ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「惣菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「惣菜」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
日清と激突? セブンの冷凍カップチャーハンが起こした“革命”と“カップご飯戦争”
セブン‐イレブンがカップに入った冷凍チャーハンと冷凍ピラフを発売して大きな反響を呼んでいる。同商品を生んだ背景にある冷凍チャーハンメーカー“3強”の存在と、日清が先行している“カップご飯”について考察してみよう。(2018/12/18)

店頭では「なし崩し」で据え置きも……:
消費増税、コンビニや酒屋のちょい飲みに混乱? 軽減税率でイートイン狂騒曲
2019年10月に導入される軽減税率が波紋を呼んでいる。コンビニやスーパーのイートインの扱いが焦点。酒販店の角打ちコーナーも外食扱いで混乱を懸念。(2018/12/14)

今振り返るコンビニ統廃合の歴史。セーブオン、スリーエフ、am/pm……思い出のあのチェーンはなぜ消えたのか?
圧倒的な3大チェーンの強さと、中堅・ローカルコンビニ受難の歴史。(2018/12/12)

セブン&アイHDなど野菜工場公開 天候影響受けずレタス供給
天候などの影響を受けずに1日約300キロに上るレタスの生産が可能で、コンビニエンスストアのセブン−イレブン・ジャパン向け商品の安定供給が実現する。(2018/11/29)

わずか3畳……でも人気 都心で増える「狭小」賃貸物件
「狭小」の賃貸住宅が、東京都心を中心に人気を集めている。新築で設備が整っていれば、3畳の部屋でも十分快適だという人が増えているのだ。背景に「必要なモノさえあればいい」という暮らし方の変化もありそうだ。(2018/11/28)

入居率99%の物件も:
わずか3畳……でも人気 都心で増える狭小賃貸物件「1人暮らしなら最適」
「狭小」の賃貸住宅が、東京都心を中心に人気を集めている。新築で設備が整っていれば、3畳の部屋でも十分快適だという人が増えているのだ。背景に「必要なモノさえあればいい」という暮らし方の変化もありそうだ。(2018/11/28)

モノづくり最前線レポート:
植物工場のコツは徹底した運用コストの低減
農作物の生産、加工、流通にかかわる技術や製品が展示される専門展示会「アグリ・ビジネス・ジャパン2018」(2018年9月26日〜28日、東京ビッグサイト)の講演に、新日邦 808FACTORY アグリ事業部 事業部長の甲斐剛氏が登壇。「植物工場ビジネスの成功者に聞く事業化の秘訣」をテーマに、同社が展開する大規模完全人工光型植物工場「808FACTORY」の状況を紹介した。(2018/11/26)

オタフクソースが阪急うめだ本店に「oh!!sauce」開店 片手で持てるお好み焼きを販売
(2018/11/21)

インフルエンサーとしての役割も:
高い購買力・情報発信力……企業が熱視線 共働き高収入夫婦「パワーカップル」
共働きで高収入の夫婦を指す「パワーカップル」という言葉を聞く機会が増えてきた。全世帯に占める割合は1%程度と少数だが、高い購買力と新しい物への感度、情報発信力の高さから、さまざまな企業が有力なターゲットとして注目している。三菱総合研究所が行った「パワーカップル」についての調査からは、「時短」「ワークライフバランス」といったキーワードも見えてきた。(2018/11/16)

水曜インタビュー劇場(情報公演):
岡山のスーパーが、膨大なデータを分析するワケ
岡山のスーパー「マルイ」が、ちょっと面白いことをしている。店舗の客数、売り上げ、単価などをリアルタイムで知ることができ、次の一手を考えているのだ。なぜ膨大なデータを分析しているのかというと……。(2018/11/7)

日本特有の課題にアプローチするリアル店舗の戦略とは:
PR:ローソンが目指す近未来の“デジタルコンビニ”と顧客体験の全容
アマゾンやアリババはITを活用した店舗の展開に力を入れている。一方、ローソンも他の小売企業と同様にさまざまな分野でデジタル化を推進しているのだが、目指す方向性はアマゾンやアリババとは違うものだという。ローソンが描く“デジタル化されたコンビニ”とは?(2018/11/6)

