ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「個人輸入」最新記事一覧

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper登場! X399マザーだけ買う人も
AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」と対応するX399マザーが売り出された。コアなファンの注目を集めているが、一方でX399マザーのみ購入する人もいるらしい。なぜだろう?(2017/8/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
Apple元CEOが挑戦するクラウドシステム 米国の高額医療費問題は解決できるか
かつてAppleとPepsiCoのCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤管理システムベンダーを設立した。米国の医療制度にまつわる高額医療費問題を、スカリー氏はITでどのように解決しようとしているのか。(2017/6/16)

【連載】よく分かる越境EC 第2回:
中国向けビジネスはいつも想像の斜め上を行く――越境ECを阻む「3つの壁」について
大きな潜在需要が見込める一方、リスクも少なくない中国向けビジネス。今回は、日本企業が直面しがちな3つの課題について考察する。(2017/5/23)

化粧品や生活雑貨を中心に需要が拡大:
日本からの中国向け越境ECは1兆円市場に――富士経済が調査結果を発表
富士経済は、中国のEC市場、中でも伸びが著しい中国向け越境ECを中心に調査を実施。その結果を報告書「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」にまとめた。(2017/2/13)

トランプ大統領がアクションフィギュアになって登場 リアルすぎて表情加工するアプリもばっちり認識
無限の可能性を感じる。(2017/2/7)

【連載】よく分かる越境EC 第1回:
中国向け越境ECはなぜ「乗るしかないビッグウェーブ」なのか、3つのキーワードで考察する
良質な日本製商品を中国市場へ。今、中国向け越境ECがかつてないほど注目されている。その背景にある中国国内の事情から求められる商品のトレンド、越境EC参入のポイントまで、専門家が解説する。(2017/1/10)

「HTC Vive」日本の販売ページ公開 10万7800円、国内から出荷 「設置サービス」も
「HTC Vive」を販売する日本語ページがオープン。日本語で注文を受け、国内から発送する。価格は10万7800円。(2016/6/2)

「ガラスの盾」って?:
名古屋で深化するヘッドフォンカルチャーを見た――“フルサイズ”で帰ってきた「ポタフェス名古屋」
5月最後の週末に「第8回ポータブルオーディオフェスティバル2016 in名古屋」が開催された。イベントの現地レポートと同時に、当日初めて披露された「新品よりもピカピカになる」というe☆イヤホンの新サービスも紹介しよう。(2016/5/30)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
日本MS新体制で、「Lumia」シリーズの国内展開はどうなる?
7月に経営体制を刷新した日本マイクロソフト。新社長の平野氏のもとでモバイル分野はどう変わるのだろうか。米国ではスマホ事業のリストラやLumiaの継続投入など動きが激しくなってきた。(2015/7/27)

“ゼロハリ”竹村教授のつれづれスマートウォッチ(前編):
Apple Watchにできることは31年前の腕コンと変わらない
膨大なデジタルガジェットを衝動買いしてきたゼロハリ教授が考える、Apple Watchをはじめとする現代のスマートウォッチに“必要なもの”とは。(2015/7/9)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
ファーストステップと人柱は違う――“普通”のWindows Phone「MADOSMA」でこだわった品質
マウスコンピューターの「MADOSMA」は、日本では約4年ぶりのWindows Phoneだ。PCではニッチで話題性のある製品が多い同社だが、MADOSMAはスペック的には平凡で、ある意味で“らしくない”ような気もする。そこで、同社の商品企画部長の平井氏に、MADOSMA発売の狙いについて、改めて聞いた。(2015/6/26)

チ○コのように見える花「オルキス・イタリカ」(俗称:裸の人の蘭)について調べてみた
この花で花束を作りたい!(2015/3/28)

海外で購入したスマートウオッチを日本で使うのは違法?
ガジェット好きなら、海外製の魅力的なスマートウオッチがほしくなることもあるかもしれません。普通にiPhoneやAndroidスマホと連携させて利用できることもあり、購入して使っている人もいるかもしれませんが、電波法違反になる恐れがあるので注意が必要です。(2015/3/18)

