ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Stratus Technologies」最新記事一覧

製造ITニュース:
産業用コンピュータと耐障害性ソフトウェアによるソリューションを提供
日立製作所、日立産業制御ソリューションズ、日本ストラタステクノロジーは、製造分野向けに、日立の産業用コンピュータと米ストラタステクノロジーの耐障害性ソフトウェアを組み合わせたソリューションを提供開始する。(2016/4/13)

ホワイトペーパー:
無停止仮想化ソフトウェア「Stratus Avance」を徹底検証!! ソフトウェアFTの機能と性能に迫る
標準IAサーバ2台と「Stratus Avanceソフトウェア」があれば、止まらない仮想化システム基盤を手に入れられる。低コストでシンプルな運用管理を実現する同製品のセットアップからフェイルオーバーテスト、パフォーマンスなど、検証試験結果を紹介する。(2015/1/13)

SteelSeries、握りやすい標準サイズのiOS向けワイヤレスゲームパッド
SteelSeriesは、iPad/iPhoneなどで利用可能なワイヤレスゲームパッド「SteelSeries Stratus XL Wireless Gaming Controller for iOS」を発表した。(2014/12/17)

Stratus Always-On World 2014 レポート:
PR:クラウドやIoTを支える高信頼基盤、実現の秘策はソフトウェアにあり!
モバイルやクラウドに代表される「第3のプラットフォーム」が台頭し、あらゆるモノがネットワークを介して接続する「Internet of Things(IoT)」の世界も目前に迫る。それらを支えるシステム基盤の“究極”の高信頼性を実現すべく、ストラタステクノロジーは「Software Defined Availability」構想を掲げる。この構想に基づく新フォールトレラント(FT)ソリューション「everRun Enterprise」が国内で初めて披露された。(2014/6/11)

Stratus、OpenStackに高可用性ソリューションを提供へ
OpenStack Foundationの企業スポンサーに参画し、クラウド基盤における可用性の向上に取り組む。(2014/5/20)

Maker's Voice:
IoTやクラウドの時代にこそ“無停止”が大事――StratusのダッソーCMO
無停止型ソリューションを手掛けるStratusは、従来のハードウェアに加えて新たにソフトウェベースのアプローチに本腰を入れる。同社のダッソーCMOに無停止型ソリューションの展開を聞いた。(2014/5/19)

ホワイトペーパーレビュー
医療情報のIT化の変遷が分かる3つのホワイトペーパー
IT導入により進む医療情報の電子化。これまでの変遷や電子カルテ導入のメリット、デメリット、最新トレンドなどを解説したホワイトペーパーを紹介する。(2014/4/24)

SteelSeries、iPad/iPhone向けの小型軽量Bluetoothゲームパッドを発売
SteelSeriesは、iOSデバイス向けとなるBluetooth対応ワイヤレスゲームパッド「SteelSeries Stratus Wireless Gaming Controller」を発売する。(2014/3/26)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
医療の未来を切り開くICT活用ガイド
これまで以上に質の高い医療サービスの提供、経営の効率化が求められている医療機関。それを支えるIT基盤にはクラウド/仮想化技術、地域医療連携、モバイル端末の有効利用など新たなトレンドが生まれている。(2014/1/20)

クラウドも無停止に、老舗ストラタスがOpenStackの高信頼化ソリューション
無停止型ソリューションの老舗、ストラタスが「Software Defined Availability」構想を発表、同社初となるクラウド向けソリューションを来年第2四半期に出荷することを明らかにした。同社のダッソーCMOは、「次の30年もわれわれは主流でありたい」と話した。(2013/11/13)

クラウド環境にソフトウェアベースの無停止ソリューション:
OpenStackに高信頼技術を、ストラタスがクラウド向け戦略
日本ストラタステクノロジーは2013年11月12日、クラウド環境向けに高信頼性/高可用性技術を提供していく方針を明らかにした。(2013/11/13)

NEWS
OpenStack連携で既存システムのクラウド移行を支援、ストラタス
日本ストラタステクノロジーが「Software Defined Availability」構想や同社初となるクラウド環境向けソフトウェアを発表。OpenStackベースの新製品の提供により、クラウド環境への移行も支援する。(2013/11/13)

