ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テレポーテーション」最新記事一覧

サザエさん症候群はコード進行のせい? 昭和のアニソン・特ソンに込められた技法を解説した1冊が登場
懐かしの主題歌330曲を音楽的視点から解析。(2016/4/26)

情報処理能力を飛躍的に拡大する新たな道筋:
異なる光周波数の二光子干渉、阪大らが初観測
大阪大学大学院の井元信之教授らによる研究グループは、周波数領域の光スプリッターを実現し、異なる光周波数(異波長)の二光子干渉に初めて成功した。(2016/4/21)

まるで転送装置!? マイクロソフトの「ホロポーテーション」にほとばしる未来感
新しい通信機器のカタチ。(2016/3/30)

HoloLens応用の「ホロポーテーション」、Microsoftがデモ
複数の3Dカメラで撮影した人物の3Dモデルをリアルタイムで転送することで、遠隔地にいる人同士があたかも同室にいるようにして会話できるHoloLens応用技術「holoportation」をMicrosoft Researchが発表した。(2016/3/27)

非局所性伝導のオンオフも成功!:
固体デバイスでもつれ電子対の空間的分離を実証――量子コンピュータの基盤“もつれ電子発生器”の実現へ道
理化学研究所などの共同研究グループは2015年7月、超伝導体中の電子対から1つの量子もつれ状態の電子対を取り出し、空間的に離れた2つの量子ドットへ分離する新しいナノデバイスの開発に成功したと発表した。量子コンピュータなどの基盤になる“もつれ電子発生器”の実現への「大きな一歩」(同グループ)という。(2015/7/3)

量子コンピュータへの確実なマイルストーン:
量子メモリ不要の長距離量子通信を可能にする量子中継手法を確立
NTTとトロント大学は2015年4月15日、通信距離100kmを超えるような長距離量子通信に必要な量子中継を、物質量子メモリを使用せずに、光の送受信装置だけで実現できる「全光量子中継方式」を理論的に確立したと発表した。(2015/4/16)

EE Times Japan Weekly Top10:
女性エンジニアたちの活躍にフォーカス
EE Times Japanで2015年3月28日〜4月3日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/4/6)

EE Times Japan Weekly Top10:
期待膨らむ次世代コンピュータ
EE Times Japanで2015年3月21〜27日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/4/2)

量子もつれ生成・検出装置が1万分の1サイズに!:
量子テレポーテーションの心臓部をチップ化――量子コンピュータ実用化へ「画期的成果」
東京大学の古澤明教授らの研究グループは、量子テレポーテーション装置の心臓部となる「量子もつれ生成・検出部分」を光チップで実現することに成功した。量子テレポーテーションの手法を用いて量子コンピュータを実現できることを示した。(2015/3/31)

アインシュタイン提唱の「物理学の100年論争」が決着!:
量子の非局所性の厳密検証に成功――新方式の量子コンピュータにも道
東京大学 教授の古澤明氏らの研究チームは2015年3月、約100年前にアインシュタインが提唱した「量子(光子)の非局所性」を世界で初めて厳密に検証したと発表した。検証に用いた技術は、「新方式の超高速量子暗号や超高効率量子コンピュータへの応用が可能」(古澤氏)とする。(2015/3/24)

地球侵略は天下の台所から!? 「元祖怪獣酒場」が大阪市・難波にオープン!
店長は守銭奴。(2015/3/18)

ドラえもん、オバQ、キテレツ……藤子・F・不二雄作品ソングを107曲収録した“大全集” 生誕80周年記念で発売
代表作から特別番組まで、藤子・F・不二雄作品のアニメ・映画・ドラマの曲を可能な限り収録!(2014/11/25)

【再録】 ITmedia Virtual EXPO 2014 秋:
量子コンピュータの可能性――量子力学のパイオニア・古澤明氏に聞く
2014年9月30日に閉幕したITとモノづくりに関する日本最大級のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO 2014 秋」では、基調講演として、一部でノーベル賞候補として名前も挙がる量子力学の第一人者でもある東京大学の古澤明氏が登壇し、「量子コンピュータの可能性」について、最近の研究成果なども交えながら語った。この基調講演の模様を記事化した。(2014/10/28)

