ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「豊臣秀吉」最新記事一覧

関連キーワード

豪華なイラスト陣も人気の『まんが人物伝』に6タイトル追加 カバーイラストにいとうのいぢ、吉崎観音ら
取り上げる人物は豊臣秀吉、伊達政宗、西郷隆盛、ナイチンゲール、アンネ・フランク、ウォルト・ディズニーの6人。(2017/10/29)

本能寺の変、目的は室町幕府の再興だった? 明智光秀直筆の書状から分析
信長に追放されていた第15代将軍・足利義昭の帰還計画が書状から明らかに。(2017/9/12)

復旧中の熊本城もランクイン 「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング」発表
「姫路城」が安定の連続1位。(2017/8/27)

市川猿之助「近くて遠い存在」 映画「花戦さ」で能楽師・野村萬斎との共演に喜び
歌舞伎役者と能楽師のコラボレーション。(2017/5/30)

「故人名+死因」で検索すると…… Google先生の秘められた機能が話題に
実は結構前からある機能です。(2017/5/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トランプがゴリ押ししてもアメ車は売れない
「アメ車はダメだ」という声が日本人の多数派を占めるが、アメ車がダメだという点について筆者は部分的にしか同意できない。評価すべき部分もある。ただ一方で、日本などで売れない理由も明白だ。(2017/2/6)

やはり猫侍は実在した? 戦国時代の“ミミズク兜”、「実は猫耳がモチーフ」と美術作家が新説提唱
新説が認められれば歴史的な大発見になるかもしれません。(2017/1/22)

「戦に出たかったな」 豊臣秀頼役の中川大志、早くも“真田丸ロス”に
最終回でついによろいを着ることができた中川さん。我慢できなくて父上様の陣羽織も着てしまう。(2016/12/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ビジネスパーソンは「真田丸」から何を学ぶか
人気の火が付いた2016年の大河ドラマ『真田丸』。そこには勝つための戦略の数々、部隊を率いる武将のリーダーシップなどが描かれていました。その真田丸からビジネスパーソンが学べることは多いのではないでしょうか。(2016/12/17)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
体格があまりにも違すぎ 豊臣秀頼の父親は秀吉ではなかった!?
豊臣秀頼は身長197センチ、体重161キロの大男だったと言われています。一方の父・秀吉は140センチ程度。あまりにも差があるため、実の息子ではないのでは……という説も。(2016/11/26)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
奥さんにしたい真田丸のキャラは……?
大河ドラマ『真田丸』もいよいよ大詰め。今回はドラマに登場したキャラクターの魅力をテーマ別に語ります。(2016/11/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

ブラタモリで「大坂城・真田丸スペシャル」 絵図を手に、出城「真田丸」の姿に迫る
11月12日の放送回で。(2016/11/7)

スマホ向け乙女ゲー「イケメン戦国」のアニメ化が決定 杉田智和、鳥海浩輔、武内駿輔など11人の声優が出演
時をかける恋……!(照)(2016/11/5)

「春画」の語源は「中国の健康本」だった!? 奥深い春画の世界
歴史好きの歴女さんたちに集まっていただき、春画の面白さを再発見。(2016/10/26)

