ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「内閣総理大臣」最新記事一覧

これは立派な赤富士……って、全部お肉かーい! JA宮崎、宮崎牛でおいしそうな富士山を製作
みんなでつついてしゃぶしゃぶしたい。(2017/9/29)

「うさぎとアライグマつけた」桐谷美玲、“リベンジ”狙うもふもふツインテが幼カワイイ
かわいい小動物感。(2017/9/27)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

「地震予知は不可能」でも……「大震法」は必要か?
昭和53年に制定された大震法の見直しをめぐる議論が活発化している。地震の直前予知を前提に住民の事前避難などの対策を定めたものだが、現在の地震学の実力では予知は不可能との見方が大勢を占めるからだ。(2017/9/11)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

スピン経済の歩き方:
「最近の政治家は“質”が落ちている」というのは大ウソだ
政治家の不祥事が続いている。パワハラ議員がいたり、サッカーファンをののしる議員がいたり。このほかにもダメ政治家が世間をにぎわせているが、最近の政治家は本当に質が落ちているのか。いや、そうではなくて……。(2017/8/1)

ものになるモノ、ならないモノ(73):
スマホやIoT機器が生成するデータをお金に換える「IoTデータの証券取引所」と日本経済の行く末
IoT時代の日本は、“モノ”が吐き出す「データ」をフル活用して国を富ませる青写真を描いている。データ流通プラットフォームは、その中でも要となる大切な機能を提供することになるのだろう。「IoT情報流通プラットフォーム」を自称するスタートアップ、エブリセンスジャパンに聞いた。(2017/6/22)

知財ニュース:
発明協会が「全国発明表彰」、がん治療装置や偏光膜製法など
発明協会が「平成29年度全国発明表彰」受賞者を発表し、日立製作所と北海道大学による「動体追跡粒子線がん治療装置の発明」などの発明が受賞した。(2017/6/8)

五輪が成功すれば2021年:
小池百合子はマクロンになれるか、都議選後の挑戦
小池氏は国政への進出を否定するが、「もし都議選で圧勝した場合、当然次は国政になる」という見方がある。(2017/5/31)

小型家電ごみの妖精(やさぐれ系イケメン)が京都市広報誌に登場 リサイクル前後どちらがタイプ?
こんなん届いたら読んじゃう。(2017/5/30)

スピン経済の歩き方:
「読売新聞読んで」発言への抗議が、不毛なワケ
安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただいてもいい」と発言して大騒ぎになった。ネット上で「さすがにこれはひどい」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はこの問題をどのように見ているのか。目くそ鼻くそを笑う、低次元の不毛な争いで……。(2017/5/16)

「首相」と「大統領」ってどっちが偉いの? そもそも何が違うの? 
安部首相もミサイルを発射できるの?(2017/5/6)

ニコニコ超会議2017:
レイヤー「総理大臣目指してる?」小池「知事一筋(笑)」 ニコ超に都知事が降臨、若い参加者とトーク
「ネットの時代はみんなの時代」と、若者とネット文化についてもコメント。(2017/4/29)

ニコニコ超会議2017:
すみません蓮舫さんもう許してください ニコ超キラーコンテンツ「VR蓮舫」がほぼ精神修行
学級裁判かよ。(2017/4/29)

「率直に答えてください!」――蓮舫代表の“猛追及”を再現「VR蓮舫」に責められてきた
民進党が開発した「VR蓮舫」を記者が体験。VR空間で、蓮舫代表の厳しい追及、議員からの激しいヤジを味わってきた。その模様をレポートしよう。(2017/4/27)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
第4次産業革命に必要な“握手しながら殴り合う”覚悟
ゼロイチではない世界でどう立ち回るかが勝負のカギです。(2017/3/30)

蓮舫代表の“猛追及”を体験「VR蓮舫」、開発きっかけはユーザーの声 「政党ブースには人がいない」 担当者に聞く
蓮舫代表は「政治に関心を持ってくれるきっかけになるのなら」と快諾したという。(2017/3/28)

総理になって「VR蓮舫」に追及されてみない? 民進党が開発
民進党の蓮舫代表から追及を受ける体験ができる「VR蓮舫」が、ニコニコ超会議2017に登場。プレーヤーの動揺を検知する仕組みも用意するという。(2017/3/27)

民進党公式「VR蓮舫」登場 総理となって蓮舫議員の追及に耐える謎ゲーム
エイプリルフールにはまだ早い。(2017/3/27)

CeBIT 2017:
日本が描く産業の未来像「Connected Industries」、世界に発信へ
日本政府は、ドイツの「インダストリー4.0」、フランスでの「産業の未来」などに当たる、政府主導の将来の産業コンセプトとして「Connected Industries(つながる産業)」を発表。今後、同コンセプトを軸に各種施策を進めていく。(2017/3/22)

CeBIT 2017:
日独で第4次産業革命に向けた「ハノーバー宣言」採択、9項目で協力へ
日本政府とドイツ連邦政府は2016年に次官級で締結した「IoT・インダストリー4.0協力に関する共同声明」を、閣僚級へと格上げし、9項目における協力を進める「ハノーバー宣言」を採択した。開催中のドイツのIT国際見本市「CeBIT」で発表した。(2017/3/21)

ねとらぼレビュー:
そこで宇宙大戦争はずるいよ!(褒め言葉) 「バイプレイヤーズ」第8話、大杉漣さんは仲間の信頼を取り戻せるのか
大杉漣さんの引き受けた役がバラバラすぎる。(2017/3/4)

「安倍晋三記念小学校」問題について籠池理事長が経緯を説明 TBSラジオ「Session-22」がログを公開中
荻上チキ氏が渦中の人物にロングインタビューを行った。(2017/2/21)

