ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台風・ハリケーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「台風・ハリケーン」に関する情報が集まったページです。

太陽光:
停電時に太陽光発電の自立運転を使ったか? 静岡県がアンケート調査
静岡県は台風24号による大規模停電発生時における、県内の住宅太陽光発電設備(自立運転機能)の利用実態について調査を実施。自宅で停電があったユーザーのうち、自立運転機能を有しているにもかかわらず、機能を利用できなかったユーザーは18%を占めた。(2018/12/14)

他の企業よりも迅速に復旧できたワケ
ハリケーン直撃で水没した企業はAWSでいかにデータを保護したか
2017年、ハリケーン・ハービーがGS Marketingのオフィスビルを襲った。同社は業務の基幹機能をAWSに移行していたため、オンプレミスのデータセンターが水没したものの、被害を最小に食い止めることができた。(2018/11/28)

【マンガ】今更だけど、台風の名前って誰がどうやって決めてるの?
ちょっと変わった名前が多いイメージ。(2018/11/19)

“予備の予備”大ゾーン基地局を初運用――ドコモが災害対策の近況を報告
大雨や台風、地震といった自然災害が相次いだ2019年7〜9月の日本列島。とりわけ9月の台風21号と北海道胆振東部地震は携帯電話ネットワークに大きな被害をもたらした。NTTドコモではどのような状況になったのか。災害対策担当者が今後の対応も含めて説明した。(2018/11/6)

1カ月かけてコツコツ伐採:
台風で折れて中央線を止めた木の末路は? 「無残な姿」になるまでを撮り続けた
9月30日の深夜に首都圏を通過した台風24号でJR四ツ谷駅の木が折れた。倒木の影響で10月1日には中央線が運転を見合わせたが、折れた木はその後はその後どうなるのか? 撮影を続けた(2018/11/5)

年間1000万人なるか:
沖縄の観光客数、上半期は519万人 過去最高も台風が影
沖縄県が発表した18年上半期の入域観光客数は前年同期比3%増の519万7300人で過去最高を更新した。国内外の航空路線の拡充や、クルーズ船の寄港回数増などが主な要因。(2018/11/2)

復旧・復興に追われる農山漁村:
災害や気候変動に対応した食料生産体制づくりが急務
西日本豪雨、最大震度7を観測した北海道地震、大型台風の相次ぐ上陸……。「実りの秋」を迎えた今も、多くの農山漁村が自然災害からの復旧・復興に追われている。一連の災害は日本の食糧安全保障の問題を浮き彫りにした。加えて地球温暖化の影響も気がかりだ。秋田の代表的なコメの銘柄「あきたこまち」が「(将来、温暖化のために産地が北上して)北海道で生産されるようになるかもしれない」と話す専門家もおり、災害や気候変動に強い食料生産の体制づくりが急務となっている。(2018/10/24)

若者を取り込む:
LINEと損保ジャパンが保険販売 1日100円から、最短60秒で契約
無料通信アプリのLINE(ライン)と損害保険ジャパン日本興亜は16日、スマートフォンのLINEアプリで損害保険に加入できるサービス「LINEほけん」を始めた。台風や野外フェスティバルなどさまざまな場面で、1日単位で保険料100円から加入でき、最短60秒で契約できるのが売りだ。両社はスマホを通じて保険離れが進む若者の需要を取り込む。LINEは金融サービス強化を掲げており、証券投資や仮想通貨などにも参入する。(2018/10/17)

既存店売上高が不振:
ファミレス「ココス」が業績予想を下方修正 台風・豪雨で売り上げ減、人件費も上昇
ファミレスのココスジャパンが通期業績を下方修正。夏季に天候不順が相次いだ影響で、既存店売上高が不振だったことが響いた。人件費上昇も利益を圧迫した。(2018/10/15)

災害×新技術:
ドローンで“台風21号”による公共施設の被災状況を点検、飛行プラン策定に天気予報システム活用
大阪府泉南市で2018年9月19〜21日、E・C・R一級建築士事務所がドローンを使用し、公共施設の点検撮影を行った。泉南市と同事務所が2018年4月6日に締結した「災害時における支援協力に関する協定書」に基づくもので、期間の決定には同社がサービス提供するドローン向けの天気予報システム「Dro天(どろてん)」が活用された。(2018/10/9)

日本気象協会かたる迷惑メールに注意 「台風は最悪のコースへ」など気象情報装う
日本気象協会は個人に対する電子メールでの案内はしていません。(2018/10/5)

