ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「書籍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「書籍」に関する情報が集まったページです。

「保育所空いてないんですよ!!」 魔王討伐に行けない魔法使い描くRPG風漫画『伝説のお母さん』書籍化
ファンタジーなのに妙にリアルで、ネットで話題に。(2018/7/15)

電子書籍業界の「大いなる黒衣」:
「書店側にも出版社側にもつかない」 メディアドゥHD・藤田恭嗣社長
スマホやタブレットの普及で成長が続く電子書籍市場。作家、出版社と電子書店を仲介する取次(とりつぎ)事業で業界首位となり、東証1部上場に育てた辣腕経営者が、同じぐらい心血を注いでいるのが郷里の復興だ。(2018/7/12)

“新作”含む11作品を収録:
「サイゼリヤの間違い探し」が書籍化 “大人も解けない”とネットで話題
サイゼリヤが、子ども向けメニューに掲載している間違い探しを書籍化し、7月13日に発売する。“大人でも解けない”などとネットで話題になっていた。(2018/7/10)

5000円の本を無料で……IPv6解説書「プロフェッショナルIPv6」電子版無償配布 クラウドファンディングで制作資金を確保
IPv6の解説書「プロフェッショナルIPv6」の電子版の無償配布が7月4日にスタートした。5000円以上する書籍の電子版を無償配布するという異例の取り組み。可能にしたのはクラウドファンディングによる支援だ。(2018/7/4)

漫画村消滅で電子書籍売上「増えた」 カドカワ川上氏が見解示す
ただし具体的な数字はまだ出せないとのこと。(2018/6/23)

出版社における電子化の課題、1位は「権利処理の手間」 日本電子出版協会がアンケート結果を発表
電子化を反対する著者には「電子書籍では頭に入らない」といった意見も。(2018/6/21)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(41):
「経営に寄与する」インフラ運用の在り方とは? SREに学ぶ情シスの新しい役割
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第41弾は「情シスに求められる『SRE』という新たな役割」だ。IT活用の在り方がビジネスの差別化要素となっている中で、インフラ運用者にはどのような役割の変革が求められているのか、その具体像をまとめた。(2018/6/19)

神戸市が楽天の「電子図書館サービス」試験導入 スマホ・PCで電子書籍を借りる
兵庫県神戸市は、楽天グループが提供する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」を6月22日から試験導入する。市民が、市立図書館の図書カードを使ってIDやパスワードを発行して電子書籍を借り、スマホやPCで読めるようにする。(2018/6/13)

学研の『科学と学習』が電子書籍で復刻 40歳以上には涙モノの学習マンガ
学校の図書館にもあったマンガでした。(2018/6/10)

6インチ電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」発売 コンパクトなエントリーモデル
Rakuten Koboが、電子書籍リーダーのエントリーモデル「Kobo Clara HD」を発売。6インチのCarta E Ink HDタッチスクリーンを搭載する。(2018/6/6)

電子書籍のマンガ、AIで「モアレ」少ない自然な画像に 共同印刷
共同印刷がAI(人工知能)を活用して電子書籍の漫画画像を処理する「eComicScreen+」(イーコミックスクリーンプラス)を開発。スクリーントーンなどによって生じる「モアレ」を細部まで抑制し、より自然な画像に仕上げるという。(2018/6/4)

西尾維新の作品かどうか物議醸した「小説家になろう」の投稿作 ユーザー退会により削除される
投稿主は「メディアワークス文庫より書籍化」「劇場アニメ化予定」と告知していましたが、KADOKAWAは否定していました。(2018/6/4)

「小説家になろう」で「西尾維新」名乗る作品、物議醸す 書籍化・アニメ化告知するもKADOKAWAは否定
小説投稿サイトに投稿された西尾維新さん名義の作品が、本当に本人の作品なのかどうか注目を集めています。(2018/6/4)

mineoがエンタメ系オプションサービスを提供開始 「Google Play」のキャリア決済も
ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」で、音楽/動画/電子書籍が楽しめるエンタメ系オプションサービスの提供が始まった。6月4日からは「Google Play」の代金を月額料金と一括で支払えるサービスも順次開始する。(2018/6/1)

楽天Kobo、300ppiの高解像度表示が可能になった6型エントリー電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」
Rakuten Koboは、6型E Inkタッチパネルを採用した電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」を発表した。(2018/5/30)

『30歳の保健体育』に10年越しの続編 『40歳の保健体育』がまさかの刊行
あの“30歳から始める恋愛ハウツー書籍”が、10年の時を経て、40歳向けになって帰ってきた!(2018/5/25)

