ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スイス」最新記事一覧

NB-IoT対応モジュールも:
IoTと自動車分野で積極投資――u-blox
順調に売上高を伸ばすスイスu-blox。成長を後押しするのはIoT(モノのインターネット)と自動車だ。IoT向けでは、標準化が最終段階にあるセルラーIoT規格NB(Narrow Band)-IoT対応モジュールを「世界で初めて」(同社)発表するなど、積極的に製品を展開している。(2016/7/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「世界最長鉄道トンネル」も開通 憲法でトラック制限するスイスに学ぶ
私は時々「我が国は物流に関して信念を持ち、思い切った施策を実施すべきだ」と主張している。今回は、国土環境を守るという信念の下で、憲法でトラック輸送増加を禁じたスイスを参考に「信念」や「思い切った施策」について考える。(2016/6/24)

スイスに機械学習研究センターを創設:
Googleの全製品にAIを組み込みたい――同社CEO
Googleが人工知能(AI)への取り組みを深めている。同社は2016年6月16日(米国時間)、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習研究センター「Google Research Europe」を開設したと発表した。(2016/6/21)

Google、スイスに機械学習研究拠点 人工知能や自然言語理解に取り組む
Googleが、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習(Machine Learning)専門研究チームを設立した。人工知能、自然言語理解、機械知覚などの研究に取り組む。(2016/6/17)

ダニエル・ラドクリフが死体を演じながら「バア、バア、バア」 映画「Swiss Army Man」のMVが謎のおかしさ
「Woooooooooo!」と「Ahhhhhhhhhh!」が多い。(2016/6/8)

電子ブックレット:
シリコン用いた太陽電池、「限界」突破するには
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、米NRELとスイスCSEMが2016年1月に発表した29.8%という高い変換効率を得ている太陽電池に関するインタビューを紹介します。(2016/6/5)

軍需産業を狙うサイバースパイの活動詳細、スイス当局が手口を公開
攻撃側は特段に高度な手口を使ったわけではなく、ただ周到な準備を行ったうえで、多大な忍耐力をもって侵入し、組織内で感染を広げていた。(2016/5/26)

オリックス・レンテック RoboRen:
法人向けロボットレンタルサービス、産業用双腕ロボットは月額19万9000円
オリックス・レンテックは、法人を対象としたロボットレンタルサービス「RoboRen」を開始すると発表した。第1弾はスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」と周辺機器をセットにした「YuMi 検証パック」を提供する。(2016/4/15)

最新の協調型双腕ロボットを月額19万9000円でレンタル
オリックス・レンテックが法人を対象としたロボットレンタルを開始する。第1弾としてスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」を周辺機器とセットで貸し出す。(2016/4/1)

高効率太陽電池:
シリコンを用いた高効率太陽電池、「限界」を突破するには
安価な部材を使い、製造しやすく、高効率な太陽電池を作りたい。米NRELとスイスCSEMが2016年1月に発表した手法では、シリコン技術をベースに異種の半導体を組み合わせた。2層を上下に並べて機械的に接続し、29.8%という高い変換効率を得た。どのような特徴がある技術なのか、NRELのDavid Young氏に開発ポイントを聞いた。(2016/3/28)

スター精密 SV-20R:
最大加工径φ20mm、B軸制御搭載のスイス型自動旋盤
スター精密はB軸制御を搭載したスイス型自動旋盤「SV」シリーズに、最大加工径φ20mmの「SV-20R」を追加し、2016年5月に発売する。(2016/3/14)

義肢に“感覚”取り戻す「人工指先」 精度は96%、外科医療などに活用
人工の指先の感覚を電気信号に変換し、ザラザラやツルツルなどの感覚を神経に伝える技術を、スイスとイタリアの大学が共同開発した。(2016/3/10)

FAニュース:
B軸制御搭載のスイス型自動旋盤に、最大加工径φ20mm仕様を追加
スター精密は、B軸制御を搭載したスイス型自動旋盤「SV」シリーズに、最大加工径φ20mmの「SV-20R」を追加した。自動車・医療分野をはじめとするさまざまな分野で、複雑形状の部品加工に対応する。(2016/3/9)

