ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SDN(Software Defined Networking)」最新記事一覧

サービスをコンテナ化し、セキュリティを強化:
Red Hat、最新のIaaSプラットフォーム「Red Hat OpenStack Platform 12」を発表
Red Hatは、IaaS向けプラットフォームの最新版「Red Hat OpenStack Platform 12」を発表した。サービスをコンテナ化した他、柔軟性やセキュリティを改善し、新たな拡張機能も備えた。(2017/12/6)

Smart NIC、vEPCも統合:
ジュニパーがレッドハットを採用した統合テレコクラウド基盤を国内展開、2社に聞いた
ジュニパーネットワークスが2017年11月22日、レッドハットと提携し、OpenStackベースの通信事業者向けITインフラ基盤「Contrail Cloud 2.0」の国内展開を発表した。そこで、ジュニパーネットワークス技術統括本部テクニカルビジネス推進部部長の上田昌広氏と、レッドハットAPACテクノロジーオフィス NFV/SDN チーフテクノロジストの杉山秀次氏に、両社の狙いを聞いた。(2017/11/22)

最新ソフトウェアでインテントベースネットワーキングの導入や拡張を容易に:
Cisco Systems、データセンターSDNソリューション「Cisco ACI」をアップデート
Cisco SystemsはデータセンターSDNソリューション「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)」を最新ソフトウェアで更新し、データセンター用のインテントベースネットワーキング(意図に基づくネットワーキング)の導入や拡張を容易にした。(2017/10/16)

調査から見えるユーザーの本音
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)でも、やっぱりSSDとHDDの性能は大事
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ベンダーロックインに対する万能薬と位置付けられている。しかし、ある調査によると、ITインフラのベンダーロックインは、一時期ほど重視されなくなってきているという。(2017/10/16)

抜本的な防止策はあるのか
沈黙のGoogleと過熱するメディア、2017年8月世界的ネットワーク障害の全貌をまとめた
2017年8月25日、Googleによるネットワーク誤設定に起因し、OCNを含む複数のAS(自律システム)で大規模な通信障害が発生した。障害当時、何が起こったかを時系列で整理し、一連の騒動を考察する。(2017/9/29)

MWC Americas 2017:
5GとセルラーIoTが2大テーマ、実証実験も進む
米国サンフランシスコで「Mobile World Congress Americas 2017」が開催された。5G(第5世代移動通信)とセルラーIoT(モノのインターネット)が2大テーマとなり、通信機器ベンダーや通信事業者各社が、最新の製品や実証実験の成果などを披露した。(2017/9/20)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(9):
Googleはインターネットを再構築したいのか(前編)
Googleが、SDNスタック「Espresso」を開発した。Googleは、Espressoがインターネットで自社のユーザーのために行われるルーティングの在り方を変える可能性だけでなく、インターネットルーティングの全体的な在り方を形作る可能性もあると考えている。これまでにも見られたように、Googleのアイデアが世界を変える決定的瞬間の1つが訪れようとしているのかもしれない。(2017/9/7)

高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC):
IoT時代に求められるITインフラ技術者を育成、NTTコムやCTCなど6社
NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、KDDI、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は、IoT時代のITインフラを支える人材育成に向け、「高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)」を設立し、活動を開始した。(2017/9/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「リアルタイムAI」にGoogleと異なる手法で挑むMicrosoft 「BrainWave」プロジェクトとは?
AI時代では手元のデバイスより、クラウドの先にあるAIプラットフォームがますます重要になってくる。Googleと異なる手法でこれに取り組む、Microsoftの「BrainWave」プロジェクトとは何か。(2017/8/29)

理事長には慶應SFCの村井教授が就任:
「IoT時代の技術者」の育成を支援する業界団体「AITAC」が発足 国内IT大手6社が共同で
「IoT時代の技術者育成」を目的とした業界団体「AITAC」が発足。国内大手通信事業者/システムインテグレーターの6社が協業し、ネットワークとコンピューティング両方のスキルに加え、仮想化やクラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルを身に付けた、IoT時代の技術者に必要とされる人材を育成していく環境を整える。(2017/8/29)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「SDNとNFV」
ネットワークの仮想化技術の1つ「SDN」の特徴を、物理的な接続をベースにした従来のネットワークと比較しながら解説。SDNと併せて使われる「NFV」についても説明します。(2017/8/29)

