ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Software-Defined Storage(SDS)」最新記事一覧

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第19回 サイバー攻撃の3つの被害に合わせたデータの守り方
日頃何気なく使っているスマートデバイスやスマート家電。便利な反面、不安になることも出てきました。今回はサイバー攻撃がもたらす3つの被害をもとにデータを安全に守るポイントを考えてみます。(2016/7/20)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第12回 システムやデータの運用管理を自前でするためにIT部門がすべきこと
ユーザー企業にとってITシステムの管理は、本業とは異なる単純な負担と考えられてきました。しかし、クラウド活用の広がりから業務部門も巻き込む新たな役割が期待されています。今回は増大していくITインフラを自社で管理をする際に必要な対策を紹介します。(2016/7/19)

全世界のデータの70%は「テープ」に保存されている
オールフラッシュ支持者が知らない「テープ」の優位性、SSD併用で利用拡大も
長期的なデータ保持において比較的安価な方法がテープアーカイブだ。とはいえ、アクティブアーカイブなどのストレージ技術とテープシステムは、どのように組み合わせればよいのだろうか。(2016/7/13)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第18回 我が社のデータの値段はおいくら? 計算して気づく価値
日頃何気なく使っているデータベース、文書、写真や動画など、デジタルネイティブ世代には空気のような存在であるデジタルデータですが、もしそのデータがなくなったら、損失はいくらになるのでしょうか?(2016/7/6)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第11回 IT管理者不足なのにデータの管理はだれがするべきか
前回までデータ管理の視点から世界のITシステムの環境を解説してきました。ここから「社内を生かす」か「社外を生かす」か、という方針の必要性を挙げましたが、実際のデータ管理はだれが行うべきでしょうか。今回はユーザー企業やシステムの規模を軸に、自社管理とアウトソーシングの適切な選択方法について解説します。(2016/7/5)

レノボのサービス「Lenovo StorSelect」の一環として実施:
クラウディアンの「CLOUDIAN HyperStore」、レノボのSDSソリューションプログラムで選択可能に
クラウディアンは、レノボ製のサーバに同社のSDSである「CLOUDIAN HyperStore」を搭載して提供すると発表した。(2016/7/1)

PR:ストレージはデータをためて出すだけの箱じゃない――“元カメラ小僧”が考える「ストレージ進化論」
「ストレージ」というと“データの保存”だと思う人が大半だろう。しかし、技術の進歩により、ストレージは従来とは全く違った機能を持つことになると予想する人がいる。彼によればストレージの進化のヒントはカメラにあるという。一体なぜ?(2016/6/29)

フラッシュストレージ徹底解剖 セミナーレポート:
「フラッシュファースト」時代におけるストレージ選択、“自社に向いている”のは一体どれか
一口に「フラッシュストレージ」といっても、特徴はさまざまだ。オールフラッシュの効果はある程度分かっているつもりでも、どの製品が自社に向いているのかは分かりにくいかもしれない。@ITが主催したセミナーでは、楽天のフラッシュストレージ活用の裏側が明かされるとともに、各ベンダーそれぞれの特徴と、選定と選択、活用のポイントが紹介された。(2016/6/28)

ハイパーコンバージドインフラ急増の理由がここにある
簡単スピーディーなSDS管理ツールで“データセンターのiPhone”を目指す
今、急速に関心が高まっているハイパーコンバージドインフラの基幹技術「SDS」(Software Defined Storage)は、実を言うとなかなか普及が進んでいなかった。なぜ今、急速に広がりつつあるのだろうか?(2016/6/29)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第17回 忘れ物する人やデータの積み残しにコンテナが効く――どういうこと?
最近、IT業界で話題に上がるようになったのがDockerなどのコンテナ技術です。そんなコンテナ技術が、実はよく忘れ物をする人に役立つ技術なのかもしれません。その理由とは?(2016/6/22)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第10回 システムが「壊れる」or「壊れない」、アジア諸国と日本の考え方の大きな違いとは?
米国と欧州を比べてもITに対するアプローチは異なります。今回は成長著しいアジア諸国の状況をみながら、振り返って日本の状況と今後変えていくべきところ、伸ばすべきところを解説します。(2016/6/21)

