ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニコニ・コモンズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドラクエIII」、ニコニコで実況プレイ動画の配信可能に スク・エニが公認
「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」のニコニコ動画へのプレイ動画投稿をスクウェア・エニックスが公認した。(2016/4/20)

「ドラゴンクエストIII」がニコニ・コモンズに登録 プレイ動画配信が公認で行えるように
ファミコン版、スーパーファミコン版が対象。(2016/4/20)

「初音ミク」などクリプトンのキャラ、niconico「クリエイター奨励プログラム」の対象に
「初音ミク」などクリプトンのキャラが「niconico」の「クリエイター奨励プログラム」の対象になった。(2015/9/17)

これが“物に宿る心を目覚めさせる能力”か! 「刀剣乱舞」に登場する刀剣男士たちを筆文字で書いてみた動画がカッコイイ
審神者(さにわ)の技をとくと見よ。(2015/1/26)

任天堂、ニコ動“公式2次創作”全面解禁 奨励金対象は「マリオ」「ゼルダ」など250タイトル超
任天堂がユーザーの2次創作を公式に許可する「クリエイター奨励プログラム」の対象タイトルを発表した。過去に投稿した動画もさかのぼって許諾を申請することができる。(2014/12/1)

niconico「クリエイター奨励プログラム」、総支払額8億3000万円超 「これだけで食べていける人も」
ドワンゴが動画や共有素材、ツールの制作者に支払う「クリエイター奨励プログラム」の総支払額が8億3000万円を超えた。現在はプレミアム会員収入の一部を当てているが、原資増額のために動画広告の導入にも踏み切るという。(2014/3/31)

電子書店完全ガイド2013:
「ニコニコ静画(電子書籍)」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第8回目は「ニコニコ静画(電子書籍)」を紹介する。(2014/2/19)

「ドラクエX」のプレイ動画配信、ニコ動で解禁 スク・エニが公認
「ドラクエX」の「ニコ動」「ニコ生」でのプレイ動画配信を、スクウェア・エニックスが公認した。(2013/6/24)

「ドラゴンクエストX」がニコ生配信・動画投稿を公認
堂々と動画配信ができるようになりました。(2013/6/24)

「万感の思い」でニコ動5周年 新バージョンは原点回帰の「(ZERO)」
ニコニコ動画の5周年イベントが開催され、クリエイター奨励プログラムなど次期バージョンの一部が紹介された。小林社長、川上会長ら経営陣も集結。なぜか川上会長をキャラにしたジブリ制作のアニメ上映もあった。(2011/12/13)

ニコニコ動画が「原点回帰」 新バージョン「(ZERO)」来年4月から
「ニコニコ動画」の次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」は来年4月29日公開。「原点回帰のバージョンアップ」を掲げ、動画サイトを中心にサービスを大幅に見直すという。(2011/12/12)

プリンタ、使ってる?:
“痛グッズ”製作からコレクション用ラベルまで――「ラベルマイティ」でプリンタを再活用する
プリンタは持っているけど、年賀状シーズンしか使わない……そんな人も多いはず。しかしそれではもったいない。さ、ラベルマイティさんの出番だ。(2010/9/9)

ニコ生とニコニ・コモンズで音楽制作の楽しさ知るワークショップ
ニコニコ生放送とニコニ・コモンズで音楽制作の楽しさと著作権について学べるワークショップをニワンゴが実施する。(2010/2/22)

トロ・クロ素材でMAD作って 「あなただけのトロステ」も
トロ・クロなど「どこでもいっしょ」キャラの素材500点が「ニコニ・コモンズ」で公開された。オリジナルの「トロステ」を作ることもできる。(2009/6/15)

田代まさし素材で“密室動画”を作って 新「ニコニコ映画祭」
ニコニコ映画祭に、田代まさしさんが「田代砲撃つぞ!」などコメントする動画素材を提供。田代さんも映画祭用の作品を作る。「今回は隠し撮りじゃない」そうだ。(2009/6/3)

IE 8に「ニコニコ動画版」 動画検索など便利に
ニワンゴは、ニコニコ動画関連機能を搭載したWebブラウザ「ニコニコ動画版 Internet Explorer 8」のダウンロード公開を始めた。(2009/3/27)

こげどんぼ*さんのアニメでMAD募集 ニコ動でコンテスト
アニメ「にまにま」の映像素材などを使ってMAD動画を作成し、投稿するコンテストがニコ動で始まった。(2009/2/20)

著作権問題は? 放送禁止用語は? ニコニコ動画とテレビ局が探る連携の道
「テレビでございます、と杓子定規に言っている場合ではない」――tvkはニコ動と連動した番組「ニコバンYME」で、ニコ動との連携の可能性を探っている。(2009/2/2)

ナベアツや村上ショージで2次創作を ニコニ・コモンズに“ネタ動画”
村上ショージさん、世界のナベアツさんなど人気芸人による“ネタ動画”がニコニ・コモンズで公開される。(2008/12/26)

ねとらぼ:
「公式やりすぎ」――初音ミクが歌う「ニコニコメッセの歌」人気
「公式やりすぎ」「歌詞がひどい」――ニコ動で公開された、初音ミクが歌う「ニコニコメッセの歌」が、1日で4万再生を超える人気だ。(2008/12/18)

小寺信良の現象試考:
「一億総クリエイター」という勘違いに至る道のり
ユーザーが生成するコンテンツ、User Generated Content(UGC)の創造が容易になり、「一億総クリエイター」時代が到来したと言われるが、それは本当だろうか。(2008/12/1)

