ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

台湾 に関する記事 台湾 に関する質問

「台湾」最新記事一覧

マイルストーン、「EpicGear」ブランド製ゲーミングマウス2製品の取り扱いを開始
マイルストーンは、台湾GeILのゲーミングブランド“EpicGear”製となるゲーミングデバイスの取り扱いを発表、ゲーミングマウス2製品の販売を開始する。(2015/4/23)

台湾のJK制服イラストで人気のイラストレーターがやってくる! 東京・中野で個展開催
さわやかで、どこか艶っぽいイラストの数々を鑑賞するチャンス。(2015/4/22)

Thermaltake、専用ソフトでモニタリングもできる80PLUS GOLD認証ATX電源「Toughpower DPS G」
アスクは、台湾Thermaltake製となるATX電源ユニット「Toughpower DPS G」を発表。専用ソフトにより動作状況のリアルタイム表示が可能だ。(2015/4/22)

ホンダ、二輪で台湾市場に12年ぶり再参入 その勝算は
ホンダが12年ぶりに台湾市場に二輪事業で再参入。日本流サービスで売り上げ拡大なるか。(2015/4/17)

ビジネスニュース:
台湾の干ばつが深刻化――半導体業界も水の確保に追われる
台湾が深刻な水不足に襲われている。政府による給水制限が厳しくなる中、TSMCやUMCは、工場に水を配送する体制を整えている。(2015/4/14)

Thermaltake、80PLUS GOLD取得のフルモジュラー式ATX電源「Toughpower Grand」
アスクは、台湾Thermaltake製ATX電源ユニット「Toughpower Grand(Fully Modular)」シリーズの販売を開始する。(2015/4/9)

工場ニュース:
リスク分散を目指し台湾にフォトレジスト関連製品の新工場を建設
信越化学工業は、フォトレジスト関連事業の拡大を目指し、台湾に工場を新設する。同社のフォトレジスト関連工場は新潟の直江津工場と併せて2拠点目となる。(2015/4/9)

Apacer、同社製産業用SSDがIntel製サーバ用マザーのハードウェア認証を取得
台湾Apacerは、同社製の産業用SSD計2シリーズがIntel製マザーボード「Intel Server Board S2600」のハードウェア認証を取得したと発表した。(2015/4/8)

ビジネスニュース 業界動向:
2014年の半導体材料市場、3年ぶりに増加
SEMIによると、2014年の世界半導体材料市場は443億米ドルと、前年比で3%増加した。2011年以来、初めての増加になったという。最も半導体材料を消費した地域は台湾で、日本は2位となっている。(2015/4/7)

台北101付近で50Mbpsを記録:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――プリペイドでLTE利用が開始「台湾2015年」編
日本人に人気の渡航先である台湾。各社がプリペイドSIMを販売しているが、LTE対応のものが出そろい、旅行者も高速なデータ通信が利用できるようになった。3社のLTEプリペイドSIMを購入してみた。(2015/3/30)

Ingress京都イベントに併せてまたも日本が緑に沈められる 八丈島・台湾・ロシアで三角形
まさかの展開。(2015/3/28)

製造マネジメント インタビュー:
EMS大手の新金宝グループは、なぜ3Dプリンタを自社ブランドで展開するのか
「生産拠点としての中国」を取り巻く環境が変化する中、台湾系EMS企業を取り巻く環境も変化が進んでいる。その中でいち早くグローバル生産体制を構築し製造業の「グローバル最適地生産」の支援を進めているのが新金宝グループだ。同グループはEMSでありながら、3Dプリンタや植物工場などで独自ブランド製品を展開するなど先進的な取り組みを見せる。同グループCEOの沈軾栄氏に話を聞いた。(2015/3/26)

「注文がとれなくなった」シャープの嘆息……再建に立ちはだかった“日の丸連合”との消耗戦
シャープは主力の液晶パネル事業が失速。きっかけは、ジャパンディスプレイがシャープの上得意の小米から受注を獲得するなど巻き返したことだ。日本勢の消耗戦は価格競争を加速させ、背後から迫る中国、台湾メーカーに利することになりかねない。(2015/3/25)

HTC、CEO交代 ピーター・チョウ氏は研究開発に専念
中国Xiaomiなどにシェアを奪われつつある台湾HTCが、共同創業者のシェール・ワン会長をCEOに任命した。長くCEOを務めたピーター・チョウ氏は新製品開発に専念する。(2015/3/23)

台湾地下鉄の萌えプロジェクト「進め!たかめ少女!」のグッズがコミケットSPで販売
画集やキーホルダー、ポスターなどのセットを販売。(2015/3/22)

ASRock、10GbEポートも備えたX99チップセット搭載のWS向けE-ATXマザー「X99 WS-E/10G」
マスタードシードは、台湾ASRock製となるワークステーション向けE-ATXマザーボード「X99 WS-E/10G」の取り扱いを開始する。(2015/3/20)

