ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VAIO 完全分解×開発秘話」最新記事一覧

ソニー「VAIO」注目機種の分解&開発者インタビュー
-こちらもご覧ください-
VAIO LOVERS

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Duo 13」を“徹底解剖”したらPCの未来が見えてきた
ソニーが国内で製造する「VAIO Duo 13」は、先進性が際立つ13.3型コンバーチブルPC。実機を徹底分解すると、PCがこれから進むべき未来が見えてくるようだ。(2013/10/4)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Duo 13」の“最先端スライドボディ”を丸裸にする
洗練された新設計のスライドボディに、最新技術をこれでもかと詰め込んだ「VAIO Duo 13」。開発者自ら実機を分解し、ボディの外側と内側から、その魅力に迫る。(2013/9/19)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿
“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。(2013/8/13)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Pro」の“超軽量ボディ”を丸裸にする
クラス最軽量のボディに、色鮮やかなディスプレイ、そして使い勝手も追求した「VAIO Pro」。開発者が自ら実機を分解し、内部構造とともに、そのこだわりも明らかにする。(2013/8/9)

完全分解×開発秘話(後編):
「VAIO Duo 11」を“徹底解剖”して語り尽くす
独自のスライド機構を採用した11.6型モバイルノートPC「VAIO Duo 11」には、ソニー初の挑戦が凝縮されていた。後編も開発者が自ら実機を分解し、その秘密を明らかにしていく。(2012/12/21)

完全分解×開発秘話(前編):
「VAIO Duo 11」の“上質なスライドボディ”を丸裸にする
Windows 8とともにソニーが投入した新スタイルのモバイルPC「VAIO Duo 11」。開発者が自ら実機を分解し、こだわり抜いた複雑な変形機構の秘密を明らかにする。(2012/12/19)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のUltrabookはなぜこうなった?――新生「VAIO T」を丸裸にする
シルバーに輝くアルミ天板と剛性感あるフルフラットボディを備えた新生「VAIO T」。ソニー初のUltrabookはどのように生まれたのか、開発者に話を伺いつつ、分解して内部構造を明らかにする。(2012/9/26)

完全分解×開発秘話:
なぜ薄型軽量ノートPC+ドックなのか?――新生「VAIO Z」を丸裸にする
究極を目指したオールインワンモバイルから、2ピース構成の新システムに路線変更した「VAIO Z」。大胆な変更の理由を開発者に聞きつつ、こだわり抜いた内部構造に迫る。(2011/7/5)

完全分解×開発秘話:
“Z”に肉薄した新型「VAIO S」のフルフラットボディを丸裸にする
洗練されたフルフラットボディに、ハイエンドクラスのパーツをみっちりと詰め込んだ「VAIO S」。大幅に進化した13.3型の主力モバイルノートPCを分解し、内部構造に迫る。(2011/6/2)

完全分解×開発秘話:
「VAIO P」の新ボディをいきなり丸裸にする
“つつむ、たたむ”をイメージした新ボディに生まれ変わった「VAIO P」。中身はそれほど変わらないかも……と思いながら開発者に分解してもらったが、実は大違いだった。(2010/5/10)

完全分解×開発秘話:
クアッドSSD搭載の「VAIO Z」を速攻で丸裸にする
Core i7、クアッドSSD、外部GPU、フルHD液晶、BDドライブを持ち運べるボディサイズに凝縮した新型「VAIO Z」。開発者に話を聞きつつ、その内部構造を明らかにする。(2010/2/16)

完全分解×開発秘話:
「VAIO X」の極限まで絞ったスリムボディを丸裸にする
10型以上の液晶ディスプレイ搭載ノートPCで最軽量をうたうソニーの「VAIO X」がついに登場。その内部構造を探るべく、開発者に分解してもらい、X誕生の経緯を聞いた。(2009/10/8)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のNetbookは中身も美しいのか?――「VAIO W」を丸裸にした
洗練されたデザインと高解像度のワイド液晶ディスプレイが魅力的な「VAIO W」シリーズ。その中身はどうなっているのか、開発者に分解してもらい、内部構造をチェックした。(2009/8/5)

完全分解×開発秘話:
やはり中身もNetbookとは大違い――「VAIO type P」を丸裸にする
厚さ19.8ミリ、重さ600グラム前後の薄型軽量ボディに打ちやすいキーボードと1600×768ドット表示のワイド液晶を詰め込んだ「VAIO type P」。その内部構造に迫る。(2009/1/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。