特集
» 2013年08月13日 15時45分 UPDATE

VAIO完全分解&開発秘話(後編):「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿 (1/7)

“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。

[前橋豪(撮影:矢野渉),ITmedia]

←・VAIO完全分解&開発秘話(前編):「VAIO Pro」の“超軽量ボディ”を丸裸にする

後編はパーツ単位まで分解して語り尽くす

注意!

製品を分解/改造すると、メーカー保証は受けられなくなります。内部で使用されている部品などは取材した機材のものであり、すべての個体に該当するわけではありません。



 本特集では、ソニーが発売した“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の開発陣にロングインタビューを行い、実機の分解とともに、各部のこだわりを明らかにしていく。

 前編は、開発コンセプトをはじめ、ボディデザインとキーボードの関係、薄型軽量と剛性を両立するための工夫、11.6型モデル「VAIO Pro 11」と13.3型モデル「VAIO Pro 13」における内部構造の違いについてまとめた。

 後編では、13.3型モデルのVAIO Pro 13をさらにパーツ単位まで分解し、11.6型との違いにも触れつつ、薄型軽量ボディに込められた秘密に迫る。話を伺ったのは前編と同様、開発を統括したプログラムマネージャーの宮入専氏、機構設計を行った渡村憲司氏、電気設計リーダーの小坂和也氏、そして商品企画を担当(インタビュー当時)した城重拓郎氏の4名だ。実機は渡村氏が分解した。

tm_1308vaiopro_iv2_01.jpg 「VAIO Pro」は、13.3型モデル「VAIO Pro 13」(左)と11.6型モデル「VAIO Pro 11」(右)を用意。それぞれ13型クラスと11型クラスのタッチパネル搭載Ultrabookで世界最軽量(2013年6月10日時点、同社調べ)をうたう。重量はタッチパネル搭載の構成でVAIO Pro 13が約1060グラム、VAIO Pro 11が約880グラムと非常に軽い。さらにタッチパネルを省いた構成では、それぞれ約940グラム、約770グラムに重量を抑えられる(VAIO Pro 13のタッチパネルを省いた構成は、直販モデルのみの取扱い)
tm_1308vaiopro_iv_19.jpgtm_1308vaiopro_iv_20.jpg 前編では、VAIO Pro 13(写真=左)とVAIO Pro 11(写真=右)の底面カバーを取り外し、内部構造を比較した。SDメモリーカードスロットとスピーカーの位置が大きく異なる。VAIO Pro 13はM.2スロットとバッテリー用コネクタの先の基板を切り落とし、くさび型ボディの内部でパーツ同士が重なって厚みが出ないよう工夫している。CPUクーラーに搭載されたヒートパイプはVAIO Pro 13が2本と、VAIO Pro 11より1本多く、放熱設計に余裕がある

薄型軽量ボディでも内蔵バッテリーは約11〜13時間駆動を確保

 まずは、パームレストからキーボード中央付近までの直下に内蔵されているバッテリーから取りかかろう。バッテリー容量と公称の駆動時間は、VAIO Pro 13が37ワットアワーで約13時間、VAIO Pro 11が32ワットアワーで約11時間と余裕がある。いずれもバッテリーは4セル(2直2並)の構成だ。

 今回はVAIO Pro 13のバッテリーを取り外した。薄型のバッテリーは、他のパーツを避けるように左右非対称のデザインを採用。樹脂フレームとシートで覆ったソフトパックが、9本のネジでしっかり固定されている。この構造から分かるように、他の多くのUltrabookと同様、VAIO Proの内蔵バッテリーは、ユーザーが交換することを想定していない。VAIOノートでバッテリーを取り外せない構造にしたのは、「VAIO Duo 11」(2012年10月発売)に続き2代目だ。

 開発を統括した宮入氏は、「PCが単なる箱ではなく、デザインを強く求められる時代に、着脱式バッテリーだとどうしても美しい外観が損なわれたり、厚みが増してしまうのはよくないと思った。今回はプラットフォームを刷新し、この軽さと薄さで約11〜13時間のバッテリー駆動時間を実現でき、さらに着脱可能な拡張バッテリーを用意することで、この設計で問題ないと判断した」と語る。また、「バッテリーはソフトパックだが、ボディに収めた状態でねじれ試験を行うなど、強度の確保や漏れ対策といった安全性の向上に努めた」(宮入氏)という。

tm_1308vaiopro_iv2_02.jpgtm_1308vaiopro_iv2_03.jpg VAIO Pro 13のバッテリーは薄型のソフトパックを採用し、9本のネジで固定(一部は底面カバーを固定するネジと共用)されている(写真=左)。本体からバッテリーを取り外した様子(写真=右)
tm_1308vaiopro_iv2_04.jpgtm_1308vaiopro_iv2_05.jpg 内蔵されていたバッテリーの表(写真=左)と裏(写真=右)。SDメモリーカードスロットと、タッチパッドの下にあるNFCを避けるよう、左右非対称のデザインになっている

拡張バッテリーを装着すれば、24時間だって戦える?

