ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会インフラ」最新記事一覧

国内サイバー犯罪動向:
標的型ランサムウェアが日本企業を襲う!? IIoTシステムを狙った攻撃にも注意
もはや製造業にとっても人ごとではないサイバー攻撃による脅威。現在、国内企業において注意すべき脅威は何か? 2016年11月までの最新の調査データを基に、トレンドマイクロが2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きについて解説した。(2017/1/19)

半径300メートルのIT:
便利な公衆無線LAN、犯罪者が狙うのはココ!
ネットの脅威は巧妙になる一方で、どんどん判別するのが難しくなっています。次々と出てくる新たな攻撃をかわす方法はあるのでしょうか。(2017/1/17)

新元号、各業界の対応は? 「カレンダー間に合わない」「ITシステムは……」
平成31年から新元号にする検討が始まったことを受け、元号を用いる業界や公的機関では対応を検討する動きが出てきている。(2017/1/12)

情報化施工:
ロボットに積める小型X線装置、インフラ非破壊検査を効率化
産業技術総合研究所と静岡大学はNEDOプロジェクトにおいて、バッテリーで駆動するロボットに搭載可能な、小型で軽量の高エネルギーX線非破壊検査装置を開発したと発表した。老朽化が進むインフラ点検の効率化が急務となる中、小型ロボットを活用した効率的なX線非破壊検査の実現に寄与する成果だという。(2017/1/12)

2020年までのCAGRは4.5%、SaaS型製品、UTM市場も拡大:
国内セキュリティ製品市場は2020年までに3359億円規模に拡大 IDC調査
IDCジャパンが国内情報セキュリティ製品における2020年までの市場予測を発表。2017年以降は、サイバー攻撃対策と個人情報保護対策への需要が増え、2020年までに3359億円規模に拡大すると予測される。(2017/1/6)

2017年の年頭所感:
注目はAI、IoT、デジタル変革、働き方改革――ITベンダー各社のトップメッセージ
2016年にIT業界で注目された新しい技術や変化は、2017年にどのような影響をもたらすのだろうか。ITベンダー各社トップのメッセージをダイジェストで紹介する。(2017/1/5)

人工知能、FinTech、プログラミング教育:
2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2016年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップします。それらの記事を大きく3つのトピックでまとめますので、これを読んで2016年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2016/12/26)

SIM通:
主要SNSが使い放題のLINEモバイル 他MVNOと違うところは?
LINEが、MVNO事業に参入してスタートさせた「LINEモバイル」。MVNOに今まで関心が無かった人からも注目を集めている。いったいどんな特徴や利用者メリットがあるのでしょうか?(2016/12/22)

矢野経済研究所 次世代型モニタリング 調査:
状態基準保全を実現するIoT活用の「次世代型モニタリング」が普及の段階へ
クラウドやビッグデータ、AIなどIoT関連技術を活用した遠隔監視ソリューションは既にテスト段階から普及段階へ進みつつある――。矢野経済研究所調べ。(2016/12/22)

情報化施工:
大林組がコンクリート施工管理に新CIMシステム、維持管理にもメリット
大林組はCIMを活用した「コンクリート施工管理システム」を開発した。施工管理の効率化に寄与できるだけでなく、3Dモデルに付与した施工記録などの属性情報を利用し、竣工後の維持管理にも活用できるシステムだ。(2016/12/21)

セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016レポート:
積雪を溶かす熱い講座で情報セキュリティを学んだ2日間
2016年11月5〜6日、札幌で「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016」が開催された。スマホゲームや法律、クラウド、ハードウェアなど、多角的な視点からサイバーセキュリティを考えるべく行われた講義の模様をレポートする。(2016/12/20)

「AmazonやGoogleに負けられない」──KDDI、2017年にドローン事業化へ ゼンリンらと提携
2017年のドローン実用化に向けて、KDDIとプロドローン、ゼンリンが事業提携。「ネットワーク」「ドローン機体」「3次元地図データ」を結集し、いち早く商用化を目指す。(2016/12/19)

