ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「書籍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「書籍」に関する情報が集まったページです。

人気連載まとめ読み! @IT eBook(40):
あの面倒くさい業務を簡単なプログラミングで自動化だ――“VBA/GAS”で働く価値を上げる方法
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第40弾は「働く価値を上げる“VBA/GAS術”」だ。日頃の業務で欠かせない「Microsoft Excel」または「G Suite」の「スプレッドシート」を効率的に活用する方法を学ぼう。(2018/5/21)

子育てあるあるがいっぱい インスタで人気のモチコさんの育児マンガがほのぼの・クスリと笑わせにくる
6月には書籍化も予定されています。(2018/5/20)

ビジネスパーソンに人気:
19万人以上が利用 本の要約サービス「フライヤー」が簡単にまねされない理由
もっと本をたくさん読みたいが、時間がない。そんなビジネスパーソンは多いはず。そうした悩みを持つ人たちに今人気を集めているのが書籍要約サービス「フライヤー」だ。(2018/5/15)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(18):
「人工知能はデータが命」に潜むワナ――その数字、本当に信頼できますか?
人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が、書籍化を記念して期間限定で復活。今回は「人工知能はデータがそろっていれば大丈夫」という誤解がテーマです。(2018/5/10)

「死んでいる会社」にならないために――アマゾンの「Day One」とパナソニックの「日に新た」
「現場力」の第一人者、ローランド・ベルガーの遠藤会長が、『生きている会社、死んでいる会社』というショッキングなタイトルの書籍を出版、「創造的新陳代謝」の大切さを指摘する。(2018/5/8)

「マッハ新書」が本当に速い 電子書籍を12時間以内に執筆・販売するムーブメントが勃興
提唱者は日本におけるVR研究の先駆者でもあるGOROman氏。(2018/5/7)

観察力をつけたい人にも 短時間で描くためのヒントが詰まった書籍『5分間スケッチのススメ:建物を描く』発売
スケッチャーで建築家のリズ・スティール氏による書籍の日本語版です。(2018/5/7)

「所有できない電子書籍」問題 サービス閉鎖後、購入者はどうなる?
電子書籍購入者にとっては不安なところ。(2018/5/6)

編集部からのお知らせ:
連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました
人工知能の“誤解”を解説してきた人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました。人工知能の「今」を知るにはオススメの1冊です。(2018/4/27)

Kindleストアに「自衛隊イラク日報」電子書籍版が登場 個人ユーザーが出版、データは朝日新聞から抽出……これはアリ!?
と思ったら記事を書いている最中に消えてしまった……。(2018/4/26)

「ニコニコ書籍」と「BOOK☆WALKER」 「東方Project」シリーズ初の二次創作公認流通プラットフォームへ
ZUNさん「電子書籍で同人誌を売るのも一般的になってきたのでそろそろいいんじゃないかなと」(2018/4/24)

note、出版社へのクリエイター紹介プログラムを実施 出版社3社とパートナーシップ締結で作品の書籍化へ
より書籍化される可能性が高くなるかも。(2018/4/23)

電子書籍サービス「Digital e-hon」が終了へ 7月末を最後に購入済みコンテンツもほぼ閲覧不能に
購入者には、全国書店ネットワークや「BOOK☆WALKER」で使えるポイントを返還。なお、医学文献は終了後も閲覧できます。(2018/4/19)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(39):
「IT業界あるある物語」で覚える、新人エンジニア/メンター/リーダーが知らないと現場で生き残れない18の常識
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第39弾は「新人が知らないと現場で生き残れない18の常識」だ。新人エンジニア、そして新人の先輩になる若手エンジニアたちに、参考にしてほしい。(2018/4/19)

電子書店5社が「日本電子書店連合」設立 読者に「正規版」購入促す
電子書籍配信サービスを運営する5社が、海賊版サイト対策や、読者への「正規版」購入の啓蒙を行う業界団体「日本電子書店連合」を設立した。(2018/4/16)

丸善ジュンク堂書店で「dポイント」と「Pontaポイント」利用可能に 「hontoポイント」と同時にたまる
丸善ジュンク堂書店が4月16日、NTTドコモの「dポイント」とローソンなどで使える「Pontaポイント」を関東圏の26店舗の書店で利用可能にしたと発表。書籍や文具の購入時に、hontoポイントといずれかのポイントの2種を同時にためることができるという。(2018/4/16)

4月25日発売予定だった書籍『ハリルホジッチ・プラン』、突然の監督解任で急きょ『砕かれたハリルホジッチ・プラン』に軌道修正へ
迅速な対応に称賛の声があがっています。(2018/4/11)

