ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「透明」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「透明」に関する情報が集まったページです。

大胆なシースルーに美脚際立つスリットドレス Koki,や中村アン、森星ら豪華ゲストが「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」で女性らしい輝きを放つ
ジュエリーの輝きに負けない美しさを放っていました。(2018/12/13)

住宅・ビル・施設Week 2018:
透明なのに絵が浮かぶ、ガラスをメディア化する自発光中間膜
積水化学工業が「第3回 建材・住設 EXPO」で開発中の自発光中間膜「Talking Light」を披露。透明度や視認性を損なうことなくガラスに画像や文字を映せるという。(2018/12/12)

思わず息をのむ美しさ! 海や空をそのまま閉じ込めたようなレジン(透明樹脂)アートがステキ
これは欲しくなる……!(2018/12/11)

Gorilla Glassに3Dラウンド処理を施したiPhone XS/XS Max/XR向ケース コペックジャパンから
コペックジャパンは、Gorilla Glassの熱加工処理で3Dラウンド形状を実現したiPhone XS/XS Max/XR向ケースを発売「ABSOLUTE・LINKASE PRO」を発売。TPUとガラスの一体成形で高い透明度を実現し、硬度9Hの高い傷防止加工や耐久性を備えている。(2018/12/8)

「まるで時が止まったかのよう」 レジンの中にすてきなものをたくさん詰めたテーブルが美しい
絵皿やドライフラワー、楽譜などが、透明な天板の中に込められています。(2018/12/7)

なんだこの透明感は “日本一かわいい女子高生”福田愛依、一日署長で見せた制服姿にファン「捕まえて下さい」
とびっきりの笑顔を見せた福田さん。(2018/12/1)

圧倒的不審者の工房:
ポリカーボネートを研いで透明包丁を作ってみた → 頑丈かつスケスケで丸見えな包丁が完成
飾っておきたい。(2018/11/25)

Spigen、iPhone XS/XS Max/XR向け全面保護ガラスフィルム「フルカバー HD」を発売
Spigenは、10月17日に公式ストア・AmazonストアでiPhone XS/XS Max/XR向け全面保護ガラスフィルム「フルカバー HD」を発売。曲面部分もカバーしつつ非常に高い透明度で、通常のPETフィルムの3倍の硬度で端末を守る。(2018/10/17)

ディーフ、耐衝撃性を高めた背面クリアのiPhone XS/XR向けバンパーを発売
ディーフは、10月下旬にiPhone XS/XR向けケース「TOUGH BUMPER Case」を発売。衝撃が加わりやすい側面を守るアルミフレームにTPUとポリカーボネートを組み合わせ、耐衝撃性を高めつつサイズアップを抑制している。背面部分は透明で、ケースを装着したままワイヤレス充電も可能だ。(2018/10/12)

窓枠かな?→暖房機だった 透明なガラスから暖気を放つパネルヒーターが今冬登場
空気を2枚のガラスの間に引き込んで暖め、周囲へ放つ仕組み。(2018/10/10)

エプソン BT-35E/BT-30E:
使い慣れた機器に接続してモニターとして利用できる「MOVERIO」の新モデル
エプソンは、検査・測定機器やドローン操作などのモニター利用に最適な両眼シースルーのスマートグラス「MOVERIO」の新製品「BT-35E」と「BT-30E」を2018年10月17日から販売開始すると発表した。(2018/10/2)

資生堂の4K/8K対応化粧品、あす発売 製品開発に8Kカメラ活用
資生堂が、高精細な4K/8K映像上でも透明感や肌のキメ、血色などを感じられるという化粧品を9月1日に発売する。(2018/8/31)

「その思いは必ず届く」 酒井若菜、「透明なゆりかご」「グッド・ドクター」で苦悩する母親演じる
2日連続で別のドラマに母親役として登場。(2018/8/31)

Xboxの半透明な無線コントローラー、10月4日に7538円で発売へ
MicrosoftがXbox Oneシリーズ向けの半透明の無線コントローラーを発表した。日本では10月4日に公式オンラインショップなどで発売する。価格は税込み7538円。(2018/8/15)

