ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマート家電」最新記事一覧

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
正しい歯磨きが楽しく身につくスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」
スマート家電の可能性を語る上で「ヘルスケア」分野の製品を検証しないわけにはいかない。ということで、今回は日本を代表するオーラルケアブランドのサンスターから発売された“スマート歯ブラシ”「G・U・M PLAY」(ガム プレイ)に体当たりしてみよう。(2016/5/27)

キルヒアイスの声でしゃべるロボット掃除機「COCOROBO わが友Ver.」商品化! ニッセンが発売へ
ニッセン×銀英伝コラボ最後の商品。(2016/5/20)

「ラインハルトさま、掃除機を手にお入れください」――しゃべる掃除機「COCOROBO」、銀英伝・キルヒアイス仕様を開発中
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「銀河英雄伝説」のキルヒアイスコラボモデルを開発中。詳細は今後明らかになるようだ。(2016/5/20)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
スマート家電の“究極のハンズフリー”コントローラー? Netatmoの「Welcome」に迫る
IoTの時代を迎え、セキュリティ用ネットワークカメラも進化を遂げている。今回はフランスのフランスのイノベーター集団が開発した「Welcome」をピックアップ。顔認識を活用して家族のプライバシーを守りつつ、アプリの追加などでスマート家電をコントロールすることも可能だ。(2016/5/13)

Samsungのスマート冷蔵庫に見る「データと引き換えに何かを得る」時代とは?
スマート家電はさまざまな分野でスマホの普及とともに進化を遂げてきた。そして今、新しいビジネスの形が生まれようとしている。(2016/4/18)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
新しいiPad Proと“使い放題”の格安SIM、動画配信でどこまで使える?
モバイル環境でオーディオ・ビジュアルコンテンツをバリバリ視聴してみたい。というわけで、新しいiPad Pro 9.7インチとデータ通信“使い放題”の「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」で「Netflix」や「dTV」「AWA」を使ってみよう。今回は体当たり。(2016/4/15)

しゃべるし歌うし踊る! とにかくかわいいロボット携帯電話「RoBoHoN」と遊んできた
通話もメールもネット検索もできるシャープのロボット携帯電話「RoBoHoN」、一足早く触ってきました。……とにかく、かわいいです。(2016/4/14)

Alphabet傘下のNest、買収したRevolvのスマートホームサービスをディスコンに
Nest Labsが、Googleに買収された後買収したスマートホーム企業Revolvのサービスを5月15日に終了するとWebサイトで告知した。300ドル相当のサービスがまったく使えなくなり、移行方法も提示されていない。(2016/4/5)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
目指したのは“スマホ画面”に依存しないコミュニケーション――ソニーモバイル「Xperia Ear」に迫る
「MWC 2016」で発表されたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Smart Products」。同社が考えるスマート家電の在り方、そして夏の商品化が決まっている「Xperia Ear」など新コンセプト商品群の展開に迫った。(2016/4/1)

最新面白ガジェットが続々登場:
新しい「ものづくり」ができるプラットフォーム ソフトバンク「+Style」の狙い
ソフトバンクの新事業、「+Style」はコンセプト作りから流通までをサポートする新しいクラウドファンディングプラットフォームだ。ユーザーのフィードバックを積極的に取り入れる姿勢で、プロジェクト第一弾として29の製品がお披露目された。(2016/3/30)

面白いガジェットの製品化や販売を支援する「+Style」開設
ソフトバンクが、最先端のデジタルガジェットなどの商品企画の協力募集や資金調達、販売までをサポートするプラットフォーム「+Style」を開設した。国内外のユニークな製品を扱うサービスになる。(2016/3/30)

クラウド連携が提供する“新しい価値”とは?――「ダイソン ピュアクールリンク」の狙い
ダイソンが発売する「Dyson Pure Cool Link」(ダイソン ピュアクールリンク)は、無線LANでインターネットに接続し、同社のクラウドサービスと連携する空気清浄機能付き扇風機だ。その機能と利便性について、開発担当者に話を聞いた。(2016/3/30)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニーの「マルチファンクションライト」は「つながる家電のプラットフォーム」だ!
AVライター山本敦氏による新連載。初回は、今年ソニーが発表した「マルチファンクションライト」を取り上げる。シーリングライトにスピーカーやマイクなどさまざまな機能を持たせ、スマートフォンと連携する新しいデバイスだ。(2016/3/18)

