ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NASA」最新記事一覧

National Aeronautics and Space Administration:アメリカ航空宇宙局

関連キーワード

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第42回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(準備編)
ホステッドレジストリは、一般に「Docker Hub」が有名ですが、今回はNASAやeBayも利用しているホステッドレジストリの「Quay.io」を使って、実際にDockerイメージを管理してみます。(2017/6/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

NASAの宇宙服向け新素材がチェインメイル風で強そう 3Dプリンターで宇宙でも現地生産可能
低コストで複雑な形を作れるメリットが。(2017/5/11)

ラリー・ペイジ氏が空飛ぶ車なら:
サーゲイ・ブリン氏、モフェットフィールドで飛行船を開発中か
Googleの共同創業者、サーゲイ・ブリン氏がキャンパスの隣のNASAの飛行場で巨大な飛行船を開発中であるとBloombergが報じた。(2017/4/26)

NASA、土星の輪のあいだから見える地球を公開 年内に消滅予定の探査機「カッシーニ」から撮影
土星から見るとぜんぜん青くない惑星・地球。(2017/4/24)

火星に樹が見つかる? NASAのモノクロ写真に「切り株が写っている」声上がる
加工したら見えなくもない?(2017/4/23)

NASAがロケット発射の様子を360度動画でライブ配信
故ジョン・グレン氏の名を付けられた宇宙船を、グレン氏を乗せたロケットの末裔が運ぶ。(2017/4/18)

土星の衛星「エンケラドス」に水素分子 NASAが観測 生命が存在する可能性
エンケラドスの海では、海底から熱水が噴き出し、岩石と反応して水素分子が生成されている可能性が高まった。(2017/4/14)

土星の衛星エンケラドスに水素 生命を育める環境の可能性
「地球以外の居住可能な世界を探す上で重要なマイルストーン」とNASA。(2017/4/14)

NASAの女性宇宙飛行士が宇宙から初の4Kライブ中継を実施――4月27日
NASAとAmazon Web Servicesは、NASA宇宙飛行士のペギー・ウィットソン氏が宇宙からの高画質ライブストリーミングを実施すると発表した。(2017/4/13)

NASA、「地球外の海」に関する重大発表を告知 4月14日3時に会見の様子をライブ中継
わくわく。(2017/4/12)

元NASA技術者が“絶対真ん中に当たる”ダーツボードを開発 ダーツに合わせて的が移動し強引に命中させる超技術
届きさえすれば、誰でも真ん中に当てられる。(2017/3/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
NASAはなぜ中国を“脅威”に感じるのか
宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。(2017/3/16)

NASA、土星の衛星「パン」の接近写真を公開 白い皮に具材が入った餃子のような見た目
宇宙に漂う餃子(パン)。(2017/3/10)

NASA、40光年先で地球に似た7つの惑星を発見 うち3つは生命居住可能か
水の存在など今後の研究が期待される。(2017/2/23)

NASA、地球に似た7つの惑星を40光年先に発見 生命居住可能性も
NASAが、40光年先の赤色矮星を周回する7つの地球によく似た惑星を発見したと発表した。そのうち3つは生命居住可能地域(ハビタブルゾーン)である可能性が高いという。(2017/2/23)

NASA、「太陽系外惑星に関する新発見」について発表へ
記者会見は日本時間で23日午前3時から。(2017/2/22)

「人類を再び月へ」1972年以来の有人ミッションで欧州宇宙機関がNASAに協力
アポロ以来初となる月へのミッションは米欧宇宙機関の共同作業になるようだ。(2017/2/9)

「土星の輪」を超至近距離から! NASAが土星探査機「カッシーニ」からの最新映像を公開
リングの構造がくっきり。(2017/2/9)

“トイレ付き”宇宙服、NASAが開発へ 6日着たままOK、地上の生活も変える?
NASAは3、4年後をめどに、排泄物を処理する機能が付いた宇宙服を開発する。(2017/1/10)

