ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「値下げ」最新記事一覧

ドコモ、「すきじかん」と「ギフトコ」で期間限定キャンペーンを開始
「すきじかん」は3カ月お試しキャンペーンとして値下げ、「ギフトコ」は加入およびギフト購入でドーナツをプレゼント。(2016/2/3)

電気料金の新プラン検証シリーズ(16):
競争激化で東京ガスが電気料金を値下げ、東京電力・ソフトバンク連合に対抗
昨年末に先陣を切って電気料金を発表した東京ガスが早くも値下げを実施した。東京電力よりも高く設定していた基本料金を同額に合わせたほか、使用量で加算する電力量料金も引き下げる。戸建て3人家族のモデルケースでセット割引を適用すると東京電力+ソフトバンクよりも安くなる。(2016/2/3)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
総務省案件が多かった年末年始、実効速度公開や料金値下げ議論の効果は?
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社は、総務省の要請に基づき全国各地で通信速度の実効速度を公開。また政府主導で生まれた「1GBプラン」は料金値下げにつながるのだろうか?(2016/1/26)

電気料金の新プラン検証シリーズ(12):
原発再稼働を待つ電力会社、新規参入組の低価格プランに挑む「最初の一手」
小売全面自由化に向け、電力会社各社が新料金プランを続々と発表している。料金値下げの切り札となる原発の再稼働状況を見守りつつ、「今より安くなる」を掲げて電力会社に挑む新規参入事業者が続々と登場する中、各社はどんな料金プランを設定したのか。(2016/1/21)

AzureはAWSに対抗値下げ:
2016年1月、AWS、Azure、GCP間の「クラウド価格戦争」が再燃
2016年1月に入って、Amazon Web Services(AWS)、Google Computing Platform(GCP)、Microsoft Azureの間での価格に関する争いが再燃している。AWSに続きAzureが値下げを発表、GCPはAWSの値下げ後も自らがプライスリーダーだと主張した。(2016/1/18)

石川温のスマホ業界新聞:
最初に要請書を手渡されたのはソフトバンク・宮内謙社長――「(値下げしても)ワイモバイルとソフトバンクは棲み分けできる」
12月18日、ソフトバンク・KDDI・NTTドコモの3社が高市早苗総務大臣から「携帯電話事業者への要請」を受け取った。最初に要請書を受け取ったソフトバンクの宮内謙社長は、受け取り後に囲み取材に応じた。(2015/12/25)

上海問屋、スマホリング108円など 超特価品を用意するクリスマスセールを開催
上海問屋が、期間限定で人気製品を値下げして販売するクリスマスセールを実施する。(2015/12/24)

Mobile Weekly Top10:
iPhone人気続く販売ランキング/ひとまず決着した料金値下げ議論
「iPhone 6s」と「iPhone 6」の牙城を崩すのか注目されたXperia Z5シリーズですが、発売直後の人気が続かず、総合順位で苦戦している様です。(2015/12/21)

石野純也のMobile Eye(12月7日〜18日):
総務省の「携帯電話値下げ議論」が決着――1GBプランが登場し、実質0円がなくなる?
総務省が議論を進めている「携帯電話の値下げ」についての結論が出された。スマートフォンの料金や、端末の価格はどう変わるのだろうか? タスクフォースでの話し合いの中から読み解いていきたい。(2015/12/19)

「Nexus 5X」と「Nexus 6P」がGoogleストアで約6000円ずつ特別値下げ 12月30日まで
Googleストアで最新Nexus端末の「Nexus 5X」が6050円、「Nexus 6P」が6200円値引き販売されている。キャンペーンは12月30日までだ。(2015/12/17)

低容量プラン+実質0円是正で公平性を高める――総務省、携帯料金タスクフォースの第5回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第5回会合では、提言の取りまとめ案の承認を行った。(2015/12/16)

安全システム:
「Toyota Safety Sense P」の価格は8万円、新型「プリウス」全グレードに採用
新型「プリウス」は、最も安価な「Eグレード」を含めた全グレードで運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を採用している。オプション価格は税別で8万円。3代目プリウスの運転支援システムと比べて大幅な機能向上を図りながら、半額近い値下げを実現している。(2015/12/9)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省「料金値下げタスクフォース」が終盤に突入 ――有識者会議は、いったい何が「有識」なのか
総務省の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の第4回会合が行われた。気になるのは、「有識者」の通信環境に対する認識だ。(2015/12/4)

週末アップルPickUp!:
今年もやってきた! iOS/OS X向け有料アプリが大量セール
ブラックフライデーにあわせて有料アプリが値下げ。(2015/11/30)

課題解決に向けた論点とは――総務省、携帯料金タスクフォースの第4回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第4回会合では、議論する課題の絞り込みと、課題解決のための論点整理を行った。(2015/11/28)