「iWork」も「Apple Pencil」対応に 「スマートアノテーション」機能も
Appleのオフィススイート「iWork」のiOS版が「Apple Pencil」をサポートした。文書作成アプリ「Pages」にはPencilで入力した編集を履歴として表示できる「スマートアノテーション」機能や電子書籍作成機能が追加された。(2018/3/28)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(38):
セキュリティクラスタまとめのまとめ 2016〜2017年版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第38弾は「セキュリティクラスタまとめのまとめ」をお届けする。年々深刻化するサイバー攻撃をはじめ、セキュリティクラスタの間で話題に上った出来事を1カ月ごとに振り返った。(2018/3/19)

池袋マルイで開催予定だった「百合展2018」が中止に 既に中止になった「ふともも写真の世界展」と同じ会場
女性同士の友情や愛情をテーマに、多数の漫画家や写真家が参加し書籍やコラボグッズを販売するイベント。(2018/3/12)

漫画『皇国の守護者』絶版決定の見通し 伊藤悠先生、電子書籍にならないことなど明かす
ネット民からは悲鳴。(2018/3/6)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(37):
「Windows 10」が内蔵するセキュリティ機能がよく分かる電子書籍――起動前から侵害の検出と対策まで
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第37弾は「Windows 10が備えるセキュリティ機能」をお届けする。起動前後にルートキットを防ぐ機能から、侵害の検出と対策までを5段階に分けて解説した。(2018/2/28)

決定的に重要な80年代:
「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌から見えるもの
一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えた老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。(2018/2/21)

「こんなコミック専用電子書籍端末を作ってほしい」 『SKET DANCE』篠原先生が描く“理想の端末”に同意の声集まる
大企業が協力して作ってくれないかなあ……。(2018/2/11)

「聞き出す力」:
“プロインタビュアー”が伝授する、「深い話」を聞くための職人技
有名人の素顔に迫る書籍を書き続けている“プロインタビュアー”吉田豪さん。吉田さんはなぜ海千山千の猛者たちから深い話を聞くことができるのだろうか。そのノウハウがまとめられているのが、吉田さんの著書「聞き出す力」だ。(2018/2/5)

「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」:
誰もが知る「テトリス」の知られざるヒミツ
世界中の人々を熱狂させ続ける“落ちゲー”テトリス。だが、その知名度に反し、誕生の歴史や世界に広がった経緯はあまり知られていない。それを教えてくれる書籍が「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」だ。(2018/2/2)

「世界一高額な電子書籍セット」811万円で発売 購入者は「アフタヌーン」で漫画にしてもらえる
電子コミック配信サイト「漫画全巻ドットコム」が、「世界一高額」という811万円(税別)の電子書籍セットを発売。購入した人は、購入までのストーリーを漫画にして『月刊アフタヌーン』に掲載してもらえるという。(2018/2/1)

「hon.jp DayWatch」継続へ 日本独立作家同盟と協議
1月31日に終了予定だった電子書籍業界ニュースサイト「hon.jp DayWatch」が継続へ。事業承継を前提に、日本独立作家同盟と協議しているという。(2018/1/31)

「うんこ漢字ドリル」など人気も:
「紙の本」の売り上げ、13年連続で低下 電子書籍は好調も
2017年の出版市場はどのように推移したのか?――全国出版協会調べ。(2018/1/26)

楽天とWal-Mart、日米で提携 「楽天西友ネットスーパー」オープンへ
楽天が米Wal-Mart Storesと日米で提携。日本でネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」の運営をスタートするほか、米国ではWal-Mart実店舗やオンライン店舗で「楽天Kobo」の電子書籍の独占販売を始める。(2018/1/26)

Apple、「iOS 11.3」で電子書籍にテコ入れ、オーディオブックコーナーも──Bloomberg報道
今春公開予定の「iOS 11.3」では、電子書籍アプリ「iBooks」が「Books」になってユーザーインタフェースがシンプルになり、オーディオブックコーナーが新設されるとBloombergが報じた。(2018/1/26)

熟練アーティストが人体の描き方を教える書籍『コンセプトアーティストのための人体ドローイング』刊行
著者は有名映画やゲームの制作に携わったアーティスト。(2018/1/22)

商流が変わるのは当然:
紙の書籍は、このまま存在することができるのか
先日発表された、日販による『出版物販売額の実態』によれば、出版物の売り上げの低下が止まらないようだ。ここ20年間で約半減。業界としてはひん死の状態だ。(2018/1/18)

