ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台湾」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「台湾」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラ性能や半透明ボディーに注目 「HTC U12+」を台湾で見てきた
COMPUTEX TAIPEIの取材の合間に、HTCの新製品「U12+」を見てきました。6型ディスプレイにSnapdragon 845を採用したHTCの2018年フラグシップモデル。ノッチ(切り欠き)がないので、ぱっと見てすっきりした印象を与えてくれます。(2018/6/15)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
IntelのAI向けプロセッサは、NVIDIAに追い付けるのか――電子版2018年6月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2018年6月号を発行致しました。今回のCover Storyは台湾の電子産業にスポットを当てたインタビュー「小さな国の賢い戦略、台湾の成功を行政トップに聞く」です。また、電子版限定記事として「IntelのAI向けプロセッサは、NVIDIAに追い付けるのか」を掲載しています。(2018/6/15)

IT活用:
AIで燃料調整を効率化、火力発電の運用コストを1億円削減
三菱日立パワーシステムズが台湾の火力発電所に導入したAIシステムの効果を検証。ボイラーの燃料調整を効率化することで、年間1億円程度のコスト削減を可能にしたという。(2018/6/14)

JTBグループ、Fintechベンチャーと訪日外国人向けキャッシュレス決済の実証実験
JTBビジネスイノベーターズはFintechベンチャーのアイ・ティ・リアライズと共同で、訪日外国人旅行者向けのキャッシュレス決済「Japan Travel Pay」の実証実験を行う。台湾、香港、韓国からの旅行者が主なターゲット。(2018/6/13)

シャープの親会社、次の手は:
Apple脱却探る鴻海、事業多角化の壁
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、新たな成長戦略を模索している。米AppleのiPhoneの受託製造企業として世界的な地位を築き上げたが、スマートフォン市場拡大が頭打ちになり、アップルはサプライヤーの多角化を進めているためだ。(2018/6/13)

「Core i7-8086K」搭載マシンの実力は? マウスが5GHz駆動をデモ
COMPUTEX Taipeiが開催されている台北のマウスコンピューター台湾事務所で「Core i7-8086K Limited Edition」を搭載する同社ゲーミングPC「G-Tune」のデモが行われた。(2018/6/8)

自動車市場参入への模索:
台湾のEV戦略、PCでの“成功の法則”は通用するのか
PCや携帯電話機で、広大なサプライチェーンを築き上げた台湾。これらのコンシューマー分野で築いた成功基盤を、自動車業界にも適用しようとしている。(2018/6/5)

VAIO、香港・台湾などでPC販売へ 「ブランドへの期待値が高い」
VAIOが、香港や台湾などで、PCの販売を順次始める。アジア地域でPCを販売するNexstgoと協業する。(2018/6/4)

VAIO、アジアへ販売地域を拡大 香港、台湾など5地域で
VAIOは、アジア5地域で同社製PCの販売を順次開始すると発表した。(2018/6/4)

年間15億ユニットの出荷実績も:
MediaTekがASIC事業強化、7nmと豊富なIPで勝負
台湾MediaTekは、ASIC事業を強化する。システムの技術革新につながる最新IPコアの開発などにも取り組む。(2018/6/4)

3年間で20倍:
沖縄から台湾へ、大学進学者が急増 なぜ?
台湾の大学に進学する沖縄の高校生が急増。学費や生活費の割安感や距離の近さなどが台湾進学を後押しするが、十分な語学力を備えずに入学し、授業についていけず退学する事例も出ている。(2018/5/31)

モバイルロボットと組み合わせて提案:
オムロン、台湾テックマンと提携し協働ロボット市場に本格参入
オムロンは、台湾のロボットメーカーTechman Robotと提携し、人と共に働く協働ロボット市場に本格参入することを発表した。(2018/5/31)

Intelの光トランシーバーなど:
微細化から脱却を、成長の鍵は“異種統合”
台湾のEtron Technologyの創設者であり、チェアマン兼CEO(最高経営責任者)を務めるNicky Lu氏は、以前から「Heterogeneous Integration(以下、HI)」を提唱してきた。「HI」とは、どのようなものなのだろうか。(2018/5/30)

亜熱帯に生息:
イオンが発売するお値打ちでマダイそっくりな新魚種
イオンがマダイそっくりな新魚種を発売する。台湾で養殖したものをグループのスケールメリットを生かして仕入れて、低価格を実現した。イオンは今後国際的な認証制度に基づいた養殖魚の扱いを増やすというが、その背景にあるのは?(2018/5/29)

スクエアな音楽ケータイ BenQ「Z2」(懐かしの海外ケータイ)
過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回は台湾BenQのスクエアデザイン端末「Z2」をご紹介します。音楽プレーヤーとしての利用を第一に考えたケータイです。(2018/5/29)

SEMI MMDS:
2017年の世界半導体材料市場は約469億米ドル、台湾が8年連続で最大消費地に
SEMIは2018年4月24日(米国時間)、2017年の世界半導体材料市場が約469億米ドルになったと発表した。2016年に比べて9.6%の増加である。地域別では台湾が8年連続で世界最大の消費地となった。(2018/5/25)

