ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle Database」最新記事一覧

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

関連キーワード

データベース運用管理をクラウド化する方法
CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ
DBを整理し、運用管理が容易な統合DB基盤を作りたい企業に適したRDBMSが「Oracle Database 12c」だ。同システムを用いたプライベートクラウド構築のポイントを紹介する。(2017/10/18)

最大の関門も、この組み合わせで突破
もうデータベースアップグレードは怖くない 簡単、省コストにテストする方法とは
「12c R2」の登場で、Oracle Database環境のアップグレードを検討する企業は多いだろう。その際の大きな課題は、DBのテストだ。効率的で省コストに行う方法を解説する。(2017/10/18)

乗り換えか、アップブレードか、第3の道か
Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。(2017/9/26)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(6):
データベースの暗号化、まず「何を、どのように」実施すべきか
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は「データベースの暗号化で、まず実施すべきこと」を解説します。(2017/9/15)

Oracleサポート出張所(3):
【Oracle Database 12c対応】トラブル未然防止/迅速解決のための「アラートログ監視の5大キーワード」
本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればいいのか。データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介していきます。今回は「アラートログで監視しておくべき5大キーワード」を解説します。(2017/9/21)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(5):
データベース暗号化が必要な「理由」と「3大方式」を理解する
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、「なぜ、データベースを暗号化しなければならないのか」について解説します。(2017/8/31)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(3):
SPA実行準備編──本番環境で流れるSQLを丸ごと取り出して「STS」を作成する
とにかく大変なデータベースバージョンアップ時の「SQLテスト」。本連載では、この課題を解決するOracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer(SPA)」の攻略方法を紹介していきます。今回はSPAの準備段階で重要なステップとなる「SQLチューニング・セットを作成してテスト環境へ持っていく」までの手順を解説します。(2017/8/29)

データベースサポート最前線の現場から(14):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 スレッド数制限、“Oracle RAC環境”ではどのように制御されるのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。Oracleの新ライセンス形態「Standard Edition 2」の機能制限がどのように行われるのか、今回は「Oracle RAC環境の場合のCPUスレッド数制限」を検証します。(2017/8/4)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(4):
データベースセキュリティに求められる「3つの軸」とコストの最小化
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、「データベースのセキュリティ対策で考えるべき3つの軸とコストバランスの考え方」を解説します。(2017/8/8)

データベースサポート最前線の現場から(13):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 CPUスレッド数制限、“同一サーバ内に複数のDBがある場合”はどう動くのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。Oracle Database 12c(12.1)で採用されたライセンス形態「Standard Edition 2(以下、SE2)」の機能制限がどのように行われるのか、今回は「同一サーバ内に複数のデータベースがある場合」を検証します。(2017/8/2)

データベースサポート最前線の現場から(12):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 CPUスレッド数制限はどんな仕組みで制御されるのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、Oracle Database 12c(12.1)で採用されたライセンス形態「Standard Edition 2(以下、SE2)」の機能制限がどのように行われるのかを検証します。(2017/7/26)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(3):
「講じなければならない」ならば話は別 データベースセキュリティが「各種ガイドライン」に記載され始めている事実
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、「今、各種ガイドラインが示すコンプライアンス要件としてデータベースのセキュリティがどのように記載されているのか」を解説します。(2017/7/20)

OLTPとデータ分析の共存が可能に:
PR:既存データベースをコスト&リスクを抑えてインメモリ化──企業がOracle Database In-Memoryを使うメリット
既存のデータベース環境を最小限のコストとリスクで大幅に高速化し、データのリアルタイム活用を実現する「Oracle Database In-Memory」。同製品ならではのメリットや活用事例について、米オラクルでプロダクトマネジャーを務めるマリア・コルガン氏に聞いた。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c](2017/7/19)

Oracleサポート出張所(2):
【Oracle Database 12c対応】アラートログファイルの出力内容を正しく理解する
本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればいいのか。データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介していきます。今回は「データベース起動時に出力されるアラートログの中身」を解説します。(2017/7/13)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(2):
3分動画で分かる「SQL Performance Analyzer(SPA)」の使い方
とにかく大変なデータベースバージョンアップ時の「SQLテスト」。本連載では、この課題を解決するOracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer」の攻略方法を紹介していきます。今回は「SQL Performance Analyzerの使い方」を動画とともにスッキリと解説します。(2017/7/5)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(2):
なぜ、データベースセキュリティが必要か──企業の対策率「たった20%」の現状
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、あらためて「なぜ、データベースセキュリティが必要なのか」を説明します。(2017/6/29)