危険な運転中のスマホいじり、IoTデバイスの力で解決 家の施錠や空調操作も
米国では運転中のスマホ操作による不注意が引き起こす事故が年々増加している。Kickestarterに登場した「スマートマウント」は、そんな問題を解決するかもしれないデバイスだ。(2016/3/18)

最も注意すべきはデータプライバシー
あなたの情報を集める“スマート家電”、ベンダーが陥る罠とは?
IoT(モノのインターネット)に接続する機器を視聴に投入したい企業は目先のビジネスチャンスに目がくらんで、簡単なトラップにあっさりとかかったりする。そんなみじめなことにならない3つのポイントを確認する。(2016/3/18)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
努力せずに女子力を上げる家電、収入を1.5倍にした冷蔵庫など――三菱電機のスゴい技術を見てきた
三菱電機が毎年開催している「研究開発成果披露会」が今年も開催された。今回はその中から、近未来の白物家電に直結しそう技術やコンセプト展示を中心に紹介していこう。(2016/2/25)

日本型セキュリティの現実と理想:
第15回 2016年に考えたい5つのセキュリティ課題(後編)
長年セキュリティマーケターとして、セキュリティのさまざまな事象の変化を見てきた。2016年に考えたいセキュリティ分野の課題から、今回は頭を悩ませることになりそうな3つの課題をピックアップする。(2016/1/28)

総合サービス開発にもいっそうの努力が必要:
IoT市場の本格化には価格面の改善に加え、セキュリティ面での「安心」が必要――アクセンチュア調べ
米アクセンチュアの調査によると、IoTデバイスの利用拡大を阻む理由として、価格の高さに加え、セキュリティ面の懸念が挙げられた。日本国内では、利便性への理解を促す取り組みが必要であることも明らかになった。(2016/1/20)

予約締め切り迫る! プレミアムなCOCOROBO <戦国BASARA 伊達政宗Ver.>体験イベント開催決定
戦国パーリーピーポーの方は是非。(2016/1/12)

ミカミ氏の限定ステッカーがもらえる!:
ロボット掃除機「COCOROBO」の体験イベント開催へ
シャープ製ロボット掃除機「COCOROBO」(RX-CLV3-N)を体験できるイベントが1月14日にニコニコ本社(東京都豊島区)で開催される。(2016/1/12)

Samsung、「Chromebook 3」をひっそり発表
Samsungは、ラスベガスで開催した製品発表会では紹介しなかったものの、GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の新モデルを2年ぶりに発表した。(2016/1/6)

帰宅する、父さん迎える、掃除ロボ
公開されたAPIを用いてロボット掃除機の新しい可能性を開拓するコンテスト(公式)でグランプリに輝いたのは、ロボットがまるでペットのように、家族の一員のように振る舞うアプリだった。(2015/12/22)

“ドコモ光”時代の新提案――「ウチスマ」から見る未来のスマートホーム
NTTドコモは、ドコモショップなどでスマートホームを体験できる「ウチスマ」コーナーの設置を進めている。光ブロードバンドを活用した生活がどのようなものなのかを知るために、その第1号店を訪ねた。(2015/12/22)

COCOROBO「戦国BASARA 伊達政宗ver.」予約受付開始
誰にもオレを止められねぇ!(予約を)(2015/12/19)

「まさかこの六爪でCleaningすることになるとはな」――しゃべる掃除機「COCOROBO」に「戦国BASARA 伊達政宗ver.」
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「戦国BASARA」とコラボ。伊達政宗の名セリフや日常会話を楽しめる。(2015/12/19)

カギをひねってネット通販、ヤフーが提供へ
ヤフーの“全てをつなげる”IoTプラットフォーム「myThings」が対応製品とサービスを拡大。ショッピングサイトの連携も開始され、「カギをひねるとコーヒーの補充を注文」といった利用方法が可能となる。(2015/12/17)

