ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台風・ハリケーン」最新記事一覧

みなさんに愛されて15年 ネットの謎風習「台風コロッケ」が15周年を迎えていた
そんな昔だったのか……!(2016/8/22)

台風9号で交通機関に大きな影響 Twitterにはマンホールから吹き出す水や増水した川の様子も
今後も警戒が必要です。(2016/8/22)

台風9号、昼頃に静岡に上陸か 関東を中心に大雨・洪水警報が発表されているのでご注意を
不急不要なお出かけは控えましょう。(2016/8/22)

今週の天気 台風直撃 首都圏も警戒
台風9号は22日(月)に東海から関東に上陸の恐れ。雨や風のピークは22日昼前から夜。通勤の帰宅時間帯とも重なるため交通機関の乱れをはじめ低い土地の浸水など厳重警戒。(2016/8/21)

3個の台風が列島に影響か
ジェットストリームアタック的な……とか言っている場合じゃない!(2016/8/20)

台風9号発生 週明け本州接近か
名前は「ミンドゥル」で、「たんぽぽ」という意味。(2016/8/19)

成田童夢、「ポケモンGO」で現在入手可能な142種類をゲット 台風の中を旅して世界初のオリンピアンポケモンマスターになる
この熱意、ハンパじゃない。(2016/8/17)

台風7号 関東は夕方以降に荒天 早めに帰宅を
台風7号が関東に接近。昼すぎから雨が降り出し、夕方以降は雨や風が強まるので、できるだけ早めに帰宅するとよさそうです。(2016/8/16)

台風7号 関東は夕方以降 荒天
関東、今夜から明日の朝にかけて最接近(2016/8/16)

台風7号 関東直撃か
台風7号が北上中。8月17日に関東に接近する見込みです。西よりのコースを進んだ場合は関東を直撃する恐れも。(2016/8/15)

台風7号 関東直撃か
早めの備えを。(2016/8/15)

猛烈な暑さで日本列島が真っ赤に 38度の予想が出ている地域も
関東は台風5号の影響で温かく湿った空気が流れこんでくる見込み。(2016/8/8)

台風5号 関東地方へ接近か
台風5号は8月5日、小笠原近海を北上しており、来週の初め頃には東日本から北日本の太平洋側に近づく予想です。(2016/8/5)

自然エネルギー:
台風で使えなくなった町営の小水力発電所、パワーアップして5年ぶりに運転開始
北海道で5年前に運転を停止した町営の小水力発電所が復活した。60年以上も前に建設した古い発電設備が台風による洪水で使えない状態になっていた。設備を譲り受けた民間の発電事業者が全面的な更新工事を実施して、発電能力を増強したうえで運転再開にこぎつけた。(2016/7/20)

台風とともに夏が来る 映画「台風のノルダ」が地上波初登場! フジテレビで7月7日24時55分〜
野村周平さんも出演しています。(2016/7/7)

目がくっきり 猛烈な台風1号
7日から8日にかけて、宮古島や石垣島など先島諸島に接近する恐れがあります。(2016/7/6)

7年ぶり 「非常に強い」台風1号予想
台風は1号としては7年ぶりに「非常に強い」勢力に発達すると予想されています。(2016/7/5)

台風1号発生 今週後半に沖縄の南へ
1951年の統計開始以来、台風1号の発生としては2番目に遅い発生。(2016/7/3)

人間同様、普段からの備えが重要! 地震、台風などの災害からペットの命を守るには?
動物にも防災対策が必要。(2016/6/5)

蓄電・発電機器:
台風や爆弾低気圧でも発電、IoTと機械学習を活用する次世代風力
一般的なプロペラ型の風力発電機は台風などの強風時には稼働できないーー。こうした常識を覆すユニークな風力発電機を開発しているのがベンチャー企業のチャレナジーだ。同社は以前から開発を進めている「垂直軸型マグナス風力発電機」の実用化に向け、沖縄県で日本ユニシスと共同で実証試験を開始する。発電機の性能を検証するだけでなく、同時にIoTや機械学習を活用した「風力発電サービス」の開発も目指す計画だ。(2016/5/31)

エネルギー列島2015年版(47)沖縄:
小さな離島で再生可能エネルギー7割へ、台風を避けながら風力発電と太陽光を
火力発電の依存度が高い沖縄県で、小規模な離島の電力源を再生可能エネルギーに転換するプロジェクトが進んでいる。台風を避けられる可倒式の風力発電所を中核に、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて島内の需給バランスを安定させる試みだ。沖縄本島にも大規模なメガソーラーが増えてきた。(2016/3/15)

自然エネルギー:
倒れる風力発電設備が合計7基に、台風の多い沖縄で
沖縄電力は沖縄県周辺の離島のエネルギー源として、風力発電設備の導入を進めている。このほど多良間島(たらまじま)に2基目の設備を設置し、営業運転を開始した。台風の多い地域であることを考慮して、強風時には“倒せる”設計になっているのが大きな特徴だ。(2016/3/3)

新連載・事例に学ぶ、地方創生最前線:
ハリケーンの被害から10年、ニューオリンズはどのようにして「再生」したのか
ジャズ発祥の地として名高いニューオーリンズ。米国ルイジアナ州最大の都市に2005年、ハリケーン・カトリーナが襲った。10年が経った今、現地はどのようにして「再生」したのか。(2016/3/2)

蓄電・発電機器:
強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型
ベンチャー企業のチャレナジーが取り組む「台風発電」のクラウドファンディングが順調だ。既に目標金額としていた200万円を突破し、2016年夏に実施する屋外実証用の費用を獲得できる見込みだ。(2016/1/29)

