ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「抗議」最新記事一覧

Twitter日本法人前で「差別ツイート野放しやめて」 「のりこえねっと」など抗議
「差別ツイートを野放しにしないで」――Twitter日本法人前で8日、抗議活動が行われた。(2017/9/11)

「肩が出る服装は禁止」の校則に男子生徒が「性差別」と抗議の肩出しルック登校 その結末は?
(2017/8/23)

メルカリ、週刊新潮の「泥棒市場」報道に抗議 「訂正・謝罪求める」
メルカリは、『週刊新潮』に掲載された「メルカリは泥棒市場だ」と題した記事に「多くの事実誤認が含まれている」とし、出版社に抗議文送ったと発表した。(2017/8/23)

真木よう子、東スポWebの記事に抗議 「私は私が犠牲になっても一向に構いません」
記事では、真木さんのTwitterでの投稿に問題があったとしています。(2017/8/20)

独アーティスト、Twitter社オフィス前に削除されなかったヘイトツイートをスプレー 通報を6カ月間無視され
なかなか過激な抗議。(2017/8/14)

Twitterのヘイト投稿を路上スプレー 在ドイツのイスラエル人アーティスト
ハンブルクの路上にヘイトツイートの文面がスプレーでペイントされた。それはTwitterの姿勢に抗議する目的だった。(2017/8/12)

中国国内からさえ「権利侵害」:
中国企業が円谷プロに無断で“中華ウルトラマン”
中国企業がウルトラマン」を使ったアニメ作品を円谷プロに無断で製作すると発表し、円谷が「法的措置を含む断固とした措置をとる」と抗議するなど騒ぎになっている。(2017/8/7)

“中華ウルトラマン” 中国国内からさえ「権利侵害だ」
中国企業が「ウルトラマン」を使ったアニメ作品を、円谷プロに無断で製作すると発表。円谷が「法的措置を含む断固とした措置をとる」と抗議の声明を発表するなど騒ぎになっている。(2017/8/7)

漫画『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』について、飛鳥新社に強く抗議します
今後は弁護士同席の上で話し合いの場を設け、速やかな対応を求めていく所存です。(2017/6/30)

「校則で短パンはダメ」に抗議 英国の男子生徒がスカートで登校
学校側は暑い日が続けば変更を検討するとしています。(2017/6/23)

裁判打ち切りの逆転劇:
信号無視の反則切符拒否で逮捕 裁判所が断罪した警察の不誠実
信号無視について「納得がいかない」と抗議したところ、その場で現行犯逮捕された男性が、控訴審判決で空前の逆転劇ともいえる裁判打ち切りの「公訴棄却」判決を勝ち取った。(2017/6/14)

えっ! 信号無視の反則切符拒否で現行犯逮捕 異例の裁判打ち切り……男性が抵抗したワケ
「赤信号やない。黄色やった!」。交通違反で警察に反則切符を切られ、「納得がいかない」と抗議したところ、その場で現行犯逮捕されてしまった男性。控訴審で「公訴棄却」判決を勝ち取った。異例の「信号無視事件」の経過を追った。(2017/6/14)

「国連の立場反映しない」:
「共謀罪」法案への国連報告者書簡は不適切、強く抗議=菅官房長官
国連特別報告者が「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあるとの書簡を安倍首相に送ったことについて、菅官房長官は「強く抗議を行っている」と述べた。(2017/5/22)

ペンス氏は言論の自由訴える:
ペンス副大統領の米大学卒業スピーチ、学生が抗議の退出
米インディアナ州のカトリック系名門私大で行われた卒業式で、卒業生数十人が、来賓として出席したペンス副大統領のスピーチに抗議して式場を退出する一幕があった。(2017/5/22)

スピン経済の歩き方:
「読売新聞読んで」発言への抗議が、不毛なワケ
安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただいてもいい」と発言して大騒ぎになった。ネット上で「さすがにこれはひどい」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はこの問題をどのように見ているのか。目くそ鼻くそを笑う、低次元の不毛な争いで……。(2017/5/16)

ロックフェス「VIVA LA ROCK」が産経新聞に抗議 責任がないバンドの名称を痴漢事件の報道に掲載
該当のバンド、来場者への配慮したものと見られます。(2017/5/8)

ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」、正式タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に決定 秋田県などから抗議受けて
えなりくんはきりたんぽだった……?(2017/4/21)

ボリビア政府がフランス大使館に抗議 麻薬カルテルがボリビアを支配しているとする「ゴーストリコン ワイルドランズ」の表現巡り
発売前に修正することは難しいだろう。(2017/3/6)

フジ「嫌われる勇気」に日本アドラー心理学会が抗議 放映中止・脚本見直しを要求
ドラマ内におけるアドラー心理学の理解が「一般的な理解とはかなり異なっている」としています。(2017/2/12)

ゼクシィを凶器に使った女子プロが編集部の抗議で謝罪会見 「結婚願望はありまぁす!」「オウッオウッオウッオウッ」
謝罪しながらけんかを売っていくスタイル。(2017/2/10)

Apple、Microsoft、Facebookなど、トランプ大統領に移民規制抗議の合同書簡を準備中
ドナルド・トランプ大統領の移民規制令の影響を受けている米国の大手IT企業が団結し、大統領に宛てた大統領令見直しを求める合同書簡を準備中であると、Recodeが草案を添えて報じた。(2017/2/3)

反トランプデモ「女性たちの行進」への問題発言で公職者のソーシャル炎上相次ぐ
トランプ「暴言の時代」到来。抗議デモはトランプ支持者の多い州でも起きている。(2017/1/26)

地域限定ポケモンに抗議された昼休み【みんなのポケGO写真】
かも南蛮……。(2017/1/19)

NAVERまとめに無断転載“された”側の訴え……「抗議への対応に驚愕」
「NAVERまとめ」に記事や画像を無断転載されたライターが、LINEに削除を依頼したところ、「驚愕の対応」をされ、泣く泣く削除依頼をあきらめたという。(2016/12/12)

「嵐」ツアーのキャンペーン、抗議受けてもなぜ継続? チケットキャンプに聞く
チケットキャンプの「ジャニーズ応援キャンペーン」にジャニーズ事務所が抗議。それでもキャンペーンを続ける理由は……。(2016/11/22)

ジャニーズに抗議受けたチケットキャンプ 確認不足を認めるも「キャンペーン自体は継続の判断」
キャンペーン画面以外では依然「ジャニーズ」の名称を随所に使用中です。(2016/11/21)

嵐ツアーの「ジャニーズ応援キャンペーン」は「無断で名称使用」 ジャニーズ事務所がチケットキャンプに抗議
「チケットキャンプ」の「ジャニーズ応援キャンペーン」にジャニーズ事務所が抗議。チケットキャンプはキャンペーン名から「ジャニーズ」の文字やロゴを外したが、キャンペーン自体は続けている。(2016/11/21)

「無断で行われているもの」 チケットキャンプの嵐コンサートキャンペーンにジャニーズ事務所が抗議文
転売チケットではコンサートへの入場はできません。(2016/11/20)

「私たちの大統領じゃない」ツイート多数 トランプ氏の大統領選勝利を受け全米で抗議デモ
Twitterでは#NotMyPresidentのハッシュタグが50万回近く使われている。(2016/11/10)

ヘンリー王子とドラマ「SUITS/スーツ」女優の交際、一線越えたマスコミ報道に英国王室が異例の抗議声明
ヘンリー王子の私生活について公式なコメントははじめて。(2016/11/10)

「自死は地獄の入り口」の記述が問題に 島根県津和野町、広報誌掲載コラムについて謝罪
遺族への配慮に欠けるとして、自死遺族自助グループから抗議を受けていた。(2016/11/10)

トランプ氏当選でハッシュタグ「HesNotMyPresident(彼は私の大統領じゃない)」が急伸 カリフォルニアでは抗議デモも発生
早くも「反トランプ」の動きが広がっています。(2016/11/9)

「欅坂46」の衣装がナチスに酷似 秋元康氏ら謝罪 「ありえない衣装でした」
「欅坂46」の衣装がナチス・ドイツの軍服に似ているとし、米国のユダヤ系団体が抗議していた問題で、ソニーミュージックグループと秋元康氏が謝罪コメント発表した。(2016/11/2)