至高のITマリアージュ:
「Surface Pro 3」と4Kパネル2枚でメイン環境を構築してみた
フルHDディスプレイ6面をメイン環境として利用する筆者が、Surface Pro 3で4Kディスプレイ×2のマルチディスプレイ環境にチャレンジ。うわっ……私のデスクトップ、広すぎ……?(柳谷智宣)(2014/11/6)

中古PC活用:
Windows XPパソコンにChromium OSをインストールして再利用する〜Chromebookを作ってみよう〜
不要になったWindows XPパソコンにChromium OSをインストールし、Chromebookを作ってみよう。Chromium OS は、USBメモリから起動できるので気楽に試すことも可能だ。インストール方法やコツなどについて解説していく。(2014/8/27)

Chromebook入門:
まだ知らない人のためのChromebook(2015年7月更新版)
2013年後半から米国を中心に飛躍的に出荷が伸びている「Chromebook」。法人・教育市場向けに続き、個人向けにも日本での販売が開始され、採用機種も増えてきた。このChromebookとはどのようなものなのか、Windows PCとの違い、Chromebookでできること/できないことなどを解説していく。(2015/7/8)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(ライター山根編):
中国メーカーの海外進出が見えてきた2013年
中国メーカーの台頭が目立った2013年は、中国の国内におけるスマートフォン需要で販売数も増加した一方で、Nokiaに復調の兆しが見えてきた。(2013/12/19)

スマートウォッチは生活を変えるのか? ソニーモバイル「SmartWatch2」を試す(前編)
久々に物欲を刺激され、ソニーモバイルコミュニケーションズの「SmartWatch2 SW2」を購入した。なかなか快適で面白く、かなり気に入って使っている。(2013/11/1)

“廉価版”iPhone 5cが「7万円」──「高過ぎ!」と驚愕する中国人
“廉価版”とされていた「iPhone 5c」。だがその主戦場と目されている中国では「高過ぎ」と失望する声が上がっている。安価なAndroid端末が容易に手に入っている中国スマホ事情など、現地からのリポート。(2013/9/13)

窪田順生の時事日想:
偽装は食品だけではない! “中国産ニセED薬”には鉄粉やインクが混ざっている
中国でネズミやキツネの肉を「羊肉」と偽って販売した業者が摘発された。日本にもたくさんの偽造食品が流入しているので、用心している人も多いはず。しかし警戒しなければいけないのは食品だけではない。実は「薬」の世界でも大変なことが起きているのだ。(2013/5/28)

パーソナル3次元プリンタ入門(3):
3Dプリンタを個人輸入してみよう
今回は、3Dプリンタの個人輸入についての解説。「関税」や「輸入許可通知書」など、なじみのない手続きはどうしたらいいの? 意外と簡単なので、やってみよう。英語での住所入力の仕方から説明。(2013/4/26)

え? Wii Uは北米版のほうが安い? リージョン制限の落とし穴【デジ通】
「Wii U」は日本より海外の方が発売が早く、価格も安い。しかし海外版を買うのはおすすめできない。(2012/9/26)

Mobile Weekly Top10:
SIMロックフリー版「iPhone 5」のお値段は
発売後も、KDDI(au)とソフトバンクモバイルで激しいサービス競争が続きそうな「iPhone 5」。第3の道であるSIMロックフリー版を購入する手もあるが、価格や在庫状況、SIMサイズの問題など、ちょっとハードルが高そうだ。(2012/9/24)

ケータイの匠に聞く「メール翻訳コンシェル」:
PR:もう、海外でも困らない――言葉の壁を取り払うドコモのクラウドサービス
日本語と英語、中国語、韓国語の文章を自在に翻訳してくれる「メール翻訳コンシェル」は、TwitterなどのSNSで外国語によるコミュニケーションをする際などにとても便利。このほかにも、NTTドコモのクラウドサービスを使うと、今までできないと思っていたことがどんどん可能になっていく。(2012/8/31)

写真で解説する「iPhone 4S」
米Appleの新型iPhone、「iPhone 4S」は、見た目の変化がほとんどなかったのに対し、中身は全く別物と言っていいほどの大きな進化を遂げた。さらにiOS 5でもたらされる新機能と相まって、触れば触るほどその魅力を実感する端末となっている。(2011/10/6)

