ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「抗議」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「抗議」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google、ハラスメント抗議の従業員デモを受け透明性強化などの対策を発表
Googleが、11月1日に世界の従業員約2万人が実施したセクハラ対策抗議デモを受け、改善方針を発表した。(2018/11/9)

Googleさん:
#GoogleWalkout が、Googleにもたらすもの
Googleの従業員の約2割に当たる2万人が11月1日、セクハラや不正行為への不適切な対応や不透明性に抗議する#GoogleWalkoutデモを実施。ピチャイCEOは改善を検討すると約束しました。(2018/11/4)

Googleの従業員がセクハラの不適切対応に抗議デモ ピチャイCEOは改善を約束
Googleを退社したアンディ・ルービン氏が社内セクハラで報告されていたにもかかわらず、Googleがそれを公表せずに9000万ドルもの退職金を支払っていたことなどに抗議して、同社の世界各地の従業員が11月1日に大規模な抗議デモを行った。(2018/11/2)

中国、P2Pネット金融破綻が急増 全国でデモ拡大 業者は「夜逃げせず」声明発表
中国で高利回りをうたって個人から投資資金を集めるP2Pネット金融の破綻が相次ぎ、損失を被った個人投資家が各地で抗議の声を上げている。(2018/8/10)

【マンガ】あのラーメンの具材が「メンマ」と呼ばれるようになった理由
台湾政府の抗議がきっかけだったとか。(2018/8/2)

箸じゃなくてストローやんけ! 抗議のフジモンに「黙ってそれで食え」 ヤンキー口調の木下優樹菜にファンほっこり
2本ともストローでないのがせめてもの救いに思えてくる。(2018/7/20)

欧州の一部のWikipedia、EUの著作権新指令抗議で検索結果の代わりに声明文表示
欧州連合(EU)がスニペット表示に著作権料を課す条項を含む新指令案の投票を7月5日に実施する。イタリア、スペイン、ポーランドなど欧州の一部のWikipediaはこれに抗議するため、3日と4日の2日間、検索結果の代わりに抗議文を表示している。(2018/7/5)

「民泊新法」めぐり深まる混迷 目指すは観光立国か規制強化か
民泊新法が6月15日に施行されるのを前に、民泊に顧客を奪われる形になる既存のホテル・旅館業界は、大規模な抗議デモを実施。住民生活への影響を懸念する自治体では、民泊の営業日などを制限する条例の制定が相次いでいる(2018/5/24)

明石市長の抗議で配信停止になった「東播磨」の自虐CM 配信を再開 「市町域を超えたある広域性も重要」
ネットでは「動画を見てみたい」という声があがっていました。(2018/5/4)

ドラマ「ブラックペアン」の治験コーディネーター 「現実と全く違う」「侮辱」と日本臨床薬理学会がTBSに抗議
「治験コーディネーター」の描写が実際とあまりにも懸け離れているとして、学会が意見書を公開しました。(2018/5/3)

主婦連、NTTのブロッキング実施方針に抗議文 「利用者の通信の秘密を侵害」「消費者団体訴訟も辞さない」
NTTグループ4社は、海賊版3サイトへのブロッキングを実施する方針を発表していました。(2018/4/26)

全地婦連、ブロッキング実施のNTTらに対し「刑事告発も辞さない」
国地域婦人団体連絡協議会と主婦連合会は4月25日、NTTグループ3社が「漫画村」など海賊版サイトのブロッキングを実施すると23日に公表したことを受け、「強く抗議するとともに、ブロッキングを行わないことを求める」と意見書を発表した。(2018/4/25)

Kaspersky、Twitterの広告禁止に抗議の公開書簡
KasperskyはTwitterから広告禁止を通知されたことについて、「Twitter自らが掲げる表現の自由の原則と矛盾する」と反発している。(2018/4/23)

3社が販売中止を決定:
モンゴル大使館抗議の「コロコロコミック」、大手書店チェーンにも余波
大手書店チェーン3社が「コロコロコミック」3月号の販売を中止。同誌掲載の「やりすぎ!!! イタズラくん」において、チンギス・ハーンに対する不適切な表現があったとして、モンゴル大使館が抗議していた。(2018/2/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
両備グループ「抗議のためのバス廃止届」は得策か?
岡山県でバスなどを運行する両備グループは、ドル箱路線に格安バスの参入を認めようとする国交省中国運輸局の決定に抗議して、赤字運行のバス路線31本を廃止すると発表した。その大胆な戦術に驚くけれども、その直後に参入を決定した中国運輸局もすごい。まるで「テロには屈しない」という姿勢そのものだ。(2018/2/23)

