ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「一元管理」最新記事一覧

BIM/CIM:
山岳トンネル工事に特化したCIM、大成建設が実践導入
大成建設は施工情報、現場情報、書類情報などを一元管理・共有できる山岳トンネル工事向けのCIM「T-CIM/Tunnel」を開発し、実際の山岳トンネル工事現場への導入を開始した。3D CADより簡易に3Dモデルを作成できる独自のツールを導入し、切羽観察シートの作成を作業現場で完了できるなど、山岳トンネル工事における大幅な現場作業の効率化に貢献するとしている。(2016/9/15)

1つの画面でモバイルデバイスとPC管理
「iPhone、Android、Windows 10を一括管理」、IT管理者の夢は実現するか
VMwareのユーザー環境管理ツールに「Windows 10」のライフサイクル管理機能が追加された。これにより、IT管理者が望む統合エンドポイント管理を実現できるかもしれない。(2016/9/9)

意識改革で省エネ:
PR:エネルギーマネジメントシステムが、最も大きく変えるのは「従業員の意識」
政府の地球温暖化対策によるさまざまな政策により、消費するエネルギーを一括管理し表示したり、制御したりするITシステム「エネルギーマネジメントシステム(EMS)」の普及が広がりを見せている。EMS導入は中小規模の企業には負担が大きいとも見られがちだが、先行した取り組みを見てみると、EMSで最も大きな変化をもたらすのは「従業員の意識」であるという状況が見えてきた。(2016/9/5)

Oracle Sales Cloud/Social Cloud:
グループ6社の顧客情報を一元管理し、営業改革を図るヤマネホールディングス
日本オラクルは、同社の顧客管理・営業支援システム「Oracle Sales Cloud」とソーシャルメディア管理システム「Oracle Social Cloud」をヤマネホールディングス(山根木材)が採用したと発表した。(2016/8/19)

製造IT導入事例:
グループ6社の顧客管理を一元化、営業改革を支援するクラウドサービス
日本オラクルの顧客管理・営業支援システムとソーシャルメディア管理システムを、営業改革を図るヤマネホールディングスが採用。グループ6社の顧客情報を一元管理し、ソーシャル・メディア上の情報をマーケティングに活用していく。(2016/8/9)

BIM/CAD:
BIMのデータから自動積算するサービス、建材の集中購買も支援
建築物を構成する部材などの情報を一元的に管理するBIMのデータを活用した新しいサービスが始まった。建材や家具などの商材データベースとBIMのデータを照合して、自動で積算から見積もりまでを実行できる。設計前にBIMパーツライブラリーを整備することで建材の集中購買も可能になる。(2016/8/4)

Active Directoryによるローカル管理者のパスワード管理(2):
「ローカル管理者」のパスワード管理、どうする?(その2)――LAPSログを一元管理しよう
「PCのローカル管理者パスワード」を効率的に管理するためのツール「Local Administrator Password Solution(LAPS)」の使い方第2弾です。今回はLAPSが出力するログを一元管理する方法を紹介します。(2016/7/28)

増加の一途をたどるデバイスをどう管理するか
PCもスマートフォンも一元管理、お勧めの「エンドポイント管理ツール」5製品
かつてはクライアントPCやモバイルデバイスを別々に管理していたが、一元管理するツールが現れている。本稿では、お勧めの5製品を紹介する。(2016/7/14)

製造ITニュース:
フルスクラッチと比べてコスト半減、業務システムを一元管理する「AppSQUARE」
日立ソリューションズ東日本は、「Excel」に代表される表計算ソフトなどを用いて部門独自に構築していた業務システムを、同一システム上に統合し、業務データと業務プロセスを併せた形で一元管理する業務アプリ構築プラットフォーム「AppSQUARE(アップスクエア)」を発表した。(2016/6/20)

エネルギー管理:
電気や水道の検針データを統合管理、自動検針システムを簡単に
三菱電機は水道メーターやガスメーターなどを手掛ける愛知時計電機と、検針データ統合管理システムの共同開発を開始する。三菱電機の配電制御ネットワークで検針データを一括管理し、自動検針システムの機器構成簡素化と管理コスト低減を実現するソリューションを提供する。(2016/6/17)

オムロン Q-upAuto:
検査情報と設備の稼働情報を一元管理する次世代品質管理システム
オムロンは、プリント基板の実装ラインにおいて、検査情報と設備の稼働情報を一元管理する次世代品質管理システム「Q-upAuto」を開発した。(2016/6/14)