うがい薬の「イソジン」に無色透明タイプが登場 「アップル」「マイルドミント」のさわやか風味
本当にイソジンですよね?(2018/8/3)

存在は感じるのに姿は見えない――“透明人間になった”恋人の姿をもう一度見たいと願う彼の漫画が切ない
「毎日何度も訳も分からず涙が出る」理由は……?(2018/8/3)

これも“俺の嫁召喚装置”に? 3Dモデルを立体視できる透明箱形ディスプレイ「Looking Glass」登場
3Dモデルを立体視できる、3Dクリエイター向けのPC用外部ディスプレイが登場。12月に出荷予定で、日本にも発送できる。(2018/7/27)

後続車にメッセージを伝えられる車載向け透明LEDパネル「3Qsign」
住宅環境設備は、車載向けの電子表示板「3Qsign」を発表した。(2018/7/18)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)

断水後、まずは蛇口から水が透明になるまで流す TOTOが正しい対処マニュアルを公開
断水後の適切な対応とは。(2018/7/14)

半透明液晶搭載のメモパッド「ブギーボード」新モデル キングジムから発売
「ブギーボード」シリーズ最大の画面サイズで登場。(2018/7/6)

Xiaomi、「Mi 6X」の初音ミクとコラボモデルを中国で発売 限定5000セットで価格は2099元
Xiaomi(小米科技)が、初音ミクとコラボレーションした「Mi 6X」の限定モデルを中国で発売。限定カラーで塗装した本体にはシリアルナンバーを刻印し、透明シリコンケースと容量1万mAhのカスタムメイドのモバイル充電器も付属する。(2018/7/3)

電子メモパッド「ブギーボード」に半透明液晶モデル シリーズ最大の13.8型
キングジムは7月3日、電子メモパッド「Boogie Board」(ブギーボード)シリーズで初めて半透明液晶を搭載した「BB-11」を発表した。価格は9200円(税別)で、8月3日に発売する。(2018/7/3)

SNSで話題“陸自の歌姫”メジャーデビュー 中部方面音楽隊、初のアルバム発売
陸自中部方面音楽隊が27日、初のCDアルバムをリリースした。ボーカルを務めるのは、陸自初の声楽要員で“陸自の歌姫”として活躍する3等陸曹の鶫真衣さん。透明感のある歌声を持つ鶫さんは「つらいときやしんどいとき、CDを聴いて心を癒やしてほしい」と語る。(2018/6/28)

「爽健美茶」シリーズに新商品「爽健美水」 果実フレーバーを加えた透明水
透明系飲料もここまできました。(2018/6/26)

透明感半端ないって! 中国のガッキー、ロン・モンロウが初グラビアに「ちょっと恥ずかしいけど」
最後のページにドキッとした。(2018/6/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラ性能や半透明ボディーに注目 「HTC U12+」を台湾で見てきた
COMPUTEX TAIPEIの取材の合間に、HTCの新製品「U12+」を見てきました。6型ディスプレイにSnapdragon 845を採用したHTCの2018年フラグシップモデル。ノッチ(切り欠き)がないので、ぱっと見てすっきりした印象を与えてくれます。(2018/6/15)

扇風機に向かって「ア”ア”ア”〜」 綾瀬はるかが童心に返る新CM、汗だくなのに爽快感しかない仕上がりに
“透明なコーラ”こと「コカ・コーラ クリア」のテレビCMで。(2018/6/11)

「すっぴんなの!?」「完璧なかわいさ」 有村架純、修正ゼロの“すっぴん”姿が驚きの透明感
松岡茉優さんもすっぴんを披露。(2018/6/8)

「相変わらずの透明感」 仙道敦子、ドラマ「この世界の片隅に」で20年以上ぶりの女優復帰におじさんワクワク
かわいいすずの母。(2018/6/4)

オフィスでも気軽に:
とうとうコーラも「透明」に 「コカ・コーラ クリア」登場
コカ・コーラシステムは6月11日、透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」を発売。仕事の合間やスポーツの後など、コーラを飲む機会が少なかったシーンでも気軽に飲める飲料として提案する。(2018/6/1)

