ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人間関係」最新記事一覧

標的型攻撃で最も盗まれるのはメール情報、LinkedInで社内の人間関係も把握
実際の標的型攻撃では知的財産よりも、攻撃者が標的にした組織の人間関係を把握できる情報が盗まれているという。(2016/9/30)

「ファミコンソフトの貸し借り」で小学生は社会を学んでいた
「ファミコンソフトの貸し借り」は社会の縮図。トラブル対応も人間関係の構築も、みんなファミコンで学んだものです。(2016/9/3)

コミケでのストーカー対策に「おっさんレンタル」を利用したリポート漫画が大団円 新しい形の人間関係?
ストーカー化した客に悩まされていた女性漫画家が、おっさんに売り子を頼むことで心底コミケを楽しめたというお話。(2016/9/1)

有名人の人間関係が丸分かり!? AI搭載の人物検索「あのひと検索SPYSEE2」公開
ネット上の情報を解析し、人物同士のつながりや関連キーワードなどを可視化する人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」が公開された。(2016/8/17)

キャリアニュース:
仕事でストレスを感じる人は9割――要因の1位は「上司との人間関係」
転職支援サービス「エン転職」が「ストレス解消」についての調査結果を発表。20〜50代の9割が仕事でストレスを感じていることが分かった。ストレス要因の1位は「上司との人間関係」で、5割を占めた。(2016/8/12)

キャリアニュース:
離職理由――年収を問わず1位は「人間関係」
転職口コミサイト「転職会議」が「年収別の離職理由」についての調査結果を発表。平均年収層・高年収層ともに「人間関係に対する不満」が1位だったが、その割合や不満に対する対応は、年収層によって違いが出た。(2016/6/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
本音は言ってもいい?
あなたはどれくらい本音で話しているか? 本音で良好な人間関係を築けるコミュニケーション方法とは。(2016/5/26)

プロマネ1年生の教科書:
面倒な調整や交渉、スマートにこなすには?
ヒトや物事の間に立ち、交渉や調整を行うことが多いプロマネ。クライアントだけではなく、チーム内の人間関係まで問題はさまざまで、メンドクサイと思う人も多いかと思いますが、まずは、調整や交渉を行う前に必要な“心構え”からおさらいしていきましょう。(2016/2/18)

訃報を聞いて何、思う
人間は中年期を迎える頃から、体調や精神的不調が増えるのが自然です。人生の後半に起こる肉体や精神、キャリア、人間関係の大きな転換は「中年の危機」と呼ばれます。今回は、人生の危機をマネジメントすることを考えてみましょう。(2016/2/3)

会話の音声解析アルゴリズム、人間関係予測でセラピスト超え
100組以上の夫婦の膨大な量の会話データに基いて構築した音声解析アルゴリズムに複数の夫婦の会話を“聞かせ”てその関係を推測させたところ、プロのセラピストより高い確度で関係性を当てたという。(2015/11/25)

「自分を肯定する」ことが人間関係のストレスを減らす
(2015/7/7)

キャリアニュース:
「仕事の効率を下げるもの」は“ネット”と“人間関係”――米人事調査
アメリカの大手求人情報サイト「CareerBuilder」が人事担当者2175人を対象にした調査を実施。インターネット利用や人間関係が職場の生産性を下げるとの考えから、74%の担当者が何らかの対策を講じていると伝えている。(2015/7/7)

そのひとことを言う前に:
ギスギスしたチームの“人間関係”を修復するには?
高い成果を上げるチームになるために、メンバー間の葛藤や対立といった“いざこざ”は避けて通れないプロセスです。しかしそれが長引けばチーム内の雰囲気は悪くなる一方。メンバーの関係性を安定させるために、リーダーがやるべきこととは何でしょうか?(2015/5/28)

高校生の6割がTwitterアカウント複数持ち、約6人の“キャラ”使い分け──電通総研調査
「Twitterアカウントの複数持ちは当たり前」――人間関係に合わせてキャラを使い分ける若者のコミュニケーション術が電通総研の調査で明らかになった。(2015/4/22)

ラリーを通じて人間関係も円滑に! オフィスで本格的な卓球ができる「ピンポンワークテーブル」登場
仕事場がアツくなるな。(2015/1/27)

アドラーに学ぶ“良好な人間関係を築く方法”
日常生活に応用できるアドラー心理学を「見て感じる」フォトブックを紹介。(2015/1/22)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
人間関係でストレスを溜めないための方法
組織で業務を進めていくうえで人間関係は避けて通れません。自分や他人の感情を適切に知覚し、自己表現できる能力「EQ」とストレス反応には関連性があるようです。(2015/1/20)

