ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台風・ハリケーン」最新記事一覧

台風21号 週明けに九州〜関東直撃か
週末以降は大荒れの天気となる所があるでしょう。(2017/10/18)

ねっと部:
台風21号、その名も「LAN」 「無線LANケーブル」が話題の日本に接近中
「無線LANケーブル」というワードが話題の日本に、台風「LAN」が接近している。(2017/10/18)

「高速腕立て伏せによる上昇気流で台風発生」ってどういうことだよ! 日清食品、バカ過ぎる推理漫画「名探偵 呂布」公開
推理要素はほぼゼロ。(2017/10/16)

Alphabetの気球式ネット網「Project Loon」、ハリケーン被害のプエルトリコ支援へ
Googleが2013年に立ち上げた気球を使う通信網プロジェクト「Loon」が、大型ハリケーンの被害で携帯回線の83%が使えなくなっているプエルトリコでの一時的なサービス提供をFCCに申請し、許可を得た。(2017/10/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
郷愁だけで鉄道を残せない しかし、鉄道がなくても郷愁は残せる
JR九州の株式上場からもうすぐ1年。上場準備中に熊本地震に見舞われ、上場後も豪雨災害や台風被害により不通区間が増えている。民間企業となったJR九州は、全ての路線を復旧するつもりはなさそうだ。災害は地域に鉄道の存在価値を突き付ける。もし鉄道の存在意義が観光誘客だというなら、鉄道「事業」にこだわる必要はないかもしれない。(2017/10/6)

壁が緑一色に 鹿児島でカメムシが大量発生、写真がTwitterに続々と 台風18号の影響か
閲覧注意。(2017/9/26)

台風で巨大かに看板の足もげる! 悲しげなその姿が話題に
台風の意外な被害者。(2017/9/19)

台風18号 三連休、日本への影響は
最新の5日間予想をみると、台風18号は「敬老の日」にかけての三連休、列島に接近する可能性がでてきました。あすは沖縄で大荒れとなり、「ブーメラン台風」になれば、三連休は西日本を中心に、大雨の恐れがあります。(2017/9/12)

サウスウエスト航空、ハリケーン被害にあった動物たちを保護施設へ運ぶフライト
たくさんの動物たちが助かりました。(2017/9/12)

台風被害のキユーピー、北海道産とうもろこしの新商品発売 「アヲハタコーン」も容器変更での再開検討中
アオハタが缶詰から姿を変えて、再び市場に出てくる日はあるのでしょうか。【訂正】(2017/9/11)

ハリケーン・ハービーから逃れたタカがタクシーにおじゃま 運転手宅で世話になり無事野生動物センターへ
運転手いわく、「魔法のような2日間」。(2017/8/29)

台風13号「ハト」発生
8月20日午後3時、フィリピンの東で台風13号「ハト」が発生しました。(2017/8/20)

台風予測技術の「限界」 迷走・ノロノロ……台風5号は手強かった
台風5号は太平洋上を“迷走”し、気象庁職員も「予報官泣かせ」と認める手ごわい相手だった。台風5号の全貌は? そして、今シーズンの台風は引き続き異例づくしになるのか。見通しを探ってみた。(2017/8/14)

18年度は回復見込み:
不測の事態続いた湖池屋、ジャガイモ不足で業績苦戦
湖池屋が、2017年6月期通期の連結決算を発表。台風被害によって原材料のジャガイモが不足し、ポテトチップスを休売した影響で売上高・営業益ともに減少した。【訂正】(2017/8/10)

台風5号 記録的長寿 史上3位に
台風5号は、9日午前3時に、東北の日本海側沖合で温帯低気圧に変わりましたが、これは長寿3位の記録的台風でした。(2017/8/9)

「ありがとう日本アルプス」 台風から長野守る“鉄壁” そのメカニズムは……
台風5号は日本アルプスに進路を阻まれ、予想に反し、長野県内を通過しなかった。「長野県民は台風被害から守られている」との声もある。日本アルプスと台風の関係は――。(2017/8/9)

台風5号が四国から近畿へ上陸する恐れ 西日本を中心に大荒れの天気
激しい雨や河川の増水にご注意を。(2017/8/7)

