ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイスキー」最新記事一覧

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

iPhone「絵文字」ライフル銃、土壇場で削除 AppleとMS、無言で銃社会に抵抗
Unicodeに新たに登場した絵文字に含まれるはずだったライフル銃と射撃競技に臨む男性を描いた絵文字が、米アップルと米マイクロソフトの反対意見によって削除されたという。(2016/6/28)

「岩下の新生姜ミュージアムCAFE」渋谷にオープン! オープニングセレモニーに行ってきたよ!
岩下の新生姜ミュージアムが遠くて行けないという人のために、期間限定で東京・渋谷にオープン。(2016/6/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリジンでちょい飲み なぜ「オリジン弁当」をやめるのか
長年親しまれてきた「オリジン弁当」は、リブランディングによって、装いも新たに「キッチンオリジン」へ、看板もメニューも再構築されつつある。その理由とは?(2016/6/13)

オオムギの発芽を制御するメカニズム、岡山大が解明か ビール醸造に適した品種開発へ
岡山大学が、オオムギの発芽のタイミングを調整する遺伝子の配列を特定。休眠をコントロールするメカニズムを世界で初めて解明したという。(2016/5/19)

最も飲酒に厳しい国は●●? 日本の飲酒ガイドラインと比較
イギリスが飲酒にまつわるガイドラインを厳格化。日本と比べると飲酒量の制限はどれくらいなのでしょうか?(2016/5/19)

4月1日から:
4月からこう変わる やや厳しい春になりそうだ
4月1日から自動車に関連する税の一部や、国民年金保険料の負担が重くなる。加えて、食卓塩が24年ぶりに値上げされるなど、価格改定も相次ぐ。(2016/4/1)

クラフトビールもプレモルも飲みたい放題 高田馬場にお酒が飲めるケンタッキー登場
入り浸る予感。(2016/3/25)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):
今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか
ダイエットシリーズも、いよいよ最終回です。今回は、私が、150日にわたりダイエットを行った結果として得たメリットとデメリットを紹介します。結局のところ、私たちは「ダイエットに失敗する」という運命から逃れられないのかもしれません。それでも、ダイエットに関する情報は日々氾濫し、その市場が縮小することはないように思われます。だからこそ、こう問いかけたいのです。「そのダイエットは、本当に必要ですか?」と――。(2016/3/23)

災害時に役立つ……のか? レモンを使って火を起こすライフハック
レモンのおかげで命が助かる可能性が微レ存。(2016/3/21)

赤城専用 大盛りカレーも当たる! 一番くじで「艦これ」カレー祭り5月開催予定!
間宮のフィギュアも用意。(2016/3/4)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

「ロマンシング サガ2」がスマホとVita向けに配信決定 不朽の名作が蘇る!
コラボスコッチウィスキーとかオーケストラの生演奏で収録される楽曲CDも。(2015/12/16)

恋人や結婚相手にInstagram写真を撮らされる人を応援するサイト「Instagram Husband」登場
彼女「ちょっと上からのアングル欲しいから階段登ってよ」(2015/12/10)

世界を「数字」で回してみよう(22) ダイエット:
万年ダイエッターにささげる、“停滞期の正体”
ダイエッターの心を蝕む最も大きな要素の1つに、「停滞期」があります。実際、停滞期から抜け出せずに挫折してしまったという方もいるのではないでしょうか。今回は、私たちダイエッターを悩ます“停滞期の正体”を、「超シンプル体重シミュレーション」という、エンジニア的な視点で探ってみましょう。(2015/11/30)

新連載・高木里代子の「ちょこっとJAZZ」:
癒されたい夜、晩酌のお供に……
読者の皆さん、はじめまして。JAZZピアニストの高木里代子です。この連載コラムでは少しでもJAZZの魅力を知ってもらうべく、さまざまなシーンで聴きたくなる曲やアーティストなどをご紹介していきます。(2015/11/12)

最短10秒!秋の夜長の幸せを2倍にするおつまみレシピ
(2015/10/24)

精神科医に聞く、アルコール依存症の症状と予防法
理由はのちほど説明いたしますが、結論から言うとアルコール依存症は死に至る病です。ですから積極的に治療をしなければいけません。(2015/10/20)

