ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台湾」最新記事一覧

「ガリガリ君ライチ」発売 台湾産のライチ果汁がおいしそう
「ガリガリ君キウイ」も再登場。(2016/4/25)

SilverStone、USB Type-Cポートを前面装備した冷却重視ミドルタワーケース「SST-RL05」
ディラックは、台湾SilverStone製となるミドルタワー型PCケース「SST-RL05」の取り扱いを開始する。(2016/4/25)

ASRock、“オーバークロック特化”仕様のZ170チップセット採用microITXマザー「Z170M OC Formula」
マスタードシードは、台湾ASRock製microATXマザーボード「Z170M OC Formula」など2製品の取り扱いを開始する。(2016/4/22)

シャープ身売りの戦犯は誰? “演出過剰”の記者会見
経営再建中のシャープは、官民ファンドの産業革新機構が出資する日の丸液晶連合、ジャパンディスプレイ(JDI)への合流を袖にして、台湾・鴻海精密工業と手を組んだ。4年前の合意の振り出しに戻ったかにみえるが……。(2016/4/21)

SilverStone、ATX電源の搭載にも対応したスリムPCケース「SST-RVZ01B-E」
ディラックは、台湾SilverStone製となるMini-ITXマザー対応スリムPCケース「SST-RVZ01B-E」の取り扱いを発表した。(2016/4/18)

MSI、補助電源レス設計のOC仕様GTX 950グラフィックスカード
台湾MSIは、GeForce GTX 950搭載PCI Expressグラフィックスカード「GTX 950 2GD5 OCV2」の販売を開始する。(2016/4/15)

ドスパラ、ENERMAX製ミドルタワーケース新モデル「Fulmo.Q PLUS」の販売を開始
ドスパラは、台湾ENERMAX製となるミドルタワー型PCケース「Fulmo.Q PLUS」の取り扱いを開始した。(2016/4/15)

MSI、ゲーミングマウス付きで1万円台前半のエントリーゲーミングマザー「B150M GAMING PRO」
台湾MSIは、Intel B150チップセットを採用するエントリーゲーミングマザーボード「B150M GAMING PRO」を発表した。(2016/4/15)

電気自動車:
電気自動車は台湾の新産業に成り得ない? 落胆の「EV台湾」に見た光明
2016年で6回目の開催を迎えた電気自動車関連の技術展示会「EV台湾」。台湾では政府が電気自動車の技術で世界一になろうと意気込んでいるが、電気自動車の普及はなかなか順調に進まない。こうした台湾の電気自動車市場について、筆者のEV台湾リポートを交えてお送りする。(2016/4/15)

MSI、Broadwell-E対応もうたったハイエンドゲーミングマザー「X99A GODLIKE GAMING CARBON」
台湾MSIは、Intel X99チップセットを採用するハイエンド使用のE-ATXマザーボード「X99A GODLIKE GAMING CARBON」を発表した。(2016/4/14)

アミュレット、CFastカード対応のUSB 3.0カードリーダー
アミュレットは、台湾Wise製となるCFastカード対応USB 3.0カードリーダー「Wise CFast 2.0 カードリーダー」の取り扱いを開始する。(2016/4/14)

鴻海会長、シャープほめ殺し?
経営再建中のシャープが台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入る契約を締結した。2日、共同運営する堺市堺区の液晶工場で調印した後、シャープの高橋興三社長との共同記者会見に臨んだ鴻海の郭台銘会長は「買収ではなく投資」と強調するなど“融和”を演出した。(2016/4/13)

Lian Li、2層構造を採用した冷却力重視のミドルタワーPCケース「PC-J60」
ディラックは、台湾Lian Li製となるミドルタワー型PCケース「PC-J60」シリーズの取り扱いを開始する。(2016/4/12)

水と油は交わるか:
鴻海からの“心遣い”を、シャープはどう受けとめたのか
台湾の鴻海によるシャープ買収決定後に開かれた共同会見において、鴻海・郭会長兼CEOはシャープのイノベーターとしての歴史をべた褒め。ところが、両社の経営に対する基本姿勢はまるで異なるものなのである。(2016/4/11)

「身を捨てて浮かぶ瀬も」シャープ買収を台湾経済人が斬る! 世界ビジネスのサバイバル術とは
シャープが、台湾・鴻海精密工業に買収された。翻弄されたシャープ経営陣の姿に台湾側からは「日本企業の台湾研究不足」が指摘されるほどだ。(2016/4/8)

約1000億円も減額:
「身を捨てて浮かぶ瀬も」 問われるシャープのサバイバル術
経営再建中のシャープが、台湾・鴻海精密工業に買収された。日本有数の総合家電メーカーが、台湾の新興企業に安く買いたたかれた格好となった。ビジネスのグローバル化が進むなか、日本企業の意識改革、サバイバル術が問われている。(2016/4/8)

卓球の福原愛選手、台湾人イケメン卓球選手との交際認める「良いお付き合い」
交際は台湾でもニュースに。(2016/4/7)