「そうすることになっています」 Twitter社員の「床にひざまずいて対応」が議論に 広告停止された作家のツイート発端
作家、如月真弘さんがTwitter Japanへ抗議に赴いたところ、社員がずっと床に膝をついて対応にあたっていたとのこと。(2018/2/15)

日本テレビもAmazonオリジナルドラマ「チェイス」に抗議文 「倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」
2009年から2010年にかけ放送された「北関東連続女児殺害・行方不明事件」報道に内容が類似していると指摘。(2018/2/2)

TBS「東大王」、バルト三国の位置関係があべこべで謝罪 大使館「超絶怒涛の抗議を!し・ま・せ・ん!」となぜかノリノリで不問に
なぜか、サンシャイン池崎さん風になったエストニア大使館。(2017/12/14)

「空前絶後のぉ!間違いであります!」 エストニア大使館、超テンションでTBS「東大王」のミス指摘
でも超絶怒涛の抗議はしないそうです。(2017/12/10)

「仕事にも支障が」 Twitterを凍結され、日本法人を訪れて抗議したエンジニアに聞く
「身に覚えがないのに、Twitterアカウントを凍結された」と訴えるユーザーが増えている。凍結されたことを不当と感じ、日本法人を訪れて抗議したエンジニアのmizchiさんに経緯を聞いた。(2017/10/1)

「凍結」に抗議相次ぐ Twitter「深く反省」「透明感上げたい」
「身に覚えがないのに、アカウントを凍結された」と訴えるTwitterユーザーがここ最近、急増している。Twitter Japanは「透明性を含め、まだまだ見直すべきことが多いと深く反省している」という。【訂正】(2017/9/29)

「肩が出る服装は禁止」の校則に男子生徒が「性差別」と抗議の肩出しルック登校 その結末は?
(2017/8/23)

メルカリ、週刊新潮の「泥棒市場」報道に抗議 「訂正・謝罪求める」
メルカリは、『週刊新潮』に掲載された「メルカリは泥棒市場だ」と題した記事に「多くの事実誤認が含まれている」とし、出版社に抗議文送ったと発表した。(2017/8/23)

真木よう子、東スポWebの記事に抗議 「私は私が犠牲になっても一向に構いません」
記事では、真木さんのTwitterでの投稿に問題があったとしています。(2017/8/20)

独アーティスト、Twitter社オフィス前に削除されなかったヘイトツイートをスプレー 通報を6カ月間無視され
なかなか過激な抗議。(2017/8/14)

Twitterのヘイト投稿を路上スプレー 在ドイツのイスラエル人アーティスト
ハンブルクの路上にヘイトツイートの文面がスプレーでペイントされた。それはTwitterの姿勢に抗議する目的だった。(2017/8/12)

漫画『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』について、飛鳥新社に強く抗議します
今後は弁護士同席の上で話し合いの場を設け、速やかな対応を求めていく所存です。(2017/6/30)

「校則で短パンはダメ」に抗議 英国の男子生徒がスカートで登校
学校側は暑い日が続けば変更を検討するとしています。(2017/6/23)

スピン経済の歩き方:
「読売新聞読んで」発言への抗議が、不毛なワケ
安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただいてもいい」と発言して大騒ぎになった。ネット上で「さすがにこれはひどい」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はこの問題をどのように見ているのか。目くそ鼻くそを笑う、低次元の不毛な争いで……。(2017/5/16)

ロックフェス「VIVA LA ROCK」が産経新聞に抗議 責任がないバンドの名称を痴漢事件の報道に掲載
該当のバンド、来場者への配慮したものと見られます。(2017/5/8)

ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」、正式タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に決定 秋田県などから抗議受けて
えなりくんはきりたんぽだった……?(2017/4/21)

ボリビア政府がフランス大使館に抗議 麻薬カルテルがボリビアを支配しているとする「ゴーストリコン ワイルドランズ」の表現巡り
発売前に修正することは難しいだろう。(2017/3/6)

フジ「嫌われる勇気」に日本アドラー心理学会が抗議 放映中止・脚本見直しを要求
ドラマ内におけるアドラー心理学の理解が「一般的な理解とはかなり異なっている」としています。(2017/2/12)

