ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「朝シフト仕事術」最新記事一覧

3分LifeHacking:
朝型人間になれる10のアクションプラン
朝型生活にシフトしたい。そんな人に向けて、仕事環境に関係なく、体内時計をリセットして気持ちよく目覚めるための方法を10個紹介します。(2013/6/28)

3分LifeHacking:
早起きのお供に――オススメ目覚ましiPhoneアプリ3選
朝決まった時間に目覚めるとき、皆さんはどのような方法を取っているだろうか? 早起きのお供に使える目覚ましiPhoneアプリを3つ紹介する。(2013/2/8)

電子書籍ランキング:
ユニクロ・柳井氏が視る現実とは
12月19日(水)21時から放送した番組『ビジネステレビ誠』はご覧になりましたか? 本記事では番組の中で発表した、2012年11月度のhontoのランキングデータを記事でも紹介します。今売れ筋の電子書籍をチェックしよう!(2012/12/21)

朝シフト仕事術:
夫を早朝派にすると妻にもこんなにいいことが――ピアニスト・合唱指導者の永井千佳さん
朝の時間を活用すると夫婦ともにメリットが――。今回は筆者・永井孝尚さんの妻である千佳さんがいかに夫を早朝派に仕立てて、妻として夫婦としてのメリットを得たかを紹介します。(2011/9/6)

朝シフト仕事術:
家族のサポートがあれば早起きも苦にならない
早起きするかどうかは、あなたの決断次第ですが、1人きりだと続けるのに強い意志が必要です。ですが、家族のサポートがあればもしかしたら続けるのも簡単になりそうです。どうしたら家族のサポートを得られるでしょうか。(2011/8/30)

朝シフト仕事術:
読者の疑問に著者が答えます! 絶対できる「朝シフト仕事術」
好評連載中の「朝シフト仕事術」ですが、とはいえ「現実にはできないんじゃないか」「会社によるんじゃないか」などの質問も寄せられました。今回は、そんな質問に著者の永井孝尚さんが回答します。(2011/8/23)

朝シフト仕事術:
周囲の目を気にせず定時退社するコツ
社会全体は「残業撲滅」へと変わりつつあるとはいえ、まだ残業が多い職場もたくさんあります。残業が多い職場で定時退社するには、周囲の目が気になるという人も多いはず。「周囲の目」に対抗するためには何が必要でしょうか。(2011/8/9)

朝シフト仕事術:
朝から逆算して1日を丸ごと前倒しする
朝シフトのポイントは、睡眠時間を削るのではなく、起きている時間帯を丸ごと数時間前倒しすること。そのため朝起きる時間から夜寝る時間を逆算し、さらに退社時間を決めます。目標は定時退社にしましょう!(2011/8/2)

朝シフト仕事術:
3時間前倒しするだけ――早起きをさまたげる3つの誘惑
早起きすることは何となく苦しい作業のように思えますが、シンプルに考えると生活時間帯を3時間前倒しするだけでOKです。ただ、そのためには夜の誘惑を断ち切らなければいけません。(2011/7/27)

朝シフト仕事術:
朝は奇跡を起こす! いいじゃんネットの坂本史郎代表取締役の場合
朝の時間を活用すると“奇跡”が起きる――。そんな奇跡を体験した人を紹介しましょう。いいじゃんネットの坂本代表取締役のケースです。(2011/7/20)

朝シフト仕事術:
生産性を6倍上げる“朝”は未開拓の資源だった!
夜3時間の残業でこなせる仕事の量と、早朝の30分でこなせる仕事の量が同じ――。疲れた身体にムチ打って、長時間ダラダラと残業を続けるくらいなら、スパッと定時に退社して、その分朝早く活動を始めたほうが、確実に仕事の能率は上がります。(2011/7/19)

朝シフト仕事術:
朝シフトに目覚めるまで――過去の24時間の使い方
今でこそ、定時退社が実現できている私ですが、ここに至るまでには紆余(うよ)曲折がありました。そこで、これまでの経緯を年代別に述べてみたいと思います。(2011/7/15)

朝シフト仕事術:
「残業は減らせない」のウソ
残業が恒常化してくると、残業することが当たり前になってしまいがち。ところが本当に残業は減らせないのでしょうか。いくつかの資料をもとに解説します。(2011/7/14)

朝シフト仕事術:
その残業、本当に必要ですか?
私たちビジネスパーソンが残業をするのは、やむを得ないことなのでしょうか? 残業の多くは、生産性がきわめて低く、実際には必要がないものです。朝の時間に注目することで残業を減らし、生産性を上げ、生活の質を向上させてみませんか?(2011/7/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。