ニッカウヰスキーの蒸溜所見学が人気
ニッカウヰスキーの余市蒸溜所と宮城峡蒸溜所の見学が人気だ。10月5日時点で、合計見学者数が100万人を突破した。(2015/10/7)

もう飲み物をこぼす心配なし! 手がぶつかっても倒れないグラス「Mighty Mug Barware」
Kickstarterで出資者募集中。(2015/10/2)

なにそれめっちゃ宇宙や! バランタインが宇宙でも飲むことができるウイスキーグラスを開発
ウイスキーグラスを片手に宇宙を眺める未来って素敵やん。(2015/9/28)

木樽で熟成したビールが登場、ヤッホーブルーイング
ヤッホーブルーイングは10月14日に、ウイスキーやワインの木樽にビールを入れて長期熟成した「バレルフカミダス B-12」を発売する。(2015/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか?
成功者の言うことはとりあえず黙って吸収してみる。それが大きく人生を変えるきっかけになった。(2015/9/3)

先祖や故人がお墓でビールジョッキを飲む? カメヤマの食べ物そっくりローソクがお盆の対話にぴったり
大関ワンカップにさんまの焼き物、どら焼き……おいしそうなローソクを供えてご先祖様とコミュニケーション!(2015/8/11)

ダイエットの成否は「スケジュール調整スキル」で決まる――編集者・鳴海淳義さん
話を聞いてみたいあの人に、生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回ご登場いただくのは、Naverまとめ職人&ブロガーとして名高い鳴海淳義さんです。(2015/7/25)

行ってよかった! 工場見学ランキング
旅行口コミサイトを運営するトリップアドバイザーは、サイト上に投稿された口コミ評価をもとに、「行ってよかった! 工場見学&社会科見学ランキング2015」を発表した。(2015/7/22)

2014年度の酒類市場――ウイスキー好調、新ジャンル苦戦
矢野経済研究所は6月19日、酒類市場に関する調査結果(2015年)を発表した。(2015/6/19)

仕事がデキる男が知っている体型を維持する方法
(2015/6/2)

毎月配送:
工場からの“お届けビール”はいかが? キリン、専用サーバーを展開
キリンは会員制サービス「キリン ブルワリーオーナーズクラブ」と「KIRIN AQUWISH ソーダサーバー」を展開することを発表した。飲食に関心が高い層をターゲットにし、会員数の拡大を図っていく。(2015/5/29)

4月も好調:
『マッサン』終了後、ウイスキーは売れている?
2014年9月から2015年3月まで放送された、NHK連続テレビ小説『マッサン』。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝をモデルにしたこともあって、ウイスキーの販売数は大幅に伸びていた。しかし、ドラマは3月末に終了。その後はどうなった……?(2015/5/26)

タイムアウト東京のオススメ:
大人を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/5/26)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

二日酔いの吐き気を抑える方法は?
楽しい飲み会の思い出を壊さないために……翌日のつらい吐き気にオサラバするための秘策をご紹介します。(2015/5/12)

お酒を飲んで天国から地獄へ まんしゅうきつこがアル中語る
(2015/5/7)

「カロリー量だけを見る時代は終わりました」 食のプロ・タニタが語る“ごほうびビール”との付き合い方
タニタの食のプロに「やせるメカニズム」や「健康的に続けられる食事のコツ」を伺った今回。後編では「ごほうび」について、意外なお話が飛び出しました。(2015/4/17)

ねとめし:
意外すぎるベーコン×スイーツの組み合わせがクセになるとのうわさ! さっそく作ってみた
あまじょっぱい独特の風味がやみつきに。(2015/4/13)

これが粋なお酒の飲み方……! 好きなモノやカタチを3D技術で氷にし、ウイスキーとともに味わうプロジェクト「3D on the Rocks」公開
最高の一杯を。(2015/4/6)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第57回:
広告賞イベント「AD FEST」最高賞に輝いた“アジアで刺さる”Webキャンペーン
2015年3月にタイで開催されたアジア有数の広告賞イベント「アジア太平洋広告祭(AD FEST)」。最優秀広告主賞にサントリーが選ばれるなど日本勢の躍進も目立った。各部門で最高賞に輝いたキャンペーンをまとめて紹介する。(2015/4/6)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