Interop Tokyo 2013から見たSDNのいま:
夢から現実のソリューションへ
6月に開催された「Interop Tokyo 2013」では、昨年以上に充実したSDN関連のデモンストレーションが注目を集め、同時にOpenFlowの可用性や監視機能など、実導入に向けた課題も見えてきた。会場で見付けたほかのユニークな製品も交えながら、その模様を振り返る。(2013/7/5)

ホワイトペーパー:
トヨタ紡織東北の「かんばん方式」を支える「Pullsystem」と無停止型サーバ技術とは
「“絶対に止まらないシステム”を構築することが必須でした」――トヨタグループにおける自動車製造ラインの一翼を担うトヨタ紡織東北は、システム障害の発生確率を極限まで低減させることに成功した。(2013/5/17)

ACCESSとストラタスがSDNソリューションで協業
ACCESSと日本ストラタステクノロジーは、ネットワーク仮想化技術「SDN」を取り入れた堅牢なネットワークソリューションを共同提供する。(2013/4/17)

金融分野などはSDNの有望な市場:
一般企業へのSDN普及を視野に、ACCESSとストラタスが提携
ACCESSと日本ストラタステクノロジーは4月16日、SDNソリューションの共同展開で提携したと発表した。提携内容は3点。まず、ACCESSはストラタスの無停止型x86サーバ製品「ftServer」をコントローラのプラットフォームとして活用する。一方、ストラタスは同社のネットワークにACCESSのSDN製品を導入する。さらに両社は金融関連顧客などに対し、ftServerを活用したSDNソリューションを共同で販売していく、という。@ITでは両社に、今回の提携の狙いを聞いた。(2013/4/16)

日本ストラタステクノロジー Avanceソフトウェア徹底検証
システム停止を未然に防ぐ、無停止仮想化ソフトウェア「Stratus Avance」――その実力とは?
標準IAサーバ2台にインストールするだけでシステムを無停止運用できる「Stratus Avanceソフトウェア」。同製品のセットアップからフェイルオーバーテスト、パフォーマンスなど、本ソフトウェアの機能と性能を徹底検証した。(2013/2/20)

無停止運用と仮想化を同時に実現するソフトウェアFT
企業事例が実証する無停止運用システム構築のポイント ――高信頼性対策&低コスト両立の最適解とは
ビジネスアプリケーションのマネージドサービスを主に中小企業向けに低価格で提供するジェイテック。サービスの競争力と採算性を両立するため選んだのは日本ストラタステクノロジーの「Stratus Avanceソフトウェア」だった。(2013/2/8)

Stratus Uptime Summit 2012 レポート:
PR:ミッションクリティカルな業務を遂行する“止まらない”クラウド基盤とは?
日本ストラタステクノロジーは11月9日、企業のIT部門担当者やデータセンター事業者をはじめ、クラウドや仮想化システムの導入を検討する顧客に向けたカスタマーカンファレンス「Stratus Uptime Summit 2012」を開催した。同社が主力とする無停止型仮想基盤の有用性を含め、ITインフラのあるべき姿と、それを効率的に実現するための道筋が議論された。本稿ではその模様を、各セッションを通じてリポートする。(2012/11/30)

日本ストラタス、Xeon E5ファミリー搭載の「ftServer」3機種を発売
日本ストラタステクノロジーが無停止型サーバ製品の最新版を発売。全モデルでインテル「Xeonプロセッサ E5-2600シリーズ」を搭載し、処理性能を向上させたという。(2012/9/11)

日本ストラタステクノロジー「Stratus Avanceソフトウェア」
アプリケーションの無停止運用と仮想化を低コストで同時に実現するには
オープン系システムが企業ITの隅々まで浸透した今、IAサーバ上で動くアプリケーションの可用性はこれまで以上に重要性を増している。しかし、そのために無尽蔵にコストを掛けられるわけでもない。どうすればいいか。(2012/8/31)

日本ストラタス、無停止型仮想化ソフトの最新版を発売 対応サーバを追加
サポート対象範囲をインテル「Xeon E5-2600 シリーズ」搭載サーバにまで拡張し、より高いパフォーマンスの無停止型仮想化環境を構築できるようにしたという。(2012/7/26)