ビジネスニュース 業界動向:
終えん間近のムーアの法則、“ポストCMOS”の技術を模索へ
米国で開催されたシンポジウム「IEEE Technology Time Machine(TTM)2014」では、“ポストCMOS”の技術について議論が交わされた。注目されているのは、量子コンピュータ、ビッグデータ、カーボンナノチューブ、人間の脳(シナプス)をまねた技術などである。(2014/10/24)

見えるレベルの大きさの物体をテレポートする方法、NIIなど開発
目に見えるレベルの大きさの物体をテレポートする新たな方法を開発したと、国立情報学研究所などの研究チームが発表。人間のテレポートはできる?(2014/6/30)

Google Xでは軌道エレベーターの開発も検討──Glassや気球式ネット網の次は?
Google GlassやProject Loonに取り組む“moonshot工場”のGoogle Xでは、軌道エレベーターやテレポーテーションの実現可能性も真剣に検討したという。(2014/4/16)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/7)

本屋探訪記:東京吉祥寺にあるサブカル好きには堪らない古本屋「バサラブックス」
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は吉祥寺といえばこの本屋、「バサラブックス」を紹介する。(2014/1/10)

EE Times Japan Weekly Top10:
量子コンピュータ、“透明マント”……次世代技術に大きな反響
EE Times Japanで先週(2013年11月16日〜11月22日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/23)

新技術:
完全な量子テレポーテーションに成功
東京大学大学院工学系研究科は、完全な光量子ビットの量子テレポーテーションに成功したと発表した。同研究科教授の古澤明氏らによる成果で、古澤氏は「完全な量子テレポーテーションの実証は、世界で初めて」としている。(2013/8/19)

自動運転カーレースや2ボタンキーボード:
Googleのエイプリルフールは今年も盛りだくさん
Googleの日本チームが公開したファミコン版Googleマップに負けじと、米国本社も多数のエイプリルフールネタを繰り出した。(2012/4/1)

本山由樹子の新作劇場 特別編:
スタートレックにトランスフォーマー、新作公開前にBDで予習!
今夏はスタートレックにトランスフォーマーなど、人気洋画の最新作が続々劇場で公開! 劇場へ足を運ぶ前に、BDで既存作品をしっかりチェックしましょう。(2009/5/11)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その4
NTTと大阪大学の量子計算に関する発表の意味を解説するために、量子コンピュータの仕組みを“簡単に”説明する、という難題に(無謀にも?)挑んだこのシリーズ。4回目の今回ついに完結です。(2008/9/12)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その3
量子コンピュータの仕組みをできる限り簡単に説明するシリーズ3回目。今回は「瞬間的に量子情報を伝達できる」という「量子テレポーテーション」の解説に挑戦します。(2008/8/22)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その2
量子コンピュータについて“簡単に解説する”という難問に挑戦しています。今回は「量子」にスポットをあて、複数の状態を同時にとるとはどういうことなのか説明します。(2008/7/18)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その1
現在のコンピュータと比べ飛躍的に高い性能を発揮するとされる量子コンピュータの実現に向け、先日大阪大学とNTTが量子計算の実証に世界で初めて成功したというニュースが流れました。今回から数回にわたり、量子コンピュータについて解説します。(2008/7/4)

本山由樹子の新作劇場:
瞬間移動で何でも思い通り――「ジャンパー」
望むところへ一瞬にして移動できたら――。そんなうらやましい能力を持った青年の戦いを描くアクション大作が、早くもBlu-ray Disc化。(2008/6/2)

テレポーテーション型量子計算を世界初実証 NTTと阪大
NTTと阪大が、テレポーテーション型量子計算の実証に世界で初めて成功した。「量子コンピュータ実現に向けて1つの突破口が開かれた」という。(2008/5/27)

Column
2007年注目の10大データセンター技術
ガートナーが2007年に注目すべきデータセンターの10大技術について説明した。それによると、2007年には仮想化やグリッド、液体冷却などの技術が、データセンターの運用方法に最も顕著な影響を与える見通しだ。(2006/12/19)

「EVE new generation」レビュー:
“new generation”の文字に偽りなし――新たな局面を迎える元祖マルチサイトアドベンチャー
人気アドベンチャー「EVE」シリーズの最新作「EVE new generation」が登場した。これまでの流れをいったんリセットし、気鋭のゲームシナリオライター・打越鋼太郎氏を迎えた新生「EVE」は注目に値する。(2006/9/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。