ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ショッピングカート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ショッピングカート」に関する情報が集まったページです。

スマホ決済サービス「d払い」がAmazon.co.jpに対応 12月1日から
NTTドコモの提供するスマートフォン向け決済サービス「d払い」が、12月1日からAmazon.co.jpで使えるようになる。現在開催中のキャンペーン「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」のポイントアップ対象サイトにも加わる(2018/11/29)

広告ブロッカーが有効な場合も
cookieのプライバシー対策、便利さとセキュリティのバランスをどう考えるか
cookieはWebサイトでパスワードや設定を再入力しなくて済むようにしてくれる便利な機能だが、プライバシーに関する不安がつきまとう。cookieの役割を整理した上で、どのようなセキュリティ対策があるかを紹介する。(2018/11/9)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

ITりてらしぃのすゝめ:
「極上の広告体験」とスパムは何が違う? 個人情報と広告の“微妙な関係”
普段スマートフォンやPCで何気なく使っているWebサービスは、私たちの個人情報をどう利用しているのか。今回のテーマは、個人情報と広告の“微妙な関係”について。(2018/10/30)

AI、IoT、ロボットの導入で小売業はどう変わる?:
データを活用した「接客」の進化を目指すパルコが6年間で考えたこと、変えたこと
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXで「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、パルコ 執行役 グループICT戦略室の林直孝氏による特別講演の内容をダイジェストで紹介する。(2018/10/30)

偽注文→キャンセルの業務妨害 被害届を出したアパレルブランドの報告に注目集まる
同じような被害を受けている人に、警察への相談を勧めています。(2018/10/20)

自動化、自己保護、自己修正が可能な自律型DBの新サービス:
自律型データベース「Oracle Autonomous NoSQL Database」をOracleが投入
Oracleは、自律型データベース「Oracle Autonomous Database」のポートフォリオを構成する新サービス「Oracle Autonomous NoSQL Database」の提供を開始する。低レイテンシやデータモデルの柔軟性、弾力的なスケーリングといった要件を持つNoSQLアプリケーションに対応する。(2018/10/4)

夫婦で息を合わせて! 外出先で子どもを誘惑から”ディフェンス"する育児あるあるイラストに「うちもやる」の声
ナイスディフェーンス!(2018/9/16)

広がる「VRショッピング」 3Dで模様替えもラクラク
アメリカの大手小売チェーン店ウォルマートが、同社のオンラインショッピングサイトで、バーチャルショッピングが楽しめるサービスの提供を6月末より試験的に開始した。(2018/9/3)

GCPも活用、ディープラーニングでぶつかった4つの壁
TensorFlowを独自に学習 無人店舗化を目指すクリーニング店のAI事例
九州でクリーニング店を営む田原大介氏は、独学で「TensorFlow」を学び、ディープラーニング技術を駆使して衣類を自動認識できる無人店舗作りに挑戦している。(2018/5/23)

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(2):
BFF(Backends For Frontends)の5つの便利なユースケース
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の1つ、Backends For Frontends(BFF)について解説する連載。今回はBFFの代表的なユースケースを5つ紹介します。(2018/5/18)

Amazonフレッシュとレシピサービス連携 レシピの食材を購入できる
Amazonフレッシュではミールキットの販売も。(2018/4/19)

クックパッド、Amazonフレッシュと連携 献立から食材購入までカバー
クックパッドがAmazonフレッシュと連携し、有料会員向け「プレミアム献立」で使う食材をまとめて購入できるサービスを始めた。(2018/4/19)

来週話題になるハナシ:
トイザらスを破滅に追いやったのは誰か、得するのは誰か
米国の玩具小売大手トイザらスが、米国事業を清算すると発表した。ECサイトの台頭で経営難に陥った……と思われたかもしれないが、本当にそうなのか。真相はちょっと違うようで……。(2018/3/30)

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

リテールテックJAPAN2018:
オムロンの“現実的な”レジレスソリューション、セキュリティゲートは扉がない
オムロン ソーシアルソリューションズは、「リテールテックJAPAN 2018」において、レジ待ちなしでマイペースな買い物ができるソリューション「無人ショッピングナビ」を提案した。(2018/3/9)

ETロボコン:
パッションあふれる作品が見てみたい、ガレッジニアで優勝すればアメリカ行き! ――「ETロボコン2018」
ETロボコン2018では自由な開発テーマで作品を募る「ガレッジニア部門」をもっと盛り上げていくため、実行委員会メンバーたちは身体を張る。おなじみデベロッパー部門では、前大会でも予告されていたように走行体の仕様の一部に変更がある。ET2018では、IoTをテーマとした新しいコンテストも始まる。(2018/2/15)

ETロボコン2017:
ガレッジニア部門が初開催、マイクスタンドまでスマート化?〜ETロボコン2017チャンピオンシップ大会〜
2017年のETロボコンでは、新競技となる「ガレッジニア部門」が開催された。デベロッパー部門のアドバンストクラスも、後半のゲーム競技の難易度が上がり、新ボーナス「韋駄天」が追加されるなど大きな変更が行われた。本稿では、ガレッジニア部門とアドバンストクラスを中心に、各チームの奮戦を動画とともに紹介する。(2017/12/27)