半導体業界をいかに生き抜いたか:
小さな国の賢い戦略、台湾の成功を行政トップに聞く
TSMC、MediaTek、Foxconn――。小さな国ながら、エレクトロニクス業界では多くの優良企業を抱える台湾は、いかにしてエレクトロニクス産業を成長させ、生き抜いているのだろうか。(2018/5/24)

MSI、パソコンSHOPアークと協業 コラボゲーミングPC発売
台湾MSIは5月18日、パソコンSHOPアークと協業し、MSI製の各種パーツを搭載したアーク×MSI「Powered by MSI」ゲーミングPCを発売すると発表した。コラボPCはRYZEN搭載モデル、Core i7搭載モデル、Core i3搭載モデルの計3モデルを用意し、5月25日から販売を開始する。(2018/5/18)

MSI、同社初のゲーミングPCケース「MAG PYLON」など2製品を発売
台湾MSIは、強化ガラスパネルを採用したミドルタワー型PCケース「MAG PYLON」「MAG BUNKER」の2製品を発売する。(2018/5/18)

中国からは恩恵も圧力も……:
台湾、“アジアの虎”をはるかに超えた存在へ
台湾は、急速な経済成長によって、エコノミストが「アジアの虎」と好んで呼ぶ国の1つとなった。そして現在、同国は先端技術のエコシステムにおいて、これまで以上に中心的な役割を果たすようになっている。(2018/5/18)

「5」「5Z」はDSDV対応:
ASUSの新しい「ZenFone 5」ファミリーが日本上陸 「5」「5Z」「5Q」を順次発売
「Mobile World Congress 2018」に合わせて台湾ASUSが発表した「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」が、日本でも販売されることになった。いずれもドコモ、au、Y!mobile(ソフトバンク)音声通話に対応し、5/5Zは「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)」も可能だ。【写真追加】(2018/5/15)

協働ロボット:
オムロンが協働ロボットに参入へ、台湾テックマンと協業
オムロンは2018年5月14日、台湾のロボットメーカーTechman Robot(以下テックマン)と提携し、人と共に働く協働ロボット市場に本格参入することを発表した。(2018/5/15)

ASRock、Ryzen対応の多機能ゲーミングMini-ITXマザーなど2製品
マスタードシードは、台湾ASRockのRyzen対応Mini-ITXマザーボード計2製品の取り扱いを発表した。(2018/5/11)

前年比9.6%の成長:
世界半導体材料市場、2017年は約469億米ドル
2017年の世界半導体材料市場は約469億米ドルとなった。地域別では8年連続で台湾が首位をキープした。(2018/5/9)

任天堂とCygamesが業務提携 スマホゲーム「ドラガリアロスト」今夏リリース
任天堂とCygamesがスマートデバイス向けゲームアプリ事業で業務提携する。18年夏に新作RPG「ドラガリアロスト」を日本、台湾などで公開する。(2018/4/27)

任天堂、Cygamesと業務提携 新作スマホゲーム「ドラガリアロスト」を共同で開発・運営
夏ごろに日本および台湾、香港、マカオ向けに配信。(2018/4/27)

海外Wi-Fiルーター「Jetfi」、14カ国対応の使い放題プランを提供開始
世界100カ国以上で利用できる4G対応モバイルWi-Fiルーター「jetfi」は、4月24日に使い放題プランを提供開始。対象国は中国、台湾、韓国など14カ国で、割引価格で利用できる先着100台限定「GWスタートキャンペーン」も実施する。(2018/4/25)

Lian Li、側面+前面にガラスパネルを備えたタワーケース「O11 Dynamic」
ディラックは、台湾Lian Li製タワー型ケース「O11 Dynamic」の取り扱いを発表した。(2018/4/24)

GIGABYTE、Radeon RX 580カードを内蔵したThunderbolt 3外付けグラフィックスボックス
CFD販売は、台湾GIGABYTE製のThunderbolt 3接続対応外付けグラフィックスボックス「GV-RX580IXEB-8GD」の取り扱いを開始する。(2018/4/18)

赤まさみ青まさみ黄まさみ! 長澤まさみ、台湾スポットを巡る新CMでカラフル美女に変身する
最近また美しくなった気がする。(2018/4/16)

MSI、144Hz駆動対応の湾曲27型WQHD液晶ディスプレイ「Optix MPG27CQ」など2製品
台湾MSIは、WQHD表示に対応した湾曲デザインの27型液晶ディスプレイ「Optix MPG27CQ」など2製品を発売する。(2018/4/13)

MSI、マイニング向けの独自機能も備えたB360チップセット採用マザーなど2製品
台湾MSIは、多数のグラフィックスカードを装着可能なマイニング向けATXマザーボード計2製品「B360-F PRO」「H310-F PRO」を発表した。(2018/4/9)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
訪日台湾人の検索動向、インスタ映えする景勝地やあの映画の“聖地”が急上昇──アウンコンサルティング調査
アウンコンサルティングが訪日台湾人の日本旅行における検索のトレンドを調査しています。2017年に「天橋立」「小樽運河」などの検索数が著しく増えていた理由とは?(2018/3/29)