Google、「アカウント情報」でiPhoneも探せるように
Googleが、1年前に公開したGoogle IDを一元管理するサービス「アカウント情報」に、端末を探す機能を追加した。Android端末だけでなく、iPhoneとiPadも探せる。(2016/6/2)

スマートシティ:
IoTでエネルギーを支える街へ、情報を一元管理するシステム
ICT(情報通信技術)を活用してエネルギーを最適化する取り組みが広がりを見せているが、町丸ごとを一元的に情報管理して最適化するスマートシティの建設が全国で増えつつある。これらを支える情報システムを三菱電機が開発し、販売を開始する。(2016/5/23)

製造業IoT:
日本キャタピラーが新ICT建機サービス「顧客や現場だけでなく機械の声も聞く」
日本キャタピラーは、新たなICT建機サービスとなる「CAT CONNECT SOLUTIONS」を発表。これまで個別に提供していた機械管理、生産管理、施工管理、安全管理の4つのサービスを一体運用しながら、クラウドを介してさまざまなデータをリモートで一括管理できるようにした。(2016/4/28)

IT活用:
三菱重工の相模原製作所、日立の統合EMSでエネルギーコストを5%削減
日立製作所が三菱重工相模原製作所(神奈川県相模原市)に導入したエネルギー・設備情報を一元管理する統合マネジメントサービス「EMilia」がこのほど本格稼働した。EMilia導入により世界トップクラスの性能をもつ三菱重工製ガスコージェネレーションシステムの運転を最適化するとともに、その性能を最大限引き出すことで相模原製作所のエネルギーコストを5%削減できる見込みだ。(2016/4/27)

ハノーバーメッセ2016:
「生産落ちてますね、あそこ直した方がいいですよ」と会話する人工知能
富士通は、ハノーバーメッセ2016において、製造業としての業務データや生産データを一元管理し統合的に表示する「環境経営ダッシュボード」に、人工知能機能を搭載し、会話しながら工場の問題を解決する提案を行った。(2016/4/26)

ホワイトペーパー:
iPad活用のSaaS型カタログ管理・配信サービスで効率化と提案力を強化
建設機械の製造販売を手掛ける古河ロックドリルでは、膨大なカタログの一元管理を目的に、クラウド上でカタログを管理し、iPadで取り出せるサービスを導入。運用効率化だけでなく、営業提案力の強化にもつながったサービスとはどのような内容だったのか。(2016/4/22)

医療IT推進×電子カルテ標準化に向けたプラットフォーム:
全国の病院の診療データを一元管理、日立が国立病院機構のデータ集積基盤を構築
日立製作所が、国立病院機構の「国立病院機構 診療情報集積基盤」のデータ集積基盤を構築。個別の電子カルテデータを統一フォーマットで一元管理し、データ分析しやすく整備することで、今後の医療の質の向上につなげる。(2016/4/14)

ぜひ、Hatoholコミュニティーにご参加を!:
PR:運用管理のハブとなる「Hatohol」で、“OSSでの”統合運用管理を実現する
複数のOSS運用管理ツールのハブとなり、システム全体を一元的に管理・運用できる総合管理OSS「Hatohol(はとほる)」。プロジェクトの開始から3年で、既に著名なクラウドサービス事業者やWebサービス事業者に選ばれているという。その理由とは何か。(2016/4/12)

日常的にチェックしたいデータをまとめて管理:
Ptmind、ビッグデータの一元管理サービスを提供開始
Ptmindは、日常的にチェックしたいKPIやビッグデータなどをまとめて管理してチームでシェアできる新サービス「PtOne」の事前受付の開始を発表した。(2016/4/6)

製造IT導入事例:
大手自動車の部品メーカーがグローバル拠点を統合するPLMを採用
Arasは、大手自動車の部品メーカーであるユタカ技研が、グローバル拠点における製品ライフサイクル情報の統合および一元管理を行うPLMとして「Aras Innovator」を採用したと発表した。(2016/3/24)

富士通研究所:
大規模・複雑化するIoTサービスの運用管理を支援するソフトウェア基盤
富士通研究所と富士通研究開発中心は、IoTサービスの運用管理において、多種多様なセンサーやデバイス、ゲートウェイ機器の動作状態やネットワーク状態を一元管理し、安定的な運用を支援するソフトウェアプラットフォームを開発した。(2016/3/14)

