ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイスキー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

ただの客寄せか、省人化の救世主か:
「Alexa居酒屋」はなぜ生まれた? オーダーシステム開発の苦労とその可能性
スマートスピーカー「Amazon Echo Dot」に話しかけて注文を行う“Alexa居酒屋”の実証実験が、東京・渋谷の居酒屋「天空の月」で始まった。居酒屋でスマートスピーカーは活躍できるのか。プロジェクトの裏側とボイスUIの可能性に迫った。(2018/5/21)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

サントリー「白州12年」「響17年」販売休止へ ウイスキー人気で熟成した原酒が不足
「白州12年」は6月頃から、「響17年」は9月頃から販売休止になる見込みです。(2018/5/15)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
富士の国から生み出す新しい事業――Mt.Fujiイノベーションエンジン(山梨県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第22回。山梨県甲府市を拠点に活動している起業・創業支援コンソーシアム「Mt.Fujiイノベーションエンジン」を紹介する。(2018/5/11)

リクルート流、SREコトハジメ(3):
インフラ担当とサービス担当、お互いの“距離”を縮めるために必要なこと
SRE部という組織を立ち上げても、すぐにSRE活動が行えるわけではありません。自分ごととしてサービスを理解し、事業との距離を“本当の意味”で縮めることで、初めてできるようになることがたくさんあるのです。(2018/4/23)

リクルート流、SREコトハジメ(2):
毎日2000件来ていたアラートを精査し、20件にまで減らした話
2017年4月に「SRE部」を立ち上げたリクルートテクノロジーズ。今回はその背景や、立ち上げ時に苦労した点についてお話しします。一番難しいのは、ミッションの変化に合わせて、メンバーの意識を変えていくことでした。(2018/4/12)

温かく見守って:
串カツ田中が新卒だらけの店舗をオープン、狙いは?
串カツ田中が新入社員だらけの店舗をオープンさせる。未熟な接客を温かく見守ってもらうお礼としてドリンクを格安で提供する。接客の質をあえて落とすような決断をした理由とは?(2018/4/6)

「やっぱりやめた」も聞き取れる:
「Alexa、メニュー開いて」――渋谷の居酒屋が「Amazon Echo」を接客で試すワケ
渋谷区・道玄坂の居酒屋「天空の月 渋谷店」で、「Amazon Echo Dot」を用いた接客の実証実験が始まった。客は口頭でのドリンク類の注文などが可能。実験を手掛けるヘッドウォータースに狙いを聞いた。(2018/3/19)

【新連載】リクルート流、SREコトハジメ:
SREって、具体的にどんな仕事する人たちなの?
インフラ構築や運用に必要なコストが変わってきている昨今、運用技術者に求められる役割が変わりつつあります。それが「SRE」です。日本ではまだまだ一般的ではない概念ですが、本連載ではリクルートグループの例を通じて、その実態をお伝えしていきます。(2018/3/19)

誰が飲んでいるのか?:
ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」が増えている理由
ちょい飲み客を獲得するために外食各社は知恵を絞っているが、ついにハンバーガーチェーンでも同様の動きが出てきた。その背景にあるのは?(2018/3/16)

スピン経済の歩き方:
「551蓬莱の豚まん」が新幹線で食べられなくなる日
新大阪駅で「551蓬莱の豚まん」を買ったことがある人も多いのでは。新幹線の車内でビールと豚まんを食した人もいるだろうが、こうした行為が禁止されるかもしれない。どういうことかというと……。(2018/3/13)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

PR:「派遣会社なんてないほうがいい」 派遣業界の闇に一石を投じる派遣会社「リツアンSTC」社長が語る本音
「ピンハネ屋」などと言われる派遣業界の実態について詳しく聞いてきました。(2018/3/6)

HomePodの“輪染み”防止用コースター、19.95ドルで予約受付中
HomePodを木製ボードに直置きすると白い輪染みができる問題に対処できる専用コースターを米革製ケースショップがさっそく発売した。直径約10センチの本革製で価格は約2100円だ。(2018/2/16)