従来のIT運用管理ツールとは全く異なる:
PR:普及期に入った新世代データセンター運用ツール、Tetration Analyticsとは
2017年6月に開催されたInterop Tokyo 2017で、マネジメント&モニタリング部門のグランプリを受賞した「Cisco Tetration Analytics」は、IT運用でコストが掛かる部分を、可視化と自動化によって包括的に改善するツールだ。従来のIT運用管理製品とは全く異なるアーキテクチャで、IT運用の自動化、近代化を実現する。(2017/8/21)

日本では日本仮想化技術との提携継続:
BrocadeのOpenDaylight SDN事業がスピンオフ、新会社Lumina Networksが継承
2017年8月7日(米国時間)、Brocade Communications Systemsが提供してきたSDN(Software Defined Networking)製品事業を継承する新会社、Lumina Networksの設立が発表された。(2017/8/14)

KDDIがソラコムを子会社化した狙い IoTだけでなく次世代ネットワークでも相乗効果を
KDDIがソラコムを子会社化した。8月8日の説明会では、両者の視点で子会社化の狙いが語られた。KDDIは次世代コアネットワークにもソラコムの技術を活用し、ソラコムは子会社化でMVNOの限界を超えていくという。(2017/8/9)

エコシステムはいまだ発展途上
なかなか自動化しないSDN管理、ハイブリッドクラウドで使えるのはまだ先?
SDNはハイブリッドクラウド型の企業ネットワークを最適化する可能性がある。だがこのテクノロジーやこれを取り巻くエコシステムは、依然として未成熟だ。(2017/8/8)

NEWS
シスコ、新戦略「Intent-based Network」に伴う新製品群発表
シスコシステムズは、新戦略Network Intuitiveおよび新製品群を発表した。同戦略は、無数のデバイスやユーザーがひしめくネットワークの管理プロセスを、より迅速、安全にするという。(2017/7/21)

OpenStack Days Tokyo 2017直前スペシャル(2):
コンテナ時代のOpenStack、現在を理解するための4つのポイント
2017年7月20、21日に、OpenStack Days Tokyo 2017が開催される。本記事では、「直前スペシャル」として、「コンテナ時代には不要」とも誤解されるOpenStackの今を、4つのポイントで解説する。(2017/7/19)

鉄壁の防御からリスクを最小化する「ダメージコントロール」へ:
PR:今、企業が実践すべきサイバーセキュリティ対策のアプローチとは
@IT編集部主催のセキュリティセミナー「侵入されても攻略されないサイバー攻撃対策〜攻撃者はいかにして目的を遂行するか〜」が開催された。セミナーでは、ヴイエムウェアが侵入後のリスクをいかに最小化するかを解説、その具体的なアプローチを紹介した。また、会場内に設けられたブースでは、ダイワボウ情報システムがセキュリティリスクを最小化するヴイエムウェアソリューションを披露した。(2017/9/1)

一様にシンプルで安価な方向へ
2025年、企業を待ち受けるネットワークの未来はつまらない? 4つのトレンド
2025年、企業や団体にとってネットワークの未来とはどのようなものになるのだろうか。予測できる4つトレンドを紹介する。(2017/7/11)

Cisco Live 2017で披露:
Cisco SystemsのIntent-based Networkingは、どうネットワークエンジニアの仕事を変えるか
Cisco Systemsは2017年6月、同社イベントCisco Live 2017で、「THE NETWORK. INTUITIVE.」あるいは「Intent-based Networking」といった言葉を使い、ネットワークの構築・運用、そしてネットワークエンジニアの仕事を変えていくと説明した。これはどういうことなのだろうか。(2017/7/4)

まずはDRの要件を定義しよう
サービスとしての災害対策「DRaaS」にSDNが使える理由
ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)はデータのバックアップやレプリケーションに役立つ。災害対策(DR)プラットフォームでSDNを使用することを検討している場合は、まずDRの要件を定義しよう。(2017/7/3)

IoT・AI・ビッグデータ関連分野がけん引、クラウドネイティブ製品が本格化:
国内ソフトウェア市場が高成長、2021年までに3兆3300億円規模に
IDC Japanが国内ソフトウェア市場の2016年の実績と2017〜2021年の予測を発表。2016年は対前年比2.2%増でビッグデータ関連製品が高成長。2021年まで年平均成長率4.3%で成長すると見られ、IoTやAIシステムをはじめとする企業のデジタルトランスフォーメーションの取り組みがソフトウェア市場に新たな市場機会をもたらすと予測した。(2017/6/27)