「透明感はんぱない」 佐々木希、デビュー後もっとも短い“希ボブ”が夏らしさ全開な爽やかさ
短いのもいいっ!(2018/6/1)

コーラなのにカラメル色じゃない! コカ・コーラから透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」登場
強い炭酸とレモンの風味を、ゼロカロリーで楽しめる。(2018/6/1)

「今まで見た中でいちばん可愛い!」「やっぱ妖精だわ」 美容誌デビューの浅田真央、“新たな自分”だという大人カワイイ姿に反響
肌の透明感スゴい。(2018/5/19)

「いつでも黄金期かよ」 葵わかな、10歳当時の姿がスカウトせずにはいられないかわいさ
透明感がすごい。(2018/5/17)

組み込み開発ニュース:
折りたたみスマートフォンの世界出荷台数、2020年に90万台と予測
矢野経済研究所が、フォルダブル(折りたたみ)スマートフォンの世界出荷台数予測を発表した。フレキシブルOLEDディスプレイの採用拡大や透明PIフィルムの開発などを背景に、2018年は9万台、2020年には90万台規模になると予測している。(2018/5/17)

日常にちょい足せる「近未来感」 透明パネルの車載メーター「シリウスヴィジョン」がかっこいいと話題に
追加メーターもここまで進化していたのか!(2018/5/15)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

“VTuber”イベントで活躍? 大日本印刷、新型「透明スクリーン」 透明度と鮮明さを向上
大日本印刷が新型のプロジェクター用透明スクリーンを開発。より映像が鮮明に。(2018/5/9)

「職場でも気兼ねなく飲用」 ペットボトル入りの透明なノンアルビール登場
コンビニ限定で販売します。(2018/5/8)

太陽光:
工事現場の壁面で太陽光発電、「低反射+半透明」で視認性も確保
大成建設の新築工事現場に、カネカの壁面型太陽光発電システムが導入された。作業所の仮囲いの壁面に設置したもので、太陽光で発電しつつも、作業現場の内外からの採光性と視認性を確保できるという。(2018/4/23)

Unityで始めるシェーダー入門(4):
シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける設定について紹介する。(2018/4/12)

ショーケースのガラスに透過映像を映し出せる「透明サイネージ」
impactTVは、透過映像の表示機能を備えた店頭販促用サイネージ「透明サイネージ」を発表した。(2018/4/9)

スマホやカードを画面にかざして決済・認証が可能に シャープが「透明NFCアンテナ搭載ディスプレイ」を開発
ディスプレイとNFCリーダーの機能を一体化。(2018/4/6)

画面で「シャリーン」と決済 シャープが“透明NFCアンテナ”搭載のディスプレイを開発
シャープが“透明なNFCアンテナ”を搭載したディスプレイを開発。スマートフォンやICカードを画面にかざして認証や決済が可能になるという。(2018/4/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
PCパーツショップの“インスタ映え力”が向上中
発売直前の透明アクリル球体ケース「WINBOT」や、モナコインのキャラをプリントしたスノーボードなど、PCパーツショップの展示品は多彩さが増している。集客力もアップしているらしい。(2018/3/26)

蓄電・発電機器:
電気を通す世界最薄のガラス、太陽電池への応用にも期待
日本板硝子が厚さ0.7mmの薄板ガラス上に、透明な導電性膜を製膜することに成功。耐久性や耐薬品性にも優れるという。(2018/3/14)

い・ろ・は・す に「メロンクリームソーダ」が仲間入り 国産メロンエキスと天然水のハーモニー
透明なのにクリームソーダ。(2018/3/7)

透明ソーラーパネルを搭載したアナログ針スマートウォッチ「LunaR」 クラウドファンディングで登場
太陽光や室内灯でも充電できる透明ソーラーパネルを搭載した、アナログ針のスマートウォッチ「LunaR」のクラウドファンディングがスタート。提供価格は2万9800円(税・送料込)で、プロジェクトは4月16日まで行う。(2018/2/23)

「透明部分を巻いてから録音」「レタリングでラベルを自作」 カセットテープの思い出イラストがひたすら懐かしい
アルバム曲がAB両面にぴったり収まったときの気持ちよさよ。(2018/2/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。