ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筋肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筋肉」に関する情報が集まったページです。

実写化かな? 才木玲佳、アニメ「ウチのメイドがウザすぎる!」のMVで筋肉までなりきる怪演っぷり
この筋肉メイド絶対強いぞ。(2018/10/19)

ロボット開発ニュース:
油圧ならトン単位の力も出せる、ブリヂストンのゴム人工筋肉
ブリヂストンは、「Japan Robot Week 2018」において、アシストスーツや歩行トレーニング装置などに最適な空気圧式ゴム人工筋肉を展示した。(2018/10/18)

水に浮かぶのは「体脂肪率何%」まで?
太りたくないけど沈みたくないワガママを叶えて。(2018/10/17)

「カッコ良すぎ」「もはや、芸術」 デビュー26周年の大黒摩季、ほぼ無修正な“音楽筋”が話題に
アラフィフの星。(2018/10/15)

「オチ最高です」「予想外すぎて笑った」 中島美嘉、全く寝ていない“寝顔ショット”がファン仰天の発想力
これはだまされる。(2018/10/14)

「こんな細い体で……」 仲里依紗、アスリート顔負けの“ウエイトトレーニング”にファン驚き
身体のラインがキレイすぎる。(2018/10/12)

劇場版「フリクリ プログレ」 誰の目にもおよそ不可能なBET
「オルタナ」に続いて公開された「プログレ」。(2018/10/6)

どうしてそうなった!? 人気児童書『ざんねんないきもの事典』のツッコミたくなる生き物たちがガチャに
いとおしくなる残念さ。(2018/9/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
重要なのは声のコーディネート――エグゼクティブにふさわしい魅力的な声を手に入れる
自分の声がどのような声なのか、自分自身では分かりにくい。そこで魅力的な声を出すためには、他の人からのフィードバックが不可欠である。エグゼクティブのための、声のコーディネートを学ぶ。(2018/9/26)

「コマンドー」テレ朝版吹替、世界初のスクリーン上映が決定 2部は応援上映というマッチョマンすぎる内容
「第三次世界大戦だ!」と言いたくなるモリモリマッチョな企画。(2018/9/25)

PALTEK/イノフィス:
装着型作業支援ロボット「マッスルスーツ」の廉価・軽量な新モデル「Edge」
PALTEKは、東京理科大学発ベンチャーのイノフィスが開発した装着型作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ」シリーズの廉価・軽量モデル「マッスルスーツ Edge」の販売を2018年9月から開始すると発表した。(2018/9/20)

間もなく配信! 「iOS 12」の新機能をまとめてチェック
iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12」が、日本時間で9月18日(恐らく未明)に配信される。iOS 12では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。(2018/9/17)

「こんな家族あこがれる!」 仲里依紗&中尾明慶、動物愛護チャリティーで息子と“おそろいTシャツ”3ショット
2015年に愛猫おかかを引き取った2人。(2018/9/16)

「家事にもいろいろ役立ちます」 杉浦太陽、ムキムキ筋肉が目立つ姿で家族のためにトレーニング
ムッキムキじゃないですか!(2018/9/15)

「めちゃ大人なってるーーー!」 西川貴教、大人になったミゲルくんとの肩組み2ショットで成長ぶりに驚き
あのミゲルくんが……!(2018/9/15)

うちの猫ちゃんにはどんな食事を与えたらいい? 猫種によって異なる健康上のリスク
おうちの猫ちゃんの健康を守りたい。(2018/9/15)

教えて! キラキラお兄さん:
文系エンジニアですが、ハッカーになれますか?
セキュリティ会社起業、ファイル共有ソフト「Winny」の暗号解読成功、政府の「情報保全システムに関する有識者会議」メンバー、「CTFチャレンジジャパン」初代王者――華々しい経歴をほこる“ホワイトハッカー”杉浦隆幸さんは、20代で創業し17年たった会社を去った後、新しい取り組みを始めた――。(2018/9/14)

“理想のカレシ”と恋愛「VRカレシ」配信へ 髪形や筋肉量などカスタマイズ
IVRが、女性向けゲームアプリ「VRカレシ」の詳細を発表した。3Dキャラの容姿、声、性格を自分好みに設定した「カレシ」と恋愛が楽しめるという。(2018/9/13)

