ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が、値下げ競争の起きない「接続料」にメス――もはや「接続料」は役目を終えたのではないか
公正取引委員会で行われている「携帯電話に関する意見交換会」。その2回目の会合では「MVNOへの接続料」が大きなテーマとなったが、回線の卸提供を受けるMVNOが大半を占める中、接続料そのものの見直しが必要なタイミングに来ているのかもしれない。(2018/5/25)

プライスロック・リニューアル第2弾:
西友、約600品目を平均約7%値下げ
西友は5月24日、約600品目を平均約7%値下げすると発表した。(2018/5/24)

Apple、iPhoneのバッテリー交換費の値下げ前に交換した人に5600円返金
Appleは、保証外の「iPhone 6」以降のバッテリー交換費用値下げ前に、正規料金でバッテリーを交換したユーザーに対し、値下げ分の50ドル(日本では5600円)を払い戻すと発表した。(2018/5/24)

Nintendo Switch「2台目用セット」 通常より5000円安く登場
任天堂は5月23日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の本体セット価格を通常より5000円値下げした、「Nintendo Switch 2台目用セット」を発売した。価格は2万4980円(税別)で、公式オンラインストア「マイニンテンドーストア」から購入できる。(2018/5/23)

ASUSが「ZenFone 4(ZE554KL)」を値下げ 4万9800円に
ASUS JAPANは、5月11日にSIMフリースマホ「ZenFone 4(ZE554KL)」の価格を改定。従来価格から7000円値下げし、4万9800円(税別)で提供する。(2018/5/11)

フォーカル、ネコの目で残量が分かるモバイルバッテリーを値下げ 3980円に
フォーカルポイントは、5月1日にネコのまばたきで電池残量が分かるモバイルバッテリー「TUNEMAX CAT'S EYE BATTERY 10,000mAh」を値下げ。3980円(税別)で販売する。(2018/5/2)

4月25日〜5月15日:
マクドナルド、ナゲット15ピース入りを390円に期間限定値下げ 限定ソースも
日本マクドナルドが期間限定で「チキンマックナゲット 15ピース」を180円値下げする。4月25日〜5月15日は、通常の570円(税込、以下同)から390円となる。2種類のソースも限定発売する。(2018/4/20)

ほっともっと、5月からのり弁を300円に値下げ
のり弁はいいぞ。(2018/4/13)

メニュー改善でカバー:
ほっともっと、「のり弁当」値下げで300円に 「競争力高める」
「ほっともっと」が5月1日から「のり弁当」を50円値下げして300円に。市場競争力を高める狙いがあるという。メニューの見直しによってコストをカバーする。(2018/4/13)

Amazon、スマート監視カメラのRing買収完了で製品大幅値下げ
Amazon.comが、ホームセキュリティ製品メーカーのRingの買収を完了し、スマートフォンアプリで操作できる監視カメラ「Video Doorbell」を180ドルから100ドルに値下げした。(2018/4/13)

マクドナルドの「朝マック」リニューアル 250円のコンビ登場
エッグマックマフィンは50円値下げに、ホットケーキなどは20円値上げに。(2018/4/8)

週末アキバ特価レポート:
200GB microSDXCカードが通常売価で税込み6980円
SanDiskの200GB micro SDXCカード「SDSQUAR-200G-GN6MA」がテクノハウス東映で週末に値下げされ、少なくとも入荷分は税込み6980円で売られることに。(2018/4/7)

「PS VR」1万円値下げ 4万4980円→3万4980円に
「PlayStation VR」のPlayStation Camera同梱版が世界で値下げ。日本では税別4万4980円から3万4980円に。(2018/3/28)

「PS VR」が値下げ 3万4980円に
全世界で値下げに。(2018/3/28)

「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」が値下げに
ASUS JAPANは、3月9日にSIMフリースマホ「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」の価格を改定。「ZenFone 4 Pro」は6万9800円(税別)、「ZenFone 4 Selfie Pro」は3万4800円(税別)に値下げする。(2018/3/9)

支払い総額変化なし:
スマホプランは一律1000円引きに――Y!mobileが一部料金プラン・オプションサービスの料金を改定 6月利用分から
Y!mobileが料金プランとオプションサービスを6月から改定する。スマートフォン向けの「スマホプラン」では契約1〜2年目に適用される「スマホプラン割引」と3年目以降に適用される「長期利用割引」を廃止する代わりに、月額料金を一律1000円値下げする。(2018/2/28)