Gartner Insights Pickup(43):
ITについてビジネスの言葉で語るには
情報システム部長などのITリーダーがIT投資について経営陣に打診する場合、どのような説明をすべきか。ビジネスへの貢献を軸に、説得力のある指標を3つのステップで用意すべきだ。(2017/12/22)

コンプライアンス要件を検証
GDPR対象企業の命運を握る「データ保護責任者」というポジション、その任務は?
EUのGDPRは、企業がデータ保護責任者を任命することを求めている。だが、セキュリティのためにデータ保護責任者は本当に必要だろうか。この分野の専門家がコンプライアンス要件を検証する。(2017/12/18)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
安全? 危険? スマートスピーカーお騒がせ事件簿
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は少し趣向を変えて、過去にスマートスピーカー絡みで発生したトラブルや笑い話をまとめた。(2017/11/28)

CMSと関連製品群を刷新:
「Sitecore Experience Cloud」が実現するもの――データ統合、機械学習、マーケティングオートメーション
新たに発表された「Sitecore Experience Cloud」で何が変わるのか。「Sitecore Digital Marketing Summit 2017」の講演からポイントを探る。(2017/11/14)

とにかく速いWordPress(20):
“WordPressを簡単に1620倍高速化“する「部分キャッシュ」活用テクニック
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は、「WordPressアプリケーションレベルで実施する高速化チューニング」のポイントを解説します。(2017/11/6)

初音ミクがiPhoneで自由自在に歌う ヤマハMobile VOCALOID EditorとGarageBandで歌ってもらった
初音ミクとiPhoneの誕生から10年、ヤマハのiOS用VOCALOIDアプリ「Mobile VOCALOID Editor」が発売されて2年半。ついに初音ミクがやってきた。(2017/8/31)

「上司のパソコンにまだイルカがいたでござる」 現代の「あるある」を浮世絵風に描くシリーズがクセになるシュールさ
ちょんまげなのに共感しかなかった。(2017/7/17)

週末珍ゲー紀行:
わーいたーの死ー! ハゲのおっさんが狂った物理法則のショッピングカートで滑っては死ぬ虚無ゲー「Cart Racer」
やりたい気持ちは分かる。(2017/7/7)

特定通信方式への依存度低減へ:
ソラコムがSigfoxに対応、2つの新サービス「Inventory」「Junction」を発表
IoT通信プラットフォームを提供しているソラコムは2017年7月5日、同社の年次イベント「SORACOM Discovery 2017」に合わせ、より多くの通信方式への対応、そして端末管理/トラフィック制御に関する2つの新機能を発表した。(2017/7/5)

プライバシーとのバランスも必要だが……
小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?
物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。(2017/7/5)

おすすめレシピ教える「買い物カート」登場 画像認識で食材を判別
果物などをカメラにかざすと、おすすめのレシピを教えてくれるショッピングカート「ロボットコンシェルジェカート」が登場。(2017/6/29)

来週話題になるハナシ:
ドイツのスーパーが、かなりの勢いで世界中に広がっている秘密
ドイツのスーパー「ALDI(アルディ)」が、ものすごい勢いで成長している。英国や米国などでも店舗数を増やしていて、現在、世界18カ国で1万店以上を展開。日本では聞き慣れないこのスーパー……なぜ世界の人に支持されているのか。(2017/5/29)

ユーザーの要件には「ウソ」がある?:
ミスなくモレなく見やすい「要件定義書」の書き方
システム開発プロジェクトの成否を決めるといっても過言ではない「要件定義」。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第2回目は「要件の洗い出し方」と、Wordの機能を駆使して「要件定義書」を見やすくするテクニックを伝授します。(2017/5/15)

ファッション水着大手の三愛水着楽園も導入:
リターゲティング広告配信サービス「nex8」がショッピングカートASP「aishipR」とシステム連携
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」において、ロックウェーブが提供するレスポンシブECサイト構築ASP「aishipR」とシステム連携したと発表した。(2017/5/11)

月額約45円 月間0〜3MB想定 「SORACOM Air」の低トラフィック向け新プランが登場
ソラコムが、MVNOサービス「SORACOM Air for セルラー」の新プラン「Low Data Volume」を発表。月間0〜3MBという低トラフィックの通信を対象とする。SORACOM Air for セルラーの新事例や、LoRaWAN対応デバイスのオープン化も発表した。(2017/5/10)

Square、決済APIを日本でも開放 実店舗とECサイトの売上まとめて管理
Squareを使った決済をオンラインストアに組み込める「Eコマース API」などを開放した。(2017/5/9)

米大手スーパーが「リアル・マリオカート」状態に?
米大手スーパーマーケットのTargetが、ショッピングカートをマリオカート風に改装したようだ。(2017/5/1)