Atrust、“Bay Trail”採用の11.6型モバイルシンクライアント
アスクは、台湾Atrust Computer製となる11.6型液晶内蔵の小型モバイルシンクライアント端末「mt168W」「mt168L」の取り扱いを開始する。(2015/3/20)

Silverstone、トリプルディスプレイ設置向きのスタンド型ディスプレイアーム
ディラックは、台湾Silverstone製のトリプルディスプレイ対応ディスプレイアーム「SST-ARM31BS」の販売を開始する。(2015/3/18)

SilverStone、水冷にも対応する倒立マザー配置採用のミニタワー型ケース「SST-KL06B」
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のミニタワー型PCケース「SST-KL06B」の取り扱いを開始する。(2015/3/13)

台湾GIGABYTE、高品位マザー「X99 Champion」シリーズの新モデル3製品を発表
台湾GIGABYTE TECHNOLOGYは、同社製のX99チップセット採用マザーボード「X99 Champion」シリーズの新モデル計3製品を発表した。(2015/3/9)

3Dプリンタの可能性を探る(6):
3Dプリンティング技術で生活を豊かに――パーソナル3Dプリンタ市場に攻勢をかけるXYZprinting
パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチシリーズ」などを手掛ける台湾XYZprinting。新製品を立て続けにリリースした2014年に引き続き、2015年も製品ラインアップを拡充していくという。同社日本法人であるXYZプリンティングジャパン マーケティング部 マネージャーの新井原慶一郎氏に、今後の製品戦略やフードプリンタの取り組みなどについて伺った。(2015/3/9)

三重富士通セミコンダクター 社長 八木春良氏:
“日本のピュアファウンドリ”に本気で挑む三重富士通の勝算
富士通の半導体事業再編の中で2014年末に誕生したファウンドリ専業会社「三重富士通セミコンダクター」。台湾をはじめとした海外勢の独壇場となっている大口径の300mmウエハーによる半導体受託生産市場で、最先端微細加工技術、大きな生産能力を持たない同社はどう生き残って行くのか。同社社長の八木春良氏に聞いた。(2015/3/4)

Thermaltake、カスタマイズ性重視のキューブケース「Core X」シリーズ3モデルを発売
アスクは、台湾Thermaltake製のキューブ型PCケース「Core X」シリーズの取り扱いを発表。サイズの異なる3タイプを用意した。(2015/2/27)

ボイジャー、ブラウザビューワ「BinB」を台湾出版社運営のプロモサイトに提供
提供を受けた青文出版社のデジタルコミックプロモーションサイト「無限誌」では、中国語版『コロコロコミック』などの配信を開始している。(2015/2/20)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMCが総額160億米ドルの設備投資を発表――台中拠点を拡張へ
TSMCは、台湾国内の既存工場の増強策として、5000億ニュー台湾ドル(約160億米ドル)を追加投資する計画を明らかにした。(2015/2/12)

どんなルービックキューブでも瞬殺 台湾最速キューバーが人間辞めましたレベル
ジャグリングしながらでもそろえられちゃう。(2015/2/7)

台北郊外でトランスアジア機墜落 車載カメラが墜落の瞬間とらえる
乗客・乗員58人のうち2人の死亡が確認されているとのことです。※追記(2015/2/4)

専門店が続々登場! 台湾スイーツ店巡りをしてみた
不思議なおやつがいっぱい(2015/2/3)

Silverstone、microATXマザー対応のキューブケース「SST-SG11B」
ディラックは、台湾Silverstone製となるキューブ型ケース「SST-SG11B」の取り扱いを発表した。(2015/1/30)

台湾を遊びつくしたカリスマ主婦ブロガー&旅作家のコミックエッセイ『女ふたり 台湾、行ってきた。』
そうだ、台湾行こう。(2015/1/30)

製造マネジメントニュース:
東芝が海外テレビ事業の自社開発・販売を終了し、ブランド供与へ
東芝は海外テレビ事業の自社開発・販売を終了し、ブランド貸与型のビジネスモデルに移行することを決めた。北米については台湾コンパル(仁宝電脳工業)にブランド供与を行う。(2015/1/29)

ビジネスニュース 業界動向:
台湾の水不足、TSMCとUMCへの影響は?
台湾の水不足が、2015年に深刻になると見られている。TSMCやUMCへの影響が懸念されているが、両社とも工場での水再利用を徹底して行っているようだ。(2015/1/29)

アスク、台湾Atrust Computer製の14型モバイルシンクライアント「mt180W」など2製品
アスクは、台湾Atrust Computer製となる14型モバイルシンクライアント端末「mt180W」「mt180L」の取り扱いを開始する。(2015/1/28)