アトムやピノコで自由に2次創作 ニコニ・コモンズで素材公開
手塚治虫作品で自由に2次創作を――手塚プロダクションが「ニコニ・コモンズ」に、「鉄腕アトム」「ブラックジャック」「ジャングル大帝」など手塚作品の素材を登録した。(2008/11/4)

「得体の知れないものになった」――「pixiv」急成長、社名も「ピクシブ」に
「ネットの世界にこんなにイラストがあるのか」と驚いてから半年。イラストSNS「pixiv」が急成長を続けている。運営会社は社名をとうとう「ピクシブ」に変える。(2008/10/27)

ニコ動930万会員に 有料会員減、黒字化策は
ニコニコ動画の会員数が930万人となった。ユーザーが増えて設備投資はかさむが、有料会員数は微減。広告枠の拡大や有料ポイント制度の導入で黒字化を目指す。(2008/10/1)

ニコニコ動画(秋)発表 有料ゲームや「ユーザーニコ割」導入
夏(サマー)の次は秋――ニコニコ動画新版「秋」では、有料のポイント制度「ニコニコポイント」を使ったゲームを導入するほか、自分の動画に「ニコ割」を挿入できる機能などを追加する。(2008/9/30)

ねとらぼ:
応募作もニコニ・コモンズ登録OK ニコ動でPS3「侍道」のCM募集
PS3用ソフト「侍道3」のCM募集企画がニコニコ動画で始まる。応募作品はニコニ・コモンズに登録でき、2次利用してさらに作品を作ることもOK。(2008/9/29)

ニコ動でエイベックス新人のPV募集 映像素材も公開
「ニコニコ動画」で、新人ユニット「GIRL NEXT DOOR」のPVを募集する企画が始まった。ニコニ・コモンズで公開する映像素材を使って作成できる。(2008/9/9)

「ITちゃん」を使ってくれてありがとう
ニコニ・コモンズで公開した「ITちゃん」の画像は、たくさんの人にダウンロード・2次利用していただけた。ありがとうございます。(2008/8/25)

ニコニ・コモンズに「ITちゃん」とか投稿してみた
自分で作った作品を、誰かに使ってもらうための仕組み「ニコニ・コモンズ」ができたので、「ITちゃん」のイラストや「初音ミク」で作った楽曲データを投稿してみた。誰か使ってくれるかな。(2008/8/18)

コンセプトは「公式黙認」――「ニコニ・コモンズ」運用スタート
「ニコニコ動画」などで2次利用できる素材の投稿サイトと利用ルール「ニコニ・コモンズ」の運用が始まった。すでに多くの作品が投稿されており、「こもんちゃん」というキャラクターが人気だ。(2008/8/18)

座談会 UGCの可能性を考える(後編):
“公認MAD”は流行るのか 2次創作のこれから
MADを公認しようという動きが広がりつつあるが、権利者公認MADは本当に面白いのだろうか。2次創作や“日本版フェアユース”の行方は。識者4人が議論する。(2008/7/22)

ひろゆき氏と夏野氏に聞く「お互いのこと、どう思ってる?」&ニコ動の行方
暴走する夏野氏を静かに制するひろゆき氏――2人の会話は息の合った漫才のよう。初対面は「ニコ動」の会議で、すぐに打ち解けたという。2人にお互いの印象と、ニコ動の今後について聞いた。(2008/7/15)

ニコ動「MAD」削除 ひろゆき氏「問題ない」、小林社長「現時点での妥協点」
いわゆる「MAD動画」を「ニコニコ動画」から削除する方針について、ドワンゴの小林宏社長と、同社子会社ニワンゴ取締役の西村博之(ひろゆき)氏がそれぞれコメントした。(2008/7/4)

「ニコニコ動画(夏)」発表 特定ユーザーのみで動画共有する機能など追加
5日に公開される「ニコニコ動画(夏:サマー)」には、動画を特定のユーザーだけで共有できる機能「ニコニコミュニティ」などを追加する。スペイン語版やドイツ語版も公開する。(2008/7/4)

作品利用ルール「ニコニ・コモンズ」、8月中旬から
ニワンゴは、創作活動を支援するための著作物の利用ルールと運用サイト「ニコニ・コモンズ」を8月中旬に公開する。作品の権利を一部開放してもらうことで、創作活動の輪を広げるための環境を整備する。API提供で「pixiv」も対応。(2008/7/4)

「ニコニ・コモンズ」発表へ 「ニコ動(夏)」は7月4日に
「ニコニコ動画」の新版「ニコニコ動画(夏)」(ニコニコどうが サマー)が7月4日に発表される。ニコニコ動画などで利用できる素材活用のポリシー「ニコニ・コモンズ」や、新機能「ニコニコミュニティ」を発表するという。(2008/6/27)

ニコ動、2次創作OKで新作映画を公開
新作映画の本編の一部が、2次創作可能な形で「ニコニコ動画」上で公開される。「エクノクロス〜魔境伝説〜」の本編の一部を自由にダウンロードできるようにし、ユーザーはその映像を使って動画を制作・投稿できる。(2007/11/9)

ひろゆき氏「ユーザーも権利者もニコニコに」 新ニコ動の“企み”
ネットでみんなニコニコ「ニコンドライフ」を提唱する新ニコ動。著作権侵害が問題になることもあるが、エイベックスなどが動画を提供するといった新しい動きも出てきた。ひろゆき氏は「ユーザーも権利者もニコニコできる場にしたい」と話す。(2007/10/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。