嫌われにくい人が実践している話し方
良好な人間関係を築くための話し方のルールとは?(2015/1/8)

外見を整えることが人間関係を円滑にする
人生が丸ごとうまくいく見た目の整え方とは。(2014/12/25)

「親しき仲にも礼儀あり」の人間関係の作り方
誰もが悩む人間関係に、アドラー心理学で答えを出す。(2014/12/18)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(4):
無料提供|ストレスを感じたときに、人間関係に悩んだときに読む「心の健康を保つための22のエクササイズ」電子書籍版
人気過去連載を一冊に再編集して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。Vol.4は、ストレスフルな社会で環境と気持ちの折り合いをうまく付けるための指南書『ITエンジニアにも重要な心の健康』だ。(2014/12/3)

「働く意味」がわからない君へ:
「何回転職しても、人間関係に苦しみます」
「この職場はダメだ」と、転職を繰り返す人がいます。しかし、問題は自分自身にあるのです。(2014/12/1)

困ったときに使える! 人間関係がうまくいく“断り方”
どうしても断りたい、しかし人間関係は大切にしたい……。そんな時使える断り方を紹介します。(2014/11/28)

仕事に、夫婦関係に…… 人間関係がスムーズにいくコツ
意識の本質である「真我」で人間関係がうまくいく?(2014/11/25)

サイボウズ式:
「火力調整」ができない人は人間関係をダメにする
この人にはうまく伝わるのに、あの人にはうまく伝わらない……。その違いはあなたの接し方で生じている可能性があります。相手をよく観察し、適切な火力でうまく料理すれば、おいしい人間関係を築けるかもしれません。(2014/11/11)

きょう、会社やめます。〜元商社マンのスタートアップ奮闘記〜:
僕がサラリーマンをやめた3つのきっかけ
仕事も楽しく、人間関係も良好で順風満帆に見えたサラリーマン生活――なぜ僕がそれをやめることにしたのか、そのきっかけを話します。(2014/11/11)

ICHIROYAのブログ:
小さな会社を10年やってきて学んだ5つのこと
マーケットの変化や社内外の人間関係といった仕事を取り巻く状況について、起業したからこそ、よりリアルな経験を紹介。会社勤めをしている人にも、思い当たるふしがあるのではないだろうか。(2014/10/10)

ビジネスチームハック:
「会社の人間関係、メンドクサイ」――そんなあなたに勧める1冊
ビジネス書をたくさん読んでも、組織内の人間関係のストレスが軽くなるとは限りません。なぜなら一般的なビジネス書は「原因の分析」をしないからです。(2014/10/10)

商談の武器になる:
相手との距離を一気に縮める「ビジネス雑談術」
「雑談」は人間関係の潤滑油として欠かせないビジネススキル。「でもイマイチ、自信がない……」という人のために、雑談にぴったりな情報の選び方や集め方、意外なネタの見つけ方などを伝授します。(2014/9/19)

蓮さまの兄は男色家? 吉田松陰の妹はブス? 週刊誌感覚で分かる“乙女の日本史”
朝の連続テレビ小説『花子とアン』で有名になった女流歌人、柳原白蓮。杜氏彼女の周りを騒がせた、スキャンダルな人間関係を紹介します。(2014/9/4)

ビジネス英語の8割は中学英語で通用する:
引き続き、●●をお願いします
今後の人間関係を良好にするためにも、覚えておきたいセンテンスです。(2014/8/5)

キャリアニュース:
「職場の人間関係」が原因でメンタル不調者が「増えている」――人事関係者向け調査
53%の人事関係者が、メンタルヘルス不調者は「増えている」と回答。メンタルヘルスが不調に陥っている主な原因として最も多く挙げられたのは「職場の人間関係」(62%)だった。(2014/7/29)

どんどん幸せを引き寄せるたった1つの習慣
感情や偏見から自由になり、さらに人間関係を良くするために今日からできることとは? 書籍『「感謝の習慣」で人生はすべてうまくいく!』から紹介します。(2014/7/10)

あせらない練習:
嫌われている人と上手に付き合う
誰にでも、苦手な人はいます。好むと好まざるにかかわらず、部下は上司を、上司は部下を選べないし、取引先の人ともいい人間関係を築かなければなりません。逆風はやがて順風に。あせらずに逆境を受け入れてみよう。(2014/7/2)

仕事耕具:
職場の“困った”にすぐ効く処方せん 「田中淳子の人間関係に効く“サプリ”」が電子書籍に
職場のトラブルは、もとをただせば“ほんのちょっとした”コミュニケーションのすれ違いから起こっていることが多いもの。そんなときの“上司の対処法”を指南するBiz.IDの人気連載が電子書籍になりました。(2014/6/27)

