ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel AVX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Advanced Vector Extensions

Sunny Cove採用で最大40コア:
Intelの第3世代「Xeon SP」、AI性能や暗号化を強化
Intelは2021年4月6日、10nmプロセスを採用した第3世代の「Intel Xeon スケーラブル・プロセッサ(SP)」(開発コード名:Ice Lake)を発表した。1〜2ソケット向けの製品で、CPUコアには新しい世代の「Sunny Cove」を採用し、最大40コアを搭載する。前世代品と比較して、性能が46%向上しているとする。(2021/4/8)

iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら:
M1 Mac、演算パワーを生かしたい物理モデリング音源なら万全か?
M1 Macに有利と思われる物理モデリング音源を試してみた。(2021/2/10)

Apple Silicon MacとIntel Macはどう違う? Appleのシステム構成解説ビデオで分かったこと
IntelチップをArmベースに置き換えただけではない、その大きな変化。(2020/6/26)

AI戦略を強化:
「Cooper Lake」やAI向け新FPGAを発表 Intel
Intelは2020年6月18日(米国時間)、データセンター向けAI(人工知能)戦略の一環として、この市場に特化したCPU「Cooper Lake」や、専用AIエンジンを搭載した新FPGA「Stratix 10 NX」などを発表した。(2020/6/24)

Arm TechCon 2018:
Arm、「Neoverse」で再びサーバ市場を狙う
Armは2019年をメドに、パートナー企業との協業により、サーバやネットワーク、ストレージシステムなどに向けて最適化されたコアやIP(Intellectual Property)、SoC(System on Chip)などを発表していく予定だという。(2018/10/18)

低コストでバーストも利用可能:
AWS、経済的なバースト可能パフォーマンスインスタンス「T3」を開始
Amazon Web Services(AWS)は「Amazon EC2」で、費用対効果の高いバーストパフォーマンスインスタンス「T3」を提供開始した。(2018/8/23)

新世代データセンターに向けて、AIワークロード性能やVDI集約率なども向上:
新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」登場 Dell EMC、富士通、レノボなどが新世代サーバをリリース
インテルが新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を正式に発表。Dell EMC、QCT、富士通、レノボなどのハードウェアベンダーも、新Xeonを採用した製品群をリリースする。(2017/7/13)

「ここ10年で最大級のプラットフォーム進化」とうたう:
インテル、次世代Xeonの名称を「インテル Xeon プロセッサー スケーラブルファミリー」に変更
インテルが次世代Xeonの名称を「インテル Xeon プロセッサー スケーラブルファミリー」に変更すると告知。2017年5月にサンプル出荷を開始し、2017年夏の正式出荷を予定する。(2017/5/9)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿
“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。(2013/8/13)

ポスト“Z”時代の最上VAIOノート:
「VAIO Duo 13」徹底検証(前編)――Ultrabook“世界最長”スタミナ、Haswell“世界初対応”Connected StandbyでPCの限界突破へ
ソニーの変形モバイルPCに13.3型モデル「VAIO Duo 13」が登場。ボディデザイン、パフォーマンス、ディスプレイ、スタミナ、そしてタッチ&ペン入力まで、劇的進化を遂げた最先端PCの実力に迫る。(2013/6/25)

VAIO Z/VAIO Tとの比較も:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(前編)――ソニーがHaswellで実現した“世界最軽量”タッチ対応Ultrabook
片や11.6型、約770グラムで約11時間駆動。片や13.3型、約1060グラムで約13時間駆動。いずれも液晶はIPSでフルHD表示、タッチ対応モデルもある。思わず「こんなPCが欲しかった!」と狂喜乱舞したくなる最新VAIOノートの実力を検証しよう。(2013/6/12)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第11回 なぜWindows 8は「速い」のか 新旧LaVie Zのパフォーマンスをガチ比較(基本性能編)
「Windows 8なLaVie Zはすごく速くなった!」と言い続けているが、実際のところWindows 7の旧モデルに比べてどれだけ速いのかきちんと比べたくなった。というわけでWindows 7モデルも用意して、ベンチマークテストで比較してみたZ!(2013/2/5)

インテル、“Sandy Bridge-E”シリーズCPUと“X79”チップセット発表
インテルは、コンシューマーデスクトップPC向けCPUの最上位シリーズとなる第2世代インテル Core i7プロセッサーの新モデルと対応チップセットを発表した。(2011/11/14)

エクサスケールは2018年に来る!
インテルが同社のデータセンター事業に関する説明会を行い、その中で、次世代Xeon、Itaniumのほか、インテル MIC アーキテクチャについて言及した。(2011/8/31)

ビジネスもホビーも、もうこれでヨシ!:
PR:6万円台の基本構成例で即戦力──低価格で高性能「Endeavor TY5000S」で、ミニタワーPCのよさを再確認
“Core i5-2400”搭載で6万9930円から! おどろくべき高いコストパフォーマンスを実現するデスクトップPC「Endeavor TY5000S」が、基本構成例でそのまま「即戦力」となるかを徹底検証しよう。(2011/8/15)

