ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「内閣総理大臣」最新記事一覧

熱血な山田孝之がPS4の購入を迫る新CMが公開 「(2016年は)自分のヤバさに気づいた年」とも語る
修造感。(2016/11/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな
JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ滋賀県は北陸新幹線「米原ルート」に固執するのか?
北陸新幹線延伸区間は「小浜京都ルート」にまとまるだろう。しかし、滋賀県は費用対効果に優れた「米原ルート」を譲らない。北陸地域も近畿地域も望まない「米原駅乗り換え案」は、実は滋賀県にもメリットがない。それでも滋賀県は主張しなくてはいけない。これは「我田引鉄」という単純な話ではない。(2016/11/18)

菅田将暉主演映画「帝一の國」の追加キャストが公開! 野村周平、竹内涼真らイケメン俳優が勢ぞろい
「圧倒的熱量のバカバカしさを演じられることが、今からとても楽しみ」(2016/11/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「お前がやったんだろ! 吐け!」は幼稚園レベル――コミュニケーションの極意を検事に学ぶ
「お前がやったんだろ!」――刑事ドラマでよく見る光景だが、これでは実際の被疑者は口を割らない。敏腕検事は、いかにして口を割らせるのか。元検事が明かすコミュニケーションの極意とは。(2016/11/16)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

今年のグッドデザイン大賞は“理にかなった世界地図”――金賞にはソニーのハイレゾ対応ヘッドフォンも
2016年のグッドデザイン大賞と各賞が発表された。グランプリにあたるグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞したのは新しい世界地図図法「オーサグラフ世界地図」だった。(2016/10/28)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
満場一致は危険な意思決定
何かを決める時、後で予想外の問題に遭遇しないためにも、「意見の不一致」が必要。その場にいるすべての人が、異議なく異論なく考えが一致することはあり得ない。(2016/10/14)

SIPシンポジウム2016:
Society 5.0によって目指す「超スマート社会」、人工知能やIoTで実現できるのか
東京都内で開催された「SIPシンポジウム2016」に、日本学術振興会 理事長で、人工知能技術戦略会議 議長を務める安西祐一郎氏が登壇。「AI、ビッグデータ、IoTの研究開発とSociety 5.0の実現」と題した講演を行った。(2016/10/5)

アイドルが国会議員の「アイドル事変」、1月からアニメ化 主題歌のサウンドプロデュースはつんく♂
つんく♂さんも二次元アイドルをプロデュースする時代に。(2016/9/10)

庵野秀明監督の妻、安野モヨコがついに「シン・ゴジラ」登場人物を描く 「嫁画伯筆、つまり実質上の公式」
「安野モヨコ先生が尾頭ヒロミをアップされる日の事を考えると、今からRTといいねの数が怖い!」(2016/8/18)

ねとらぼレビュー:
「シン・ゴジラ」はゴジラであって、ゴジラでない 庵野秀明監督が伝えたかったメッセージは? 
実写と2次元のはざまのような作品。(2016/8/1)

LINE上場は「最悪のタイミング」? 予想以上に強かった“韓国色”
LINEの上場が決まった。ほとんどの株式を保有しているのは韓国の企業と個人と判明。上場は「最悪のタイミング」との声もある。(2016/7/11)

LINEは予想以上に韓国色が強かった…上場資料から浮かび上がった驚きの実態
無料通話アプリを展開するLINEが15日、東京証券取引所に上場する。同社の決算をみると、79億円の連結最終赤字で、韓国系役員の報酬が52億円超であることも明らかに。(2016/7/11)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

スピン経済の歩き方:
舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
サンドバック状態だった舛添要一都知事が、ついに辞表を提出した。メディアや議会からの追及に対して、馬の耳に念仏といった感じで受け流していたのに、なぜ急に心がポキンと折れてしまったのか。(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