「欅坂46」所属会社、「衣装がナチスの軍服に似ている」との抗議受け謝罪
ユダヤ系人権団体がプロデューサーの秋元康氏などに謝罪を求めていた。(2016/11/1)

米国で女性数百人がヨガパンツでパレード 男性の主張「20歳以上の女性は着るべきでない」に抗議
ローカル紙に掲載された63歳男性の投稿文が物議をかもしていました。(2016/10/27)

張本氏、箱根駅伝予選落ち大学に「内紛ある」発言 TBS系「サンデーモーニング」が抗議を受けて謝罪
中央大学陸上部の部長を務める野村修也弁護士がTwitterで抗議の意を示していました。(2016/10/20)

「無断で“読み放題”から削除された」 講談社、Amazonに抗議 「大変困惑し、憤っている」
「Kindle Unlimited」で、講談社の書籍や雑誌の全作品の配信が無断で停止されたとし、講談社がAmazonに抗議。「大変困惑し、憤っている」としている。(2016/10/3)

講談社、Amazonへ強く抗議 「Kindle Unlimited」から説明なく全作品消され「憤っております」
電子書籍の定額読み放題サービスから何も連絡なく、配信作品を一方的に削除されてしまったそうです。(2016/10/3)

全国腎臓病協議会が長谷川豊に撤回と謝罪を求め抗議文を送付 人工透析患者に関するブログ記事の件で
強い憤りを覚えるとしています。(2016/9/23)

Facebook、「ナパーム弾の少女」を“ヌード”だとして削除(抗議を受け復活)
Facebookが、大手新聞社の記者が自身のページに投稿した歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」を「コミュニティ規定」に反するとして削除し、物議を醸した後復活させた。新聞社の編集長はザッカーバーグCEO宛の公開書簡で「ジャーナリストの権利と義務は、Facebookのアルゴリズムによって傷つけられるべきではない」と抗議した。(2016/9/11)

日本政府、領海侵入を繰り返す中国船に関する資料を公開 砲らしきものを搭載した船も
中国政府に対して厳重に抗議し即時退去や再発防止を強く求めている。(2016/8/10)

ポケモンにも自由を! 動物愛護団体PETAが「ポケモンGO」に抗議
ポケモンGOを機会に動物愛護について考えてほしいと主張しているものの、かたよった表現手法から、「実在の動物に目を向けるべき」といった批判を受けています。(2016/7/25)

鳥越俊太郎さんが週刊文春の“疑惑”記事に抗議 「明確な選挙妨害」
「女子大生淫行」“疑惑”が報じられていました。(2016/7/21)

ポケモンGOが大人気すぎて、「ミュウツーを求めるユーザーが高速道路を横断」というニセ動画が出回る
動画は黒人射殺事件への抗議デモの様子を写したものでした。(2016/7/12)

小沢一郎氏、“無礼発言”の古市氏を「応援しています」とコメント発表 「謝罪求め抗議」から一転
ネット党首討論で司会の古市憲寿氏が小沢一郎氏にプライベートな質問をし、小沢氏を怒らせた問題で、小沢氏は「古市氏を応援している」という内容のコメントを発表した。(2016/6/27)

「東大美女が隣に座るフライト企画」抗議相次ぎ即日撤回 HISが謝罪
HISは、東大の女子大生が隣に座ってくれるキャンペーンを即日撤回した。(2016/5/12)

TBSが“スポンサーへの圧力”を示唆した団体へ抗議声明を発表
「放送法に違反しているとはまったく考えておりません」とのこと。(2016/4/7)

テイラー・スウィフト、「Apple Music」のCM動画に出演(痛そう)
かつてAppleのアーティストの扱いに抗議し、和解したアーティストのテイラー・スウィフトが、「Apple Music」のCM動画に出演し、自身のTwitterで紹介した。(2016/4/2)

Google、Gmailのエイプリルフールがしゃれにならず、取り下げて謝罪
Gmailチームがエイプリルフールに仕込んだいたずら機能が、いたずらと気付かずに誤って使ったユーザーから多数の抗議を受け、数時間で取り下げられた。このいたずらのせいで職を失ったと抗議するユーザーもいる。(2016/4/2)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。