ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「惣菜」最新記事一覧

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

料理研究家に聞く「電子レンジの加熱ムラ」をなくすワザ
電子レンジの加熱ムラをなくす方法を料理研究家の方に教えてもらいました。(2017/6/20)

鈴村道場(6):
日本一の生協・コープさっぽろが誇る“シンの”トヨタ生産方式のヒミツとは
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回からは、前回解説した“シンの”トヨタ生産方式の実践事例を紹介する。今や日本一の生協となった北海道の「コープさっぽろ」だが、2000年頃に迎えた存続の危機から救ったのが“シンの”トヨタ生産方式だった。(2017/6/20)

手軽さが売り:
「家で食べる」もあり 広がる“宅配型”社食
本格的な社食を設置しなくても、“宅配型”の社食サービスを利用するという方法もある。食堂やカフェとは違う、多様な使い方とは……。(2017/6/15)

サンクスの「焼きとり」がリニューアルして復活! 6月27日からファミマでも展開
あの看板商品「焼きとり」が帰ってくるぞー!!(2017/6/6)

アナゴ・ウナギを100円で:
スシロー、「王道ネタ」と「宅配」で新たな客握る
回転ずしチェーン最大手のあきんどスシローが、アナゴやウナギなどの王道ネタの投入と1皿90円の「創業祭」実施を発表。さらに6月から始めたデリバリーの取り組みで、新規客の獲得を狙う。(2017/6/6)

伸びる中食市場を狙え:
始まるか? コンビニ大手の「焼き鳥戦争」
ファミリーマートが、新商品の「焼き鳥」と看板商品の「ファミチキ」を積極的に売り出す施策を発表。背景にあるのは中食市場の成長。コンビニ各社の激しい商品開発競争の中、焼き鳥も新たな戦場となるか。(2017/6/5)

話題のトースターを使ってみた――バルミューダ「The TOASTER」編
(2017/5/7)

話題のトースターを使ってみた――「Aladdinグラファイトグリル&トースター」編
(2017/5/6)

ネット通販、難しい送料転嫁 サービス拡充前面に激しい販売競争
個人向けの宅配便の新料金を発表したヤマトホールディングスは、人手不足の要因であるインターネット通販会社などの大口取引先に対しても、値上げや、忙しい時期の荷物の引き受けを減らす交渉を加速させる。(2017/5/1)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

電子レシートやIoTショッピングカートーートライアルCIOが語る、スーパーマーケットの未来とは?
電子レシートやタブレット内蔵ショッピングカートなど、先進的なIT活用で知られる小売業界の「トライアル」。同社のCIOが語る、さまざまな取り組みからはスーパーマーケットの未来が見えてくる。(2017/4/24)

セブン-イレブンとセイノー、弁当宅配などで提携 需要増に対応
セブン-イレブン・ジャパンが、セイノーホールディングスと業務提携。セイノーが新会社を設立し、セブン-イレブン店舗の宅配業務などを行う。(2017/4/21)

弱点補完×利便提供――Amazonが「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
Amazonの「Prime Now」が、日本でも提携店舗にある商品の配達に対応する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2017/4/18)

1万1000点が新たに加わる:
Amazon「Prime Now」で百貨店の総菜も 商品拡充
Amazonプライム「Prime Now」で、ドラッグストアの美容用品や百貨店の総菜や和洋菓子の取り扱いが開始。ココカラファイン、マツモトキヨシ、三越日本橋本店などと提携する。(2017/4/18)

Amazonの「Prime Now」が取り扱い品目を拡大 ドラッグストアやデパートの商品が最短1時間で届く
「Amazonプライム」の会員特典「Prime Now」が、デパートやドラッグストアで販売している商品に対応。対象エリアでは1時間(一部は2時間)以内にサプリメント、化粧品、惣菜・弁当や生鮮食品などが届く。(2017/4/18)

来週話題になるハナシ:
米国のファミレスが苦戦している、3つの理由
米国のファミリーレストランが苦戦している。日本と同じように“若者のファミレス離れ”が加速しているが、それだけではない。米国では3つの要因が重なって……。(2017/3/31)