石川温のスマホ業界新聞:
高市早苗総務相に「ケータイ料金値下げ」の疑問を直撃――総務省タスクフォースは「机上の空論」ではないのか
頻繁に携帯電話を買い換える人と、そうでない人の料金面での不公平さが指摘されている。総務省の携帯電話料金に関するタスクフォースで料金見直しの方向性の議論が進んでいる中、BS番組で高市早苗総務大臣から直接話を聞く機会を得た。(2015/11/13)

総務大臣も出席:
料金の公平負担に向けた課題は――総務省、携帯料金タスクフォースの第2回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第2回会合では、消費者相談員の団体、キャリア、MVNOからの意見聴取が行われた。(2015/10/29)

ついに1万円切り:
ドスパラ、Windows 10搭載スティックPC「Diginnos Stick DG-STK1B」を9980円に値下げ
ドスパラは、スティックPC「Diginnos Stick DG-STK1B」の価格改定を発表した。(2015/10/20)

DMM mobile、「ZenFone 2」を3000円値下げ
DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、スマートフォン「ZenFone 2」のメモリ2Gバイト・ストレージ容量32Gバイトモデルの販売価格を変更。本体価格から3000円値下げした3万3800円(税別)で提供する。(2015/10/13)

すき家、牛丼値下げ期間を延長 並盛り290円
すき家が期間限定の牛丼値下げキャンペーンを10月22日まで延長する。(2015/10/7)

値下げしたiCloudストレージ 新iPhoneでのお得な使い方は?
Appleが、9月にiCloudストレージの値下げを発表しました。50Gバイトが月額130円で利用可能になったiCloudストレージは、ちょっとの出費で、iPhone本体のストレージ容量を効率的に活用できるようになるのでお勧めです。(2015/10/3)

サードウェーブデジノス、スティックPC「Diginnos Stick」ファンレスモデルを値下げ
サードウェーブデジノスは、スティックPC「Diginnos Stick DG-STK1」の価格改定を発表した。(2015/9/30)

期待に応える3年目:
ドコモのiPhone 6s販売、予約「2割増し」で行列解消 値下げは“じっくり検討”
下り最大262.5Mbpsの「PREMIUM 4G」に対応。加藤社長が「最高のiPhone 6sは最高のネットワークで使っていただきたい」と優位性をアピールした。(2015/9/25)

DMM mobile、データSIMの1/5/10Gバイトプランを値下げ
DTI SIMから“業界最安”の座を奪還した。(2015/9/25)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがiPhone発売に向けて「PREMIUM 4G」を全面アピール――1700円への値下げに追随されたKDDIは「3GB」を徹底訴求へ
ドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクがそろってiPhoneを扱うようになって3年目を迎えた。iPhoneそのものでの差別化が図れなくなり、各キャリアはネットワークや料金面でのアピールに力を入れている。(2015/9/25)

すき家、牛丼を期間限定で290円に値下げ
すき家で牛丼全品を9日間限定で60円値下げ。吉野家も西日本限定で期間限定値下げを行う。(2015/9/25)

DMM mobile、「Ascend Mate7」の端末価格を7000円値下げ
DMM.comがMVNOサービス「DMM mobile」で提供している、Huawei製のスマートフォン「HUAWEI Ascend Mate7」の販売価格を変更。本体価格を7000円値下げし、3万9800円(税別)で提供する。(2015/9/17)

3社横並び:
ドコモが定額通話プラン値下げ 月1700円からの「カケホーダイライトプラン」
「データMパック」(月額5000円)以上とのセット提供になり、月の総額は7000円から利用できる。(2015/9/16)

PS4値下げ 10月1日から税別3万4980円に
これまでの3万9980円から値下げ。(2015/9/15)

PS4値下げ 3万4980円に
SCEがPS4の値下げを発表。3万4980円(税別)に。(2015/9/15)

MVNOに聞く:
ドコモ+auで相乗効果を狙う「mineo」、2社とのL2接続で広がりあるサービス展開を
auのLTE網を使った最初のMVNO「mineo」。9月からは新たにドコモ回線を使った格安SIMも提供を開始し、値下げも行った。ライバルが多いドコモ系MVNOのサービスを展開する狙いを聞いた。(2015/9/14)

1回5分まで:
KDDI、定額通話付き基本料を値下げ 月額1700円の「スーパーカケホ」発表 
月間3Gバイトまでの「データ定額 3」(4200円)と組み合わせて、月額料金6200円から利用可能に。(2015/9/11)

Amazon、「Fire Phone」販売終了を認める
Amazonが昨年7月に199ドルで発売し、9月には0.99ドルに値下げした意欲的なスペックのオリジナルスマートフォン「Fire Phone」の販売が終了する。販売ページには「現在購入できません。再入荷するかどうかは不明です」と表示される。(2015/9/10)