脆弱性ある古いlibupnpライブラリが使用のスマート家電、610万台に影響
「Portable SDK for UPnP Devices」(libupnp)というライブラリの脆弱性は2012年に修正されたにもかかわらず、古いバージョンを使い続けているアプリが多数存在するという。(2015/12/7)

英会話ロボット「Musio」2016年春、日本発売へ 専用教材やスマート家電との連携も
ヒノキでできたMusioも登場。(2015/11/18)

5分でわかる最新キーワード解説:
ロボットの新機軸「クラウドロボティクス」
クラウドの持つ計算能力と蓄積された知識をベースにロボットを制御し、多種多彩なサービスを実現するのが「クラウドロボティクス」だ。ロボットのマルチサービス化、低価格化の鍵になるかもしれません。(2015/10/28)

ダイソン、ロボット掃除機「360 Eye」を発売――専用アプリで仕事っぷりも分かる
ダイソンは、ロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」(スリーシックスティアイ)の販売を、世界に先駆けて日本で開始する。(2015/10/21)

製造マネジメントニュース:
IoTに関する意識調査、「理解している」人は1割
VSNは「IoT(Internet of Things)に関する意識調査」の結果を発表した。IoTを理解できているのは全体の11.1%で、IoTからイメージするのはスマートホームや家電だということが分かった。(2015/10/21)

スマートシティ最前線:
持続可能な次世代都市の構築
今後、新興国を中心に急速な都市化が想定されている。持続可能な都市の実現の鍵となるのは都市のインフラシステムであり、新興国でのスマートシティの建設の多くは、最新の技術を一括して活用することで大幅な後発者利益を享受できるであろう。本稿では最新のスマートシティの要素を基に議論を進める。(2015/10/20)

myThings:
「今日はトレーニングですね」シャープのエアコンが喋り出す
ヤフーのIoTプラットフォームアプリ「myThings」に開設される「ともだち家電チャンネル」にシャープの一部が対応。休日の朝にエアコンが“おはようございます。今日はトレーニングの日ですね”と話しかけてきたりする。(2015/10/2)

電力供給サービス:
HEMSでスマートメーター「Bルート」向けサービスを強化
東芝ライテックは電力会社のスマート電力量メーター情報発信サービス(Bルートサービス)に対応したホームゲートウェイを発売した。また同社のHEMSクラウドサービスでもBルートサービスに対応する「電力の見える化サービス」のリニューアルを行う。(2015/10/2)

医療機器ニュース:
パナソニックが介護関連事業を拡大、歩行支援ロボットなどを2016年度に投入
パナソニックは介護関連事業の売上高を、2014年度の280億円から2018年度に750億円、2025年度に2000億円まで成長させる方針だ。「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」で参考出品する歩行アシストロボットなども2016年度をめどに実用化/商品化する計画だ。(2015/9/28)

ロボット家電「COCOROBO<妹Ver.>」のイメージキャラクターココロボちゃん、カレンダーになる
支援は500円から。(2015/9/25)

目の付け所がSo SHARPだぜ……! 伊達政宗の声でお掃除してくれるBASARAコラボのCOCOROBOが爆誕
SHARP広報TwitterもLet's Party!(2015/9/20)

ママさん設計者が見た「コネクテッド・ハードウェア」:
「PSYCHO-PASSサイコパス」の特殊拳銃「ドミネーター」再現とIoT
人気アニメーション作品の特殊拳銃をリアル再現した家電ベンチャー CerevoにMONOistの連載筆者 藤崎淳子氏が突撃! 作品の大ファンでもあり、設計者でもある藤崎氏から見た家電ベンチャーの開発現場とは? 今日のデジタル家電とIoTについても考えてみた。(2015/9/15)

IFA 2015:
未来が現実に――IFAで見つけた“使える”スマート家電
肌にやさしいスマートシェーバー、会話がはずむ未来の食卓、有名人の化粧方法を教えてくれるパウダールーム、スマート炊飯器など。白物家電メーカーのブースでは、近未来の生活が垣間見える。(2015/9/7)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
スマート家電におけるセキュリティの正しい考え方
冷蔵庫から情報漏えいしたり、スパムを発信されたりと、スマート家電の危険性が度々話題になるが、セキュリティをどう考えたらよいのだろうか――。(2015/8/28)

