ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Nokia(ノキア)」最新記事一覧

Watson IoTで、生活を豊かにする知見に変換:
パナソニック、ノキア、ワールプール──家電/住宅メーカーが「Watson IoT」で革新しようとしていること
IBMのIoT担当幹部がIFA2016で基調講演を行い、IBMの「Watson」のIoT技術が家電や医療をはじめとする「私たちの生活」に新たなイノベーションの波を起こしつつあることをアピールした。(2016/9/6)

時計のようにかっこよく活動量計を身に着けるならこれ! Withings「Steel HR」
Nokiaの傘下で健康ガジェットの開発を続けているWithingsから、アナログ時計の見た目を維持しつつ、より“スマート”に進化した活動量計搭載スマートウォッチ「Steel HR」が登場しました。新たに心拍計測機能を備えています。(2016/9/6)

ノキアが「IMPACT」を国内で本格展開へ:
“垂直指向のサービス”から抜け出すためのIoT基盤
ノキアが、IoT(モノのインターネット)事業を本格化している。同事業の柱となるのが、今後、日本国内への提供を開始するIoT向けのプラットフォーム「IMPACT(インパクト)」だ。ノキアの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークスは2016年8月25日、事業戦略説明会を開催し、IMPACTについて説明した。(2016/8/31)

電子ブックレット:
世界初の5G試験運用を目指す韓国、五輪が勝機に
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ノキアが紹介する5G(第5世代移動通信)の動向から、2018年の冬季五輪で世界初の5G試験運用を目指す韓国の取り組みを紹介します。(2016/8/7)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(2):
最初の照準は東京五輪、5G開発を加速する日本勢
本連載では、5G(第5世代移動通信)の開発が進んでいる5つの国/地域に焦点を当て、その最前線をノキアの視点でお届けする。第2回となる今回は日本を取り上げる。2020年の東京オリンピックを控え、5Gの商用化に向けた議論が加速してきている。(2016/7/15)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
MSが描くWindows 10 Mobileの新世界戦略、お手本になるのは「日本」?
MSの携帯電話事業に関する動きが相次いだ。元Nokiaのケータイ事業を売却、さらにスマホ事業も縮小した。Windows 10 Mobileの世界戦略にどんな変化が起こるのだろうか。(2016/5/30)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
5G実現にまた一歩、73GHz帯で8K映像を伝送
NTTドコモと、Nokiaの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークス(以下、ノキア)は、現在開催中の「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2016」で、73.5GHz帯を使用して8K映像をリアルタイムで伝送するデモを披露した。(2016/5/25)

ドコモとノキア、8K映像のリアルタイム5G無線伝送に成功
NTTドコモは、ノキアと共同で実施した第5世代移動通信方式(5G)技術検証実験で、8K映像のリアルタイム無線伝送に成功した。(2016/5/24)

NTTドコモとNokia「世界初」:
5Gで8K映像のリアルタイム伝送に成功
NTTドコモとNokia(ノキア)は、8K映像のリアルタイム5G(第5世代移動通信)無線伝送に「世界で初めて成功した」と発表した。(2016/5/24)

Nokia、携帯市場に復帰 鴻海と協力
Nokiaが鴻海と協力し、携帯電話市場に再参入する。(2016/5/19)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(1):
世界初の試験運用を目指す韓国、冬季五輪が勝機に
研究開発が加速し、さまざまな実証実験が進む5G(第5世代移動通信)。目標とされる一部商用化の開始は、2020年――。あと5年もないのである。標準化はようやく開始されたが、それ以外では実際のところ、どこまで進んでいるのだろうか。本連載では、5G開発に取り組むノキアが、韓国、中国、欧州、米国、日本の各エリアにおける“5G開発の最前線”を探っていく。(2016/5/12)

Wi-Fi体重計などのデジタルヘルス機器を手がける仏Withings、Nokia傘下に
今や通信インフラ企業のNokiaが、フランスのデジタルヘルス機器メーカー、Withingsを買収すると発表しました。(2016/4/27)

