ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VAIO」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
VAIO LOVERS

新型VAIO Sは「VAIO回復の証」――製品発表会レポート
VAIOが個人向け「S Line」を刷新。新たに法人向けの「VAIO Pro」も発表した。(2017/9/21)

「VAIO S11/S13/S15」が刷新 LTE拡充、カーボン復活、法人シリーズも
VAIOが主力の「S Line」をリニューアル。11.6型の「S11」、13.3型の「S13」、15.5型の「S15」をモデルチェンジした。法人向け新シリーズの「VAIO Pro」も展開する。(2017/9/21)

洗練の「VAIO S13」か、新生の「VAIO S11」か 2017年モデル徹底検証
VAIO主力の「S」シリーズがモデルチェンジ。ユーザーのフィードバックを反映し、より洗練されたビジネス向けPCに生まれ変わった。「S13」と「S11」の実機テストを通して、その実力を検証する。(2017/9/21)

VAIO、オールインワン型のビジネスPC「VAIO Pro PH」を発売
VAIOから、ビジネス向けの15.5型オールインワンノートPC「VAIO Pro PH」が9月21日に発売される。直販価格は9万4800円(税別)から。(2017/9/21)

VAIOが法人向けモバイルPC「VAIO Pro PF」と「VAIO Pro PG」を投入
VAIOが法人向けPCとして、11.6型のモバイルPC「VAIO Pro PF」と13.3型のスタンダードノートPC「VAIO Pro PG」を投入する。(2017/9/21)

VAIO、本気で法人に向いた――ビジネス向けPC「VAIO Pro」投入の狙い
VAIOが「VAIO Pro」シリーズを再定義し、法人向け専用モデルやソリューションを提供していく。(2017/9/21)

製造マネジメント インタビュー:
PCだけでなく「アイデア具現化企業」になるVAIO、フェーズは“筋トレ”に
2014年7月にソニーから独立したPCメーカーの「VAIO」。4期目を迎える同社は「フェーズチェンジ」を掲げて、新たに3本目の柱として「ソリューション事業」を打ち出している。2017年6月に新たに就任したVAIO 代表取締役社長 吉田秀俊氏に話を聞いた。(2017/9/19)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
復活なるか新生VAIO、5.7億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/12)

モノづくり最前線レポート:
第3の矢を放つVAIO、新事業の勝算はVRだけではない
VAIOは都内で経営方針発表会を開催し、2017年6月に就任した新社長吉田秀俊氏が今後の方針を説明した。従来のPC、EMSに加え、3本目の柱としてVRソリューション事業を立ち上げる他、PCの中国展開を復活させることを発表した。(2017/8/2)

「VRソリューション」を始めるVAIOの意図
VAIOは、同社の事業戦略として「VRソリューション」を発表した。(2017/8/1)

VAIO Phoneは「悩み」、新PCは「近いうち」――VAIO新社長語る
VAIOの代表取締役社長に就任した吉田秀俊氏は、PCの事業戦略で「中国市場への参入」とVAIO PCのブランドイメージを語った。(2017/8/1)

PR:“快”を実感できるストレスフリーPC「VAIO S13」
オフィスでも外出先でも快適に使えること――そんな幅広いワークスタイルに最適なクライアントPCを探しているならば、VAIOの主力ノートPC「VAIO S13」に注目したい。(2017/7/12)

VAIOストア、オリジナルカラーの「ひらくPCバッグ」など3製品を数量限定で販売
VAIOは、機能性を重視したPCバッグ「ひらくPCバッグ」など3製品の販売を開始する。いずれも数量限定での提供となる。(2017/7/11)

PR:ビジネスPCにオールインワンの安心感 「VAIO S15」だからできること
日本のオフィス環境が多様化しているとはいえ、今後も内勤中心で働くケースは多いはず。その場合、どのようなクライアントPCを選べばよいのだろうか。(提供:VAIO株式会社)(2017/7/10)

PR:本当にモバイルで使えるPCの新基準「VAIO S11」
企業に多様な働き方が求められる中、モバイルワーク向けにはどのようなノートPCを選定すべきか。「VAIO S11」はその答えの1つを提示する。(2017/7/5)

PR:「VAIO」をビジネスPCに選ぶ5つの理由
政府主導でワークスタイル改革の取り組みが本格化する中、「VAIO」の法人導入が進んでいる。そこには長年培ってきた世界有数のPC開発・生産技術に裏付けられた「5つの提供価値」があった。(2017/6/28)

VAIO、ワークスタイル改革を目指す企業向けの情報支援サイト「Work × IT」を開設
VAIOは、法人顧客向けとなる情報支援サイト「Work × IT」の開設を発表した。(2017/6/26)