グラドルが戦国武将の甲冑を着たり脱いだりするだけの写真集(DVD付き)が発売決定 勉強にもなるらしい
ってなんだそれ。(2016/10/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
辛い営業マンさながらの板挟みにあった片桐且元の真意は……
豊臣家の事務方として秀吉や秀頼に尽くした片桐且元ですが、最後は徳川方へ奔走してしまいました。且元の真意はいかなるものだったのでしょうか……?(2016/10/15)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大酒飲みの福島正則、酒の失態で天下三名槍を失う
加藤清正とともに幼少のころから豊臣秀吉に仕えた福島正則。その豪傑ぶりは時として大きな失敗も引き起こしました。(2016/9/3)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
徳川家臣団に嫌われながらも家康に尽くした本多正信の素顔
徳川家康の幼なじみであり、参謀として知られる本多正信ですが、一度は家康と敵対し、徳川家を離れました。それが正信のその後の人生において大きなターニングポイントとなったのです。(2016/8/27)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
島流しもへっちゃら!? 健康食品を食べて南の島で長生きした宇喜多秀家
関ヶ原の戦いで西軍の主力部隊として奮闘した宇喜多秀家は、後に八丈島へ流されました。そこでの暮らしぶりはどうだったのでしょうか?(2016/8/20)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
4度も姿を変えた伏見城、最後はバラバラに……
「幻の城」と呼ばれてきた伏見城。豊臣秀吉の隠居用屋敷として建てられて以来、何度も場所や作りを変えた珍しい城です。そして最後はバラバラに解体されるという運命に……。(2016/8/6)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
これぞ武士! 知将・大谷吉継と家臣との感動秘話
豊臣家きっての知将だった大谷吉継。関ヶ原の戦いで命を落としてしまうのですが、吉継には感動的な逸話がたくさんあります。(2016/7/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
汚名返上を願う! 豊臣秀次は地元に愛される名君だった
豊臣秀吉の怒りを買い、28歳の若さで亡くなった豊臣秀次。“殺生関白”というあだ名が付けられるなど、これまで悪名高いイメージがありましたが、実は地元・近江の人々からは今なお慕われている名君なのです。(2016/7/16)

千鳥がかわいい超巨弾戦記ギャグアニメ「信長の忍び」、10月放送開始が決定
第0話先行公開中、監督は大地丙太郎。少女忍者・千鳥役は水瀬いのりさん。(2016/7/12)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
鶴松の死を嘆く豊臣秀吉だが、実は3人目の子どもだった!?
豊臣秀吉と茶々(淀殿)の間に生まれた鶴松。この鶴松が秀吉の最初の子で、それまで秀吉は子宝に恵まれなかったと言われていますが、実は30代のころに子どもを2人もうけたという説もあるのです。(2016/7/9)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(5):
岡山編:立ち乗客3人で「すげー満員じゃあ」――岡山の交通、住宅、生活事情
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第2回は、交通事情や住宅情報など、移住検討者が気になる情報をセキララにレポートする。(2016/7/6)

武士の魂を食卓に 刀の鍔を模したコースターが信長・秀吉・家康・幸村の4モデルで登場
戦国武将の愛刀や家紋をデザイン。(2016/6/19)

「千葉」って由緒ある名だと知ってますか? 6月15日は「千葉県民の日」
他都道府県民の日はどうなの?(2016/6/15)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大名たちが争いを止めなかった「沼田問題」って?
上杉、北条、武田など戦国時代の諸大名がこぞって領土を争った沼田。最終的には真田の手に渡るわけですが、なぜ皆、そうまでして沼田を欲しがったのでしょうか。(2016/6/11)

川西 カラクリ屋敷の春本さん
世の中には、作らずにはいられない人たちがいる。役に立つとか評判になるとかを超越して、“自作”せずにはいられない人たちが。新連載「孤高のD.I.Y.」第1回。(2016/6/2)

荒木飛呂彦のマッカーサーも公開 集英社の人気漫画家が表紙描く「日本の歴史」、椎名軽穂や藤崎竜も参加
2016年秋に刊行される集英社「学習まんが 日本の歴史」シリーズ、表紙の担当漫画家の一部が発表。(2016/5/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
戦国のキラキラ三姉妹 長女・茶々は小悪魔にあらず?
最後の最後まで豊臣家を守ろうとした浅井三姉妹の長女・茶々。彼女の人生は悲劇の連続でしたが、長女らしく強い責任感を持って戦国時代を生き抜きました。(2016/5/21)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
なぜ真田一族は忍者のイメージがあるのか?
猿飛佐助に霧隠才蔵――。真田信繁に仕えたこうした忍者たちは架空の人物とされていますが、どうして真田一族と忍者は強い結び付きのイメージがあるのでしょうか?(2016/5/14)