競争激化や低価格志向:
外食大手、赤字転落も 人件費高騰でも値上げできないジレンマの4重苦
外食大手が、平成30年8月中間決算を相次いで発表したが、牛丼大手の吉野家ホールディングス(HD)が中間期としては8年ぶりの赤字転落となるなど、軒並み業績が悪化した。決算説明会で各社のトップから共通して聞かれるのは人件費や原材料費の上昇だ。本来ならば、これらのコスト上昇分を吸収するために値上げしたいところ。だが、軽減税率の導入によるコンビニ弁当など中食との競争激化や消費者の低価格志向が続く中では容易ではない。「人件費高騰」「原材料高」「軽減税率」「消費者マインド」という4重苦のなかで、外食産業の苦境が続いている。(2018/11/5)

「スーパースターは僕らパチもんとは違います」 “ものまねSMAP”、香取慎吾&草なぎ剛のデコ全開キャラものまねで現実を痛感
遠目から見たら似てる。(2018/10/31)

サイボウズ式:
人生の選択肢がありふれる今、選択肢が狭まることは「ラッキー」かもしれない
(2018/10/29)

中国で特注:
海上コンテナをホテルに改装、USJ観光
海上コンテナを改装したホテル「TORACO Konohana(トラコ コノハナ)」(大阪市此花区)が、31日に開業する。テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、同)観光客にも便利で、長期滞在もできるようになっている。(2018/10/29)

AIやロボットを活用:
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
小売業として初めて「CEATEC JAPAN 2018」に出展したローソンは、「IoTタウン」にて、AI(人工知能)やロボット、RFIDなどを活用した“未来のコンビニ”のコンセプトを展示した。(2018/10/16)

工場安全:
自動化進む食料品製造業、労働災害は製造業全体の約3割を占める
総菜製造にかかわる展示会「SOUZAI JAPAN」(2018年9月26日〜28日、東京ビッグサイト)のセミナーで「食料品製造業の労働安全対策」と題して厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 安全課の松下高志氏が講演した。(2018/10/15)

「ロシアンルーレットパン」はなぜ生まれたかファミマに聞いた 「わさびパンの位置は完全ランダム」
ヒントになったのは駄菓子屋のガムでした。(2018/10/11)

流通関係者のジレンマとは?:
知ってるようで意外に知らない食品ロス問題を“そもそも”から考える
大きくクローズアップされるのになかなか解決しない食品ロス問題。そもそも、なぜ食品ロスは発生するのだろうか? 根本的な原因を考えながら、現実的な解決策を考えてみる。(2018/10/11)

空き家の解消も目指す:
滋賀「商店街丸ごとホテル」始動 町屋改装でシャッター街に活気再び
京の都に行く東海道五十三次の最後の宿場町として栄えた滋賀県大津市で、伝統的な町家を観光資源に生かす取り組みが本格的に動き出す。木造注文住宅を設計・施工する「木の家専門店 谷口工務店」(滋賀県竜王町)が中心市街地の空き町家を改装したホテル7棟がオープンした。近隣の飲食店や商店も巻き込んだ“商店街丸ごとホテル”として観光客を誘致、昔のにぎわいを取り戻す。空き家の解消と地元商店街の活性化につながると大津市も注目する。(2018/9/27)

鈴村道場(10):
2万品番もの超多品種少量生産を改善した“シンの”トヨタ生産方式とは(後編)
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。大手メーカーにおける2万品番もの超多品種少量生産の生産改善実践事例を紹介する記事の後編となる今回は、ユニット品を使って組み立てる総組立製品の改善の「実践概略」「実践内容のポイント」「業務改革を定着させるための心得」などについて具体的に解説する。(2018/9/26)

めっちゃわかる 「一人暮らしの料理スキルの理想と現実」イラストに共感しかない
手間を掛けないことが大事になっていくんだ……。(2018/9/21)