矢野渉の「金属魂」的、デジカメ試用記:
「金属魂」的、FinePix X100のある生活(金属と皮の濃密な関係)
絶対買うと意気込んでいたわけではないが、手にするしかないと思った。カメラマン 矢野渉氏と、「革」を注ぎ足したFinePix X100の生活は始まったばかり。(2011/4/21)

ゆったリラックス! CouchDBがあるところ(5):
モバイルでもリラックス! CouchDB on Android
いつでもどこでもCouchDBを。2010年8月にAndroid版CouchDBが登場しました。そこで今回は予定を変更し、Android版のインストールと活用方法を2回に分けて解説します(編集部)(2010/9/2)

「電子工作人口を増やしたい」 工具は無料、電子工作作れる「はんだづけカフェ」
はんだごてなどを無料で借りて電子工作を楽しめる「はんだづけカフェ」が東京・秋葉原近くにオープンした。電子工作の楽しさを知ってもらい、「電子工作人口を増やしたい」という。(2010/6/11)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第3回 海外ケータイを“日本語化”――Androidアプリで楽々設定
注文していたAndroidスマートフォンとプリペイドSIMカードが到着した。渡航に備えて、日本語化やネットワーク関連の設定を実行した。(2010/4/7)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第2回 海外ケータイを“個人輸入”――日本語重視ならスマートフォンがお勧め
前回は、海外ケータイを購入するにあたっての注意事項を取り上げた。今回は、海外で利用するSIMロックフリー端末とプリペイドSIMを実際に購入する方法を解説しよう。(2010/3/11)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第1回 通信方式と周波数――購入前に確認しておきたい情報
海外に長期間滞在するのなら、国際ローミングよりも現地の端末とSIMカードを購入する方が安く済むことが多い。本コーナーでは、日本国内で海外ケータイやSIMカードを入手する方法を紹介する。第1回は準備編として、購入前に押えておくべき事項をまとめた。(2010/3/5)

「このままではPSE法の二の舞」 医薬品ネット販売継続求め国会議員と有識者らアピール
「医薬品ネット販売規制は過剰、国会で議論を」――自民・民主の若手議員や浅野史郎さん、國領二郎さんなど有識者、消費者が集まり、ネット販売継続を強く訴えた。(2009/5/21)

大型連休連続レビュー第3回:
mbook M1の重さと性能とバッテリー駆動時間のバランスをチェックする
「mbook M1」は300グラム前半と軽い。でも、軽さと性能とバッテリー駆動時間はトレードオフの関係。今回はmbook M1の“バランス”を紹介しよう。(2009/5/6)

大型連休連続レビュー第2回:
mbook M1のキーボードと液晶ディスプレイをチェックする
「mbook M1」は、PSPより短い幅(ただし、奥行きはmbook M1が長い)が特徴。しかし、小さいことと使いやすさとはトレードオフの関係にある。今回はmbook M1の使いやすさをリポートしよう。(2009/5/5)

大型連休レビュー第1回:
300グラム台でWindowsが動く「mbook M1」がやってきた
PSPやニンテンドーDSのような“持ち心地”の「mbook M1」をゲット! 屋外に持ち出してその使い勝手や性能を検証した。第1回目は購入方法から外観までをチェックする。(2009/5/1)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
大型連休はミニノートPCで中国人と親密になる
デジカメで撮影した画像を現地の人に見せて感激、なんて「ば、ばかにするなぁー」と一喝される時代錯誤。イマドキの中国旅行はミニノートPCで盛り上がるのだ。(2009/4/27)

「商品が届かない……」――個人輸入代行とのトラブル、解決困難なケースも
「円高なので個人輸入を始めたいけど、英語が分からないから業者に頼もう」といった人もいるのでは? 国民生活センターによると、個人輸入代行に関する相談件数は増加傾向にあり、注意が必要だ。(2009/2/12)