日本ストラタス、無停止型仮想化ソフトの監視ツールオプションを提供
無停止型仮想化ソフト「Stratus Avance ソフトウェア」の監視ツールオプション製品を日本ストラタスが発売。アプリケーション障害への予防的対処を可能とするという。(2012/7/18)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
適切なコストとリソースで実現する災害対策
TechTargetジャパンの読者調査では、災害対策のためのシステム強化を図る際の課題として、「適切な予算」「人的リソース確保」「管理工数やコスト削減」などが挙げられた。これらの課題解決を支援するコンテンツを集めた。(2012/7/18)

SCSK、IT運用管理の自動化サービスを提供
定型業務のワークフローを自動化することで、業務効率化やコスト削減が図れるとしている。(2012/1/30)

日本ストラタス、VMware vSphere 5対応の「ftServer」3機種を発売
日本ストラタスは無停止型サーバ「ftServer 2600/4500/6310」をVMware vSphere 5に対応させ、販売を開始した。(2012/1/11)

週間ゲームソフト販売ランキング:
「アイドルマスター2」売れてます
PSP「ファイナルファンタジー 零式」がランキングトップの2011年10月24日〜10月30日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。今週は新作率高し。(2011/11/4)

東京ゲームショウKONAMIブースからスペシャルステージやイベントを生中継
東京ゲームショウのKONAMIブースからステージや各コーナーの情報を配信。「戦律のストラタス スペシャルステージ」、小島秀夫氏の「Kojima Productions SPECIAL STAGE」などが予定されている。生放送の詳細なタイムテーブルは特設サイト(http://www.konami.jp/tgs/)に掲載。配信は9月18日10時45分〜9月18日16時45分。(2011/9/16)

東京ゲームショウKONAMIブースからスペシャルステージやイベントを生中継
東京ゲームショウのKONAMIブースからステージや各コーナーの情報を配信。「戦律のストラタス スペシャルステージ」、小島秀夫氏の「Kojima Productions SPECIAL STAGE」などが予定されている。生放送の詳細なタイムテーブルは特設サイト(http://www.konami.jp/tgs/)に掲載。配信は9月17日10時45分〜9月17日16時45分。(2011/9/16)

東京ゲームショウ・コナミブースのラインアップ紹介 「SILENT HILL:DOWNPOUR」最新プレイ映像も
「東京ゲームショウ」(9月15日〜18日、千葉県・幕張メッセ)より一足早く、コナミが自社ブースのラインアップを紹介するUstream番組。第2回目となる今回は、「戦律のストラタス」のステージ紹介のほか、「SILENT HILL:DOWNPOUR」の最新プレイ映像も公開する。出演者は戦律のストラタスの向峠慎吾プロデューサー、SILENT HILL:DOWNPOURの宣伝担当サイレントケンさん。司会はナレーターの森一丁さん。配信は9月6日21時0分〜。(2011/8/29)

プレイアブル出展多数! 明かされたTGS2011 KONAMIブースの詳細を一挙発表
KONAMI本社にて開催されたプレスカンファレンス。今年の東京ゲームショウ KONAMIブースにおける出展内容が発表された。出展タイトル数はなんと、34タイトルに上る。(2011/8/25)

レポート ITパフォーマンスイベント:
クラウド時代のITインフラに必要なソリューションとは?
6月29日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバホールにて、@IT編集部および@IT情報マネジメント編集部主催の「パフォーマンス最適化セミナー 仮想化・クラウド時代のビジネススピードを加速する」が開催された。当日はアマゾン データ サービス ジャパンの小島英揮氏による基調講演や、NTTデータの馬場達也氏による特別講演のほか、日本ベリサイン、ジュニパーネットワークス、NTTコミュニケーションズ、日本コンピュウェアによるセッションが行われた。(2011/8/3)

住商情報システム、日本ストラタスの無停止型仮想化製品を販売
住商情報システムは日本ストラタスとパートナー契約を結び、無停止型仮想化プラットフォーム「Stratus Avanceソフトウェア」を提供していく。(2011/5/11)