おしゃれ:
ゼンハイザーとフライターグが異色コラボ、トラックの幌をリサイクルしたヘッドフォンを発売
トラックの幌(ターブ)を再利用したお洒落なメッセンジャーバッグで知られるスイスのブランド「FREITAG」(フライターグ)が、ゼンハイザーとコラボ。「F703 ゼンハイザー×FREITAG URBANITE 限定モデル」を発売した。(2016/2/26)

磁気センサー事業の拡大を狙う:
TDK、ミクロナスを263億円で買収
TDKが、ホール素子センサーを手掛けるスイスMicronas Semiconductor(ミクロナス)を買収すると発表した。買収総額は、2億1400万スイスフラン(約263億円)になる予定。(2015/12/17)

「B2Bから得られるデータはSNSより価値がある」:
u-bloxの日本戦略、車載通信と産業機器に注力へ
スイスのu-blox(ユーブロックス)は2015年12月2日、2016年度における日本市場の事業戦略を発表した。IoT/M2M市場の中で車載通信と産業機器に注力していくという。(2015/12/9)

Swatch、NFC決済機能搭載アナログ腕時計「Swatch Bellamy」発売へ
スイスの時計メーカーSwatchが、NFC対応カードリーダーでのモバイル決済が可能なアナログ時計「Swatch Bellamy」を2016年1月に中国で、その後、スイス、米国、ブラジルで発売する。(2015/12/1)

「ジェンガに草生えてる」としか表現できない前衛的なマンションがスイスで建設される
実はすでにイタリアに同様のマンションがあるんです。(2015/11/21)

カッコいい! 「シティーハンター」30周年記念の腕時計、スイスの時計ブランドより限定発売!
冴羽リョウになった気分。(2015/11/18)

タグ・ホイヤーのチタン製Android Wear「Connected」、日本でも16万5000円(希望小売価格)で発売へ
スイス高級腕時計メーカーTAG Heuerが、Intelプロセッサ搭載のAndroid Wear端末「Connected」を発表した。日本でも直営店で16万5000円(希望小売価格)で発売する。約30万円の「Carrera」のデザインを踏襲し、ケースはチタン、ディスプレイはサファイアガラスだ。(2015/11/10)

雨の日も快適なサイクリングを――スイス発・自転車用雨よけシールド「dryve」
自転車に取り付け、雨傘代わりになる「dryve」が発売される。(2015/11/2)

脳内“エラー信号”を利用:
人の思考を読み取る? 次世代のスマート義肢
脳波で動かす義肢の開発は、長年にわたり進められてきた。今回、スイスのローザンヌ工科大学(EPFL)は、脳が何らかの情報を“誤り”だと認識した場合に発せられる電位「ErrP(Error-related Potential)」を使って、義肢など人工装具を操作する方法を開発した。人工装具を思い通りに動かすことが、これまでよりも格段に簡単になる可能性がある。(2015/9/16)

標高3454メートル:
氷河も眺望できるヨーロッパ最高峰駅、約100年前の誕生秘話
スイスにあるユングフラウヨッホ駅をご存じですか。標高3454メートルの場所にあるこの鉄道駅ができたのは今から約100年前。その陰には技術革新などさまざまなエピソードがありました。(2015/8/13)

電気自動車:
EV向けワイヤレス充電が市場化にむけて加速――クアルコムがライセンス供与
Qualcomm(クアルコム)の電気自動車(EV)向けワイヤレス充電技術「Halo」が、スイスのティア1サプライヤに採用された。(2015/7/31)

スイスの雄大なアルプス山系を戦闘機のコクピットから眺めるぜいたくなパノラマ映像
自由に視点を変えられる360度ビューにも対応。(2015/7/16)

中国製品と同レベルの低コストで:
薄膜CIGS太陽電池で変換効率25%を目指す、欧州のプロジェクト
欧州のプロジェクト「Sharc25」では、単接合型の薄膜CIGS太陽電池で変換効率25%を目指している。変換効率では、まだシリコン系太陽電池にはかなわない化合物系太陽電池だが、Sharc25に資金を投入するスイスの研究所は、その将来性を見込んで積極的に投資していくという。(2015/7/9)

