ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NASA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

National Aeronautics and Space Administration:アメリカ航空宇宙局

関連キーワード

ゴジラが“星座”に 「ガンマ線天体結ぶ22星座」NASAなどの研究チームが考案
あのゴジラが星座に――NASAなどの研究チームが、「ゴジラ座」などを含む新たな“星座”を発表した。ガンマ線を放射する天体「ガンマ線天体」を線で結び、「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」として考案。(2018/10/18)

「ゴジラ座」誕生 NASAが新発見のガンマ線天体から定めた22星座の1つに
国際天文学連合が定義する88星座とは別枠。ほかにも「ハルク座」や「エンタープライズ号座」、「シュレディンガーの猫座」などが定められています。(2018/10/18)

コンボリューショナルニューラルネットワークで分析
新惑星発見に使われたGoogleの機械学習技術とは プロジェクト発案者が語る
GoogleとNASAは、機械学習技術の一つであるコンボリューショナルニューラルネットワークを用いて、新惑星を発見した。惑星探索に機械学習技術をどう活用したのか。(2018/9/3)

カウルの素材に銅を選ぶセンス……! NASAのエンジニアが作り上げたカスタムバイクが超スーパーイケメンすぎる
スチームパンク感もちょっぴり。(2018/8/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
油まみれの鉄工所がなぜ、ディズニー、NASAから認められたのか?
毎日同じ製品を大量生産していた町工場は、「24時間無人加工の夢工場」へと変身。油まみれで働く社員は、一人もいない。(2018/8/30)

「地球のような惑星探したい」 Googleが明かす、AIで新惑星見つける方法
米航空宇宙局(NASA)のKepler宇宙望遠鏡のデータをAI(人工知能)で解析し、太陽系と同じ8個の惑星を持つ恒星系を2017年12月に発見したGoogle。その次なる挑戦は「地球のような惑星を探すこと」だという。(2018/8/23)

宇宙ビジネスの新潮流:
NASAと協業するベンチャーも オーストラリアの宇宙産業の現在地
南半球のオーストラリアで初めて宇宙機関が発足した。同機関の活動や国際協力のために今後4年間で約4100万オーストラリアドルの予算が計上されたのである。今回はオーストラリアの宇宙産業の今を紹介する。(2018/7/7)

はやぶさ2が“黒い小惑星”に到着 「局面変わった」と期待
探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」は“黒い小惑星”。NASAが探査している別の小惑星との類似点も多く、JAXAのプロジェクトチームは「比較できる点が増えた。局面が変わった」と期待を寄せる。(2018/6/27)

492光年先にある太陽系外惑星を再現 NASAが宇宙旅行をテーマにしたVRコンテンツ公開
2018年、VR太陽系外惑星の旅。(2018/6/4)

キーーン……ドガァッ!!! NASAがダミー人形を使った事故実験映像を公開
迫力ある。(2018/4/28)

“認証”にまつわる3つの「F」をなくす:
PR:NASAジェット推進研究所とEntrust Datacardの挑戦に見る、セキュリティと利便性を両立するポイントとは
環境の変化や政府が求めるセキュリティ基準を踏まえ、ユーザーに制約を課すことなくセキュリティを強化するためのポイントとは何か。エントラストジャパンのカントリーマネージャーである堀川隆治氏が行った「NASAジェット推進研究所が選んだ認証セキュリティ」という講演からそのヒントを探る。(2018/2/28)

宇宙ビジネスの新潮流:
人類は再び月へ 発表されたNASAの予算案とは?
米国連邦政府の予算教書で、NASAの今後の計画が見えてきた。今回は2022年から始まる月周回軌道上の居住基地建設、23年の有人月近傍ミッションなど目玉となるプロジェクトを紹介したい。(2018/2/19)

NASA、太陽系同様の惑星系を発見 ケプラー望遠鏡の観測データからGoogleのAIが分析
ドラえもん的な「地球と似てるけどちょっと違う星」を妄想したら、惑星の推定表面温度は華氏800度でした。住めねえ。(2017/12/15)