質の高いパートナー連携が可能にする
HDDをオールフラッシュ相当に、「旧式ストレージをSDSで再生する方法」とは
調達しやすいサーバを使って仮想化運用するSDS(Software Defined Storage)では、信頼性の高いサーバベンダーと技術力の高いソフトウェアベンダーの連携でHDDでもオールフラッシュ相当の性能を発揮するという。(2016/6/15)

ボトルネックはコストがかさむストレージ
仮想化導入を一気に進める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」パートナーシップ最前線
投資ではストレージ需要増大とコスト抑制が相反する、そのレベルは常に上がっている。この問題を解決するのがSDS(Software Defined Storage)を超えたハイパーコンバージドインフラストラクチャ」だ。(2016/6/15)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第16回 旅行の準備が早い人はデータの管理もうまい? スマートな技とその極意
クラウドの出現で、人類が今まで築き上げてきた量に匹敵するデータをわすか数年で生成できる時代になりました。増え続けるデータの管理は大変そうですが、簡単にしていくヒントを旅行の荷造りから得られます。それは――。(2016/6/8)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第9回 データ管理でみると意外に違う米国と欧州
多くのITのトレンドは米国で生まれ、数年のタイムラグを置いて日本でも広まります。データ管理の手法やツールも同様ですが、なぜこのタイムラグが生まれているでしょうか。将来を見越した仕組みを選定する際の参考として、今回は似ているようで異なる米国と欧州のアプローチを紹介します。(2016/6/7)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】
「NFV」編──ネットワーク機器の全てをサーバで代替するNFVがなぜ普及しない
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「SDNとNFVの今後」を考えてみる。(2016/6/3)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
PR:「ビジネスのデジタル化」を推進するフラッシュストレージ、その進化とは?
「ビジネスのデジタル化」が進む今、多様化する顧客動向をいち早く把握し、ビジネスの価値を創出することが求められている。それを支えるのがデータ活用基盤。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは、フラッシュストレージに焦点を当て、その進化と活用方法を紹介した。(2016/5/31)

オールフラッシュ、ハイパーコンバージド、SDS、クラウドネイティブIT:
EMCジャパン、データセンターと企業の「モダナイズ」を実現する新製品群
EMCジャパンは、「モダンデータセンターへの変革」や「企業のデジタルトランスフォーメーションの実現」に向けた新製品群を発表した。2016年第3四半期より順次提供を開始する。(2016/5/26)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第15回 サイバー犯罪者視点で考えるデータの守り方
ランサムウェアに備えてデータのバックアップが大切ですが、今回は犯罪者の視点からデータを守るポイントをもう少し掘り下げてみます。(2016/5/25)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第8回 SDS導入のきっかけと効果、あえて一斉導入しなかった国内商社の場合
前回はSDSの一斉導入に踏み切った欧州のユーザー企業事例をご紹介しました。今回は“あえて”一斉導入をしなかった国内の専門商社のケースを取り上げてみます。(2016/5/24)

中規模システムのオールフラッシュ化を推進:
戦略的価格帯のミッドレンジオールフラッシュ「EMC Unity」、EMCが販売開始
EMCジャパンは、ミッドレンジのストレージシステム「EMC Unity」の販売を開始した。価格は実効容量2TBのオーフルラッシュ構成で842万円から。(2016/5/19)

キーワードは「モダナイズ」「ソフトウェア志向」:
PR:EMCがパートナーとともに築き上げていく「次世代ビジネスプラットフォーム」の姿
EMCジャパンによる、2015年度に優れた実績を上げたパートナー企業を表彰し、2016年度の製品・ビジネス戦略をパートナーへ示すイベント「EMC Business Partner Day 2016」が開催された。クラウド、ビッグデータ、IoT技術が普及し、取り扱うデータ量が爆発的に増えていく今後のデジタルビジネス時代に向け、EMCとEMCのパートナーは、その解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2016/5/19)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第7回 SDS導入のきっかけと効果、一斉導入した欧州通信事業者の場合
SDSの特徴やメリットを説明してきましたが、実際に利用している企業では何を期待して導入に至ったのか、またその効果はどれほどだったのかは気になるところです。今回は一斉導入に踏み切った欧州のユーザー企業事例を紹介します。(2016/5/17)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第14回 ランサムウェアでデータが人質になるってどういうこと?
国内ではランサムウェアによる被害が増えています。この脅威について“不正プログラム”という視点からではなく、人質にされてしまう“データ”の視点で考えてみると、どのような対策があるのでしょうか。(2016/5/11)