プライベート/パブリックの柔軟な使い分けがメリットを広げる:
PR:データベース統合は“ハイブリッド”で! 12c R2のテクノロジーを活用したDBaaSが大きなメリットを実現
Oracle Database 12c R2が登場したことで、多くの企業がマルチテナント機能を用いたデータベース統合の検討を進めている。データベース統合のスペシャリストとして数多くのプロジェクトを手掛け、現在は米オラクルでクラウドエバンジェリストを務めるトロイ・アンソニー氏がデータベース統合のベストプラクティスを語った。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c](2017/6/21)

DBA必読! 開発/運用管理がもっと楽になる:
PR:12c R2の「現場で役立つ」新機能は? コーソルのエキスパートのお勧めはコレ!
先頃、オンプレミス向けの提供が開始された「Oracle Database 12c R2」。待望の新版では多くの機能強化が図られているが、現場のベテランエンジニアはどこに注目しているのだろうか? コーソルの新人エンジニアが同社のエキスパートに聞いた。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2017/6/1)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(1):
なぜ、今「データベースセキュリティ」なのか──安全なデータベースに必要な「5つ」の基本
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。初回は、「データベースセキュリティの基本的な考え方」を解説します。(2017/5/31)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(1):
データベースのバージョンアップはなぜ「大変」なのか──「SQLテスト」の3大課題とは
データベースのバージョンアップに立ちふさがる「SQLテスト」の課題。この工数がかかる工程を自動化し、手間やコストの大きな軽減も期待できる方法があります。本連載では、Oracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer」の攻略方法を紹介していきます。(2017/6/1)

アズワンがOracleのクラウドDB導入、4300社へ在庫データをリアルタイム共有
理化学機器の総合商社であるアズワンが、「Oracle Database Exadata Express Cloud Service」を導入し、4300社の販売店に在庫データをリアルタイムで公開する体制を整えた。拡大する販売店ネットワークとの連携を容易にし、事業成長とコスト削減を狙う。(2017/5/15)

2100本超のSQL全量テストの工数を約7割削減:
PR:これが“RAT in Cloud”の威力! 外為どっとコムがデータベースアップグレードの期間とコストを大幅圧縮
「Oracle Databaseのアップグレードに際して、2100本超のSQLの検証に掛かる期間とコストをいかにして圧縮するか?」──。外為どっとコムがこの課題の解決策として採用したのが、Oracle Real Application TestingとOracle Database Cloud Serviceを組み合わせた“RAT in Cloud”によるテストソリューションであった。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/5/10)

データベースサポート最前線の現場から(11):
【Oracle Database】Oracle RAC環境の正常起動を確認する「crsctl status resource -t」の使いこなしTips
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、クラスタウェア「Oracle RAC」の動作状態を確認する「crsctl status resource -t」の使いこなしTipsを紹介します。(2017/5/2)

Docker Storeで展開 WebLogic Server、Coherenceなども対象:
オラクル、Oracle Database、MySQL、Java SEなどを「Dockerコンテナ」として提供
オラクルがDockerと提携。Docker Storeで自社の主力データベース、ミドルウェア、開発者ツールをDockerコンテナとして提供を開始した。(2017/4/21)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(5):
OracleからMySQLへ 「SQL」と「DDL」の移行評価を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けた「SQL」と「DDL」の移行評価ポイントを解説します。(2017/4/18)

「まずはOracle Cloudでお試し」も可能:
PR:「Oracle Advanced Analytics」で今すぐ「機械学習」を始める! 既存データベースをそのまま使えて“便利”で“高速”、そして“簡単”
「Oracle Databaseで管理しているデータを高度なデータ分析に活用できれば、もっとビジネスの助けになる知見が得られそうなんだけど……」──そんな企業に試していただきたいのが、「機械学習」による高度なデータ分析を可能にするオプション「Oracle Advanced Analytics」だ。既存のデータベースをそのままハイレベルなデータ活用に生かせる手軽さが大きな利点である。[ビッグデータ][Big Data](2017/4/17)