「プライスロック」期間は3カ月に:
西友、食品・日用品500品目を平均7%値下げ
西友が食品・日用品約500品目を平均約7%値下げする。対象は、敷島製パンの「パスコ 超熟6枚切」(138円→128円)など。「プライスロック」期間は期間は3カ月に短縮する。(2018/2/22)

不祥事相次ぐ:
NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化 強まる批判
受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。(2018/2/21)

TDRの年間パスポートが利用条件変更へ 使用不可日の設定、料金は値下げ
3月1日から。(2018/2/15)

総務省、休眠電話番号を開放へ 格安スマホに割り当て 携帯料金値下げも期待
総務省が休眠状態の電話番号の利用を促すため、未使用期間の期限を設定する方針を固めたことが分かった。長期間の未使用が確認された番号は使用を停止して格安スマートフォン事業者などに開放する方針。(2018/1/29)

有機ELテレビに値頃感 半年で10万円安、液晶との価格差縮小
高精細な画質の有機ELテレビが大幅に値下がりしてきた。(2018/1/24)

マクドナルドのカフェラテ値下げ Sサイズ150円に
ビッグマックとえびフィレオは値上げに。(2018/1/12)

コスト削減に成功:
イオン、PB「トップバリュ」100品目を値下げ
イオングループが、PB「トップバリュ」100品目を値下げする。対象は食品、酒類、日用品。コスト削減に成功したためという。(2018/1/12)

Apple、旧iPhoneの“減速問題”についてコメント バッテリー交換費用を3200円に値下げ
「Appleは旧iPhoneの動作を意図的に遅くしているのではないか」という疑惑について同社がコメント。減速の要因として、バッテリーの経年劣化とソフトウェアアップデートを挙げている。iPhone 6以降のバッテリー交換費用を値下げする。(2017/12/31)

Apple、旧型iPhoneの意図的減速について正式謝罪 バッテリー交換費を3200円に値下げへ
Appleが、旧型iPhoneのバッテリー劣化対策としてOSで意図的に動作速度を遅くし、かつそれを開示しなかったことについて正式に謝罪し、2018年の1年間はバッテリー交換費を50ドル値下げすると発表した。【UPDATE】日本では8800円が3200円になる。(2017/12/29)

アクアライン20周年:
値下げで交通量2倍に 千葉県知事「通行料800円の継続は絶対必要」
東京湾アクアラインが開通から20周年を迎える。森田健作知事が“夢の架け橋”に懸けた思いを振り返った。(2017/12/21)

「どん兵衛」「オロナミンC」など:
西友、年末年始の人気商品37品目を平均14%値下げ
西友は12月19日〜2018年1月8日にかけて、年末年始に需要が高まる食品・飲料品37品目を平均14%値下げする。(2017/12/18)

Apple、2018年上半期にiPhone 7を2000万台生産
値下げにより最も売れるiPhoneになったiPhone 7。旧世代ながら2018年にも売っていく方針。(2017/12/12)

TONEの「ライフログ」機能がリニューアル 端末の「お試しレンタル」と「値下げ」も
トーンモバイルが提供する「トーンモバイル(TONE)」端末に搭載されている「ライフログ」に、新機能「お元気ナビ」「お薬ナビ」が追加される。また、その他のTONEサービスも拡充される。(2017/11/22)

平均3〜9%:
西友、年末商戦に向け食品・日用品644品目を値下げ
西友は11月17日から、ナショナルブランド(NB)の食品・日用品644品目を平均3〜9%値下げする。(2017/11/16)

「PS4」と「PS VR」、ブラックフライデー前後に期間限定で100ドル値下げ
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが米国のホリデーシーズンにPS4とPS VRをそれぞれ、期間限定で100ドル値下げする。(2017/11/13)

え、月1万9800円で? 月額制のクルマ乗り放題サービス「NOREL」が最安値プランを1万円値下げ
保険代込みで月2万円という時代に。これは考えてしまいます。(2017/11/7)

ドコモが「補償サービス」の料金を一部値下げ docomo withスマホとspモードケータイの新機種で
NTTドコモの決算説明会で予告された「ケータイ補償サービス」の値下げについて、詳細が発表された。2017年冬モデル以降のdocomo with対象スマホとspモードケータイについて、月額料金と交換電話機の負担金が従来よりも安価になる。(2017/11/7)

