ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「惣菜」最新記事一覧

贈答品などは根強い需要:
消費者の“百貨店離れ”進む 「ほぼ行かない」が約4割に
現代の消費者が「百貨店」を訪れる頻度と目的は?――マイボイスコム調べ。(2018/4/20)

Amazonフレッシュとレシピサービス連携 レシピの食材を購入できる
Amazonフレッシュではミールキットの販売も。(2018/4/19)

「DELISH KITCHEN」も:
Amazonが「クックパッド」と連携 レシピの食材がまとめて買える
「Amazonフレッシュ」が1周年。「クックパッド」「DELISH KITCHEN」と連携し、レシピの材料をまとめて購入できるように。(2018/4/19)

「カレーパンサンド」ってどういうことよ!? カレーパンを食パンではさむ狂気のパンをフジパンが東北限定販売
破壊力すごい。(2018/4/6)

自然エネルギー:
使用済み食油をバイオ燃料に、セブン-イレブンの店舗配送に活用
愛媛県内のセブン-イレブン店舗へ配送を行う車両に、バイオ燃料を活用する取り組みがスタート。愛媛県内で回収した使用済みの食用油などから製造したバイオ燃料だ。(2018/4/4)

店員と一緒にラジオ体操:
目指すは「高齢者のたまり場」 イオンの新店舗
イオンが新しくオープンするショッピングセンターでは、健康セミナーやラジオ体操を提供する。高齢者向けの施策を強化していく店舗は今後も増えるだろう。(2018/3/19)

「インスタ映え」意識のフラッペも:
ファミマ、客が自分で作る「バーガー」テスト販売 具材は「ファミチキ」など3種
ファミリーマートが、2018年度上半期に発売する一部商品を発表。バンズにホットスナックをサンドした「ファミバーガー」を5月からテスト販売する。「インスタ映え」を意識した若者向けのフラッペや健康志向の商品も展開する。(2018/3/13)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
小売りの未来のカタチは「アマゾン・ゴー」だけではない
AIを活用した最先端のコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題です。今後このような無人店舗は当たり前の小売り業態となっているでしょう。しかし、もっと別の切り口が小売業の未来には必要だと思っています。(2018/3/9)

支持されるのは「買う体験」:
コッペパンがブームで終わらないこれだけの理由
コッペパン専門店が今年になってから相次いでオープンしているが、安さや物珍しさだけが支持されている理由ではない。(2018/3/2)

ファミチキに鶏むね肉を使った「ファミチキヘルシー」が新登場 元祖フライドチキンも復刻中
ファミマのチキンが熱い。(2018/3/1)

ギョーザ店にギョー列:
宇都宮のギョーザはなぜ日本一を奪還できたのか
「ギョーザのまち」として知られる宇都宮市は、1世帯(2人以上)平均のギョーザ購入額(総務省家計調査)が4年ぶりに1位になった。(2018/2/28)

小売・流通アナリストの視点:
アマゾン・ゴーの出現は既存小売にとってピンチなのか?
レジのないコンビニ「アマゾン・ゴー」が一般客向けにオープンした。利便性が高いなどと評判が良いが、一方で既存の小売業にとっては脅威になるのは事実だ。ただ、すべてが取って代わられるかと言えば、決してそうとも言い難い。(2018/2/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?
韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。(2018/2/20)

廃棄ゼロを目指して:
恵方巻きの大量生産「もうやめに」 発信したスーパーの思いを聞いた
恵方巻きの大量廃棄が問題視される中、兵庫県のスーパー、ヤマダストアーの折り込みチラシが話題に。「もうやめにしよう」と銘打ったメッセージを発信した意図を聞いた。(2018/2/5)

沖縄食糧が出資:
セブン沖縄進出、総菜工場建設へ新会社設立
19年度をめどに沖縄県内出店を目指すセブン‐イレブン・ジャパンの専用工場建設に向け、沖縄食糧が共同出資し、新会社「武蔵野沖縄」を設立したことが分かった。(2018/2/2)

もはや「当然」:
日立の家電、“省エネ”前面アピールやめた理由
日立アプライアンスが、新コンセプトに基づいた家電を発表。うち2製品はコネクテッド家電で、スマホアプリで操作できる。多様化する顧客ニーズの変化に対応する狙い。(2018/2/1)

既存店売上高3年ぶり減:
既存店伸び悩むコンビニ 客足減に歯止めをかけられるか
2017年のコンビニの売上高は、既存店ベースで3年ぶりの前年割れ。客数減少に歯止めをかけることが課題となっている。(2018/1/22)

