ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「貴金属」最新記事一覧

宅配ロッカー「はこぽす」が買い取り窓口に ハグオールが10月にスタート
日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」に、買い取ってほしい品物を預けると査定してくれるサービスを、ハグオールが10月に始める。(2016/9/28)

蓄電・発電機器:
低コストな燃料電池へ前進、レアメタル不要の触媒材料を開発
燃料電池の普及に向けた課題の1つがさらなるコストの低減だ。電極触媒に用いる白金などの高価なレアメタルがコストを高める一因となっており、こうした貴金属を使わないカーボン触媒の研究開発が進んでいる。芝浦工業大学は窒素含有カーボン(NCNP)とカーボンナノファイバー(CNF)からなる炭素複合材料「NCNP-CNFコンポジット材料」の合成に成功。正電極触媒として実用化できれば、燃料電池などの低コスト化に貢献できるという。(2016/8/10)

蓄電・発電機器:
1時間でFCV2台分の水素を生み出す国内最大級の製造装置
東芝は1時間で燃料電池自動車2台分の燃料に当たる水素を製造可能なアルカリ水電解式の水素製造装置を開発した。アルカリ水電解式の水素製造装置としては日本最大級とし、2016年度中の販売開始を予定している。(2016/7/19)

マツダ、車体軽量化の材料開発加速 燃費向上や排出ガス削減を目指す
マツダが自動車の車体軽量化による燃費向上に向け、材料開発に力を入れる。(2016/6/27)

千葉・大多喜町がふるさと納税の返礼「ふるさと感謝券」を突如中止に その理由は?
千葉県大多喜町が、「ふるさと納税」の返礼品から、商品券の「ふるさと感謝券」を5月いっぱいで除外した。そのワケは!?(2016/6/13)

約18億円の寄付集まるも:
千葉・大多喜町がふるさと納税の返礼を突如中止にした理由
千葉県大多喜町が、ふるさと納税の返礼品から、商品券の「ふるさと感謝券」を5月末で除外した。感謝券は、平成27年度に約18億円もの寄付を集める要因になった目玉の返礼品で、観光客誘致や地元経済活性化に期待が高まっていたのだが……。(2016/6/13)

省エネ機器:
現場で作る「過酸化水素」、太陽光発電を生かす
系統に悪影響を与える太陽光発電や風力発電の短周期変動。これを有用薬品の合成に使う研究をドイツFraunhofer IGBが発表した。合成するのは「過酸化水素」。貯蔵や輸送にコストが掛かる過酸化水素を、必要に応じて現場で合成する。電力を無駄なく利用し、薬品の低コスト化に役立つ取り組みだ。(2016/6/7)

FAニュース:
超高精細な金属配線を大面積に印刷できる新技術
産業技術総合研究所フレキシブルエレクトロニクス研究センターは、東京大学、山形大学、田中貴金属工業と共同で「スーパーナップ法」を開発した。銀ナノインクを表面コーティングするだけで、微細な金属配線を大面積に印刷することができる。(2016/5/11)

折り曲げても割れにくいタッチパネルが可能に:
線幅0.8μmを実現する新原理の印刷技術を開発
産業技術総合研究所(産総研)の山田寿一主任研究員らは、東京大学や山形大学、田中貴金属工業と共同で、線幅0.8μmの微細な電子回路を簡便に印刷できる技術を開発した。フレキシブルなタッチパネルセンサーなどへの応用を進めている。(2016/5/2)

ふるさと納税「特典」にコウノトリ命名権 ネットで賛否、即修正 「一生」→「3年」に
兵庫県が「ふるさと納税」の特典にコウノトリに命名権を与えるとし、騒動を巻き起こした。(2016/4/22)

これ装備したら魔法使える? ダークエルフが作ってくれそうな木製リング誕生
この指輪から物語が始まる(多分)。(2016/4/12)

廃液からの金回収を効率よく 筑波大、藻を活用したリサイクル技術開発
王水ベースの金属廃液から、金やパラジウムを吸着する藻を見出し、貴金属のリサイクルに生かそうとする研究成果を筑波大学が発表した。(2016/3/23)

IaaS市場の統合でこれから起きること
クラウドユーザーはベンダーロックインの悪夢をまた見るのか
IaaS市場は統合が続いており、クラウドユーザーは新しい難題と危機に直面するだろう。しかし悪いニュースばかりではない。(2016/3/15)