製造ITニュース:
食品ロスの削減に貢献する、食品製造業向け生産管理システム
富士通は、食品製造業向けの生産/販売管理支援ソリューション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」の販売を開始した。生産管理機能、特に日配業の生産計画や食材加工時の副産物管理などの面が強化されている。(2017/3/28)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本が“New Space”で世界に勝つための条件
民間宇宙ビジネスイノベーション“New Space”が世界的な潮流となりつつある。この分野で日本の勝機はあるのだろうか? 有識者たちが議論した。(2017/3/25)

ポテチ味のコロッケが誕生! カルビーによるコロッケ店「カルビーポテト」が大阪にグランドオープン
オリジナルのコロッケ2種類が販売されます。(2017/3/24)

滋賀と和歌山の2大スーパー:
平和堂とオークワ、中部地方にじわり浸透
滋賀県を地盤とするスーパー、平和堂と和歌山県地盤のオークワが中部地方に浸透する戦略を鮮明にしている。一方、中部地方のスーパーも関西に進出、顧客争奪戦は激しくなりそうだ。(2017/3/17)

北海道コンビニ界の覇者セイコーマートに聞いた 北国を生き抜く秘訣
無理をせず、地域の特徴を最大限生かすこと。(2017/3/12)

午後3時に仕事を終えて:
国が音頭「プレミアムフライデー」の効果は
「プレミアムフライデー」が、2月24日から始まる。政府と経済界による個人消費を喚起する取り組みだが、働き方を変えるのに国の音頭が必要だとしたら……。(2017/2/24)

Cafe&Meal MUJIの人気デリメニューランキングベスト3
今、ヘルシー志向の女性たちに人気のデリ総菜。Cafe&Meal MUJIで食べられる、デリ総菜のうち、人気のトップ3を聞いてみました。(2017/2/24)

まさかのチョコ使い 2月14日に向けあるパン屋が作った「バレンタインパン」がざっくりしすぎ
重いバレンタインプレゼントをあげたくない人へ。(2017/2/12)

住めば都? コンビニ暮らし!:
ファミリーマートで1週間ダイエット生活をしてみた結果 5日目から衝撃の展開
(2017/2/12)

本をモチーフにした演出も:
ドンキが書店街・神保町に進出
ドン・キホーテが東京・神保町に新店。(2017/2/2)

古書店の街・神保町に「ドンキ」開店 24時間営業
「古書店の街」として知られる神保町に、「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が17日にオープンへ。(2017/2/2)

コンビニで買える「むくみケア」に使えるヘルシーフードとは?
朝起きたら顔や手足のむくみが気になるという場合、何が原因なのでしょうか。その対処法として摂るといい食べ物や飲み物を管理栄養士に聞きました。(2017/1/25)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニは高齢化社会に対応できるのか
人口の高齢化は社会問題になっている。コンビニ業界でも高齢化への対策は課題であったが現状はあまり進んでいない。今回は、コンビニが高齢化社会にどう対応していくべきかを考えてみたい。(2016/12/5)

コンビニで買える「冷え症対策」に有効な食べ物&飲み物は?
いざというときに便利なコンビニ。冷え対策するための食べ物や飲み物を上手に選んで、忙しいときでも体調を万全に保ちましょう。(2016/11/16)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

時短に便利な「料理キット」 カット野菜や冷蔵素材が活躍するシーンは?
「カット済野菜」などの料理キットは、短時間で調理ができるので便利です。弁当ではなく自炊したい派にもオススメで、健康面にも十分配慮ができます。(2016/11/14)

総菜にプラスチック片混入 フジッコ、60万個を自主回収
フジッコが販売する「おかず畑 おばんざい小鉢シリーズ」一部にプラスチックの破片が混入。約60万個を自主回収する。(2016/11/11)

