ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台湾」最新記事一覧

独自のフィルターで明るい色調を再現:
「世界最大」32インチの曲がるカラー電子ペーパー
凸版印刷と台湾のE Ink Holdingsは、1枚のTFT駆動背面版で構成されたフレキシブルでフルカラーの電子ペーパーとして、「世界最大」となる32インチの試作品開発に成功したと発表した。(2016/9/16)

MSI、GeForce GTX 10シリーズ対応のSLI HBブリッジ
台湾MSIは、GeForce GTX 10シリーズ対応となるSLI HBブリッジ計2製品の販売を開始する。(2016/9/15)

戴社長就任1カ月:
シャープ、200人規模の社長室を新設
台湾・鴻海精密工業傘下で経営再建中のシャープが、戴正呉社長の就任から1カ月を迎えた。再建の具体策は未定。組織改編を推し進める戴社長だが、液晶パネル事業の立て直しで焦りをにじませる場面も。(2016/9/14)

背負えるVR対応ゲーミングPC「MSI VR One」登場 「ケーブルの呪縛から解放」
背負えるVR対応のリュックサック型PC「MSI VR One」を台湾MSIが発表。2基のバッテリーを搭載し、1回の充電で90分間VRゲームを楽しめる。(2016/9/12)

Thermaltake、ハイエンドグラフィックスカードも装着可能なスリム型PCケース「Core G3」
アスクは、台湾Thermaltake製となる本体幅約14cmのスリムPCケース「Core G3」など2製品の取り扱いを発表した。(2016/9/12)

MSI、B150チップセット採用のエントリーmicroATXマザー「B150M PRO-VH」
台湾MSIは、Intel B150チップセットを採用した低価格帯microATXマザーボード「B150M PRO-VH」を発表した。(2016/9/9)

MSI、「東京ゲームショウ 2016」にゲーミングマザー「Z170A GAMING M6」を展示
台湾MSIは、このほど開催される「東京ゲームショウ 2016」にて最新ゲーミングマザーボード「Z170A GAMING M6」の展示を行うと発表した。(2016/9/6)

なぜ最後だけふなっしーに…… 台湾のユースホステルにある注意書きがなぜか梨語になってしまう事案が発生
他の注意書きも梨語になっていたらしい。(2016/8/31)

Lian Li、電動式昇降機能付きPCデスクに幅広大型モデル「DK-16X」を追加
ディラックは、台湾Lian Li製となるPCデスク新モデル「DK-16X」の取り扱いを開始する。(2016/8/31)

台湾の同人イベントに「覚醒したゴンさん」現る 長すぎる毛髪が天井に届きそうな高い再現度……!
方法はわからないけど、強制的に立たせてる……!(2016/8/28)

エビ中、小林歌穂が軽度のバセドウ病と診断 柏木ひなたも体調不良で急きょ台湾ライブキャンセルに
台湾ライブ前日に突然のアナウンスです。(2016/8/27)

MSI、X99チップセット採用のゲーミングマザー「X99A TOMAHAWK」
台湾MSIは、Intel X99チップセットを採用したゲーミングATXマザーボード「X99A TOMAHAWK」を発表した。(2016/8/26)

台湾でも人気の「ポケモンGO」 “聖地”にトレーナーが殺到し「ワールド・ウォーZのようだ」と現地メディア
路上まであふれかえった人々で車が立ち往生するシーンも。(2016/8/24)

上海問屋、普通のスマホで3D撮影を可能にする外付け追加レンズ「Eye-Plug」
ドスパラは、台湾WeeView製となる3D撮影用の外付け追加レンズ「Eye-Plug」の取り扱いを開始した。(2016/8/22)

12日付で退任:
シャープ社長を退任した高橋氏の罪と罰
シャープ社長だった高橋興三氏が、台湾・鴻海精密工業グループによる出資が完了した12日付で退任した。(2016/8/22)

来日インタビュー:
国内市場で存在感を増す台湾製NAS――製品担当者が語るASUSTORの魅力
台湾ASUSTORでマーケティングを統括するアレン氏が来日。日本市場に向けた取り組みや今後の展開を聞いた。(2016/8/10)

このモグラは強い(確信) 馬場ふみか、台湾でのオフショットに「こぼれる!!」の声があふれる
モグラ(モデル+グラビア)女子の馬場さん。(2016/8/10)

シャープのCMに吉永さん続投、狙いは?
台湾・鴻海精密工業傘下で経営再建を目指すシャープが、テレビCMなどを駆使してブランドイメージの再構築に乗り出している。(2016/8/9)

