ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネス書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネス書」に関する情報が集まったページです。

「ダメOL」が起業して3億円をゲット! 異色のビジネス書が脚光を浴びるわけ
書籍『ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法』が話題だ。著者は新卒でDeNAに入社し、失敗により「新卒初の減給処分」を受けたという女性。その後起業し……。(2018/5/25)

「お金とは一体なんなのか?」を考えた男:
キングコング西野が就活生に語った「お金」の話
いつも炎上しているキングコング西野亮廣さん。しかし炎上をものともせず、絵本やビジネス書は売り上げを伸ばし、取り組みも注目を浴びる。西野さんは「モノを売る」「お金」についてどう捉えているのか?(2018/2/24)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

Amazonプライムビデオ「77部署合体ロボダイキギョー」がおかしい 巨大ロボの運用を通して人付き合いの秘訣を伝授
ベストセラービジネス書『伝え方が9割』が、「石田三成CM」作者の手で特撮ロボットものに翻案されました。どういうことだよ。(2017/11/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ビジネス書が売れなくなった本当の理由
ビジネス書が売れなくなった理由にはいくつかの通説がある。その中でも特に興味深いのが「既にノウハウが出尽くしたから」「キャリアアップという発想が時代遅れだから」の2つの通説である。(2017/9/8)

インプレスR&D、楽天ブックスでPOD書籍の販売を開始
ビジネス書や解説書など、数百タイトルを用意。ユーザーの注文に応じて即日出荷する。(2015/7/21)

出版社のトイレで考えた本の話:
「ゴーストライター」のホントのお仕事
「ゴーストライター」と聞いて、「なんだか怪しいなあ」と感じた人も多いのでは。しかし、ビジネス書や実用書などの世界では、非常にポピュラーな存在だ。なぜなら……。(2015/7/9)

水曜インタビュー劇場(読書公演):
知らず知らずのうちに“あの本”を読んでいる? ビジネス書の10年を振り返る
ビジネス書のベストセラーをみると、ちょっと気になることがあった。10年ほど前には「お金」に関する本が上位に並んでいるのに、いまは少ない。5年ほど前には「仕事術」に関する本が目立っていたのに、いまは少ない。その理由は……。(2015/5/27)

ビジネス書のポイントが5分で分かる、オトバンクの要約サービス「FeBeダイジェスト」
『夢をかなえるゾウ』『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』など、マーケティングチームが選定した「売れている本」を要約して無料配信している。(2015/4/17)

翔泳社の「ITエンジニア本大賞」、技術書&ビジネス書部門ベスト10が発表
今後は各部門トップ3の中から大賞を決めるプレゼン大会を、2月19日開催の「Developers Summit2015」内で実施する。(2015/1/20)

ビジネス書を飽きずに読み込む方法
「新刊ラジオ」というPodcast番組でブックナビゲーターとして沢山の本を紹介している矢島雅弘さん。たくさんの本を飽きずに読み込む方法とは? ご本人にお話を伺いました。(2015/1/6)

Biz.ID Weekly Top10:
みんなと同じじゃつまらない 十人十色の発想力のヒント
ちまたにあふれる「発想術」系のビジネス書。技術も大切ですが、誰にも真似できない「自分だけ」のアイデアを出す秘けつをデジタルハリウッド大学主催のセミナーで学んできました。(2014/11/29)

ビジネス書の「食わず嫌い」直してみませんか?
本と対話をしながら読み進めていく読書術、「エモーショナル・リーディング」を紹介。(2014/11/25)

ANA国際線の機内でビジネス書を“聞く” 情報工場とオトバンクの書籍ダイジェストサービス
ビジネス書のポイントを15分の音声に。12月からANA国際線の機内で定期放送を開始する。(2014/11/21)

書籍×動画で効率的な学習を――中経出版のビジネス書シリーズ『VISIONARY SEMINARS』
書籍に記載されているURLにアクセスすると、学習に役立つ特典動画を見ることができる。(2014/11/19)

翔泳社、ビジネス書の電子版が半額になる「花金eBookセール」第1弾
今後も月1回開催する予定。(2014/10/24)

ニコカド祭りの熱気が再び:
最大60%オフ! 楽天Koboが5日間限定で「KADOKAWA THANKS SALE」を開催
『僕だけがいない街』『テルマエ・ロマエ』などの人気コミックをはじめ、ライトノベル、小説、ビジネス書など約2万タイトルをラインアップ。(2014/10/23)

ビジネスチームハック:
「会社の人間関係、メンドクサイ」――そんなあなたに勧める1冊
ビジネス書をたくさん読んでも、組織内の人間関係のストレスが軽くなるとは限りません。なぜなら一般的なビジネス書は「原因の分析」をしないからです。(2014/10/10)