Thermalright、省スペース設計の静音CPUクーラー「Macho 120 Rev.A」
ディラックは、台湾Thermalright製CPUクーラー「Macho 120 Rev.A」の取り扱いを発表した。(2015/1/20)

Apple、12.9インチiPadと専用スタイラスを発売か──KGI予測
Appleが今年発売するとうわさされている12.9インチの“iPad Pro”にはオプションでスタイラスが用意されていると、予測精度で定評のある台湾KGI証券のミンチー・クオ氏が予測した。(2015/1/19)

CRYORIG、120ミリファン搭載のサイドフロー型CPUクーラー「H7」
ディラックは、台湾CRYORIG製となるサイドフロー型CPUクーラー「H7」の取り扱いを発表した。(2015/1/14)

Atrust Computer、LinuxベースOSを採用した21.5型液晶一体型シンクライアント「A66」
アスクは、台湾Atrust Computer製となる液晶一体型筐体採用のシンクライアント端末「A66」の取り扱いを開始する。(2015/1/13)

Thermaltake、拡張性を強化したキューブ型PCケース「Core V21」
アスクは、台湾Thermaltake製のキューブ型PCケース新モデル「Core V21」の取り扱いを発表。水冷ラジエータの装着にも標準で対応する。(2015/1/9)

BungBungame、4コアAPU採用のWindowsタブレット「Photon 2」日本投入を発表
台湾BungBungameは、プロセッサとしてAMD製APUを採用した10.1型WindowsタブレットPC「Photon 2」の販売をアナウンスした。(2015/1/9)

部品メーカーのミャンマー進出加速 韓国・台湾勢との競争激化……安価で優秀な人材確保へ
民主化が進むミャンマーで、日本企業の進出が加速している。他のアジア諸国に比べて安価な労働コストが吸引力となっているのに加え、今年は日本とミャンマーが官民挙げて開発を進めているティラワ経済特別区が本格稼働するからだ。(2015/1/6)

多彩な広告配信オッケー:
スケールアウトのSSP、台湾のAppier運営のDSP「Appier」とRTB接続始める
スケールアウトは1月5日、同社が運営する媒体社向け広告配信プラットフォーム(Supply Side Platform)「Ad Generation」(以下、アドジェネ)が、台湾のAppierが運営するDSP(Demand Side Platform)「Appier」と接続し、RTB取引を開始したことを発表した。(2015/1/5)

台湾地下鉄の萌えプロジェクト「進め!たかめ少女!」に新キャラが登場! 相変わらずかわいいな!
高雄メトロ(KMRT)のアレです。(2014/12/27)

Plustek、PCレスで利用できるAndroid OS採用A4ドキュメントスキャナ
台湾Plustekは、有線/無線接続対応のA4ドキュメントスキャナ「Plustek eScan A150」を発表。7型液晶パネルを搭載しており単体で利用できる。(2014/12/22)

In Win、大型アクリル窓を備えたスマートなデザインのミドルタワーケース「IW-BWR146W」
CFD販売は、台湾In Win製となるミドルタワー型PCケース「IW-BWR146W」の取り扱いを発表した。(2014/12/19)

回転寿司がアジアでウケている:
くら寿司、アジア初進出先が「台湾」な理由
「元気寿司」「スシロー」などが相次いでアジア地域に出店する中、「くら寿司」も台湾に初進出。台北の中心部にこのほど1号店をオープンした。ところで、なぜ台湾だったのか……?(2014/12/16)

仕事をしたら"脇役”が主役になった:
台湾でヒットしたのは代打「モスライスバーガー」……知られざる歴史に涙
モスバーガーが海外進出に積極的な動きをしているのをご存じだろうか。アジアを中心に8カ国・地域に進出する中で、台湾では200店以上も展開しているのだ。現地で最も売れているのは「ライスバーガー」。その理由を調べたところ……。(2014/12/10)

1分間無料体験:
D2C R、ダウンロードせずにアプリを疑似体験させるソリューション「AdPlay」の提供を開始
広告商品の開発/販売を行なうD2C Rは12月8日、台湾に本社を置くVMFiveが開発したスマートフォン向けアプリのプロモーションソリューション「AdPlay(アドプレイ)」の提供を開始した。(2014/12/8)

Thermaltake、冷却力重視のミドルタワーケース「Core」のエントリーモデル「V31」を発表
アスクは、台湾Thermaltake製となるミドルタワー型ケース「Core V31」の取り扱いを開始する。(2014/12/5)

「〈進め!たかめ少女!〉始まるよ〜!」 萌の先進国・台湾、今度は地下鉄がやらかす
台湾は相変わらずすごいな!(2014/11/27)

Synology、デュアルコアCPUで処理能力を高めた2ベイNAS「DiskStation DS215j」
アスクは、台湾Synology製となる2ベイ搭載NAS「DiskStation DS215j」の取り扱いを発表した。(2014/11/27)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。