ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スズキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スズキ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スズキ「スーパーキャリー」にスズキ「バンディット」のエンジンを移植!? スズキ愛の終着点とも言える魔改造マシンが海外で話題に
これがスズキストの境地か。(2019/1/19)

オートモーティブワールド2019:
トポロジー最適化で衝突安全性能や車体剛性を向上、JFEスチールの取り組み
JFEスチールは「第9回 クルマの軽量化技術展」(2019年1月16〜18日、東京ビッグサイト)において、スズキや三菱自動車に提供したトポロジー最適化技術を披露した。スズキ「スイフトスポーツ」、三菱自動車「アウトランダーPHEV S Edition」「エクスパンダー」「エクリプスクロス」に採用されている。(2019/1/17)

タイヤでかすぎ、ベンツに和室にレンジローバー 「魔改造ジムニー」オートサロンに集結
ジムニーの改造ベース車っぷりは日本一ぃぃぃ。(2019/1/16)

車両デザイン:
自動車の内装デザイナーが3Dプリンタで1kgの価値を創造、JAID「1kg展」開幕
国内自動車メーカーのインテリアデザイナーやCMF(色、素材、加工)デザイナーが参画するJAID(ジャイド)が、2019年1月12〜25日の2週間、東京都内で3Dプリント作品の展示会「1kg展」を開催中だ。(2019/1/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京オートサロンで友山副社長が語ったエモーション
先週開催された「東京オートサロン2019」。初日の朝一番に行われたプレスカンファレンスでマイクを握ったのは、トヨタ自動車の友山茂樹副社長だ。GRカンパニー率いる友山氏が語ったこととは……?(2019/1/15)

東京オートサロン2019:
きれいなお姉さんとカッコいいクルマたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」開幕
2019年もやってきましたぁぁぁ。開催は1月13日まで。(2019/1/11)

MONOist 2019年展望:
2019年も検査不正は続くのか――モノづくりのプライドを調査報告書から学べ
2018年に不適切検査を公表した企業は原因がどこにあると考え、どのようにして再発を防止するのか。その答えは各社の調査報告書でたどることができる。本稿では、不正を犯す現場がどのような状況にあるのか、そして不正のない現場で今後不正を出さないためにできることを検討する。(2019/1/11)

軽自動車が上位独占:
2018年新車販売「N-BOX」が2年連続トップ 登録車は「ノート」が初の首位
2018年の国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2年連続のトップ。上位を軽自動車が独占した。軽を除く登録車では、日産自動車「ノート」が初の首位だった。(2019/1/10)

IHS Future Mobility Insight(10):
世界自動車市場前年割れの衝撃、成長鈍化が前提の生き残り策に舵を切れ
完成車の不適切検査をはじめ品質問題がクローズアップされた2018年の国内自動車市場だが、グローバル市場では2018年後半から2019年にかけて大きな地殻変動が起こりつつある。今回は、自動車市場にとって大きな潮目となるであろう2019年以降の展望として、グローバルの自動車生産動向と販売動向に基づく分析をお送りする。(2019/1/10)

これ売ってくれぇぇ! ワイルドかわいい「ピックアップトラックのジムニー」爆誕 スズキやるな
これは1980年代の「T○Y○TA」?(2019/1/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
見違えるほどのクラウン、吠える豊田章男自工会会長
2018年の「週刊モータージャーナル」の記事本数は62本。アクセスランキングトップ10になったのは何か? さらにトップ3を抜粋して解説を加える。(2019/1/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2018年に乗ったクルマ トヨタの「責任」とスズキの「義務」
この1年間に試乗したクルマで、特筆すべきクルマが6台ある。今回はトヨタのクラウン、カローラ・スポーツと、スズキのジムニーについて言及する。(2018/12/31)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(2):
「速いマシンは美しい!」と何度でも言おう
お待たせ! 恒例企画。車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」。2018年も楽しくレポートします! さて第2回はどの大学が登場するでしょうか。(2018/12/28)

こ、これ「シャレード デ・トマソ」じゃねーかぁぁ! ダイハツの「往年の名車」オートサロンで復活
これはいいおじさんほいほい。ミクさん仕様の「ムーブ キャンバス」などもあるよ。(2018/12/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2018年に乗った特筆すべき日本のクルマ(前編)
2018年もいろいろなクルマの試乗会に行った。もちろん全ての試乗会に呼ばれるわけではないので、あくまでも筆者が試乗した範囲で「特筆すべきクルマ」について振り返りたい。前後編で6台の日本のクルマを紹介する。(2018/12/25)

スペーシアがSUVテイストに進化:
スズキ「スペーシア ギア」発売 メタリック塗装、はっ水シート、スライドドア採用
スズキが軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売。税込価格は161万4600円〜181万3320円。外装にメタリック塗装を採用したほか、はっ水シートやスライドドアを搭載し、アウトドアに適した仕様とした。(2018/12/20)

「爆音サウンド(!?)」奏でる電動バイク爆誕 台湾キムコの電動スーパースポーツ「SuperNEX」がすげぇ
「電動車の静けさはシラケる。ワイのバイクはこうや」 この考え方、好き。(2018/12/15)