ITライフch:
コスパよし!質感よし!シンプルが魅力の「VAIO Phone A」を使ってみた
VAIOの名前がつく3台目のスマホとなる「VAIO Phone A」。これまでは、ひと癖もふた癖もあったVAIO Phoneが「ちゃんと使える」モデルになったのか? VAIO Phone Aを1週間ほど使用した感想をお伝えします。(2017/6/16)

VAIO、シリーズ購入者向けの1万円キャッシュバックキャンペーンを開始 7月31日まで
VAIOは、同社製ノートPC購入者を対象とした「VAIO3周年記念キャッシュバックキャンペーン」を発表した。(2017/6/8)

メルセデスとVAIOがコラボ 100台限定の受注生産モデル「Mercedes-Benz x VAIO Z」
自動車の歴史を作り出したMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)と、VAIOがコラボレーション。(2017/5/24)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
なぜAndroid? 約2万5000円という安さの秘密は? 「VAIO Phone A」インタビュー
「VAIO Phone A」の発売から約1年がたった後に、Android版の「VAIO Phone A」を発売したVAIO。DSDSやVoLTEに対応しながら、約2万5000円という安さを実現。このタイミングでAndroid版を投入する狙いや、安さの秘密を開発陣に聞いた。(2017/4/25)

BIGLOBEスマホに「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」「VAIO Phone A」が登場
ビッグローブは、格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」のセット端末「BIGLOBEスマホ」にASUS製「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」、VAIO製「VAIO Phone A」を追加。また、端末申し込み時に利用できる3000円キャッシュバッククーポンも提供する。(2017/4/12)

nuroモバイルが「VAIO Phone A」を取り扱い チャージ料金など一部手数料も改定
ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNOサービス「nuroモバイル」が、「VAIO Phone A」の取り扱いを開始した。また、合わせてnuroモバイルのサービス内容も一部改訂された。(2017/4/7)

IIJ、「Moto G5 Plus」「VAIO Phone A」を販売開始
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、Motorola製「Moto G5 Plus」とVAIO製「VAIO Phone A」の2機種をラインアップに追加。新規申込者にAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも行う。(2017/3/30)

Android搭載「VAIO Phone A」受注スタート 予定3日前倒し
30日からの予定を3日前倒しした。(2017/3/27)

VAIO、Androidスマートフォン「VAIO Phone A」の受注を3日早め本日より開始
VAIOは、Android 6.0搭載スマートフォン「VAIO Phone A」の受注開始を発表した。事前告知より3日早めての開始となる。(2017/3/27)

VAIO、「VAIO C15」カスタムオプションに“広視野角フルHD液晶”パネルを追加
VAIOは、同社製スタンダードノートPC「VAIO C15」のカスタムオプションに「広視野角フルHD液晶パネル」の追加を行った。(2017/3/23)

Android搭載「VAIO Phone A」登場 デュアルSIM、ドコモVoLTE対応
2つの異なる電話番号で待ち受けできるデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応した。(2017/3/22)

VAIO、Android 6.0搭載の「VAIO Phone A」を4月7日発売 「VoLTE」「DSDS」対応で2万円台半ば
VAIOが独自開発のAndroidスマートフォンを発売する。ハードウェアの仕様は「VAIO Phone Biz」と同等だが、新たにVoLTEによる高音質通話とLTE/W-CDMAネットワーク上でのDual SIM Dual Standby(DSDS)に対応した。(2017/3/22)

VAIO、製品購入で最大1万2000円をキャッシュバックする“新生活応援”キャンペーンを開始
VAIOは、同社製品購入者を対象とした「新生活応援キャッシュバックキャンペーン」を開始した。(2017/3/1)

VAIOブランド20周年 名機“505”を彷彿とさせる特別仕様モデル発売
VAIOのコーポレートカラーを施した「VAIO Z」と「VAIO S13」を台数限定で発売する。(2017/1/31)

VAIO ZとVAIO S13に「勝色」の数量限定モデル
VAIO設立3年目、VAIOブランド20周年目を記念。(2017/1/31)

VAIO、法人向け専用サイトをオープン――直販限定モデルの販売を開始
VAIOが法人顧客専用Webサイトを開設。法人向けモデルの販売などを開始した。(2016/12/8)

VAIO、フラッグシップノート「VAIO Z」カスタマイズオプションに“第3世代”高速SSDを追加
VAIOは、同社製ノートPC「VAIO Z」のカスタマイズオプションに高速転送対応の「第三世代ハイスピードプロSSD」を追加する。(2016/11/15)

どう見てもどこかの課長補佐:
VAIO、市川実日子さんを主役に据えた「VAIO」アピール動画を公開
VAIOは、同社製PCをアピールするスペシャル動画の公開を開始した。(2016/11/1)