予約は12日16時1分開始:
SIMフリー版「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」は8万6800円から 従来モデルは1万以上の値下げ
iPhone 6/iPhone 6 Plusはシルバーとスペースグレイ、16Gバイトと64Gバイトのみに。(2015/9/10)

自宅での即時MNPも可能に:
「BIGLOBE SIM」が値下げ、通話+12Gバイトで3400円に――複数SIMや通話パックも提供
さらにセット端末に「ZenFone 2 Laser」を追加。指定プランに加入で最大1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施。(2015/9/7)

「BIGLOBE SIM」値下げ 音声通話付きプランを月1400円から 17年までに100万契約目指す
「BIGLOBE SIM」が音声通話付きプラン、データ通信専用プランをそれぞれ値下げ。パケットシェアや低価格の通話定額プランを新設し、既存キャリアからの乗り換えを狙う。(2015/9/7)

Smart Labo Onlineで「StationTV」を値下げ 1万2800円→9980円(税込)
iPhoneやiPadで楽しめるモバイルテレビチューナー「StationTV」が9980円に値下げされた。(2015/8/28)

DMM mobile、通話SIMの3Gバイトプランを9月1日に値下げ――業界最安の1500円に
DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、9月1日からシングルコースの通話SIMプラン3Gバイトを1500円(税別)に値下げする。(2015/8/25)

定額音楽配信「AWA」値下げ 月額1080円→960円に
スマートフォン向け定額制音楽配信サービス「AWA」の「Premiumプラン」の月額料金が1080円から960円に値下げされた。(2015/8/25)

定額音楽アプリ「AWA」が月960円に値下げ オフライン再生機能など追加
定額制音楽配信アプリ「AWA」が「Premiumプラン」の月額料金を960円に値下げし、プラン名も変更した。オフライン再生機能など新機能も追加する。(2015/8/24)

日本HP、Core i5搭載PCを大幅値下げで販売する“3日間限定”キャンペーン――8月23日まで
日本HPは、Core i5搭載デスクトップPC計3機種を特価販売する期間限定キャンペーンを開始した。(2015/8/21)

DMM mobile、HUAWEI「Ascend G620S」の販売価格を変更――月々576円に
DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、スマートフォン「HUAWEI Ascend G620S」の値下げを実施した。(2015/8/20)

海外用SIMも:
mineoが「ドコモプラン」の詳細発表、“使える端末が最も多い”MVNOに――500Mバイト/700円から auプランも値下げ
mineoがドコモ網を使った新料金の詳細を発表。従来のauプランと合わせて個人向けでは初の“マルチキャリアMVNO”サービスを9月から開始する。(2015/8/18)

格安SIM「mineo」ドコモ回線の料金発表 「競合と同水準」 au回線の料金は一部値下げ
格安SIMカード「mineo」で9月1日にスタートする、ドコモ回線を利用したプランの料金が発表。「競合他社の価格と同等水準」としている。(2015/8/18)

ファーウェイ、「Ascend G620S」を値下げ 税別1万7800円に
楽天市場の販売価格を税込み2万3544円から1万9224円に。(2015/8/6)

格安SIM定点観測:
au系MVNOの動きが活発に DMM mobileは“対抗”値下げとプラン新設――2015年7月データ通信編
iOS 8端末でデータ通信ができる“魔法”により、にわかに注目を集めるKDDI(au)系MVNO。その市場に、新しく2社が参入した。一方、ドコモ系MVNOでは、Wonderlinkのプランリニューアル、DMM mobileの“対抗値下げ”と新プランが話題となった。(2015/8/4)

電気自動車:
商用EV「ミニキャブ・ミーブ」が値下げ、補助金減で実質価格はほぼ変わらず
三菱自動車は商用電気自動車(EV)である「ミニキャブ・ミーブ バン」と「ミニキャブ・ミーブ トラック」を改良。一部グレードを除いて値下げしたが、政府から得られる補助金も減額されたため、実質価格はほぼ変わっていない。(2015/7/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
青春18きっぷ、特例を廃止して値下げしないか
この夏も青春18きっぷの利用期間が始まった。老若男女、誰もがJRの普通列車に乗り放題。JRにとっては閑散期の増収源、利用者にとっては旅のチャンス。長い目で見れば鉄道旅行層の拡大にも貢献する。しかし、ルールがフクザツになりすぎている。(2015/7/24)

SIM通:
DMM mobileがさらに値下げ! 格安SIMの価格競争は止まらない
DMM mobileが1GBプランの価格を改定し680円に値下げしました。他社と比べどのくらいの優位性があるのか、同価格帯のプランと比較してみました。(2015/7/24)

リンクス、超小型PC「LIVA」「LIVA X」の価格を改定――最大5000円前後の値下げ
リンクスインターナショナルは、同社取り扱いの超小型PC「LIVA」「LIVA X」の実売価格改定を発表した。(2015/7/8)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。