中堅コンビニ「ココストア」「エブリワン」が全店営業終了 今後はファミリーマートへブランド転換
店内で作る惣菜やパンがおいしかったなぁ……。(2016/10/31)

値引きシールの法則が乱れる! スーパーで「398円」のすき焼き鍋に「3179円」のシールが貼られる事案が発生
ヤバイ! これ手が出ない。(2016/10/6)

マネーの達人:
通勤中にケガをしたら? 労災保険が使えるケースと使えないケース
通勤時にケガをした場合、会社が加入している労災保険が適用になります。しかし、すべての通勤について適用されるわけではありませんので注意が必要です。(2016/8/30)

商品管理から売れる陳列、盗難防止まで
導電性インク活用の「スマートシェルフ」が小売店舗のIoTを加速する
導電性インクの適用は、小売業者が商品棚にある商品の管理、販売と商品配置の関連付け、窃盗に対する警告を行うのに役立つ。(2016/8/23)

「売れる商品」の原動力:
考えていることを「見える化」する
ブランドビジョンを全員が共有するにはどうすればいいのでしょうか。モチベーションにつなげるためにもトップダウンで落とすのではなく、できるだけ多くの人がビジョン作りに参加することが理想的です。(2016/8/19)

ヤクルト・DeNA戦に向け食品を山盛り備えていたファミマが試合中止で爆死 「『瞳をとじて』の幻聴がします」
誰か買いに行ってあげて……。※追記(2016/8/16)

社員食堂に学ぶ、ヘルシーメニューの選び方
かつて大きな話題を呼んだ「社員食堂」。今では多くの場で、ヘルシーメニューが当たり前のように提供されています。そんな各社の社員食堂から、ヘルシーメニューをピックアップしてみました。ランチ選びのヒントにしてみてはいかがでしょうか。(2016/7/14)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニが次に狙う“お宝”は何か 利用者の「不安解消」がカギ
あなたは家事代行サービスを利用したことがあるだろうか? 共働き世帯が増え家事代行サービスが勢いを増す中、最近はコンビニも家事代行を意識しているようだ。今回は、家事代行サービスの現状と、コンビニの販売戦略について考察したい。(2016/7/6)

自由飲酒党におおさか生鮮の会!? 阪神百貨店が今年も「食品総選挙」やってるで!
投票したら抽選で“えぇもん”当たるで〜!(2016/7/3)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ本部の「天気予報データいじくり説」は本当か
夏が近づくと、コンビニのオーナーや店長は毎年のように頭を悩ます。というのは、季節商品である「冷やし麺」の発注は通常の弁当やおにぎりを発注するのとは少々勝手が違うからだ。今回は、冷やし麺発注の舞台裏を紹介しよう。(2016/6/27)

スリム化:
東芝、30Lクラスで奥行き39.9センチの過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」
東芝ホームテクノが過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」シリーズ3モデルを8月上旬から順次発売する。価格はオープン、予想市場想定価格は9万円前後から。(2016/6/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリジンでちょい飲み なぜ「オリジン弁当」をやめるのか
長年親しまれてきた「オリジン弁当」は、リブランディングによって、装いも新たに「キッチンオリジン」へ、看板もメニューも再構築されつつある。その理由とは?(2016/6/13)

星5つ! イオン「トップバリュ カロリー30%カット ポテトサラダ」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「トップバリュ カロリー30%カット ポテトサラダ」(105円/税込、店頭価格)だ。(2016/6/7)

星6つ! イオン「トップバリュ カロリー30%カット 野菜マカロニサラダ」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「トップバリュ カロリー30%カット 野菜マカロニサラダ」(105円/税込、店頭価格)だ。(2016/6/3)

良い仕事は良い食事から? ワーク・フード・バランスとは
食事と仕事のバランス、取れていますか? この機会に見直してみましょう。(2016/5/26)

〇〇は火事につながる? 正しい電子レンジの使い方
焦げた、爆発した、やけどをしたなど電子レンジの失敗は多数あるようです。爆発のおそれがある食材は避けましょう。(2016/5/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。