SOHO/中小企業に効く「NASキット」の選び方(第2回):
担当者必見! 法人向けNAS製品で今抑えておくべきトレンド機能はこれだ
法人はもちろん、家庭でもネットワークストレージの「NAS」が普及する中で、近頃存在感を増しつつあるのがQNAPやSynology、ASUSTORなどの台湾メーカーが手掛ける「NASキット」だ。そんなNASキットの選び方を紹介する本連載の第2回目は、SOHOや中小企業に向くNAS製品において、今トレンドになっている機能を解説しよう。(2016/4/7)

SOHO/中小企業に効く「NASキット」の選び方(第1回):
台湾メーカーの“NASキット”と国内メーカーの“NAS”は何が違う?
法人はもちろん、家庭でもネットワークストレージの「NAS」が普及する中で、近頃存在感を増しつつあるのがQNAPやSynology、ASUSTORなどの台湾メーカーが手掛ける「NASキット」だ。そんなNASキットの選び方を紹介する本連載の第1回目は、国内メーカーのNASとの違いについて解説する。(2016/4/5)

出資額1000億円引き下げにも:
最後まで決断できなかった――シャープ経営陣の“迷走”
台湾の鴻海精密工業によるシャープ買収が正式に決まり、シャープは鴻海傘下で経営再建を目指すことになった。シャープの高橋興三社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで追い込まれるかたちになった。(2016/4/5)

ASUSTOR、4コアCeleron搭載エントリーNAS「AS32」シリーズ2製品を発表
ユニスターは、台湾ASUSTOR製となるエントリーNAS「AS32」シリーズ計2製品の取り扱いを発表した。(2016/4/4)

柴犬「まる」もおすすめ:
犬まっしぐら!――おやつが飛び出すドッグカメラ「ファーボ」日本上陸
会社や学校にいても、家で留守番している犬と遊べる。愛犬家にとっては夢のようなアイテムが台湾からやってきた。(2016/3/30)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
台湾大地震から17年、「エコビレッジ」として復興した桃米社区の取り組み
台湾大地震から、今年で17年目。震源地付近の桃米社区(社区:台湾における地域コミュニティの単位)は、台湾でも有数の「エコビレッジ」として復興し、台湾の地方創生に大きな影響を与えている。(2016/3/25)

シャープ巡る台湾メディア「恋のから騒ぎ」 「三角関係の末……結婚間際にドタキャンか?」
シャープが鴻海の買収受け入れを決めたことに対し、台湾メディアの報道が過熱している。「鴻夏恋」が成就したと報じたと思ったら、「結婚間際にドタキャンか」といった見出しが踊った。(2016/3/24)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(3):
デジタル化の中で浮沈を決めた“半導体設計の本質”
デジタル家電市場で、なぜ台湾のMediaTekは、日本や欧州の名だたる競合半導体メーカーを蹴散らせたのか――。今回も、この10年で大きな成長を遂げた台湾MediaTekの強さに迫る。(2016/3/24)

Thermaltake、カラー液晶パネルも備えた6チャンネルファンコン「Commander F6 RGB」
アスクは、台湾Thermaltake製となる5インチベイ内蔵型ファンコントローラ「Commander F6 RGB」の取り扱いを開始する。(2016/3/23)

MSI、軽量ヒートシンクを採用したGTX 950グラフィックスカード
台湾MSIは、GeForce GTX 950採用PCI Expressグラフィックスカード「GTX 950 2GD5 OCV1」の販売を開始する。(2016/3/16)

車載情報機器:
日本のタクシーはIoTトレンドをつかめるか、台湾VIAとJapanTaxiが取り組み
台湾のVIA Technologiesが、タクシー大手である日本交通の子会社JapanTaxiと車載IoT(モノのインターネット)端末を共同開発した。JapanTaxiは、この車載IoT端末や連携するタクシー向けの機器/クラウドサービスを、親会社の日本交通だけでなく、他のタクシー会社にも販売する方針だ。(2016/3/16)

LINEアプリに200人まで参加可能なグループ音声チャット機能(日本はまだ)
LINEアプリにグループ音声チャット機能が追加された。200人までが音声チャットに参加できる。まずはタイ、台湾、インドネシアでの公開で、日本ではまだ使えない。(2016/3/11)

MSI、白色GPUクーラー採用のGTX 960グラフィックスカード
台湾MSIは、 GeForce GTX 960搭載PCI Expressグラフィックスカード「GTX 960 2GD5T OCV2」の販売を開始する。(2016/3/9)

Silverstone、USB 3.1 Type-C増設カードなど計3製品を発売
ディラックは、台湾SilverStone Technology製となるPCIe接続対応拡張カード計3製品の取り扱いを開始する。(2016/3/9)

製品分解で探るアジアの新トレンド(3):
中国製Wi-Fiルーターから見えるLTEモデム事情
今回は、中国で売り出されたばかりの最新Wi-Fiルーターを分解していく。搭載する主要半導体は、Qualcommをはじめとした米国メーカー製品ばかり。なぜ、手ごろな中国製Wi-Fiルーターが、中国や台湾ではなく米国メーカー製を採用する理由についても紹介しよう。(2016/3/8)