Windows OS運用:
Windows 7/Windows Server 2008 R2 SP1がリリース
Windows 7とWindows Server 2008 R2向けの最初のService Pack、SP1がリリースされた。Hyper-Vの新機能、RemoteFXやDynamic Memoryも解説。(2011/2/17)

“Sandy Bridge”でG-Tuneが加速:
第2世代Core i7とGeForce GTX 580で「G-Tune」をぶん回す
年明けのCESで第2世代Core iシリーズがお披露目された。この新型CPUを搭載したゲーミングPC「G-Tune」ブランドの製品を試す幸運に恵まれたので、早速その詳細をお伝えしよう。(2011/1/13)

基礎解説:
最新Intelプロセッサ「第2世代Core iシリーズ」は何が変わった?
Intelの最新プロセッサ「第2世代Coreプロセッサ・ファミリ(Sandy Bridge)」では何が変わったのか。気になる性能は? 最新プロセッサを解説する。(2011/1/12)

ようやく正式発表なのだ:
インテル、アーキテクチャを一新した“Sandy Bridge”世代のCore iシリーズ
インテルは、“Sandy Bridge”こと「第2世代Core プロセッサー・ファミリー」を発表し、デスクトップPC向け、ノートPC向けのモデルを投入した。(2011/1/6)

イマドキのイタモノ:
年の初めは“Sandy Bridge”をグリグリと走らせた
“Sandy Bridge”と呼ばれる第2世代のCore iシリーズが間もなく“正式”に発表されるといううわさ。が、その発表前の新年早々から新世代CPUの性能を検証してしまった!(2011/1/3)

Intel Developer Forum 2010:
動画で体感するSandy Bridgeの“相対”性能
大事なところだから何度もいうが、IDF 2010の主役はSanday Bridgeだ。Intelの次世代主力CPUを担う新しいコアを搭載するPCの性能をその目で確かめよう。(2010/9/22)

Intel Developer Forum 2010:
「Sandy Bridge」のCPUコアが“整然と”並ぶ理由とは
米国で“秋の”IDF 2010が始まった。主役は次期主力CPU“Sandy Bridge”だ。IDFで明らかになった情報を、基調講演と技術セッションから紹介しよう。(2010/9/14)

Intelの次世代Coreアーキテクチャ「Sandy Bridge」、登場は2011年初め
Sandy BridgeはCPUにグラフィックスコアを組み込み、コンピューティング性能とグラフィックス処理性能を引き上げる。年内に量産開始で、搭載PCは2011年初めに登場の見込み。(2010/9/14)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

伴大作の木漏れ日:
ItaniumとXeon 7500の悩ましい関係
Intel Xeonプロセッサ7500番台(Nehalem EX)を搭載したサーバを大手コンピュータベンダーが発表した。Nehalem EXの高い処理性能を考慮すると、Intelのもう1つの高性能CPUプロダクトであるItaniumの将来に影響が及ぶ可能性は高い。だが一方で、各ベンダーはItaniumからXeonにすっきりと乗り換えることができない事情を抱えている。(2010/6/11)

Intel、次世代アーキテクチャ「Sandy Bridge」を2010年後半に生産開始
Intelは、次世代Intel Coreアーキテクチャ「Sandy Bridge」を基盤とする製品を今年後半に生産することを目指す。(2010/4/14)

NECとIntel、スーパーコンピュータ技術を共同開発
米IntelとNECは、Xeonを搭載したスーパーコンピュータの性能向上に向け、ハイパフォーマンスコンピューティングHPCシステム技術を共同開発することで合意したと発表した。(2009/11/17)

XPモードが使えない?:
IntelとAMD、Windows 7との互換性を強調
IntelおよびAMDのプロセッサの一部がWindows 7のXPモードに対応していないという問題が浮上したが、両社はMicrosoftと緊密に共同作業を進めており、同OSの出荷までには問題はほぼ解消されるとしている。(2009/5/7)

トップからボトムまでインテルがやります
Intelのゲルシンガー氏が日本を訪れた。COMPUTEX TAIPEI 2008が来週から始まるという、このタイミングで、彼は日本人になにを伝えたかったのだろうか。(2008/5/30)

元麻布春男のWatchTower:
Nehalemの性能に期待していいのか
2008年は“Tock”の年だ。すでに紹介されている情報から、その構成が大きく変ぼうするNehalemに多くのユーザーが注目するが、肝心の「性能」はまだ見えてこない。(2008/5/20)

元麻布春男のWatchTower :
徐々に見えてくるNehalem──8Mバイトの3次キャッシュは「みんなで使う」
3月17日(米国時間)にIntelは、IDFに向けたガイダンスセッションをワールドワイドで行った。そこで明らかになった「Tukwila」「Dunnington」「Nehalem」といった新世代アーキテクチャの情報をまとめて紹介する。(2008/3/19)

Intel、6コアCPUなど次期プロセッサの詳細を明らかに
Intel初の6コアCPU「Dunnington」、次期版Itanium、次世代アーキテクチャ「Nahalem」、メニーコアプロセッサ「Larrabee」、新しい命令セットについて解説した。(2008/3/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。