ゼクシィを凶器に使った女子プロが編集部の抗議で謝罪会見 「結婚願望はありまぁす!」「オウッオウッオウッオウッ」
謝罪しながらけんかを売っていくスタイル。(2017/2/10)

Apple、Microsoft、Facebookなど、トランプ大統領に移民規制抗議の合同書簡を準備中
ドナルド・トランプ大統領の移民規制令の影響を受けている米国の大手IT企業が団結し、大統領に宛てた大統領令見直しを求める合同書簡を準備中であると、Recodeが草案を添えて報じた。(2017/2/3)

反トランプデモ「女性たちの行進」への問題発言で公職者のソーシャル炎上相次ぐ
トランプ「暴言の時代」到来。抗議デモはトランプ支持者の多い州でも起きている。(2017/1/26)

地域限定ポケモンに抗議された昼休み【みんなのポケGO写真】
かも南蛮……。(2017/1/19)

NAVERまとめに無断転載“された”側の訴え……「抗議への対応に驚愕」
「NAVERまとめ」に記事や画像を無断転載されたライターが、LINEに削除を依頼したところ、「驚愕の対応」をされ、泣く泣く削除依頼をあきらめたという。(2016/12/12)

「嵐」ツアーのキャンペーン、抗議受けてもなぜ継続? チケットキャンプに聞く
チケットキャンプの「ジャニーズ応援キャンペーン」にジャニーズ事務所が抗議。それでもキャンペーンを続ける理由は……。(2016/11/22)

ジャニーズに抗議受けたチケットキャンプ 確認不足を認めるも「キャンペーン自体は継続の判断」
キャンペーン画面以外では依然「ジャニーズ」の名称を随所に使用中です。(2016/11/21)

嵐ツアーの「ジャニーズ応援キャンペーン」は「無断で名称使用」 ジャニーズ事務所がチケットキャンプに抗議
「チケットキャンプ」の「ジャニーズ応援キャンペーン」にジャニーズ事務所が抗議。チケットキャンプはキャンペーン名から「ジャニーズ」の文字やロゴを外したが、キャンペーン自体は続けている。(2016/11/21)

「無断で行われているもの」 チケットキャンプの嵐コンサートキャンペーンにジャニーズ事務所が抗議文
転売チケットではコンサートへの入場はできません。(2016/11/20)

「私たちの大統領じゃない」ツイート多数 トランプ氏の大統領選勝利を受け全米で抗議デモ
Twitterでは#NotMyPresidentのハッシュタグが50万回近く使われている。(2016/11/10)

ヘンリー王子とドラマ「SUITS/スーツ」女優の交際、一線越えたマスコミ報道に英国王室が異例の抗議声明
ヘンリー王子の私生活について公式なコメントははじめて。(2016/11/10)

「自死は地獄の入り口」の記述が問題に 島根県津和野町、広報誌掲載コラムについて謝罪
遺族への配慮に欠けるとして、自死遺族自助グループから抗議を受けていた。(2016/11/10)

トランプ氏当選でハッシュタグ「HesNotMyPresident(彼は私の大統領じゃない)」が急伸 カリフォルニアでは抗議デモも発生
早くも「反トランプ」の動きが広がっています。(2016/11/9)

「欅坂46」の衣装がナチスに酷似 秋元康氏ら謝罪 「ありえない衣装でした」
「欅坂46」の衣装がナチス・ドイツの軍服に似ているとし、米国のユダヤ系団体が抗議していた問題で、ソニーミュージックグループと秋元康氏が謝罪コメント発表した。(2016/11/2)

「欅坂46」所属会社、「衣装がナチスの軍服に似ている」との抗議受け謝罪
ユダヤ系人権団体がプロデューサーの秋元康氏などに謝罪を求めていた。(2016/11/1)

米国で女性数百人がヨガパンツでパレード 男性の主張「20歳以上の女性は着るべきでない」に抗議
ローカル紙に掲載された63歳男性の投稿文が物議をかもしていました。(2016/10/27)

張本氏、箱根駅伝予選落ち大学に「内紛ある」発言 TBS系「サンデーモーニング」が抗議を受けて謝罪
中央大学陸上部の部長を務める野村修也弁護士がTwitterで抗議の意を示していました。(2016/10/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。