ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RealSense」最新記事一覧

暗証番号、生体認証、ピクチャパスワード
「Windows 10」にどうログオンする? “パスワード不要”の3つの認証とは
認証の世界は長らくパスワードが支配してきた。だが、パスワードは万全ではない。Microsoftは「Windows 10」で、生体認証「Windows Hello」やPINなど、パスワードの代替措置を多数提供している。(2016/5/26)

日本HP、Office搭載一体型PCを特価提供する「台数限定!Office半額キャンペーン!」を開始
日本HPは、液晶一体型PCを値引き提供する「台数限定!Office半額キャンペーン!」を発表。限定数を販売次第終了となる。(2016/5/13)

近未来の健康ガジェット:
ボディーラインの変化まで記録する体組成計「Naked 3D Fitness Tracker」
高性能な体重体組成計では、筋肉量や内臓脂肪の量など、体の中の細かなデータが取れますが、この「Naked 3D Fitness Tracker」は、それらに加えて、外見の変化をデータとして記録してくれる興味深い製品です。(2016/5/1)

Intel、従業員の11%に当たる1万2000人を削減へ PCからクラウド/IoTにシフト
Intelが、世界PC市場が減退する中、世界で従業員の約11%に当たる1万2000人を削減すると発表した。データセンターやIoT(モノのインターネット)にシフトし、“接続されたスマートな世界”のリーダーを目指す。(2016/4/20)

重量は約1.11キロ、薄さ10.4ミリ
徹底レビュー:“世界最薄”ノートPC「HP Spectre」、プレミアム感で「MacBook」にどう挑む?
Hewlett Packardは新型のノートPC「HP Spectre」を発表した。現時点での“世界最薄”となる13.3型ノートPCで、デザイン性も高い最新モデルだ。この極薄ノートPCは、いくら払っても惜しくない性能なのだろうか?(2016/4/17)

LTE対応SIMスロット搭載:
一度手にすればきっと驚く――約798gで世界最軽量2in1の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に迫る
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズは、とことん軽量を追究したノートPCだ。2016年春モデルとしてラインアップに加わった11.6型モデルの実力をチェックしてみよう。(2016/4/8)

IntelもARヘッドセットを開発中?
RealSense技術を持つIntelがARヘッドセットを開発するのは自然なことかもしれない。(2016/3/9)

簡単、安全、ミライセキュリティ:
PR:子どもがマイクラを始める前に、親が考えるべきこと
子どものネット利用には難しい問題が多い。パスワードは煩雑さを増し、ネットは空間の概念がないため、悪意はどこにでも、どこまでも届く――たとえ相手が子どもであっても。そこで注目したいのが、未来を予測して考えられた「ミライセキュリティ」だ。(2016/2/29)

「KY」を解決したThinkPad X1――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(後編)
Lenovoの「Think」製品は、ビジネスツールとして進化を続けている。日本で開発された「ThinkPad X1」シリーズは、ビジネス上の「KY」を解決しているらしい。でも、どうやって……?(2016/2/16)

2016年PC/タブレット春モデル:
タブレット、Yoga、クラムシェル――好きなスタイルを選べる新「ThinkPad X1」ファミリー
ThinkPadのプレミアムモデル「ThinkPad X1」ファミリーがラインアップを刷新。おなじみのクラムシェルタイプに加え、モジュール機構が魅力的な12型タブレットと、Yogaスタイルの2in1が登場する。(2016/2/9)

忍者モンキー壁紙も:
Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14257」公開
米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14257」を公開した。バグ修正が主な変更点だ。(2016/2/4)

ただ「軽い」だけじゃない:
11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に匠が込めた“燃え上がる魂”(前編)
11.6型のデタッチャブルPCで世界最軽量を実現した「LAVIE Hybrid ZERO」。同機を開発した「匠(たくみ)」たちは、その粋を結集し、単に「軽いPC」以上のものを作り上げた。まずは、商品企画と機構設計の匠の話を聞いてみよう。(2016/1/23)

もっと自由に、もっと気軽に:
2016年春の「LAVIE Hybrid Frista/ZERO」で変わるライフスタイル
LAVIEの2016年春モデルは、「Hybrid Frista」と「Hybrid ZERO」が主役。両機種の特徴を、NECパーソナルコンピュータの担当者が語った。(2016/1/18)