ご飯の上におかずが1つ 究極の“のっけ弁”「ハードコア弁当」が書籍化決定
インスタ萎えが新しいっていいますからね。(2018/1/18)

衣料、住宅用品も販売:
ファミマ・ドンキの新型店、名称に9年ぶり「ユニー」 なぜ?
ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーとドンキホーテHDが運営予定の新型店舗名が「MEGA ドン・キホーテ UNY」に決定。店舗名に「ユニー」が入るのは9年ぶり。(2018/1/12)

PR:「絶対お得な支払い方法は!」 ポイントの達人に聞く電子マネーのちょっと得する話
普通に生活するだけでも年間10万円分くらいはお得になるらしい。(2018/1/9)

こんなカツサンド見たことない! 松坂屋上野店「肉卸小島」のかつサンドが奇跡の分厚さ
老舗が本気出した結果生み出された奇跡、マジ半端ない。(2017/12/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
「忖度御膳」空振りのうわさから考える、ファミマの“迷い”
ファミリーマートが発売した「忖度御膳」の売れ行きが悪いのではないか? とネット上で話題になっている。もともと数量限定であり、販売不振が本当だとしても、同社にとって大きなダメージにはならないだろう。しかしながら今回の一件は、曲がり角を迎えたコンビニビジネスの現状を浮き彫りにしたという点で非常に興味深い。(2017/12/20)

小売・流通アナリストの視点:
スーパーに産直売場 仕掛けたベンチャーの大変革がスゴイ
今、農産物直売所が好調で、市場規模は1兆円弱に達しているのをご存じだろうか。その一方で、従来のスーパーマーケットに対する消費者の不満は大きい。その穴を埋めるべく、あるベンチャーが仕掛けたのは……?(2017/12/20)

「俺はやってない!」 “20円引き芸人”の東京03角田、汚名返上かと思ったらガチの方だった
20円引き程度で俺が動くとでも?(2017/12/7)

大手メーカーの無資格検査も上位に:
17年に起きた「不祥事」、1位は「このハゲー!」
2017年もさまざまな事件やスキャンダルが世間を騒がせたが、最も当事者のイメージダウンにつながった「不祥事」は?――宣伝会議調べ。(2017/12/4)

17年の不祥事ランキング 「このハゲー!」や大手メーカーの改ざん上位に
宣伝会議が、2017年に発覚した不祥事を男女1000人に調査。大手メーカーを中心に偽装問題が次々と発覚し、企業のコンプライアンスが問われる事態となった。(2017/12/4)

2017国際ロボット展:
AIと人が一緒になってつくる次世代工場の姿を紹介
三菱電機は「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、同社の工場向けIoTシステム「e-F@ctory(イーファクトリー)」が実現する知能化ロボットによるスマートファクトリーの実演デモを披露した。AIとロボットによる自動化ソリューションも紹介した。(2017/11/30)

コロッケでスラッシュメタルの名曲「Angel Of Death」を演奏する猛者あらわる
台風の日にふさわしい。(2017/10/29)

生鮮食品宅配「IYフレッシュ」、セブンとアスクルが開始 11月末から
セブン&アイ・ホールディングスとアスクルが、生鮮食品宅配サービス「IYフレッシュ」を11月28日に始める。東京都新宿区と文京区を対象に1時間指定便で配送。(2017/10/13)

製造業IoT:
「ヘルシオ」が食をIoT化、宅配の食材を並べてボタン1つでプロの味に
シャープは調理家電「ヘルシオ」専用の料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」を開始すると発表した。2020年には、カット野菜や食材の宅配、配食などを含めた国内食サービス市場2000億円のうち10%に当たる200億円の売上高を目指す。(2017/9/27)

来週話題になるハナシ:
なぜコストコはグーグルよりも魅力的な職場なのか
「大量に買いたいから」「安いから」といった理由で、コストコで買い物をしたことがある人も多いのでは。会員制、低価格、大量買いといったビジネスモデルで店舗数が増えているが、本場の米国では単なる激安店以外によく知られていることがある。それは……。(2017/9/27)

O157感染の総菜店「でりしゃす」全17店舗閉店へ 「総合的な経営判断の結果」
3歳女児が亡くなっている。(2017/9/20)

「総合的な経営判断」:
O157感染 総菜店「でりしゃす」全店閉店
総菜を食べた人らがO157に感染した問題で、総菜店「でりしゃす」全店が営業終了。(2017/9/20)