製造ITニュース:
法務支援ツールのクラウドサービスを発売
リコージャパンは、契約情報を一元管理し、法務業務の効率を上げる法務支援クラウドサービス「RICOH Contract Workflow Service」を発売した。(2016/1/26)

リクルート、物件見学データを一元管理できるアプリ「スーモ見学ツール」リリース
リクルート住まいカンパニーは、物件見学時の写真や騒音測定、メモなどを一元管理できるアプリ「スーモ見学ツール」をリリースした。(2016/1/22)

製造ITニュース:
ビジュアルアナリティクス機能を備えたクラウドサービスを提供開始
日本オラクルは、データビジュアライゼーション機能を備えたクラウドサービス「Oracle Data Visualization Cloud Service」の提供を開始した。クラウド形式で提供され、アップロードした分析データはクラウド上で一元管理できる。(2016/1/15)

製造IT導入事例:
電子部品メーカー大手がPLMとしてArasを使用、製品設計を一元管理
米Arasは、電子部品メーカー大手の村田製作所が、グローバル拠点での製品設計と開発環境の変化を一元管理するため、同社のオープンソースPLM「Aras Innovator」を使用していると発表した。(2016/1/8)

基礎から分かるグループポリシー再入門(13):
ログオンスクリプトをグループポリシーに置き換えるには?
コンピューターの一元管理に使われることの多い「ログオンスクリプト」。しかし、スクリプトが肥大化したり、メンテナンスが面倒になったりという話もよく聞く。今回は、ログオンスクリプトで実現してきた設定を、グループポリシーに置き換える方法にチャレンジする。(2015/11/27)

ホワイトペーパー:
初期費用が高くてデスクトップ仮想化を諦めた企業へ ROIを高める5つの対策
従業員のデスクトップを一元管理できるデスクトップ仮想化インフラ(VDI)は、運用管理やビジネス支援の課題解決に役立つ。一方でVDIは、初期投資が高いともいわれている。だが、導入規模や管理方式など、工夫次第で投資対効果(ROI)を高めることができる。(2015/11/13)

空撮写真、飛行ログを管理・共有 ドローン事業者向け「DroneCloud」
空撮データや飛行ログを一元管理できるドローン関連事業者向けクラウドサービス「DroneCloud」がリリースされた。(2015/11/9)

マーケティングオートメーションとインサイドセールス:
リーグル、自動でリードと商談を作成する「Insidesales.cloud」を11月上旬から提供
リーグルは営業ターゲット情報を一元管理し、営業戦略立案やリードと商談を自動で追加するクラウドサービス「Insidesales.cloud」の提供を11月上旬より開始すると発表した。(2015/10/29)

病院の診察料とケータイ料金をまとめて支払い――ソフトバンクの「スマート病院会計」
ソフトバンクは、病院の診察料と携帯電話の利用料金をまとめて支払える「スマート病院会計」を提供開始。併せて受診履歴も一括管理できる。(2015/10/8)

仮想デスクトップに活路
政府も企業も悩むモバイルとセキュリティ 解決策は?
米国共通役務庁(GSA)はIT運用の再編成を行い、米国各地に分散していたGSAのIT業務を一元管理するとともに、1万4000台のデスクトップPCの多くをVMwareのVDI環境に移行したという。(2015/10/8)

「Y!mobileメールアプリ」が新バージョンに
「Y!mobileメールアプリ」がバージョン2.0.0を公開。一括管理にSMS/MMSが追加となったほか、用途に応じて二2の表示を選択できるようになった。(2015/10/5)

オンライン決済のStripe、アプリ内購入ボタンツール「Relay」でTwitter他と提携
オンライン決済サービスのStripeが、小売業者がTwitterなどのアプリで商品を販売するためのツール(API)「Relay」をリリースした。業者は複数のアプリで販売する商品をダッシュボードで一元管理できる。(2015/9/15)

社内のクラウド利用を一元管理する情シス向け機能、富士通が提供
業務部門などによる「勝手クラウド」を防ぎ、自社ポリシーに基づくIT統制の実施とクラウド利用の最適化を支援する。(2015/8/27)

ホワイトペーパー:
全ITインフラの管理窓口を1つに──逃れられない運用管理をどう簡素化するか?
最も時間を費やす日々の運用管理タスクをシンプルにするには、システムの規模や種類に関係なく、一元管理できるツールが必要だ。日々運用管理に忙殺されるIT部門のために進化した統合運用管理ツールの進化を見ていこう。(2015/8/7)