2016年PC/タブレット春モデル:
23.8型で狭額縁、YAMAHAサウンドシステムなどAV機能も充実──「LAVIE Desk All-in-one」
NECのオールインワン「LAVIE Desk All-in-one」に新モデルが登場。上位モデルはベゼルが6ミリというスタイリッシュなデザインを採用し、TV機能に特化した新リモコンやハイレゾ音源の再生など、AV機能が楽しめる充実の“テレパソ”となっている。(2016/1/13)

2016年PC/タブレット春モデル:
CPUを強化した主力の15.6型ノートPC──「LAVIE Note Standard」
15.6型ディスプレイを搭載したNECの主力機「LAVIE Note Standard」は、上位シリーズ「プレミアムノート」と下位シリーズ「スタンダードノート」の2ラインで展開。上位機のCPUを強化したのがトピックだ。(2016/1/13)

2016年PC/タブレット春モデル:
11.6型タブレット・デタッチャブルタイプ登場 13.3型はCPUを刷新――「LAVIE Hybrid ZERO」
超軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルが登場。11.6型タブレット・デタッチャブルノートが新たに登場するほか、13.3型のクラムシェル・2in1も、第6世代Core iプロセッサを搭載してリニューアルする。(2016/1/13)

STマイクロエレクトロニクス 日本法人代表取締役社長 マルコ・カッシス氏:
PR:運転、環境、IoTの3領域に注力、STは「顧客が最大のリターンを得られる“最善の選択肢”になる」
STマイクロエレクトロニクス(以下ST)は、世界的なトレンドであるSmart Driving(スマートな運転)、Smart Environments(スマートな環境)、Smart Things(スマートなモノ)の3つを成長領域に掲げ、センサーから、マイコン、パワーまでを包括する先端製品によるシステム提案を加速させる。「より良い製品とともに、充実したエコシステム作りを進める」と語るSTマイクロエレクトロニクス 日本法人社長のマルコ・カッシス氏に2016年の戦略を聞いた。(2016/1/12)

CES 2016:
Lenovoブースを360度動画で疑似体験――新しい「ThinkPad X1ファミリー」の実機をチェック
Lenovoが最新のThinkPad X1シリーズを発表し、CES 2016で実機を展示した。盛り上がるLenovoブースを360度動画で体感してみよう。(2016/1/11)

CES 2016:
「インテル入ってる」はPCからIoTへ その流れが加速する2016年
PC用プロセッサの会社というイメージから脱しつつあるIntel。CES 2016でアピールしたのも、“PCの先”を見据えた応用世界だった。(2016/1/10)

CES 2016:
デスクトップPC向けGPUが接続できる、わずか13ミリのノートPCからゲーム配信用Webカメラ、スマートウォッチまで――米Razerブースで新製品をチェック
派手なイルミネーションでおなじみのPCゲーミングデバイスメーカー米Razerブースでは、厚さ13ミリのノートPC「Razer Blade Stealth」などの新製品を展示している。スマートウォッチまで作っちゃったみたい。(2016/1/7)

Segway、ロボットに変身するホバーボード「Segway Robot」発表
中国Ninbot傘下のSegwayが、IntelのCES 2016の基調講演に登壇し、Intelの3Dセンシング技術「RealSense」採用の、ロボットにもなるホバーボード「Segway Robot」を披露した。(2016/1/7)

CES 2016:
Lenovo、3Dカメラなどを追加搭載できる12型タブレット「ThinkPad X1 Tablet」
ThinkPad X1ファミリーに12型タブレットが登場。ピコプロジェクターや3Dカメラといった機能を追加できるモジュラー設計が特徴だ。(2016/1/5)