Wi-Fiを含む複数の通信方式に対応:
新生ノキア発進、5G対応基地局製品をMWCで発表
Nokia(ノキア)は、Mobile World Congress 2016(MWC 2016)で、1つのベースバンドでWi-Fiを含む、複数の通信方式をサポートできる5G(第5世代移動通信)対応ベースステーション「AirScale」などを発表した。(2016/2/23)

電子ブックレット:
ノキア、シェア維持が最優先 4G投資回収の支援も
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、フィンランドの通信機器メーカー大手Nokiaの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークス社長のジェジュン・ウォン氏のインタビューを紹介します。(2016/2/21)

ノキアソリューションズ&ネットワークス 社長 ジェジュン・ウォン氏:
シェア1位の維持が最優先、4G投資回収の支援も
ノキアソリューションズ&ネットワークスがジェジュン・ウォン氏を社長に迎えて約半年が経過した。同氏は、日本市場で最も注力すべきはシェアでトップを維持することだと強調する。さらに、Nokia本社によるAlcatel-Lucent買収も、日本の顧客にメリットをもたらすという。(2016/1/12)

サウナだから恥ずかしくないもん! フィンランドが全裸カップルとノキア携帯とヘッドバンガーの“国家公認絵文字”を発表
その国独自の文化が見えてきて楽しいぞ。(2015/11/6)

フィンランド、世界初の“お国柄絵文字”を発表 Nokia端末やサウナも
フィンランド政府が、世界初のお国柄絵文字のステッカーセットを発表した。12月1日からオンラインで公開するクリスマスカレンダーで毎日1つずつ公開していく計画。(2015/11/6)

Nokiaが発表:
プログラム可能な5G向けアーキテクチャ
5G(第5世代移動通信)向けの技術開発に力を入れるNokia Solutions and Networksは、次世代ネットワーク向けにプログラム可能なアーキテクチャを発表した。ほとんどの機能が自動的にソフトウェア定義され、ほぼ全てのネットワークに、必要とされるコンテンツと処理能力が割り当てられるという。(2015/9/11)

「NIWeek 2015」 相互運用性の実証で:
スモールセル向けORIは“使える規格”――富士通
スモールセルを構成する基地局とリモートラジオヘッド(RRH)間の通信には、Open Radio Equipment Interface(ORI)という比較的新しい規格が存在する。そのORIが“実際に使える規格”であることを証明したのが富士通だ。National Instruments(NI)のイベント「NIWeek 2015」にて、富士通の取り組みを聞いた。その他、同イベントで行われたNokia Networksのミリ波通信と、Samsung ElectronicsによるFD-MIMOのデモも紹介する。(2015/8/11)

自動運転技術:
アウディとBMWとダイムラーが3社連合でHEREを買収した理由
アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ自動車メーカー3社連合が、ノキアの100%子会社で地図情報サービス大手のHEREを買収した。HEREを詳しく取材してきた桃田健史氏がその理由をひも解く。そして今回のHERE買収は、今後数年間で起こるであろう、自動車産業の構造大転換のプロローグにすぎないという。(2015/8/7)

Nokia、地図事業HEREをAudi、BMW、Daimlerに約3800億円で売却
Nokiaがデジタル地図サービス事業のHEREをAUDI、BMW、Daimlerの3社連合に総額28億ユーロで売却することで合意したと発表した。(2015/8/3)

Nokia、VRコンテンツ撮影プロ用カメラ「OZO」発表
NokiaがVR市場に参入する。製品第一弾として、プロ用3D動画撮影カメラ「OZO」を発表した。第4四半期中に発売する計画だ。(2015/7/29)

独自動車大手連合、Nokiaの地図サービス買収へ トヨタにも誘い──米報道
独自動車大手のAudi、Daimler、BMWがNokiaの地図サービス「HERE」を買収することで合意したという。(2015/7/22)

Nokia、VR(仮想現実)市場参入か 来週「NOWHERE」イベント開催
Nokiaが来週開催するプレスイベントで発表するのはVR(仮想現実)製品であると、re/codeがNokiaの計画に詳しい筋の情報として報じた(2015/7/22)

