ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スパイウェア」最新記事一覧

意図しないプロセスによりユーザーの行動を監視し、その情報を第3者に送信するソフトウェアの総称。
スパイウェア − @ITセキュリティ用語事典

質問!スパイウェア対策→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でスパイウェア対策関連の質問をチェック

企業へのスパイ活動に使われる恐れも:
Apple、iOSの脆弱性を修正 iPhoneを遠隔で脱獄させる標的型攻撃が発覚
iOSの未知の脆弱性を突くスパイウェアが存在し、人権活動家の行動を監視する目的で使われていたことが分かった。iPhoneを遠隔で脱獄させる手口が、実際の標的型攻撃に使われた事例が確認されたのは初めて。企業に対するスパイ活動にも使われる恐れがある。(2016/8/26)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
電子機器に潜むスパイウェア騒動から身の安全を考える
2015年に入って一部のコンシューマー製品で多くのユーザーがあまり好ましくないと感じるソフトウェアの混入騒動が起きた。こうした出来事から何を考えるべきなのだろうか。(2015/10/16)

Hacking Teamのスパイウェア、ジェイルブレイクされていないiPhoneにも感染
イタリアのスパイウェア販売会社Hacking Teamがハッキングされたことにより、ジェイルブレイクされていないiPhoneでも同社のスパイウェアに感染することが確認された。(2015/7/22)

政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
Windows向けのオープンソースツール「Detekt」は、各国の政府機関が市民監視に使っているスパイウェアを検出できるという。(2014/11/21)

「警告!!!」「スパイウェアが検出されました」 こうした"悪質"バナー広告は違法か? 消費者庁に聞いてみた
現状では法律の抜け穴となっており、取り締まるのはなかなか難しいようです……。(2014/2/21)

キヤノンITS、マルチプラットフォーム対応の法人向けセキュリティ製品を発売
Android対応製品を追加した総合セキュリティ製品の「ESET Endpoint Protection Advanced」と、ウイルス/スパイウェア対策の「ESET Endpoint Protection Standard」を新たに発売する。(2013/6/17)

Macを狙う標的型スパイウェア出現、正規のApple Developer IDを利用
このマルウェアは感染先のMacにバックドアを開いて攻撃側のサーバに接続し、画面のスクリーンショットを収集するなどの機能を持つ。(2013/5/23)

Ubuntu側は「FUD」と反論:
Ubuntuはスパイウェア? リチャード・ストールマン氏がAmazon検索統合を非難
GNUプロジェクトの創始者であるリチャード・M・ストールマン氏が、米Amazonの検索結果を取り入れたUbuntuを「Ubuntuスパイウェア」と呼んで非難している。(2012/12/10)

ホワイトペーパー:
再考する、2011年メールセキュリティシステム5つの課題
企業にウイルス/スパイウェア、スパム等、メールセキュリティ対策がある程度浸透した2011年の新たな課題とは。(2012/2/13)

Android向けウイルス・スパイウェア対策ソフトのモニター版、期間限定で無償配布
キヤノンITソリューションズは、Android向けウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET Mobile Security for Android」のモニター版プログラムを7月25日までの期間限定で無償提供する。ダウンロードは6月30日まで。(2012/1/13)

Macから情報を盗む新手のマルウェア、CPUを消費し仮想通貨の生成も
「DevilRobber」はトロイの木馬、バックドア、スパイウェアなどの機能を併せ持ち、感染したMacから情報を盗み出すほか、CPUとGPUを使って「Bitcoinマイニング」を実行する。(2011/11/1)

「カレログ」新バージョンはスパイウェア認定を留保 McAfeeは懸念伝える
Androidアプリ「カレログ」について、同アプリをスパイウェアと認定したMcAfeeは、バージョンアップ版についてはスパイウェア認定を見送った。ただ、開発元には懸念点を伝えたという。(2011/9/9)

「カレログ」、アプリ更新でスパイウェア認定解除 McAfeeは懸念事項も指摘
McAfeeからスパイウェアと認定されていたアプリ「カレログ」が、バージョンアップで認定解除されたが、McAfeeはセキュリティ上の懸念事項があるとしている。(2011/9/9)

「カレログ」をMcAfeeがスパイウェア認定 「信頼できない人とデバイスを共有しないで」
「カレシの行動まるわかり」をうたったAndroidアプリ「カレログ」について、McAfeeが「Android/Logkare.A」というスパイウェアと認定。ウイルス対策ソフトに対応させた。(2011/9/5)

キヤノンITS、ウイルス対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス」をMac OSに対応
キヤノンITSのWindows用ウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス」が、12月1日から新たにMac OS Xにも対応する。(2011/8/10)