Oracleサポート出張所(1):
Oracleトラブル解決の基礎 「ログ」を理解して「初動対応」を早くする
本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればいいのか。データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介していきます。第1回目は「トラブル調査に最低限必要となる、ログファイルの出力先と概要」を解説します。(2017/4/7)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(4):
OracleからMySQLへ オブジェクトとデータ型の「移行コスト評価」を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けたステップである「オブジェクト/データ型の移行コスト評価」を行います。(2017/3/31)

高性能を無駄遣いしない各種ルールの徹底も鍵に:
PR:「Oracle Exadata+マルチテナント」でデータベース集約/運用の効率がさらに向上 パナソニックISが基幹データベース統合で証明
「Oracle Exadata」による全社データベース基盤の統合を進めるパナソニック インフォメーションシステムズは、Oracle Database 12cのマルチテナント機能を活用することで、データベース集約や運用管理の効率をさらに高めることに成功した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/21)

パブリッククラウド向けに続き:
オラクル、「Oracle Database 12c R2」のOracle Cloud at Customer/オンプレミス向け提供を開始
データベース管理システムの最新版「Oracle Database 12c Release 2」で全ての提供形態が整った。先行提供していたパブリッククラウド向けに続き、新たにOracle Cloud at Customer向けとオンプレミス向け提供を開始した。(2017/3/8)

データベースサポート最前線の現場から(9):
【Oracle Database】パフォーマンスダウンに備えて取得する「4つ」の重要情報
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、Oracle Databaseのパフォーマンスダウンに備える「定常的に取得しておくべき4つの情報」を紹介します。(2017/3/3)

他社DBMSとのデータ連係性を強化:
エンタープライズDB、PostgreSQL互換OSSデータベースの最新版「EDB Postgres Platform 2017」をリリース
エンタープライズDBが企業向けPostgreSQL互換データプラットフォーム「EDB Postgres Platform 2017」をリリース。EDB Postgres Advanced Serverでは、Oracle互換のキューイング機能を備えた他、Oracle DatabaseやSQL Serverとのデータ連携機能が強化された。(2017/2/22)

オラクルの“ハイブリッドクラウド”が向かう先は?:
PR:Oracle Database 12c R2が“クラウドファースト”で登場! インメモリ、マルチテナント機能がさらに強化
“クラウドファースト”の公約通り、Oracle Database 12c R2がOracle Cloudで先行リリースされた。同バージョンの登場により、オラクルのハイブリッドクラウド環境はどのように進化したのか? 製品開発を統括する米オラクルのアンディ・メンデルソン氏が語った。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/20)

確かな技術力とノウハウ、最新ソリューションの活用が成功の鍵:
PR:ミッションクリティカル分野の「DBアップグレード」はどう進めるべき? 富士通北陸システムズとオラクルのキーパーソンが語る勘所
ミッションクリティカル領域におけるオラクル製品の活用に関して豊富な実績と高い技術力を誇る富士通北陸システムズ。ORACLE MASTER Platinumを有する同社のエキスパートらが、Oracle Database製品の開発を主導するキーパーソンと“データベースアップグレード”を巡って議論を交わした。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/15)

12c R2への移行検証を支援、最大127万円割り引き:
アシスト、Oracle Database 12cとクラウドへの早期移行を支援する「12c R2×Oracle Cloudスタートアップキャンペーン」を実施
アシストがOracle Database 12cとOracle Cloudへの移行促進キャンペーンを実施。期間限定で環境構築や基礎機能のレクチャーなどをセットにした移行支援ソリューションを特価で提供する。実施は2017年4月30日まで。(2017/2/13)

データベースサポート最前線の現場から(7):
【Oracle Database】単一レベルパーティションで増分統計収集を行う方法
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は時間とリソースを抑えられる、「Oracle Databaseの単一レベルパーティションで増分統計集計を行う方法」を紹介します。(2017/2/3)

新日鉄住金ソリューションズのエキスパートも太鼓判:
PR:そろそろ12cに移行する? 課題はアップグレード時のDBテスト Oracle RATとOracle DBCSで手間とコストのリスクを最小限に!
Oracle Databaseのアップグレードでは、移行前後でSQLの性能がどう変化するかを検証するテストが大きな関門になる。Oracle RATとOracle DBCSを使えば、このテストにかかる手間とコスト、リスクを最小限に抑え、アップグレードしやすい運用/保守体制を作れる。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/1/30)