エスキュービズム「ねがブロ」:
飲食店から「すみませーん」を減らすIoTベル 満足度と生産性向上に効果アリ
飲食業界の働き方改革や生産性向上が注目されている中、飲食店の「すみません」を減らす製品が生まれている。エスキュービズムの「ねがブロ by noodoe(ヌードー)」だ。顧客満足度と従業員の生産性向上に効果があるという。(2018/2/6)

時間かかる?:
サントリー、“大政奉還”まだ早い? 創業家出身の51歳副社長に課されたハードルとは
サントリーのトップ人事で“大政奉還”はあるのか。(2018/2/1)

「旅する氷結」もヒット:
11年ぶり過去最高 キリン「氷結」が超えた壁
缶酎ハイのロングセラーブランド、キリン「氷結」。2017年の販売数量は11年ぶりに過去最高を更新。新商品「旅する氷結」も好調だ。強さの理由を聞いた。(2018/1/15)

本場でも高まる人気:
ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす 国産酒輸出が過去最高
ウイスキーなどの国産酒類の輸出金額と数量がいずれも過去最高を更新。(2018/1/10)

データで振り返るInstagramマーケティングの2017年【後編】:
Instagramでブランド価値を高めるために必要なことは?――酒類&食品業界
人気のブランドは「インスタ映え」が違う。企業のマーケティングにおける上手なInstagram活用の事例を総まとめ。後編は酒類&食品業界に注目します。(2017/12/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「養老乃瀧」で“締めの牛丼”が売れている
養老乃瀧が、かつて販売していた「養老牛丼」がレギュラーメニューとして復活。締めのメニューとして、ダントツの人気商品となっている。古くからのファンや、一度は食べてみたいと思っている人が想像以上に多かったという。(2017/12/26)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
はじめてのお酒、はじめての至福、はじめての赤面 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「ファーストタイム」
はじめての「酔ってはっちゃけたとこ見られちゃった」記念。(2017/12/20)

麻倉怜士がナビゲート 2017年、注目のオーディオはコレだ!(前編)
2017年も国内外のブランドから意欲的なオーディオ製品が次々と登場した。日々さまざまなメーカーや販売代理店に出かけては膨大な数の製品を試聴している麻倉怜士氏が、2回に渡って注目の新作オーディオとその理由を解説する。(2017/12/13)

さらなるユーザー獲得目指す:
Amazon、「サイバーマンデーセール」開催 渋谷モディに初ポップアップストア
アマゾンジャパンが、12月8日午後6時〜11日に「サイバーマンデーセール」を開催する。開催期間中、取り扱う商品の一部を展示する「Amazon Holiday 2017 ポップアップストア」を「渋谷モディ」「渋谷マルイ」内にオープンする。(2017/12/8)

水曜インタビュー劇場(英国風劇場):
清算された「ハブ」が、過去最高を更新している秘密
「英国風パブ HUB」を運営しているハブの業績が好調である。2017年2月期の売上高は過去最高、18期連続で増収だ。かつて売上低迷で事業清算されたハブが、なぜ復活したのか。その理由について、同社の太田社長に話を聞いた。(2017/12/6)

18年4月から:
サントリー、業務用ビール類を10年ぶりに値上げ
サントリーは、業務用のビール類やチューハイの一部を2018年4月1日から値上げする。(2017/11/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“鳥居酒屋”で業績回復! ワタミは生まれ変われるのか
ワタミが「総合居酒屋チェーン」から「鳥居酒屋チェーン」へと急転換を進め、業績を回復させてきている。「ミライザカ」「鳥メロ」がワタミの負のイメージを変えられる日は近いのだろうか。(2017/11/21)

ねとめし:
マヨネーズと炭酸水を入れるだけ! 絵本並みの分厚いホットケーキが焼けるスゴイ裏技が発見される
34万9000“いいね”を集めた最強レシピ。(2017/11/10)

IoT時代の中小企業モノづくり(1):
中小企業でIoTするなら、改善ネタを探しなさい
「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント関伸一氏が考える、中小企業ならではのIoTのやり方とは? 第1回は、二極化している中小企業のIoTへの取り組みと、IoTネタの探し方について考えてみる。(2017/11/1)