Amazonで人気のビジネス書はこれだ! オールタイムベストが発表
アマゾンジャパンが、14年間蓄積した各種データから選出した「オールタイムベスト」の第4弾「ビジネス書100」を発表。カスタマーレビューも収録したKindle本も無料配信する。(2014/10/3)

eBookJapan、「最先端ビジネス良書」コーナーを設置――情報工場が協力
ビジネス書の内容を300〜400文字に要約して紹介。(2014/9/19)

ビジネス書・実用書100作品が日替わりで半額に、BookLive!で期間限定キャンペーン
『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』や『50歳からは炭水化物をやめなさい』など700作品が半額となる。(2014/8/13)

ビジネス書や実用書が50%オフ、「GALAPAGOS 日替わりセール」が7月25日にスタート
「30時間限定 全品最大30%ポイント還元キャンペーン」も実施!(2014/7/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
世界をまとめて読む
これから生きていくうえで大事なものはなんだろうか? 世界中の優れたビジネス書から得る知識、知見、考え方、生きる姿勢、最新のビジネスモデルは助けとなるだろう。(2014/6/19)

「ビジネス書大賞2014」決定――大賞は『統計学が最強の学問である』『経営戦略全史』
第5回目となるビジネス書アワード「ビジネス書大賞2014」が決定。大賞には『統計学が最強の学問である』と『経営戦略全史』の2作品が選ばれた。(2014/4/28)

ディズニーランドと代官山 蔦屋書店の意外な共通点とは?
ビジネス書では異例のベストセラーとなっている『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』。著者の鎌田洋さんによる講演会&サイン会が4月3日に行われました。その模様をリポートします。(2014/4/15)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第12回:
格安SIMで電子書籍を買っても大丈夫? Kindleと楽天Koboで試してみた
スマホやタブレットの普及で電子書籍の利用者は増えている。フィーチャーフォンの時代はコミックが多かったが、最近はビジネス書のラインアップも充実している。しかし、データサイズが大きそうな書籍を、格安SIMでダウンロードしても大丈夫なのだろうか。(2014/2/26)

ビジネス書を鵜呑みにするな 「自分プロデュース」で輝く方法
ビジネス書を読みあさっても成功法則が身につかない理由とは。星野明宏さんの著書『凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方。』から紹介します。(2014/2/20)

ビジネススキルを妨げる6つの嘘
複数のタスクを同時に行う「マルチタスク」で、本当に仕事の効率は上がるのでしょうか? やるべきことを1つにしぼるべきだとする、米Amazonで総合ランキング1位を獲得した話題のビジネス書を紹介します。(2014/2/4)

愛される企業作りを助ける『おもてなし経営はじめの一歩』献本キャンペーン
OMOTENASHIが、おもてなし経営で顧客との共創を目指し、愛されるブランドを目指すビジネス書『おもてなし経営 はじめの一歩』無料献本キャンペーンを開始した。(2013/11/11)

電子書籍、認知度は高いが利用しようと思わない人が大半
クロス・マーケティングが「ビジネス書籍と新しい読書手法に関する調査」の結果を発表。99%の人が電子書籍を知っているにも関わらず、61%は「名前は知っているが利用しようとは思わない」と回答した。(2013/10/16)

BookLive!にビジネス書・実用書のコーナーが新設
電子書店「BookLive!」にビジネス書・実用書のコーナーが新設。これを記念した10%ポイントバックキャンペーンも実施する。(2013/8/8)

TSUTAYA2013年上半期 書籍・文庫ランキング――文芸書ほかビジネス書も人気に
「TSUTAYA BOOK NETWORK」加盟店舗におけるTSUTAYA2013年上半期 書籍・文庫ランキングが発表。総合ランキング1位は村上春樹の新刊となっており、「話し方」をテーマにしたビジネス書も上位にランクインした。(2013/7/18)

3年間で7億円稼いだ男の「メールを返さない理由」とは?
人付き合い過多になり自分の時間が取れない……。そんな人も多いのではないでしょうか。今回は普通のビジネス書には書かれないような今の時代に合った「人づきあい」や人脈構築を教えてくれる書籍を紹介します。(2013/6/13)

BookLive、岩田松雄の最新ビジネス書を配信
岩田松雄氏の最新作『「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方』が、紙書籍と電子書籍で同時刊行。BookLiveでは特集ページ開設のほか、購入者へのポイントキャンペーンも実施する。(2013/5/30)

読みたいトコだけ買える電子書籍配信サービスオープン
クロスメディア・パブリッシングがビジネス書の「読みたいトコだけ」分けて買える『SHORT BUSINESS BOOKS』をオープン。会員登録者に一冊まるごとプレゼントキャンペーンも。(2013/5/29)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
相手に嫌な思いをさせずに、簡単に改善点を伝える方法
「部下は褒めて育てろ」などと書いてあるビジネス書は多い。ただ褒めることはできても、改善点をどのように伝えたらいいのか、分からない人も多いだろう。そこで相手に嫌な思いをさせずに、簡単に改善点を伝える方法を紹介しよう。(2013/2/6)

9月1日〜9月30日:
誠 ビジネス書ランキング(9月版)
日本出版販売のランキングデータから、今売れ筋のビジネス書を紹介します。(2012/10/23)

