ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「由来」最新記事一覧

ダニアレルゲンを残さない! パナソニック「ななめドラム」の“逆転の発想”
パナソニックのドラム式洗濯乾燥機「NA-VX9700L/R」には、新たに「ダニバスターコース」が搭載された。生きているダニに加え、死骸やフンといったダニ由来のアレルゲンも99%以上を除去するという。(2016/9/14)

医療技術ニュース:
マイタケ由来タンパク質がインフルエンザウイルスの増殖を抑制
理化学研究所は、食用キノコのマイタケから、脂質ラフトと呼ばれる動物細胞膜上の脂質構造に結合するタンパク質を発見。その存在下ではインフルエンザウイルスの増殖が抑えられることを明らかにした。(2016/9/9)

肥満による大腸の炎症が糖尿病につながる 慶應大がメカニズム解明 治療薬開発へ
脂肪分が高い物を食べ過ぎると、免疫細胞が大腸に集まり過ぎて炎症に。炎症由来の物質がインスリンを効きにくくし、糖尿病につながるという。(2016/8/17)

“漆器の美しさ”再現した植物由来プラスチック、NECが開発
漆芸家の作品を解析し、漆特有の黒色を表現できるようになった。(2016/8/17)

有名バスケ漫画が由来? SNSで見かける“アノ”若者言葉の意味
(2016/8/15)

電気自動車:
バイオエタノールで600km走行、日産が新型FCVを初公開
燃料電池車といえば水素を充填して走るというの一般的だが、日産自動車が開発を進めているのは燃料に植物由来のバイオエタノールを利用する燃料電池車だ。同社は独自の燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」を搭載した試作車を公開した。実用化に向け、バイオエタノールの普及が進んでいるブラジルで走行性能の検証などを進める計画だ。(2016/8/8)

文字通りじゃないか! ソフトバンクの社名由来が直球すぎた
(2016/7/31)

VR元年! Oculus Rift(オキュラスリフト)の由来は“〇〇の亀裂”
(2016/7/30)

サイボウズの社名由来 “坊主”に込められた意味が深すぎる
(2016/7/29)

ASUS「Zen」は“〇〇の精神”が由来だった!
(2016/7/28)

シンラ・テクノロジー・ジャパンが倒産へ 会社名の由来はFF7の「神羅カンパニー」
2014年設立。(2016/7/27)

お掃除ロボット“ルンバじゃないほう”の名前の由来が明らかに!
(2016/7/27)

乾電池「EVOLTA(エボルタ)」はエボリューション+〇〇が由来?
(2016/7/26)

「オーナーっぽい社名にしたくない」サイバーエージェントの社名由来が深い
(2016/7/23)

mixiの由来は「mix」+〇〇だった!
(2016/7/23)

コロプラの社名は創業者の“アレ”が由来?
(2016/7/22)

GREEは仮説から生まれた? 社名の由来となった“あの心理学者”とは
(2016/7/21)

「みおふぉん」の由来となったイタリア語って何?
(2016/7/20)

味が気になる…… オーストラリアの喫茶店に青いカフェラテが登場、材料は100%自然由来
飲むしかない。(2016/7/14)

飲食店口コミサイト「Retty」の由来は〇〇+Happy?
(2016/7/14)

PCをライバル視していた? CAPCOMの社名の由来が深い
(2016/7/13)

schoolの「l(エル)」を消した、スクーの社名由来が深い
(2016/7/12)

楽天の社名は戦国時代の“アノ政策”が由来だった!
(2016/7/10)

耳たぶじゃなかった! BIGLOBEの社名由来はBIG+〇〇
(2016/7/8)

BOSEの社名の由来となった「あの博士」とは?
(2016/7/7)

SONYの由来はラテン語の〇〇だった!
(2016/7/5)

