ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「wakamaru」最新記事一覧

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ロボット君がかわいそうじゃないか!
人間そっくりになってしまったら、愛着が湧きすぎてしまいそうなのですが。(2015/3/5)

実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
喜多俊之さんといえば、日本を代表する家具・プロダクトのデザイナー。そんな喜多さんの代表作を集めた展覧会「喜多俊之デザイン Timeless Future」が10月27日から開催される。(2011/10/22)

次世代ロボット概論(1):
ロボットの正しい定義とは
ロボット社会はすぐそこまで来ている――あらゆる技術の集大成といわれるロボットだが、実はその定義はいまだ錯綜している。(2009/7/17)

「ROBO_JAPAN 2008」開幕 ロボット100体以上が大集合
「ROBO_JAPAN 2008」が10月11〜13日にパシフィコ横浜で開かれる。ユニークなロボットが100体以上集合し、実際にロボットと対話したり、触れ合うなどして「ロボットと共存する未来」を感じられるイベントになりそうだ。(2008/10/10)

日当は2万円から:
人型ロボット「wakamaru」、派遣社員になる
人型ロボット「wakamaru」(ワカマル)のレンタルが開始される。ロボ派遣さんだ。(2007/6/14)

「東京ミッドタウン」にデザインの新拠点
日本産業デザイン振興会など、日本を代表するデザイン関連の3機関が「東京ミッドタウン」に新拠点を開設する。(2007/3/26)

インテリアライフスタイル:
リビングを彩るAV機器&ファニチャー
東京ビッグサイトで開催中の「インテリアライフスタイル」展では、リビングルームの雰囲気を変えてくれそうなAV機器やAVファニチャーを多く見ることができる。その一部を紹介しよう。(2006/6/15)

コンテンツ時代の未来予想図:
あなたがロボットと暮らす日――ロボット界のニューフェースたち
オンライン・ムック「コンテンツ時代の未来予想図」では、さまざまなロボットを紹介してきたが、まだまだ紹介しきれなかったロボットも多数存在する。ここでは、わたしたちと共生しつつあるロボットたちを紹介しよう。(2005/12/6)

成長した「wakamaru」を見てきました
三菱重工は、家庭用サービスロボット「wakamaru」の製品版を報道関係者に公開した。2年前のプロトタイプ発表以来、外観やイメージが全く変わらないwakamaruだが、実はかなりアップデートされているようだ。(2005/9/16)

家庭用ロボット「wakamaru」100台限定販売、157万5000円
三菱重工業は、家庭用ロボット「wakamaru」を100台限定で販売する。東京23区居住者を対象に9月16日から予約受付を開始し、定数を超えた場合は抽選とする。価格は157万5000円。(2005/8/29)

家庭用ロボット「wakamaru」の販売支援共同体が発足
三菱重工業が、家庭用ロボット「wakamaru」(ワカマル)の共同運営組織を発足。商品化・販売・運営管理の各方面の企業7社が集まり、協力体制を構築していく。(2005/8/17)

「雨降りそう、傘を持っていって」〜ネット対応ロボがお見送り
「ロボットサービスイニシアチブ」(RSi)は、インターネットを利用したロボットサービスの実証実験を行った。天気が悪そうだと「傘を持っていって」と見送ってくれるロボットも登場。(2005/2/18)

次世代ロボット大集合――愛知万博NEDOパビリオン
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、来年3月開幕の愛知万博の出展概要を説明。実証研究プロジェクトで登場する「次世代ロボット」を紹介した。(2004/11/4)

第2回ロボデックスフォーラム
ロボットのネット対応機能を共通化〜ロボットサービスイニシアチブ(RSi)設立
ソニー、富士通、三菱重工業の3社は、家庭向けパーソナルロボットが持つネットワーク対応機能の相互運用性を高め、多様なロボットサービスの早期普及を目指す「ロボットサービスイニシアチブ」(RSi)を5月に設立する。(2004/3/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。