ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nokia X」最新記事一覧

低予算でも意外と使える
無料版「Skype」でどこまでできるか徹底検証 「Skype for Business」は必要?
実際の業務にフル機能の「Skype for Business」は必要なのか。無料版の「Skype」でどこまで代替可能なのか。本稿で検証する。(2015/11/15)

ナデラ氏の対応は?
Microsoftを追い詰めるApple−IBM連合の脅威
IBMはAppleと提携することで、業界に特化した統合アプリケーションを「iOS」向けに開発するとみられている。この無視できない事態に、Microsoftは対応を迫られている。(2014/9/17)

Computer Weekly:
Microsoftを追い詰めるApple−IBM連合の脅威
IBMはAppleと提携することで、業界に特化した統合アプリケーションを「iOS」向けに開発するとみられている。この無視できない事態に、Microsoftは対応を迫られている。(2014/9/3)

Microsoft、「Lumia 530」を発表 85ユーロ(約1万円)で発売へ
MicrosoftがNokia Lumiaブランドの廉価端末「Lumia 530」を発表した。新興国市場向けAndroidフォーク端末の開発を終了し、Windows Phone端末の市場投入を加速する構えだ。(2014/7/24)

Microsoft、1万8000人削減へ 主に元Nokiaから
Microsoftが過去最大となる1万8000人の削減を発表した。4月に買収を完了したNokiaの端末部門の約半数の従業員に当たる1万2500人の他、組織全体のフラット化で世界の従業員が対象になる。Androidフォークの「Nokia X」は終了し、Windows Phoneに集中する。(2014/7/18)

Microsoft、Androidベースの「Nokia X2」を99ユーロで発売へ
MicrosoftがAndroidフォークOSを搭載する新興国市場向けスマートフォン「Nokia X2」を発表した。先代同様にBingやSkype、HERE Mapsなどの自社サービスを搭載し、ブラウザはOperaになっている。(2014/6/25)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
Windows Phone、Symbian、BlackBerry――日本から消えたスマホOSから何が見える?
国内のスマートフォン市場は現在、iPhoneとAndroidの2大勢力が市場を支配している。だが以前は、もっとさまざまな種類のスマートフォン OSが市場に流通していた。それらはなぜ日本から消えたのだろうか。(2014/5/7)

Googleのサービスはいらぬ!:
欧州で盛り上がる「Android&独自サービス」事情
全世界で8割近いシェアを確保したAndroid。しかし、Androidだったらすべてが同じとは限らない。いま、採用例が増えつつある「自由なAndroid」事情を紹介する。(2014/4/30)

Microsoft、Nokia端末部門買収完了「Microsoft Mobile Oy」に
Microsoftが昨年9月に発表したNokiaのハードウェア部門の買収が完了し、同部門は子会社Microsoft Mobile Oyとなった。MicrosoftはLumiaシリーズのWindows Phoneだけでなく、AshaやAndroidベースの「Nokia X」も販売する世界第2位の携帯端末メーカーになる。(2014/4/26)

Microsoft、Nokiaの端末部門買収完了が4月にずれ込むと発表
2014年第1四半期中の完了が見込まれていたMicrosoftによるNokia端末部門買収が4月にずれ込む。競合メーカーによる中国当局への申し立てが原因のようだ。(2014/3/24)

Nokia Xは“Android抜き”で考えるべき:
ITmedia Mobile VOICE Version──山根康宏氏が解明する「Nokia Xに隠したMicrosoftの企て」
文字通り「耳より」な情報をお送りする“Voice Version”。世界最大のモバイルイベントで登場したNokia'Xの“意外な”ポイントを山根氏が明らかにする。(2014/3/17)

ビジネスニュース 業界動向:
スマホも低価格化へ、市場の鈍化は避けられず
成長の一途をたどってきたスマートフォン市場も、さすがに落ち着き始めている。フィーチャーフォンにも再び注目が集まるのと同時に、100米ドル未満のスマートフォンが登場するなど、スマートフォンの低価格化が進んでいる。(2014/3/4)

石野純也のMobile Eye(2月17日〜28日):
Samsungとソニーの動き/新興国市場への取り組み/明暗分かれる第3のOS――MWC 2014を振り返る
2月17日から2月28日までの大きなトピックは、やはりMobile World Congress 2014だろう。フラッグシップ機を発表したSamsungとソニーモバイル、Microsoft、Nokia、Qualcommなどが取り組む新興国市場、そして“第3のOS”について、MWCで見えてきた動向をお伝えしたい。(2014/3/3)

Mobile Congress World 2014:
写真で見る「Nokia X」「Nokia X+」「Nokia XL」
Nokiaが発表したAndroidスマートフォンを使っていると「やっぱり小さい画面はいいよねー」と思ってしまうのであった。(2014/2/28)

MWC 2014:
ノキアがAndroid端末を発表、「次の10億人を結び付ける」
ノキアは「Mobile World Congress(MWC 2014)」で、Androidスマートフォンを発表した。価格は122〜150米ドル。同社のStephen Elop氏は、「これまで10億人の人々を結び付けてきたが、新しいAndroid端末で“次の10億人”を結び付けたい」と語っている。(2014/2/25)

Mobile World Congress 2014:
「Nokia X」はAndroidフォークでMicrosoftのアプリ搭載の廉価端末
Android端末とうわさされていた「Nokia X」はAmazonのKindle Fireと同じようなフォークしたAndroidを採用した廉価版端末。BingやOutlook.comなどMicrosoftのアプリがプリインストールされており、独自のアプリストア「Nokia Store」を利用する。(2014/2/24)

Nokia、MWCで「X」発表へ Android端末か?
Nokiaが、バルセロナで開催のMWCで24日に製品発表イベントを開催する。新端末「Nokia X」の発表とみられる。(2014/2/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。