GIGABYTE、Xeon E3-1200 v5対応のmicroATXマザー「GA-X150M-PRO ECC」
旭エレクトロニクスは、台湾GIGABYTE TECHNOLOGY製となるXeon対応microATXマザーボード「GA-X150M-PRO ECC」の取り扱いを開始する。(2016/3/7)

IoT/M2Mデータのフル活用で不良の20%を削減:
PR:日本製造業勝ち残りの処方箋は予測分析と自動化にあり
かつては卓越した品質で他を圧してきた日本の製造業。しかし韓国、台湾、中国、東南アジアなどの製造業との競争に打ち勝ち、生き残りを図るには、さらなる品質と生産性の向上が必須だ。その手法として注目されているのが、IoT/M2Mデータの予測分析と自動化である。(2016/3/4)

ユーザー選定から商品発送までワンストップで提供:
「モニプラGlobal」で台湾向け商品モニター支援サービスを提供開始
アライドアーキテクツは、同社の「モニプラGlobal」において、日本国内のメーカー企業を対象に、台湾の生活者に向けて商品モニターキャンペーンを実施できるサービスを開始すると発表した。(2016/3/2)

台湾HTC、Windows用VRヘッドマウンドディスプレイ「HTC Vive」の国内価格を発表――11万1999円
台湾HTCは、VR対応ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」一般消費者向けモデルの日本国内販売価格を発表した。(2016/2/29)

シャープ、鴻海が買収 外資傘下で再建へ
シャープが、台湾の鴻海精密工業の出資を受け入れ、同社傘下での再建を決めた。(2016/2/25)

シャープ、取締役会で台湾のホンハイ傘下入りを決定と一部報道 公式Twitter「こマ?」
シャープ広報は「まだ把握していない」とのこと。(2016/2/25)

悟空が「筋斗雲」で台北市内を駆け抜ける 子どもたち大興奮の中ススススススー
オラ、ワクワクしてきたぞ!(2016/2/24)

日本メーカーに牙をむく? シャープ・鴻海の“決裂”を期待
経営再建中のシャープが台湾の鴻海精密工業の傘下で立て直しを図る方向で本格協議に入った。鴻海とともに支援に名乗りを上げた官民ファンドの産業革新機構と、所管官庁の経済産業省はシャープの事業を“手駒”にして国内電機業界の再編に乗り出す戦略を描いていた。(2016/2/22)

セカオワのアジア進出も支援 聴き放題の「KKBOX」がリアルな音楽事業も手掛ける理由
台湾発の音楽聴き放題サービス「KKBOX」。日本を含むアジア6地域で1200万会員を擁する先駆者は相次ぐ新規参入をどう見ているのか? 主催する「KKBOX Music Awards」に合わせて取材した。(2016/2/18)

「マレーシア航空370便のパイロットが台湾で発見」はデマ ソースは海外の虚構ニュースサイト
まとめサイトやTwitterなどを通じて拡散されていました。(2016/2/18)

食卓の会話がはかどる! スマホを手放さないと鍋が食べられないテーブルをIKEA台湾が製作
電気コンロの電源がスマホに……これはナイスアイデア。(2016/2/17)

GMOリサーチが訪日外国人に調査:
日本の企業サイト「母国語対応すれば利用」の意向、各国平均91%
GMOリサーチは、中国、韓国、台湾、フィリピン、香港の各国・地域で訪日経験のある人を対象に「Webサイトの多言語化に関する調査」を実施した。(2016/2/17)

Appleのチップ製造する台湾TSMC、地震被害でiPhone 7に影響は?
iPhone、iPad用のA9、A9Xプロセッサを製造する台湾TSMCの工場に被害。A10は大丈夫?(2016/2/16)

「私を嫌いになっても製品嫌いにならないで」シャープ公式アカウントが話題
経営再建中のシャープが台湾の鴻海精密工業の傘下に入る交渉に重点を置く方針を明らかにして以降、シャープ製品を宣伝しているTwitter上の公式アカウントが、揺れる胸中を吐露したつぶやきで話題を集めている。(2016/2/16)

石川温のスマホ業界新聞:
テリー・ゴウ鴻海会長がシャープ本社に乗り込み7000億円の直談判――決断できないシャープは2月末までにどちらを選ぶのか
シャープの経営再建に際して、日本の産業革新機構と、台湾の鴻海精密工業(Foxconn)が名乗りを挙げている。どちらを再建パートナーを選んだとしても、課題はつきまとう。(2016/2/12)

100年企業:
シャープ土壇場で心変わり、鴻海に傾いたワケ
1月30日、土曜日で社員もまばらな大阪市阿倍野区のシャープ本社。その一室で高橋興三社長らと台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長が向かい合った。(2016/2/12)

影響は1%との見積もりも:
TSMCとUMC、地震による影響を評価中
TSMCとUMCが、2016年2月6日に台湾南部で発生した地震による影響を評価中だという。両社とも深刻な被害を受けた工場はないとしている。(2016/2/10)

Twitterのトレンドに「台湾大丈夫」 台湾の地震発生で心配する声多数
東日本大震災の恩返しに義援金を送りたいという人も。(2016/2/6)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。