剛力彩芽が総理のシェフに 「グ・ラ・メ!」ドラマ化で金曜夜は飯テロ?
飯テロの予感。(2016/6/3)

DAIGO姉の漫画家・影木栄貴、弟夫婦の挙式写真を公開 「レアなスリーショット」も
祖父母もきっと天から見てたはず。(2016/5/25)

法制度・規制:
国が打ち出す2つのエネルギー戦略、2030年と2050年の長期目標実現へ
経済産業省と内閣府がエネルギー分野の長期戦略を相次いで発表した。経済産業省は省エネの推進と再エネの拡大を中心に2030年のエネルギーミックスを実現するための施策をまとめた。内閣府は2050年までに温室効果ガスを大幅に削減する革新的なエネルギー関連技術の研究開発を推進する。(2016/4/25)

熊本が大変な今こそ! ボードゲームを通じて避難所運営のノウハウを学べる「HUG」に注目集まる
受け入れた被災者を、いかにして適切に配するかみんなで考えるゲーム。(2016/4/19)

ゴジラ史上最大のゴジラ! 全身ビジュアルがついに解禁 ニッポン・総勢328人のキャストで「シン・ゴジラ」を迎え撃つ
尻尾が頭上を通り過ぎたときの絶望感。(2016/4/14)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

「民王」4月に2週連続で復活 スピンオフでは秘書・貝原が主役で書籍も発売
一冊まるごと“秘書・貝原”のスピンオフ本も発売決定。原案・池井戸潤「ホントにやるの?」と驚き。(2016/3/9)

星7つ! 木の屋石巻水産「カレイの縁側醤油煮込み」をレビュー!
今回選んだのは木の屋石巻水産の「カレイの縁側醤油煮込み」(429円/税込、店頭価格)だ。(2016/3/9)

新国立競技場のデザインが決定 隈研吾と大成建設などの「木と緑のスタジアム」
総工費は約1490億円。(2015/12/22)

石野純也のMobile Eye(12月7日〜18日):
総務省の「携帯電話値下げ議論」が決着――1GBプランが登場し、実質0円がなくなる?
総務省が議論を進めている「携帯電話の値下げ」についての結論が出された。スマートフォンの料金や、端末の価格はどう変わるのだろうか? タスクフォースでの話し合いの中から読み解いていきたい。(2015/12/19)

低容量プラン+実質0円是正で公平性を高める――総務省、携帯料金タスクフォースの第5回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第5回会合では、提言の取りまとめ案の承認を行った。(2015/12/16)

課題解決に向けた論点とは――総務省、携帯料金タスクフォースの第4回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第4回会合では、議論する課題の絞り込みと、課題解決のための論点整理を行った。(2015/11/28)

石野純也のMobile Eye(10月26日〜11月6日):
携帯料金見直しに対して反論も――3キャリアの決算会見を振り返る
3キャリアの2015年度第2四半期決算は、各社とも増収増益となった。今回の決算会見では、安倍首相の発言を発端とした携帯料金見直しについても、各社のトップがコメントした。各社の会見を振り返っていこう。(2015/11/7)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

「過度な販売奨励金は是正すべきだが、ある程度は必要」――KDDI田中社長
「携帯料金を見直すべき」という安倍首相の発言を受けて、携帯電話料金の見直しの議論が進んでいる。KDDIの田中社長は、日本の携帯電話料金と、販売奨励金に対して、どのように考えているのだろうか。(2015/11/5)

総務大臣も出席:
料金の公平負担に向けた課題は――総務省、携帯料金タスクフォースの第2回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第2回会合では、消費者相談員の団体、キャリア、MVNOからの意見聴取が行われた。(2015/10/29)

KDDIは「桃金」「3GB」をプッシュ――“3つのスーパー”で秋のiPhone商戦に挑む
KDDIは、9月25日、同社の直営店「au SHINJUKU」にて、iPhone 6s/iPhone 6s Plusの発売イベントを行った。KDDIの田中社長が登壇してiPhone商戦におけるauの強みをアピールしたほか、ゲストも登場してイベントを盛り上げた。(2015/9/25)