データベースサポート最前線の現場から(6):
【Oracle Database 12c】SE1/SEから、新ライセンス「SE2」への移行で注意すべきこと
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は「SE1/SEから、新ライセンス『SE2』への移行で注意すべきこと」を紹介します。(2017/1/25)

Oracle Databaseを稼働させるIaaSの選択肢を拡充:
オラクル、Oracle Database Cloud ServiceのベアメタルオプションとIaaSの新サービスを追加
オラクルが「Oracle Cloud Platform」の機能拡張を発表。Oracle Database Cloud ServiceのベアメタルオプションとIaaSプラットフォームにおける新サービスを追加する。(2017/1/19)

Oracleの四半期セキュリティパッチ公開、計270件の脆弱性に対処
Oracle DatabaseやFusion Middleware、Javaなど多数製品でセキュリティアップデートをリリースした。(2017/1/18)

データベースサポート最前線の現場から(5):
【Oracle Database 12c】「FlexCluster」と「FlexASM」のインストール手順とトラブルシューティング
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は「Oracle Database 12c向け、FlexCluster/FlexASMのインストール手順とトラブル対策方法」を紹介します。(2017/1/17)

「12c」に向けた最大の関門も、この組み合わせで楽々突破!:
PR:もうデータベースアップグレードは怖くない! 「Oracle RAT+Oracle Cloud」で簡単、省コストにテストする
「12c R2」がリリースされ、自社のOracle Database環境のアップグレードを検討し始めた企業は多いだろう。その際、大きな課題となるのが「データベースのテスト」だ。これをOracle RATとOracle Cloudによって効率的かつ省コストに行う方法を、アシストの長内麻記氏が解説する。[パフォーマンス改善][パブリック・クラウド][パフォーマンス改善][Oracle Enterprise Manager][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/1/12)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(3):
OracleからMySQLへの「オブジェクト移行」に向けた3つのステップ
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへのオブジェクト移行に向けた3つのステップを解説します。(2017/1/10)

データベースサポート最前線の現場から(4):
【Oracle Database】2016年「ORAエラー」サポート問い合わせ数ランキング
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は「2016年のORAエラー問い合わせ数ランキング」を紹介します。(2016/12/21)

データベースサポート最前線の現場から(3):
【Oracle Database】2017年1月1日実施「うるう秒」の対応は大丈夫ですか?
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は「2017年1月1日うるう秒の対応ポイント」を解説します。(2016/12/9)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(2):
Oracle DatabaseとMySQLは「何」が違うのか 「アーキテクチャの違い」を理解する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は「Oracle DatabaseとMySQLのアーキテクチャの違い」を解説するとともに、正しい設定/移行計画に向けたポイントを紹介します。(2016/12/1)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(1):
「Oracle Databaseをやめる」という選択肢
Oracle Databaseのライセンス体系が変更され、これまでSE1/SEを利用していたユーザーは「実質の値上げを受け入れる」か「Oracle Databaseをやめる」かの選択が迫られています。本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。初回は、本連載を展開する背景を説明します。(2016/11/24)

データベースサポート最前線の現場から(1):
【Oracle Database】忘れていませんか? 「アラートログ調査」に必要な、たった3つのキホン
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は基本編として「アラートログの調査で押さえるべき3つのポイント」を解説します。【Oracle Database 12c対応版】(2016/11/16)

Oracle、DB2、Hadoopなどの動作状況をまとめて可視化:
インサイトテクノロジー、データ分析基盤の統合管理ツール「Attunity Visibility」をリリース
インサイトテクノロジーが、データ基盤の統合監視ツール「Attunity Visibility」をリリース。Oracle Database、DB2、Hadoopなど、各種データベース/データウェアハウス/データ分析基盤のデータ使用量、負荷、アクセス頻度などを統合管理できる。(2016/11/11)

Oracle Database 12c R2もクラウドで提供:
オラクル、Exadataを月額2万1000円から使える「Oracle Exadata Express Cloud Service」を発表
日本オラクルは、Exadataを月額2万1000円から使える「Oracle Exadata Express Cloud Service」を発表。併せて、Oracle Exadata Express Cloud Service上で最新のデータベース管理システム「Oracle Database 12c Release 2」を提供する。(2016/10/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。