新連載! 現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
今、個人輸入がアツい! Appleの想定為替レートが1ドル113円の理由
日興アセットマネジメント主催のバーチャルトレード選手権「投信王・夏の陣」で、運用成績1位だった森田徹氏の連載がスタート。現役東大生の彼は、何に疑問を感じ、どういったことに興味があるのだろうか?(2009/1/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター坪山編):
「さよなら」があまりに惜しいNokia
国内外を問わず、メーカーが携帯事業の再編や撤退を決断した2008年。インセンティブモデルの問題を解決する割賦販売は根付いたものの、買い変えサイクルが伸びて端末販売は鈍化。コストダウンを目指した端末は没個性化が進んでしまった。(2008/12/31)

ぬいぐるみ? いいえ、万能ガジェットです――「chumby」の使い道
見た目はテレビ型ぬいぐるみのようだが、目覚まし時計になったりYouTube再生マシンになったり……。丸くてかわいい「chumby」は、いろんなガジェットに“変身”する。(2008/8/18)

Biz.ID Weekly Top10:
脱・不眠――電子念佛機に癒やしのループ音を入れたプレーヤー「ブッダマシーン」
4月2週目に突入した。緊張しどおしの仕事から開放された帰宅後も、“バタンキュー”どころか神経が高ぶって寝つけない。そんなとき緊張をほぐしてくれるかもしれない、小型スピーカー付きのポータブルプレーヤー「ブッダマシーン」を紹介しよう。(2008/4/9)

2007 International CES:
CESで「OQO model 02」をプチプチしました
正式開催前からプレイベントで盛り上がるCES。しかし、注目の展示ブースはきょうから解禁だ。いよいよ「あの」超小型PCに触るときがきたぞ。(2007/1/9)

TVストリーミングシステム:
W-ZERO3もノートPCも“どこでもTV”──米国発のロケフリもどき「Slingbox」を試す
PSPなどを利用してワイヤレステレビを実現するソニー「ロケーションフリー LF-PK1」が人気だ。しかし北米では同様のコンセプトとなる家庭用TVストリーミングシステム──“どこでもTV”製品が一足早く登場していた。今回その製品を入手し、日本国内でも実際に利用できるのか試してみた。(2006/4/17)

「薬のネット販売規制案、見直しを」――ネット薬局が要望書
「このままではほとんどの医薬品がネット販売できなくなる」――医薬品のネット販売を行う薬局・薬店14社が、薬事法改正案の見直しを求めている。(2006/1/19)

一歩上いく英文履歴書の書き方、使い方(9):
紙の力のなせる業
英文履歴書をより魅力的に、ほかの人と差別化して書くにはどうしたらいいのか。そんな英文履歴書の書き方、使い方を解説しよう。(2005/8/23)

「“ニセモノ”購入、安いし仕方ない」4割以上が容認
内閣府「知的財産に関する特別世論調査」によると著作物のネットへの無断公開は違法だという認識は6割以上だが、「ニセモノ」購入容認も4割を超えている。(2004/8/7)

第2回 輸入音楽CDは買えなくなるのか:
「副作用」は覚悟していた――文化庁に聞く著作権法改正の舞台裏
輸入CDが自由に買えなくなるかもしれない。この問題を浮上させたのは、現在国会で審議中の著作権法改正だ。なぜこの法案は起案されたのか。その影響は予見した上でのことなのか。文化庁の担当者に話を聞いた。(2004/5/13)

輸入音楽CDは買えなくなるのか?
あらゆる輸入音楽CDに規制を?――危険な著作権法改正が進行中
「輸入CDが買えなくなるかもしれない」――音楽業界関係者たちの間でそんな危惧が持ち上がっている。現在、国会で審議されている著作権法の改正が、その理由だ。邦楽CDの還流阻止を目的として行われる法改正が、いつの間にか、あらゆる輸入CDを対象とするよう、すり替わっていたというのだ。(2004/5/12)

レビュー
PR:地上波、DVDからハイビジョンまでを破綻無く。FORIS.TV「SC23XA1」
本機は23インチ液晶テレビとして中心的な価格帯にありながら、スタイリッシュかつ高画質なテレビ+DVDに仕上がっている。他に類似した製品はなく、ライバル不在の製品と言っても過言ではない。筆者にとって、これはナナオからの四度目の驚きだ。(2004/3/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。