ビジネスニュース 企業動向:
ユーブロックス、大阪にオフィスを開設
スイスのu-blox(ユーブロックス)は2015年6月1日、日本法人ユーブロックスジャパンの大阪オフィスの開設を発表した。新オフィスの設立により、自動車・産業機械・民生機器業界で、より身近なサポートを提供できるとする。(2015/6/2)

パックマンとスイスの高級時計メーカーがコラボ! 世界で20本の限定腕時計を発売 お値段190万円
た、高いよ!(2015/5/28)

医療機器ニュース:
再生医療向け細胞生産の世界最大手と業務提携、受託生産事業へ参入
ニコンは、スイスのLonzaと戦略的業務提携契約を締結し、新会社「ニコン・セル・イノベーション」を設立した。これにより同社では、再生医療用細胞などの受託生産事業に参入する。(2015/5/27)

Withings Activiteのブラックモデル、販売開始
スイス製のムーブメントを採用した活動量計機能搭載の腕時計、「Withings Activite」のブラックモデルの販売が5月15日から始まった。(2015/5/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
DSD 5.6MHzストリーミング配信の可能性
今回はDSD音源配信のトピックとハイレゾ音源の最新動向について、AV評論家・麻倉怜士氏に詳しく聞いた。また、先日日本再上陸を果たしたスイス「REVOX」ブランドのネットワークプレイヤーもご紹介。(2015/5/12)

電子ブックレット/自然エネルギー:
日本の電力を変える高圧直流送電、余った電力を足りない地域へ
日立製作所とスイスABBが手を組んだ。日立製作所は北海道と本州を結ぶ連系線などを手掛けた高圧直流送電(HVDC)の国内大手、ABBは最新のHVDC技術を世界中に展開している。幅120kmの海峡を越えて送電する事例も挙げた。(2015/4/23)

ハノーバーメッセ2015:
一緒にダンスが踊れる一体感! ロボットと人間が支え合うモノづくりをABBが出展
スイスのABBは、ハノーバーメッセ2015において、人間と協力して働く双腕ロボット「YuMi」を出展した。人によるセル生産の効率化を目指しているという。(2015/4/16)

ビジネスニュース 企業動向:
インテル、スマートグラス技術を手掛けるベンチャー2社を買収
Intelがスマートグラス向けのディスプレイ技術やプロジェクション技術を手掛けるスイスのベンチャー企業2社を買収していた。ウェアラブル端末市場での存在感を強めるべく、着々と戦略を進めているようだ。(2015/4/6)

BASEL WORLD 2015:
カシオ、GPS対応のG-SHOCKや最上位モデル「MR-G」のバーゼルスペシャルを発表
スイス・バーゼルで開かれた世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」。カシオはG-SHOCKやOCEANUSのバーゼルスペシャルモデルを出品した。(2015/3/24)

Apple Watch対抗:
スイス高級腕時計のTAG Heuer、GoogleとIntelと提携で年内にスマートウォッチ発売へ
スポーツウォッチで人気のスイス高級腕時計メーカー、タグ・ホイヤーが、Intelプロセッサ搭載のAndroid Wearを年内に発売すると発表した。(2015/3/20)

クラシックデザインのスイス製スマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」発売
活動・睡眠を記録するセンサー「MotionX」を内蔵したスイス製スマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」が発売。アナログ文字盤のクラシックなデザインが特徴だ。(2015/3/10)

新技術:
頭蓋内の電極を無線でモニタリング、てんかん治療の負担減へ
スイス ローザンヌ連邦工科大学(EPFL)は、てんかんの治療向けに、脳内活動を無線でモニタリングする技術を開発中だ。電極とアンテナ、RFチップを頭蓋内に埋め込み、電磁誘導で電力を供給しながら、電極のデータを無線でモニタリングする。頭蓋内に埋め込んだ電極を記録装置に有線で接続している現在の手術を、大きく変える可能性がある。(2015/2/18)

Swatchもスマートウォッチに参入 4月ごろにWindows/Android対応で
カラフルなデザインが特徴のスイスの腕時計メーカーSwatchが、「Apple Watch」発売とほぼ同じタイミングでオリジナルスマートウォッチを発売すると、CEOがBloombergに語った。(2015/2/6)