ET2016:
IoT時代のセキュリティ実装、製造側は何を指針とすべきか
ET2016の特別講演に慶應義塾大学の徳田教授が登壇、「IoTの現状」と「IoTのセキュリティ課題」について語った。盛んに語られるIoTのセキュリティだが、IoTデバイスを製造する立場としては、何に留意すべきなのだろうか?(2016/12/19)

IoT化が先行する交通網の最新事例
「次のバスが来るのは何分後」から信じられないほどに進化した交通網のスマート化
街全域でIoTを活用して住民が快適に過ごすことができるようにする「スマートシティー」構想において、最初に始まるのが交通網のIT化だ。なぜ、交通網を優先するのかその理由を説明する。(2016/12/16)

高齢者は過去最の3461万人:
異業種参入相次ぐ介護ビジネス AIも戦力
介護事業への異業種参入が相次いでいる。人工知能(AI)技術や情報通信技術(ICT)などの進展を背景に、電機メーカーや警備会社など、異業種ならではの新しい視点が課題解決の糸口になるかもしれない。(2016/12/14)

セキュア技術でIoT普及を促進:
セキュアIoTの業界標準目指す、ARM Cortex-M
ARMは、チップからクラウドまでのIoTセキュリティを提供し、IoTシステム/機器の普及速度を加速させていく。(2016/12/5)

情報化施工:
加速するインフラ点検ロボット開発、NEDOが早期実用化へ
ダムや橋梁など国内のインフラの老朽化が課題となる中で、ロボットの活用による点検作業の効率化が注目されている。NEDOプロジェクトで橋梁近接目視点検支援ロボットの開発を進める、イクシスリサーチは神奈川県での実証に続き、新たに埼玉県内の橋梁での実証実験に着手する。こうした実証を重ね、早期の実用化を目指す。(2016/12/1)

製造マネジメントニュース:
新たなアーキテクチャを軸としてIoT事業の展開を加速
東芝は、新たなIoTアーキテクチャ「SPINEX」の提供を開始した。SPINEXを軸として、今後4年間で社会インフラ、エネルギー、ストレージデバイスの各領域でIoT事業の展開を加速する。(2016/11/17)

貴社は大丈夫?:
PR:なぜあのサービスは一向にパフォーマンス改善されないのか?
ECなどのWebサービスを利用する際、サイトが重くて離脱してしまった経験はないだろうか? サービス事業者側から見ると、これは大きなビジネス機会の損失になっているのは火を見るよりも明らかだ。そうした事態を招かないためにすべきこととは……。(2016/11/16)

特集:「人工知能」入門(6):
人間を超えた人工知能と共生し、日本が主導権を握るための最終戦略とは
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXSPO 2016」を開催。多くの講演の中から将棋棋士 羽生善治氏、東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏らが登壇した特別講演「人工知能は人を超えるか?」の内容を紹介する。(2016/11/15)

ARとウェアラブル端末で点検作業を支援 三菱電機が新技術
三菱電機が、インフラ設備の点検作業をARとウェアラブル端末を活用して支援する技術を開発。騒音が大きい環境でも記録できる音声認識と組み合わせ、ミスを防ぐ。(2016/11/8)

独自のメディアインテリジェンス技術を実装:
東芝、IoTアーキテクチャ「SPINEX」をリリース インフラ/エネルギー/ストレージデバイス領域で展開
東芝が企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するIoTアーキテクチャ「SPINEX」の提供を開始。市場規模の拡大が見込まれるIoT事業において、社会インフラ、エネルギー、ストレージデバイスの領域で加速する。(2016/11/2)

Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO:
日立、IoTプラットフォームを中心にデジタル化時代の製造、金融、流通、公共などの事例を紹介
日立製作所は2016年10月27〜28日、「Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO」を開催。IoTプラットフォーム「Lumada」やヒューマノイドロボット「EMIEW」、デジタル化時代の製造、金融、流通、公共などの事例を紹介した。(2016/11/1)

ダスト・コンソーシアム発表会:
IoTは、生産性向上と価値創出の1丁目1番地
リニアテクノロジーは、「第3回ダスト・コンソーシアム発表会」を開催した。IoT(モノのインターネット)が創り出す、新たな社会や産業の変化に関する基調講演や、最新の採用事例などが発表された。(2016/10/31)