寒い日のデッキアップにぴったり 篠原重工と特車二課のウインドブレーカー、ワンフェスで先行販売
特車二課と篠原重工のウィンドブレーカーが登場。寒い日のデッキアップや台風直前の防水処理、埋め立て地でのランニングにぴったりです。(2016/1/27)

世界初「台風発電」実現を目指して 実証実験費用をクラウドファンディング
プロペラを使わない風力発電機で、台風のエネルギーを電気に変えるプロジェクトが始動。クラウドファンディングで資金を募っている。(2016/1/27)

和田憲一郎の電動化新時代!(19):
中国新エネ車が席巻する、2016年の電気自動車/プラグインハイブリッド車市場
2015年、中国の新エネルギー車(新エネ車)の年間販売台数が22万〜25万台に達した。新エネ車=電気自動車もしくはプラグインハイブリッド車であり、その市場規模は米国を抜きトップに立つ見込み。2016年以降もその成長は加速する勢いで、今後の電気自動車/プラグインハイブリッド車市場は中国が台風の目になりそうだ。(2016/1/13)

台風で被災のJR名松線が6年5カ月ぶり全線再開へ 
2009年の台風18号で被災して以来、バス代行輸送となっていました。(2015/12/20)

検索で振り返る2015年 Googleが2015年度の検索急上昇ランキングを発表 1位は国際問題のあのキーワード
3位は「ラグビー」、2位は「台風」と来て……。(2015/12/16)

自然エネルギー:
世界で初めて台風直撃に耐えた浮体式洋上風力発電、課題はコストと設置方法
海に浮かべた風車で発電する浮体式洋上風力発電への期待が高まっている。日本初の浮体式洋上風力発電所実証実験受託企業の1社である戸田建設では「エコプロダクツ2015」に出展し、浮体式洋上風力発電の動向について紹介した。(2015/12/14)

台風27号が発生
11日午後3時、カロリン諸島で台風27号「メーロー」が発生しました。今年は1月から12月まで毎月連続で台風が発生しています。(2015/12/11)

台風27号発生 今年は毎月連続で発生
今年の台風は1月から12月にかけて毎月連続で発生。(2015/12/11)

日本気象協会が選ぶ「2015年お天気10大ニュース・ランキング」決定 第1位は住宅街が浸水した「台風18号による大雨」
第2位はひまわり8号の運用開始。(2015/12/10)

台風26号「インファ」発生
「花火」という意味だそうです。(2015/11/18)

中国市場の台風の目「なんちゃって4K」テレビを買って驚いた
55インチの「4K」スマートテレビが5万円台という低価格で登場する中国。だがその「4K」と「スマート」にはこんな裏があった──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/11/10)

自然エネルギー:
“倒れる”風力発電、台風の多い沖縄県で4島目の稼働
沖縄電力は、沖縄県多良間島(たらまじま)に、台風時などに倒して強風を回避できる「可倒式」の風力発電設備を建設し、営業運転を開始した。沖縄電力の可倒式風力発電設備の導入は4島目となる。(2015/11/4)

今年3回目のダブル台風 動きに注意
今日未明に台風25号が発生。10年で2番目に早いペースです。(2015/10/14)

か、かわいい! 2012年にハリケーンから救出されたリス「Jill」がInstagramで人気爆発中
今年1月にアカウントを開設し、現在は約3万8000フォロワー。(2015/10/12)

超大型の台風23号 北海道は大荒れ
超大型の台風23号が北上中。北海道は暴風や高波、高潮に厳重警戒が必要です。(2015/10/8)

台風23号 異例の発達で北へ
関東や東北も風が強く、北海道は大荒れの恐れ。(2015/10/7)

台風23号 「大型」ゆえの注意点
今後、日本列島の広い範囲で風が強まるおそれがあります。(2015/10/6)

台風23号「チョーイワン」発生
2日午後3時にウェーク島で。(2015/10/2)

台風21号「ドゥージェン」発生
23日午前3時、フィリピンの東で台風21号が発生しました。(2015/9/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
水害復旧に鉄道の出番なし? 利益優先が国土を衰弱させる
今月の台風18号による大雨は鉄道の被害も大きく、関東鉄道常総線の冠水など復旧の目処が立たない路線がいくつかある。そして各方面の復旧作業が進む中、大量のがれき処理問題が浮上した。東日本大震災のように、鉄道貨物によるがれき輸送は実施されないのか?(2015/9/18)

台風被災地の航空写真、Googleが公開 氾濫した鬼怒川の様子、生々しく
大雨の被害を受けた地域の一部を撮影した航空写真をGoogleが公開した。堤防が決壊した鬼怒川などの様子が生々しく見て取れる。(2015/9/11)

どの道なら通れた? 大雨被害地域の通行実績、Googleとヤフーが地図で公開 ホンダのデータ活用
台風18号の影響などで大雨の被害を受けたエリアで、実際に通行できた道路を地図上に示すサービスを、Googleとヤフーがそれぞれ始めた。(2015/9/11)

台風17・18号による被害状況、国交省が新地図システムで報告 随時更新中
災害による被害状況が地図上で確認できる国交省の新システム「DiMAPS」で、台風17・18号による被害情報が随時更新されている。(2015/9/11)

栃木・茨城に大雨特別警報 ただちに命を守るための行動を
台風18号から変わった低気圧の影響で、各地で大雨の被害が相次いでいます。(2015/9/10)

台風18号に続き 今後は17号も警戒
日本の東では台風17号が北上しています。(2015/9/9)

台風18号 関東、帰宅時間に非常に激しい雨 明日も大雨続く
関東地方は台風18号の影響で、関東地方は帰宅時間帯に傘が役に立たないほどの非常に激しい雨が降る見込み。明日も大雨は続く予報です。(2015/9/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。