人間関係を制するものは営業を制す――リコーが説く“名刺デジタル管理”3つのメリット
作業効率の向上だけでなく、売上アップにつながる名刺データの活用を――。リコージャパンのMA事業本部が「ワークスタイル変革」の一環として始めた名刺管理のデジタル化と社内共有は、どんな効果を上げているのか。(2014/6/10)

あなたがありのままの自分でいられない本当の理由
ありのままの自分でいられない理由である心のなかの「箱」とは? 人間関係で悩まないためのコツを物語形式で学べる書籍を紹介します。(2014/6/3)

時代が求める「少人数チーム」の作りかた:
「成果が出ない」「人間関係がうまくいかない」――この問題は少人数チームで解決できる
「成果が出ない」「人間関係がうまくいかない」という問題に直面しているチームリーダーは少なくないと思います。こうした“よくある職場の課題”も、少人数チームをうまく機能させることで解決できるのです。(2014/6/3)

恐ろしい「報道被害」、なぜ起こる?
報道されてしまった人の生活基盤、人間関係、名誉などを破壊し、深刻な人権侵害をもたらす、報道被害問題。弁護士としてこの「報道被害」に取り組む梓澤さんの著書を紹介します。(2014/5/20)

東大生はなぜ会社で使えないのか?:
理不尽な攻撃をやわらげる方法
良好な人間関係のためにやっておいたほうがいいのが「相手の歴史を知る」ことです。納得がいかなかったり理不尽だと感じるのは、価値観や判断基準が違うから。相手の価値観を知っておけば、嫌な気持ちをやわらげることができます。(2014/5/20)

女同士のコワ〜イ人間関係 失敗しないための方法とは
さまざまな環境で起こりがちな女性同士のトラブル。そんな女性同士の人間関係で失敗しないためのヒントになる書籍を紹介します。(2014/5/13)

今年の新入社員は「ヤジロベエ型」 空気を読んで周りとのバランス重視
エン・ジャパンが2014年の新入社員の傾向を発表。人間関係や公私のバランスを重視するも、エネルギッシュさに欠ける「ヤジロベエ型」となっています。(2014/5/2)

2014新年度まとめて読みたい記事特集:
新たな環境に5分でなじめる、コミュニケーション術4選
離職の原因のランキングでは、人間関係に起因するものが3分の1を占めている。ならば、相手を知り、自分を知ってもらい、居心地の良い職場にしてみるのはどうだろうか。(2014/4/14)

窪田順生の時事日想:
「マイルドヤンキー」論がもてはやされる理由
「マイルドヤンキー」という言葉がもてはやされている。「上京志向がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤を構築し、地元から出たがらない若者たち」という意味だが、なぜここまでブレイクしたのか。それは……。(2014/4/8)

初対面の人と打ち解けるために3種類のストーリーを用意しておこう
新しい出会いが待っている季節。初対面の人と打ち解けて、良好な人間関係のスタートを切れるよう準備をしておきましょう。(2014/3/25)

周りに信頼される「気遣い上手」の特徴
職場で上手くいく人はどのような特徴があるのでしょうか? 書籍『仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン』から紹介します。(2014/3/25)

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー:
引き継ぎ成功のカギは「チームの協力関係」――備えておきたい時間は「2週間」
3月は引き継ぎの季節です。チームの状態と仕事の引き継ぎに焦点を当てた今回の調査では、引き継ぎがスムーズだった人の7割以上はチームの人間関係が「円滑である」、そうでなかった人の6割は「円滑ではない」と答えており、チームの状態が引き継ぎに影響があることが明らかになりました。(2014/3/20)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
ストレスを抱え込むのが一番の時間のムダ
仕事をしていると、人間関係やその他のストレスを抱え込むことも少なくありません。今回は、それらを上手に解消する方法を紹介します。(2014/1/28)

選ばれ続けるリーダーの条件:
安易な転職はしない
ビジネスパーソンにとって、初めて入った会社は仕事をイチから教えてくれた恩人です。その会社を辞めるのは、裏切りに他なりません。人間関係もそれまでと一緒というわけにはいきません。転職は、それほど大きな喪失を決意してまで実現したいことがあるときに限るべきなのです。(2014/1/17)

すぐイライラする人は心が狭いのか?
誰しも人間関係に悩むことはあるはず。今回は、わたしたちが悩みがちな問題の対策を実業家、森田正康さんと起業家の家入一真さんの共著『ぜんぜん気にしない技術』から紹介します。(2014/1/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。