金正恩が女体化!? 中国産ゲーム「萌王EX」が越えてはいけないラインを余裕で踏破する
日本人キャラには豊臣秀吉が(なおロリ)。(2016/5/9)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
虎退治の加藤清正、猛将よりも知将ぶりをアピールしたい
加藤清正という武将について、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。虎退治などで知られるように勇猛なイメージが強いのでは。けれども実は知的な面も……。(2016/4/30)

ニコニコ超会議2016:
具足展示にゆるキャラ、そして“草刈昌幸”! 「超・真田丸」ブースは歴史・大河ファンの見たいものが分かっている
これこれ、そーう、これだよ……! と言いたくなる展示とステージイベント。(2016/4/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
徳川家康が爪を噛み続けるわけ、それは……
忍耐、我慢――。徳川家康といえば、多くの人がこうしたイメージを抱くでしょう。そんな家康のクセは爪を噛むことでした。(2016/4/2)

石田三成が「忠義心No.1」をアピール? ゆるいBGMが癖になる“昭和風CM”滋賀県が公開
滋賀県が、戦国武将・石田三成とコラボした動画を公開した。昭和のテレビCMを思わせる内容で、石田三成の魅力をアピールする。(2016/3/8)

「武将と〜言えば三成〜♪」 滋賀県作「石田三成CM」が頭おかしすぎて三成ファンが急増、士気高揚中
忠義心No.1宣言!(※故人の感想です)(2016/3/7)

新連載・「真田丸」を100倍楽しむ小話:
滝川一益と真田昌幸は似たもの同士だった?
歴ドル・小日向えりさんとともにNHK大河ドラマ「真田丸」にまつわる小ネタなどを紹介して、もっとドラマを楽しめるようにする新コーナー。第1回は滝川一益についてお話します(いきなりシブい!?)。(2016/2/27)

銀座で学んだこと:
出世した人たちに共通する「人たらし」の美学
豊臣秀吉が「人たらし」であったことは有名な話です。これはある種の才能であり、大成したすべての方が持って産まれたものではありません。今回は、そんな超一流の方々の「美学」についてご紹介します。(2016/1/8)

これは胸熱……! 織田信長や豊臣秀吉がミニカーに タカラトミーから「トミカ武将コレクション」発売
車種にも注目!(2015/12/26)

真田幸村、織田信長など人気の武将がトミカになった! 全国の本屋で発売
タカラトミーが武将デザインのトミカを16年1月から発売する。(2015/12/25)

安心して見学できるよ! 城跡に女子校が建ってしまい、違う意味で難攻不落になったお城「玉縄城」の見学会が開催
不審者じゃないです、お城ファンです。(2015/9/26)

コーエーテクモとKADOKAWA・DWANGOがタイアップ作品「三国志ツクール」発表 歴史を自分の手で創りだそう
追体験から創造へ。(2015/9/18)

このニャンコが目に入らぬか! 猫型ふにふにマシュマロに「歌舞伎」「文明開化」「戦国武将」デザイン登場
ふにふにのマシュマロです。(2015/8/10)

刀剣も多数展示 徳川美術館「没後400年 徳川家康 −天下人の遺産−」展を見てきた
刀剣乱舞ファンにおなじみの「鯰尾藤四郎」、国宝の「津田遠江長光」など、「没後400年 徳川家康 −天下人の遺産−」展でさまざまな武具を見てきました。(2015/8/9)

日本型セキュリティの現実と理想:
第2回 戦国ファンならわかる? 城郭の変遷とセキュリティ環境
サイバー攻撃やセキュリティ対策とは、そもそもどんなものなのだろうか。戦国時代の城郭の変化を参考に、セキュリティ対策の実像に迫ってみたい。(2015/7/16)

徳川と豊臣がタッグ! 徳川美術館×京都豊国神社が「刀剣乱舞」登場の刀剣でコラボグッズ
「鯰尾藤四郎」と「骨喰藤四郎」のコラボグッズを企画しています。(2015/6/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。