「ThinkPad X1 Tablet」(899ドル)は3Dカメラやプロジェクターにもなるモジュラー式タブレット
Lenovoが、12インチのハイブリッドタブレット「ThinkPad X1 Tablet」を2月に899ドルで発売する。フルサイズのキーボードが付属しており、3Dカメラやプロジェクター、バッテリーの別売モジュールを追加できる。(2016/1/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
パスワードはもう時代遅れ? Surface Pro 4で「Windows Hello」を試す
「Surface Pro 4」は、Windows 10の新機能「Windows Hello」に対応したインカメラを内蔵している。手軽なサインインと強固なセキュリティが両立できるというWindows Helloの実力を探っていこう。(2015/12/2)

試行錯誤の3Dスキャン体験:
2万円台で購入できるパーソナル3Dスキャナの実力やいかに!?
パーソナル3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を使って、3Dスキャン初体験! いろいろな対象物をスキャンした結果や実際の使用感、使いこなすためのヒントなどをお届けします。(2015/11/27)

Apple、顔面モーションキャプチャのfaceshiftを買収か
Appleが、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でも採用されているという顔面モーションキャプチャ技術企業、faceshiftを買収したことを非公式に認めた。(2015/11/26)

レノボ、第6世代Coreプロセッサモデルも用意したスタンダードノートPC「ThinkPad E」シリーズ
レノボ・ジャパンは、14型/15.6型液晶を内蔵するスタンダードノートPC「ThinkPad E」シリーズを発表。搭載CPU/ディスプレイサイズの差異で4バリエーションを取り揃えている。(2015/11/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
本日発売! 「Surface Pro 4」のスペック表では分からない注目点
ついに日本でも販売が開始された「Surface Pro 4」。スペック表では分からない隠れた注目ポイントとは?(2015/11/12)

デル、5K液晶などハイエンド製品を体験できる展示イベントをなんばCITYで開催――11月20日/21日
デルは、同社製ハイエンド機器を体験できる展示イベント「むらいさちフォトギャラリー&デル最新ハイエンド製品体験イベント」の開催を発表した。(2015/11/5)

XYZプリンティング、立体物を片手で手軽にスキャンできる「ハンドヘルド 3Dスキャナー」発売
XYZプリンティングジャパンは、コンパクト設計のハンディ3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を発表した。(2015/10/26)

3Dプリンタとセットでお得なパックも:
ハンディタイプの小型「3Dスキャナ」が2万2800円で登場!
XYZプリンティングジャパンは、ハンディタイプの小型3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」の予約販売を開始した。(2015/10/26)

デル株式会社提供Webキャスト
「ケーブルレスの快適さをフル活用」、新しいワークスタイルの実現
ワークスタイルの多様化に伴い、法人向けPCなどの選択基準でも新たなワークスタイルを支援する技術が評価されるようになってきた。例えば、出力端子をつながず使える「ケーブルレス」テクノロジー。今回はこうした法人向けPCの実力について見ていきたい。(2015/10/15)

CEATEC 2015:
1人1台「3Dスキャナ」の時代に!? 3万円を切るパーソナル3Dスキャナ年内発売予定
XYZプリンティングジャパンは「CEATEC JAPAN 2015」に出展。多機能パーソナル3Dプリンタやハンディ型3Dスキャナ、3Dペンなど、日本未発表の新製品ラインアップを多数展示した。(2015/10/8)

未来はすぐそこ:
「HoloLens」開発版は2016年第1四半期に出荷、価格は3000ドル
現実の視界に映像を重ねて拡張現実を実現するWindows 10搭載ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のデベロップメントエディションは3000ドル。HoloLens用ゲーム「X-Ray」のデモも披露された。(2015/10/6)

懐かしいあの機種も展示:
指紋、顔、虹彩そろい踏み――富士通の2015年秋冬PC・タブレット・スマホの生体認証機能
富士通のPC・タブレット・スマートフォンの2015年秋冬モデルは、「いつでもどこでも安心・安全」のコンセプトにもとづいて生体認証に力を入れている。(2015/10/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
いよいよ今晩発表! 「Windows 10 Mobile」搭載スマホは何が出てくる?
10月6日午後11時(日本時間)に米ニューヨークで開催されるMicrosoftの「Windows 10搭載デバイス」発表会。同社は3つのスマートフォンカテゴリに3モデルのLumia新製品を投入するようだ。(2015/10/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
見えてきた「Windows 10 Mobile」スマホ/タブレットの姿
PC版が先行していたWindows 10だが、本命はむしろスマートフォン/小型タブレット用の「Windows 10 Mobile」とも言われている。その搭載デバイスの全貌が見えてきた。(2015/10/4)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(4):
Kinect以外のDepthセンサーを使った3Dスキャン
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。最終回では「Intel RealSense」と「Structure Sensor」を使った3Dスキャンについて紹介する。(2015/10/2)