怖いほどに美しい 台風24号で無人になった新宿駅の写真「街から人が消えた日」が話題に 撮影裏話を写真家に聞いた
新宿が静止した日。(2018/10/5)

「本当に悔しい。悔しいなあ」 のん、台風で中止の野音ライブにコメント “おわび”に過去のライブ映像を限定公開
次回に期待!(2018/10/2)

巨木が根こそぎ倒れる国営昭和記念公園、井の頭公園 台風24号、都内のあちこちに爪痕 SNSに写真続々と
都民の日でしたが国営昭和記念公園は終日休園に。(2018/10/1)

首都圏の路線は混乱:
台風の爪痕残るJR四ツ谷駅の復旧作業を上から撮った
9月30日の深夜に台風24号が首都圏を通過した影響で、10月1日にはJRや私鉄各線に混乱が生じた。懸命の復旧作業に取り組む四ツ谷駅の様子を撮影した。(2018/10/1)

1日台風一過 10月なのに記録的な猛暑か
10月なのにまさかの34度の予想が。(2018/10/1)

鉄道ストップ「計画運休」 空振り恐れず混乱回避
非常に強い台風が再び列島に襲来し、首都圏のJR在来線や東海道新幹線は「計画運休」に踏み切った。異常災害が頻発する中、こうした事前の運休告知が定着しそうだ。(2018/10/1)

JR西は30日12時以降に順次運休へ 台風24号による鉄道網への影響は全国的、関東は1日朝に要注意
鉄道各社の運行計画が発表されています。(2018/9/30)

関電が「台風に備えた10個の事前チェックリスト」を公開 窓を全て施錠する、トタンを補強するなど
今からでもできる備えもあるはず。(2018/9/30)

台風24号、沖縄を北上 一気に加速しあす本州へ
進路にあたる地域は早めの備えを。(2018/9/29)

台風24号 日本列島直撃のおそれ
ご注意を。(2018/9/26)

台風24号 これまでの予想より北寄りに
(2018/9/24)

関西電力、台風21号による全停電の復旧を発表
ついに復旧。(2018/9/21)

連絡橋の分断、線路の水没から2週間 台風21号で分断された関空線が復旧、18日始発から再開
予定より3日早く再開へ。(2018/9/18)

ハリケーンを報じる米天気予報、被害を完全再現したCGが話題に 「やはり視覚化は大事」「一撃でビビって逃げられる」
確かに分かりやすい。(2018/9/14)

災害対策×ICT:
BIMで災害時にビル地下の“浸水リスク”を可視化、最短の「避難経路」と「所要時間」を提案
大成建設は、建物内部の浸水リスクを評価・判断するシステム「T-Flood Analyzer」に、避難経路と避難にかかる所要時間を算出する機能を追加した。新機能により、集中豪雨や台風など、近年都市の排水能力を超え、甚大な被害をもたらす水害に対して有効な防災計画が立案できる。(2018/9/14)

半径300メートルのIT:
被災地「以外」のSNS民が、被災地にデマを広げないために
2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震、甚大な被害をもたらした台風21号――災害発生時、SNSで流れるデマの被害を食い止め、有効な情報を手に入れるために、私たちが今から使える方法をご紹介します。(2018/9/11)

「本当に助かりました。感謝しています」台風21号で孤立した関西国際空港 現場に居た当事者に利用客やスタッフのようすを聞いた
現地のようすやスタッフの対応について聞きました。(2018/9/8)

大雨、極めて危険な状態も 南では台風発生
前線が停滞するため、あさって10日にかけて西日本を中心に雨量がさらに増える見込み。土砂災害などに警戒が必要です。北海道でも揺れの大きかった地域では二次災害にご注意ください。(2018/9/8)

復旧を支援:
台風21号 損保、調査にドローン活用 大手銀は金利優遇も
台風21号による関西地方の甚大な被害を受け、金融各社が復旧支援を急いでいる。損害保険大手は5日、被害状況を把握するため現地で対策部署を設置し、ドローンを用いた調査の準備に入った。災害救助法が適用されれば、大手銀行も被災した個人の住宅ローンや企業向けの融資の金利を優遇し、復旧を支援する方針だ。(2018/9/7)

台風時にピザの配達バイクが立ち往生 「休みにすべき」と批判沸く 各ピザチェーンの方針は
ドミノ・ピザ、ピザーラ、ピザハット、ナポリの窯、シカゴピザ、5つに台風時の配達方針を取材しました。(2018/9/6)

折れた電柱、応急処置で“添え木” 中部電力がTwitterで過去に解説
台風21号の影響で折れた電柱を、添え木のような柱を添わせて仮復旧させる方法がTwitterで注目を浴びている。(2018/9/6)