CES 2017:
自動運転車が判断できない場面はマネジャーが指導? NASAと組んだ日産の成果とは
自動運転車が状況判断するために“マネジャー”をつける――。民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」の基調講演に、日産自動車 会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏が登壇。ゼロエミッションとゼロフェイタリティ(交通事故による死傷者数ゼロ)に向けた取り組みの成果を語った。(2017/1/10)

CES 2017:
日産、自動運転車にNASAの技術応用 不測のトラブルでも遠隔操作で回避
完全自動運転車が不測の事態に見舞われても、遠隔操作で安全に走行させるシステム「SAM」を日産が発表。NASAの探査ロボットの技術を応用したという。(2017/1/6)

「スペースうんちチャレンジ」――NASAが宇宙服トイレのアイデア募集 賞金3万ドル
宇宙服を着たままハンズフリーで排せつできる「おむつではない」仕組みのアイデアをNASAが募集している。(2016/11/25)

海氷がみるみるうちに減っていく 北極海30年のタイムラプス動画をNASAが公開
海氷の砦となる古い氷も、30年前に比べ18分の1にまで減少。(2016/11/1)

台風の目までクッキリ 宇宙から撮影した台風18号が圧倒的な勢力を示す
ハリケーン「マシュー」の映像もNASAが公開。(2016/10/4)

木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出、「海」の成分解明へ NASAが発表
木星の衛星「エウロパ」の表面から水蒸気が噴出している可能性があるとNASAが発表。エウロパの表面下に液体の水の「海」があることを裏付けるものだ。(2016/9/27)

木星の衛星「エウロパ」地表から水分が噴出している可能性 NASAが驚くべき発表
生命は存在するのか?(2016/9/27)

木星の衛星「エウロパ」に液体の水? NASAが“驚くべき発見”発表へ
表面が氷で覆われている木星の衛星「エウロパ」について、NASAが「驚くべき活動の証拠」を9月26日に発表すると告知。(2016/9/26)

NASA、木星の衛星エウロパの「驚くべき活動の証拠」について会見へ
驚くべき活動とは一体。(2016/9/24)

太陽光:
火星探査の技術を採用、メガソーラー・ローバーは高速で正確
米TerraSmartは大規模太陽光発電所(メガソーラー)の予定地調査や杭打ち作業に利用できる自律車両を開発。2016年10月には出力42メガワットの建設予定地に投入する。作業員の6倍以上の効率で正確に調査できる第2世代機の計画もある。いずれもNASAの火星探査機(ローバー)の技術を用いたという。(2016/9/20)

京大学園祭のテーマが「ぽきたw魔剤ンゴ!?ありえん良さみが深いw京大からのNFで優勝せえへん?そり!そりすぎてソリになったwや、漏れのモタクと化したことのNASAそりでわ、無限に練りをしまつぽやしみ〜」に決定
何言ってんだこいつら。(2016/9/2)

NASAの火星有人探査、2030年代に実現へ そのカギは……「VR訓練」
盛り上がりを見せるVRの世界。2030年半ばに火星有人探査を計画するアメリカ航空宇宙局(NASA)も宇宙飛行士の訓練に活用を見込んでいるようだ。(2016/8/9)

GM/NASA/Bioservo Technologies:
宇宙ロボット技術を製造現場向けパワーアシストグローブに応用――GMが自社工場で試験
GMは、NASAと共同開発した国際宇宙ステーション用のロボットグローブ技術「Robo-Glove」のライセンス契約を、スウェーデンのBioservo Technologiesと締結したことを発表。今後、Bioservo Technologiesは製造業やヘルスケア分野向けに同技術を応用したパワーアシストグローブを展開していく。(2016/7/29)

NASAの公式Twitterがハッキングされ「お尻」写真ツイート アイコンもセクシーお姉さんに
早く直してあげて……!(2016/7/7)