ガジェットもいっぱい:
ついに映画公開! 2015年「スター・ウォーズ」グッズ総まとめ
「スター・ウォーズ」新作映画公開に合わせて今年のコラボグッズを振り返ってみよう。(2015/12/18)

東京モーターショー2015 フォトギャラリー:
新型「プリウス」採用部品を一挙展示、ゆるキャラが魔法少女とコラボ
「東京モーターショー2015」で、各社が工夫を凝らした技術展示や、サプライヤの部品展示をフォトギャラリー形式で紹介する。新型「プリウス」の採用部品の数々や、ゆるキャラと魔法少女のコラボ展示に注目だ。(2015/11/17)

家電や電子機器から“神薬”と呼ばれる医療品まで アジア人観光客が爆買いする人気の日本製品って?
年々増加する訪日外国人観光客。日本製品を多く購入する「爆買い」が話題になることもしばしばですが、一体どんなものが人気を集めているのでしょうか。日本人から見ると意外なものも……?(2015/9/30)

太陽光:
太陽光による水素製造、宮崎で世界最高効率24.4%を達成
再生可能エネルギーを利用したCO2フリーな水素製造が注目されている。実用化にはエネルギーの変換効率が課題で、世界中で効率向上に向けた研究開発が進んでいる。東京大学と宮崎大学はこのほど実際の太陽光による電力から水素を生成し、太陽光エネルギーの24.4%を水素として貯蔵することに成功したと発表。これは世界最高効率になるという。(2015/9/24)

リアルな立体加工:
パックマンのゲーム画面が純金プレートに 35周年を記念して35万円で35個限定販売
バンダイと田中貴金属ジュエリーは9月10日、「パックマン」のゲーム画面を純金プレートで再現した「純金パックマン」を発表した。価格は35万円(税別)。(2015/9/10)

蓄電・発電機器:
容量はリチウムイオン電池の6倍以上、「リチウム空気電池」の実用化に一歩前進
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構の陳明偉教授らが、一般的なリチウムイオン電池の6倍以上の電気容量を持ち、100回以上繰り返し使用が可能なリチウム空気電池の開発に成功した。(2015/9/3)

これなら買える?:
GINZA TANAKA、「銀製ライトセーバー耳かき」など「スター・ウォーズ」関連アイテムを発表
田中貴金属ジュエリーは8月19日、映画「スター・ウォーズ」関連アイテム4製品を発表した。純金製小判や金屏風に加え、お手頃価格の銀製品も登場。(2015/8/19)

あのキャラに花束を:
「うしおととら」の正ヒロイン、とらはやっぱりかっこよくて、かわいいんだぜ!
1人と1匹じゃない、2人で最強だ!(2015/8/3)

動き出す電力システム改革(37):
電力も価格が変動する商品に、先物取引で15カ月先までリスクヘッジ
小売全面自由化が始まると、電力も一般の商品と同じように需要と供給のバランスで価格が決まる。事業者や需要家が1年後に売り買いする電力の価格をキープするためには、先物取引が有効な手段になる。現在の卸電力取引所に先物市場を新設して、15カ月先までの電力を売買できるようにする。(2015/7/10)

エコカー技術:
クリーンディーゼルへ展開を広げるトヨタの「高熱効率・低燃費エンジン群」
トヨタ自動車が新開発した排気量2.8l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」は、同社が2014年4月から展開を始めた「高熱効率・低燃費エンジン群」の1つである。本稿では、1GD-FTVの開発コンセプトや採用した新技術を解説しよう。(2015/6/24)

燃料電池車:
燃料電池の性能と生産性を10倍に、5カ年研究プロジェクトが始動
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、燃料電池車の本格的な普及に向けた5カ年の研究開発プロジェクトを新たに始める。燃料電池スタックの性能と生産性を現在の10倍にするための技術確立が目標となっている。(2015/6/8)

工場ニュース:
イットリウム系超電導線材用の銅配向金属基板の量産体制を確立
TANAKAホールディングスは、田中貴金属工業がイットリウム系超電導線材用の銅配向金属基板の専用生産ラインを構築し、量産体制を確立したと発表した。(2015/4/27)