日立、サイバー攻撃リスクをなくす「一方向中継セキュリティ」を開発
情報漏えいなどの危険性を排除できるといい、10月31日から提供する。(2016/10/28)

Over the AI ――AIの向こう側に:
困惑する人工知能 〜1秒間の演算の説明に100年かかる!?
コンピュータは、入力値から出力値に至る演算のプロセスを、順番通りに説明できます。ところが、「なぜ、その結果になったのか」と尋ねると、途端に説明できなくなってしまいます。困惑し、黙りこくったり、自分が行った演算を“言い訳”のごとく延々と説明したりと、迷走を始めるのです。(2016/10/28)

製造ITニュース:
アジャイル開発でIoT導入の早期立ち上げへ、KDDIが新サービスを開始
KDDIは、IoTを活用した取り組みの早期立ち上げを支援するクラウドサービス「KDDI IoTクラウド Creator」を発表。顧客のIoTビジネスにおけるシステムやアプリケーションの開発、構築、運用開始、改善作業を、アジャイル開発のフレームワークでサポートするサービスとなる。(2016/10/27)

「IoTで何から始めればいいのか分からない」を解決:
IoTビジネスのスモールスタート実現を支援、「KDDI IoT クラウド Creator」発表
KDDI アジャイル開発センターのスタッフが、顧客企業と共に「IoTビジネスのアイデア創出、開発、運用、改善」という一連のサイクルをサポート。IoTビジネスのスモールスタートとその後の改善・拡大を支援するという。(2016/10/26)

KDDI、法人向けIoTビジネスを強化 5年で1000億円規模視野に
KDDIはIoT(モノのインターネット)を活用したシステムやアプリケーションの開発から運用・改善までトータルでサポートする法人向けクラウドサービスを12月以降に提供する。(2016/10/26)

NECとGE、産業分野向けデジタル技術の展開で包括提携
NECのAI技術とGEの産業向けプラットフォーム「PREDIX」を組み合わせたソリューションを世界展開する。(2016/10/26)

IoT導入をフルサポート KDDIがアジャイル開発を取り入れた新サービス
KDDIが企業のIoTサービス活用をサポートする法人向け新サービスを開始。アジャイル開発で小規模から始められるのが特徴だ。(2016/10/26)

CODE BLUE 2016 Report:
18分で会社が作れる、エストニアのデジタル社会インフラ事情
情報セキュリティの国際会議「CODE BLUE 2016」では、電子政府化を推進するエストニアの取り組みが紹介された。利便性と安全性を両立するデジタル社会インフラとして注目されている。(2016/10/21)

情報化施工:
老朽化インフラ検査へのロボット活用、早期実用化へNEDOが実証
ダムや橋梁など国内のインフラの老朽化が課題となる中で、注目が集まっているのがロボットを活用による点検作業の効率化に注目が集まっている。NEDOはこうしたロボットの早期実用化に向け、神奈川県内で実証を開始する。(2016/10/21)

アールエスコンポーネンツ Peli Airシリーズ:
メンテナンス機器や精密機器の保管・運搬に最適な新しいペリカンケース
アールエスコンポーネンツは、高い堅牢性と防塵・防水性に優れた樹脂製ケース、「Peli Air 軽量ケース・シリーズ」の取り扱いを開始した。(2016/10/18)

電力供給サービス:
家電の使用状況から節電方法を提案、火災を防ぐコンセント清掃も提供
イオングループの家事支援サービス事業を手がけるカジタクと東京電力パワーグリッドは、電気代の節約診断やコンセント清掃付きのハウスクリーニングサービスを提供すると発表した。(2016/10/17)

2017年度の事業戦略を発表:
シスコは、ビジネスソリューション提供を具体的にどう進めるか
シスコシステムズ日本法人は、2016年10月12日に、同社の2017年度における事業戦略を発表し、この中で広義のソリューション提供活動を強化していくことを強調した。具体的にはどう進めようとしているのだろうか。(2016/10/13)