鮮やかな外装、落ち着いた内装:
スズキ、軽乗用車「アルト」「アルト ワークス」仕様変更 新色設定、安全性向上
スズキが「アルト」「アルト ワークス」を一部仕様変更し、発売。「アルト」の内装色を変更したほか、「アルト ワークス」に新車体色を設定。予防安全技術も充実させた。(2018/12/13)

内外装を落ち着いたデザインに:
スズキの軽乗用車「アルトラパン」に“オトナな”特別仕様車 シックな印象の「モード」登場
スズキが、軽乗用車「アルトラパン」の内外装を変更した特別仕様車「モード」を発売。税込価格は135万3240円〜145万2600円。シックで大人な印象を与える、落ち着いたデザインを採用した。(2018/12/6)

12月21日発売:
スズキ、SUV「エスクード」仕様変更 デザイン刷新、ACCなど標準搭載
スズキがコンパクトSUV「エスクード」の一部仕様を変更。価格(税込)は265万8960円で、12月21日に発売予定。上質なデザインに一新し、全車速追従機能付きのACCなどを標準装備して安全性を高めた。(2018/12/3)

安全システム:
夜間の歩行者対応自動ブレーキ、「カローラスポーツ」「N-VAN」がJNCAP満点
国土交通省は2018年11月29日、「平成30年度前期自動車アセスメント」の評価結果を発表した。今回から新たに「対歩行者被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が評価対象に加わった。この2つの新項目において、トヨタ自動車の「カローラスポーツ」は満点を獲得した。(2018/11/30)

ごちうさレクサスにリトバスジムニーも! 静岡「富士山コスプレ世界大会」に集結した痛車を撮ってきたよ
ラブライブの痛車も多かったです(2018/12/1)

下り坂は4WDが負ける!? 雪が積もった坂道を2WDと4WDを走らせて比較したデータが意外な結果に
四駆の力を過信してはいけない。(2018/11/26)

スーパーカーから“やべー珍車”まで! 見ているだけでワクワク「お台場旧車天国2018」がすごかった
ポインター、キカイダー、デロリアン、ヨンフォア、金田バイクまで! さまざまなジャンルの旧車・名車・珍車が約700台も大集合していました。(2018/11/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
MaaSと地方交通の未来
地方課題の1つに高齢者などの移動手段をどうするかという話題がある。そうした中で、MaaSやCASEが注目されているが、事はそう簡単に進まないのではないだろうか。(2018/11/19)

「モコ」などOEM車種も:
スズキ、「ワゴンR」「アルト」など約78万台リコール エンジン停止などの恐れ
スズキが「ワゴンR」「アルト」「スイフト」など計約78万台をリコール。操舵力の増大やエンジン停止が起きる恐れがあるため。「モコ」などOEM車種も含まれる。(2018/11/15)

モノアイデザインのすごいヤツ スズキのモンスターバイク「GSX-R1000」に2019年モデル
クラッチ操作なしに機敏チェンジできる「クイックシフター」が標準装備に。(2018/11/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ジムニー 評判通りの楽しさ
スズキのジムニーは存在そのものが人を楽しくするクルマだ。その新型を1週間試乗してみた。実は走り出してすぐの印象はそう良くもなかったのだが……(2018/11/12)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
今の私になくてはならない、風変わりな天才のN先生
天才と変人は紙一重というけれど、まさにこの人はぴったり当てはまる。私がお世話になっている漢方医のN先生だ。とにかく面白い先生がいるからと、友人に紹介されて、いざ出会ってみると……。(2018/11/8)

27年にはリニア開通:
18年版「働きたい街」ランキング東海編 2位は静岡「都会と田舎のバランスがいい」 1位は……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に東海エリアで働きたい街について調査した結果、2位は「静岡」で130点だった。1位は……(2018/11/7)

日本は約70万台に:
スズキ、19年3月期利益予想を増額 四輪・二輪販売を上方修正
スズキが19年3月期の連結営業利益を上方修正。前期比6.5%減の3500億円となる見通し。従来予想から100億円上乗せする。(2018/11/1)

渋っ! トライアンフ、ネオレトロな新型車「スクランブラー 1200」を発表 装備最新のオールドオフロード味
万能仕様の「XC」、オフロード寄りの「XE」の2モデルを展開。(2018/11/1)

【マンガ】「ピーナッツは、本当はナッツじゃない」って知ってた?
ややこしい。(2018/10/30)

スピン経済の歩き方:
数の帳尻合わせが、日本のお家芸になってしまう根本的な原因
また、同じようなニュースで企業が揺れている。油圧機器メーカー「KYB」が、オイルダンパーの検査データを改ざんしていたのである。この1年を振り返ってみても、そうそうたる名門企業でデータ改ざん問題が起きているが、なぜ同じようなことが繰り返されるのか。その背景には……。(2018/10/23)