Android Marketにスパイウェア感染を狙うアプリ見つかる――Googleが対応
米国の研究者らによると、Android向けのアプリを販売する公式マーケットでマルウェアを仕込んだアプリが再び発見された。(2011/6/14)

Apple、Mac OS Xのアップデートで新たなスパイウェアの検出に対応
Mac OS Xのウイルス対策コンポーネント「XProtect」が更新され、ユーザー情報を収集するマルウェアを検出できるようになったという。(2011/3/25)

ウイルス・スパイウェア対策製品一覧
ユーザーが気が付かないうちにPCのバックグラウンドで個人情報搾取などの悪意を働くスパイウェアやウイルス対策に有効な製品を紹介する。(2011/2/17)

メールセキュリティ製品一覧
スパム対策、フィッシング対策、スパイウェア対策など、電子メールのセキュリティ対策に有効な製品・サービスを対策別に紹介する。(2010/9/22)

ねとらぼ:
「アルカイダのオンライン雑誌」は本物?
アルカイダのものとされるオンライン雑誌が米国メディアで話題になっているが、Mcafeeによると、アルカイダのものでない可能性があり、ウイルスやスパイウェアが組み込まれている恐れもあるという。(2010/7/14)

Mac狙いのスパイウェア出現、個人情報流出の恐れ
「OSX/OpinionSpy」は、Mac向けの無料アプリケーションやスクリーンセーバーを通じて感染する。(2010/6/3)

BlackBerryとiPhoneを狙うスパイウェア、BlackHatでソースコード公開
公開されたスパイウェアのソースコードに手を加えれば、新しいマルウェアを簡単に作成できてしまうとSophosが指摘した。(2010/2/10)

Windows TIPS:
Windows Vista/7でWindows Defenderを無効化する
Windows Vista/Windows 7には標準でスパイウェア対策のWindows Defenderがインストールされている。しかし通常、ウイルス対策ソフトウェアを別途インストールすると、Windows Defenderは不要になる。その場合はコントロール・パネルから無効化すればよい。(2010/1/8)

7割が新種のマルウェア:
2009年1Qは新規スパイウェアが急増――Panda調べ
Panda Securityによれば、2009年第1四半期の新種スパイウェア数は前四半期に比べて6倍以上に増えた。(2009/4/15)

悪いリンクの巣窟:
「類は友を呼ぶ」アダルトサイト
Websenseによると、アダルト関連サイトはスパイウェアサイトや危険なフリーウェアサイト、違法ドラッグサイトにリンクを貼っている割合が最も高かった。(2009/4/6)

専任管理者を置けない中小企業に最適:
PR:安心・充実のネットワークセキュリティを低コストで実現――「beat」が選ばれるわけ
迷惑メール、ウイルス、スパイウェア、不正アクセス、ネットワークを通じた情報漏えいなど、企業のネットワーク環境はさまざまな脅威に常にさらされている。専門のネットワーク/システム管理部門のある大企業はともかく、専任の管理者を置くのも難しい中小企業にとっては、セキュリティ対策はやらねばならないと分かっていても頭の痛い問題だ。そうした企業の悩みを一気に解決できるのが富士ゼロックスが提供する、セキュア ネットワーク アウトソーシングサービス「beat」だ。(2008/9/1)

9割が正規サイトを悪用:
マルウェア感染サイトが爆発的に増加
トロイの木馬やスパイウェアを配布しているWebサイトのうち、90%以上は企業などの正規サイトだった。(2008/7/24)

Webセキュリティを強化:
英Clearswift、スパイウェア対策でSunbeltと提携
メール/WebセキュリティのClearswiftはスパイウェア対策で米Sunbeltと提携した。(2008/6/24)

スパイウェア宣伝サイトで他人のマルウェアに感染
スパイウェア製品のホームページに不正コードが仕掛けられ、他人のrootkitインストールに利用されていた。(2008/4/1)

PCを脅威から守る究極の対策は?:
さらに進化する脅威――知らずに感染! その手法と対策は
マルウェアやスパイウェアなどPCに対する新たな脅威は、日に日にその進化のスピードを上げていく。ユーザーはどのようにこれらへ立ち向かえばよいのだろうか。(2008/1/10)

スパイウェア絶滅します――セキュリティソフト装う偽ツールの亜種
マルウェアを発見・削除してくれるツールに見せかけてユーザーをだます悪質プログラムがまた出現した。(2007/12/28)

PCを脅威から守る究極の対策は?:
進化を続けるPCへの脅威
本連載は、マルウェアやスパイウェアなどPCに対する新たな脅威にどのように立ち向かっていくことができるのか、その方策を新しい技術や業界の取り組みから探る。一回目の今回は、進化のスピードを上げている脅威の具体例を知ることからスタートする。(2007/12/21)

MSの名をかたる偽スパイウェア対策ソフトに注意
“Microsoft AntiSpyware Center”を名乗るサイトは偽のリポートでユーザーを脅し、悪質ソフトの購入を仕向ける。(2007/10/12)