Microsoft、PC不調やNokia関連コスト圧迫で減収、赤字転落
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高はPCの不調でWindowsが伸びず、また、Nokia関連のリストラコストが圧迫したことで赤字に転落した。リストラコストなどを除いた非GAAPベースでも減益だった。SurfaceやAzure、Office 365は好調だった。(2015/7/22)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
Nokia切り捨ては「Windows 10 Mobile」にとって有利に働くか
Windowsスマートフォンのハードウェア事業部門を対象に7800人の人員削減を実施すると発表した米Microsoft。その真意とは? 最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/7/17)

7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を発表
Nokia買収は何だったのか? Microsoftの「Windows 10 Mobile」新戦略でざわめき
米MicrosoftはNokiaの買収に関連して7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を計上する。CEOのサトヤ・ナデラ氏は、同社のデバイス事業について新たな道筋を示している。(2015/7/10)

Microsoft、7800人を削減 スマートフォン事業を改革
Microsoftが7800人の人員削減と、Nokiaハードウェア事業買収に関連する約76億ドルの評価損計上を発表した。人員削減は主にスマートフォン事業で実施するが、オリジナル端末製造から撤退する意向はないようだ。(2015/7/9)

Microsoft、OSとハードウェア部門を「Windows and Devices Group」に統合 エロップ氏は退社
Microsoftは、“サービスとしてのWindows”を推進する目的で、これまで2つに分かれていたWindows部門とハードウェア部門を「Windows and Devices Group」にまとめる。同グループはテリー・マイヤーソン氏が統括し、Nokia買収でMicrosoftに返り咲いたスティーブン・エロップ氏は退社する。(2015/6/18)

ビジネスニュース 業界動向:
セキュリティはネットワークが保護する時代を迎えるか
Nokiaはネットワークベースのセキュリティソリューション「Mobile Guard」を開発した。従来なら、ダウンロードして利用するのが一般的だったマルウェア対策ソフト。「Mobile Guard」はネットワークに焦点をあてることで、OSやデバイスに関係なく利用することを可能にした。(2015/6/12)

Microsoft、20ドル(約2500円)の「Nokia 105」発売
Microsoftが新興国市場向けの「Series」OS搭載フィーチャーフォン「Nokia 105」の新モデルを発売した。価格は20ドル(約2500円)でサポートするのは2G回線のみだ。(2015/6/4)

UberがNokiaの地図サービス「HERE」買収に名乗り 独自動車メーカー連合と競合
ハイヤー配車のUberが、Nokiaが売りに出している地図サービス「HERE」の買収に名乗りを上げたという。(2015/5/8)

Nokia、一般向け携帯端末市場再参入のうわさに異例の正式否定
Nokiaが、Microsoftに携帯端末事業を売却した同社が再度市場に参入しようとしているという先週の報道を否定する声明文を発表した。(2015/4/27)

Microsoft、クラウドとSurfaceが好調で6%増収 Lumiaは860万台販売
Microsoftの1〜3月期決算は、AzureやOffice 365などのクラウドが好調で6%の増収だったが、前期同様Nokia統合などのコストが圧迫し、純利益は12%減だった。(2015/4/24)

Nokia、競合Alcatel-Lucentを約2兆円で買収
Microsoftに端末部門を売却後、ネットワークインフラサービス、地図事業、技術開発とライセンスの3本柱に注力してきたNokiaが、ベル研究所を持つAlcatel-Lucentの買収とHEREの売却で2本柱に集中する。(2015/4/15)

ノキア製のSoftBank 3G携帯電話が電波利用の制度改正で一部利用不可に――12月1日から
電波利用に関する制度改正に伴い、ノキア製のSoftBank 3G携帯電話の一部が12月1日から通話・通信不可となる。(2015/3/3)

エリクソン VS ノキア:
創業139年、エリクソンはなぜモバイル業界で生き残れるのか
サイバーショット携帯やウォークマン携帯を作っていたソニー・エリクソン。その親会社であるスウェーデンのEricssonは今、大きな成功を収めている。変化の激しいモバイル通信業界を同社はいかに生き抜いてきたのか。隣国フィンランドのNokiaと比較しながら考察していく。(2015/2/23)

Microsoft、Surface好調もリストラコストやWindows不調の影響で増収減益
Microsoftの2014年10〜12月期の決算は売上高は8%増の264億7000万ドル、純利益はリストラやNokia部門の統合などのコストの影響で11%減の58億6300万ドルだった。Surfaceの売上高が11億ドルと好調だった。(2015/1/27)