新技術:
スイスの大学が電子脊髄を開発、まひの治療応用に期待
スイスのローザンヌ連邦工科大学(EPFL)が、電子脊髄「e-Dura」を開発したと発表した。伸縮性のあるシリコンを使い、コネクタと電極を金の配線で接続して電子追跡機能を持たせた。パーキンソン病やてんかんの治療にも応用できるのではないかと期待されている。(2015/1/23)

電力供給サービス:
再生エネの大量導入を助ける直流送電、海を越え240kmを接続
スイスABBは、2015年1月12日、ノルウェーとデンマークを結ぶ全長240kmの高圧直流送電線(HVDC)が完成したと発表した。50万Vで170万kWの電力を送る能力がある。再生可能エネルギーの導入量を拡大する際に有用な技術であり、日本国内の連系線強化にも役立つ。(2015/1/23)

電力供給サービス:
日本が認めるスイスの技術、直流で効率良く送電できるHVDC
日立製作所とスイスABBは2014年12月16日、国内向けに高圧直流送電(HVDC)事業を展開するための合弁会社を設立することに合意したと発表した。日立製作所の営業ネットワークやプロジェクトマネジメント能力を、ABBの先進HVDC技術と組み合わせることで、再生可能エネルギーの大量導入や、国内の電力系統強化に役立てる。(2014/12/18)

エンゲージメント強化を実現:
スイスの大手銀行PostFinance、SAS Marketing Automationでマルチチャネルのパーソナライズ化を実現
SAS Institute Japanは11月19日、スイスの大手銀行PostFinanceがSAS Marketing Automationを導入したことを発表した。(2014/11/20)

蓄電・発電機器:
ヒマワリのように太陽光を集めて、電力と熱を供給する
太陽光を2000倍に集光して電力と熱の両方を供給できるシステムが2017年に全世界で発売される見通しだ。IBMの研究部門とスイスの太陽光発電システム会社が共同で開発した高集光型の太陽光発電・熱システムである。晴天の日には12kWhの電力と20kWh相当の熱を供給することができる。(2014/9/29)

FAニュース:
スター精密、スイス型自動旋盤の3タレット型重複合機に最大加工径20mm仕様を追加
制御軸構成は、直線制御軸10軸・回転制御軸2軸の12軸制御。対向8面タレット型刃物台は、旋削・穴明け・ミリングなどの加工が同時に可能。独自の「スターモーションコントロールシステム」により、制御系統間の切り替え時間などの非切削時間を短縮できる。(2014/9/25)

【閲覧注意】大自然の中に肉の塊!? スイスの山に現れたシュールなアート
風光明媚(めいび)なスイスの山の中に、肉の塊っぽい何かが……ちょっとグロくて風変わりな作品を作るアーティストにそのわけを聞いてみました。(2014/9/22)

電力供給サービス:
2400kmを直流で送る、原発3基分の電力
スイスABBはアマゾン奥地にある大規模水力発電所から、大西洋岸まで2400kmを高圧の直流で送る送電線を作り上げたと発表した。世界最長だと主張する。送電できる電力量は原発3基分に相当する315万kW。52万5000V、5000Aの直流を1500km送電できる送電線の開発にも成功したという。(2014/9/19)

自然エネルギー:
総事業費100億円を超えるメガソーラー計画、岩手と茨城で動き出す
スイスの太陽光発電事業者エトリオンが日本で計画中の2つのプロジェクトで資金調達が確定した。岩手県と茨城県に建設する合計34MWのメガソーラーの総事業費は105億円を見込み、8割をプロジェクトファイナンスで調達する。9月から10月にかけて建設を開始する予定だ。(2014/9/4)

4コマまんが「飯田橋のふたばちゃん」:
【その116】スイス銀行で口座開設!
スイス銀行って架空の存在なのね。(2014/8/28)

心にゆとり、腕に宙空の美:
PR:“ステータスを遊ぶ”高級腕時計の世界を知る──「カンパノラ メカニカルコレクション」
“ステータスを遊ぶ”とは、どういう意味か。そこに、日本とスイスの伝統的な時計技術を融合した、新しい腕時計の価値観があった。「カンパノラ メカニカルコレクション」に込めた意図を深堀りする。(2014/8/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。