ケーススタディーから考えるSDS
500TB使う“だろう”から500TB買うは時代遅れ、将来を想定したSDS環境とは
増え続けるデータに対してニーズが増える「SDS」。だが、いざ実装しようとしても、さまざまなソフトウェアや方法が存在する。どのように実現するのが良いのか、ケーススタディーから確認する。(2016/5/10)

PR:増え続けるデータをビジネス変革に――コグニティブ時代にあるべきデータ基盤とは
データによってビジネスが大きく変化しようとしている今、ストレージは生まれ変わるタイミングに来ている――。そう話すIBMが今、最も注力しているのが「SDS」と「フラッシュストレージ」だ。コグニティブとAPIがビジネスをけん引する時代において、最もふさわしいストレージの姿なのだという。その理由とは?(2016/4/14)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第6回 比較で読み解くソフトウェア定義ストレージの選定術
ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の製品は、実際にどのように選べばよいのでしょうか。今回は実装方式を説明しながら、2つのステップによる選び方を紹介します。(2016/4/12)

SDN時代の幕開け(2):
データセンターに訪れる“新たなステージ”の話
「VMware」や「OpenStack」の登場により、大きく変化しつつあるデータセンターインフラの世界を探訪する本連載。第2回では、初回のSDNからさらに視野を広げ、「SDDC(Software-Defined Data Center)」をめぐる動きをたどる。(2016/4/11)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(2):
クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向――今後のストレージ活用で押さえておきたい3つのキーワードとは
なぜ今ハードウェアの知識が求められるのか。今回は、ガートナー ジャパンの鈴木雅喜氏に、「クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向」「今後ストレージをビジネスで活用する上で押さえておきたい3つのキーワード」について聞いた。(2016/4/8)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第13回 オブジェクトストレージの新たな活用 どんなところに効く?
これまで次世代ストレージとして注目されているオブジェクトストレージの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。そのまとめとして、筆者が気になっているオブジェクトストレージの新たな利用方法を紹介します。(2016/4/6)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第5回 ソフトウェア定義ストレージとはどんなもの?
ソフトウェア定義インフラストラクチャのうち、データ管理に直結するのが、ソフトウェア定義のストレージです(SDS)。様々なモノが提供されていますが、目的や訴求ポイントが違っていてなかなか分かりにくい状況ではないでしょうか。今回は製品の違いやメリットを解説します。(2016/3/29)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(45):
Windows Server 2016で大きく変わるライセンスモデル
Windows Serverの主要な機能を利用するには、サーバライセンスに加えて、クライアントアクセスライセンス(CAL)が必要です。このサーバライセンスに関して、Windows Server 2016では大きな変更があります。(2016/3/25)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第12回 オブジェクトストレージを上手に使うチェックリスト(後編)
オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。前回に引き続きオブジェクトストレージを上手に使うための10項目をご紹介します。(2016/3/23)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第4回 最近耳にする? 「ソフトウェア定義」のインフラってどんなこと?
ソフトウェアを用いてシステムの自動化や連携を実現する「Software Defined Infrastructure」(SDI)という方式があります。これまでハードウェア製品を前提とするシステムとの違いやメリットを、機能と運用の両面から解説します。(2016/3/15)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第11回 オブジェクトストレージを上手に使うチェックリスト(前編)
オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。今回はオブジェクトストレージの上手に使うための10項目をご紹介します。(2016/3/9)

調査で見えてきたIT投資
53カ国で調査を実施、企業が今後導入する技術・停止する技術
53カ国のIT担当者1267人を対象に、IT導入意向を調査。その結果、今後導入が進む技術が判明した。既に導入が進み、さらに導入されるものは? 仮想化市場に変化は訪れるのか。(2016/3/4)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第3回 データの利用目的別、ハードウェアとソフトウェアの選び方
データを利用する目的やその種別によって当然ですが、適切なハードウェアやソフトウェアは異なります。でも、どう選ぶべきかは悩みどころ。今回は具体的な製品やアーキテクチャの選び方をご紹介します。(2016/3/1)