 VAIO Proには、オプションで本体底面に合体するシート型の拡張バッテリー「VGP-BPSE38」(9980円)が用意されている。VAIO Pro 13とVAIO Pro 11で使える共通オプションで、容量は37ワットアワーだ。電気設計を取りまとめた小坂氏は、「13.3型と11.6型で同じ位置にバッテリー用コネクタを搭載する必要があり、設計上の制約になったが、開発を進めるうえ拡張バッテリーを共通化できたのは大きい」と説明する。

 これを使えば、バッテリー駆動時間の公称値はVAIO Pro 13で約26時間、VAIO Pro 11で約23時間と、驚異的なスタミナが得られるのは見逃せない。宮入氏によると、「理想は内蔵バッテリーだけで完結できることだが、VAIO Proの薄さと軽さを維持できるバランスが必要だった。このボディにJEITA測定法(Ver.1.0)で約11〜13時間というバッテリー駆動時間は、1世代前のPCでは難しく、十分という見方もできる。しかし、常時移動しながらPCをフル活用するようなシーンでは物足りないこともあるだろう。そういった方には、拡張バッテリーをおすすめしたい」とのことだ。

 拡張バッテリーはフラットなデザインではなく、装着すると、本体とバッテリーの間に放熱のための空洞ができる。そのため、最厚部の厚さはタッチパネル非搭載時で33.8ミリ、タッチパネル搭載時では35.2ミリまで膨らみ、重さは約290グラム増す。薄型軽量の本体を生かすべく、もっと薄型化はできなかったのだろうか?

 機構設計を担当した渡村氏は、この形状について「放熱の都合もあるが、それだけではない。(前編で紹介した通り)VAIO Proのくさび型フォルムは、パームレストの先端を設置面ギリギリまで低くして、キーボードを打ちやすくすることが目的なので、拡張バッテリー装着時でもこのフォルムを保つことが重要だった」と回答する。薄型ボディによる携帯性は後退するものの、Ultrabookでは軽視されがちな拡張バッテリーという選択肢が用意されているだけでも立派だろう。

バッテリー駆動時間テストの詳しい結果はこちら→「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(後編)――“世界最軽量”タッチ対応Ultrabookは1Gバイト/秒の“爆速”PCIe SSDも魅力

tm_1306vaiopro_r1_37.jpgtm_1306vaiopro_r1_36.jpg 拡張バッテリーの「VGP-BPSE38」は、VAIO Pro 13(写真=左)にもVAIO Pro 11(写真=右)にも装着できる仕様だ
tm_1306vaiopro_r1_38.jpg 拡張バッテリーは本体の後方に装着する。装着すると、重量が約290グラム増加し、最厚部の厚さはタッチパネル非搭載で33.8ミリ、タッチパネル搭載では35.2ミリまで膨らむ
tm_1306vaiopro_r1_42.jpgtm_1306vaiopro_r1_41.jpg VAIO Pro 13(写真=左)とVAIO Pro 11(写真=右)に拡張バッテリーを装着した状態を横から見た。設置面とパームレストの段差を抑えたフォルムは健在だ。拡張バッテリーと本体底面の間には、放熱用の空洞ができているのが分かる

ACアダプタは合体式の無線LANルータに注目

 宮入氏は「付属のACアダプタも独自の工夫を凝らした」という。そのACアダプタだが、本体のサイズは39(幅)×104.5(奥行き)×26.5(高さ)ミリ、実測での重量は241グラム(本体のみ196グラム、電源ケーブル45グラム)だ。

 VAIO Pro本体のように競合機種より特別軽くて小さいわけではないが、これはACアダプタに充電用のUSBポートを1基搭載したためで、それでも全体としては持ち運びが苦にならないコンパクトサイズにまとまっている。

 ACアダプタの出力仕様は45ワット(10.5ボルト/3.8アンペア)、USBポートは5ワット(出力5ボルト/1アンペア)の出力に対応する。VAIO Pro本体のUSBポートを使わずに、ACアダプタでスマートフォンやモバイルルータの充電ができるのは便利だ。

tm_1306vaiopro_r1_44.jpgtm_1306vaiopro_r1_43.jpg VAIO Pro 13(写真=左)とVAIO Pro 11(写真=右)には、充電用のUSBポートを備えた新デザインのACアダプタが付属する

 さらに、オプションでこのACアダプタと合体して持ち運べるコンパクトな無線LANルータ「VGP-WAR100」(3980円)を用意しているのが目新しい。これこそが宮入氏が「独自の工夫」と語るポイントだ。

 VGP-WAR100は、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに準拠した小型の無線LANルータで、ACアダプタのUSBポートに差し込んで利用する。これを使えば、有線LANしかない場所でのインターネット接続を無線LANで共有することが可能だ。VAIO Proは、旧機種の「VAIO Z(Z2)」シリーズや「VAIO T」シリーズが搭載していた有線LAN端子を思い切って省いたが、有線LANが必要なユーザーにとっての救済策を提供しているのは気が利いている。

 小坂氏はVGP-WAR100を開発した背景について、「有線LANはボディの厚さに影響するため、薄さを徹底追求すると優先順位は下がるが、無線LANだけでは不安なシーンもまだまだ存在する。ただし、有線LANを使う場所は、基本的にACアダプタで電源を取れる屋内なので、そういった場所で本体からLANケーブルがぶらりと垂れるのではなく、ACアダプタにLANケーブルをつなげば、そこから本体は無線LANで快適に使える仕組みを考えた」と振り返る。

 また、宮入氏も「ホテルの客室は有線LANが多いので、ACアダプタと合体したままコンパクトに持ち運べる小型の無線LANルータは、出張時にすごく便利」とアピールする。

tm_1306vaiopro_r1_45.jpgtm_1306vaiopro_r1_46.jpgtm_1306vaiopro_r1_47.jpg ACアダプタのUSBポートに接続して使える小型無線LANルータ(VGP-WAR100)をオプションで用意。サイズは39(幅)×33(奥行き)×26.5(高さ)ミリ、重量は約20グラムだ。合体したまま、スティック型ACアダプタのような細長い形で持ち運べる。無線LANの接続台数は5台以下推奨とのことで、VAIO Proに限らず、スマートフォンやタブレットも同時接続が可能だ。このACアダプタと無線LANルータは、同時発表のVAIO Duo 13でも利用できる

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.