台風5号 各地の警戒時間と見通し
台風5号は九州南部にかなり接近しており、上陸するおそれがあります。6日はゆっくり九州南部を北東に進み、7日は四国・中国・近畿、8日は北陸付近に達する見込みです。台風の動きが遅いため、大雨や暴風、高波などの影響が長引きそうです。(2017/8/6)

台風3号と前線 大雨や暴風の警戒期間
地方ごとに大雨と暴風の警戒期間をまとめました。(2017/7/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
LINEが台風の目になる? 会話型AIの世界
近年、AI(人工知能)を活用したさまざまなサービスが誕生している。その中でも、特に大きなインパクトをもたらしそうなのが会話型AIサービスである。このサービスが普及すると、従来のビジネス環境が一変する可能性があり、その影響はあらゆる業界に及ぶ。会話型AIへの対応次第で、業界秩序が変わる時代となりつつあるのだ。(2017/6/15)

太陽光:
太陽光パネルの飛散が問題に、2019年に設計ガイドライン策定へ
太陽光発電所の運営時に注意したい点の1つが、強風などによるパネルの飛散だ。台風シーズンを前に、経済産業省は再点検を行うよう注意を喚起している。その一方で、耐風性能の指針となる設計ガイドラインの策定に向けた動きも進み始めた。NEDOのプロジェクトとして耐風性能の検証を行い、2019年に設計ガイドラインが公表される予定だ。(2017/4/27)

台風1号「ムイファー」発生
26日午前9時、フィリピンの東で台風1号「ムイファー」が発生しました。動きは遅く、今後は次第に北よりに進む見込みです。(2017/4/26)

「ピザポテト」など対象:
カルビー、湖池屋が一部ポテチ休売 ジャガイモ不足で
カルビーと湖池屋が、ポテトチップス製品の一部を休売・終売する方針であることを明らかにした。昨夏の台風の影響で、北海道産ジャガイモの収穫量が激減したことが原因。(2017/4/10)

電子ブックレット/自然エネルギー:
エネルギー列島2016年版(47)沖縄
猛烈な台風が襲う沖縄県では発電設備にも対策が必要だ。強風に耐えられる世界初の風力発電機の実証実験が沖縄本島の南部で始まり、風速30メートル/秒の台風が接近した時でも発電を続けた。島内で生まれる廃食用油や下水汚泥を活用したバイオマス発電によるCO2削減の取り組みも広がる。(2017/3/28)

エネルギー列島2016年版(47)沖縄:
台風に負けない風力発電に挑戦、バイオマスで島のCO2を減らす
猛烈な台風が襲う沖縄県では発電設備にも対策が必要だ。強風に耐えられる世界初の風力発電機の実証実験が沖縄本島の南部で始まり、風速30メートル/秒の台風が接近した時でも発電を続けた。島内で生まれる廃食用油や下水汚泥を活用したバイオマス発電によるCO2削減の取り組みも広がる。(2017/3/21)

蓄電・発電機器:
風力発電の規格を国際基準よりも厳しく、台風や乱気流に対する安全性を向上
経済産業省は風力発電に関するJIS(日本工業規格)を改正した。これまで国際基準と同様に3段階の風速に対して規定していた風車のクラスに新しい区分を設けて、極限の平均風速が50メートル/秒を超える場所を対象に安全性の規定を追加した。合わせて風車が発する騒音の測定方法も見直した。(2017/1/25)

水曜インタビュー劇場(風車公演):
小さな会社の「台風発電」が、くるくる回る日
「台風接近中」と聞くと、ほとんどの人が「建物の中でじっとしておこう」と思うはずだが、暴風を追い求めている人がいる。風力発電を開発しているチャレナジーの清水CEOだ。台風の強い風を使って、どのように発電するかというと……。(2017/1/2)

自然エネルギー:
洋上風力の低コスト化へ、新しい浮体式システムの開発に着手
NEDOは浮体式洋上風力発電の低コスト化に向けた新システムの要素技術開発に着手する。一体化した風車・浮体・タワー方式による軽量化や、台風時の風荷重低減などを実現する新たな浮体式洋上風力発電システムの概念設計などを進め、2030年以降に浮体式洋上風力発電のコストを1kWh当たり20円まで削減したい考えだ。(2016/12/26)

台風被害でキユーピー「アヲハタコーン」が販売終了に 今後は缶詰ではなくレトルトパウチなどでの復活を模索
委託先の製造工場が缶詰商品から撤退したため。(2016/12/7)