PR:本格化する企業のデータ活用 AI時代のデータ分析に必要な武器とは?
データ活用を経営の武器として実業務に取り込む機運が本格的に盛り上がりはじめた。ただし、その具体的な道筋はいまだ明確にはなっていない。いま、どのような仕組みの整備が求められているのだろうか。IDC Japanが2016年2月10日に開催した「Japan Storage Vision 2016」では、その問いかけへの“解”ともいえる講演が行われた。(2016/2/29)

SDN時代の幕開け(1):
あまたのサーバエンジニアが頭を抱えた「3年間の革新」の話
近年、「VMware」や「OpenStack」といった技術の登場により、データセンターを構成するインフラをめぐる状況が、大きく変化してきています。本連載はそんな中でも特に「データセンターにおけるネットワークアーキテクチャの変化」に注目し、データセンターネットワークの世界で今何が起きているのか、そして、今後どんな変化が待ち受けているのかについて解説していきます。(2016/2/26)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第2回 データの管理、「サービスレベル」でしてみると……
データ活用には「データ管理」も大切です。でも、どうすればいいのでしょうか。今回は「データにまつわるサービスレベル」という視点を紹介します。(2016/2/16)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第10回 オブジェクトストレージの宿命、容量効率を高める方法とは?
大量のデータを効率的に扱えるオブジェクトストレージですが、データの堅牢性を高めようとすれば、やはり容量が増えてしまいます。今回は容量を押さえつつ堅牢性を高める「イレージャーコーディング」をご紹介します。(2016/2/10)

Hitachi Data Systemsの著名CTOが解説
「管理者はすぐにいなくなる」、著名CTOが語るストレージの未来
技術の役割が変わりつつある中、ストレージ分野で競争していくにはどのようにビジネスを変革しなければならないか。業界大手ベンダーの最高技術責任者(CTO)が、業界およびユーザー動向を押さえながら展望を語る。(2016/2/5)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第1回 なぜ、いまデータ管理が大事なのか
この連載では「データ活用」といった言葉が実ビジネスに結びつきつつある今、本当の意味で企業のITをどのようにしていくべきかを紐解きます。第1回は主役のデータにまつわるお話です。(2016/2/2)

インフラエンジニアが、いま成し遂げなければならないこと:
OpenStackは「どこで?」「何のために?」使えばいいのか?
開発側から矢継ぎ早に来る要請、経営からの厳しいコスト削減要求などにスピーディかつ確実に応えながら、ビジネスを支えるためにはクラウドをどこに、どのように適用すれば良いのか? OpenStackの正しい適用法を解説する。(2016/1/28)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第9回 オブジェクトストレージをより良く動かすサイジングのツボ
ここまでオブジェクトストレージを使う前の基礎知識を中心に解説してきましたが、サイジングについても従来型ストレージとは異なるポイントが幾つもあります。その“ツボ”を紹介しましょう。(2016/1/27)

495億ドルの負債をどうするのか?
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る
新しい技術である「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)が注目されている。しかし、時としてIT部門を惑わす結果を招いてしまう。(2016/1/15)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第8回 オブジェクトストレージを使う前の基礎知識と注意点
オブジェクトストレージは多様なデータを大量かつ安価に保存する用途に適していますが、その特性から注意すべき点もあります。今回は使う前の基礎知識を解説します。(2016/1/13)

新しい言葉を使う価値:
「SDS=ソフトウエアストレージ」では残念な理由
ソフトウエアストレージを販売するベンダーは全て、自社製品を「Software Defined Storage」と呼ぶようになった。「それでいいではないか」という人もいるだろうが、逆に混乱を生む可能性が高まっている。(2016/1/8)

ホワイトペーパー:
Software Defined Storageに対する10の誤解
「Software Defined Storage(SDS)」という言葉への関心が高まってきた。しかし、現在のITの世界で、この言葉ほど乱用、誤解されているものはなく、ユーザーにも混乱を与えやすい状況になっている。今回は、SDSに関する10の誤解を取り上げる。(2016/1/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。