神保町のドン・キホーテが8カ月で閉店、早さがネットで話題に 理由について広報「テナント経営が最適と判断」
1年以内に閉店するのも、グループの経営判断としては異例ではないとも説明しました。【訂正】(2017/9/14)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)

水曜インタビュー劇場(小腹空いた公演):
ファミマの「自販機コンビニ」がどんどん増えている理由
「自販機コンビニ」が増えている。ファミリーマートが運営しているモノで、オフィスなどを中心に設置している。自販機でパンやおむすびなどを購入することができるが、どういった商品が売れているのか。担当者に聞いた。(2017/9/13)

真説・人工知能に関する12の誤解(5):
「人工知能ってどこでダウンロードできるんですか?」→無理です
「人工知能をダウンロードして使ってみたい」 こんな相談を受けることがありますが、そんなことはできません。こうした勘違いをしてしまうのは、人工知能の根幹技術である「機械学習」について、よく理解していないからではないかと考えています。(2017/8/24)

小売・流通アナリストの視点:
生鮮も売る「フード&ドラッグ」に地方の可能性を感じた
ドラッグストア業界の動きが目まぐるしい。マツモトキヨシの首位陥落、そしてすぐさまツルハの首位奪取という変動は、業界のシェア競争が終盤戦に入ったことを感じる。そんな中、地方で興味深い業態が目についた。(2017/8/23)

鈴村道場(7):
マルヤナギが“シンの”トヨタ生産方式で維持する高い品質と鮮度管理のヒミツ
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。前回に引き続き、“シンの”トヨタ生産方式の実践事例を紹介する。創業から66年の歴史を重ねる、マルヤナギ小倉屋では、約10年間で定着させた“シンの”トヨタ生産方式により、高い品質と鮮度管理を維持しているという。(2017/8/23)

現場の「便利」に磨きを掛けるセブン&アイ
大切なことは、現地・現物、そして現場。(2017/8/22)

FAニュース:
モノづくり現場の課題を解決する自動化ソリューションで業務提携
パナソニック スマートファクトリーソリューションズとスキューズは、食品加工業界を中心とした自動化ソリューションにおいて業務提携した。モノづくり現場の課題を、FAとロボティクス技術を用いた新たな自動化ソリューションで解決する。(2017/8/8)

期間限定「ハラミタレ」を投入し強化:
ファミマ「炭火焼きとり」、発売1カ月で累計3000万本突破
ファミリーマートの「炭火焼きとり」が発売約1カ月で累計販売数3000万本を突破。期間限定で「ハラミタレ」を投入し、ラインアップを強化する。(2017/8/2)

「恐ろしい店が建てられてる……」 衝撃の店名で話題になった「とんかつは飲み物。」を一足先に味わってきた
ふざけてると思われた店名には深い意味が込められていました。【訂正】(2017/7/27)

ケンタッキーフライドチキンのお惣菜屋さんが仙台にオープン! ……オレの住んでる地域にも出店してくれえええ
チキンの丸“揚げ”、食べてみたい。(2017/7/26)

ロカボパンなど40〜50種類:
フレッシュネス、新業態「ベーカリー」スタート
フレッシュネスが新業態「フレッシュネスベーカリー」をスタート。低糖質のロカボパンやデニッシュパンなど、素材にこだわったパンを常時40〜50種類販売する。今後はハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」を生かした取り組みも検討。(2017/7/21)

ノウハウ取り入れて収益拡大へ:
ユニー・ファミマ、総菜に注力 カネ美食品を子会社化
ユニー・ファミマHDが、カネ美食品を子会社化することが決定。顧客のニーズが高まりつつある総菜分野でさらなる収益を得る狙い。(2017/6/29)

取締役会で付議後に決定:
カネ美食品の株価が急騰 ファミマが子会社化を検討で
ユニー・ファミマHDがカネ美食品の子会社化の方針を検討していると報じられると、カネ美食品の株価が急騰した。(2017/6/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

料理研究家に聞く「電子レンジの加熱ムラ」をなくすワザ
電子レンジの加熱ムラをなくす方法を料理研究家の方に教えてもらいました。(2017/6/20)

鈴村道場(6):
日本一の生協・コープさっぽろが誇る“シンの”トヨタ生産方式のヒミツとは
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回からは、前回解説した“シンの”トヨタ生産方式の実践事例を紹介する。今や日本一の生協となった北海道の「コープさっぽろ」だが、2000年頃に迎えた存続の危機から救ったのが“シンの”トヨタ生産方式だった。(2017/6/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。