客離れ防げるか:
10年ぶりの値下げ 「原点回帰」で業績立て直す――ワタミ・清水社長
低迷が続くワタミが「和民」などの居酒屋チェーンで価格引き下げを断行。「取りこぼしたシェアを取り戻す」と清水新社長は力を込める。(2015/3/19)

拡大戦略:
『マッサン』ブームに終わらせない! ニッカウヰスキー、“強気”の背景
アサヒビールは4月7日に、ニッカウヰスキーブランドから缶ハイボール3製品を発売する。また、飲食店向けのサーバの目標設置店数を上方修正、数量限定の復刻版の発売も合わせて、ブランドイメージをさらに強化したい考えだ。(2015/3/13)

会社帰りのちょい飲みにピッタリ!? フレッシュネスバーガーの500円生ハム食べ放題に行ってきた
500円で生ハム食べ放題、980円でワイン飲み放題――フレッシュネスバーガーのワインバル「フレバル」を堪能してきた。(2015/3/12)

ニッカウヰスキー、ウイスキーの樽貯蔵システムをオープンシステム化
伊藤忠テクノソリューションズが、ホストコンピューターで稼働していたウイスキーの生産管理システムをオープンシステム化。運用保守コストが従来の半分以下に。(2015/3/2)

PR:雑貨に花束、春を楽しむ福岡・天神ぶらり旅 タブレットレジは小さなお店の味方
ビジネス街や繁華街がぎゅっと凝縮したコンパクトな街、福岡・博多。iPadやスマートフォンを使った無料POSレジアプリ「Airレジ」の導入が続々と進んでいるということで見に行ってきました。さてさてどんなお店に?(2015/2/27)

ニッセン×銀英伝コラボ第3弾きたああああ! ウイスキーグラスやケロリン桶など3種類 ……ケ…ロ…リン……桶?
自由惑星同盟も使ってるケロリン桶!(2015/2/18)

ねっと部:
お風呂の歴史がまた1ページ 銀英伝「自由惑星同盟」とケロリン桶がコラボ
銀河英雄伝説に登場する自由惑星同盟と黄色でおなじみ「ケロリン桶」がコラボし、ニッセンで発売される。(2015/2/17)

視点:
成功するクロスボーダーM&Aのために
日本企業が関わるM&Aは急増しすでに経営手法の一つとして定着した。しかし成功確率は50%以下との調査結果もある。クロスボーダーM&Aとなるとさらに成功確立は低い。成功に導くための5つの要件とは。(2015/2/16)

窪田順生の時事日想:
なぜ日本人はウイスキーを「水割り」で飲むのか?
ドラマ『マッサン』効果でウイスキー市場が盛り上がっている。各社の売り上げが伸びている一方で、気になることも。それは「水割り」。海外の人たちは「ストレート」や「ロック」で飲んでいるのに、なぜ日本人の多くは水割りを好むのか。その理由は……。(2015/1/27)

「クソリプ飛ばしてるのは○○君かな?」――漫画誌「ヤングエース」と「ドラゴンエイジ」がTwitterでガチ喧嘩→怒られる
喧嘩はやめて。(2015/1/22)

マッサンの遺言:
『竹鶴』という名のウイスキー
2000年に『竹鶴ピュアモルト』が誕生した。この“竹鶴”という名前は、以前にニッカで商標登録済みだった。政孝親父はすでに他界していたが、「いつか、竹鶴という名前のウイスキーをつくろう」という思いがどこかにあったのかもしれない。(2015/1/5)

マッサンの遺言:
ウイスキーづくりを学ぶために記した“竹鶴ノート”
ニッカ館には政孝親父が渡英したときに使ったパスポートや記念写真に交じって、古いノートが展示されている。これがいわゆる“竹鶴ノート”と呼ばれるもので、スコットランドの蒸溜所で学んだウイスキーづくりについて、イラスト入りで克明に記されている。(2015/1/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。