MSI、同社製マザーにゲーミングデバイスを付属したセットパッケージ「GAMING KIT」――PCワンズ限定発売
台湾MSIは、同社製マザーボードにゲーミングデバイスを付属した限定セットパッケージ“GAMING KIT”シリーズを発表した。(2016/7/28)

次期iPhone 7のホームボタンは静電容量式に? 新色の情報も
4月に台湾メディアが報じていた次期iPhone 7の噂を、MACお宝鑑定団が確認した。(2016/7/27)

Lian Li、強化ガラス採用“シースルー”PCケース「PC-O8」に数量限定のカラバリモデル
ディラックは、台湾Lian Li製PCケース「PC-O8」シリーズのカラーバリエーションモデル「PC-O8WBW」の取り扱いを開始する。(2016/7/26)

Pepper海外展開、第1弾は台湾から
台湾にてロボット「Pepper」の法人向け販売が開始される。(2016/7/25)

7000人規模の人員削減の可能性:
釣ったシャープに餌はやらない? 本性むきだし鴻海の豪腕テリー・ゴウの“シメ方”
台湾・鴻海精密工業の郭台銘会長(英語名=テリー・ゴウ)が、株主総会で「飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない」と人員削減に踏み込むと宣言。ついに本性をあらわした。(2016/7/22)

コヴィア、2万円台で買える11.6型フルHD液晶搭載の2in1ノート「BREEZ Book W11」
コヴィアは、台湾Foxconnとのコラボレーションモデルとなる11.6型2in1ノートPC「BREEZ Book W11」の販売を開始する。(2016/7/19)

ASRock、OC安定性も高めたX99ゲーミングマザー「Fatal1ty X99 Professional Gaming i7」など2製品
マスタードシードは、台湾ASRock製となるX99チップセット採用ゲーミングマザーボード計2製品の取り扱いを開始する。(2016/7/15)

ASRock、M.2 SSDの装着にも対応した手のひら大ベアボーンキット「Beebox-S」
マスタードシードは、台湾ASRock製となる超小型ベアボーンPCキット「Beebox-S」「Beebox」新モデルの取り扱いを開始する。(2016/7/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
自分の時計を“スマートウォッチ化”できる――台湾メーカーの「iMovement」に注目
「腕時計の中にスマートウォッチ機能を内蔵しちゃいえばいいじゃないの」と考えたのが台湾のPRINCOという素材メーカー。PRINCOの開発した「iMovement」は、市販のクオーツ式腕時計の内部のムーブメントとほぼ同じサイズのスマートウォッチ化モジュールです。(2016/7/13)

シャープ再建は第二の創業:
シャープと鴻海、際立つ「異文化」 両株主総会で見た復活へのハードル
シャープと、親会社になる台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の株主総会がそれぞれ6月下旬に開かれた。双方の総会を取材して強く感じたのは、シャープ再生のカギとなるのは「異文化の融合」そのものだった。(2016/7/8)

名古屋発祥の台湾ラーメン「郭 政良 味仙」、ついに東京進出 スパイシーなミンチとタレが人気
名古屋発祥なのに台湾とはこれいかに。(2016/7/5)

ドコモ、韓国・台湾・グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になるキャンペーン
NTTドコモは、韓国、台湾、グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になる「ドコモ応援夏旅!!キャンペーン」を9月30日まで実施。海外旅行グッズが当たるプレゼントキャンペーンも行う。(2016/7/5)

Microsoft、年内にオールインワンタイプのSurface端末発売か──DIGITIMES報道
Microsoftが早ければ第3四半期に、AppleのiMacのようなオールインワン(AIO)タイプのSurface端末を発売すると、台湾のDIGITIMESが報じた。(2016/7/4)

世界中の冒険者が注目 老舗オンラインRPG「ラグナロクオンライン」を台湾のファンがVR化開始
アイテムやメニューに2Dの風味を残しつつ、世界を3Dに。(2016/7/1)

”女子高生制服絵師”が再び日本に! 台湾のイラストレーター「蚩尤」が中野で個展を開催
7月16日から!(2016/6/29)

「シャープ人材流出」鴻海が激怒
台湾の鴻海精密工業傘下で経営再建を目指すシャープで、かつて経営の中枢を担った幹部たちが相次いで他社に転職していることが波紋を広げている。(2016/6/29)

台湾Plustek、“Office 365専用”のネットワードキュメントスキャナを発表
台湾Plustekは、Microsoft Office 365との連携機能をうたったネットワークスキャナ「Plustek eScan」を発表した。(2016/6/28)