NASA、GoogleのAI支援で8惑星の恒星系「Kepler 90」を発見
太陽系と同じ8個の惑星を持つ恒星系が新たに発見された。NASAのKepler宇宙望遠鏡のデータをGoogleのAI(人工知能)が解析することで発見したという。(2017/12/15)

NASAがチェインメイルのようなタイヤを開発 岩石が多い火星をスムーズに走行できる
やわらかそうに見える不思議なタイヤです。(2017/11/24)

火星の“しま模様”は水ではなく砂の流れか 斜面の傾斜が砂丘と類似
NASAは「さらなる調査が必要」。(2017/11/21)

“空飛ぶタクシー”「UberAIR」実現へ NASAと協力
Uberは、“空飛ぶタクシー”「uberAIR」の実現に向け、2020年に米ロサンゼルスで飛行実験を行うと発表した。NASAとも協力する。(2017/11/10)

太陽系を通過する謎の天体 NASAが“太陽系外”からやってきた可能性があると発表
真上から降るようにやってきた「A / 2017 U1」。(2017/10/29)

NASAのキュリオシティの視界をWebVR「Access Mars」で追体験──Chromeブラウザで可能に
Googleが、NASAの火星探索機「Curiosity」から送られてくる画像をWebVRで3D化した仮想の火星を探検するサイト「Access Mars」を公開した。Chromeブラウザで見られる。(2017/10/20)

ハンドスピナーは無重力下でどう回るかNASAが実験→宇宙飛行士がノリノリで一緒に回る楽しげな動画に
ニュートンの運動法則をハンドスピナーで実験。(2017/10/18)

探査機「カッシーニ」がラストミッション完了、土星の大気圏へ NASAが最後の撮影画像を公開
20年続いたカッシーニの宇宙の旅が終わりました。(2017/9/16)

イーロン・マスク氏、SpaceXの宇宙服全身画像をInstagramで公開
NASAの飛行士輸送ミッション向けの宇宙船「Crew Dragon」と飛行士のための宇宙服の画像を、SpaceXのイーロン・マスクCEOが公開した。(2017/9/10)

NASAの日食映像が「ホットパンツと黒ニーソの合間から見えるふともも」に見えると話題に
コラ画像も流行。(2017/8/24)

イーロン・マスク氏、NASAに納品予定の宇宙服を初披露
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、“モックアップではない”宇宙服の画像をInstagramで初披露した。(2017/8/24)

NASAが米国で起きた皆既日食の写真を公開 宇宙から撮影された影を落とす月の様子も
宇宙ヤバイ。(2017/8/22)

米国横断皆既日食をライブストリーミングで見るには?
米国では日本時間の22日午前1時ごろから、38年ぶりの皆既日食が始まる。NASAは宇宙船や高高度気球も動員してこれをライブ配信する。(2017/8/21)

NASAが「惑星保護官」を募集 9歳の子からかわいらしい応募のお手紙が届く
惑星を宇宙人の侵略から守る仕事、ではありません。(2017/8/6)

元NASA技術者、2メートルの巨大水鉄砲を製作 時速400キロ超で噴射し、スイカを真っ二つにする破壊力
暴動が鎮圧できそうな水鉄砲。(2017/7/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第42回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(準備編)
ホステッドレジストリは、一般に「Docker Hub」が有名ですが、今回はNASAやeBayも利用しているホステッドレジストリの「Quay.io」を使って、実際にDockerイメージを管理してみます。(2017/6/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

NASAの宇宙服向け新素材がチェインメイル風で強そう 3Dプリンターで宇宙でも現地生産可能
低コストで複雑な形を作れるメリットが。(2017/5/11)