デジタルトランスフォーメーションの前提として取り組むべき:
PR:最新の仮想化技術で極める盤石のサイバーセキュリティ対策
高く跳び上がるためには、足元をよく固めておかなければならない――。デジタルトランスフォーメーションでビジネスの仕組みを変革するには、サイバーセキュリティの脅威に対するシステム耐性を高めておくことが極めて重要になる。その際の指針となるのが、経済産業省などが発している公的なガイドライン。ヴイエムウェアの仮想化技術は、セキュリティ対策にも大いに貢献する。(2017/6/12)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

「300万円から」の低価格帯HCIもラインアップ:
Dell EMC、「HCI」「オールフラッシュストレージ」の新モデルを一挙に発表
デルとEMCジャパンは、Dell EMCブランドのHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)とオールフラッシュストレージの新モデルを発表。2017年6月から順次販売を開始する。(2017/6/1)

SDSの定義とトレンド【前編】
徹底解説:vSAN、HCIベンダーが提供する「SDS」の長所と短所
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の定義はベンダーによって異なる。ハイパーバイザーベースやハイパーコンバージドベースなど、さまざまな種類のSDSについて長所と短所を解説する。(2017/6/1)

巨大なITベンダーというだけなのか:
5年後のDell Technologiesについて、Dell氏に直接聞いた
デルとEMCグループの統合により、Dell Technologiesという巨大なITインフラベンダーが誕生した。だが、巨大だというだけなのか。今後どんな企業グループになることを目指しているのか。トップであるMichael Dell氏に、直接たずねた。(2017/5/26)

覚悟を決めて時間と労力を注ぐ価値はある
なぜ今「ソフトウェア定義ストレージ」なのか、SDSのメリットを存分に得る方法
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の実装を検討する際は、多くの選択肢がある。SDSのメリットを最大限に引き出す選び方とは。(2017/5/22)

現実味を増す“ソフトウェア定義メモリ”
徹底解説:次世代メモリ技術「NVDIMM」、不揮発性メモリはストレージをどう変える?
さまざまな次世代メモリ技術の発展により、ストレージとメモリを統合するハイブリッドアプローチが登場している。その結果「ソフトウェア定義メモリ」というアイデアが現実味を帯び始めている。(2017/5/16)

管理負荷を軽減し、セキュリティや住民サービスを向上:
NEC、島根県浜田市の庁内ネットワーク基盤をSDNで構築
NECが島根県浜田市の庁内ネットワーク基盤をSDNで構築。ネットワーク全体を統合管理できるようにするとともに、セキュリティを強化し、ネットワークの変更や拡張にも柔軟性を持たせた。(2017/5/12)

Interop Tokyo 2017 特集:
総務省 情報通信国際戦略局に聞く、IoT時代のSDN/NFV、個人情報、デジタルビジネスの在り方
「日本再興戦略2016」には、日本主導による第4次産業革命の実現を目標に掲げ、IoT・ビッグデータ・AI・ロボットといった技術を軸にした具体的な施策が記載されている。この成長戦略をけん引する省庁の1つである総務省、情報通信国際戦略局で、第4次産業革命の最前線に身を置く谷脇康彦局長に話を聞いた。(2017/5/8)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:
APIマネジメントの世界で急速に成長する、Kongという存在
買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。(2017/4/27)

横河ソリューションサービス:
SDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクト
横河電機は子会社の横河ソリューションサービスが、王子ホールディングス配下の4工場向けにSDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクトを受注し、導入を終えたと発表した。(2017/4/26)

Kubernetesも製品の一部:
ミランティス、CI/CDまでを包括的に自動化する新製品「Mirantis Cloud Platform」を発表
米ミランティスおよびミランティスジャパンは2017年4月20日、OpenStack、Kubernetesをはじめとするオープンソースソフトウェアにより、ITインフラとCi/CD環境の運用を統合的に自動化する「Mirantis Cloud Platform 1.0」を発表した。Ceph、Open Contail、Calicoを「決め打ち」で搭載する。(2017/4/20)

FAニュース:
SDN技術を用いた工場ネットワークを導入へ
横河電機は、子会社の横河ソリューションサービスが、王子ホールディングス配下の4工場向けにSDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクトを受注し、導入を終えたと発表した。(2017/4/17)