「ダメOL」が起業して3億円をゲット! 異色のビジネス書が脚光を浴びるわけ
書籍『ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法』が話題だ。著者は新卒でDeNAに入社し、失敗により「新卒初の減給処分」を受けたという女性。その後起業し……。(2018/5/25)

書籍全文検索、著作者の許諾不要に 改正著作権法、来年1月施行へ
書籍の全文検索サービス向けに書籍をデータ化する際、著作者の許諾なく行えるようにするなどの権利制限規定を盛り込んだ改正著作権法が参議院本会議で可決・成立した。(2018/5/22)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(40):
あの面倒くさい業務を簡単なプログラミングで自動化だ――“VBA/GAS”で働く価値を上げる方法
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第40弾は「働く価値を上げる“VBA/GAS術”」だ。日頃の業務で欠かせない「Microsoft Excel」または「G Suite」の「スプレッドシート」を効率的に活用する方法を学ぼう。(2018/5/21)

子育てあるあるがいっぱい インスタで人気のモチコさんの育児マンガがほのぼの・クスリと笑わせにくる
6月には書籍化も予定されています。(2018/5/20)

ビジネスパーソンに人気:
19万人以上が利用 本の要約サービス「フライヤー」が簡単にまねされない理由
もっと本をたくさん読みたいが、時間がない。そんなビジネスパーソンは多いはず。そうした悩みを持つ人たちに今人気を集めているのが書籍要約サービス「フライヤー」だ。(2018/5/15)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(18):
「人工知能はデータが命」に潜むワナ――その数字、本当に信頼できますか?
人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が、書籍化を記念して期間限定で復活。今回は「人工知能はデータがそろっていれば大丈夫」という誤解がテーマです。(2018/5/10)

「死んでいる会社」にならないために――アマゾンの「Day One」とパナソニックの「日に新た」
「現場力」の第一人者、ローランド・ベルガーの遠藤会長が、『生きている会社、死んでいる会社』というショッキングなタイトルの書籍を出版、「創造的新陳代謝」の大切さを指摘する。(2018/5/8)

「マッハ新書」が本当に速い 電子書籍を12時間以内に執筆・販売するムーブメントが勃興
提唱者は日本におけるVR研究の先駆者でもあるGOROman氏。(2018/5/7)

観察力をつけたい人にも 短時間で描くためのヒントが詰まった書籍『5分間スケッチのススメ:建物を描く』発売
スケッチャーで建築家のリズ・スティール氏による書籍の日本語版です。(2018/5/7)

「所有できない電子書籍」問題 サービス閉鎖後、購入者はどうなる?
電子書籍購入者にとっては不安なところ。(2018/5/6)

編集部からのお知らせ:
連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました
人工知能の“誤解”を解説してきた人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が書籍になりました。人工知能の「今」を知るにはオススメの1冊です。(2018/4/27)

Kindleストアに「自衛隊イラク日報」電子書籍版が登場 個人ユーザーが出版、データは朝日新聞から抽出……これはアリ!?
と思ったら記事を書いている最中に消えてしまった……。(2018/4/26)

「ニコニコ書籍」と「BOOK☆WALKER」 「東方Project」シリーズ初の二次創作公認流通プラットフォームへ
ZUNさん「電子書籍で同人誌を売るのも一般的になってきたのでそろそろいいんじゃないかなと」(2018/4/24)

note、出版社へのクリエイター紹介プログラムを実施 出版社3社とパートナーシップ締結で作品の書籍化へ
より書籍化される可能性が高くなるかも。(2018/4/23)

電子書籍サービス「Digital e-hon」が終了へ 7月末を最後に購入済みコンテンツもほぼ閲覧不能に
購入者には、全国書店ネットワークや「BOOK☆WALKER」で使えるポイントを返還。なお、医学文献は終了後も閲覧できます。(2018/4/19)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(39):
「IT業界あるある物語」で覚える、新人エンジニア/メンター/リーダーが知らないと現場で生き残れない18の常識
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第39弾は「新人が知らないと現場で生き残れない18の常識」だ。新人エンジニア、そして新人の先輩になる若手エンジニアたちに、参考にしてほしい。(2018/4/19)

電子書店5社が「日本電子書店連合」設立 読者に「正規版」購入促す
電子書籍配信サービスを運営する5社が、海賊版サイト対策や、読者への「正規版」購入の啓蒙を行う業界団体「日本電子書店連合」を設立した。(2018/4/16)

丸善ジュンク堂書店で「dポイント」と「Pontaポイント」利用可能に 「hontoポイント」と同時にたまる
丸善ジュンク堂書店が4月16日、NTTドコモの「dポイント」とローソンなどで使える「Pontaポイント」を関東圏の26店舗の書店で利用可能にしたと発表。書籍や文具の購入時に、hontoポイントといずれかのポイントの2種を同時にためることができるという。(2018/4/16)