Amazon.co.jpが期間限定のバー 「Amazon Bar」東京・銀座にオープン
気分に合った商品を勧めるオーダーシステムを採用。(2017/10/10)

吉高由里子、映画「ユリゴコロ」舞台あいさつでハイボールへの"純愛”告白 「愛の結晶のシュワシュワ(笑)」
吉高節さく裂でしたが、最後は監督からの感動的なコメントも。(2017/9/24)

“日本が知らない”海外のIT:
SNSの炎上リスクを“チャンス”に変える 海外発の「おわび配送サービス」
顧客の不満や苦情は、信頼獲得のチャンス? エストニア発の“おわび”サービス「Sorry as a Service」とは。(2017/9/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

スピン経済の歩き方:
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/9/5)

ウイスキーに水をたらすとおいしくなる理由 スウェーデンの大学が研究
原酒を度数40%になるまで加水して瓶詰めする過程で味が大きく変化する。(2017/8/22)

「酔わせてどうするつもり」 城田優&志尊淳のイケメン宅飲みに女子の妄想が爆発
ごちそうさまです。(2017/8/4)

1日平均135分! 食事時間が最長のフランス、何にそんなに時間をかけているの?
先進国の中で最も食事時間が長い。(2017/7/29)

脱獄犯が撮影した実録「プリズン・ブレイク」動画が公開
スマートフォンで脱獄犯が自ら撮影した動画がテレビ局により放送された。(2017/7/27)

乗り物を見るとワクワクする 工場見学&社会科見学ランキング2017 1位は3年連続で「トヨタ産業技術記念館」
初登場は4施設。(2017/7/25)

カクテルの新商品投入:
テキーラを気軽に飲みやすく サントリーが提案強化
サントリースピリッツは、テキーラの飲み方提案を強化。「ショットグラスで飲む」「飲みにくい」という印象から、日常的に飲みやすいイメージに転換を狙う。9月26日にテキーラベースのカクテルの新商品「サウザクーラー」を発売する。(2017/7/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

小型センサーと機械学習を融合:
ニオイでアルコール度数を推定、健康状態も確認
物質・材料研究機構(NIMS)の柴弘太研究員らは、酒のニオイ成分からアルコール度数を推定することに成功した。極めて感度が高い膜型表面応力センサー素子(MSS)と機能性感応材料および、機械学習を組み合わせることで実現した。(2017/6/27)

タイムアウト東京のオススメ:
ビール以外も合わせる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/6/20)

かっぱ寿司が期間限定で「食べ放題」を実施 80種類以上のメニューを70分間楽しめる
試験的に全国20店舗でスタートします。(2017/6/12)

“フレッシュ”にこだわり:
「もぎたて」大ヒットまでの道のりとは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」。第2回目は、アサヒビールの缶酎ハイ「もぎたて」の開発プロジェクトリーダー、宮广(みやま)朋美さんが登壇。ヒット商品誕生までの取り組みを語った。(2017/6/7)

「若者の酒離れ」傾向の中で:
酒好きの若者は「チャレンジ意識」旺盛
日本酒造組合中央会が飲酒動向調査を発表。全体的に「酒離れ」傾向にあるが、20代の飲酒層は1回あたりの飲酒量が多く、新しい酒や銘柄にチャレンジしていく意欲が高いという。(2017/6/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
都心で拡大! 激安「一軒め酒場」の儲けのカラクリ
一軒め酒場は、1000円あれば楽しめる庶民の財布にやさしい大衆居酒屋だ。2008年に東京・神田に1号店をオープンし、現在は首都圏を中心に64店まで拡大させている。(2017/5/30)

【期間限定】オンラインセミナー
ディープラーニング&SparkでGO! GO! AI環境構築のヒント 一挙公開!
(2017/5/23)

マストドン会議2:
なぜ、マストドンの「インスタンス」を立てるのか
誰か教えてください……。(2017/5/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調! 日高屋の「ちょい飲み」が成功した理由
ラーメンチェーン「熱烈中華食堂 日高屋」の業績が好調だ。特に近年は「ちょい飲み」ユーザーに支持されており、高収益の体質につながっている。(2017/4/25)

タイムアウト東京のオススメ:
いぶされる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/4/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。