166店舗で本格展開:
イトーヨーカ堂が冷凍食品の新ブランド 「中食」需要拡大に対応
総合スーパーのイトーヨーカ堂は20日、冷凍食品の新ブランド「EASE UP(イーズアップ)」を立ち上げ、新商品を発売すると発表した。一部商品の先行発売に続き24日から全国のイトーヨーカドー166店舗で本格展開する。(2018/9/21)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
良いものをそろえれば、結果は後からついてくる ――成城石井 執行役員 早藤正史氏
こだわりの品ぞろえにファンも多いスーパーマーケット成城石井を率いる執行役員の早藤正史氏。そのユニークな商品展開や経営路線の根底にある早藤氏の経営哲学やリーダー論とは。(2018/9/21)

焼き鳥のCMでは効果大:
客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは?
ファミリーマートは2018年度下期に、タレントの香取慎吾さんを起用し、客単価が平均の2倍以上ある“上顧客”を狙う戦略を打ち出した。平均客単価が約500円なのに、倍以上使うお客とはいったいどんな人たちなのだろうか。(2018/9/18)

市場が激変:
もうコンビニは若者のものではない
コンビニエンスストアの来店客に変化が生じている。セブン-イレブンの統計によると、50歳以上は1989年に1割に満たなかったが、2017年には約4割を占める。「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。(2018/9/17)

香取慎吾、ファミマのCM撮影でハンバーグ15個を完食 「僕は結構食べる方なんで全然大丈夫」
さすが慎吾ちゃんやで。(2018/9/13)

もっと広い店舗じゃダメなの?:
コンビニの店舗面積はなぜ50〜60坪が多い?
大手コンビニチェーンの一般的な店舗面積は50〜60坪が標準とされているが、どのようなどのような経緯でこの広さに落ち着いたのか。調べてみるとコンビニの歴史にも関係する深い話を聞くことができた。(2018/9/5)

原点回帰か本格路線か:
真夏のコンビニ中華まん 熱き「ふんわり」VS「もっちり」バトル
今夏にコンビニ各社が相次ぎ中華まんを刷新して発売。食感が「ふんわり」か「もっちり」かがポイントで、ローソンは消費者調査を経て原点回帰のふんわり路線に。(2018/8/16)

踊れる「ポポーポポポポ♪」がエモい 超ノリノリな「ドンキとかで流れてるアレRemix」
気づいたら焼き芋コーナーで踊ってた。(2018/8/15)

まるでお店みたいな「くまのプーさん」メニューが作れる! ABCクッキングスタジオにかわいすぎるレッスンが登場
こんなん作れたらメッチャ自分を褒める。(2018/8/14)

国内生産量は減少傾向だが:
中食参入も ジャガイモの需要変化を見てカルビーがビジネスをシフト
カルビーはジャガイモの産地拡大に注力している。これまで北海道が大半を占めていたが、徐々に宮城県など他のエリアでもジャガイモの契約栽培が進みつつある。カルビーが調達量を増やすために躍起になるわけとは……?(2018/8/10)

総務省vs自治体 見えない「ふるさと納税」バトルの着地点
高額品や地域と直接関係のない返礼品が後を絶たない「ふるさと納税」の実態に対し、総務省は見直す意向がない自治体名を公表。公表された自治体からは不満もくすぶる。(2018/8/9)

不満くすぶる:
総務省vs.自治体 見えない「ふるさと納税」バトルの着地点
高額品や地域と直接関係のない返礼品が後を絶たない「ふるさと納税」の実態に対し、総務省は12市町村について8月までに見直す意向がないとして自治体名を公表した。(2018/8/9)

ビジネスパーソンの獲得目指す:
ドンキの小型店「ピカソ」、目黒駅近に出店 事務用品・弁当など充実
ドン・キホーテの小型店「ピカソ」がJR目黒駅から徒歩約2分のエリアにオープンする。領収書などの事務用品を充実させ、ビジネスパーソンの獲得を図る。弁当なども販売する。(2018/8/6)