Nokia、初のAndroidタブレット「N1」を249ドルで発売へ
ハードウェア部門をMicrosoftに売却したNokiaが、独自ランチャー搭載のAndroidタブレット「N1」を来年初頭に発売する。(2014/11/19)

2020年の商用化を目指して:
「ようやく5Gの要件が整った」――ノキアが展望を語る
ノキアソリューションズ&ネットワークスは「eXperience Day 2014」で、5G(第5世代)移動体通信技術などについて展望を語った。5Gは2020年の商用化に向けて研究開発が進められているものの、実際には“中身”は、ほぼないに等しい。それでも5Gの規格策定に必要な要件は「ようやく整ったところ」だとノキアは説明する。(2014/10/29)

Microsoft、「Nokia Lumia」→「Microsoft Lumia」を正式発表
これまでLumiaシリーズの正面と背面に表示されていた「Nokia」のロゴが「Microsoft」に変わる。「Nokia 130」のような廉価モデルについては今後もNokiaブランドを残す。(2014/10/25)

Microsoft、予想を上回る増収減益 Surfaceの売上高は9億ドル超
Microsoftの7〜9月期決算は、純利益はNokiaハードウェア部門買収・統合関連コストがかさんで減益だったが、売上高はクラウドサービスやSurfaceが好調で25%増加した。(2014/10/24)

「Nokia Lumia」→「Microsoft Lumia」へ
MicrosoftがNokiaの端末部門買収完了後もLumiaシリーズ端末に冠していた「Nokia」ブランドが近く消えるようだ。Nokia FranceのFacebookページが名称変更を予告した。(2014/10/22)

“Nokiaの後”の時代を作る――同世代で切磋琢磨、世界を狙うフィンランドのスタートアップ事情
スマホゲームの分野を中心に、勢いづくフィンランドのスタートアップ業界。政府や先輩起業家によるアシストだけでなく、大学を拠点とする起業支援団体が精力的に活動しているのも成功の大きな要因だ。(2014/8/15)

Microsoft、「Lumia 530」を発表 85ユーロ(約1万円)で発売へ
MicrosoftがNokia Lumiaブランドの廉価端末「Lumia 530」を発表した。新興国市場向けAndroidフォーク端末の開発を終了し、Windows Phone端末の市場投入を加速する構えだ。(2014/7/24)

低価格帯のスマートフォンで市場シェアの引き上げを狙う
元Nokia社員の顔が曇ったMicrosoftの新モバイル戦略
米Microsoftが先日、最大1万8000人に及ぶ人員削減を発表した。そのうち約1万2500人は、元Nokiaのデバイス&サービス部門が対象となる。同社は現在、大規模な戦略転換を進めている。同社の今後の動向が気になるところだ。(2014/7/24)

Microsoftは増収減益 企業向けクラウドの売上高が147%増
Microsoftの4〜6月期決算は、Microsoft AzureやOffice 365などの企業向けクラウドが好調で、売上高は18%増の234億ドルだったが、Nokiaのハードウェア部門買収の影響で純利益は7%減の46億ドルだった。(2014/7/23)

Microsoft、1万8000人削減へ 主に元Nokiaから
Microsoftが過去最大となる1万8000人の削減を発表した。4月に買収を完了したNokiaの端末部門の約半数の従業員に当たる1万2500人の他、組織全体のフラット化で世界の従業員が対象になる。Androidフォークの「Nokia X」は終了し、Windows Phoneに集中する。(2014/7/18)

Microsoft、Androidベースの「Nokia X2」を99ユーロで発売へ
MicrosoftがAndroidフォークOSを搭載する新興国市場向けスマートフォン「Nokia X2」を発表した。先代同様にBingやSkype、HERE Mapsなどの自社サービスを搭載し、ブラウザはOperaになっている。(2014/6/25)

Nokia、暗号鍵を盗まれ恐喝の被害に――フィンランド報道
Symbian OS用アプリケーションのデジタル署名に使われていた暗号鍵を何者かが入手してNokiaを脅迫し、多額の現金を脅し取ったという。(2014/6/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。