巨人を脅かすか
SnapRoute、NGINXなどの注目オープンソースネットワークソフトを紹介
ネットワーク分野におけるオープンソースの受け入れと展開の機は熟していると関係者は語る。SnapRoute、NGINXなど注目のオープンソースソフトウェアを紹介する。(2017/4/10)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Dell EMCのハイパーコンバージドは、各企業が最適解を見いだすためのツールを目指す
Dell EMCはなぜハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラで、豊富な選択肢を提供しているのか。これは、企業の社内ITをほぼ例外なく、クラウド化しなければならないと考えているからだ。(2017/4/10)

Mobile World Congress 2017
「ヒアラブル」って? モバイル業界で人気の話題トップ10
2017年の「Mobile World Congress(MWC)で話題となったトピックを10位から順に紹介する。ロボットや仮想現実(VR)といった旬なキーワードも登場する。最も話題のトピックは何だったのか。(2017/3/24)

2017年は「クラウド専門家の時代」元年に:
2017年のアプリケーションサービス展開動向、「セキュリティ」が最優先事項に F5ネットワークス調査
F5ネットワークスが企業のアプリケーションサービス提供状況を調査した「2017年版アプリケーションデリバリーの状況」の結果を公開。セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる要因になっているとし、従来の「可用性」を上回り、「セキュリティ」がアプリケーション展開の最重要課題となったことが分かった。(2017/3/8)

Netflix、Timeも導入したエンドポイントセキュリティ製品:
CTC、「SentinelOne」の国内展開に向けてセミナー開催
伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は2017年2月24日にセミナー「エンドポイントリスクを考慮した新しいセキュリティ戦略」を開催した。セミナーに合わせて、米SentinelOneのCEO、CTOが来日した。(2017/3/3)

TechFactory通信 編集後記:
製造業でも無視できない「SDN」
ところで「SDN(Software Defined Networking)」に関心はありますか?情シスじゃないから関係ない、というワケにもいかないようです。(2017/2/18)

平凡だが極めて重要な問題を解決
クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は
企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?(2017/2/14)

顧客層の拡大を狙う:
NEC、SDNでWAN運用代行サービスを強化、低価格ソリューションも発表
NECは2017年2月9日、同社のSDN(Software Defined Networking)ソリューションで、新たな製品・サービスを2017年3月より順次提供開始すると発表した。運用を外部に委託したい組織、および中堅・中小企業への同社SDNソリューションの普及を目指している。(2017/2/10)

産業用ネットワーク技術:
IoTの土台であるネットワーク基盤、NECがSDNを強化へ
NECは、SDN(Software Defined Networking)事業を強化し、導入や運用負担を軽減する製品やサービスを投入するとともに、工場やプラントなどの現場向けのインテグレーターとの関係性強化を図る。(2017/2/10)

注目技術の行方
競争が激化するSD-WAN市場、2017年に注目すべき7つのトレンド
2016年はSD-WAN技術が飛躍的に進歩して普及に勢いが付いた。用途やサプライヤーの数も増えている。2017年のSD-WANの展望について7つのトレンドを紹介する。(2017/2/9)

地域のより高度な医療の実現を目指す:
NECとSCSK、京都岡本記念病院の院内ネットワークをSDNで構築
京都岡本記念病院がSDNを活用した院内ネットワークを構築。ネットワークの経路追加や設定変更へ柔軟に対応でき、さらに信頼される地域医療の提供に向けた安定稼働やセキュリティ性を確保するのが目的。NECとSCSKが構築を担った。(2017/2/3)

「反シスコではない」:
ネットワンがデータセンターソリューションでアリスタ、ヴイエムウェアと独自提携
ネットワンシステムズは2017年1月31日、米ヴイエムウェアおよび米アリスタネットワークスと提携し、データセンターおよびクラウドネットワーキングのソリューションパッケージを開発すると発表した。ネットワンの篠浦文彦氏によると、これはシスコシステムズの製品・ソリューションと対立するものではないという。(2017/1/31)

「聞いたことはあるがよく知らない」が必須の技術に
「無視すれば脱落」──ネットワーク技術者の意向を超えて拡大するAPI
APIは現代のネットワーク技術において必須の存在になっている。だがAPIの普及と拡大によってベンダーは、デバイス設定や管理について再考を迫られる。(2017/1/25)

クラウド時代にネットワークを再評価する
なぜシスコは中堅・中小企業向けブランド「Cisco Start」を立ち上げたのか?
ネットワークが安定していなければ、クラウドもIoTも真価を発揮できない。シスコが中堅・中小企業向けブランド「Cisco Start」を発表したのは、ネットワーク技術の認知普及を目指した“未来への布石”だという。(2017/1/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。