ドコモが一部機種の「ケータイ補償サービス」の値下げを検討中 11月上旬めどに詳細を発表
NTTドコモが、docomo with対象機種とケータイ(フィーチャーフォン)の「ケータイ補償サービス」の料金値下げを検討していることを明らかにした。(2017/10/26)

プライス・キャンペーン第3弾:
西友、食品・日用品529品目を値下げ 平均6〜10%
西友が、10月26日から他社製の食品・日用品529品目を平均6〜10%程度値下げすると発表。(2017/10/25)

「Essential Phone」、「iPhone X」発売前に200ドル値下げ
“Androidの父”アンディ・ルービン氏のハイエンドAndroid端末「Essential Phone」が発売後2カ月で699ドルから499ドルに値下げされた。「多くの人に手に取ってもらいたい」からとしている。(2017/10/23)

ASUS、「ZenFone 3」「ZenFone Live」を値下げ
ASUS JAPANは、10月13日にSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 3(ZE552KL)」「ZenFone Live(ZB501KL)」の価格を改定。ZenFone 3(ZE552KL)は3万9800円(税別)、ZenFone Live(ZB501KL)は1万7800円(税別)となる。(2017/10/13)

「Oculus Rift」+コントローラ、5万円に値下げ
Facebook傘下のOculus VRが、VR HMDの「Oculus Rift」+コントローラー「Touch」を付けたセットを399ドル(日本では5万円)でずっと販売すると発表した。実質200ドルの値下げになる。(2017/10/12)

顧客の節約志向続く:
西友、PB商品103品目を値下げ 平均7%
西友が9月28日からPB「みなさまのお墨付き」103品目を平均7%程度値下げすると発表。(2017/9/27)

PS VR値下げ Camera同梱版が4万4980円に
PS VRが実質値下げ。カメラ同梱版が4万4980円になる。【訂正】(2017/9/20)

PlayStation VR、10月14日から値下げへ Camera同梱版が4万4980円
ねこあつめVRも発表。(2017/9/19)

AWS課金、時間単位から秒単位へ AzureとGoogle Cloud Platformは分単位
Amazon.comのクラウドサービスAWSの料金体系が、立ち上げ以来の時間単位から秒単位に変わる。事実上の値下げになる。競合するMicrosoftのAzureとGoogle Cloud Platformはそれぞれ分単位だ。(2017/9/19)

Apple、「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」をそれぞれ値下げ
Appleが、新iPhone発表に伴い、旧モデルをそれぞれ約1万円ずつ値下げした。「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の256GBモデルの販売は終了した。(2017/9/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
Socket AM4対応APUが登場! ……も、続くAMDの混乱劇
Socket AM4対応のAPU「A12/A10」に加え、Ryzen Threadripperの下位モデル「1900X」が登場。また、上位モデルの値下げ騒動の余波も発生しており、何かとAMDが話題を集めている。(2017/9/4)

mineoが秋商戦キャンペーンを開始 サービスや端末も拡充
ケイ・オプティコムの「mineo」が、秋商戦に向けたキャンペーンを11月9日まで実施する。合わせてサービスや端末ラインアップを拡充し、一部端末については販売価格を値下げする。(2017/9/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

Amazon、Whole Foodsの食品値下げや店鋪への「ロッカー」設置を計画
Amazon.comが、約137億ドルのWhole Foods Market買収を8月28日に完了する。食品値下げや「Amazonフレッシュ」の拡充、店頭への「Amazon Locker」の設置などの計画を発表した。(2017/8/25)

HTC Vive値下げ 7万7880円に
「HTC Vive」が約2万円値下げされ、税別7万7880円に。先行して値下げしたOculus Riftに対抗か。(2017/8/21)

Apple、「iPod nano」と「iPod shuffle」を販売終了
Appleが、「iPod」シリーズの「nano」と「shuffle」の販売を終了した。シリーズで残るのは「iPod touch」のみになり、こちらも4モデルあったのが2モデルに減り、値下げされた。(2017/7/28)

「Oculus」が値下げを正式発表! サマーセールの大幅値下げも継続中
微妙に同梱内容も変わりました。(2017/7/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。