ご飯の上におかずが1つ 究極の“のっけ弁”「ハードコア弁当」が書籍化決定
インスタ萎えが新しいっていいますからね。(2018/1/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
読書会で企業の組織開発を図る――事前に読まない読書会「Read For Action」を体験する
「読書会」と聞くと、1つの場所で静かに本を読み、読み終わったら意見交換をするというイメージがある。しかし、Read For Actionメソッドを活用した「読書会」では、事前に書籍を読むことなく、読書会に書籍を持ち込み、参加者同士でディスカッションや対話を重ねながら、書籍の内容を理解する。(2018/1/17)

リアル書店の検索機から「ネット在庫」「電子書籍版」検索可能に 丸善ジュンク堂
丸善ジュンク堂書店の店頭に設置されている在庫検索機から、ネット通販の在庫情報や電子書籍の販売情報を表示する機能が追加された。(2018/1/16)

スキー専門誌の草分け:
「スキージャーナル」発行元が破産 ネット上に惜しむ声
「月刊スキージャーナル」などのスポーツ関連書籍を発行していたスキージャーナルが東京地裁に破産を申し立てた。(2018/1/15)

「好きなように生きる下準備」:
“窓際族”にならないために、若手社会人は何をすべきか
20〜30代のビジネスパーソンが40代以降“窓際族”にならず、充実した仕事人生を送るためには何をすべきなのか。ネットニュース編集者・中川淳一郎氏がそのヒントをまとめた書籍が、「好きなように生きる下準備」だ。(2018/1/15)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(36):
Excelガントチャートから専用アプリまで、これ1冊でガントチャートの作り方が丸分かり――「初めてのガントチャート」
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第36弾は待望の「初めてのガントチャート」をお届けする。ガントチャートの作り方を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぼう。(2018/1/11)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(35):
新たなクラウド監視ツールとして注目が高まる「Sensu」がよく分かる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第35弾は、OSS(オープンソースソフトウェア)のシステム監視ツール「Sensu」の使い方をまとめた『Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視』だ。(2017/12/22)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

「哲学の先生と人生の話をしよう」:
仕事・恋愛に悩む現代人を救う、「哲学者」の愛のムチ
仕事、恋愛、家族関係の相談に対して、気鋭の哲学者・國分功一郎氏がさまざまな哲学の理論を紹介しながらズバズバ回答している書籍が「哲学の先生と人生の話をしよう」だ。(2017/12/18)

「しいたけ占い 12星座の蜜と毒」:
アラサーOLが崇拝する「しいたけ占い」とは?
アラサーOLに「めちゃくちゃ当たる」と話題の占いが書籍化。「しいたけ占い」はなぜ心に響くのか?(2017/12/15)

電子書籍検索の老舗「hon.jp」閉鎖へ 社長が急逝、「継続困難と判断」
電子書籍検索サイトの老舗「hon.jp」が2018年1月31日に閉鎖される。運営企業・hon.jp社長の塩崎泰三氏が10月に急逝し、事業の継続が困難と判断したという。(2017/12/12)

電子書籍検索サイト「hon.jp」が1月いっぱいで閉鎖  運営元「事業継続は困難」と廃業することに
運営元の代表取締役社長が10月に亡くなっていました。(2017/12/12)

異世界転生「JKハル」:
早川書房が「ネット発の官能小説」を書籍化したワケ
早川書房が12月に刊行した『JKハルは異世界で娼婦になった』。ネット発、異世界転生、官能小説という一風変わった小説だ。なぜあの早川書房が『JKハル』を書籍化したのか? 直撃した。(2017/12/12)

シャープ、AQUOSユーザーが対象の電子書籍20%還元キャンペーンを開催
シャープは、電子書籍サービス「COCORO BOOKS」でAQUOSユーザーを対象としたキャンペーンを開催。約40万冊のラインアップから電子書籍を購入すると最大2年間、毎月の購入金額から20%をポイント還元する。(2017/12/11)

NTTの音声合成ソフト、深層学習で自然な声を実現 ナレーションや書籍の読み上げに期待
NTTテクノクロスが、NTTのAI技術corevoを活用した音声合成ソフトウェア「FutureVoice Crayon」の新バージョンを発表した。DNNによる深層学習を活用した音声合成によって、自然で滑らかな音声を実現した。(2017/12/6)

絶版だった昭和のギャグ漫画『パンク・ポンク』、電子で復刊 『まりちゃん』『さっちん110番』も
昭和後期に『小学○年生』で連載されていた名作が、続々と電子書籍化。(2017/12/5)

「アライグマはエサを洗わない」 生きものの不思議な生態を解説した「生きもの図解」待望の書籍化
Twitterで人気の図解が1冊に。(2017/12/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。