エネルギー管理:
電力の使用量を見ながら家電を遠隔操作、スマートフォン1台で外出先でも
スマートフォンを使って外出先から自宅の家電機器を操作できるアプリが人気を集めている。家庭内に設置したHEMSと連携させれば、部屋別・機器別の電力使用量を確認しながら遠隔操作が可能になる。スマートフォンの画面には日別・月別の電気料金や太陽光発電の売電額も表示できる。(2015/8/20)

電力供給:
太陽光発電の遠隔監視、“見える化”と出力制御を一体に
2015年4月から一部電力会社の管轄内では太陽光発電設備を設置する際、パワーコンディショナーに遠隔制御機能の取り付けが義務化された。これを受けNTTスマイルエナジーは、同社の低圧向け太陽光発電設備の遠隔監視サービス「エコめがね」シリーズにおいて、出力制御に対応した新製品を発売する。(2015/7/30)

モノとWebをつなぐ開発支援プラットフォーム「myThings」、ヤフーが公開
IoT製品やサービスの開発に利用できるAPIを集約したプラットフォーム「myThings」をヤフーが公開。一般ユーザーが各種サービスを組み合わせて使えるスマホアプリもリリース。(2015/7/27)

IoT観測所(11):
Apple流の「網」が張られた家庭内IoT規格「Homekit」
Appleの「Homekit」は家庭内の対応デバイスをiOS端末から操作可能にするホームオートメーションシステムであり、「家庭内IoT」を実現する手法といえる。Appleならではの「網」があり、便利だが汎用性に乏しい一面もある。(2015/7/24)

Qualcommを理事会メンバーに迎えたThread:
Threadの仕様を公開、IoT規格の統合が加速へ
Thread Groupが、Threadの技術仕様を発表した。メンバー企業は仕様にアクセスして、Thread準拠の製品を開発できるようになる。さらに、AllSeen Allianceを主導するQualcommの子会社Qualcomm Technologiesを理事会メンバーに迎えた。IoT分野で切望されてきた“統一性”の実現が確実に近づいているようだ。(2015/7/21)

「Huawei Watch」の完成度はApple Watch以上?――Huaweiのウェアラブル戦略
スマートフォンやタブレットだけでなく、ウェアラブル製品も続々と投入しているHuawei。同社が掲げるウェアラブル分野における戦略とは? ドイツで開催された「Huawei Innovation Day」で、ウェアラブルを統括するYang Yong氏が語った。(2015/6/19)

「Apple Music」が日本でも始まる!?:
いよいよ開幕! 「WWDC 2015」最新のウワサを総おさらい
新しいOS X/iOS/WatchKit、定額制音楽ストリーミングサービス、新Apple TV……いったい何が発表される?(2015/6/8)

スマートホーム:
戦場はリビングルーム、音声アシスタントを巡る競争で日本勢に遅れ
いわゆる「スマートホーム」を目指す各社の取り組みで、AppleやGoogle、Microsoftなどが注目しているのが、音声コントロールだ。「Amazon Echo」や「Nest」「Homekit」などで欧米各社が実用化に向けて走り出す中、日本企業は出遅れているとの声がある。(2015/6/2)

PR:AQUOSスマートフォン最高峰モデル――「AQUOS ZETA SH-03G」で進化した4つのポイント
シャープのAQUOSスマートフォンが、また一歩、大きな進化を遂げた。「AQUOS ZETA SH-03G」は、3辺狭額縁のIGZO液晶ディスプレイを継承しつつ、カメラとエモパーが強化され、最新技術も惜しみなく盛り込んでいる。そんなSH-03Gの魅力を見ていこう。(2015/5/28)

オフトゥンで“セバスチャンと添い寝”とは シャープ「黒執事ココロボ体験会」が謎すぎて頭を横に振るレベル
シャープたるもの、この程度の驚きがなくてどうします。(2015/5/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。