電気自動車:
植物由来のバイオエタノールで走る燃料電池車、日産が2020年に製品化
日産自動車はバイオエタノールで走行する燃料電池システムを開発し、同システムを搭載した燃料電池車の製品化を進めることを発表した。バイオエタノールから水素を作り出し、固体酸化物形燃料電池(SOFC)による発電で、自動車を走行させる。(2016/6/15)

気象庁研究官が解説する「艦これ気象学」がネットで話題に 「艦これと一緒に、雲や空も愛でてほしい」
ゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」に登場するキャラクターの由来となった気象現象を、気象庁の荒木健太郎研究官が解説するツイート「艦これ気象学」が話題に。(2016/5/2)

Google、社内インキュベーター「Area 120」立ち上げか
Googleが、アイデアを持つ従業員の新企業立ち上げをサポートする社内インキュベーター「Area 120」(20%ルールに由来する名称)を立ち上げ中であると米メディアが報じた。(2016/4/25)

ムリヤリ感たっぷりの、北海道の難読地名 アイヌ語由来の地名に、この漢字をあてるのか!
「おこっぺ」には「興部」の漢字をあてました。(2016/4/12)

電力供給サービス:
2030年に再生可能エネルギー利用割合30%へ、東京都がモデル事業を開始
東京都と東京都環境公社は再生可能エネルギーに由来する電力の利用を促進するためにモデル事業を開始する。東京都環境公社施設に再生可能エネルギー由来のFIT電気を供給し、需給調整などの知見の獲得を目指す。(2016/4/11)

電気自動車:
IoTはもうかるサービスを作り出せるか、離島で電動バイクレンタルがスタート
ソフトバンクグループのPSソリューションズが運営する電動バイクのレンタルサービス「瀬戸内カレン」が香川県小豆郡の豊島(てしま)でスタートした。観光客を対象にホンダの電動バイク「EV-neo」を貸し出す。充電を再生エネルギー由来の電力で賄うとともに、バッテリーの残量や各車両の現在地、帰りの船に間に合うかどうかなどを「IoTで緩く見守る」(ソフトバンクの山口典男氏)のが特徴のサービスだ。(2016/3/29)

自然エネルギー:
鉄道初の試み開始、「太陽光+水素」で安心を得る
エネルギー源としての水素の用途が広がり続けている。2017年春には鉄道初の事業が始まる。再生可能エネルギー由来の水素を駅で利用するという計画だ。太陽光発電システムから電力を得て、余剰分を水素ガスとして蓄える。必要に応じて燃料電池を動かして電力と熱を得る。JR東日本と川崎市が協力し、東芝がシステムを納入する。(2016/3/28)

自然エネルギー:
ココナッツ油にヒマワリ油を混ぜ、炭化水素燃料を取り出す技術を開発
バイオベンチャーのユーグレナは、信州大学との共同研究で植物由来の油から炭化水素燃料を効率的に生成することができる研究結果を確認したことを発表した。(2016/3/25)

医療技術ニュース:
ヒト末梢血由来iPS細胞を神経幹細胞に誘導する手法を開発
順天堂大学はヒト末梢血から作製したiPS細胞を効率的に神経幹細胞に誘導する技術を開発した。さらに、末梢血由来iPS細胞でも皮膚線維芽細胞由来iPS細胞と同様に、パーキンソン病の病態を再現できることを明らかにした。(2016/3/10)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作る バイオガス発電 −Part 3−
生物由来の廃棄物を発酵させて作るバイオガスを利用した発電設備が全国各地で増えてきた。静岡県では食品廃棄物からバイオガスを作って発電に利用するプロジェクトが活発だ。三重県では副生物の液体肥料を農業に利用する。鹿児島県では豚の排せつ物からバイオガスを製造する試みが始まった。(2016/3/2)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作るバイオガス発電 −Part2−
生物由来の廃棄物を発酵させて作るバイオガスを利用した発電設備が全国各地で増えてきた。岩手・茨城・沖縄の3県では下水処理場で発生する汚泥からバイオガスを生成して発電に利用する。秋田県では食品廃棄物を高速に発酵させるシステムを導入してバイオガス発電を実施する計画だ。(2016/2/4)