湖池屋、台風10号で被災した北海道の工場が復旧 「カラムーチョ」シリーズの売上を被災地支援に寄付
8月30日に上陸した台風の影響で、12月1日までシレラ富良野工場がストップしていました。(2016/12/1)

台風10号の被災から復旧:
湖池屋、北海道で「カラムーチョ」製造再開
湖池屋は12月1日からシレラ富良野工場でポテトチップス商品の製造を再開する。同工場は台風10号による被災で操業停止していた。(2016/12/1)

台風などの影響で4カ月ぶりに減少 コンビニ9月売上高
日本フランチャイズチェーン協会は主要コンビニエンスストアの2016年9月売り上げ実績を発表した。(2016/10/20)

ハリケーン「マシュー」の影響で「レッドスプライト」発生 なにその必殺技みたいな謎現象⁉
「週刊少年ジャンプ」の同名漫画もこの現象に由来?(2016/10/6)

台風18号 速度をあげて北陸、東北へ
今夜までに温帯低気圧に変わりますが油断はできません。(2016/10/5)

台風の目までクッキリ 宇宙から撮影した台風18号が圧倒的な勢力を示す
ハリケーン「マシュー」の映像もNASAが公開。(2016/10/4)

台風18号の勢力 「猛烈」に
沖縄本島地方は、台風の接近とともに急に風が強まり、3日夜遅くには風速50メートルの猛烈な風が吹く見込み。(2016/10/3)

台風18号 来週は列島直撃の恐れ
3日には沖縄の南へ、4日から5日は九州や四国、本州へ接近し、上陸の恐れも。(2016/9/30)

台風18号 来週 西日本に接近の恐れ
関西では4日ごろ、関東では5日ごろに接近する可能性。(2016/9/29)

野生のR2-D2かな? 台風17号が上陸した台湾で冷蔵庫が車道を走行する珍事
初めてとは思えない、見事な冷蔵庫さばき。(2016/9/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
日本の鉄道史に残る改軌の偉業 北海道もチャンスかもしれない
鉄道ファンならずとも、JR北海道の行く末を案じる人は多いだろう。安全を錦の御旗とし、資金不足を理由に不採算路線を切り離す。それは企業行動として正しい。そして再生へ向けて動き出そうというときに台風・豪雨被害に遭った。暗い話しか出てこないけれど、今こそ夢のある話をしたい。(2016/9/23)

台風16号 東海道沖で温帯低気圧に
13日午前3時、フィリピンの東で発生した台風16号は、20日午前0時過ぎに鹿児島県大隅半島に上陸、午後1時半頃に和歌山県田辺市付近に再上陸したあと、午後9時に東海道沖で温帯低気圧に変わりました。(2016/9/20)

台風と前線 太平洋側は猛烈な雨の恐れ
台風16号は昼頃にかけて四国沖を進むでしょう。日中は西日本、夕方以降は東日本で荒れた天気になる見込みです。太平洋側を中心に大雨や暴風、高波に警戒が必要です。(2016/9/20)

台風16号 九州に接近・上陸の恐れ
今夜遅くからあす(20日)未明には、九州に接近・上陸する恐れがあります。(2016/9/19)

強い台風16号 3連休を直撃
木曜には非常に強い勢力に。金曜に石垣島など先島諸島に接近し、月曜の敬老の日に西日本に接近、上陸の恐れも。(2016/9/14)

台風15号と16号が同時発生 16号は日本への影響が懸念される
日本の南にある台風14号と合わせて3つの台風が存在することに。(2016/9/13)

台風14号 今年最強か
予想通りなら、今年最強に。(2016/9/11)

台風13号 温帯低気圧に変わりました
まだまだ警戒が必要です。(2016/9/8)

吊り革に「コロッケ」 竜ヶ崎線に世界初「コロッケトレイン」運行開始
台風が来ても安心。(2016/9/7)

日本など東アジアを襲う台風が強大化 米研究チームが発表
「最近、台風がすごくない?」を裏付ける研究が。ここ40年で台風は約12%強大になったという。(2016/9/6)

台風9号の影響で運休していた多摩湖線が再開 復旧の様子をご覧ください
すごい勢いで整備されていく。(2016/9/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。