Googleロゴが「探査機ジュノー」に 木星周回軌道投入を祝福
NASAの無人探査機「ジュノー」が木星の上空に到達した。Google検索のロゴの部分が、ジュノーとNASAの管制室を描いたアニメーションに変わっている。(2016/7/5)

宇宙飛行士が無断でサンドウィッチを持ち込んで宇宙へ飛び立つ 実話アニメ公開
もちろんNASAに怒られました。(2016/6/8)

NASAが新たに1284個の惑星を確認 うち9個に生命体の可能性
ケプラー宇宙望遠鏡が発見しました。(2016/5/11)

NASA、宇宙望遠鏡「ケプラー」異常復旧 ミッション継続へ
何らかの異常が発生し、操作が不安定になっていた宇宙望遠鏡「ケプラー」が復旧したことをNASAが発表した。(2016/4/12)

NASA、宇宙望遠鏡「ケプラー」に異常 操作が不安定に
太陽系外惑星を探査している宇宙望遠鏡「ケプラー」に異常が発生したことをNASAが発表した。(2016/4/11)

上層大気に輝くスペクタクルな大気光! NASAが国際宇宙ステーションから撮影したタイムラプス動画を公開
壮観の一言。(2016/4/6)

現代版マグネットコーティングを施術! 燕市と鯖江市の技術を結集した「GUNDAM バーニアタンブラー ION PLATING」予約受付開始
NASA生まれの技術を応用して、タンブラーをメッキしようっていうんだ。(2016/3/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
生命の痕跡を探せ! NASAで火星探査ロボット開発をリードする日本人
NASAの中核研究機関で火星探査ロボットの開発に従事する新進気鋭の日本人をご存じだろうか。今回はそんな若者の取り組みを紹介する。(2016/3/25)

NASA研究のレーザー推進なら3日で「火星の人」に?
「理論的には可能」とされていたレーザー推進宇宙飛行に、NASAが本気で取り組んでいるようだ。さらに反物質エンジンまで。(2016/3/8)

NASA、“ISS勤務ロボットにより良い目を”コンテスト開催 賞金総額1万ドル
国際宇宙ステーションでテスト中の人型ロボット「Robonaut 2」に3Dの物体を識別できる目を与えるためのアルゴリズムを募集するコンテストをNASAが開催した。賞金総額は1万ドルだ。(2016/2/25)

米郵政公社が“宇宙切手”を発売! NASAが撮影した「冥王星」や「スタートレック」など
2016年の「フォーエバー・スタンプ(永久切手)」に採用されました。(2016/1/5)

宇宙からのちょっと早いプレゼント? クリスマスイブに地球へ接近する小惑星の画像をNASAが公開
サンタとトナカイもびっくりしたと思いますが、衝突の危険性はないそうです。(2015/12/24)

クリスマスイブに地球に近づく小惑星 NASAがその姿を公開
「クリスマスイブ・アステロイド」の姿をNASAが公開している。もちろん、サンタが地球に衝突するようなことはない。(2015/12/24)

NASA、火星有人探査に向けて宇宙飛行士を米国で公募開始 2017年春に選抜結果発表へ
米航空宇宙局(NASA)が火星有人探査を視野に入れた宇宙飛行士の公募を米国で開始した。採用された候補者は訓練の後、BoeingやSpace Xが開発中の有人宇宙船での飛行や国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在などのミッションに従事する。(2015/12/15)

Google、量子コンピュータでPCの1億倍高速な解析に成功と発表
GoogleとNASAが共同運営する量子AI研究所が、量子コンピュータ「D-Wave 2X」とシングルコアコンピュータに約1000個の変数の組み合わせ最適化問題を解かせたところ、D-Wave 2Xが1億倍高速だったと発表した。(2015/12/10)

地形がはっきりくっきり分かるぞ! 無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した高解像度な冥王星の写真をNASAが公開
スプートニク平原からアルイドリーシー山まで。ロマンだ。(2015/12/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。