アドバンテック XJNE3-BP4009:
信号灯に取り付けるだけで工場を容易に“見える化”、無線通信にEnOceanを採用
台湾のアドバンテックは、IoT向けセンシングプラットフォーム「タワーライトセンサー XJNE3-BP4009」を発売した。(2018/3/23)

MSI、日本語配列メカニカルキーボードなどゲーミング製品6モデルを投入
台湾MSIは、PC用ゲーミングデバイス「ゲーミングギア」シリーズの日本市場投入を発表、計6製品を発売する。(2018/3/22)

VR HMD「VIVE」を上位モデルに変更できる「VIVE Pro HMD」アップグレードキット 4月6日発売
アユートは、台湾HTC製のVR HMDアップグレードキット「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」の取り扱いを発表した。(2018/3/20)

Apple非認定部品でiPhone 8 Plus製造?
iPhone 8 Plusの製造を請け負っている台湾企業が不正な部品を使い、Appleから停止命令が出たとの報道。(2018/3/16)

MTGのカードから:
「シャドバ」新カードで他社デザイン“転用”発覚 Cygamesが謝罪
スマホ向けカードゲーム「シャドウバース」の新カードデザインを担った外部デザイナーが、他社のものを転用していたことが発覚。運営元・Cygamesが台湾のWeb番組などで発表後、視聴者からの指摘で発覚した。同社はチェック不足を認めて謝罪している。(2018/3/13)

FAニュース:
信号灯情報をEnOceanで飛ばす、工場の簡単「見える化」ツール
台湾のアドバンテックは、IoT向けセンシング・プラットフォーム「タワーライトセンサー XJNE3-BP4009」を発売した。工場内設備の稼働状態を容易に把握でき、超低消費電力無線通信技術「EnOcean」を採用している。(2018/3/12)

SilverStone、GOLD認証取得のFlex ATX電源ユニットを発売
ディラックは、台湾SilverStone製のFlex ATX電源ユニット「SST-FX350-G」の取り扱いを開始する。(2018/3/8)

「MacBook Air」の新モデルが4〜6月に登場?──KGI予測
Appleが、しばらくアップデートしていない薄型ノート「MacBook Air」の新モデルを第2四半期に発売すると、台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。現行モデルより安くなるという。(2018/3/5)

「日本のサービスを尊敬」「重視するのは“つながり”」――ASUS Storeオープン ジョニー・シー会長との一問一答
ASUS Store Akasakaの開店に合わせて、台湾ASUSのジョニー・シー会長が来日した。販売とサポートを同時に行うASUSとして世界で初めての店舗を、なぜ日本に出店したのだろうか。(2018/3/3)

ASRock、AMD X399チップセット採用microATXマザー「X399M Taichi」
マスタードシードは、台湾ASRock製のAMD X399チップセット採用microATXマザーボード「X399M Taichi」の取り扱いを開始する。(2018/3/2)

スマートファクトリー:
「e-F@ctory」がアジア強化、台湾と韓国にコミュニティー設立へ
三菱電機は、同社のスマートファクトリー「e-F@ctory」の推進を行うコミュニティー「e-F@ctoryアライアンス会」を、新たに台湾と韓国で設立する。提携パートナーの拡張を図るとともに、現地での導入拡大を加速する狙い。(2018/2/28)

MSI、曲面デザインの27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
台湾MSIは、同社製ゲーミングディスプレイ「Optix」のラインアップに27型フルHD対応の下位モデル「Optix MAG27C」を追加した。(2018/2/26)

3月下旬に「台湾の秋葉原」で:
とらのあな、台北に初の海外直営店をオープン 日本の同人誌を台湾へ
とらのあなが初の海外直営店をオープン。「台湾の秋葉原」に出店し、日本や現地クリエイターの同人誌を販売する。(2018/2/23)

ビットコインで台湾地震に募金 bitFlyerが受け付け開始
6日深夜に台湾東部で発生した地震被害への義援金をビットコインで募る募金活動をbitFlyerがスタート。ビットコインウォレットかbitFlyerアカウントから送金するだけで寄付が完了する。(2018/2/13)

一風堂、「替玉募金」を2月14日に実施 台湾東部地震の復興支援に替玉の売上全額を寄付
バレンタインの開店から実施されます。(2018/2/13)

楽天も「台湾東部地震」募金開始 楽天スーパーポイント、クレジットカードも利用可能
楽天グループが台湾東部で発生した地震の被害者支援のため募金活動を始めた。楽天銀行への口座振り込みの他、楽天スーパーポイントやクレジットカードを利用して募金できる。(2018/2/9)

Yahoo!JAPAN、台湾東部地震の募金スタート TポイントもOK
2月7日に台湾東部で発生した地震被害への救援金を募る募金活動が「Yahoo!基金」でスタート。クレジットカードのほか、Tポイントで募金することもできる。(2018/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。