9月26日21時から:
【番組告知】本当に読むべきビジネス書はこれだ eBook TV第3回生放送は9月26日21時
eBook USERの情報番組「eBook TV」第3回は9月26日21時から生放送。話題のAmazonはいつ日本に来るのかなど、電子書籍市場のニュースを分かりやすく解説。今回は、Appleファンにもぜひご覧いただきたい内容です。(2012/9/24)

ビジネスノベル新世紀:
内容が良いだけじゃダメ、出版界が模索する販促方法とは
近年、ビジネス書が小説やイラストの力を使って、実売を伸ばそうとしている傾向がある。しかし、パッケージングで工夫が行われているのはビジネス書に限った話ではない。連載「ビジネスノベル新世紀」最終回では、出版業界の現状について改めて振り返る。(2012/9/17)

ビジネスノベル新世紀:
どんな流れで進めればいいの? ビジネスノベルの書き方とは
近年ビジネス書界隈で目立つようになっているビジネスノベル。ショートショートのビジネスノベルを対象とする「誠 ビジネスショートショート大賞」の作品を書くにはどのような流れで進めればいいのか。1つの例をもとに解説してみました。(2012/9/7)

ビジネスノベル新世紀:
“読みやすい”だけじゃない! ビジネスノベルを知るための7作品
前回までの連載「ビジネスノベル新世紀」ではビジネスノベル、あるいはビジネスライトノベルがビジネス書界隈で目立つようになってきた状況について解説しました。今回は代表的なビジネスノベル7作品を紹介します。(2012/8/31)

ビジネスノベル新世紀:
ビジネス書+ライトノベル=“ビジネスライトノベル”の誕生
ビジネス書で小説形式だったり、表紙にキャラクターのイラストを使用したりしている作品が登場している一方、ライトノベルでもビジネスをテーマにした作品が登場しています。そうした“ビジネスライトノベル”とでも言うべきジャンルが登場している背景には何があるのでしょうか。(2012/8/24)

ビジネスノベル新世紀:
もしドラだけじゃない! “ビジネスノベル”が増えているわけ
最近、書店のビジネス書コーナーでは、若い女の子が表紙になった物語形式の本が増えています。その背景には、ビジネス書側、小説側、それぞれの事情が関係しているようです。(2012/8/17)

アイ・エンターと有隣堂、電子自費出版サービス「inko deまいレーベル」
アイ・エンターと有隣堂が、自費出版のための電子書籍サービス「inko deまいレーベル」を提供する。小説、ビジネス書、写真集などジャンルは不問で、リーズナブルな価格でプロの編集者が出版をサポートするという。制作した電子書籍は電子書店「inko」で販売できる。(2012/7/27)

手帳、ビジネス書、ノートPC――年収が高い人ほどかばんの重さに悩み
KDDIが20〜40代のビジネスパーソン400人を対象としたかばん中身調査の結果から、約9割のビジネスパードンがかばんは軽い方がよいと回答しており、年収が高い人ほどその傾向が高いことなどが分かった。(2012/1/10)

「BusinessMedia 誠」がUstreamでビジネス番組 編集長が話題のトピック解説
「BusinessMedia 誠」が月1のビジネス情報番組「ビジネステレビ誠」をUstreamでスタート。記事で取り上げた話題や商品を解説したり、ビジネス書の著者と対談したりする。司会は、Business Media 誠の吉岡綾乃編集長。キャスターは、「誠Biz.ID」鷹木創編集長と「誠Style」の岡田大助編集長。配信は10月20日20時0分〜。(2011/10/19)

悩むビジネスパーソンへの“処方せん”:
あなたも実践できる、ハイペースで出世する人の思考法
ものすごい速さで出世する人は、普段どのようなことを考え仕事をしているのだろうか。ビジネス書には昇進するための方法などが書かれているが、それを実践することは難しい。そこで誰でも簡単にできる、ハイペースで出世している人の思考法を紹介しよう。(2011/10/5)

シニア層での利用高まる「オーディオブック」
「60歳以上のオーディオブックの利用者が前年と比べて2倍に増加」「60歳以上に人気のジャンルは1位が経営書をはじめとするビジネス書」――オトバンクの調査で、シニア層でオーディオブックが浸透しつつあることが分かった。(2011/9/27)

年収1000万円以上のビジネスパーソン、月に何冊の本を読む?
年収1000万円以上のビジネスパーソンは、どのジャンルの本を読んでいるのだろうか。やはり「ビジネス書」と答えた人が最も多かったが、「文芸書・小説」や「趣味の本」など多岐に渡って読んでいるようだ。アイシェア調べ。(2011/9/26)

吉田典史の時事日想:
転職をした人が始めの半年でするべきこと
「転職者は1日も早く実績を残すべき」というビジネス書のアドバイスは間違っているという筆者。最初の半年は、仕事をしやすい環境を作ることに注力するべきだと主張する。(2011/8/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。