省エネ機器:
植物由来のバイオ燃料で飛行機が飛ぶ、オスロからアムステルダムまで
KLMオランダ航空は、2016年春にオスロからアムステルダムの間をバイオジェット燃料を採用した航空機で運航することを発表した。(2016/1/27)

法制度・規制:
ニューヨークが再生エネで「電力の50%」、2030年に
米国の再生可能エネルギーでは、カリフォルニア州の動向が注目を集めている。だが、全米第一の都市を抱えるニューヨーク州も負けてはいない。電力の50%を再生可能エネルギー由来とする計画を進める他、地球温暖化ガス削減やゼロエネルギービル普及にも取り組む。(2015/12/9)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作るバイオガス発電
生物由来の廃棄物を発酵させて作るバイオガスを利用した発電設備が全国各地に広がってきた。下水の汚泥をはじめ、生ごみや家畜の糞尿でもバイオガスを作ることができる。北海道では乳牛の糞尿、大阪府では食品の廃棄物を発電に使い始めた。埼玉県では下水の汚泥から電力と水素を作り出す。(2015/11/19)

新Nexus端末の「X」と「P」の意味は?──開発チームがredditのAMAでいろいろ答えた
Googleが9月29日に発表した「Nexus 5X」と「Nexus 6P」について、これらを担当した4人のエンジニアがredditのAMAで質問に答えた。モデル名の由来やUSB規格など、11のQ&Aをピックアップして紹介する。(2015/10/3)

JR神戸線、新駅の名前は「摩耶駅」「東姫路駅」に 来年春開業
摩耶駅の名前は「摩耶山」に由来します。(2015/10/2)

医療技術ニュース:
細胞死を誘導しiPS細胞由来T細胞療法の副作用を制御するシステムを構築
東京大学医科学研究所研究グループは、iPS細胞の技術を使って若返らせたヒトの免疫細胞(T細胞)が、マウスに移植した腫瘍を縮小させることを確認した。(2015/9/17)

マリオの生みの親・宮本茂さんがマリオに関するうわさに動画で回答 「スーパーマリオメーカー」に自作のコースも発表予定
マリオの名前の由来、知ってました?(2015/9/14)

ウリは“平凡さ” 今ジワジワと浸透中の公務員お笑いコンビ“安定志向”とは
コンビ名はそのまんま職業が由来。(2015/8/23)

一度眠ってしまうと生命の危機が! 「オンディーヌの呪い」って?
睡眠中に呼吸が止まり、死の危険にさらされるという病気の別名「オンディーヌの呪い」。この病気の概要と呼称の由来、そして同じく呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」についても合わせてご紹介します。(2015/7/8)

テレビで話題沸騰! 「皿回しエクササイズ」で首肩こりが改善?
今話題の「皿回しエクササイズ」は、ビジネスパーソンにとって悩ましい肩こりや首こりを改善してくれるというヨガ由来のエクササイズ。その効果に迫ります。(2015/7/7)

医療機器ニュース:
残留iPS細胞を選択的に除去する技術を開発、ALA技術を応用
SBIファーマは、リプロセルとの共同研究で、iPS細胞由来の分化細胞を用いた再生医療で問題となる残留iPS細胞を、5-アミノレブリン酸(ALA)を使って選択的に除去する技術を開発した。(2015/6/25)

8.6秒バズーカー、ネットのうわさ「ラッスンゴレライに本当は怖い意味」を否定
コンビ名の由来についても説明。(2015/4/22)

自然エネルギー:
2020年に1550億円まで成長、拡大する国内バイオマス電力市場
市場調査会社の富士経済がバイオマス利活用市場の調査結果を発表した。2012年7月に固定買取価格制度が開始されて以降、バイオマス発電プラントの市場規模は急速に拡大した。バイオマス由来電力の市場は2020年に1550億円にまで成長する見通しだ。(2015/4/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。