会田誠さんの作品 改変撤去なく都立現代美術館で展示が継続
会田さんがTwitterで発表し、都立現代美術館も認めました。(2015/7/31)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
地方の観光地を衰退させたのは誰か
海はキレい、山はキレい、でも街が汚い……。有名な観光地でも、老朽化した建物が並んでいるところが日本中にある。政府は「観光立国」を目指すというが、寂れた風景を見るために外国人観光客はやって来るのだろうか。(2015/7/29)

会田誠さん作品撤去要請についての意見を発表 東京都現代美術館で開催中の展覧会
クレームは1件のみだった。(2015/7/25)

新国立競技場問題 安倍総理が「計画を白紙に戻す」と抜本的見直しを表明
批判を受け、オリンピックをみんなで祝福できる大会にするのが難しいと判断。(2015/7/17)

民放連、ドローン規制法案に「強く憂慮」 議員に意見提出
災害や重大事件の際の報道目的の飛行に支障を来すとして懸念を表明している。(2015/5/28)

岩手県と横須賀市がIngressで連携 全国初の試み
独自ミッションを作成!(2015/5/19)

国内初「ドローン専用試験飛行場」つくばにオープン テスト飛行や操縦トレーニングも
無人航空機システム産業の健全な発展を支援する。(2015/5/19)

産業用ロボット:
「ロボット新戦略」が生産現場にもたらす革新とは?
日本再興戦略の一環として策定された「ロボット新戦略」は、2015年5月15日に新設される「ロボット革命イニシアティブ協議会」により、実現に向けた活動に入ることになる。本稿ではロボット新戦略が生産現場に何をもたらし、どういう方向性になるのかを解説する。(2015/5/14)

法制度・規制:
エネルギーミックスの改善で温室効果ガスを削減、2030年までに26%
政府が2015年内に世界各国と合意する温室効果ガスの削減目標が固まった。CO2を主体にした温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減して、欧米の先進国と同等の貢献を果たしていく。電力をはじめエネルギーの生産・利用に伴って排出するCO2の削減が中心になる。(2015/5/4)

どうして、あの色や形に決まったの? 意外に知らないランドセルの歴史
なぜ黒と赤だった?(2015/3/27)

「攻殻機動隊 新劇場版」6月20日から上映決定! 新キービジュアル、PVも公開されたぞおおお!!
このほか、「新劇場版」のストーリーやカットも公開!(2015/3/20)

【連載】インターネット時代の企業PR 第30回:
パブリシティの企画/立案は「必然性」を作り出すこと
パブリシティの企画書には、なぜ、メディアが商品やサービスを取り上げるのか、その理由が書かれていなければいけません。つまり、メディアに露出されるには、露出されるべき必然性がなければならないのです。(2015/3/12)

宇宙開発:
日本の新たな宇宙計画、その背景にある安全保障と宇宙産業の関係性
日本政府が2015年1月に発表した新宇宙基本計画。安全保障分野に関する宇宙利用の拡大など、日本の長期的な宇宙政策のビジョンが示された。この計画が策定された背景について、内閣府 宇宙戦略室の初代室長を務めた京都大学の西本淳哉氏が語った。(2015/3/10)

情報特区は施行後13年で初:
沖縄の特区制度、なぜ事業認定進まぬ?
沖縄県に独自の特区制度があるのをご存じだろうか。2002年に施行が始まったものの、事業認定を受けた企業は極めて少ない。その理由とは――。(2015/3/6)

ヨルダン軍パイロットがISILに殺害されたことに対し首相が声明
無残にも焼殺されたことに大きな憤りを覚える。(2015/2/4)

後藤健二さん殺害か、「イスラム国」が動画投稿
安倍首相の声明も発表されています。(2015/2/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。