振る舞い検知などマルウェア対策機能を追加したアンチスパイウェア新版
ウェブルート・ソフトウェアは8月28日、アンチウイルス機能を搭載したスパイウェア対策専用ソフトの新バージョンを発売した。(2007/8/28)

NEWS
ウェブルート、「Webroot Spy Sweeper with AntiVirus」の新版を発売
スパイウェア対策とウイルス対策を兼ね備えたセキュリティソフトに、ゼロデイ保護機能に対応した振る舞い検知やメール添付ファイルスキャン機能などの新機能を追加(2007/8/28)

NEWS
ウェブルート、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合したセキュリティ対策ソリューション
ホスト侵入防止システムによるセキュリティ強化、ネットワーク展開の簡素化に対応(2007/8/21)

Symantecの対策ソフト、FileZillaやNASAツールをスパイウェアと誤認識
Symantecの定義ファイルが誤って「FileZilla」と「NASA World Wind」をスパイウェアと認識してしまう問題が発生した。(2007/7/17)

ホワイトペーパー:
Windows Vistaは本当にセキュリティが強化されたのか?
Microsoftは、Windows Vistaでセキュリティ上の問題点を多数改善したと発表している。そこで今回の調査では、既存のウイルスやワーム、スパイウェアなどのマリシャスコード(悪意のあるプログラム)に対して、Windows Vistaがどれだけ対策できているか検証した。(2007/6/29)

ジャングル、Winnyなども検知できるマルウェア対策ソフト「SGアンチマルウェア」
ジャングルは、同社製スパイウェア対策ソフト「SGアンチスパイ2」の後継製品「SGアンチマルウェア」を発売する。(2007/6/7)

母親がスパイウェアで息子を監視、ポルノ男との“デート”阻止
母親が15歳の息子のPCに仕掛けたキーロガーソフトで不審な関係に気付き、少年を食い物にしようとしていたポルノ男が逮捕された。(2007/6/1)

3台×3年使える5980円のスパイウェア/ウイルス対策ソフト「Spy Sweeper with AntiVirus」――ウェブルート
ウェブルート・ソフトウェアは、スパイウェア対策ソフト「Spy Sweeper」にウイルス対策機能を付加した「スパイ スウィーパー アンチウイルス プラス(Spy Sweeper with AntiVirus)」のパッケージ版を発売する。(2007/5/31)

NEWS
ウェブルート・ソフトウェア、スパイウェアとウイルスの双方を対策できるソフトを発売
ウェブルート・ソフトウェアが、スパイウェアおよびウイルス対策をワンパッケージで実現する「スパイ スウィーパー アンチウイルス プラス」を発売する。発売記念キャンペーンも実施。(2007/5/31)

Googleの「ごみウェア」はいらない――ユーザーに選択の自由を
GoogleがDell PCにスパイウェア的ソフトを仕込んでいるという話は記憶に新しい。新品PCに付いてくるこういうくずソフトを、ユーザーの手で選べるようにしてほしいものだ。(2007/5/29)

Googleは方向を誤った? Dell PCに潜む「スパイウェア的」ソフトに疑問の声
OpenDNS創業者によれば、Googleとの提携でDell製PCにインストールされているプログラムは正体不明で削除が極めて難しく、ユーザー体験を劇的に悪化させるという。(2007/5/24)

Column
スパイウェアとの戦いにUTMアプライアンスを活用する
悪質なスパイウェアとの戦いに勝つためには、デスクトップ用のスパイウェア対策プログラムだけでなく、ネットワークおよびワークグループの外辺部でスパイウェアを阻止するUTMアプライアンスが必要だ。(2007/5/17)

悪質ソフト配布サイトのプロバイダー公表――StopBadware.org
スパイウェア、詐欺ウェアといった悪質ソフト配布サイトをホスティングしているプロバイダー上位5社の社名が公表された。(2007/5/8)

「ユーザーインストール型」偽セキュリティサイトに要注意
スパイウェアをこっそりインストールするのではなく、ユーザーが自らインストールするよう巧みに誘導する。(2007/4/26)

企業の4割でマルウェア感染被害――Webroot報告書
マルウェアで損害を被った企業は43%。スパイウェアによる社外秘情報流出に見舞われた企業も26%に上った。(2007/3/29)

ゲーム装い危険なスパイウェア配布
Sunbelt Softwareによると、マルチプレーヤーゲームのOmertaを装って危険なスパイウェアがばら撒かれている。(2007/3/23)

「迷惑ソフトとは何か」、定義文書の完成版が公開
スパイウェア対策組織のAnti-Spyware Coalitionは、スパイウェアの見分け方について解説した文書を公開した。(2007/3/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。