POSデータを公開、売り場づくりはメーカーとともに――異端の販売戦略を支えるデータ分析のチカラ
データ活用を通して顧客満足度と売り上げを高めようと、さまざまな施策を行う小売業界の「トライアル」。POSデータを公開し、メーカーと店舗が同じデータを基に議論する体制を整えることが、さまざまな価値の源泉にあるようだ。(2017/4/26)

電子レシートやIoTショッピングカートーートライアルCIOが語る、スーパーマーケットの未来とは?
電子レシートやタブレット内蔵ショッピングカートなど、先進的なIT活用で知られる小売業界の「トライアル」。同社のCIOが語る、さまざまな取り組みからはスーパーマーケットの未来が見えてくる。(2017/4/24)

スマートファクトリー:
スマート工場提案を強化するシャープ、アシスト台車や画像センサーなど
シャープはB2Bの総合展示会ビジネスソリューションフェアを開催。同社のB2B商品、サービス、ソリューションを紹介。FAソリューション分野の製品では画像センサーカメラ、アシスト台車などの実機を出展した。(2017/2/24)

パナソニックの展示会:
2020年、空港はテクノロジーでどう変わるのか
パナソニックは、東京五輪が開催される2020年とその先の社会に向けて開発する独自技術やソリューションを展示するプライベート展示会「Wonder Japan 2020」を開催した。(2017/2/14)

直感的な動作で潜在顧客を開拓:
メディア型ECモール「kabukiペディア」が360度画像や8秒動画などの新機能を実装
KABUKIは、次世代型ECモール「kabukiペディア」に、指タッチで画像を360度回転させる「Luqur(ルクル)」や8秒間の動画で商品の世界観を語る「Story TV(ストーリーティービー)」など新機能の提供を開始した。(2017/2/7)

細かいニーズを反映:
ECサイト構築ASP「aishipR」が独自プログラムを追加可能に
ロックウェーブは、同社のレスポンシブECサイト構築ASP「aishipR」において、ユーザーが自由にプログラムを追加できる「独自プログラム追加機能」を追加した。(2017/1/17)

JavaScript標準ライブラリの使い方超入門(9):
JavaScriptの「Cookie」オブジェクトでユーザーのデータを保存、取得する基本
JavaScriptの標準仕様としてビルトインされている主なオブジェクトの使い方を紹介する連載。今回は、ユーザーを識別する情報を扱うCookieについて。ユーザーのデータを保存、取得する、有効期限を設定する基本を解説。(2016/11/22)

チーズを食べないヤツらにはつぶらな瞳で破壊活動 エジプト「パンダチーズ」のCMが鬼畜すぎると話題に
パンダさん、許してえええ!!(2016/8/11)

コレクション処理の万能道具箱Eclipse Collections入門(1):
ゴールドマン・サックス発のJavaコレクションフレームワーク、その7つの特徴と歴史とは
本連載では、ゴールドマン・サックス発のオープンソースJavaコレクションフレームワークであるEclipse Collectionsについて、その概要と歴史、機能を中心に紹介します。これまでのJavaやJava 8のStream APIと比較して何が違うのか。Eclipse Collectionsを例に、読者の皆さんがコレクション処理をより深く理解するための一助になればと思います。(2016/8/5)

Computer Weekly製品ガイド
マイクロサービス:小さなパーツで大きなメリット
マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。(2016/6/23)

「カゴ落ち」には理由があった?:
「カートがブックマーク代わり」が3割、「送料が高いと購入中止」が6割、ジャストシステムがEC利用の実態を調査
ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して「ECでの上手な買い方調査」を実施。その結果を発表した。(2016/6/9)

実践 Splunk道場:
第2回 マシンデータの検索からヒントを可視化する方法
前回はマシンデータを活用することのメリットを紹介しました。今回はSplunkを通じて多種多様なマシンデータから知見を得ていくための操作を解説します。(2015/11/25)

ARアプリ制作が簡単に:
拡張現実対応アプリをWeb標準技術で開発、グレープシティがツールを発売
Web標準技術だけで、AR技術を使ったアプリを簡単に作成できるツールが登場。大規模開発向けの環境も。(2015/10/20)

独自のICT活用で帰国後訪日客の購買を促進:
パルコ、ショップブログから商品取り置き・購入ができる「カエルパルコ」で、海外からの商品注文が可能に
パルコは、同社が運営する商品取り置き・注文サービス「カエルパルコ」に、ベリトランスが提供する海外向けの購入代行支援サービス「BuySmartJapan」を導入、海外からの注文、発送への対応を開始したと発表した。(2015/9/25)

ECサイトや資料請求サイトのCVR向上を支援:
ナビプラス、離脱ユーザーにメールでリターゲティングするサービスを提供開始
ナビプラスは2015年8月3日、Webサイトから離脱したユーザーにリアルタイムにメールを自動配信する新サービス「NaviPlusリタゲメール」の提供を開始した。(2015/8/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。