無停止型仮想化ソフトの最新版 日本ストラタス
保守メンテナンス時にBIOSやファームウェアの設定状況を自動修正する機能などを追加した最新版の無停止型仮想化ソフトを日本ストラタスが発表した。(2011/4/28)

ストラタスの保守サービスが最高評価 ITIC調査
米調査会社はサーバやハードウェアなどシステムの「信頼性」に関する調査レポートを発表した。(2011/4/20)

シーティーシー・エスピー「Stratus Avanceソフトウェア」
3分の1のコストでクラスタシステムを凌駕する可用性99.99%以上を実現
高価な製品、スキルの高い管理者を配置すれば高信頼性システムは構築できる。しかしそれを3分の1のコストで容易に構築できるとしたら?(2010/12/8)

ストラタス、ftServerの全モデルをHyper-Vに対応
ストラタスのftServerがHyper-Vに対応した。特にエントリーモデルのftServer2600で仮想化技術を使えるようになったことで、中堅・中小企業での導入が促進されそうだ。(2010/11/11)

無停止型サーバ「ftServerシリーズ」
クラウド時代に備え――シンプルな高信頼性システムの中核を担う無停止型サーバ
ERPやCRM、金融システムだけでなく、メールシステムやグループウェアも今や無停止という条件が掲げられようになった。仮想化技術の導入、クラウドシステムへの発展が進む中で注目されているのが無停止型サーバだ。(2010/4/26)

ストラタス、VMware vSphere 4対応のftServer最新モデルを発売
日本ストラタステクノロジーは、無停止型サーバ「ftServer」の最新機種となる「ftServer 4500」「ftServer 6300」を発売した。ヴイエムウェアの「VMware vSphere 4」に対応したのが特徴。(2010/3/26)

日本ストラタス、新社長にソリッドワークスの飯田氏が就任
日本ストラタステクノロジーの新社長にソリッドワークス・ジャパン代表取締役社長兼CEOの飯田晴祥氏が就任した。(2010/1/6)

ストラタス、高可用性の仮想化環境を構築するソフトウェアの新版を発表
日本ストラタスは、Citrix XenServerをベースに、高可用性の仮想化環境を安価に構築するソフトウェアの新版を発表した。(2009/6/10)

日本法人を設立:
Cloudmark、日本代表に元センドメールの小島氏を起用
米Cloudmarkは、日本法人設立に向けて代表者に元センドメール社長の小島國照氏を起用した。(2009/1/6)

日本ストラタス、高可用性を持つ仮想化環境を安価に実現するソフトウェアを発表
高可用性を持つftサーバの提供で実績のある日本ストラタスが、Citrix XenServerをベースに高い可用性を安価に提供するHAソフトウェア「Stratus Avance Software」の販売を開始した。(2008/10/8)

VMwareを活用した廉価なDRソリューション ストラタスなどが発表
低価格でシンプルな運用ができるディザスタリカバリソリューションをストラタスやファルコンストアが提供する。(2008/5/13)

NEWS
沖電気、無停止システムを採用したサーバ監視アプライアンスを発売
サーバ50台までの中小規模システムの常時監視を実現するオールインワン型監視アプライアンス「DressUP Cockpit FT」を発売する。(2008/2/28)

CTCが仮想化事業を強化 2サービスを新たに提供
VMwareとパートナー契約を結ぶなど仮想化ビジネスに注力するCTCは、「FX Pool」「NV Pool」の2つのサービスを発表した。(2008/1/28)

日本ストラタス、VMware Infrastructure 3をサポートしたftServerを発表
日本ストラタスは、VMware Infrastructure 3をサポートした「ftServer 6200」および「ftServer 4400」を発表した。ワンストップのサポートサービスなども提供する。(2008/1/24)

日米CEO プレスイベント:
ソリッドワークスは、まだまだ満足していない
(2007/9/27)

ストラタス、第4世代無停止型サーバを2機種発表
日本ストラタステクノロジーは、Xeon5100番台を搭載する第4世代無停止型サーバのミッドレンジおよびローエンドモデルを発表した。(2007/9/6)

NEWS
NEC、クアッドコア インテル Xeonプロセッサ搭載の無停止型サーバを発売
Express5800/ftサーバ初となる、Red Hat Enterprise Linux 4サポートモデル(2007/7/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。