内閣総理大臣賞を授与:
「日本ベンチャー大賞」 最優秀賞はサイバーダイン
政府は「日本ベンチャー大賞」で、CYBERDYNE(サイバーダイン)に「内閣総理大臣賞」を授与した。(2017/2/21)

不思議なチカラで消されないかと危惧されていたDMMブラゲー「政剣マニフェスティア」 無事1周年を迎える
おめでとうございます。(2017/2/6)

移転します(建物ごと) コンビニ店舗が“そのまま”移転する様子が話題に
コンビニの曳家、はじめて見ました。(2017/2/2)

「18歳未満の立ち入りを禁ず」に緊張していた頃のこと
正直者は何を見る。ヤフーを見る。(2016/12/28)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

3Dプリンタニュース:
3Dモデリングとプリンタ技術の融合が生んだヘッドドレス
ケイズデザインラボとイグアスは、デザイナー天津憂氏のプロジェクトに協力して、3Dプリントヘッドドレスを作製した。ケイズデザインラボが3Dモデリングを、イグアスが3Dプリントを担当した同作品は、美術展の6次元アート部門で賞を受けた。(2016/12/6)

熱血な山田孝之がPS4の購入を迫る新CMが公開 「(2016年は)自分のヤバさに気づいた年」とも語る
修造感。(2016/11/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな
JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ滋賀県は北陸新幹線「米原ルート」に固執するのか?
北陸新幹線延伸区間は「小浜京都ルート」にまとまるだろう。しかし、滋賀県は費用対効果に優れた「米原ルート」を譲らない。北陸地域も近畿地域も望まない「米原駅乗り換え案」は、実は滋賀県にもメリットがない。それでも滋賀県は主張しなくてはいけない。これは「我田引鉄」という単純な話ではない。(2016/11/18)

菅田将暉主演映画「帝一の國」の追加キャストが公開! 野村周平、竹内涼真らイケメン俳優が勢ぞろい
「圧倒的熱量のバカバカしさを演じられることが、今からとても楽しみ」(2016/11/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「お前がやったんだろ! 吐け!」は幼稚園レベル――コミュニケーションの極意を検事に学ぶ
「お前がやったんだろ!」――刑事ドラマでよく見る光景だが、これでは実際の被疑者は口を割らない。敏腕検事は、いかにして口を割らせるのか。元検事が明かすコミュニケーションの極意とは。(2016/11/16)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

今年のグッドデザイン大賞は“理にかなった世界地図”――金賞にはソニーのハイレゾ対応ヘッドフォンも
2016年のグッドデザイン大賞と各賞が発表された。グランプリにあたるグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞したのは新しい世界地図図法「オーサグラフ世界地図」だった。(2016/10/28)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
満場一致は危険な意思決定
何かを決める時、後で予想外の問題に遭遇しないためにも、「意見の不一致」が必要。その場にいるすべての人が、異議なく異論なく考えが一致することはあり得ない。(2016/10/14)

SIPシンポジウム2016:
Society 5.0によって目指す「超スマート社会」、人工知能やIoTで実現できるのか
東京都内で開催された「SIPシンポジウム2016」に、日本学術振興会 理事長で、人工知能技術戦略会議 議長を務める安西祐一郎氏が登壇。「AI、ビッグデータ、IoTの研究開発とSociety 5.0の実現」と題した講演を行った。(2016/10/5)

アイドルが国会議員の「アイドル事変」、1月からアニメ化 主題歌のサウンドプロデュースはつんく♂
つんく♂さんも二次元アイドルをプロデュースする時代に。(2016/9/10)

庵野秀明監督の妻、安野モヨコがついに「シン・ゴジラ」登場人物を描く 「嫁画伯筆、つまり実質上の公式」
「安野モヨコ先生が尾頭ヒロミをアップされる日の事を考えると、今からRTといいねの数が怖い!」(2016/8/18)

ねとらぼレビュー:
「シン・ゴジラ」はゴジラであって、ゴジラでない 庵野秀明監督が伝えたかったメッセージは? 
実写と2次元のはざまのような作品。(2016/8/1)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

スピン経済の歩き方:
舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
サンドバック状態だった舛添要一都知事が、ついに辞表を提出した。メディアや議会からの追及に対して、馬の耳に念仏といった感じで受け流していたのに、なぜ急に心がポキンと折れてしまったのか。(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

剛力彩芽が総理のシェフに 「グ・ラ・メ!」ドラマ化で金曜夜は飯テロ?
飯テロの予感。(2016/6/3)

DAIGO姉の漫画家・影木栄貴、弟夫婦の挙式写真を公開 「レアなスリーショット」も
祖父母もきっと天から見てたはず。(2016/5/25)

法制度・規制:
国が打ち出す2つのエネルギー戦略、2030年と2050年の長期目標実現へ
経済産業省と内閣府がエネルギー分野の長期戦略を相次いで発表した。経済産業省は省エネの推進と再エネの拡大を中心に2030年のエネルギーミックスを実現するための施策をまとめた。内閣府は2050年までに温室効果ガスを大幅に削減する革新的なエネルギー関連技術の研究開発を推進する。(2016/4/25)

熊本が大変な今こそ! ボードゲームを通じて避難所運営のノウハウを学べる「HUG」に注目集まる
受け入れた被災者を、いかにして適切に配するかみんなで考えるゲーム。(2016/4/19)

ゴジラ史上最大のゴジラ! 全身ビジュアルがついに解禁 ニッポン・総勢328人のキャストで「シン・ゴジラ」を迎え撃つ
尻尾が頭上を通り過ぎたときの絶望感。(2016/4/14)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。