MS平野社長も「Office 2016のインパクト」を予告:
これからはモノ売りからコト売り──NEC、LAVIEとWindows 10の“親和性”をアピール
LAVIE秋冬モデルのキーワードは「Windows 10の機能をフルに引き出す」で、キーナンバーは「1」「3」「10」「45」という。ちなみに留目社長は44歳。(2015/9/28)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スマホで3Dスキャンできる時代が目の前に!?
こんなの待っていた!!(2015/9/24)

IFA 2015:
PCはこの5年間でどれだけ進化した?──Intel、IFA会場で“Skylake”正式発表
IFA 2015の開幕を前にしてIntelがプレスカンファレンスを開催し、ラインアップを大幅に拡大した第6世代Coreプロセッサー・ファミリーを紹介した。(2015/9/3)

IFA 2015:
Lenovo、IFA 2015で“Skylake-U”搭載「ThinkPad E」シリーズを発表
Lenovoは、インテルの未発表CPUを搭載したバリュークラス大画面ThinkPadシリーズを発表した。日本市場での出荷は不明。(2015/9/1)

生体認証と多要素認証でセキュリティが向上
「Windows 10はパスワードなしでも安全」の謎 「Windows Hello」とは何か
米Microsoftの最新OS「Windows 10」では、生体認証と多要素認証によって、ユーザーは必要なリソースにより簡単かつセキュアな方法でアクセスできる。(2015/9/1)

Intelは今、何を考えているのか:
3D XPointから7nmプロセスまで――Intel CEOに聞く
2015年8月18〜20日に開催された「IDF(Intel Developer Forum) 2015」において、Intel CEOのBrian Krzanich氏にインタビューする機会を得た。新メモリ技術として注目を集めた「3D XPoint」からAltera買収まで、率直に話を聞いてみた。(2015/8/28)

3D Xpointストレージは2016年に登場:
Intelがいま最も訴求したいのはSkylakeじゃない
開発者会議の原点に立ち戻った今回のIDFにおける基調講演では、IoTに対する取り組み訴求がメインの内容となった。(2015/8/19)

パスワードは時代遅れです:
Windows 10時代の新認証 「Windows Hello/Microsoft Passport」と「FIDO」を理解する
企業の情シス担当者へWindows 10への刷新を勧めたいポイントの1つが、セキュリティを高める「新たな認証機能」だ。Windows 10の新認証機能Windows HelloとMicrosoft Passport、そして「FIDO」って何? を解説する。(2015/7/29)

しくみデザイン、体の動きで楽器を演奏できる音楽ソフト「KAGURA」のMac版を公開
しくみデザインは、同社製の音楽ソフト「KAGURA」のMac版公開を開始した。(2015/7/21)

レノボ、4in1スタイルを採用したCeleron搭載11.6型エントリーノート「Lenovo FLEX 3」など2製品
レノボ・ジャパンは、11.6型モバイルノートPC「Lenovo FLEX 3」、3Dカメラ搭載15.6型ノートPC「Lenovo Z51」の2製品を発売する。(2015/7/7)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(1):
「Kinect for Windows」を3Dスキャナとして活用する
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第1回は、全体像の把握を目的に、Kinect for Windowsを用いた3Dスキャンから、3Dデータの修正および3Dプリントまでの流れを紹介する。(2015/7/1)

「de:code 2015」展示ブースまとめ:
PR:ビジネスに即したクラウド、セキュリティソリューション、未来を感じるアプリ19選
日本マイクロソフトが2015年5月26、27日に開催したエンジニア向けカンファレンス「de:code」では、「モバイルファースト・クラウドファースト」がキーワードに。併設の展示会場では、Microsoft Azureやマルチプラットフォーム対応のアプリなど、多彩なソリューションが紹介された。(2015/6/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。