必須キーワードを識者が解説:
「定年後再雇用」の注意点は? 人事担当者必見の「働き方改革」用語解説
働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策方法を解説します。今回は「再雇用時の労働条件」(定年退職前からの待遇変更)を取り上げます。(2018/8/2)

累計4万台を販売:
スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ」 18年たっても愛される理由
スーパーの売り場などでよく聞く「ポポーポポポポ」という曲。それを流しているのは「呼び込み君」という小型の機器だ。2000年に発売され、18年目を迎える呼び込み君が使われ続けるのはなぜか。製造販売する群馬電機に聞いた。(2018/7/26)

スピン経済の歩き方:
セブンが「100円生ビール」を中止した、2つの心当たり
セブン-イレブンの「100円生ビール」が中止になった。本部が中止の判断を下したことを受け、さまざまな憶測が飛び交っているが、筆者の窪田氏は2つの理由が大きいのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2018/7/24)

Pontaのデータを分析:
おじさんはローソンの100円ビールと一緒に何を買っているのか
ローソンが販売している高アルコール・低価格なプライベートブランド(PB)のビールが売れている。同社の調べによると、30〜50代の“おじさん”がビールと一緒によく購入している商品があるという。(2018/7/10)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
ECで流通を革命したAmazon 今なぜリアル店舗に注力するのか
ECで世界の流通と小売を革命した米Amazon.com。20年以上の歴史の中で何を行い、これから何を目指そうというのか。米国での動向を紹介しつつ、世界の流通と小売に多大な影響を与え続ける同社の戦略を分析する。(2018/7/5)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
W杯ロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。連日深夜の自宅観戦でビールや総菜の売り上げが伸びており、大型テレビの販売も好調だ。(2018/6/29)

30年ぶりの刷新:
100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」
ローソンが30年ぶりに発注システムを大きく変えた。夕方以降の品ぞろえを強化することと、店舗の在庫状況を見ながら柔軟に発注内容を調整できる仕組みを構築するのが目的だ。100人以上に及ぶ社員と280社近くが関わるプロジェクトはどのように進められたのだろうか。(2018/6/29)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。(2018/6/28)

セブンの弁当や総菜、「Google アシスタント」アプリで注文可能に 都内約2600店舗で
セブン‐イレブン・ジャパンは、セブン-イレブンの商品をネットや電話で予約し、指定した近隣店舗などで受け取れるサービス「セブンミール」の注文を、スマホアプリ「Google アシスタント」でも行えるようにした。都内の約2600店舗での店舗受け取りを対象に実施する。(2018/6/19)

あいさつ「またお越しくださいませ」も廃止:
ファミマのバイト、“時代の流れ”で「茶髪OK」に
ファミリーマートがアルバイトスタッフの髪形に関する規則を緩和。従来は“黒髪限定”だったが、茶髪や金髪などでの勤務を認めているという。(2018/6/13)

製造ITニュース:
AI技術を活用した食品工場レイアウト自動作製ツールを開発
日立プラントサービスは、AI技術を活用して食品工場内のレイアウトを自動で作製するエンジニアリングツールを開発し、実案件への適用を開始した。工場レイアウト設計業務を効率化できる。(2018/6/13)

「安室透に出会ってから世界がきらきらして見える」安室の女の胸の内
「隣の安室の女」の信仰告白。(2018/6/9)

ファミマのキチンとしたチキン:
ポテトじゃないのにチップス!? スナック風の鶏肉「ファミチップス」登場
ファミリーマートが「ファミチップス(タコス味)」を発売した。チップスとあるが実際は鶏肉を揚げた料理で、スナック感とギャップをあえて狙った。(2018/6/5)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
青森企業の得意な技術をカテゴリー別で紹介――イノベーション・ネットワークあおもり(青森県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第24回。青森県内横断的な産学官金ネットワーク「イノベーション・ネットワークあおもり」を取り上げる。(2018/5/25)

自販機から「さばの照り焼き」 おかん社が自販機プランを開始、家庭の味を販売
日本初の“従業員が健康になる自販機”。(2018/5/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。