CEATEC 2018:
トヨタのカーナビからLINEを送れる、オープンソースのSDL対応カーナビを日本投入
トヨタ自動車とLINEは2018年10月15日、千葉市内で記者説明会を開き、LINEの各種サービスに対応したディーラー装着用車載情報機器(カーナビ)を同年12月から日本で発売すると発表した。ライン装着用では2019年夏以降、一部改良などの機会にさまざまな車種でSDL対応カーナビを設定する。(2018/10/16)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(1):
豪雨の学生フォーミュラ2018で思った、「ここが変だよ! 日本の就活」
お待たせ! 恒例企画。車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」。2018年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。あと……、今の日本企業の新卒採用に、関がモノ申す!!(2018/10/10)

「20年前、孫社長の誘いを断った」 豊田社長が語る、トヨタがソフトバンクと手を組んだ理由
トヨタとソフトバンクの共同出資による新会社の発表会で、トヨタの豊田社長がソフトバンクグループの孫社長との出会いと、提携に至った理由を話した。(2018/10/5)

何だこのうれしいおじさんホイホイはぁぁぁ! スズキの伝説バイク「KATANA(カタナ)」が新型車で復活
2019年春に発売予定。【写真27枚】(2018/10/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「スバル日産スズキと同じことが起きますよ」と偉い人を動かすチャンス
それで聞く耳を持たないようなら危機感がなさすぎる。(2018/10/3)

2代目ファン必見! スズキ「ジムニー」2ストエンジン搭載モデル「SJ30」がミニカー化、カプセルトイとして登場
あのエンジン音、脳内再生余裕です。(2018/9/29)

製造マネジメントニュース:
全てデータ調べたはずが残っていた、国交省がスズキに遺憾の意
国土交通省は2018年9月26日、スズキに対し、完成検査に関する不適切事案の徹底調査と、再発防止策の策定を自動車局長名で指示した。同年8月末の国土交通省の立ち入り検査を踏まえてスズキが改めて社内調査を実施したところ、新たに482台のトレースエラーがあったことが判明した。測定値や試験条件の書き換えや、データが残っていないと説明した二輪車についてもトレースエラーが見つかった。(2018/9/27)

新型ジムニーやスイスポ、カプチーノも! スズキ車デザインのハンコに新モデル登場、全11車種をラインアップ
あなたの愛車や思い出のクルマもあるかも?(2018/9/25)

自動運転技術:
自動車メーカーら10社、合計80台で自動運転の公道実証
日本自動車工業会は2018年9月20日、自動車メーカーら10社、合計80台が参加する自動運転車の公道実証実験を行うと発表した。期間は2020年7月6日〜12日の7日間で、羽田空港周辺や臨海副都心地域において公道実証を実施する。(2018/9/21)

5.8カ月分の賞与支給:
「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?
自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はブリヂストンの660万円だった。1位は……?(2018/9/19)

学生フォーミュラ2018:
学生フォーミュラ2018、前例のない事態の中で阪大が優勝、海外の大学が健闘
自動車技術会は2018年9月4〜8日、静岡県袋井市・掛川市内の小笠原総合運動公園(通称「エコパ」)で「第16回 全日本学生フォーミュラ大会」(以下、学生フォーミュラ)を開催した。今回もガソリン車(ICV)と電気自動車(EV)の2部門を設置し、実施した。今回の参加総数は98チーム(国内64チーム・海外17チーム)。今回の総合優勝は大阪大学。(2018/9/10)

【マンガ】「カジキマグロはマグロじゃない」って知ってた?
ややこしい。(2018/9/11)

今後はインドなどに:
スズキ、中国自動車生産から撤退 重慶長安汽車との合弁事業解消
スズキは4日、中国の自動車大手、重慶長安汽車(重慶)との合弁事業を解消すると発表した。販売不振が続く中国で自動車の生産から撤退し、輸入販売もやめる。高いシェアを持つ成長市場のインドなどに経営資源を集中する方針。中国ではライセンス供与に切り替え、重慶長安汽車グループが「スズキ」ブランドの車を生産・販売する。(2018/9/6)

IHS Future Mobility Insight(7):
100年に一度の変革期、国内自動車ディーラーの進むべき道は
自動車を購入するためには行かなければならないのが自動車ディーラー(販売店)だ。しかし、国内の自動車ディーラーにとってこれまで常識だったことも、「100年に一度の変革期」が訪れている自動車市場そのものと同様に大きく変化しつつある。(2018/9/3)

自動車株、6社大幅安 貿易摩擦が重し 打開策打ち出せず
米中貿易摩擦が泥沼化してきたことで、トランプ米政権が検討している日本などからの輸入車に対する関税の大幅引き上げも現実味を帯びてきた。東京株式市場では、米政権の追加関税検討開始以降、上場乗用車メーカー7社中、米国で販売する6社の株価が大幅安となっている。各社が有効な対応策を打ち出せるかは不透明で、先行きへの不安が日本経済を支える自動車産業の成長期待を押し下げている格好だ。(2018/8/28)

キャリアニュース:
信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社
リスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。(2018/8/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。