アシストスーツ:
空気圧式の“人工筋肉”を搭載したマッスルスーツ3タイプ、鉄筋工など前屈みの作業をサポート
PALTEKは、イノフェスが開発した空気圧式アシストスーツ「マッスルスーツ」シリーズに、導入しやすい低価格化・軽量化を図った「Edge」モデルが新たに加わり、販売を開始した。マッスルスーツは、これまでに3400台以上が導入されており、今後引き合いの多い建設業界にも本格的にPRしていく。(2018/9/13)

物流業などの利用を想定:
2万円台で0.5キロの“安くて軽い”アシストスーツ登場 腰のサポートに特化
ユーピーアールが、2万5000円〜2万8000円と安価なアシストスーツ「サポートジャケットBb+FIT」を発表。腰のサポートに特化した機能を持つ。0.5キロ〜0.6キロと軽量な点も特徴だ。(2018/9/10)

建設・測量生産性向上展:
建機を遠隔操作?ゴム人工筋肉12本を装備したロボット「アクティブロボ SAM」
建設機械レンタル大手のアクティオは、建機に搭載する無線操縦ロボット「アクティブロボ SAM」のレンタルサービスを行っている。(2018/9/10)

元DA PUMPのYUKINARI、5カ月間で18キロ減量! ビフォーアフターに「人ってこんなに変わる」と驚きの声
キレッキレじゃないですか!(2018/9/4)

「スタートラインが上級者」「見てるだけでも筋肉つきそう」 NHK「みんなで筋肉体操」の攻め感が話題に
武田真治さん「なんか色々ヤベエ匂いがするなー」。(2018/8/28)

「目が眩んでしまいそう」 夏菜、“らんま思い出す”チャイナ服でファン悩殺のカンフーポーズ
実写版らんま懐かしい。(2018/8/28)

「従来のロボットでは限界ある」 しなやかに進化した「ソフトロボット」相次ぎ誕生
金属など硬い材料で作られてきたロボットが柔らかく進化している。ゴムのような柔軟な素材を使い、構造や制御の工夫でしなやかに動く「ソフトロボット」が相次いで誕生しており、実社会になじみやすく、介護や災害現場などでの活用が期待されている。(松田麻希)(2018/8/28)

握手のように握る「縦型マウス」、ロジクールから登場 姿勢を正し筋肉を緊張させにくくする効果
感度を上げれば手の移動も最低限で済みます。(2018/8/27)

医療技術ニュース:
気管の長さと太さが決まる仕組みを解明、筋肉と軟骨がサイズを決定
理化学研究所は、気管など管腔臓器の長さと太さが決まる仕組みを明らかにした。臓器形成の基本原理に新たな視点を提供し、管腔臓器の閉塞を来す病態の理解や、再生臓器の成形技術への応用につながることが期待される。(2018/8/23)

「最近、目の下のクマが悩み」そのクマ、何色ですか? 色ごとに違う“クマの原因”をチェック
そんなクマに悩まされるかクマー。(2018/8/22)

経済財政白書2018を読み解く(前編):
Society 5.0がもたらす産業の変革とは何か
内閣府はこのほど平成30年度年次経済財政報告(経済財政白書)を公表した。この経済財政白書の第3章「Society 5.0に向けた行動変化」を2回に分けてまとめた。前編はSociety 5.0により可能となる産業や社会生活について紹介する。(2018/8/22)

「キサマの寿命を10年分いただく!」 “寿命と引き換えにパワーアップする主人公”の漫画が謎の説得力で笑い誘う
そっちかよ……!(2018/8/22)

PR:コスプレって実は簡単!? 初心者が100円ショップで買えるものだけで精いっぱい竜騎士になってみた
安い、早い、質はそこそこ。(2018/8/10)

医療機器ニュース:
タニタが靴を履いたまま測れる体組成計を発売、計測時間も半減
タニタが施設向け体組成計の新製品である「DC-13C」を発表。手で握った電極から電流を流して計測する方式を採用しており、靴や靴下などを脱ぐことなく体組成を計測できる。このため、計測の準備から終了までの「トータル計測時間」が、従来の約1分30秒に対して半分以下の40秒に短縮できるという。(2018/8/8)

タニタ、靴を脱がなくても測れる体組成計発売 トータル計測時間を大幅短縮
公共施設やイベントで使える?(2018/8/7)