4月25日発売予定だった書籍『ハリルホジッチ・プラン』、突然の監督解任で急きょ『砕かれたハリルホジッチ・プラン』に軌道修正へ
迅速な対応に称賛の声があがっています。(2018/4/11)

「iWork」も「Apple Pencil」対応に 「スマートアノテーション」機能も
Appleのオフィススイート「iWork」のiOS版が「Apple Pencil」をサポートした。文書作成アプリ「Pages」にはPencilで入力した編集を履歴として表示できる「スマートアノテーション」機能や電子書籍作成機能が追加された。(2018/3/28)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(38):
セキュリティクラスタまとめのまとめ 2016〜2017年版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第38弾は「セキュリティクラスタまとめのまとめ」をお届けする。年々深刻化するサイバー攻撃をはじめ、セキュリティクラスタの間で話題に上った出来事を1カ月ごとに振り返った。(2018/3/19)

池袋マルイで開催予定だった「百合展2018」が中止に 既に中止になった「ふともも写真の世界展」と同じ会場
女性同士の友情や愛情をテーマに、多数の漫画家や写真家が参加し書籍やコラボグッズを販売するイベント。(2018/3/12)

漫画『皇国の守護者』絶版決定の見通し 伊藤悠先生、電子書籍にならないことなど明かす
ネット民からは悲鳴。(2018/3/6)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(37):
「Windows 10」が内蔵するセキュリティ機能がよく分かる電子書籍――起動前から侵害の検出と対策まで
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第37弾は「Windows 10が備えるセキュリティ機能」をお届けする。起動前後にルートキットを防ぐ機能から、侵害の検出と対策までを5段階に分けて解説した。(2018/2/28)

決定的に重要な80年代:
「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌から見えるもの
一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えた老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。(2018/2/21)

「こんなコミック専用電子書籍端末を作ってほしい」 『SKET DANCE』篠原先生が描く“理想の端末”に同意の声集まる
大企業が協力して作ってくれないかなあ……。(2018/2/11)

「聞き出す力」:
“プロインタビュアー”が伝授する、「深い話」を聞くための職人技
有名人の素顔に迫る書籍を書き続けている“プロインタビュアー”吉田豪さん。吉田さんはなぜ海千山千の猛者たちから深い話を聞くことができるのだろうか。そのノウハウがまとめられているのが、吉田さんの著書「聞き出す力」だ。(2018/2/5)

「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」:
誰もが知る「テトリス」の知られざるヒミツ
世界中の人々を熱狂させ続ける“落ちゲー”テトリス。だが、その知名度に反し、誕生の歴史や世界に広がった経緯はあまり知られていない。それを教えてくれる書籍が「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」だ。(2018/2/2)

「世界一高額な電子書籍セット」811万円で発売 購入者は「アフタヌーン」で漫画にしてもらえる
電子コミック配信サイト「漫画全巻ドットコム」が、「世界一高額」という811万円(税別)の電子書籍セットを発売。購入した人は、購入までのストーリーを漫画にして『月刊アフタヌーン』に掲載してもらえるという。(2018/2/1)

「hon.jp DayWatch」継続へ 日本独立作家同盟と協議
1月31日に終了予定だった電子書籍業界ニュースサイト「hon.jp DayWatch」が継続へ。事業承継を前提に、日本独立作家同盟と協議しているという。(2018/1/31)

「うんこ漢字ドリル」など人気も:
「紙の本」の売り上げ、13年連続で低下 電子書籍は好調も
2017年の出版市場はどのように推移したのか?――全国出版協会調べ。(2018/1/26)

楽天とWal-Mart、日米で提携 「楽天西友ネットスーパー」オープンへ
楽天が米Wal-Mart Storesと日米で提携。日本でネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」の運営をスタートするほか、米国ではWal-Mart実店舗やオンライン店舗で「楽天Kobo」の電子書籍の独占販売を始める。(2018/1/26)

Apple、「iOS 11.3」で電子書籍にテコ入れ、オーディオブックコーナーも──Bloomberg報道
今春公開予定の「iOS 11.3」では、電子書籍アプリ「iBooks」が「Books」になってユーザーインタフェースがシンプルになり、オーディオブックコーナーが新設されるとBloombergが報じた。(2018/1/26)

熟練アーティストが人体の描き方を教える書籍『コンセプトアーティストのための人体ドローイング』刊行
著者は有名映画やゲームの制作に携わったアーティスト。(2018/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。