VAIO、ロゴ入りのVAIO S11/VAIO Phone Biz用レザーケース
VAIOは、buzzhouse design製となるVAIOロゴ入りオリジナルケースの取り使いを発表した。(2016/10/27)

VAIO、延期となっていた「VAIO C15」イエロー/ブラックモデルの発売日を確定
VAIOは、8月25日に延期がアナウンスされていた「VAIO C15」イエロー/ブラックモデルの発売日告知を行った。(2016/10/27)

トヨタのロボット、作るのはVAIO あの“先輩”の経験生きる
トヨタが発売する小型ロボット「KIROBO mini」を製造するのはVAIOだ。そこには先輩ロボットで得たノウハウが生きている。(2016/10/3)

動く「初音ミク」ドール、元AIBO開発者らが制作 9月のイベントで初披露
動くドール「Dollfie ハニー」の初音ミクバージョンが登場。開発は元ソニーで「AIBO」「VAIO」などに携わった技術者などが担当したという。(2016/9/1)

VAIO C15のイエロー/ブラックモデルが発売延期に 製造上の理由で
VAIOが7月26日に発表した「VAIO C15」のうち、9月1日に受注開始としていたイエロー/ブラックモデルの発売延期がアナウンスされた。(2016/8/25)

石川温のスマホ業界新聞:
MVNOの先駆者・日本通信が個人向け格安SIMカード事業から撤退――VAIO Phoneでキャリア型ビジネスへの転換を狙うも失敗か
日本のMVNOの先駆者である日本通信が、U-NEXTと「提携」し、個人向けMVNO事業から事実上撤退することが明らかになった。この歴史的な出来事は、レッドオーシャン化が進む「格安SIM」の先行きを示唆するものとなるかもしれない。(2016/8/19)

製造マネジメントニュース:
独立2周年のVAIOが黒字化、製造業としての「第三の矢」急ぐ
ソニーから独立して3年目を迎えるVAIOが転機を迎える。黒字化を達成し、PCとEMSに次ぐ「第三の矢」を放つ計画だ。(2016/7/26)

これ、好き?:
VAIO新モデルは“感性で選ぶ”ファッショナブルPC「VAIO C15」
デザイン特化の15型ノートPCがVAIOから登場。スペックにこだわらないなら、雑貨や服のように「I like it.」(これ好き!)でPCを選ぶのもあり?(2016/7/26)

15.5型ノートPC「VAIO C15」登場 ツートンカラーで「個性的」「愛着感じる」デザインに
VAIOが15.5型のノートPC「VAIO C15」の受注をスタート。ツートンカラーの4種類を用意する。(2016/7/26)

個性的なデザインの15.5型ノートPC「VAIO C15」、税別6万円台から
VAIOが税別10万円を切るA4ノートPCを投入。外装にIMRフィルムを採用したツートーンデザインが目を引く。(2016/7/26)

大人の工場見学:
“AIBO”が尻尾を立てて出迎える“VAIO”の安曇野工場に潜入 設立2周年で同社が目指すものとは?
VAIOが設立から2周年を迎えた。2015年度に打ち立てた「自立」と「発展」はどうなったのか、そして2016年度はどこへ向かうのか。VAIO本社でもある安曇野工場から見えてきたものとは。(2016/7/25)

歴代のVAIOシリーズの価値を持ち合わせているのか
徹底レビュー:「VAIO S」はビジネス最強PC? 過酷な環境に耐えるスペックを検証
VAIOの「VAIO S」は、過酷なビジネスシーンでも耐えられる構成のクライアントPCだ。だが、VAIOシリーズの高い品質は満たしているのだろうか。またその価格はふさわしいのだろうか。(2016/7/24)

極楽PC環境を求めて:
生粋のVAIOファンによる「VAIO Zデスクトップ化」計画
人気ブログ「ソニーが基本的に好き。」の管理人であり、ソニー製品やVAIOを取り扱うショップのオーナーでもある筆者が「VAIO Z」のデスクトップ化にトライします。(2016/7/9)

これはコレクターズアイテム:
生粋のVAIOファンによる「VAIO Z × BEAMS限定モデル」レビュー
人気ブログ「ソニーが基本的に好き。」の管理人であり、ソニー製品やVAIOを取り扱うショップのオーナーでもある筆者が、衝動買いしてしまったVAIO Z×BEAMSコラボモデルをレビューします。(2016/6/24)

BIGLOBEスマホに「P9 lite」「VAIO Phone Biz」など4機種が追加
ビッグローブは、アシストパックで月額530円(税別)になる「Liquid Z330」やWindows 10 Mobileを搭載した法人向けモデル「VAIO Phone Biz」など4機種のBIGLOBEスマホを提供開始した。(2016/6/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。