電気自動車:
「水素」で走る燃料電池車、普及に向けた国内3社の動き
次世代自動車として燃料電池自動車(FCV)の普及に向けた動きが活発化してきた。FCVに取り組むトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車の動向をまとめた。(2015/4/3)

燃料電池車ビッグ3 講演リポート(2):
水素ステーション開発も手掛けるホンダの「つくる」「つかう」「つながる」
ついに量産販売が始まった燃料電池車。普及の端緒についたとはいえ、課題はまだまだ多い。「第11回 国際 水素・燃料電池展(FC EXPO 2015)」の専門技術セミナーに、燃料電池車を手掛ける国内大手自動車メーカー3社の担当者が登壇。本連載では、その講演内容をリポートする。第2回は本田技術研究所の守谷隆史氏による講演だ。(2015/4/1)

電気自動車:
100万km走る燃料電池車、4年間で技術開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は燃料電池車が大量に普及するために必要な研究開発「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」のための公募を開始した。2019年度末までに燃料電池の性能、耐久性、コストを改善し、より短い時間で製造できる技術開発を進める。(2015/3/24)

ゴールドに光る記念モデルもお披露目:
富士通「伊達モデル」はダテじゃない!――デスクトップPC累計2000万台出荷の工場を見てきた
富士通アイソテック(福島県伊達市)で生産される国産デスクトップPCの累計出荷台数が2000万台を達成。現地で開催された記念式典、生産ライン、リサイクルセンターの様子をリポートする。(2015/2/23)

貴金属の汚れをささっと洗浄:
メガネ屋の前にあるアレを家でも――「卓上型 超音波洗浄機」
上海問屋が、超音波で腕時計やメガネを洗える卓上型洗浄機を発売した。価格は3499円。(2015/2/14)

店内放送CM、イベントスペースなど:
ブックオフ、全国800以上/年間1億人利用者の「BOOKOFF」チェーンを広告媒体に
ブックオフコーポレーションは12月22日、同社が全国800以上に展開するBOOKOFFチェーン網を活用して店内フリースペースに広告枠を設置して企業の広告媒体に利用できる「BOOKOFFインフォメーションメディア」の販売を開始した。この第1弾として、通信教育大手のユーキャンのリーフレットを200店舗の店内に設置する。(2014/12/24)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
極端な変革を嫌う日本の組織風土。組織に手を加えない経営によって、V字回復を実現。
経営の経験・知識は全くなかった。いつ潰れてもおかしくない会社をたった3年で黒字回復させた復活劇の裏には。(2014/12/17)

自然エネルギー:
水から水素を安く大量に製造する手法、3次元構造の炭素シートで
水素をエネルギー源に利用する取り組みが急速に拡大する中で、重要な課題の1つが水素の製造コストを低下させることにある。水を効率よく電気分解できれば、CO2フリーの水素を安く大量に製造することが可能になる。3次元構造の炭素シートを使った水素製造法の研究開発が進んできた。(2014/12/19)

今さら聞けない確定申告:
「ふるさと納税」制度がお得だといわれる理由
所得税額を低くするためには所得控除を積み上げることが重要です。しかし、雑損控除、医療費控除、寄附金控除の3つは年末調整をしたサラリーマンでも確定申告が必要になります。(2014/12/16)

3Dプリンタの可能性を探る(4):
百貨店には売ってない、世界で1つだけのジュエリーを作る! デジタルジュエリー体験記
STLデータから本格ジュエリーが製作できるサービス「make.digitaljewelry」を運営するジュエリーデザイナーの佐藤善久さんの協力の下、国産ジュエリーCAD「JCAD3 GLB」を使い、オリジナルデザインのシルバーリング製作に挑戦。3Dプリンタと職人技の融合を見た!(2014/12/1)

材料技術:
スパークプラグ外部電極の材料コストを半減、田中貴金属が白金チップを新開発
田中貴金属工業は、ガソリンエンジンの点火に用いるスパークプラグの外側電極の材料コストを半減できる白金チップを開発した。白金合金とニッケルをクラッド(異種間接合)した製品で、白金使用量を大幅に低減することで、コスト削減につなげた。(2014/11/5)