ラリー・ペイジ氏が空飛ぶ車なら:
サーゲイ・ブリン氏、モフェットフィールドで飛行船を開発中か
Googleの共同創業者、サーゲイ・ブリン氏がキャンパスの隣のNASAの飛行場で巨大な飛行船を開発中であるとBloombergが報じた。(2017/4/26)

NASA、土星の輪のあいだから見える地球を公開 年内に消滅予定の探査機「カッシーニ」から撮影
土星から見るとぜんぜん青くない惑星・地球。(2017/4/24)

火星に樹が見つかる? NASAのモノクロ写真に「切り株が写っている」声上がる
加工したら見えなくもない?(2017/4/23)

NASAがロケット発射の様子を360度動画でライブ配信
故ジョン・グレン氏の名を付けられた宇宙船を、グレン氏を乗せたロケットの末裔が運ぶ。(2017/4/18)

土星の衛星「エンケラドス」に水素分子 NASAが観測 生命が存在する可能性
エンケラドスの海では、海底から熱水が噴き出し、岩石と反応して水素分子が生成されている可能性が高まった。(2017/4/14)

土星の衛星エンケラドスに水素 生命を育める環境の可能性
「地球以外の居住可能な世界を探す上で重要なマイルストーン」とNASA。(2017/4/14)

NASAの女性宇宙飛行士が宇宙から初の4Kライブ中継を実施――4月27日
NASAとAmazon Web Servicesは、NASA宇宙飛行士のペギー・ウィットソン氏が宇宙からの高画質ライブストリーミングを実施すると発表した。(2017/4/13)

NASA、「地球外の海」に関する重大発表を告知 4月14日3時に会見の様子をライブ中継
わくわく。(2017/4/12)

元NASA技術者が“絶対真ん中に当たる”ダーツボードを開発 ダーツに合わせて的が移動し強引に命中させる超技術
届きさえすれば、誰でも真ん中に当てられる。(2017/3/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
NASAはなぜ中国を“脅威”に感じるのか
宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。(2017/3/16)

NASA、土星の衛星「パン」の接近写真を公開 白い皮に具材が入った餃子のような見た目
宇宙に漂う餃子(パン)。(2017/3/10)

NASA、40光年先で地球に似た7つの惑星を発見 うち3つは生命居住可能か
水の存在など今後の研究が期待される。(2017/2/23)

NASA、地球に似た7つの惑星を40光年先に発見 生命居住可能性も
NASAが、40光年先の赤色矮星を周回する7つの地球によく似た惑星を発見したと発表した。そのうち3つは生命居住可能地域(ハビタブルゾーン)である可能性が高いという。(2017/2/23)

NASA、「太陽系外惑星に関する新発見」について発表へ
記者会見は日本時間で23日午前3時から。(2017/2/22)

「人類を再び月へ」1972年以来の有人ミッションで欧州宇宙機関がNASAに協力
アポロ以来初となる月へのミッションは米欧宇宙機関の共同作業になるようだ。(2017/2/9)

「土星の輪」を超至近距離から! NASAが土星探査機「カッシーニ」からの最新映像を公開
リングの構造がくっきり。(2017/2/9)

CES 2017:
自動運転車が判断できない場面はマネジャーが指導? NASAと組んだ日産の成果とは
自動運転車が状況判断するために“マネジャー”をつける――。民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」の基調講演に、日産自動車 会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏が登壇。ゼロエミッションとゼロフェイタリティ(交通事故による死傷者数ゼロ)に向けた取り組みの成果を語った。(2017/1/10)

CES 2017:
日産、自動運転車にNASAの技術応用 不測のトラブルでも遠隔操作で回避
完全自動運転車が不測の事態に見舞われても、遠隔操作で安全に走行させるシステム「SAM」を日産が発表。NASAの探査ロボットの技術を応用したという。(2017/1/6)

「スペースうんちチャレンジ」――NASAが宇宙服トイレのアイデア募集 賞金3万ドル
宇宙服を着たままハンズフリーで排せつできる「おむつではない」仕組みのアイデアをNASAが募集している。(2016/11/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。