「靴を脱がない文化」の海外展開も:
タニタ、「靴を履いたまま測れる体組成計」発売 面倒くささを解消
タニタが、靴を履いたまま体重など12項目を計測できる体組成計を発売。グリップを握って計測する方式を採用した。「靴を脱ぐのが面倒」との不満を解消できるため、海外展開も行うという。(2018/8/7)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アテンザの課題と進化
マツダはアテンザを大幅改良して発売した。現モデルがデビューした2012年以来最大の商品改良であるとマツダは力説する。ところで、なぜマツダは今、大幅改良を行うのだろうか?(2018/7/30)

あのCM制作を自ら指揮:
ハズキルーペの全てを明かします Hazuki Company・松村会長
「小さすぎて見えなあい!!」。世界のケン・ワタナベが怒鳴るCMとともに存在感が大きくなっているのが、メガネ型拡大鏡の「ハズキルーペ」だ。製品の企画・開発からCM制作まで陣頭指揮を執る経営者は、積極的なM&A(企業の合併・買収)で株式市場を騒がせたことでも知られる。(2018/7/27)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)

「熱中症で死亡するのは脳のタンパク質が変質するから」ツイート拡散 本当か医師に聞いた
熱中症予防策についても聞きました。(2018/7/26)

医療機器ニュース:
心臓の鼓動を正確に再現する人工筋肉、手術訓練シミュレーターに
豊田合成とイービーエムは、電気で機能する人工筋肉「e-Rubber」を用いて、心臓の鼓動を正確に再現できる手術訓練シミュレーター「SupeR BEAT」のプロトタイプを共同開発した。2019年秋に販売開始を目指す。(2018/7/19)

金融・流通は約30%がデジタル革新の成果を創出、成功要因は6要素――富士通のグローバル調査
富士通の調査によると、デジタル革新は具体的なビジネス成果を生み出すフェーズに移行しており、金融・流通は約30%が既にデジタル革新の成果を創出していた。デジタル革新の成功要因は「リーダーシップ、人材、エコシステム」など、6つの要素があることが判明した。(2018/7/17)

キングオブ深夜バス「はかた号」に乗ってきた! 所要14時間、日本一長い距離を走る高速バスは「何がいい」のか
所要14時間、走行距離1097キロの高速バスに乗車。運転手さんの車内アナウンスに心響いちゃった。(2018/7/16)

ストイックにも程がある! 藤田ニコル、肉体美を保つトレーニングがアスリートの域
やっぱプロだわ。(2018/7/14)

サービスロボット:
人の苦しみを肩代わりするサービスロボット、原発を廃炉に導き起立障害を解決へ
世界最大級の技術専門家の組織IEEEは2018年6月20日、都内で「サービスロボット技術の現状と未来」と題したプレスセミナーを開催した。(2018/7/13)

日本は「褒め赤字」:
「部下を褒めると育たない」という思い込みは捨てよう
「褒めると育たない」と考える人も多いかもしれないが、本当にそうだろうか。コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんは「日本企業は“褒め赤字”」と指摘する。時代が変わった今、若い人をうまく動かすためにはどんな考え方が必要なのか。(2018/7/9)

「わたしは体重は気にしない」 ローラが体重公表、“見た目重視”の考え方が共感を呼ぶ
筋肉大事。(2018/7/7)

「嘘でしょ!?」「イメージと違った」 キンタロー。筋肉バキバキなビキニ姿にファン驚き
キレキレの動きも納得。(2018/7/6)

「もはや芸人じゃない」「理想の体形です」 平野ノラ、“30代ラストビキニ”がファンの度肝を抜くゲロマブスタイル!
体重もおっぴろげに公表。(2018/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本が歩んだ「鉄道復権の30年」 次なる変革の“武器”とは?
「鉄道の再生・復権は達成した」と宣言したJR東日本。次のビジョンとして、生活サービス事業に注力する「変革2027」を発表した。鉄道需要の縮小を背景に、Suicaを核とした多角的なビジネスを展開していく。(2018/7/6)

女性誌サイトの「卵巣血行促進エクササイズ」記事に根拠を疑問視する声 → 記事非公開に
「生理不順の原因は、骨盤の後傾。後傾すると股関節が卵巣から遠くなるため、周辺の筋肉が動かず卵巣が血行不良に」「血流を促せば、卵巣機能が向上する」などと記載されていた。(2018/7/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。