製造業IoT:
「つながり」が実現する超スマート社会、日立が目指す「Society 5.0」
10月7日まで開催されたCPS/IoT展「CEATEC JAPAN 2016」の基調講演で登壇した日立製作所 代表執行役 執行役社長兼CEOの東原敏昭氏は「業種を超えて超スマート社会の実現に取り組みたい」と述べた。(2016/10/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
新生CEATECでまだ家電を展示しているシャープだからできること
他の電機メーカーにできないことがあると思うんです。(2016/10/11)

エンプラ週末こぼれ話:
DDoS攻撃とサーバ管理者の戦いはすさまじい――15秒動画が話題に
目に見えないサイバー攻撃は実感しづらいのですが、DDoS攻撃のすさまじさとそれに対峙するサーバ管理者の大変さを視覚化したツイートが話題になっています。(2016/10/7)

NECのIoT基盤を確立、ソリューションの拡充も
NECは、IoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」を確立し、このIoT基盤を用いたIoTソリューション群も拡充すると発表した。(2016/9/30)

富士通、SI3社を本体に吸収 1万4000人のSEを再編
富士通システムズ・イースト、富士通システムズ・ウエスト、富士通ミッションクリティカルシスの3社を富士通本体に吸収合併する。(2016/9/29)

日本社会を支える制御技術が集約 日立の大みかはIoT戦略の重要拠点になるか?
今年4月1日、日立製作所は大規模な組織改編を行った。次世代に向けた新たな戦略を遂行するためである。その中心となるビジネス拠点の1つが、茨城県日立市にある大みか事業所だ。現地を取材した。(2016/9/27)

アナリストオピニオン:
「あなたは見られている!」ドライバモニタリングの裏側でひそかに進む自動運転時代のビジネスモデル
今回は、自動車産業の将来を見据えつつ、自動運転時代を目前に控えて大きく変貌しようとしている車載HMIについて考察する。(2016/9/27)

FM:
インフラ検査に力、壁面や天井に張り付いて検査できる自走式ドローン
産業用ドローンを展開するプロドローンは、社会インフラ検査市場向けに水平面でも垂直面で壁面調査が可能な、自走式張り付き型ドローンを開発した。(2016/9/26)

電通国際情報サービス:
IoTベンチャーと提携、製造業/社会インフラ領域におけるIoT事業の強化へ
電通国際情報サービス(ISID)は、製造業や社会インフラ領域におけるIoT事業強化のため、XSHELLと資本・業務提携を行った。(2016/9/26)

石川温のスマホ業界新聞:
JR東日本「すべてのiPhoneにFeliCa搭載」をアップルと継続交渉へ――KDDI・田中社長とJR東日本・小縣副会長がツーショットで登場
FeliCa搭載が話題となっている「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」だが、それは日本向けモデルに限られる。Appleの発表会直後、囲み取材に応じたJR東日本の小縣方樹副会長は、全てのiPhoneへのFeliCa搭載を引き続き働きかけることを表明した。(2016/9/16)

操縦/撮影から、クラウドへのデータ蓄積、業務システム連携まで:
ドローン活用をビジネスへ組み込む「ドローン運用統合管理サービス」、日立システムズが開始
日立システムズは「ドローン運用統合管理サービス」の販売を開始する。ドローンの操縦や撮影の代行から、クラウドへのデータ保管/加工/分析、業種別データ活用まで、ドローン活用を軸にした運用と業務システムとの連携サービスを統合して提供する。(2016/9/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 7」日本特別モデルは必然の進化
マリオにポケモン、FeliCa、Suicaと日本向けのアップデートが目立った「iPhone 7」と「Apple Watch Series 2」の発表会。この進化の意味するところは?(2016/9/9)

電力供給サービス:
電力設備はドローンで守れ、保全員に代わり巡視・点検
東芝とアルパインは産業用ドローンによる電力インフラの巡視・点検サービス分野において提携することを発表した。(2016/9/7)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(1):
若手が知らないメインフレームと銀行系システムの歴史&基礎知識
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。初回は、メインフレームと銀行系システムの歴史と基礎知識についてです。(2016/9/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。