台風21号:
“孤島”関空から海路で神戸へ 利用客ら「紙一枚張り出されただけ。ストレスたまった」「蒸し暑く我慢の限界」
台風21号による浸水被害などの影響で約5千人が孤立した関西国際空港で5日早朝、利用客を神戸空港(神戸市中央区)に輸送する高速船の臨時運航が始まった。表情に疲れがにじんだ利用客からは安堵(あんど)の声がこぼれた一方、「関空から十分な説明がなく困った」と憤りの声も聞かれた。(2018/9/6)

台風21号:
関電担当者「対応追いつかない」……折損電柱369本「さらに増える」
台風21号により大規模停電に見舞われた関西電力の送配電カンパニー担当の高市和明氏ら担当者は5日会見し、停電の状況と復旧見通しについて詳細な説明を行った。主な一問一答は以下の通り。(2018/9/6)

台風21号:
大規模停電、岸和田や尼崎、和歌山市内で深刻被害 関電・岩根社長「想定よりはるかに大きい」
台風21号で大規模な停電が発生したことを受け、関西電力の岩根茂樹社長は5日午前10時、大阪市北区の本社で緊急会見を開き、陳謝した。岩根社長は冒頭、「台風21号の影響により、発生した停電に伴い、多くのお客さまに長時間にわたりご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません」と頭を下げた。(2018/9/5)

納期への影響を危惧:
再開見通し立たない関空、エレ各社に及ぼす影響
各地で甚大な被害をもたらした台風21号。供用再開の見通しが立たない関西国際空港を物流拠点とするエレクトロニクス各社にも企業活動への影響が広がっている。EE Times Japanでは、関西および北陸地方に事業所や工場が所在するエレクトロニクス各社について、操業状況や物流への影響をまとめた。(2018/9/5)

台風21号の影響で各キャリアの通信に障害
9月3日から5日にかけて四国・近畿・北陸地方を縦断した「台風21号」。9月5日午後3時現在における携帯電話に関する障害状況をまとめた。(2018/9/5)

「家の中がすでに台風一過」 小型の台風「ネコ号」の襲来で家の中をめちゃくちゃにされた飼い主さん
知らんぷり顔の猫ちゃんたちがかわいい。(2018/9/5)

延暦寺、平野神社など寺社にも大きな台風被害 参拝中止続くところも
倒木などで被害が出ています。(2018/9/5)

JR阪和線、台風で線路内の電柱倒れる 5日朝の通勤ラッシュ「運行本数5割に減らす」
電柱が倒れて電車の上に。(2018/9/5)

停電中に「オタク棒で光源確保してる」 台風による暗闇をペンライトでカラフルに凌ぐ写真がライブ会場
時代ならではの、停電時の群像劇。(2018/9/4)

USJ、台風の影響により9月5日の営業を中止に 通常営業は6日から
2日連続の営業中止となります。(2018/9/4)

関西空港、海上に孤立 台風21号で滑走路が冠水、連絡橋はタンカー追突で分断され復旧めど立たず
台風21号の影響で大きな被害が出ています。(2018/9/4)

近畿・四国の一部で携帯電話がつながりにくく 台風21号の影響
台風21号の影響で9月4日、近畿・四国地域の一部でソフトバンク、au、NTTドコモの携帯電話が利用しにくい状況になっている。停電や通信ケーブルの障害が発生したためという。(2018/9/4)

台風21号の影響により各地で停電 切れた電線や傾いた電柱にご注意を
電力会社各社が停電情報を発表。(2018/9/4)

台風21号、西日本で猛威 「観覧車が逆回転」「京都駅の天井崩壊」ネットに動画相次ぐ
非常に強い台風21号が9月4日、西日本で猛威を振るっている。同日正午ごろに徳島県南部に上陸し、午後2時ごろには兵庫県神戸市に再上陸した。(2018/9/4)

吹き飛ぶ屋根、割れる窓、転がる車 台風21号の影響で各地に甚大な被害、SNSに投稿続く
厳重な警戒を。(2018/9/4)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、台風接近で9月4日は終日休園に
ネットでは「ナイス判断」など称賛も。(2018/9/3)

【台風21号接近】JR西の京阪神エリア、9月4日は「早朝から一部区間運休」「10時までに在来線全線で運休」
十分な警戒を。(2018/9/3)

台風21号 今年最強レベル 週明け列島へ
4日から5日にかけて列島へ接近、上陸の恐れがあります。(2018/8/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。