製造IT導入事例:
データ連携ツール採用で製造ラインの全データを一元管理
アシストは同社が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」が、豊田ハイシステムの開発・運用する生産管理システムのデータ連携基盤として採用されたと発表した。(2015/8/7)

O2O領域を含めた顧客の購買行動を可視化:
ソフトバンク、企業のデジタルマーケティングを自動化する「GENERATE Marketing Automation」を提供
ソフトバンクは2015年9月から、O2O領域を含めた顧客の購買行動を可視化・一元管理して企業のデジタルマーケティング業務を自動化するツール「GENERATE Marketing Automation」の提供を開始すると発表した。(2015/7/29)

医療機器ニュース:
ベッド上の患者の生体情報を一元管理するシステム
パラマウントベッドは、ベッド上の患者の脈拍数・呼吸数を非装着で連続測定し、生体情報を一元管理する「スマートベッド システム」を発表した。取得した情報は、ベッドサイドの端末などと24時間リアルタイムで共有できる。(2015/7/28)

時間やコストを節約できるデータ保護
変わるバックアップの常識、複数データの一元管理は許されるか?
バックアップ、DR、アーカイブを別々にデータ保護すると、時間とコストが増大する。その問題を解決し、多目的にも活用できる方法を紹介する。(2015/7/24)

メディバンがマンガボックスと連携 作品の一元管理・編集などが可能に 
メディバンへ作品をアップロード後、必要な情報を入力するだけでマンガボックス インディーズにも投稿できる。(2015/7/3)

パスワード一元管理のLastPassにハッキング、情報流出も
LastPassアカウントの電子メールアドレスや認証ハッシュなどが流出したが、暗号化されたユーザー保管庫のデータが盗まれた痕跡はないとしている。(2015/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Trend Micro×Mediatek、「セキュリティは一括管理!」のネットワークコントローラを公開
展示ブースでは、ワイヤレスネットワークルータのコンセプトモデルを使って、PCやスマートフォンで一括管理ができるデモを行った。(2015/6/10)

基礎から分かるグループポリシー再入門(6):
グループポリシーでアプリケーションの実行を制御する
「グループポリシー」には、コンピューターの各種設定のオン/オフを一元管理するだけでなく、アプリケーションの実行を制御する設定も用意されている。今回は、アプリケーションの実行制御に関する設定と確認方法を紹介しよう。(2015/6/5)

Google、アカウントのプライバシーやセキュリティを一元管理できる「アカウント情報」開設
ユーザーの現在位置やサービス利用履歴などのコンテキストを利用する機能を提供するGoogleが、ユーザーがアカウントのプライバシーおよびセキュリティの設定を一元的に把握するためのハブページ「My Account(日本では「アカウント情報」)を開設した。(2015/6/2)

ホワイトペーパー:
社外利用のモバイル端末2800台のフィルタリング一元管理を実現したJAXA
宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、社外利用の端末2800台の情報漏えい対策として、フィルタリングの一元管理を検討。既存の社内用フィルタリングソフトと併用できるツールとして同機構が選択したのはクラウド型Webフィルタリングサービスだった。(2015/6/2)

製造ITニュース:
組み込みソフトの開発プロセス管理や医療機器の米国規制にも対応したPLMを発売
NECは、製品技術情報を一元管理するPLMソフト「Obbligato III」をバージョンアップした新製品「Obbligato III R3.1」を発売した。組み込みソフト開発プロセスの管理や利用機器の米国法規制に対応したことが特徴。(2015/5/26)

医療機器ニュース:
米医療ITシステムメーカーを買収、診療情報の一括管理システム普及に向け
富士フイルムは、米販売子会社「FUJIFILM Medical Systems U.S.A」を通じて、米医療ITシステムメーカー「TeraMedica」を買収し、100%子会社化した。(2015/5/25)

製造IT導入事例:
オムロンがNECのPLMを導入、国内外8拠点が連携するグローバル開発環境を構築
NECは同社のPLMソリューション「Obbligato III(オブリガート スリー)」を活用し、オムロンの製品技術情報をグローバルで一元管理できるPLMの構築を行ったと発表。既にオムロンの車載事業部門において稼働を開始しており、2016年度以降には他の事業部への導入も進めていく。(2015/5/19)

テスト/計測:
計測器実習の学習効率を大幅に高めるネット管理ソリューションを発売
テクトロニクスは2015年5月、教育現場での計測器実習の学習効率を高める「計測器ネットワーク管理ソリューション」を発売した。1台のPCから、最大400台の計測器を一元管理できる。(2015/5/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。