蓄電・発電機器:
赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素
田中貴金属は色素増感太陽電池用の色素「DX(ダイエックス)」の製造を2015年1月から開始、年初から販売する。特徴は従来の色素が利用できなかった近赤外光を吸収し、電力に変えることができること。電流値が25%増加するため、色素増感太陽電池として最高性能を狙うことができる色素だという。(2014/11/5)

親の家の片づけ、経験者たちの想い
誰もが直面する「親の死」と、それに付随し問題となる「親の家の片づけ」。いざという時に役立つ書籍『親の家を片づける お助け便利帳』を紹介します。(2014/9/30)

店舗に商品持ち込むとヤフオク!に出品できる「ヤフOFF!」店舗オープン
「ヤフオク!」と「BOOKOFF」のコラボ店舗として、商品を持ち込むと「ヤフオク!」に出品できる店舗が渋谷にオープン。(2014/9/24)

ヤフオク!とブックオフの店舗がオープン ネットがなくても出品できる
「ヤフOFF! フラッグシップストア 渋谷センター街」では、ヤフオク!への出品を代行する「ヤフオク!出品窓口」を設ける。(2014/9/24)

日産 燃料電池車 インタビュー:
燃料電池車の本格普及にはSiCインバータが必要だ
CO2を排出しない次世代環境対応車としてだけでなく、今後の発展が期待される水素エネルギー社会のけん引役としても期待されている燃料電池車。日産自動車は、その燃料電池車の市場投入を表明している自動車メーカーの1つである。そこで、同社で燃料電池車の研究開発を担当する飯山明裕氏に、燃料電池車の本格普及に向けた課題などについて聞いた。(2014/9/10)

FAニュース:
KANZACC、半導体や電子部品の高実装性を助けるすず系特殊めっきを開発
すず被膜の熱劣化を大きく改善した、高品質なすず系特殊めっき。高温環境下による劣化がなく、貴金属めっき被膜とほぼ同等の耐熱性を可能とした。(2014/9/6)

1ミリ秒でも早く〜次世代Web技術が支えるこれからのEコマース(5):
API公開、そしてクラウド化――ECサイトの未来とは
Eコマースサイトをより高速に、快適なものにするためのポイントをエンジニア視点で紹介してきたこの連載も最終回。最後に、これからのEコマースサイトの在り方を見ていきましょう。(2014/8/5)

実装ニュース:
リードフレームに最適なスズ系特殊めっき材料、耐熱性は貴金属めっきと同等
古河電気工業のグループ会社であるKANZACCは、半導体や電子部品に用いるリードフレームに最適なスズ系特殊めっき材料「アンカーFour」を開発した。(2014/7/30)

電気自動車:
「液体電池」で600km走る車、給水が充電
レドックスフロー蓄電池技術を革新したと主張するnanoFLOWCELLは、2014年7月、新型電池を搭載した電気自動車「QUANT e-Sportlimousine(クアントeスポーツリムジン)」の公道試験が可能になったと発表した。新型電池は液体に電力を蓄える。電気自動車をどのように変える技術なのだろうか。(2014/7/25)

純金製「ゴジラVSキングギドラ」世界6セット限定販売 600万円
職人が手作業で仕上げる純金製「ゴジラVSキングギドラ」が600万円で限定販売される。(2014/7/11)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

顧客が抱えるリスクを分析
ビッグデータ活用で「バンキング2.0」を掲げるスコットランド銀行
Royal Bank of Scotlandは、顧客データを分析して、顧客のサプライチェーンが内包するリスクを評価、提供するサービスを開始した。数Tバイトのデータ分析を可能にしたシステムとは?(2014/6/11)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
市況予測のクラウドサービス? 三井情報がSAP HANAで挑む新境地
フロリダ州オーランドで開催中の「SAPPHIRE NOW 2014 Orlando」で三井情報は、SAP HANAを活用した市況予測を汎用的なSaaSとして提供していくことを明らかにした。SAPジャパンは国内のクラウドデータセンター開設を発表したばかりだが、その本番稼働一番乗りを視野に入れている。(2014/6/6)

エム・フロンティア、純金・純銀製iPhoneケースの展示販売会を「UNiCASE」2店舗で開催
エム・フロンティアは、純金・純銀製のiPhone 5s/5ケース「刻〜KOKU〜」の展示販売会を名古屋と東京で開催する。製品にはダイヤモンドの指輪も付属。(2014/5/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。