」を発売した。上肢リハビリ訓練を多数回かつ長時間できるため、療法士の負担を軽減できる。(2017/10/12)

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう
鷹の爪団と死霊人形アナベル。われわれは恐ろしいものをくっつけてしまった……。(2017/10/12)

【マンガ】牡蠣は一度岩についたら一生動けない?
安住の地。(2017/10/11)

医療機器ニュース:
体幹・下肢機能の維持向上をサポートする新製品を発売
CYBERDYNEは、体幹・下肢機能の維持向上を目的とした新製品「HAL腰タイプ 自立支援用」を発売した。運動時に脳から筋肉へ送られる信号を読み取り、思い通りの動作をサポートする。(2017/10/11)

己の肉体こそ刀! なかやまきんに君、新キャラ「きんにく侍」がアメリカでバカウケしそう
再ブレイクの予感?(2017/10/10)

フレディ・マーキュリーをガイコツ状態から作る女性フィギュア職人現る グロいけどものすごくリアル
ホントの「骨組み」から作る、フィギュアメイキング映像です。(2017/10/9)

極上の腹筋! 中村アン、修正いらずな肉体美にファン驚き「アスリートボディ!」
格ゲーに出てくる女性キャラ感ある。(2017/10/8)

週刊「調査のチカラ」:
「筋肉の衰えを感じる」 40〜69歳の8割超
「体育の日」「冷凍めんの日」「魚の日」他。記念日がいっぱい。調査データもいっぱい。「調査のチカラ」を引き続きよろしくお願いします(週刊「調査のチカラ」の連載は今回が最終回です)。(2017/10/8)

タニタ、ジョジョとコラボした奇妙な体組成計の予約受付を再開ッッ
君がッ 表示を変えるまで測るのをやめないッ!(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
“かむ”を見直して肥満予防、シャープの「バイトスキャン」 小顔効果も
イヤフォンのように耳にかけるだけで食事中のかむ回数や速度を計測できる「bitescan」(バイトスキャン)が登場。シャープブースで体験できる。(2017/10/3)

「LINEデリマ」との競合にも自信:
上陸から1年 社長が語る「UberEATS」好調の舞台裏
フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」が日本でのサービス開始から1周年を迎えた。1周年を記念した記者会見に、Uber Japanの高橋正巳社長が登壇。好調の要因と他社サービスとの違いについて語った。(2017/10/2)

Instagramなのに……「手書きツイート」増殖中
Instagramで最近「手書きツイート」が流行している。文字やイラストを書いたメモ用紙などを撮影して投稿するものだ。(2017/10/2)

男の子が腹筋したら割れたお腹がしゃべり始めた 絵本「ぼくのふっきん物語」のオチがムキムキ切れまくり
少年漫画感が好き過ぎた。(2017/10/1)

温泉から眺める凍った滝 冬だけの絶景が体験できる露天風呂が青森・奥入瀬のホテルに誕生
日本初です。(2017/9/30)

IoT社会を悪夢としないために:
強力なセキュリティをハードウェアで実現
IoT(モノのインターネット)システムにおいて、セキュリティ技術が重要性を増している。インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、産業向けIoTでハードウェアによる高度なセキュリティソリューションを提案する。(2017/9/27)

「1デート当たりの課金コストを最小化」 マッチングアプリで結婚した男性に聞く“コツ”
マッチングアプリ「ペアーズ」で入籍まで至った“結婚成立カップル”の新郎に、マッチングの精度を上げるコツなどを聞いてみた。(2017/9/27)

トラックボールユーザーの福音となるか? ロジクール「MX ERGO」を試す
7年ぶりの新製品、「MX」の名を冠したトラックボールの実力は?(2017/9/26)

特技は穴掘り「ミミズ型ロボット」 都市や月面で活躍へ
ミミズ型ロボットは牽引力が強く、内部にカメラなどを挿入できる利点もあり、医療や宇宙など多くの分野で実用化が近づいている。(2017/9/25)

3Dプリンタで作る柔らかい人工筋肉、人間そっくりロボットに一歩前進
米コロンビア大学の研究者が、3Dプリンタで生成した柔らかい人工筋肉を発表した。外部駆動装置が不要なので、人間のように自然に動くロボットの構築に一歩近づいたとしている。(2017/9/22)

インフィニオン CoolMOS P7:
SJ構造のパワーMOSFETにSOT-223パッケージを追加
インフィニオンテクノロジーズは、スーパージャンクション(SJ)構造を採用したパワーMOSFET「CoolMOS P7」シリーズに、SOT-223パッケージを追加した。基板上のDPAKの設置形状と互換性があるため、DPAKをそのまま置き換えることができる。(2017/9/21)

沖電気工業 SmartHop SR無線モジュール:
10年を超える電池駆動を実現する920MHz帯無線モジュール
沖電気工業が920MHz帯無線モジュール「SmartHop SR無線モジュール」の機能を強化、省電力性能を強化することで「10年を超える電池駆動に対応」(同社)した。(2017/9/21)

製造マネジメント インタビュー:
PCだけでなく「アイデア具現化企業」になるVAIO、フェーズは“筋トレ”に
2014年7月にソニーから独立したPCメーカーの「VAIO」。4期目を迎える同社は「フェーズチェンジ」を掲げて、新たに3本目の柱として「ソリューション事業」を打ち出している。2017年6月に新たに就任したVAIO 代表取締役社長 吉田秀俊氏に話を聞いた。(2017/9/19)

急増するSNS広告のトラブル 「お試しのつもりが定期購入」の罠とは?
男性のトラブルも増加傾向。(2017/9/23)

iPhone X上部の「切り欠き」が本当に残念かどうか検証してみた
iPhone Xで一部に不評の、ディスプレイ上部の「切り欠き」だが、実際にはどうなのか、さまざまなアプリでチェックしてみた。(2017/9/13)

矢野経済研究所 マイクロLED市場調査:
ソニーの採用で立ち上がるマイクロLED市場、2025年には45億ドル規模に
100μm以下と非常に小さいマイクロLED。ソニーがマイクロLEDを用いたディスプレイを販売開始したことで市場は立ち上がりつつあり、2025年には45億ドルの市場規模にまで成長する見込み。矢野経済研究所調べ。(2017/9/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。