「comico」、世界2000万ダウンロード突破 台湾、韓国などアジア4カ国に展開
無料漫画・ノベルアプリ「comico」の世界累計ダウンロード数が2000万を超えた。(2016/6/23)

加速する日本の「エレベーター競争」 東芝は再び「上昇気流」へ乗るか
ふだん何気なく乗っているエレベーターだが、その技術は日々向上している。開業したビルで実用化されているものでは、東芝が台湾に納入した分速1010メートルのエレベーターが世界最速だが、これに負けじと三菱電機は1230メートル、日立製作所も1200メートルのエレベーター技術を開発。(2016/6/20)

MSI、同社製マザー+グラフィックスカード購入でiPhone SEなどが当たる「スペシャルキャンペーン」――7月17日まで
台湾MSIは、同社製マザーボードとグラフィックスカードの両方を購入したユーザー向けとなる抽選プレゼントキャンペーンを開始する。(2016/6/17)

琵琶湖に進出した自転車業界の巨人「ジャイアント」、狙いは?
世界最大の自転車メーカー、台湾・ジャイアント社が日本進出を加速させている。といっても、工場を作るわけではない。では、何を……?(2016/6/16)

発売時期は未定:
MSI、“TWIN FROZR VI”採用のOC設計GTX 1070グラフィックスカード
台湾MSIは、GeForce GTX 1070搭載PCI Expressグラフィックスカード計2製品を発表。うち1モデルはオリジナルクーラー採用のオーバークロックモデルとなっている。(2016/6/13)

Mobile Weekly Top10(5/30〜6/5):ZenFone 3発表、au夏モデル第2弾は何?
台湾で「ZenFone 3」シリーズ3機種が発表され、日本ではauの夏モデル第1弾が登場しました。(2016/6/6)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 10へのアップグレードで確認しておくべきことは?(2016年5月30日〜6月5日)
今回のアクセスランキングは、7月29日に無料アップグレード期限が迫るWindows 10を導入すべきか、といった話題に注目が集まっています。台湾・台北市で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2016」の話題も要チェックです。(2016/6/6)

2016年は「VR元年」:
エレベーターがぐんぐん上ったその先は……VRゲームは本当に怖かった!
米フェイスブック傘下のオキュラス、台湾HTC、ソニーなどによる高機能端末が出そろう2016年は「VR元年」と期待されている。いくつかのコンテンツを体験して感じたVRの可能性を振り返った。(2016/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
会場を彩る、美しいコンパニオンこれくしょん 〜南港エリア編〜
最新PCパーツや注目製品を展示する各ブースには、美しいコンパニオンのお姉さんが会場を盛り上げます。今回は台北南港国際展示場で見掛けたコンパニオンを一挙ご紹介しましょう。信じてくださいこれも仕事です……!(2016/6/2)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
モバイルの次はIoT/車載で躍進狙うMediaTek
台湾MediaTekは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2016」(2016年5月25〜27日/東京ビッグサイト)に出展し、同社が提案する5G(第5世代移動通信)向け要素技術などを紹介した。売上高は好調だが利益面では厳しい状態となっているMediaTek。メディアテックジャパンのジェネラルマネジャーである櫻井義孝氏は、「5Gなど新しい市場に早く参入することが利益増加の鍵」と語る。(2016/6/1)

「コンピューテックス台北」開幕 日本勢、IoT最新技術を披露
世界最大級のコンピューター見本市「コンピューテックス台北」が31日、台北で開幕した。36回目の開催で、世界30カ国・地域から1602社が5009のブースを出展。(2016/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
ASUS、Core i7搭載でMacBookより薄く軽い12.5型「ZenBook 3」 999ドルから
ASUSがMacBook対抗のUltrabookとして投入し続けている「ZenBook」。その第3世代モデルが台北で披露された。(2016/5/31)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
世界有数のICT見本市「COMPUTEX 2016」が台湾・台北市でいよいよ開幕 今年の見どころは?
台湾・台北市でPCパーツ関連/ICT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2016」が31日に開幕する。PCパーツがめじろ押しなのはもちろん、今年は新たに3つのエリアを増設する。COMPUTEXが目指すものは……?(2016/5/30)

アジアに広がる“変態の輪” 変態仮面・鈴木亮平、ついに台湾へ飛ぶ
アドトラックを停車させて撮影会までやっちゃう鈴木さんガチすぎる。(2016/5/30)

電子ブックレット:
デジタル化の中で浮沈を決めた“半導体設計の本質”
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。デジタル家電市場で、なぜ台湾のMediaTekは、名だたる競合半導体メーカーを蹴散らせたのか――今回は、この10年で大きな成長を遂げた同社の強さに迫ります。(2016/5/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。